その後の『復活』 特典映像&コレクターズBOX&脇役SP

なーこさん(と母上と姉上)のご厚意によりお借りできたDVDたち。
買うべきか買わざるべきか…と本気で悩んでいた
『復活』のコレクターズBOXに加え
DVDBOXについていた特典映像
さらにテレビ放送された『脇役スペシャル』の映像まで!

持つべきものは韓国ドラマファンの友だち(とその身内)です!

ありがたやありがたや(拝む)
昨年お借りしたんですけどね、すぐに見たんですけどね
なんで感想がこんなに遅れたかと言うと

脇役SPが再生できなかったから!!

そう。
ワタシの持っていたDVDレコーダーでは
対応していないバージョンで録画されていたのである!
これを見たいがためにBDレコーダーの購入を早めたのだ! ←本当。

もちろんテレビに繋いで一番にしたことは『脇役SP』を見ることでした。
よかった! 再生できた~!!

本編の感想はこちら 1巻2・3巻4~6巻7巻8巻9巻10巻11巻12巻


復活 コレクターズ・ボックス [DVD]復活 コレクターズ・ボックス [DVD]
(2009/03/13)
オム・テウン、ハン・ジミン 他

商品詳細を見る


 
 
いやはや、見どころ満載のDVDでございました。

改めて『復活』に接すると
やっぱこのドラマが一番好き…っ!
と実感できました。
たぶん、このドラマを超えるドラマには会えない。と思う。
そのくらい好き。

話も役者も演出も音楽もすべて良し! 大満足!!

DVD買っちゃおうかな…でも今お金ないや~(BD買ったからね!)。
と何度自問自答したことか!

このDVDの感想を全部書くととんでもない長さになりそうなので
思い出したことだけ。

とりあえず
8月20日のイベントの全貌を知りたいぞ!!!!
なにあのイベント、楽しそう!!

スゴイよね、FANが呼びかけてキャスト・スタッフを集めちゃうのって。
舞台でいうところのカーテンコールみたいなもんだもんね。
出演者もスタッフも嬉しそうでした。
会場で流された映像も見たいなぁ。面白そう。

スチョルが司会進行していました。
この人はコメディアンなんですね。
素顔のほうがいい感じです(スチョルが苦手ってのもあるけど)。

私が好きなキャラが人気あるのがわかって嬉しかったです。
あと、ベストカップルには…(爆)

チャン刑事ガンジュは私も思った!
チャン刑事はガンジュ狙いだけどガンジュはどうなのかな?
チャン刑事、私はイイと思います!!

でも探偵さんヒスは…
そっかー、たしかにこの二人、一緒の場面が多かったなー。
あの衣装選びの場面は
“花嫁衣装を試着する”となぞらえて編集したんだよね?
みんな発想力豊か~っ(驚)

でも私にとって探偵さんはお兄ちゃんのものだから!

つーか、探偵さん、社長なの?
名前がわからなかったから「探偵さん」って呼んでいたけど
社長って呼ばなきゃならなかったのか~。
それに探偵さんにはすごい裏設定があったのだ!
確かに過去に挫折を味わっていそうと思ったけど
そんなに細かな設定があったとは…さすがに思いいたらず。

パク・サンチョルの役者さんを紹介したのも探偵さんだったんですね~。
履歴書を書いたって…(笑)
この人はいままでこんな役をしたんですよ! って役者歴を綴ったのですね。
ナイス推薦!
こうしてパク・サンチョルでテレビ初出演を果たし
その演技力により監督の演出を変更させたと言う演劇人!

このドラマには実は舞台俳優が大挙して出演していたのでした。
というか、韓国では舞台も兼ねる役者さんが多いのでしょうか?
舞台好きとしては嬉しい事実。

アンさんはもともと監督と知り合いで
有無を言わせずキャスティングされた? みたいなことを言っていました。
や、それは冗談でしょうけど
アンさんがアンさんでよかったなーと思うわけです

…にしても、アンさんとお兄ちゃんが監督公認だったとは(爆)

アンさんがクランクアップしたときに
「ふたりの愛の物語はドラマの外でやってくれ」と送り出されて
なんなの、それ(笑)
と笑いながらも「実は私もちょっと思った」と納得でした。
やー、演出する監督が認めているんじゃねェ
そうなんだな、と思うしかないですよ!(ウナの立場は?)

イベントでも監督自らベストカップルに選出。
ノリのいいふたりの行動に
会場は黄色い(いやピンクの?)歓声に包まれました。

大いに盛り上がったこのイベント
参加できた人は羨ましいですよ。ホントに。

脇役スペシャル』も素晴らしかった!
アンさん、探偵さん、スチョル
ウナ父、チェ・ドンチャン、カン・インチョル、という選出。
ここにイ・テジュンとパク・サンチョルとヒスがいれば文句なかったのに!

チェ・ドンチャンは新宿梁山泊に出演したことがあるんですね!
見たことはないんですけど名前は存じております、新宿梁山泊。
(調べた)…おお。結構海外公演多いんですね~。
ドンチャンが参加したのはどれなのかわからないや。
しかし「教科書で習った日本人とはだいぶ違う」って
いったいどんなことが教科書に書かれていたのでしょう?(笑)

カン・インチョルも日本のドラマ(映画?)に出演したことがあるとか。
何? どれに出ていたの?!
凄くキャリアのある俳優さんなんですね。
なるほど、この役に抜擢されるだけあるな~。
たしかにいかにも悪役って感じの人が演じるより
いい人っぽいのが実は…ってのは正解の役でした。

あとは…
演出に関するコメンタリーがあったり
小道具に関するコメンタリーがあったり
監督を始めとするスタッフのインタビューや
オム兄を始めとするキャストのインタビューがあり
ミュージッククリップがあり(訳付きなのがスバラシイ!)
NGシーンも紹介!

撮影監督が妙に存在感あっておもしろかったです。

監督はおとうさんのような包容力がある方なんですね。
悩むオム兄を抱きかかえ(半分おんぶみたいにみえたが…)ながら
励ましていたのが印象的。
確かにあの場面は難しかったと思います。
引きだした監督に拍手!

充実の内容でした。
やー、改めて『復活』っていいよね! と実感しました。

なーこさんに感謝!!


詳細なキャスト。

ソ・ハウン(ユ・ガンヒョク)/ユ・シンヒョク:オム・テウン
ソ・ウナ:ハン・ジミン
チョン・ジヌ:コ・ジュウォン
イ・ガンジュ:ソ・イヒョン
キム・イファ:ソヌ・ウンスク
カン・インチョル:イ・ジョンギル
カン・シニョン(異父妹):イ・ヨニ
チョン・サングク(ジヌ父):キ・ジュボン
ユン・ミジョン(ジヌ義母):ユ・ヘジョン
イ・テジュン(ガンジュ父):キム・ガプス
ユ・ゴナ(双子の父):アン・ネサン
キョン・ギド(班長):イ・デヨン
キム・スチョル:コ・ミョンファン
ソ・ジェス(ウナ父):カン・シニル
イム・デシク(指輪の人):イ・ハヌィ
チェ・ドンチャン:キム・ギュチョル
ファン・ジョンイン(インチョル秘書):キム・ギボク
ホ・ドクウ(警察署長):チェ・ヨンミン
カン・ジングク(評価委員):パク・チルヨン
アン・ジェフン(アンさん):チョ・ジェワン
チョン・ゴンミョン(探偵さん):キム・ユンソク
イ・ジョンム(イ・テジュンの補佐官):チョン・ホビン
ヤン・マンチョル:チェ・ウォンソク
パク・ヒス:イ・ドンギュ
イ・ヘギョン(ウナの先輩):キム・ジュニ
ウナの上司:イ・ジェフン
理事:メン・ホリム
チャン・ドンイン(チャン刑事):ナ・ギョンミン
ハム刑事:ハム・ソクフン
パク・サンチョル:チュ・ジンモ
ジヌの秘書:イ・ウォニ
シスター:キム・ヨンオク
チェ・サンピル(労働組合会長):ユ・ヒョングァン
ドンチャンの部下:パン・グッキョン
神父:キム・テヨン
ハウンの少年時代:クァク・チョンウク
ハウンの幼少時代:カン・サン
ウナの少女時代:パク・ウンビン


 
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ レビュー フジテレビ

<お買い得情報> 今、話題の人気テレビゲームが、激安です 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイント...

コメントの投稿

非公開コメント

永遠の名作!

やっぱり『復活』はスバラシイですね☆
この作品がみんなに愛されるのがわかる!

>8月20日のイベントの全貌を知りたいぞ!!!!
このイベント、すっごい面白そうですよね。
イベント全部が収録されたDVD出ないかな~。
出たら絶対欲しい!

『復活スペシャル』はインタビューがすごい長いので
見ごたえありますよね。
アンさん、普段から人柄よさそうだな~。

なーこさん

おかげさまで楽しむことができました。
ありがとうございます~。

>やっぱり『復活』はスバラシイですね☆
素晴らしいです~。
もういちどこのクリアーな画面で本編を楽しみたい(笑)

>イベント全部が収録されたDVD出ないかな~。
やっぱりないんですか~(ガッカリ)
私が知らないだけで実は存在するのかな?? と期待したんですが…
『魔王』でも同様のイベントがあったようですね。
現在『魔王』のメイキング他を見ていて同じジレンマを抱えています。

見応えありました!
『脇役スペシャル』は日本のファンのためのコメントだから
初心者向けになっていて余計にたのしい♪
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking