新生『鋼鉄番長』を観てきた

観劇:2010年10月31日
会場:サンシャイン劇場
作・演出:いのうえひでのり


降板→代役が2名も出てしまった『鋼鉄番長』
しばらくの間、様子見&稽古のため休演していましたが
私がチケットを抑えた日までにはなんとか再開。
いそいそと出かけて参りました。

というわけで、私が見たのは
三宅さん兜鋼鉄
河野さん井尻亀吉でした。


2010年劇団☆新感線
三十周年興行【秋】豊年漫作チャンピオンまつり『鋼鉄番長』


ロビーに到着して迎えてくれたのはあちこちに貼られたポスター。
おお、番長だ。メカニックだ。鋼鉄だからね。
…ん? これ、三宅さんの顔に似てないか?
俺が2号だ!!」 2号?

おわ! 三宅さんの番長で作り直されている!!

凄い…この短期間で新しいポスター作ったんだー。
パンフもさすがに製本はそのままでしたが
三宅さんの河野さんのページが新たに差し込まれています。
凄い~。
ああ、そういえば『大江戸ロケット』のときも変更分は追加で挟まれていた。
こういう心遣いが嬉しいですね。

あ、客席に大倉孝二さんがいらしてました。


土曜日に再開して、私が観たのは日曜日。
2日目、なんですね。
舞台に立っている方もドキドキなさったと思いますが
見ているこっちもハラハラですよ!

そんな中、割と早めに番長登場!
おお、三宅さんだよ。ほんとーに三宅さんだよ!
…いや、別に疑っていたわけじゃないですけどね。
ほんとーに三宅さんだったのでちょっとビックリした(笑)

OKですよ。
ちょっと慌てん坊な雰囲気がありますけど、それはそれでOKです。

っていうか、これ
轟天の姉妹編(いや兄弟編?)とでも言うべき話なんですね。
かなりの轟天テイスト。
言葉は違うかもしれませんけど、三宅さんにとってアウエーな感じ。
だってこれじゅんさんにあて書きされた役だもの。

それは河野さんにも同じことが言えます。
まんま成志さんのテンションがハマる役。
あー、なんか思い浮かぶ。嬉々としてこの役を演じる成志さんが。

代役を引き受け、短期間で仕上げたお二人に拍手!
それと感謝を。
お二人のおかげで私のチケットが日の目を見たわけですから。
観られて良かった…

休演中にがっつり稽古できたのか、っていうとそうでもないようですし
本当に大変だったと思います。
ポスター撮ったり、パンフの差し替え分撮ったり
さらに劇中で使われる映像も
すべて三宅剛鉄&河野井尻(言い方ヘン?)バージョン
でしたから!

えええ~、改めて撮影したの?! 凄くない??

衣装だって鬘だって小道具だって作り直したんだろうし
それに加えて撮影! 稽古! そして本番!!
いったいいつ台詞覚えたの? 寝た? ちゃんと休んでますかー?!

鋼鉄くん、けっこうダンスシーンがありますけど
私だったらこのダンスだけでギブアップですよ。
それに加えて、セリフを覚えて段取り覚えて…気が遠くなる。
さらに「似てないヨンサマのモノマネ」とか
おそらく日替わりネタのモノマネまで要求されて…
この日はなんだか動物でした。
あんま聞いたことのない名前の動物だったから覚えられなかった。
一応やってみせて「デキルカーっ」とキレてました(笑)

偶然ですが
ちょうど『太王四神記』を観はじめた(正確には再開した)ところだったので
個人的にヨンサマネタには異様に食いついてしまいました。
タイムリーすぎるよ!

井尻先生だってさ
いつもサボりがちな河野さんが働いているんだよ(酷い言い草)
それでも気を抜いていたっぽいとこがあったのはさすがでした(褒め言葉)

井尻先生が潜入してたネタも
ちょうど前日に『インファナルアフェア』を観たところだったので
実にタイムリーでビックリ。

それ以外にも今回は映画ネタがてんこもりで楽しかった。
アリエッティはなんかそっくりで…そっくりってのはおかしいんだけど
そっくりでした。イメージ通りだったのかな?
え、アリエッティってあんなイメージか??(苦笑)

アバターは未だに見たことないので置いてけぼりでしたけど
あの青ヒゲが前フリだと思うと…凄い深い(深い?)

メタルさんが大活躍
というか劇団員の方々の活躍が目立っていて嬉しかったです。
アリエッティもそうだし、九竜伊崎教頭なんかはそっくりで(爆)
モニカちゃんも…これもタイムリーですよね。

モニカちゃんと言えば、
1か所、剛鉄くんが思いっきり
「モニカちゃん!!」と力いっぱい浅見山サツキに話しかけていて
サツキにあのテンションで訂正されていたのが可笑しかった。

浅見山サツキって元ネタスケバン刑事ですよね?
私このドラマ見たことないので悔しかった。
マンガは読んだんですけどね。

聖子さんの権田原ユカも元ネタがよくわからなかった。
それとYAZAWAの本には
本当にそんなことが書いてあるのかもわからなかった(たぶん書かれてない)。

天王寺天牙は轟天のシリーズに出てきたキャラに似ていますよね。
あの丁寧口調にチャイナな感じ。
元ネタなんだかわからなかったけどイケメン鬘が良くお似合いで(笑)
出てきたときのシルエットがちょっとほっそりしていたので
まさか?! と思ったら古田さんでビックリ。
実際ちょっと痩せたそうでネタにされていました。

こうして見るとマイケル好きだよね、新感線…
いや、今なら時流に乗っている感があるけど
ネタモノでは鉄板のダンスですよね。
面白いので大歓迎!
まさか前傾でグーっとなるヤツ(なんて言うんだアレ)まで再現するとは…

あとマトリックス。
何度目だかわからないけどやっぱり出てきたマトリックス!
でも出てくると「キタ!」と嬉しくなるのも事実なので
どんどんやってください!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

どうなることかと心配しておりましたが、
無事に上演、舞台が再開できて良かったですね。

三宅さんがじゅんさんの代役と聞いて、ちょっと観たくなりました。
新感線で三宅さん主役のお芝居ってなかなか観れないですからね。貴重な舞台だったかも知れません。

アリエッティ&アバターはウケてましたね。
私は両作品とも観てないので(苦笑)、似てるかどうか知りませんが楽しかったです。
他のパロディもうっすらとしか元ネタは判りませんでしたが(←新感線と同世代のくせに/笑)、それでも健気に身体張って頑張っている役者さんたちのパワーに圧倒され、大笑いさせてもらいました。

じゅんさんの復活も気になりますが、腰はすぐに治るものでもないし、今後のことを考えるとあまり無理はして欲しくないし……複雑な気分です。

七織さん

ほんとどうなることかと…再開できてよかったです。

私はじゅんさんの鋼鉄は観ていないのでなんとも言えませんが
三宅さんの鋼鉄、アリでした。
短い手足(舞台上で誰かがホントに言っていた・笑)を懸命につかって大暴れ。
ただ個人的に三宅さんが変態キャラは演じてほしくなかったので
そこはちょっとドン引き…(苦笑)
でもじゅんさんでも同じこと思うので単なる変態嫌いかもしれません。

新感線のネタモノの凄いところは
元ネタ知らなくても楽しめるってところ!
私も元ネタわかるけどよく知らないってことが多かったけど
問題なく楽しめました。
凄いパワーでした。凄く凝っているし…

じゅんさんにはとことん療養してもらって完全復活を遂げてほしいです。
なが~く舞台で拝見したいですから。
プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking