謎解きはディナーのあとで (東川篤哉)

図書館から用意できたぞ! と知らされて取りに行ったのですが…
「む? なんじゃこれ?? …見覚えはあるな」という本書。
確かに予約したのは覚えています。
が、なぜこれを予約したのか?!

読めばわかるでしょう。うん。


謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る


刑事で実は大企業のお嬢様・宝生麗子が主人公。
ボンボンで思いついたことはすべて口にしないと気が済まない風祭警部との
コンビで話が進むのか?
なんでこの本をチェックしたのかわからないぞ~(苦悩)

その謎はお嬢様刑事が帰宅してから明らかに。

お屋敷で待っていたのは執事の影山
執事としては若い30代。
それも新米執事だそうで
「プロ野球選手か名探偵になりたかった」という過去を持つ男(笑)

この執事が謎を解き明かすのです!
しかも決め台詞は「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」等
無礼にもほどがある毒舌!

これだ! この執事の慇懃無礼さに興味を持ったんだ!!

お嬢様ゆえのツンと慇懃無礼な執事のツンが対決して
すっごい楽しいことになっています!
正直、事件はどうでもいい(問題発言)
短編集だから被害者に感情移入する時間ないし。

お嬢様が如何にして執事に折れるか
執事が如何にして小馬鹿にしつつ謎を解くか。

お嬢様と執事の毒舌漫才が楽しい1冊。

基本はお屋敷の中でお嬢様が帰宅して一息ついてから
事件のあらましを語って聞かせて執事が解く、というスタンスですが
たまに外出します。
いつもはふたりっきりのやりとりですが
第三者が入ると
ふたりの力関係が逆転する(いや、本来のお嬢様主導になる)のもおもしろい。

あのオレ様執事・影山が困っている…!(爆)

そんな姿をみられる第4話が一番好きです。
あとアクションのある第6話…っ!
つくづくワタシってアクション好きだな、と実感。
安楽椅子探偵って苦手なんですが、この話は楽しめました!
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking