第87回箱根駅伝

『風が強く吹いている』の影響で興味を持って
昨年はイキナリ現地に行って沿道応援したわけですが
今年はテレビ観戦。
最初から最後までじっくり堪能。

終わってみれば
大会新記録のタイムで1・2位がゴールして
1・2位のタイム差も21秒という僅差
シード権争いもわずか3秒での争いと
ハイレベルな大会でした。

3冠達成した早稲田大の監督の胴上げがみられてよかったです!

やっぱおもしろいな!
見どころ満載!
もはや、すべてが見どころ!!


1区の早稲田大・大迫の激走
2区の東海大・村澤の17人ごぼう抜き
3区の早稲田大・矢沢の独走
4区の明治大・北魁道の名前に注目
5区の東洋大・柏原の逆転と早稲田大・猪俣の根性
6区の東洋大・市川と早稲田大・高野の鍔迫り合い
7区の駒沢大・窪田の力走
8区の白熱し始めたシード権争い
9区の城西大・石田の密かな巻き返し
10区の壮絶なシード権争い

といろいろ興奮した場面はありますが
私が一番テンション上がったのは

9区から10区にかけてギリギリ襷を繋いだ上武大!!

あれはハラハラした! 間に合う! 頑張れ~っ!!
真剣に応援しました。
いや、それまでだって真剣に応援していましたけど
あのときは気合いが違った!

今回は前回見ている分
知っている選手がちらほらいたのが嬉しかったですね~。
そして知っていると贔屓にしてしまうのが人情。
結果、知っている選手を優先して大学関係なく応援という無節操なことに(笑)

東洋大と東海大、早稲田大に知っている人が集中していたので
この3校を応援することが多かったかな~。

東海大が1区20位、とわかったときは仰天しました。
でも次の走者が村澤と聞いて
あらヤダ、見せ場? 最下位でも他チームとそんなに差がないから大丈夫!
と切り替えてウキウキとその活躍を見守りました。

6区の柏原は不調不調と言われていたのに
走ってみたら「ギャー! 山の神復活!!」とハイテンション!
しかも競っている早稲田大の猪俣
猛勉強して一般入試で入学してコツコツと練習して4年生で初箱根!
という贔屓しやすいキャラ!
顔もカワイイ!
抜かれた後も冷静に諦めずに差を詰めてきて…感無量でした。

どっかのポイントで「イノマタ」コールをしていたときは一緒になって
イ・ノ・マ・タ! と応援でしたよ!!
もちろん「カシワバラ」コールもしましたけど。
あのコールいいよね。愛がある。
団子状態で通過したときは大変そうでしたけど(笑)

6区の抜きつ抜かれつの激走も凄かった!
なんですか、あの高野の根性(驚)
滑ってもスピードを緩めないって凄い!
山下り対策で特訓した秘密兵器だったそうですが、その成果はばっちり!

シード権争いが熾烈になってくると自然と応援してしまうチームが現れて…
私が応援したのは城西大と国学院大。
ええ、あの明暗を分けた2校です。
だから正直あの結果には複雑な思いが…

国学院大・寺田がスパートかけたときは、ヨシ! とガッツポーズ。
でも、そのあとが…あれですよ(苦笑)
終わってみれば笑い話ですけど
見ているときは「ああ…」と絶望しかけました。

でも寺田くんから余力があると感じていたので
諦めんな! 間に合うぞ!!」と念じつつ
でも城西大は抜かないで~」と矛盾する応援。
ま、結果は…城西大が抜かれて、国学院大がギリギリ滑り込んだんですけど。

城西大はかなり疲労困憊に見えたからなぁ。
それでも最後までデッドヒートを演じたのは偉かったです。
全力を出し切って凄かった!

寺田くんは今回の大会のキュート番長です。
面白かったなー(笑)
って笑い事じゃないけど。
妙に存在感があって1年生なのに「5年生」「オヤジ」「浪人顔」と
言われ放題な愛されキャラ。
壮絶なレースを終えて体力・神経ともにすり減らしたのかダウンしたそうで
すべてを出し切ったのが好印象。

まぁ、本人が一番慌てたと思いますけどね。
応援が急になくなって」気づいたそうな。
嗚呼…そういう把握のしかたでしたか。
整備していた人も慌てていて
やー、間違いなく今大会一番みんなの度肝を抜いた寺田くんなのでした。

祝賀会での監督のコメントが「目が飛び出るくらい驚いた」ってのに笑った。
先輩も「ネタか?!と…」と笑わせてくれるし。
なんだ、早稲田大のみんなもそうだったけどコメント上手いな!
終わり良ければすべて良し」そう。その通り!
そうじゃなければこんなに愉快なコメント聞けなかったと思うので
やっぱ寺田くんはキュートです。
つーか、監督若いな~。チーム全員が仲よさそうでした。

さて、私には名前に注目するというクセがあるのですが
今回スキ! と思ったのは以下の名前。

早稲田大・大迫傑(1)
駒沢大・油布郁人(1)・上野渉(2)・千葉健太(2)・窪田忍(1)
東海大・早川翼(2)・小泉稜(1)
国学院大・奥龍将(4)・寺田夏生(1)
山梨学院大・高瀬無量(4)

大迫くんは“大”に“迫”に“傑”ですよ?! 大物になりそうな名前です!
早川くんは早そう! そして飛びそう!!
奥くんは強そう。
え、寺田くん“夏生(なつお?なつき?)”っていうの?! いい名前!
高瀬くんの“無量”には敵いませんなぁ。
あ、北魁道くんはかなりのインパクトでした。

でも一番好きな名前は、東洋大・大津翔吾(4)
なんか好き。響きもフルネームで漢字が並んだ佇まいも。
あと顔が『キャプテン翼』の来生くんに似ていて覚えやすかった(笑)


以下、最終的な結果。

1 早稲田大 10時間59分51秒
2 東洋大 11時間0分12秒
3 駒沢大 11時間3分53秒
4 東海大 11時間8分12秒
5 明治大 11時間8分24秒
6 中央大 11時間11分24秒
7 拓殖大 11時間11分28秒
8 日本体育大 11時間13分19秒
9 青山学院大 11時間13分20秒
10 国学院大 11時間13分23秒
11 城西大 11時間13分26秒
12 山梨学院大 11時間13分50秒
13 帝京大 11時間14分21秒
14 東京農大 11時間15分43秒
15 神奈川大 11時間16分37秒
16 中央学院大 11時間19分0秒
17 専修大 11時間21分5秒
18 関東学連選抜 11時間21分17秒
19 上武大 11時間25分11秒
20 日大 11時間28分0秒



さ! 次は23日(日)の都道府県対抗男子駅伝です!!


当ブログの駅伝関係の記事は以下
箱根駅伝 往路復路全国男子駅伝出雲駅伝箱根駅伝予選会全日本大学駅伝国際千葉駅伝
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今年もアツい!

現地で直接見るのも迫力ありますが、
テレビ観戦は余すところなくじっくり堪能できますよね♪

今回は得にハイレベルで見どころ満載でしたね!
どのチームも実力が拮抗しているだけに、
みんな勝たせてあげたいよ~と思いながら応援してました。

>9区から10区にかけてギリギリ襷を繋いだ上武大!!
お願いだから間に合ってーーーっ!と思わず奇声を発しちゃいました(笑)

>「諦めんな! 間に合うぞ!!」と念じつつ
>「でも城西大は抜かないで~」と矛盾する応援。
私も国学院と城西の両方にシードとって欲しかったので
この結果はかなりフクザツ・・・。
でも城西はこの悔しさが来年に繋がるのだ!

祝賀会の国学院はみんないい笑顔でしたね☆
コメントも面白いし(笑)
レース時とは顔も雰囲気も全然違うし。
普段はふつーの学生さんなんだよな~とつくづく思います。

なーこさん

今年は見応えありましたね!
気がつくと順位が大きく変動していてビックリすることが多かった。
最後までホント結果のわからないレースでした。

>お願いだから間に合ってーーーっ!と思わず奇声を発しちゃいました(笑)
やっぱり?! ここは無条件に力の入る場面ですよね!
間に合って良かった!

城西大はシード権獲得ならず…
残念ですが予選会応援するチームがあるのは楽しいので
それはそれでOK!
と、無責任に思ったり…

>レース時とは顔も雰囲気も全然違うし。
そうなんですよ~。
フツーの子たちなんですよね。そこがまたイイわけですが(笑)

痛恨のミスですが…『もうひとつの箱根駅伝』見るの忘れました…
気づいたとき大慌てで
「時間を巻き戻したいっ!」と切に願いましたが無理でした(がくり)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking