第八回 亀治郎の会 《忠信編》

観劇:2010年8月20日(2階1列目センター)・22日(1階3列目花外)
会場:国立劇場大劇場

さて、トーク付きの20日と、楽日である22日に楽しんでまいりました
第8回亀治郎の会。

昨年の楽日には来年の予告というサービスがあったので
今年も大いに期待していたのですが残念ながら今回はナシ。
ま、そのかわりにトークを聞けたと思えばいいか~。
トークの感想はこちら トーク付き亀治郎の会

その結果
『義経千本桜』の忠信編を2回
『上州土産百両首』を1回、拝見。

…席って大事だな、と実感しました。

20日は2階席だけど1列目で正面だったので全体を楽しむことができました。
22日は1階席で3列目という双眼鏡なしでも楽しめたものの、無念の花外

この花外ってのが曲者でっ!!

『義経千本桜』では舞踊が中心なので板が!
板(けっこう高さがあるのだ)の分、新たな段差が生まれ視界が悪い悪い。
ちびっこのワタシでは見えないところがたくさんっ!
ま、20日に正面から(遠かったけど)楽しんだからいいんですけどね。
と言いつつ、見えにくいと集中力が持ちませんね。
いくらご贔屓の亀治郎さんでも見えなくては台無し~。

というわけで『義経千本桜』の感想は20日の記憶が中心です。


義経千本桜

*道行初音旅

清元連中に若いイケメンがっ!
22日には残念ながら他の方と交代していましたが(苦笑)

あと静御前芝雀)の後見さんが美人でした。
静御前通り越して後ろに控える美人をウォッチするワタシ(笑)
真剣に静御前の様子に注目する姿が凛々しかったです。

そんなこととしていると佐藤忠信実は源九郎狐亀治郎)が登場です!
おおっ! スッポンから登場ですか!!
そっか、この人、狐だから♪

大喜びなワタシ。
久々に花道の7割が見えるという視界の良好さにウキウキします。

ようやく追いついた狐忠信と静御前の再会。
お、結構、距離をとっていますね。
そっか、恋人同士じゃないから緊迫感もあるのか。
実際、正体を隠してとある目的でそばにいるという事情もあるし。

そんなことはさておき
亀治郎さんが見えるだけでなんだか楽しくなるワタシ。
わ~、ずいぶん久しぶりな気がします。
ん? 正月の浅草以来? わ~、そりゃホントに久しぶりだよ!

もうなにがそんなに楽しいのか?!
自分でもよくわからない状態でにやにやしながら観ていました。


あ。
20日はあんまり大向こうさんが来ていなかったようで寂しかったのですが
22日は大挙して駈けつけてくれたようでたいそう賑やかでした。
やっぱいないと寂しいよ、大向こうさん。


*川連法眼館の場 ~市川亀治郎宙乗り狐六方相勤め申し候~

仕掛け満載のオモダカ屋型。
やっぱりこれは下手がみえないとおもしろさ半減。
先日、演舞場で観たときは下手と花道がほぼ全滅だったので
観た意味がなかったことを実感(苦笑)

川連法眼寿猿)とその妻飛鳥吉弥)がお話しているところに
佐藤忠信が来た、と使いが走ってまいりました。
それを聞いた義経染五郎
そんじゃワシが会おう」と奥から登場。

大喝采の大向こう! 大人気だな!!(22日の記憶)

待つことしばし。
いよいよ花道の向こうから佐藤忠信亀治郎)の姿が見えてまいります!
ここは花道が見えた22日の記憶ですが
花道を歩きながら途中ハッとする忠信
我が君さま…っ」って感じでした。
くう~っ! こういうのが見られるのがいいですよね、1階席は!!

あ、もちろんオモダカ屋! の大合唱でしたよ!!

そいで
静御前てなんのこと? ボク母を看て&破傷風で久々に来たんだけど?
ぜんぜん話がかみ合わない主従。
んなわけあるか!
亀井六郎亀鶴)と駿河次郎門之助)に虐められる忠信。

そこへ再び伝令登場。
「静御前と佐藤忠信がご到着~」
ナニソレ?! と亀井くんが確認に行くも「忠信はいないんだけど?
静御前芝雀)も現れて「いつのまにかどっかに消えちゃった忠信」と暢気。
本物を見て「あらいた。でも小袖の模様が違うような??

ええい、どうなっとるんじゃ?!

とキレたりはしませんが、不審顔の義経。
あ、鼓を打つとどっからともなく現れるんですよ」と静御前の言葉に
じゃあ呼んでみて。もしヤバくなったらこれで仕留めな」と
刀を託す義経。

静任せで自分は助けないのか?!

と毎回思うんですよね~。ま、いいけど!
それで鼓の音に惹かれて現れる佐藤忠信実は源九郎狐亀治郎)。
もうだいぶ狐が現れていてカワイイんです。
言葉も狐に戻りかけていて独特の節回し。

しぐさは犬や猫、実際の動物も参考にするらしいですよ。
とはいえ、人には決して慣れない狐なので警戒心と緊張感を忘れずに
北海道の修学旅行で出会った狐が絶対慣れなかった! と力説(笑)
修学旅行、北海道だったんですか~。
しかしそんなとこでも歌舞伎を忘れずに観察したとは恐れ入ります。
…集団行動、乱してないですよね? とても心配~。

そして人を感じさせてはいけないという口伝を守って
どんなに辛くても表情や態度には表さない努力をするそうな。
物凄い運動量なのに呼吸を止めて澄ました顔を保たないといけないから
鼓動が半端ないらしい。
ボクサーのようなトレーニングを積んでそれを可能にするとか。

てなことをトークの時に教えてくれたことを思いだしました。

そしてアクロバティックな行動の数々。
鼓との関係も明かされ、それを聞いた義経が
その心に免じて鼓をプレゼント!
大喜びで「そのお礼に侵入者を懲らしめます!」と大張りきりな狐。
かわいい。

このあたり能の『天狐』の話を連想します。
って言っても、実際に観たことはないんですが。
マンガ『花よりも花の如く』でケントが解説してくれたんですよ。
それを思い出すのだ。

その言葉どおり、バッタバッタと現れた侵入者6人を妖術で操る
実に楽しい場面です。
ここ、大好きだな~。
結構危ないこともやってくれます。
そして注目なのが、この6人の額に描かれていたマークが…

え、なんで?! そういうもの??
じゃあ、海老蔵さんが狐ならエビが描かれているのか??


亀マークの敵さんたちに隠され、手伝われながら宙乗りです!

宙乗りはオモダカ屋が一番おもしろいと思うんです。
もちろん多大な贔屓目も入っているかと思いますが。
花弁も1階3列目の私の元まで届くくらいの勢いで噴射してくれるし!
下から見た時もキレイでしたが
2階席でぶわっと広がったのを見た時はテンションがあがりました。


ぬお。なんだ、この長文。
すでに長くなってしまったの『上州土産~』はまた後日。
こっちの芝居はどの路線でレポればいいのか定まりません…。
どうしようかな~。
分ける必要がないくらい短くなったりして(苦笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking