その後の『ナイスガイ』 第4・5巻

韓国ドラマ『ナイスガイ』第7~10話

ナイスガイというタイトルからは想像できないくらい
シリアスになって参りました。


ナイスガイ DVD-BOXナイスガイ DVD-BOX
(2005/02/18)
シン・ハギュン、チョ・ハンソン 他

商品詳細を見る

 
言いたいことは多々あれど、とにかく…
叔父貴がムカつく!!!!
ってことで頭がいっぱいになりました。

どうなんだよ、この人。
守るためだ、お前のためだ
と恩着せがましく繰り返して洗脳しようとしますけど
自分勝手なだけじゃないですか!

これまで韓国ドラマの悪役にはどこか愛嬌があって
かなり気に入ることが多かったのですが
この人だけは無理な気がします。

だって最初から大して役に立ってないんだもん!

叔父貴ってジュンピルが懐いていますけど
過去にも大したことしてないですよ?!

父親が「俺にもしものことがあったら」と託した相手ですけど
だったら、あそこで父親から引き取る行動をとらなきゃいけないのに
なぜか父親と一緒のままにしているし。
おかげで事故に巻き込まれて勘違いされて。

勘違いまで計算していたんなら大したもんですけど
それだとボスがとっ捕まること前提なのでそれはなさそう。
ま、ボスに取って代わろうとしているんなら別ですけど。


ラブ面では相当こんがらがっています。
あんなに笑顔全開だったジュンピルが転落。
おかげでジウに決めかけていたテピョンまでグラついて
消えたと思ったユウコが再浮上。

真相を掴んだスンジョン父の決意を踏みにじる叔父貴にまた腹が立つ!
きっとジュンピルを“息子”から“婿”に受け入れ態勢を変えて
テピョンを“息子”として迎え入れようとしたんだと思う
んですよ。
放っておけばみんながハッピーだったのに
叔父貴のよけいな行動で台無しに。
はー。がっくり。

『ナイスガイ』というタイトルはスンジョン父のことなんだろうか?
それもあるかもしれないけど、たぶん違う…
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking