その後の『イルジメ』 第2~4巻

韓国ドラマ『イルジメ』第3~8話

テンションがあがらない第1巻の感想 を読んでくれた方から
とりあえず第7話まで見るべし!
と教えていただき「ほいじゃあ、7話まではがんばろう」と
8話まで収録された4巻まで借りてみました。


イルジメ 〔一枝梅〕 BOXI [DVD]イルジメ 〔一枝梅〕 BOXI [DVD]
(2009/06/03)
イ・ジュンギ、パク・シフ 他

商品詳細を見る


以下、それなりにネタバレします。
 

姉上~~~っ(絶叫)

ヒロインは姉上でいいんじゃないですか?
私は主要な女の子キャラの中では姉上が一番好きですよ!
とエールを送っていた最中の出来事…

まじっすか。韓国ドラマ、半端ないっすね。

そしてイルジメ誕生の第8話。
自らの不用意な窃盗の結末によって災難に見舞われる友だちのため
“再来”する盗賊。
そういう流れですか。友情に篤いのは高ポイント!!
直訴したり意外と熱い男だぞ。
しかし…

落書き付きかいっ!(爆)

大笑いしました。
楽しかったですが、唯一無二の美術品を汚す行為は許せぬな!
まぁ、ドラマだから見逃がすけど。

第1話の冒頭では
完全に第一線の盗賊(…?)として名を馳せていたようなので
どのようにしてそうなるのか?!

盗賊としてのスキルはかなり独学なんですね。
てっきりあの元殺し屋(?)のオジサンに格闘技を教わるんだと思っていたから
意外でした。
“父さん”に窃盗のスキルを教わるシーンや地道に努力する描写が好き。

そう言えば梅の花(いや、ウグイス?)のエピソードも教えてもらっていないんだなぁ。
ウンチェに教えようとして中断しちゃったから。

そのウンチェと再会。
はたしてそのあたりの記憶は戻っているのでしょうか??
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking