気がついたら半生執事購入…(しかもアニ○イト限定版)

ご存じですか?
黒執事のミュージカルは“生執事”って言うらしいですよ。
舞台は生だからみたいです。なるほど。

そしてそのミュージカルを録画したものを“半生執事
それを私は 数カ月前、バルト9で観た ってわけですね。
よかった。このとき知ったかぶって“黒ミュ”とか言わないで(笑)

こんな塩梅で黒執事初心者のワタシ。
この映像はすごく面白くて大満足したのですが
DVDを買うつもりはなかったんですよ。

だがしかし!
アニ○イトの限定版には
死神派遣協会のダンスの全景が収録されていると聞いたら
ふらふらと立ち寄ってしまっていました。

私は死神派遣協会のダンス場面が大好きである!
思い出しただけで感想がしっちゃかめっちゃかになるほど!
…なんか自分の感想を読み返したら文脈が乱れていたもんで(苦笑)

さて、お店です。
あ、これか。限定版ってシール貼ってある。
あと6コね。
うーん。でも今日、これから友達と会うんだよね。
そこにこのお店の袋を携えて行ったらどんだけ微妙なことになることか…!


というわけでこの日の購入は断念。
翌日、なんだか勢いを削がれちゃったな…
用があるから東池袋近辺には来たものの、どーしよーかなー
悩んで迷って「ええい! またここまでくるのは面倒だ!」と
甚だ消極的な理由でアニ○イトの8階へ!

そして前日6コあった件の場所へ一目散。
…? ナイ?? 無くなっている?!
前日たしかに6コあったじゃん! なんで翌日には消えているの?!


ちなみに通常版はありました。
違うよ! 私が欲しいのは死神派遣協会のダンスつきのやつ!!

すっかり頭に血が昇り
スチャっとケータイを取り出してその場でアニ○イトの店舗検索。
池袋からなら渋谷と秋葉原が近い。
ヨシ。駅へ移動じゃ!!

あんなにどーしよーとぐだぐだしていたのがウソのよう。
無いとなるととたんに欲しくなるの不思議。
鼻息荒く山手線にて渋谷へ移動。
地図を見ながら若干迷いながらようやく到着。
わかりにくいよ、渋谷店。

入口からは予想外の広さがあってまた迷う。
ええと、どこにあるのだ? とりあえずDVDコーナーに。
えーっと? それでどこを探せば?? となおもウロウロ。

あ、あった! あれ? 通常版だけ?
イヤ違う、これだ。ほう。サンプルをレジに持っていくのか。
…ん? 池袋店でもそうだったか?? サンプル近くにあったかなぁ?
前日はたしかに現物が置いてあったんだもの。翌日も同じだと思うじゃんか

それに頭に血が昇っていたので思い出せません(苦笑)

もしかしたら渋谷まで来なくてもあったのかもねーあははー

と、苦笑しながらレジへ向かいました。
まぁ、いいですよ。手に入るんなら。
買ってみて気づいたんですが、袋の色とデザイン変わったんですね。
これならリブロや文教堂の袋とかわらないよ…
別に買ってから友達と会っても問題なかったかも。←それはどうだろう?

ミュージカル黒執事 -The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神 [DVD]ミュージカル黒執事 -The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神 [DVD]
(2010/10/27)
松下優也西井幸人

商品詳細を見る


特典映像以外にも
舞台で配られたという“招待状”も3種類封入されていて至れり尽くせり!
セバスチャンと女装したぼっちゃんの写真も頂けて…
しかしなんで女装の写真なんだ~(苦悩)


以下、DVDを見た感想です。
手に入れるまでですでに長文なので(苦笑)隠します。

ミュージカル黒執事
The Most Beautiful DEATH in The World 千の魂と堕ちた死神


もちろん限定版の特典映像から観たわけです。
もちろん死神ダンスから!
いひひ。楽しい~。

で、まぁ、ついでなので限定ディスクのすべての映像を。
意外に面白かったのがバックステージツアー

私がふだんよく観る舞台のDVDでは
あんまりこういうの特典でも見せてくれないんです。
稽古風景とか本読みの場面、あるにはあるんだけど
ちょっとしか見せてくれないので新鮮でした。

衣装つけないで歌ってるのを見るのだけで楽しかったです。
そっか、素顔はそんななのか。
つか、それも鬘だったのか。
なんだよその“生”ってTシャツ?!
と大いに楽しみました。
Tシャツはオフィシャルグッズだったようです。
“生執事”ですからね。

それにバックステージのおかげで出演者の名前と顔が一致。
…いや、ウソ。
先に特典映像を見て、そのあとで舞台の映像を見て
再び特典映像に戻ったら一致しました(何度見ているんだ~)。

あと、副音声好きには映像を見ながら4人が会話していたのがたまらん!
全公演終了して数カ月後、改めて振り返る彼ら。
「懐かしい!」と言う人あり
「緊張して客観的に観られない」と言う人あり
「この場面、こうなっていたのか!」と感心するみんなから
見どころを教わるワタシ(笑)

いや、映像になってしまうと「そういうものなのか」と
普通に見れてしまうんですよ。
舞台で観れば「え?! いまどうやった??」と驚くことも映像だと…
やっぱ舞台は生で観ておかないといけませんよ!

さ、続いては本編を! と思って再生したのは通常版の特典映像
あり。間違えた。
えー? 普通、開いて左側が本編だと思いませんか?!
まぁいいや。ついでに全部特典を見てしまえ!

内容は違うけどバックステージツアーがあり
警部の日替わりネタもあり、だいたい一緒ですね。
ああ、警部の日替わりネタは本当に日替わりだったんですね。
ネット用語を駆使したツボをわかったトークに笑いました。
凄いな、アバーライン警部!!

違ったのはトークショーの映像
公演中、出演者によるアフタートークがあった回があったようで
その様子も収録されていました。
そこでも警部、大活躍! 司会ですよ、司会!!

出演者以外の人を司会においてトークというのはよく見かけますけど
出演者が司会! いいね~。
ベストな状態じゃないですか?!
気心知れた人が司会だとリラックスした様子が見られそうだし
この司会者、クイズを用意して準備万端でしたからね!

観客も楽しめ、出演者を本気で悩ませるナイスな問題。
素晴らしいですよ。
ホントに指折り数えるみんながステキ。
まぁあっさり投げてテキトーに答える人もいましたけど。

このトークを踏まえて本編を見ると…

「御意」って言うたびに「今言った!」となんとなくカウントしたり
「エリック」「アラン」と言うたび「呼んだ呼んだ」となんだか笑ったり
違った楽しみ方もできました。

なんの予備知識もない状態で観たのとは違って
今回は一通りお話をわかっているので余裕を持って観られました。
それにアニメもちょっと見てみたし。
もうキャラも話も把握しているから怖いものはない!

と、言いたいところですが
モノ凄い事実が発覚!

私、第1幕の半分くらい寝オチしていたようです!!(驚愕)

酷い。酷過ぎる…!
いくらミュージカル苦手といえど我ながらビックリです。

道理で赤い死神の印象が薄いわけだ(屈指の人気キャラっぽいのに!)。
情報屋と変態貴族の区別がつかなかったわけだ(全然違うのに!)
そしてなにより警部の面白さをわかっていなかった!!

いきなり「あごのライン」とか「シャープ」とか言われてもねー。
アバーラインって名前を知らないんだもの。覚えられなかったんだもの。
難易度高い、と思うのですが…どうでしょう?
会場が湧いていたので面白いこと言ってんだろうなとは予想できましたけど。

日替わりネタは気づけました。
しかし、特典映像を観た後だと短め且つおとなしめだったことがわかります。
他の日に比べるとあっさりしていました。

問題の寝オチしたシーンは…
情報屋のとこで懐メロっぽい歌を歌ったのは覚えている。
そのあとは…うろ覚えゾーンに突入。

エリックの独唱も
グレルのセクシー大暴走(?)も
アランの発作(?)も
ドルイット子爵のクイー○張りの熱唱も
エリックとセバスチャンの大立ち回りの場面も見逃がしています。

つーか、エリック戦う場面多いな!!

大変…っ! テーピングだらけだったというのも納得。
実際バックステージの映像で包帯使用していることがあったし。
大きな怪我がなくてよかったです。

こんなにいろいろ見逃がしているのに面白いと思わせてくれたこの舞台
名場面かなり見逃がしているのにカッコイイと思ったエリック
なにか凄くツボをついてきたようです。

改めて全編通しで観られてよかった!

それにちょびっとアニメも見たのでみんなの再現度にビックリ
セバスチャンとぼっちゃんは似てるなーと思っていましたが
あの使用人3人衆もソックリ!
凄いな…!
特にメイド! 声も一緒じゃないか?! …同じひと?(違うらしい)

あと死神たち。
グレルも凄いですが、ウィリアムが凄い!
本人じゃないですか?! ←無理を承知で言ってみる。
アニメで見たとき驚いた!

ウィリアムを演じた永岡卓也さんは
たまたま見ていた『ジョーカー』でも拝見。
やっぱりメガネを着用したキャラで笑いました。
おかげで警察の場面が楽しみになりましたよ。
イイヤツでよかった。

あとアランを演じた松本慎也さん。
相変わらずスタジオライフの舞台は観たことがないんですが
舞台『風が強く吹いている』で王子役だったんですね!
えええ~? そうかーそうだったのかー。 言われてみればそうかも…
あの王子はよかったなー。どういうわけか顔を思い出せないけど(苦笑)

いろいろ発見が多かったDVD拝見。

しかし一番ビックリだったのは
セバスチャンがフツーに喋ると関西人! だったことでしょうか(爆)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

生執事と聞いて飛んできました

アニメイト限定版、紆余曲折の入手だったんですね!笑
お疲れさまでした~!

バクステの「生」Tシャツですが、あれはグッズとして売り出されていたものなんですよ~。
あの「生」は原作者の方が書いた文字なんです。
あれ着て真面目にリハーサルしてる姿を見るとちょっと笑えちゃいますよね。

アバーライン警部のトークスキルは本当に素晴らしいですよね!
DVD本編に収録されているスーパーアバータイムは、DVDに収録されることを意識して若干大人しめにしているんだと思います。
日替わりを見るとお分かりだと思いますが、他の日は結構フリーダムですよね(笑)

エリック先輩はバクステでもテーピングやらコルセットやら痛々しい姿でしたよね。
でも私、エリック先輩にもう夢中です…!
アランとエリックのテーマ(「運命」)を何度繰り返し観たことか…!
友人とエリックのセリフ「わからにゃい」をマネするのが今のブームです(笑)

長々と失礼しました;
引き続き生執事楽しみます~!
まるあさんもどうぞ何度も見返して死神ダンス取得してください!私もがんばります(笑)

イキタエコさん

誘導してしまいました(笑)
コメントありがとうございます!

勝手に紆余曲折してしまいましたよ。
さっさと店員に聞けばよかったんじゃ…と思ったのは後の祭りです。

>アバーライン警部のトークスキルは本当に素晴らしいですよね!
素晴らしかったです!
日替わりネタ…ご当地ネタも盛り込んだ本当に日替わりで感心しました。
この努力を踏まえてDVDを見ると
最後まで真犯人にたどり着けない警部に悲哀を感じてしまいます。
いまでも掃除のオジサンを探しているのでしょうか??(笑)

>でも私、エリック先輩にもう夢中です…!
私もです。ほっとくとエリックの姿を目で追っていて病気かと(爆)
なんか吸い寄せられるんですよね~。
あの髪型、すっごく似合っていたので断髪式ではなんだか切なくなったり。

死神ダンスでも気がつくとエリック中心に見ているし。
「タマシイ!」の部分は完璧にマスターした!←左手グッとするだけだ(笑)
死神ダンスは難しいです。
アレ、手足が細長いほうが様になりますよね…
ホネホネロック(年バレる)みたいで好きなんですけど自分でやると
「なんか違う!」とガックリします。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking