その後の『復活』 第12巻

韓国ドラマ『復活』第23・24話(完結)
見届けました!

韓国で『24』を作ったらこうなるのかな?

そう思える展開の早さ!
別に24時間の話じゃないですけど。

そこへ
“復讐”“記憶喪失”“生き別れの双子”“血のつながらない兄妹”
という
得意なテイストを織り交ぜて作りました! どだ!
って感じのドラマです。

復讐するキャラを主人公に持ってきたところは『コードギアス』のよう。

『24』『コードギアス』を好きな方は楽しめるドラマではないかと思います。
反対に『復活』が好きな方は
『24』のファーストシーズンと
『コードギアス』が楽しめるんじゃないかと思います。

後半はなんだか慌ただしかったように感じましたが
『太王~』でもそうだったから
これが韓国ドラマの当たり前…?

ともかく初めて夢中になって見た韓国ドラマでした。
おもしろかったです!

なんと言っても主演のオム兄ことオム・テウンの存在ありき!
オム兄素敵だ~。演技上手い~。
オム兄を見るのために次は『魔王』だ!

その前に、『復活』の感想です。
これまでの感想はこちら 1巻2・3巻4~6巻7巻8巻9巻10巻11巻


復活 DVD-BOX 2復活 DVD-BOX 2
(2007/01/17)
不明

商品詳細を見る


前半6巻くらいまでが最高潮だったかな。
6巻までは半ば一気見だったから、そのあたりの影響もありそうですが。

以下、ネタバレしつつ思ったことをつらつらと。
 
せめてあと2話…いや、あと1話あれば
もっともっと痒いところに手が届いたのではないか?!
そう考えてしまう慌ただしさで惜しい!

そんな中
どんどん重要度が増してラストもニヤリなとこ持っていった
パク・サンチョル影の立役者ですね!
この人好きだな~。

急浮上したのがヒス
ラスト2話で一番の急展開をしたのが彼。
“実は父”と“兄貴分”との板挟みでどう行動するのか?!
この人がキーパーソンでしたね。

あとヒロインが交代していたような…?
ウナは完全に蚊帳の外におかれて、代わりにママンが中央に!
それもそのはず
黒幕をギャフンと言わせるにはどうしても外せない人ですから。

にしても後半、急に鋭くなりましたね。
あんなにぼんやりした人だったのに…

ウナに関しては実は
ウナのママがミン・スヨンなんじゃないか? と疑っていたんですが
それは深読みしすぎでしたね~(苦笑)

あと考えすぎと言えば
武陵にはどう考えてもジヌのスパイがいるはず!
それがイ代理か室長だったりして…と予想したけど
んなこたなかった(笑)

黒幕に関してはその腹黒さ、自己チューな考え方に辟易。
最初に好きになったからなんだっつーの。
順番は重要ではない。ポイントは相手がどう思うかだ!
悪人のくせに強気なのがムカツク!
私も自分を赦したことはない」とか言っちゃって、知るか! っての。
開き直ったその態度が気に入らないのよ~ って歌がありましたな。
その通りだ!

悪人2人も
お前も我々と同罪だ」と口を滑らせますが
お前にそれを問う資格はない」と言われて目をそらすからまだマシ。

イ・テジュンは繊細な人でしたね。
演じた役者さん好きだな~。
ガッチリした人が多い中、シュッとして意外なタイプでした。

それに比べてチェ・ドンチャンの小物ぶり!
嬉しくなるくらいぺらぺらと白状してくれましたよ!
やー、生かしてよかった!!
パク・サンチョルも納得の最後でしたね!!

ドンチャン兄もやってくれましたよ!
もしかしたら最大の立役者はこの人かも?!

でも正直言うと
黒幕にはもっともっと絶望のどん底に堕ちてもらいたかった。
あんなんじゃ足りませんよ!

足りないと言えば

イ・テジュン&チャン・サングクが黒幕にビックリー
ジヌ義母が実は…と気づいてガビーン
ジヌがいろいろガビーンとなっているとこ
ガンジュが「だから…」と納得するところ
チャン刑事がガンジュにほの字?

このあたりが物足りなかったです。
特に悪役のガビーンは
強調してくれれば留飲も下がったのにちょっと物足りない~。

高笑してやりたかった~。
いや、実際に強調されたら「クドイ!」 と思うのかもしれませんけど。

復讐は空しいもの、というお話でしたね。
もしくは復讐するなら我が身を滅ぼす覚悟で! ってことかな。
妥当な線です。

禊を終えて“復活”するであろうお兄ちゃんの今後を予想すると
灯台で再会するのは必須なので
バラした場面が灯台じゃなかったのは今なら納得です。


あ、副社長としての最後の仕事が
アンさんに別れを告げる場面だったのは嬉しかった!
あの会社で心残りなのはアンさんだけなんですね。
私もそうですよ(笑)

探偵さんともちゃんと別れを惜しんで。
すぐ会えるらしいので(笑)
ぜひとも再会して一緒に新しい事業を起こせばいいと思います!
あ、そこに有能なる秘書アンさんも加えれば最強!
あとヒスも加えれば…完璧っ!
あとあと班長も! それと忠実なるチャン刑事も!!
お調子者のヒスと生真面目なチャン刑事の凸凹コンビを見てみたい(笑)

わー、それ凄くいいなぁ。私の好きなキャラ勢ぞろい。
そんなドラマ作ってほしい!


以下、主なキャスト。

ソ・ハウン(ユ・ガンヒョク)/ユ・シンヒョク:オム・テウン
ソ・ウナ:ハン・ジミン
イ・ガンジュ:ソ・イヒョン
チョン・ジヌ:コ・ジュウォン
カン・インチョル:イ・ジョンギル
チョン・サングク:キ・ジュボン
イ・テジュン:キム・カプス
チェ・ドンチャン:キム・ギュチョル
パク・ヒス/スティーブン・リー:チェ・ドンギュ
ソ・ジェス:カン・シニル
キム・スチョル:コ・ミョンファン
ユ・シニョン:イ・ヨニ
ユン・ミジョン(ジヌ義母):ユン・ヘジョン
キム・イファ(ママン):ソヌ・ウンスク
キョン・ギド(班長):イ・デヨン
チョン・ギョンミョン(探偵さん):キム・ユンソク
チャン刑事:ナ・ギョンミン


Wikiと ここ で調べたらアンさんが載っていないんですよ。
どういうこと?!


コレクターズボックスがあるらしいですよ!
4枚組で内容が…

オム・テウン×ハン・ジミン×コ・ジュウォン×ソ・イヒョン共演の
ドラマ『復活』の未公開映像やインタビュー映像を収録した4枚組BOX。
また、未公開映像、NG集、ミュージッククリップなども満載。
キャスト、スタッフの素顔の一面や彼等からの撮影秘話など
ヒットドラマの核心から裏側まで迫る。
本商品は本編未収録。
     (アマゾンの商品紹介より)

見たい! 見たいぞ、NGシーン!!
撮影の裏話も聞きたいぞ!!
素顔のオム兄を見てみたいぞ!!!


やばい、買いそう。この勢いでは買ってしまいそう…
オチツケ。冷静になるのだ! でも見たいのだ!!

復活 コレクターズ・ボックス [DVD]復活 コレクターズ・ボックス [DVD]
(2009/03/13)
オム・テウン、ハン・ジミン 他

商品詳細を見る

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした☆

>イ・テジュンは繊細な人でしたね。
>演じた役者さん好きだな~。
悪役だけれどダンディーでステキですよね。
この方、韓国ドラマで度々お見かけします。
印象に残る演技でいつも魅せてくれますよ~。

>それに比べてチェ・ドンチャンの小物ぶり!
このドラマを語るには欠かせないキャラですよね(笑)

>ぜひとも再会して一緒に新しい事業を起こせばいいと思います!
お兄ちゃん、探偵さん、アンさん、ヒス、班長、チャン刑事とはゴージャスな!
私もぜひ見てみたいです~(笑)

韓国ドラマ何本か見てるうちに、あの人は、この人は、と
見たことのある俳優さんを見つけてはテンション上がります(笑)
『魔王』も『復活』の役者さんがチラホラ出てきて楽しめますよ~(ニヤリ☆)

>アンさんが載っていないんですよ。
アンさんはホントにステキですよね♪
この方はチョ・ジェワンさんです。
出番は少なくとも重要な役柄が多い、って印象が強いかな。
特に『黄真伊(ファン・ジニ)』は数話の出演でしたが
前半の一番の涙ポイント!ってくらいステキな役を演じていましたよ~。

なーこさん

>この方、韓国ドラマで度々お見かけします。
そうなんだ! では再び会える日を楽しみにしたいと思います。
今回は悪役だったけど普通のお父さん役なんかも見てみたい。

>このドラマを語るには欠かせないキャラですよね(笑)
最後までお見事でした!
また濃い役でお会いしたいものです(笑)

>『魔王』も『復活』の役者さんがチラホラ出てきて楽しめますよ~(ニヤリ☆)
『魔王』見はじめましたが、さっそく見覚えのあるひとが!
まだ『復活』のイメージが大きくてちょっと混乱中~。

アンさんはチョ・ジェワンさんですか。
アンさんのために『黄真伊(ファン・ジニ)』見てみようかな…
いや、まずは『魔王』!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking