DVDで観る『メタルマクベス』

『五右衛門ロック』のDVDを観たら新感線熱が急上昇!
どうにもとまらなくなり
未來王子繋がりで『メタルマクベス』に突入!

もちろん劇場でも観ております。
感想はこちら 劇場で観る『メタルマクベス』

あらすじ等は劇場で観たときの感想に書かれているので
今回はDVDに関して。

さすがに公演当時、原作で予習してばっちりで臨んだので
かなり覚えていました。
が、やっぱり忘れているところ多数。
ま、見ていると思い出すんですけどね。

本編を普通に楽しんだ後は映像ディスク

ライブ映像2種に
罰ゲームたくさん(笑)
こんなに本気で作っていたのか! プロモーションビデオ撮影舞台裏
演出中のいのうえさんをちょびっと見られる稽古風景と
完全にキャラを作っているDVD宣伝用コメント
などなどやっぱり盛りだくさん。
特に罰ゲームの多さに大笑い。

そして本編ディスクの1枚目に
東京・大阪千秋楽カーテンコールの様子がバッチリ。
なんてサービス満点な千秋楽なの?!
罰ゲームも本気だったし!

いいなー、これ劇場で観た人~、楽しかったろうな~。

そしてお待ちかねのコメンタリー
…これ、今までで一番ちゃんとしたコメンタリーなんじゃないだろうか?

1幕目は松たか子さん・粟根まことさん・MMGフルメンバー
2幕目は引き続き松さん・粟根さんに加えて北村有起哉さん・冠徹弥さん
それと、途中参加の森山未來くん。
遅れて到着したとき散々「夏休みか!」と突っ込まれますが
これは特典映像の宣伝用コメントを見るとわかります
わはは! たしかに夏休みだ!

粟根さんの司会進行で進むのですが、これがお見事!

見かけどおりきっちりしている粟根さん
事前にDVDに目を通していたようで
観るべきポイントをチェック済み。
そしてここはトークが途切れるだろうなと思われるところでは
事前に募集したお客さまからの質問を読み上げるという配慮。
しかもいのうえさんに聞かないとわからない質問には
すでに回答を貰っているという周到さ!

なんて素晴らしい!!!

いつもの古田さんのゆるゆるトークも面白いんですけど
粟根さんのきっちりトークも実に好みです。

それに優しいんですよ、粟根さん。
自分がアップで映るたび嫌がる松さんを気遣い
「違う話題にしたほうがいいですか?」とホントに違う話題にしてくれた!
ま、すぐ戻るんですけどね(笑)

あれ? そういえば『五右衛門ロック』のコメンタリーでは
松雪さんもマリさんも動じなかった…オトナだから?
いや、『阿修羅城~』の天海さんは大騒ぎしてた。半ギレしたり(爆)
単なる個人差かな?

改めて観てもよくできたお話だなぁと感心いたしました。
「キレイは汚い」に関しても訳によってずいぶん違うってことを暴露しつつ
歌の中で引用しながら「ただしオレ以外」とメタルマクベステイストに。
謎の存在ヘカテをまさかの…とか
「明けない夜は長い」の歌詞も最後には…とか
なんか凄いよ! と感動しきり。

それに本編とコメンタリー、と立て続けに繰り返して観ると
レスポール王の素晴らしさに感動。
マクベスが王になってからはみんなどんよりしているのに
レスポール王のときはみんな賑やかで楽しそう。
そういう対比になっているんですが、舞台を観たときは気付けなかった…

レスポール王はいい王様だと思います。
部下がのびのびしているし
国を思って統治しているのがよくわかる。
マクベスは自分の為だけに王になってその後のビジョンがないんですよね~。
それじゃいかんと思うのです。

ちなみに一番好きな歌は“明けない夜はso long”
舞台で観たときも今も変わらぬ不動の一位です!
だってさー、ジュニアがカッコイイし
グレコもカッコイイ(たとえ楽して踊っていたとしても!)。
メタルマクベスのマクダフ(=グレコ)は最高にカッコイイのだ!!

そして王子のノリの良さ!
未來くんてすごいサービス精神旺盛だよね。
キヨシのキャラは罰ゲームでも千秋楽でも大活躍!
もう、そういうとこ大好きだ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking