3月のライオン 5巻 (羽海野チカ)

オレたち心友だよな☆
そうだね…



友だちもこのマンガを買っているということが先日判明。
だったら借りればいいかな~
とぼんやり考えながら書店に行くと

当店でしか手に入らないイラスト付き!

というPOPに
「マジで?! え、この店に来たの、羽海野さん?!」と大興奮。
そのままレジへ直行。
買うのやめるか、とか考えていたはずなのに!

それが冒頭の「心友」発言のイラストだったのです。
ちなみに二階堂と零ちゃんのお言葉ですが
どちらがどちらのセリフかお分りいただけると思います(笑)

レジ前には羽海野さんが描いたメーテルのイラストも飾られていました。
超かわいいメーテルが見られるのは
池袋の芳林堂書店コミックプラザ!
西口のとあるビルの地下1階のお店です。


3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
(2010/11/26)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


購入してそのまま帰宅の電車の中で読み始めたのですが
涙をこらえるのが大変でしたよ…っ!!!

前巻までのお話をすっかり忘れていたので
天道市に行く話をまったく把握できず
おねいちゃんたちの人間将棋のイメージについていけず

嗚呼っ、二階堂の影響で将棋を勘違いしている~

と大いに焦ったのですが、本当に人間をコマにする将棋大会が開催。
え、現実にもあるのか、このイベント???
度肝を抜かれている間に展開されるのは
島田さんと天童のじんちゃんばんちゃんとの交流。

孤立する老人をなくそうと尽力している島田さんに泣けるっ!
そして厳しくもあたたかく見守り続けるみんなに泣けたっ!

さらにその様子を見て「いいな」と思える零ちゃんに泣けるっ!!


零ちゃんに関しては部活での交流もよかった。
人に馴れない動物のような面をもつ零ちゃんが初めて部活できたのが
先輩のような老成している人でよかったな~。
なんか、達観している野口先輩が大好きだ。
「負ける」ことに苦悩して将棋の世界の厳しさを教えてくれたりして大活躍。
たしかに「負けました」と宣言させるのは厳しい勝負だ~。

あげたら喜ぶとか話を聞いてほしいと思える人
そして実際に喜んだり聞いてくれる人がいるというのはいいことだ!

零ちゃんが“楽しい”という感覚を覚えて心底ウレシイ!
だんだん人間に近付いているよ!(じゃ今までは人間ではないのか)

そんな厳しい世界に普通に身を置いている零ちゃんは
将棋を楽しんでいないようなんです!

あれれ。そんな気はしていましたが改めて突きつけられるとイタイ。
しかし、名人も挑戦者もみんな苦しんでいるのが将棋。
ケーキ3コ丸のみとか
レモンのスライスとブドウ糖ボチャボチャ紅茶に入れて
脳へ補給して対局する姿にホッとしたり。

将棋の精の具現化みたいな宗谷名人も大変なんだね…

島田さんと対戦したときは
ブドウ糖を消費しつくして買いだしが必要だったらしい。
なんだ、圧勝じゃなかったのか!
聞いた?! 島田さんもブドウ糖補給すれば勝てるよ(それは極論)

『バッカーノ!』のラッドのような凄味を見せる後藤にも
人間らしい部分があるところを紹介されたり
何事にも動じないような風格を漂わせている隈倉さんが
思わぬ悔しさを表現したり。
どんどん深まっていくこの世界…

隈倉さんは南方熊楠を連想してしまう。
なぜだ?! 髪型とメガネか??

そしてひなちゃん。
将来は「和菓子を作る人」と密かに決意している優しい子。
このモノローグにもうう…と泣きそうになりながら
ここまではウルっきてもなんとか堪えられた。

けど、ひなちゃんの強さには号泣
その姿に勇気づけられた零ちゃんの姿にも…
テントウムシのお話がトドメでした。

ハー、こんなにマンガで泣いたの久しぶり~。

見事におまけに釣られたわけですが
それは後悔していません。読んでよかった! 買ってよかった!!


しかしおまけは
できればコミックにすっぽり入るサイズに印刷してほしいな~。

コミックに挟んだときちょっと飛び出る部分が気になる…
折り目とか汚れを考えると、保存しにくいんだよね。
かといって4つ折りにするのは嫌だし。

でもちょっと飛び出ていると書店でシュリンクされたとき
“封入されている”ってのがわかって安心なのも事実なんですよね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking