バッカーノ!1932―Drug & The Dominos ! (成田良悟)

イブちゃんのお話でガンドールのお話。

この話もアニメに収録されていました。
が、けっこうアレンジされていて
原作ではいたはずの人が消されていたり、エピソードが削られていたり。
読んでみたらガンドールの3兄弟が渦中のお話でスバラシイ!


バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫)バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫)
(2003/10)
成田 良悟

商品詳細を見る


私、チック好きです。
アニメでもちょっとしか登場しないのに(本当にちょっとだ!)
なんか好きでした。
ちょっとの登場でも十分ヤバイのが伝わってきて素敵なヤツです(笑)

アニメでは語られなかったキースの、奥さんとのなれそめにはグッときた!
キースも大好きだ!!
なんだ、喋れるんじゃん!!
大事なことは言葉にする、ツメはキースにお任せです!!
そっかー、電話では雄弁なんだなー。そっかー。

そして声と共に口調が明確にイメージできたラック
どういうわけか、顔がおぼろげなのに声と口調は覚えているラック。
思った以上にお気に入りだったようで
彼がしゃべるとわくわくしました。
悩める不死者。この人もしかしたら今後壊れちゃうのかな?
でもふたりの兄貴がいる限り大丈夫だと思うけど…
早く嫁さんもらいなよ(笑) イブちゃんアリだと思うけど、どうよ?

しかしなんといってもクレアでしょう!
もうクレアの名は葬ったのでクレアと呼ぶのは間違っているのかもしれないけど
新しい名前を覚えていないのでクレアってことで!
今回のクレアはおちゃめでした!!
「呼んだ?」と振り返るとことか、律儀に仮装してなりきるあたり。
ま、ガンドールの兄弟たちにはバレバレだったようですけど。
仲いいな、キミたち!
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking