風が強く吹いている (三浦しをん)

3度目の読書。
…これ、駅伝シーズンが来るたびに読み返しているような(苦笑)

1度目はハードカバーで
2度目は去年
その間に
映画を観て舞台をDVDで観てマンガを読む
ここまでは実際の箱根駅伝は見ていない状態。

ついに今年、実際に箱根駅伝を見て 往路復路
予選会を見て
これで箱根駅伝を一通り満喫。

満を持しての再読です。


風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る


実際に箱根駅伝を楽しんだ後に読むと格別っ!!

そうそう。
初めて読んだとき“素人の集団が箱根駅伝に挑戦”ってことは
優勝するってことだと思って読んでいたんですよ。
私も駅伝シロートだったもんで(苦笑)

だけど、読んでいるうちに箱根駅伝って
出場資格を得るまでがすでに大変で
いくら小説でもさらにシード権を持った大学に勝つなんて
トンデモナイんじゃないか??
ってことがわかり
…んじゃ、どうすんのさ???
双子に共感しまくりでした。

ハイジさんに騙された! と不満を抱くのももっともだ!
カケルがどんなに早くても「頂点を目指す」なんて無理じゃんか。
じゃあ、いったい何を目標に走ればいいの?!


と思って読んだことを思い出しました。

走るということは、タイムである程度結果が予測できてしまう競技。
波乱はあるのかもしれないけど
でも素人の集団がいきなり優勝できるような波乱は難しい。

そこで“シード権獲得”という具体的な目標を掲げられ
優勝できなくてもテンション上がる展開にできる、ってことがわかり
そっか、10位以内ね!
と私の目標もシフト。

このシード権に関しては実際に駅伝を見たあとだと
実によく練られた目標だったな、と実感を伴います。
あの予選会をパスできるならこんな楽なことはない!
だって、かなりハラハラしたんだもん。

それに実際に見た後だと
それぞれのコースを走る様子もリアルにイメージできるし
繰り上げスタートとかルールもわかっているし
いろいろ「おお!」と感心することが多かった。

実際のレースでも
もちろん優勝の行方が一番の関心ですが
シード権獲得の10位付近のレースも見どころのひとつなんです。

正直このシード権を狙うっていうのもかなり無謀だったよ!

すっごい熾烈な争いですからね~。
もしかしたら優勝争いより熾烈かも。
ま、私が見たのが
東洋大がダントツ独走の優勝だったからそう思うのかもしれませんけど。

しかしこの物語のスゴイところは
実際に駅伝がスタートすると「勝敗はどうでもいい!」気持ちになるとこ。

だってこの人たち、勝利だけを目指して走っているわけではないんだもの!!

走ることを通してそれぞれの思いを語り始める後半は圧巻!
勝ち負けではないのです。
ここに至るまでの1年を振り返り
走るとは、人生とは…
それぞれが自問自答してそれなりの結論を出すのです。
うぐぐ。泣ける。

このあたりを読んでいると
ムカシ読んだマンガ『タッチ』で
甲子園なんてのは副賞なんだよな」とつぶやく
新田の学校の監督を思い出します。
読んだときはイマイチわからなかったけど、今ならわかる!
そのとおりだ! と。

きれいだから、つづいたんだと思う

というカケルの言葉通りだと思いました。
だって実際、走る姿を見ているだけで泣けてくるんだもん。

何度読んでもカケルの高校時代の暴挙の経緯を忘れてしまうのですが…
今回も「そーだっけ?」と首を傾げました。
このことに関しては、カケルは
反省しているけど後悔はしていないということで納得しているんです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking