一瞬の風になれ 5・6巻 (安田剛士/佐藤多佳子)

全6巻で完結!
お疲れさまでした~!

間違いなく発売されるたびに全巻読んでいるのですがね
ちょっとしか感想が残っていない当ブログ。
いや、読んでいるとき
ここを感想に残そうとか、この場面について熱く語らねば!
と妄想しながら読むんですけどね…妄想に終わってしまうのです(苦笑)

これまでの感想はこちら 1巻2巻


一瞬の風になれ(6)<完> (少年マガジンコミックス)一瞬の風になれ(6)<完> (少年マガジンコミックス)
(2010/05/17)
安田 剛士

商品詳細を見る


ネギはかっこいいなぁ。
ネギは違えないよね。まっすぐ正論。
だから誰もが彼に納得させられてしまう。どんなに迷っていても。
そういう意味でネギは確かに欠かせないチームの一員でした。

問題児・鍵山
彼の自由な行動によってひっかきまわされた部でしたが
あの作文、じゃなくてレポート。泣ける。
意外に字がきれいだな、鍵山。

みんな成長しているのがイイ。

過去の体力に悩まされた経験から
がマイルのために体力温存という作戦。
ネギと五島にバトンが渡り、ラストは主人公。

この主人公が全然完璧じゃないんだよね。
そこがいいんですけど、シビアすぎでビビります。
でもそれを自分で理解して
ちゃんと熱いキャプテンとしても全うする素敵な主人公。

みっちゃんもいいなぁ。
ライバル同士として対戦した新二と連に向かって
「いいコンビだ、お前らは」の一言で“仲間”に戻す! おみごと!!

桃内も鍵山もカワイイなぁ。
先輩たちに向ける尊敬のまなざしが良いです。

ラストのレースはその集大成!
感無量。
やっぱ原作より好きだ、このマンガ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking