うさぎドロップ 8巻 (宇仁田ゆみ)

1~5巻の感想 を上げたきりだったこの作品。

その後も読んでおりました。
…友だちに借りて!(笑)


うさぎドロップ 8 (Feelコミックス)うさぎドロップ 8 (Feelコミックス)
(2010/10/08)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


なんで続きの感想がなかったかって言うと
りんが高校生になってからはテンションが落ちたんですよ。ワタシの。

りんが幼児だったときのほうが楽しかったなー。

これは作品のパワーが落ちた、とかではなく
単なる好みの問題です。
だってちっちゃいときの話のほうが好きだったんだもん。

で・す・が!

7巻あたりからまさかの展開でテンションが盛り返しました!
いやだって、りんが

ダイキチのそばにいるのは私じゃなきゃいや とか
凹んでいるダイキチをみてどうやらカワイイと思っちゃったらしい
描写があるんですよ!

さらに三親等の壁に悩んだりして…

おおお!
『いもうとデイズ』のアフタヌーン掲載分に続いて
いい感じの展開になって参りました!!
こちらは親の再婚による兄妹なので血縁関係の問題はないですが
(あるとすれば年の差の壁)
『うさぎドロップ』は叔母甥の壁が!
さらに年齢差も…
しかしそこはりんが

望めば全部無くなっちゃうけど…

の独白でわかるとおり
嫌と言うほど自覚しているので大丈夫だと思う。
それにダイキチにはそんな気持ちがこれっぽっちもないからな~今のところ。

しかしりんの気持ちがコウキにバレて、さあどうなる?!
どうにもならない?(笑)

仲直りの手段が食べ物っていうのがいい!
なんか家族! って感じで。

そう、すでに家族なふたりだから私としては壊れないでほしい。
理想は川原泉の『笑うミカエル』の司城兄妹なんですけどね。
そうなるのかどうか??
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking