その後の『太王四神記』 第7~9巻

なんだろう…
ものすごく面白いわけではないのに
先が気になるのであればあるだけ見てしまう~。

ま、でも眠くなると寝オチするんで一気見までには至りません。
我ながらハマってんだか、そうでないんだか謎。


太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)
(2008/06/04)
イ・ジア、ペ・ヨンジュン 他

商品詳細を見る



なんとか作戦を立てて勝利をめざす太王タムドク
ようやく本領発揮です!
いろいろ作戦立てて、さあ実行!
重臣たちには「狩りに行く」と言って、騙して出発だ!

この王様も勝手だよね。
臣下に信じてもらえないってのもわかるけど
一部の人だけを信じて行動するからよけいこじれるんじゃないのか?
このままじゃいつまで経っても信頼関係は築けない。

しかし、それ以外の人は自分たちの利益ばっかり考えているから
排除するのが正しいのかな~(悩)
自らの利益は国を守ってから考えるべきことだと思うのだけど。

さて、自分たちだけイイ鎧や武器を揃えたタムドク軍
少人数ながらビシバシ城を攻め落とし
ホゲと連携すればなんとかなるかもってところまで来たものの…

ホゲにはがっかりしっぱなしですよ。

自分とこの王からの使者の言葉を信じないばかりか
拷問した挙句、ぶっ殺しましたよ。
使者を殺すなんて野蛮人のすることだ!!
どーしちゃったの、ホゲ…
チュシンの王以前に国のことを考えていたホゲはどこに行っちゃったの?

4万もの大軍を遊ばせておくことにイラついた部下たちに
当たられてムカつくのもわかりますけど…
意外にホゲもいい目を見ていないのが不憫。

世間様には「ホゲ様こそチュシンの王」と信じられているけど
それはデマも含めた陰謀によるものだと痛いほどわかっているし
大好きなキハの思い人が別にいることにも鬱々とする原因だし
ぼんくらと思われているタムドクの本気を知っているのも…

なんだかだんだんホゲが亜弓さんに思えてきた(爆)

周囲の評価とは対照的に自分は敗北感に打ちのめされているあたりが
なんとも亜弓的!
でも実際、この人はチュシンの王、ではあるの? ないの?
無理やり予言に合わせて母親の根性で生まれたような記憶があるんだけど。

このタイミングでもう一人、チュシンの王候補が現れた

チュシンの王って何なの?! ← 今さら?!(笑)
血筋なの? 違うよね??
天からの予言された人がそうなんだよね??

火天会がガンなら真実のチュシンの王に託せばいいと思うのだが…
なんで自分の子供を王位につけようって考えになっちゃうの?
スジニといい感じになってたから?
違うよ! タムドクはキハが好きなんだぞ。

っていうか、この二人なんでそんな簡単に諦めちゃうの??
お互い本人に確認しろっての!
あ~、なんかヤな感じになってきちゃったな~。
そんなことしたら幸せになれないぞ、キハ!

キハの反乱

神官の長の座をゲット!
火天会をも出し抜いて、というのがOKです!
あの火天会のボス、ムカついていたから。
アイツ自分は何にもできないくせに口ばっかりだして腹立つ。

じわじわキハがもうひとつの勢力になりつつあるのが楽しい。
と思っていたらあっさりホゲが吸収された…
ホゲ、なんだよ不甲斐ないな!
どう考えても「利用します」って言っているのに「それでいい」と納得するホゲ。

使い終わったら捨てますよ。

と言い直すキハ。
だよね、話、通じていないみたいだもんね。確認するよね。
しかしそれでもなお承諾するホゲ。
堂々と下僕宣言(爆)
どんな理由でもキハのそばにいられるならそれで幸せなんですなホゲは。

ああ、ナントカって城の城主チョロ(こりゃまたカワイイ名前だな~)は
案の定というかなんというか…

青龍の守り主でした。ですよね、そう来ますよね。

でもカワイソウな人ですよ
親父に無理やり青龍の神器を心臓に封印されて以来、外見が怪物に。
戦闘力も人類超えていいんだか悪いんだか(悩)
仮面をかぶった姿は特撮の敵キャラのようでした。
おかげで孤独な日々を送るのみ。
ようやく解放されたんだ。よかったねー。

さて、これ以上はガッカリさせられることはないと思われたホゲですが
更にガッカリエピソードが!

父親から「あいつマザコンだから」という発言
父曰く
ホゲはキハに母的なものを求めているんだそうですよ! マジですか?!
わー、ナニソレ、ガッカリ~。

ついでに気づいたことを言っときますと、このドラマはラブ要素が少ない!
いや、私は恋愛要素は少なめなほうが好みなのでそれでいいですけど
にしても、少なすぎると思うんですよ。

ホゲ、モテナイな~(苦笑)
仮にもチュシンの王と言われ続けた武将ですよ?
密かにホゲ様ラブ♪ な子がいてもよさそうなものなのに!
ホゲってそんなにダメンズではないと思う。



追い打ちをかけるような残虐エピソードが!
白虎の神器を持つパソンの兄の行方を突き止めるために
人攫い&無意味な殺傷による脅迫

ああ~、そりゃないわ。それはいけないよ、ホゲ…

そして眼中になかったスジニが急激に目立ち始めた!
ええ、今まで私の眼中にはスジニは入ってなかったんです(笑)
ところが、出生を聞いたり急にキハに会いに行ったりして活躍し始めた。

どうやらキハは幼いころの記憶を封じられていたようですね。
だから火天会に操られても抵抗なかったのか~?
キハと火天会の関係も謎。
逆らったら死ぬみたいな呪いでもかけられているんだろうか?
あの肩のアレ、どんな意味があるの? よくわからんのだ。

わからんと言えば、朱雀の神器、いつタムドクの手元に??
気がつたら太王が持っていてビックリした。
私、見逃がしたんだろうか??

それに「あの夜のことは忘れた」って酷くないか?!
そんなだからキハが頑なになっちゃうんだよ!
太王様は女性の扱いがなっとらん!
遊び人だったくせにどう遊んでたんだ?!

そんな女性の扱いに長けていない太王様ですが
声を荒げて戦う場面はカッコヨカッタです。
この人、あんまり表情変わらないからさ~
イマイチ好きになれなかったんですよ。

いっつも余裕綽々を演出しているのか基本微笑んでいて
慌てるとか必死になるような部分が希薄に感じられて
人間じゃないみたい。

まー、伝説のチュシンの王ですから
フツーの人間とは違うってことを示したのかもしれませんけど
一応人間なわけですから、人間らしいとこもみせてほしいんですよ。

国政や戦いに関してもどんどん自分でやっちゃうから
家臣の立つ瀬がない。
途中の数式をすっとばして、解答を提示するような唐突さがある。
だからいつまで経ってもヨン・ガリョが懐かないんじゃないのか?

あと何度も言うけど
幼少時にぼんくらのフリをしたのは間違っていたと思う!
だからホゲが諦めないんだ。
優秀な王太子として頑張っていたら
この王太子のために働こうとホゲだって思ったと思うんだよね。

事実だけど噂としてしか聞けないから折れどころがないんだよ。
ホゲたちにとって。
これが最初っから立派な王太子が王になって活躍したのなら
「やはり!」って納得して無駄な抵抗をやめてくれそうなのにね。

あ、口だけの役立たずだと思っていた火天会のボス!
やればできるじゃない!!
自ら戦いましたよ! 黒いもやもやを駆使して強いですよ!!
おお、キミのほうがよっぽど黒朱雀。

でも青龍が目覚めてあえない最後。
雲散霧消してしまいましたよ。
え? これでこの人の出番終わり? なことないよね??

このボス、ヤなヤツですけど役者さんとしてはお上手です。
手をわきわきさせながら低音響かせてあくどいことを言うボスが実はお気に入り。
でも悪いヤツなんで嫌いなんですけどね(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking