ぴんとこな 3巻 (嶋木あこ)

割と真面目に感想が残っているマンガ。
そんなに夢中になっているような気はしなんですが
意外に楽しみにしているようです。

これまでの感想 1巻2巻


ぴんとこな 3 (Cheeseフラワーコミックス)ぴんとこな 3 (Cheeseフラワーコミックス)
(2011/01/26)
嶋木 あこ

商品詳細を見る


奇数巻は恭之助が主役というルールのようです。

やっぱ恭之助のほうが好きです、私。
なかなかヤル気にならないのが玉にキズですが
本気を出せばできる子なんです!
この調子でグングン昇り詰めて欲しいですね。

ついに共演! 奇数巻の主役と偶数巻の主役が!!

それが『棒しばり』という親しみまくった演目だったのがまたイイ!
でも太郎冠者と次郎冠者って仲悪かったの??
知らなかった~(汗)

やっぱり恭之助は健気ですなぁ。

あやめに対して尽くす尽くす。
それも押しつけがましくではなく、空気を読んで遠慮する気遣いもできる。
オレ様な御曹司のはずなのに。

ラブ面はできれば恭之助にハッピーな形になってほしいですが
歌舞伎役者として成長するなら
ラブは成就しなくても、それはそれでヨシ!

だってどう考えても一弥のほうが不憫だもの。
自分には華がないと自覚するなんて役者として辛すぎるよねぇ。
それならせめてラブ面で勝利してほしい。

いや、もちろん歌舞伎役者としてライバルになってくれるなら
そのほうがいいんですけど。
けど“華”なんてどうしたら得られるんだ??
“凄味”でもゲットすればいいのかもね。

今回、読みながら思ったのは
実際に舞台を観られるなら恭之助を観たいってこと。
もちろん特訓して進化した恭之助をね!
マヤのように予想以上のものを見せてくれそうな期待ができる。
(けどマヤと亜弓さんなら亜弓さんを観たいの私であった)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking