夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)

夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る



初めて読む作家さんです。
なんで読もうと思ったんだったかな?
おそらく「本屋ランキング」にランクインしていたからだと思うのですが…

いや~、なんでしょね、この文章。というか、もはや文体。
独特な、人を煙に巻くような(誉めています)文章で
壮大な妄想に満ちた法螺話(一応、誉めているつもり)かと思いきや
なんともあったかな結末。

「私」と「彼女」の物語が交互に語られるのですが
これが、角度を変えると同じ出来事がこうも違って見えるのか! と笑えます。

必死に「彼女」を追いかける「私」が否応なく巻き込まれていくのに対して
のほほんと好奇心の赴くまま行動する「彼女」。
あくまでも「彼女」に近づくために外堀を埋めまくる「私」に
偶然という言葉を信じて一切「私」に対して特別な感情を抱かない「彼女」。

…読んでいて、だんだん「私」が不憫になってきた(泣)
気がついたら「私」を応援していましたよ。
外堀埋めすぎ! うっとおしいな~!! と思っていたのに(爆)

この展開はジョニー・デップ主演の映画『ドンファン』を思い出しました。
あれも壮大な夢物語でどうやって収集つけるのかな? と心配していたら
最後に特大のミラクルハッピーエンドが待っていて驚いたものです。

京都を舞台にした「私」と「彼女」に関する連作の短編集だったのですが
二話目の古本市の話が一番好きです。

古本市には神様がいるんですって!
その神様曰く
本は天下の周りモノだから読み終わったら速やかに手放せ! と。
溜め込んではいけないのです!

はい! その言葉を聞いて読まなくなった本を手放そうと思いました!
そうすれば部屋も片付くし、その功徳(?)で
巡り巡って私の元に欲しい本が現れるかもしれない!

なむなむ! ←祈りの呪文。

現在、狙っているのは『デルフィニア戦記』です!
是非とも我が手元に!!

なむなむ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking