2010年12月号のアフタヌーン (おお振り編)

本屋ジプシーは続いております。
行きつけの本屋が消滅して以来
あっちこっちで購入することになったアフタヌーン。

昨日、ジュンク堂で見つけられなかったんですけど…
完売? おいてないの? マンガコーナーではなく雑誌コーナーにあるの?
よくわからないまま、他のマンガをざくざく買って
ほかの店でアフタヌーンを購入。

重…っ!!!

しまった。買いすぎた。運ぶのが大変でした。
この雑誌を買うときはほかの買い物は控えたほうがいいな。うん。
と毎回思っているような~(苦笑)


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

連続まっすぐについに阿部が口を出す。
ああ、そうね。切り札だもんね。心配になるよね。
でもサー、見てみたいじゃん!?

“まっすぐ”がどーいう力持ってっか
も1回体感しときたいんだ
そーしないと怖くって切り札として使えない


おお! そこまでは考えていなかった!
それは阿部が試しまくったの見ているからさ~。
でも捕手・田島としては実感しておかないと納得できない、と。
探究心旺盛です!

じゃ各打者3球まで
1番は1打席目1球投げてっからもう2球目だかんな!


阿部コマカイ~(苦笑)
言われた田島も

今はオレがキャッチャーなのに
なぁ?!


ついつい三橋に憤った表情をぶつけます。
それを受けて三橋が

オ レ リード めんどくさくて ゴメン………ッ

えー、違うし! そうだとしてもそのメンドクサさは武器だし!
と私が全力で否定していたら田島が“きゅいんんんん”と謎の擬音。
どうやら胸が締め付けられてしまったようですよ。

オレァお前にいい投球させるために
めんどくさいことがんばっからってゆー気持ちがプクプクと……
それが捕手か……!


その背景にはまたしても謎の擬音
リーンゴーンリーンゴーン”が鳴り響く…っ!
捕手魂に火がついたようですが
田島田島。なんで教会で聞けるようなベルの音なの? ちょっと変よ?!

三橋は私が思っていた以上にスゴい投手なのかもしれない。
これで2人の捕手の魂を覚醒させましたよ!
天性の捕手転がし…っ。

さて、そんなやりとりがありつつ試合はサクサク進んでいきます。
攻守が目まぐるしく交代。

だけど1番田島の前にはランナーなしがあたりまえで
田島のモチベーションが(苦笑)
でもヒットを飛ばす田島。

それを見て
「この打順だといつも以上に犠打率高くね?」と苦笑いの栄口
でもきっちり田島を2塁に進めます。

巣山も打つし、花井もなんとか打ってるし、西浦は順調なんですよ。
でも桃李の投手・祥馬が故障明けで徐々に…
やたら打たれるのに焦ったのか無理をし始めるんですよ。
捕手の石田

これがオレと岩先輩の差ちゅんやないやろな

と不安に。
出た! 岩先輩!!
1年生ズに絶大な信頼を寄せられるこの先輩の姿を見ることはできるのか?!
なにしろ祥馬が無理をするのも

バッテリー決めん時Aチームにおらんと練習で岩先輩と組めん

という目論見なんですよ。
岩先輩とどうしてもバッテリーを組みたい、という思い!
どんだけすごいんだ、岩先輩。

でも、無理はいかんよ! 違和感あったらすぐに訴えて交代しておこうよ。
岩先輩に「大丈夫か?」と心配されたら素直になったのかもしれないけど
同学年の石田ではついつい意地を張ってしまうというもの。
でも石田にとっては「同学年でいい投手である祥馬は大事」なので
なんかすれ違い?
大丈夫かな? 心配になってきた。

田島は桃李とは公式戦で当たらないと予測していましたが
どうも将来(甲子園で?)対戦するような気がしてならない。
来年、岩先輩と
再来年、成長した石田&祥馬と対戦する、みたいな感じで。
…そんなベタなことにはならんか。
でもこんだけ岩先輩への期待を煽られると気になるじゃないですか!

結局、ピッチャー交代。
田口くんです。祥馬には劣ると思われるので楽勝! かな?

田島と三橋のバッテリーは相談してますよ。協力してますよ!
わーい。岸川のこと翻弄したぜ!
楽しい♪

そして暗がりでひとりアイシングする祥馬…
うう、無念じゃのう。
でもここは無理してはいかん!
阿部、キミもだ。無理すんなよ?!

阿部はやっぱ三橋の言葉わからないんだな…
いや「オ」と「モ」で会話を成立させる田島が凄すぎるのか。
私も「オ」はわかったけど「モ」はわからなかったし。

西浦の下位打線の成績は

水谷 三振・四球
西広 ショートゴロ・レフトフライ
三橋 ファールフライ・三振


ちょっと水谷! バットに当ててないのキミだけだぞ!


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2010年
11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking