気になるDVDの第1・2巻を見てみた 《ある素敵な日編》

韓国ドラマ『ある素敵な日』第1~4話

『コーヒープリンス1号店』で紹介していたドラマ。

生き別れの兄と妹が
十数年ぶりに再会したら
兄は詐欺師、妹はご令嬢になっていた!


なにそれ面白そう!
しかも詐欺師の兄役が『コーヒープリンス』で店長を演じたコン・ユ?!
ヨッシ、見てみようじゃないですか!
最近、大当たりのドラマに出会えていないので!!

と期待の大きさをうかがわせるDVD1・2巻一気借り。


ある素敵な日 DVD-BOXIある素敵な日 DVD-BOXI
(2007/12/21)
コン・ユ.ソン・ユリ.イ・ヨニ

商品詳細を見る


やったー、面白いぞ!!

ん? アメリカのドラマか?!
と面食らう冒頭。
白い粉らしきものと大金のやりとりをする裏取引場面から開始。

そこへ割り込む1台のバイク!
いきなりド派手なアクションシーン突入ですよ。

きゃあ♪ このバイクの主がコン・ユ?!
なんだよ、詐欺師の役っていうから結婚詐欺とかだと思っていたのに
こんな大胆な詐欺を働くのか?!
いいじゃん、いいじゃん。
悪人から金を巻き上げるなんて痛快!

と、私が喜んでいる間に
海へ飛び込んで追手を撒く度胸を披露して
そのまま日常へ滑り込み。

なんかフツーに英語が飛び交うのは何故??
港町が舞台のようですが…え、西洋風ですよ。なんじゃこれ。

どうやら舞台はオーストラリアだったようで
そうとは気づかないもんだから混乱。
結局、結婚詐欺師で、ド派手なアクションは最初だけだった…
さらに生き別れた兄と妹って設定のはずなのに
コン・ユ演じるゴンのそばには“血のつながらない妹”っぽい娘がいる!

ん? なんで更に妹いるの??

当然、父と兄という組み合わせだと思っていたら
父の親友に引き取られた、という状況で
兄はその父の親友の家族(息子と娘)と共にいたのでした。
なんじゃそら。

2人も育てられないから妹は置き去りにした、らしいです。
酷くないか?!
だったら二人とも施設に預けりゃいいんじゃね?
無理に引き取らなくてもいいんじゃないのか??

引き離されたことを恨むわけでもなく生き別れた妹を探し続けるゴン。

父の親友の娘は主人公ゴンが大好きで…
ぶっちゃけウザい(笑)

心臓が悪いらしくてゴンが必死で手配した手術も受けずに脱走して
韓国に帰国したゴンを追って帰国。
我儘過ぎないか?!
…なんで手術を放棄するんだ~。ほっとくとヤバイんじゃないのか~。

父の親友の息子もなかなか酷い。
生き別れた妹を発見したのはお手柄ですが
それが掏った財布にあった写真で気づいたってのが…根っからの寄生生活。
その家を突き止めゴンに内証で取引したり
生き別れの妹を利用する気満々なのがキモチワルイ。

この父の親友の家族3人ですでに気持ち悪さでお腹いっぱいですが
この家族よりもキモチワルイのが
生き別れの妹が引き取られた家庭なのだ!!

ちょうど本当の娘を亡くした(死因は不明)ばかりで気落ちしていたところに
“妹”を発見したらしく
死んだ娘として育てているのだ。

名前を偽り(死んだ娘の名前で生活)
年齢を偽り(本来は大学3年なのに高校生として生活)
表面上は実の娘として育てているっぽいのだ。
韓国の戸籍事情はどうなっているのか?!

どうも死んだ娘の母親が夢みるおっかさんで
死んだ娘が帰って来たと思い込んでいる風なのが怖い。
それを許容している父親と息子。

しかし小さいときはそれでもよかったが(いやよくない)
成長するに従って息子が“妹”に対して邪な思いを抱き始め…
除隊してきた息子の魔の手が“妹”に伸びる!

真夜中に合い鍵で“妹”の部屋に忍び込むとか冗談じゃないぞ!!

ほんと、もう、ね。
この息子がキモイんですよ!!!(力説)

韓国ドラマには意地悪・キモイキャラが結構登場しますが
そういうのが現れるたび思い出すのがニールとイライザ。
私の意地悪キャラの原点は
『キャンディキャンディ』のニールとイライザなんです。

この息子が完全なニール!!!

除隊して初登場したときからキモくてキモくて。
ひとり暮らししようとするのは勝手だけど
「“妹”も一緒に」とか訳の分からない提案をするし(母に却下された)
“妹”が化粧しているときも退こうとしないでガン見して
「胸元が寂しい」とネックレスを無理やりプレゼント。
ピアノから逃げ出した“妹”を母を盾に脅迫まがいの言葉で引きとめ
無理やり洋服のプレゼント&無理やり連れ回し
挙句の果てに「本当の兄が迎えに来た」と大ウソぶっこいて
“妹”を連れ戻し、襲う。

見事です! 見事なニールっぷりです!! キモイっ!!!

夜な夜な部屋に忍び込んでいたことをを許容していた父親
サイテーです!!!

夢みるおっかさんを演じるのは『復活』でお兄ちゃんの母を演じた人
間違った方法で家族を守ろうとするのは『魔王』でオス父を演じた人
ぎゃはは!
またしても夢みがちな母、ダメ親父っぷりが素晴しいです!!

あ、どういう経緯か忘れましたが、警察の場面で
『魔王』で気の弱い教師&『ナイスガイ』で刑事を演じた人が
刑事の役で登場しました。
もう出てこないのかな…警察関係ない話だからこれだけかな。

キモイ息子を演じているのは初めて見る人ですが
こんなに完璧にキモイ人を演じて大丈夫なんでしょうか?
FANが減りそう(笑)

なんでこんなキモいドラマのタイトルが『ある素敵な日』なのか?

それは生き別れた兄と妹が持っている写真と共通の記憶を示しているのだ。
その記憶を胸に兄も妹もお互いを探し続けているのです。
一緒に過ごして楽しかった思い出が
各話のラストに挿入されるのはいい演出だと思います!


キモイとこだらけのドラマですが
それだけではありません。
このキモさを吹っ飛ばしてくれるのがゴンです!!

ピアノから逃げ出した“妹”を追いかけて守るのはゴン。
家出した“妹”を受け止めるのもゴン。
キモイ息子に襲われて絶体絶命の“妹”を助けるのも、もちろんゴン!

ギャー! 早く来い!!

と絶叫したところにドアを蹴破って登場!
その後はキモイ息子を殺す勢いで殴りまくり。

ちょっと、いくらなんでも殺しちゃダメだぞ…と心配になるほど。
キモイ息子が死んだって構いはしないんですが
ゴンが前科持ちになるのは嫌だ。という意味でダメです。

このあたり、兄だということを明かしていないから
“妹”が戸惑うんですが、“妹”は早く察するべきです(笑)
間もなく気づきますけど。

更にややこしいことに
ゴンと“妹”、実は血がつながっていないのです。

キター!!!

そうこなくっちゃいけませんよ。
つーか、韓国ドラマは“血のつながらない兄妹”が本当に好きだな(笑)
私も好きだけど!
そしてコン・ユは『コーヒープリンス』に続いて耐え忍ぶ役なのか。

この事実、ゴンは知っていますが
“妹”は知りません。ゴンを実の兄だと思って疑いません。

ご令嬢の“妹”をも騙すのか、詐欺師の兄?!
いつバレるんだ、血のつながらないことを?!
キモイ息子が「結婚したい」とか血迷っているし
父の親友の娘もゴン狙いなので邪魔が入るのは必至!

わー、なんか珍しく王道の韓国ドラマを見ている気がする~。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking