NASAより宇宙に近い町工場 (植松努)

*本のソムリエセレクト

人と違うことをしろ。
“普通”という言葉に惑わされるな。
探究心を失うな。
夢は叶えるまで諦めるな。
使い捨てはやめよう。
情けは人のためならず。


そんなことを教えてくれる本でした。
実際、宇宙を夢みて北海道の町工場で
本当に宇宙開発の仕事に携わるようになった人の言葉ですから
説得力があります。

それはさておき、宇宙のゴミをデブリって本当に言うんですね。
『プラネテス』での造語かと思っていました(苦笑)

そして毎度毎度役目を果たすと宇宙に置き去りされるゴミたち…
まさか置き去り放置だとは思っていなかったのでビックリです。
なんて無責任な!

植松さんは宇宙に残すことなくちゃんと往復させた凄い人なんです。

わー、そういうのいいねー。
ちゃんとね。自分のことは自分でね。
お家に帰るまでが遠足です!

それにワイワイうるさい外野の言葉を
ひとつひとつ実験して証明して黙らせる戦う人でもあるのです。
いるよねー、口だけ出して否定したがる人。
ネガティブを押し付けないでいただきたい!


NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場
(2009/11/05)
植松 努

商品詳細を見る



とはいえ、こういう生き方指南書みたいなのは私には必要ないかも。
本ソムリエのセレクトはそういうのが多いんですが
私は普段からいろんな本・マンガから得ていますから。

『おおきく振りかぶって』とか『君に届け』とか
『ジャイアントキリング』とか『ファンタジウム』とか
『ONE PIECE』もかな。
あとは~…以下延々続く。
小説なら上橋菜穂子作品とか有川浩作品とか仁木英之作品あたり。

私は物語に織り込まれているほうが脳に刻めるので
こういうマンガや小説を読んでいる方が糧になります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking