ドリフターズ 第1巻 (平野耕太)

初めて読む漫画家さんです。
ええ、初めてなんです。すみません。
お名前はよく見かけるんですけどね。

今回読んでみる気になったのは
世間での評価の高さと、ドリフターズというタイトルに興味を持って。

ドリフターズというとあの…?
♪ど・ど どりふの ですか??
♪ばばんばばんばんばん ですか??

表紙からはそんな連想はできませんが
感想の中に「笑える」という言葉もあったので
もしや? と思って。
←ないよ! わかるだろ!(爆)


ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2010/07/07)
平野 耕太

商品詳細を見る


とっっっっっても、面白かったです!!

こういうマンガだったのかー。
はー満足。
漫画読んだーって気になりました。


という感想で終わってもいいんですが
それだけだと気が済まないので内容に触れますと…

歴史上の有名人を一か所に集めて国盗りしたらどうなるの?

という妄想をマンガにしました! 楽しんでね!

って感じ。
私は大いに楽しみました!

アニメ『戦国BASARA』を見たときも
「スゴイ発想…」と目が点になったんですが
今回はそれを上回る規模です。

だって戦国時代限定じゃないんだもん!
それどころか日本限定ですらない!
世界史上の有名人もわんさか出てきています。
ほんと時代も国も選んでいません。

世界規模の『魔界転生』です(別に蘇らせているわけではないですが)。

死の直前、とある場所で振り分けられる登場人物たち。

主人公は島津豊久(おとよ)。
関ヶ原の戦いで獅子奮迅の働きをしたあと、この異世界に飛ばされました。
すみません。ワタシ、この方についてよく知りません…
実在する方なんですよね??
とにかく強い人で、ひとりでもガンガン戦うアグレッシブな30歳。
着ているものがジャケットのように見えてきた。動きやすそうでイイね(笑)

出会った仲間が
豊久の時代より18年前に死んだとされる織田信長(のぶのぶ)。
第一声の「で、あるか」でキターと大興奮。
信長好きとしてはこれだけでテンションが跳ね上がるってもんです。
こういう舞台にはいないといけない人ですよね!
シャレもわかるし。「オッス、オラ第六天魔王」とノリノリだったのが好き!
眼帯しているから怪我したのかな? と心配しましたが
ラストの話とカバー下では
反対の目にしていたのでオシャレアイテムなようです。

そしてさらに遡ること400年
源平合戦の有名人・那須与一(よいちー)もいるんですよ!
わーお。扇の人ですよ。
ていうかそれしか知らないんですが、19歳で亡くなっているんですか??
妖艶な美少女風美青年でした。最初、女の子かと思ったよ。
弓矢の名手。スナイパーです。物怖じしないイイ性格しています(ニヤリ)

彼らは“漂流者=ドリフターズ”。
”によって選ばれ送りこまれた期待の星。

ほかにハンニバル・スキピオ・菅野直・キッドがメンバーのようです。
彼らはまだ活躍していません。さらに豊久たちと合流もしていません。
どころか、彼らは自分の使命もわかっていません。
聞かされた豊久たちはソッコーで断わっていました(爆)
で、キッドの隣にいる人は誰ですか??
ビリー・ザ・キッドの相棒って誰だっけ…

これは“紫”と“EASY”の対決らしいです。

“EASY”陣営は“廃棄物=エンズ
黒王が率いる世界を手中にしようと目論む軍団。
異能の持ち主の集団みたいです。
さっそく攻撃を仕掛けてきました。

メンバーは土方歳三・ジャンヌダルク・アナスタシア
マンガなのに伝わってくるみんな顔色の悪さ(笑)
土方さんの力はよくわかりませんが(亡霊を操作?)破壊力は抜群で
ジャンヌダルクは炎を操り(火刑所縁の能力?)
アナスタシアは吹雪を起こせるようです(ロシアだから?)。
アナスタシアって戦うイメージなかったんですけど戦う人でしたっけ?

どっちつかずの状態で黒王のそばにいるのが九郎義経
え? どっちにつくかは選べるの??
異能は黒王から授けられるものだったりするのかな?

黒王の正体も謎で
あのフードの下には有名人の顔が隠れているのか?
お前たちはここにいてはいけないのだ」ってことなので
この世界の人ではないドリフターズに加勢してもらおうとしているのかな?

現在、形勢はエンズサイドが優勢なようです。

一方で亜人種のエルフを襲撃している人間がいてナンナンダって感じです。
世界滅亡の危機を目の前になにを考えているのか?
襲撃を指揮していた兵士アラムは豊久によってボッコボコにされて一安心。
ほんとーに強いな、おとよ。

救世の切り札となるドリフターズを監視・保護するのが“十月機関
魔術師らしいです。
メンバーは大師匠・セム・ハム・オルミーヌ
日本語も理解できます。さすが魔術師。
まぁ、セムとかハムが名前なら語学に堪能なのも納得。

エルフとは言語が違うので意思疎通ができないようですが
与一は理解できるようですね。
よいちーは、いつからここにいるんだろう?

で、エルフ語もフキダシに書かれているんですが
よく見ると読めるんですよ! 楽しいっ!!

基本シリアスなんですが(そうでもないか?)
絵もちゃんと描かれていたと思ったら突然ラフになったり変幻自在。
このあたりが凄く楽しいポイント。大好き!
荒川弘を思い出しました。
ラストのキャラクター紹介も秀逸で…最後までサービス満点。

のぶのぶとおとよとよいちーの漫才も楽しい!

何だ!! もうめんどうくさい!!
とキレたおとよがかわいかったです。
仕方ないじゃん。のぶのぶの知識は18年前で止まっているんだから。
そのあと激動だったんだから。
子孫の心配をしたのぶのぶの意外な優しさになごみました。

あと、のぶのぶの日本地図酷過ぎ…(爆)
近畿以外は魔境だと思っているのか?!
大笑いさせてもらいましたけどね。いいの、のぶのぶだから。

よいちーもキツイよなー。何気にオレ様。
私はその時代から存在しているってことだけですごいと思うよ、島津家!

あと「一・件・落・着」のくだりはサイコーにおもしろかったです。
強いぜ、おとよ!!


まだまだお話は始まったばかりですが
1巻だけでも充分に楽しめます。

有名人が国も時代も超えて一堂に会すって設定だけだと
『放課後のカリスマ』に似ているのかも。
でも
あちらは学園モノで陰謀渦巻いてクローンゆえの悩みを抱えているのに対し
こちらはオリジナルなので元気はつらつ大暴れ!
考える前に「とりあえず戦う!」というおとよのキャラのおかげで
血湧き肉躍るチャンバラになりそうで好み。


おまけに派手だ!
なにしろファンタジーな世界観!
異能っていうか魔道な力があり
弓も銃がメインぽくて、エルフやホビット、ドワーフが存在。
なのにアンギャーな飛龍もいたりして
「こんなのとどう戦えば?!」ってところにドゴーンと戦闘機が乱入!
楽しくて仕方ない!!

義理も人情も解する薩人マッシーンなおとよと
放火魔にして天下統一目前までいった頭脳とハッタリのきくのぶのぶ
裏稼業もこなします的なよいちーというパーティに
ハンニバルたちがどう絡むのか(絡まないのか)が楽しみ。
ドリフターズ同士の言葉は通じるのだろうか??

個人的な要望としては
チェーザレ・ボルジアに登場してほしい!!
でもこのひと、キャラ的にエンズ側になりそうだから(なんとなく)
その場合は出なくてヨシ!!
のぶのぶやおとよとの漫才を見てみたいの!

嗚呼、早く続きを読みたい!
けど1冊にまとまるのは(順調にいっても)11カ月かかるようなので…
おとなしく待つのみでございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking