その後の『復活』 第7巻

韓国ドラマ『復活』第13・14話。

できるだけ
いろんなネタ(と言っても読書・映画・観劇・テレビのループ)を
織り交ぜたい、というのが当ブログのポリシー(?)なんですが

今、『復活』に夢中なのでネタがこれしかない!!

というわけで、『復活』ネタです。
このままだと読んでくれるのがひとりしかいなくなりそうなので
どうにかしたいのですが…


復活 DVD-BOX 2復活 DVD-BOX 2
(2007/01/17)
不明

商品詳細を見る


複数巻を一気にまとめると感想が長くなる一方なので
7巻だけにしてみた。
これでコンパクトに…なるといいな。

以下、ネタバレします。
できるだけネタバレしないようにしますけど…

オカシイ、周到なお兄ちゃん
尾行を許すなんて、鍵を開けっ放しにするなんて!
と思ったらスチョルをおびき寄せたんですね。

そうか、そのまま利用してポイ捨てするのだな?!

と思ったら、そこまで鬼ではなかったお兄ちゃん。
というか、お兄ちゃんにとってスチョルは“親友”で“相棒”
複雑な思いもあるのです。

私には役立たずで仕事嫌いな汚職借金刑事にしか見えませんが。
さらに親友を裏切る卑怯者というレッテルも加わったので
まったく同情する気はなかったのですが
本人も反省しているようだし…
でも正直、この人がどんなに悔いても同情できないんですけどね。

ま、親友を赦せるお兄ちゃんのほうが嬉しいか。
あんまり心狭いと悲しいもんね。

さて、このドラマの鉄砲玉とも言うべきガンジュ
ヤン・マンチョルについて調べ始めました。
じわじわと真相に近付きつつある娘にビビった父が圧力。
そうね、ヘタするともう一人の鉄砲玉が娘を消しかねないもんね。

しかし、ガンジュが頑張って取材するのは
ネタを仕入れてお兄ちゃんに会う口実を得たいため、という
わかりやすい理由だったり(笑)

なんだよ~、ガンジュ、カ~ワ~イ~イ~。

とは言え、話す内容は非常に殺伐と事件に関して。
それもお兄ちゃんの手のひらに転がされながら。
手紙で操るなんてお兄ちゃんもヒトが悪い。
まぁ、コントロールしておかないと
ガンジュが余計に傷ついたりするのを防げないし。

実はイ・テジュンに関してはガンジュで追いつめ
チョン・サングクにはスティーヴンを使って
どっかに留学していると言うもう一人の息子で追いつめるのかと
思ったんですよね。

大外れ。

スティーヴン・リーもイ・テジュンに近づけるのか~。
まさかそんな大がかりな仕掛けを施すとは思わなかったので戦慄…
お兄ちゃん、復讐の気持ちは本気だったんだね!
まさかここまで積極的に陥れる計画をしているとはっ。

私の予想は過去の罪を暴いて終わりだったので
まさか仕掛けていくとは~(悩)

私も迂闊なんですが
食事で「血は争えない」と言う場面で「ハッ!」と気がつきました。

そ、そうか。そうか~!
お兄ちゃんも凄いこと考えたな~!
なんと言う悪趣味な…
ガンジュと違ってこの人とは何のしがらみもないもんね。そうか~。


さてさて、ウナへの愛がダダ漏れなお兄ちゃん
それを見つめるアンさんが不審な眼差し。
そこへ会長が探りをいれたりして結構ピンチ??

でもアンさん、いい人だと思うから大丈夫だよね?
どうしてもアンさんを信じたい私なのでした。

だってさ、お兄ちゃんの仕事ぶりを間近で見ている人なんだよ?
(だからこそ違いに気づくというのもあるけどさ)
仕事に対しては真剣ですよ?
賄賂しか考えない汚いJ&Cを否定する真っ向勝負!

その真摯な想いは賄賂嫌いの人の心を溶かすほど!
あの人、いい人~。
あからさまに庇うんじゃなくってラジオを例に出して
良心に恥じない結果を、と言ってくれるんだもの。

僅差でしたが勝利は勝利!
ご褒美でプロジェクトチーム全員でカラオケ。
その間もウナを見つめる副社長を見つめるアンさん。
アンさん、それは気にし過ぎ(苦笑)

でも、アンさんのポジションいいな~。
遠慮なくお兄ちゃんを見ていられるんだよ!
もしこのドラマに出演できるならアンさんの役がいい!!
だってオム兄をずっと見てればいいんだよ! それも特等席で!!
ヤキモキしたりぼんやりしたり悄然としているのを間近で!
なんて素敵な役。
仕事もできるし気が効くしイイ役だよな~。
お兄ちゃんを演じるオム・テウンをキム兄風に呼んでみた。

カラオケでアンさんがはしゃぐとこを見てみたかったですが
そこは慎み深いアンさんですから固辞したんでしょう。
その後はチームタイム!

わからない…韓国の文化がわからない~(苦悩)

ここはもう、「そういうもんなんだ」と受け入れるしかないんですが
会社の打ち上げでこんなお店を選びますか?
そうなんですか…
戸惑いから回復する間もなく更なる衝撃が!

アンさんが、イ代理に誘われたー!!

もう副社長とウナどころじゃないですよ!
アンさんがモテている…っ!
イ代理そうなの?! アンさん狙いなの?! でもアンさん副社長萌えだよ?

イ代理に振り回されっぱなしのアンさん
帰り際に副社長とウナ兄がそっくりなことを知りました。
あれ? 知らなかったんだっけ?

あとは…あーあれだ。チョン・ジヌ
コイツはちょいちょい登場して
いちいち勘にさわることをいうからヤなんですけど
敗北して電話してきても、なんかひとこと多い。

偉そうに! お前の父ちゃんサイアクだぞ!

と言ってやりたいけど、そこんとこはお兄ちゃんにおまかせしましょ。
しかし、ウナを待ち伏せして気持ち悪いです。
ウナもウナだ!
一緒に食事して、家まで送らせて明らかにガードが緩くなっている!!

この物語はお兄ちゃんとウナの愛は揺るがないんじゃないのか?!

死んだと聞かされても、名乗り出るわけにはいかなくても
そこは固い絆で結ばれているふたりだから
揺るがないと思っていたのに~。

ジヌ母は死んでいるんですか? 単なる離婚だと思っていたのに…
これ、ウソだったら最悪だな~。
そこまではしないか、いくらなんでも。

ウザイ人のジャマが入ってイラつきますが
ちゃんとメインのふたりのいちゃいちゃしてる場面もありますよ。回想で。
ほほう、そう来たか。
そうだよね、現状ではあんまり接近できないもんな~。
そういう方法がありますか。
イイトシこいた兄妹がにらめっこするのかどうかはおいといて(苦笑)

あとは、今後の展開の布石となるのか?
探偵さんが「ハヌル証券のチャン」さんと間違えられた?
仕事上で再開発がどうの?
スチョルが血まみれで盗聴仕掛けてなにか進展が?
ってところが気になるところ。

そして黒幕が誰だか予想ついて(というか確定して)いるので
ヤツが理解あるっぽい、いい人っぽい感じで登場するたび
イライラしてしかたないです(苦笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

オム兄っていいな(笑)

>わからない…韓国の文化がわからない~(苦悩)
私も韓国ドラマ見始めた頃は色々戸惑いました。
割とカラオケとかクラブ(?)で踊るシーンとか出てくる気がします。
仕事仲間とチークってどうなの?と思いますが韓国じゃフツーなのだろうか・・・。

>ウナもウナだ!
>一緒に食事して、家まで送らせて明らかにガードが緩くなっている!!
ココは「あなたがキモチワルイからお断りします」と拒絶してほしかった!
・・・けど、良識ある大人としてウナはそんなコト言わないんですよね~。残念(苦笑)

>ヤツが理解あるっぽい、いい人っぽい感じで登場するたび
>イライラしてしかたないです(苦笑)
悪事がバレないように足掻いてるヤツらの方がまだかわいいですよね。
さも関係なさそうに善人ぶってるのが一番サイアク・・・。

なーこさん

>オム兄っていいな(笑)
そうですか? では定着させましょう!!(難しそう)

>割とカラオケとかクラブ(?)で踊るシーンとか出てくる気がします。
ほかにも?!
うーむ。じゃあ韓国では当然なことなんでしょうね。
一方では屋台だし、一方ではチーク。
チークはセレブな感じ、と捉えればいいんでしょうかね?

>ココは「あなたがキモチワルイからお断りします」と拒絶してほしかった!
言ってほしい~。
たとえそうハッキリ言っても通じないような気がするけど(苦笑)

>悪事がバレないように足掻いてるヤツらの方がまだかわいいですよね。
そうなんですよ。
チェ・ドンチャンなんてだんだんいとしくなってきた!
イ・テジュンも割と好きかも。
お金がすべてなチョン・サングクはイヤだな。ジヌのパパだし。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking