気になるドラマの第1巻を見てみる 《魔王編》

韓国ドラマ『魔王』第1・2話

韓国ドラマのネタが続いてアクセス数激減の当ブログ(爆)
でも、最近“オム・テウン”で検索してたどり着く方がちらほら。
『復活』の記事にも拍手をいただけて
意外に読んでくれていた人がいたのか! とビックリ&嬉しかったです。
ありがとうございます。
当方、最近『復活』で魅了された新参FANです。

というわけで
韓国ドラマ『復活』で主演したオム・テウンを見るために
さっそく『魔王』にトライ。
数年前に日本でもリメイクされたドラマなんですね。
そういえばそんなことを言っていたか…見ていないんですよね~。

“復讐する人”と“される人”がメイン

という情報をかろうじて持っている程度で見始めました。


魔王 DVD-BOX 1魔王 DVD-BOX 1
(2007/12/05)
シン・ミナ、オム・テウン 他

商品詳細を見る


以下、ちょっぴりネタバレ
 
 
オム兄はまたしても刑事です!
髪短いです!
いっぱい走っています!!

今回の相棒は女性。
…肝心なときに持ち場を離れてるうっかりさんです。

またしても相棒運に恵まれていないのか?!

オム兄が財布を忘れたことが問題視されていますけど
その前に持ち場を離れた相棒が悪い!!
そもそもお前がちゃんと車で待機していれば何の問題もなかったのに!
ケラケラ笑ってんじゃないよっ!

しょっぱなからイライラしてしまった。オチツケ。

なんか…超能力をもった図書館司書の女の子がいますよ。
サイコメトラーらしいです。

その力を使ってトラブル解決!
したのはいいけど、「疑ってごめんなさい」って謝らせるのはやり過ぎでは?
根拠なく疑ったのはたしかに悪かったけど
それを直接言ったわけではないんだよね?
だったら謝らなくても…突然謝られたほうもビミョーな気分になりそう。

このサイコメトラーには気になる図書館利用者がいるようで
それがもう一人の主人公である弁護士
うーん? 復讐する人、でしょうね。なんか得体がしれないから。

オム兄(刑事)・サイコメトラー・弁護士

リアルと超能力が混在したヘンなドラマです。
どうやって見たらいいのか判断に困る。

サイコメトラーは信じていいの?
この子の思い込みとか勘違いってことはないの?
他にも超能力者が登場したりするの?

物語は12年前の高校生の殺傷事件に端を発します。
とある高校生同士のトラブルにより
ひとりの男子学生が刺され
刺した人通報した人目撃した人がいます。

んーと、オム兄はドレ?
目撃した人ってことはなさそうなので刺した人、もしくは通報した人…
いや、“復讐される人”だと前提すると刺した人ってことになりそうです。

では弁護士は?
“復讐する人”だとすると、刺された人もしくは通報した人。
通報した人は気が弱そうでキャラが違いすぎるんだよね~。
じゃあ、刺された人か。つか、刺された人は無事だったのか?!

その12年前の事件現場に居合わせたのがサイコメトラー。
転がって来たボールから目撃者の記憶を読みとり、たどり着いたってわけ。

ほほう。無理のない設定ですな!
…そうかぁ?(笑)
このサイコメトラーの存在がどうにも釈然としない。
これはシリアスではなくキワモノドラマとして見るべきなのだろうか??

それはさておき、オム兄の上司のチーム長
パク・サンチョルじゃないですか?!
全然キャラ違って雰囲気が違うんですけど、似ている…ような気がする。

今回は完全な味方ですよ!(たぶん)
今回は正義のひとですよ!(おそらく)

オム兄宛で警察になんだか宅配便が届きました。
が、「私宛だと思ってあけちゃったわ~」とケロっと仰る相棒。
……プライバシーの侵害です!
後輩の刑事も一緒になって中身を物色したらしく
手紙が入ってます」とご注進。

…お前ら、どんだけガン見したんだよ?!

人のものを勝手に開梱してそれを悪びれない態度に戦慄!
なんなんだ。キモチワルイぞ、キミたち。

届いたのは抽象的な言葉が切り貼りされた脅迫状まがいの手紙と
1枚のタロットカード。
そのくらいなら宅配じゃなくて郵送でいいのにね。
自宅じゃなく警察に届いた意味もわからないし。謎です。
あ、もちろん送り主は空欄。
ところで宅配で空欄て可能なんですか?

で、そのタロットカードは盗品で
絵柄を描いたのがサイコメトラーという繋がりに加え
彼女はチーム長と知り合いだったという事実。
チーム長は彼女がサイコメトラーということを知っているのだ。
数年前に捜査に協力してもらったとかで。

…民間人に捜査させるなんて! どうなっとんじゃ?!

今回も事情を聴きながらサイコメトってもらおうという魂胆。
ええ~? 捜査上の情報をぺらぺら民間人に話すのはいただけないなぁ。
それも警察から進んで、ってのがねー。
なーんか納得いかん。どうなんだ、この設定。

しかもその場にサイココトリーの友だちも同席しているんですよ!
アリエナイ。ありえないよ…

そこへなぜか弁護士も登場して。
どうやらチーム長が呼んだらしいですが、だったら警察に呼ぶべきでは?
なんでこの民間人のお店に呼ぶかなぁ?
それもサイコメトリーの最中に到着しましたよ!
この能力のことは秘密なのではないのか?!

チーム長の考えがわかりません。
パク・サンチョルの時のほうが道理が通っていたと思う。

わからないと言えば、図書館の貸出。
一般の人への貸出が禁止なら貸しだしちゃいけないよね?
職員なら貸しだせるから私の名前でどうぞ、っておかしくない?

あと現場に残された凶器を持ちだして
素手で触ってサイコメトリーって大問題だと思うんですけど!!!
素手で触るな!
そもそもサイコメトって知ったことが証拠になるのか? ならんだろう?!

もー、気になることが多すぎるっ!

なんかキリスト教とかタロットとかサタン(ルシファー)とか
オカルト的なものが散りばめられて
嬉しいのかそうでないのか自分でもわかりません。
おもしろいような気もしますけど
暗示的で、めんどくさいような気もする(酷い)

うーん。『復活』が好み過ぎたから期待が高まりすぎたか。

オム兄率も低いし。
つか『復活』が高すぎたのか。
善も悪も一手に引き受けて物語の中心だったからな~。

今回は弁護士と半々だもんね。
あと復讐される人が複数っぽいのでさらに分散…

オム兄は熱心な刑事さんなんですけど(有能かどうかはさておき)
その友達が…“目撃した人”なんでしょうが
問題ある人ばっかりですよ。
不倫してたり、服役してたり、高利貸しだったり。
この中では高利貸しの友だちが一番好きかな。

“復讐する人”の弁護士はよくわからないです。
せっかくもらった写真を燃やしていましたけど…いいの?
写真に写っていたふたりが誰なんだかわからないんですけど(致命的)。

おお、そうだ。
弁護士事務所で働いている人、チェ・ドンチャンじゃないですか?!
なんかいい人っぽいですよ! 真面目ですよ!
え~ツマンナイ!!←え?
この人にはもっと愉快な顔をしてもらいたい!

あとは探偵さんとアンさんが出てきたら嬉しいな~。
と眺めていたら出てきましたよ!

弁護士殺害事件で現場付近をうろついて
駈けつけたオム兄に話しかける野次馬、そうですよね?!
あと2話のラストで女の子にぬいぐるみあげていたのも?!
素敵な笑顔でプレゼントしていました!

…幼女に天使の笑顔って今回の役はロリコンですか?!

謎だ。何の役なんだ(苦悩)
それにあのぬいぐるみ、首や手足が長すぎてかわいくないと思うんですが
それはいいんですか? いいんですよね。ハイ、わかりました。

結構、登場人物多くて大変そうです(私が)。
当然オム兄中心に見ていく所存。
今回の名場面はチーム長とのやりとりですね。

考えてみたんですけど
………さっぱり


のくだりがすっごく面白かったです!
トーンが一緒!!(爆)
こういうのどんどん出してほしい!
シリアスっぽいから無理かな?
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

短髪オム兄もステキ。

シリアスだと思って見てましたが
まるあさんの感想読んでたら
なんかコメディーっぽく思えてきた(爆)

『復活』は最初に情報ありきで相手をどんどん追い詰めるけれど、
『魔王』は最初ハテナ?と思うコトが多くて
話が進むにつれて段々と過去の出来事が明確になっていく、って感じかも。

>なんかいい人っぽいですよ! 真面目ですよ!
>え~ツマンナイ!!←え?
この方には濃い演技と顔芸をつい期待しちゃいますよね(笑)

なーこさん

>なんかコメディーっぽく思えてきた(爆)
失敬な! いつだって私は真面目に見ているし感想書いてますよ?!
まぁ、シリアスドラマにしては設定が素っ頓狂なのでツッコミ甲斐があるのは事実。

>話が進むにつれて段々と過去の出来事が明確になっていく、って感じかも。
そのようですね…第1巻を見た時点では「なんなんだ?」ってことが多すぎる~。
特に弁護士サイド!

ドンチャン、カムバ~ック!!
でもこの役者さんがいるだけで楽しいのでいるだけでもいい仕事してます(笑)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking