気になるDVDの第1巻を見てみた 《チェオクの剣編》

韓国ドラマ『チェオクの剣』第1・2話

『イルジメ』を見終わったので時代モノを。
時代モノは並行して見ると混乱しそうで見終わるのを待っていました。

『イ・サン』を借りているので手元にあるんですけどね。
これ、長いから~(未知の全77話!)。
見始めると時代モノはこれしか見られなくなっちゃうので
その前に、短めの時代モノで慣れておこう! という試み。


チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)
(2006/04/28)
ハ・ジウォン、イ・ソジン 他

商品詳細を見る


うおっ!? なんだコレ、すごいワイヤーアクションだぞ!!

ふーむ。冒頭で結末が明かされると言うのは『イルジメ』方式ですね。
追う女に追われる男。

徐々に明かされるヒロイン・チェオクの境遇。
もとは上流階級の娘だったのに
父が謀反を起こし(?もしかして陰謀?)反逆者として追われる最中
兄と離れ離れに。

成長して“茶母(タモ)”として働きつつ
兄の行方を追っている、と。

てことは、冒頭の二人が生き別れになった兄妹なのだな?
ん? もう展開予想できちゃった??

その予想が当たっているかどうかはさておき
茶母ってなんなの~?
警察っぽい組織で働くお茶出しの係、だと思ったら
検死もできて、さらに武官よりも優秀っぽいぞ。
えええ? 意外に権力持ってんの??

持ってナイっぽいです。
すっごく男尊女卑な世界ですから。
「女のくせに」的な扱いを受けているヒロイン。
優秀っぽいのに。

それに身分差別も甚だしい。

チェオクが引き取られた家の御曹司がどうやら妾の子で
優秀なのに血筋の面で苦労しているって描写もありました。
そういえば『イルジメ』でもチャドルが苦労していましたな。

結構ムカつくな、このドラマの設定…

あと、ワイヤーアクションは
前に見た中国ドラマ『射雕英雄伝』のほうが凄かったし上手かった。
さすが本場。

あとあと、男性キャラの見わけがつかない(泣)
御曹司を見失いがちです…
疵のある人しかわかりません。←疵で見分ける

あ、『イルジメ』のセドルがいました。
けど、あんまりいい人ではないかも…ダメな感じのキャラでした。
女の子の着物を盗もうとするなんて言語道断!
それ以外にも悪いことしててガッカリ~。

困ったな~。思ったよりノれないぞ。
まぁ、途中からおもしろくなった『イルジメ』の例もあるので
諦めないつもりですけど、どうなることやら~。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking