会社から歩いた日

今さら過ぎますが…
実録! 会社から家まで歩いて帰ってみた!!

といっても別にネタになるような大事件が起こったわけではありません。
ただひたすら歩きましたよ、という話。
歩きながら見たもの感じたことを書き残しておこうってだけです。


2011年3月11日に起こった大地震。
ほとんどの電車が運休となった、という認識でした、出発した時点では。

なにしろ地震が起こった時点では仕事をしていましたからね。
お! 長いな。…ぎゃ! 大きいぞ!!
押さえたり、避難したり、片付けたり…
こういうとき、リーダーの資質が問われますよね。

会社にいる間はこっそりネットを見るくらいが限界だったので
なんで電車が復旧しないのかわかりませんでした。
ていうか、電車(と家のテレビ)の心配しかしていませんでした。
今から考えるとトンデモナイ暢気モノだったわけです。

電車が動かないけど定時になったので
とりあえず駅を目指して歩き始めました。
うむ。まだ復旧していない。
ぞろぞろと次の駅の方向へ歩き始めたひとに続いて私も出発。

家に帰るにはいずれにせよ池袋方面へ行かなければなりません。
池袋に着けば本屋もあるし飲食店もあるのでいくらでも時間つぶせる。
待っている間に電車も動き始めるんじゃないのかな?
と軽く考えていたんです。

なので池袋についてビックリ!

百貨店は軒並み営業中止!
電車も復活していないので歩道には溢れんばかりのひと・ひと・ひと!
歩くこともままならない状態で流れに乗って進んでいたら
向かい側の歩道で「この先、撤去作業のため通行止め」と拡声器からの声。
なんのこっちゃい。
首を傾げていると間もなくその謎は解けました。

ドンキホーテの看板が壊れておる!!

地震の衝撃で剥離したようです。
このお店、さくらやの後にできたから新しいはずなのに。
安普請なのか?

ひええ~、と慄きながら流れに乗って歩き…
お店はどこもやっておりません。
かろうじて開いているカフェは満員。復旧するのを待つつもりなのかな?
つか、優雅だな(笑)

さてさて、私はどうしようかな。
電車がダメならバスかな。
…池袋からあたしんちまでの路線はなかった気がするなぁ。
げ、なにこの行列。え、バスを待ってる列? 何時間待ちよ?
お、バスの案内板発見。……ふむ。やっぱバスでは帰れない。
んじゃ、歩くか。
待っても半端なとこまでしか運んでくれないんじゃ乗る意味ないし。

迷った時間は短かったです。
歩くだけなら自信があったし、歩いたらどうなるのか実験してみたかったし。
それよりも問題は…

あ、ヤマダ電機が開いている?!

入口付近でひとの動きがあったヤマダ電機に近づいてみると開いています。
助かった!
これでトイレに行ける!!

そう。
歩けるかどうかの心配よりもトイレの心配のほうが大きかったんです(笑)
いやいや、笑い事じゃないですよ!
歩き始めたらトイレ休憩できないと思うんですよ。
何時間かかるかわからないのに!

テレビ売り場のテレビに群がるひとを搔き分け
2階のトイレに行くと大行列!
ぎゃー! こんなに列ぶのヤダ!!!!
…ほかの階ならもう少し空いているかもしれん。
他の階に移動したら1人しか待っていませんでした(苦笑)
ヨシ、まだワタシ冷静だぞ。

スッキリして1階に戻り
電車復旧の速報でも流れないだろうか? と
みんなといっしょにテレビを見てみると

なにこの惨状?! この映像、ホントに日本???

ここで初めて、この地震の被害の大きさを知りました。

地震だけでこんなことになるの?
津波? 津波ってこんなことするの?

その間にも地震速報がテロップで流れ続けます。
え、ヤダ。早く帰りたい。
あんまりテレビを見ると怖くなるので早々に退散。出発です。

同じことを考えた人が大勢いたようで
出発する方向を間違えなければ迷わず着けそうな感じです。
同じ方向に向かうひとが大行列。
前の人についていけばいいんだもん(笑)

震災でひたすら歩いて帰るアニメ深夜にやってたよなぁ。
あの時はアニメにそんなに興味なかったから見てなかったけど
面白かったって言っていたなぁ。

大通りに沿って歩いたんですが
途切れることのない行列にそこで生活する人がビックリしてました。
「電車動いてないの?」と聞かれたりして。

「ハイ」と答えながら「たぶんね」と心の中で付け足す。
だって情報が入ってこないから実は復旧していてもわからなかったんだよ~。
こんなに歩いてんのに復旧してたらショックだ~と思っていたから。
ラジオって大事だな! と実感しました。
ヤマダ電機で買えばよかったかな? ちょっと後悔。

あまりの地震にガスが自動的に止まったようで
近所の人に教えてもらって復活させている人もいたり。
そうか、ウチもガスが止まっている可能性があるのか。
帰って見たら止まっていました。
復活の仕方は書いてあったので戸惑いませんでした。良くできている。

ときどき黄色いテープで囲われているところがあって
なにごと?! とビビると家の壁のタイルなんかが剥がれてたりして
地震の強烈さに改めて戦慄したり。

線路沿いを歩きながら駅でもなんでもないところに停まって
電気が消えている電車を見て
乗っていたお客さんは線路を歩いたのかな? それはちょっと羨ましい~。
と暢気なことも考えてみたり。

途中、JRの駅を経由するルートだったので近づきながら
復旧してないかな…! と祈るような気持ちでいたんですが
ホームに電車はいるものの、電気が消えていたのでガッカリ。
後ろを歩く人が同じことを思ったようで
「電気消えてる~」と絶望的な声をあげたのに激しく頷きました。

はー、もうこれは最後まで歩かないと帰れないんだな。

腹をくくり、目に入ったコンビニで食料調達。
うぉ。パンもおにぎりもすっからかん。
みんな考えることは同じだね~。
レジ前に“クロワッサンラスク”があったのでそれを購入。

暗いのをいいことにそれを貪りながら歩行再開。
…ちょっと食べにくいよ。
クロワッサンだから厚みがあって、ラスクだから固くって。
ボロボロこぼしながら歩きました(笑)

ええと、こっちの道でいいのかな~?
なんか、ここの交差点複雑!
たぶんあってる、って方向に向かって歩いていると

○○に行くにはここでいいのでしょうか?

と話しかけられた!
いやん。私もちょっとわからないっ! たぶん平気、なはず。
つか、目指す方向一緒ですね?
道連れができました。

そんな不安な会話を聞いたほかの方が
○号線ですよね? と話しかけてくれて
そう! ○○に行きたいんです! ←必死のアピール(爆)
ここを真っ直ぐ行けば大丈夫です。
おお、よかった!

教えてくれたひとは地図が頭に入っているようで
みんなから頼りにされていました。
ふーむ。路線図ならだいたい頭に入っているんだけどな。
ふだん電車しか使わないので通りの名前を言われてもピンとこなくて…

ここからは道連れが増えて心強かったです。
この頃にはすっかり日が暮れていて景色も楽しめなくなっていたし。
改めて考えると停電していなくてよかったな~。
これが真っ暗だったらどんなに心細かったことか!

最初は「やってないなら電気つけんな、紛らわしい」と思っていたのに
「電気がついているだけでホッとするよ」に考えがかわりました。
現金なものです。

でも個人商店は開いていましたね。
途中、キャベツ88円の超特価に「安っ!」とテンション上がりました。
買いませんでしたけど。
何時間運ばなきゃいけないのかわからないもん。

みんないろんなところから出発していて
私よりも遠くへ帰ろうとしているひとが多くて。
歩いている距離もそうとうです(私も含めて)。
でもやっぱ家に帰りたいもんね~と話しながら歩きました。

翌日、避難所で宿泊したとか会社で一泊したと聞いて
ビックリしたものです。
私は「歩く」しか選択肢がなかったよ(爆)

一緒にあるいたひとも同じだったし
実家でもみんな当然のように歩いて帰って来たから…
そういうもんだと思っていた。
そうか、そういう考えもあったのか~。

結局4時間弱かかりました。
特に急がず最短距離でもなかったと思いますが
このくらいならまぁ…歩いてもいいかな、って結果です。
だって、8時間かけて歩いたなんて話も聞くし…

もうこんなこと起こらないことを祈りますけど
貴重な経験でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking