西の国の物語 (諏訪緑)

中国の神話や歴史物も描いている諏訪さん。
好きなんですよ。
『玄奘西域記』とか『西王母』とか『蠶叢の仮面』とか。

もちろん日本のお話も描かれていますけどね。
『うつほ草紙』とか…アレ? これだけ??

圧倒的によその国を舞台にすることが多い諏訪さん。
今回はペルシアの神話です!


西(シナル)の国の物語~ペルシア神話より~ (フラワーコミックスアルファ)西(シナル)の国の物語~ペルシア神話より~ (フラワーコミックスアルファ)
(2010/07/09)
諏訪 緑

商品詳細を見る


霊鳥スィームルグを母に持つシリエルバリエル
100歳記念に子どもを育てることになりました。
人間の子どもです。

霊鳥なんてものに育てられたら
浮世離れして清い子どもに育つわけですが…

そこはいいんです。
そういうのは諏訪さんがお得意とするところですから
間違いがありません。

このペルシア神話って…
アルスラーン戦記の元ネタになった話だっ!!

ペルシアとカーブルの戦争の描写で
カーブルの前王が「妖精の眷族」で
両肩から2匹の蛇、日に2人のペルシアの若者を贄として脳ミソを食らう
というのがありましたよ!!(大興奮)

蛇王ザッハークじゃないですかっ!

思わぬところで蛇王にふれることになりました(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking