気になるドラマの第1話を見てみる 2010年夏

いつになく面白そうなドラマが多い今期。
気になるものは全部見てしまえ! ってことで
見てみました。

続きを見ておくぞ順に挙げてあります。


ジョーカー~許されざる捜査官

期待の堺さん主演のドラマ。

なんだこの犯人は?! 木内、腹立つ~!!
そんなことして何が楽しいの?!
被害者は子どもやペットという小さきもので
さらに遺品を遺族に送りつけ、盗聴器で嘆きを楽しむと言う悪趣味。
ついでに嫌いなヤツに罪をなすりつけようとする考えの足りない狡猾さ。
完全に理解不能の犯罪者。
反省もしないしおまけに親の権力で保護されている?!

あっさり権力に屈する警察には失望。
「よくあること」とまったく気にしていない様子なのがまた…
ガッカリだ~。残念だ~。

遺族に「法で裁けない」ってことを知らせた記者がいましたが
それは自己満足じゃないか?
それを知ることで余計に苦しみが増すんだから
知らない方が幸せだったのでは? と思ってしまいます。

これは堺さんがオシオキすることを知らないと最後まで見られない話ですよ。

ここまで憎たらしい犯罪者なら思う存分懲らしめてほしいところですが
そのあたりは不透明。
船でどっかに連れていかれて…“神隠し”?
発狂寸前まで追い詰めるんじゃないのか。
なに?
どっか孤島に連れて行って改心させて最終回に再登場、とか
闇組織に売られちゃう、とか
神聖伊達帝国(ってなんだ?)の住民になっている、とか
そういうこと?


不透明な部分が多い第1話でございました。

堺さん演じる伊達刑事には
理屈の通らないキ印野郎に両親を目の間で殺されたというダークな過去が。
その過去と、今回の満くんの事件でフラッシュバックしているという
見せ方は面白かったです。

「お前が刺さないから親が死んだんだ。お前が殺したんだ」という発想を
子どものころに聞かされたのであればそりゃあ歪みますよ。
犯人にひとこと言っておきたい。
ちげーよ、おめーが殺してんだよ。アタマヘーキ?

この犯人が諸悪の根源だ!
そうか! コイツを探し求めるのが伊達刑事の狙いなのだな?!
と閃いたのですが、伊達少年、犯人刺しちゃいました
あらビックリ。
じゃあ、この物語はどこをめざしているのだ?!
まったくわからなくなりました。

宮城あすかの亡き
かつての伊達の相棒で超キレモノだったってのが
今後どう影響してくるのか。…してこないのか?(笑)

どうやらアメリカのドラマ『デクスター』に似ているらしいですが
私はそのドラマ見たことないので全く問題なし。

ですが、半端なコメディテイストはいらなかったな~。
『ゴンゾウ』みたいなにじみ出る楽しさは大好きだけど
あんなミエミエなコメディは好みじゃないんですよ。
いっそ22時の放送にしてとことんダークにしてくれれば…

なんか不満が多いですが
とりあえずひとつの事件が解決(?)して
でもエピソードは続いているというのは好みなので来週も見る!


MM9

アレ?! 灰田くんの活躍は?!
つか、なんかキャラ違うんじゃない?!
若い女の子大好きキャラになってました…
つか、この話ナニ?!
原作にはないエピソードでした。
つか、朏って誰?! 原作にはいないよね??

灰田くんの活躍がなかったので不満ですが
これはジャブだと思うので今後に期待!


もやしもん

原作と比べるとだいぶアレンジされていましたね。
それはいいんですけど、特筆すべきは沢木が主人公に見えること。
原作では目立たないことにおいてはピカイチな沢木が中心なんです!(爆)
まだ主要メンバー揃っていないのでどうなるかわかりませんが
沢木が主人公になれそうな予感…


逃亡弁護士

やけに同情的な連光寺弁護士(豊原功補)がアヤシイと思う。

…それはさておき、いろいろ強引なお話ですね。
獅童さんが第1話のゲスト。
第1話で獅童さんというと
『セクシーボイス&ニコ』の三日坊主が思い出されてハラハラしていたら
案の定!
今回は殺される必要は無かったように思うのでガッカリしました。

第2話では一気に1年後。
警備員として職を得た成田が警護先の家庭のゴタゴタを解決!
ん? どこにツッこめばいいの? 何やってんのさ、成田?!
夫の暴力が原因で離婚になったのに養育権を手放す母親とか
虚偽の出生届を出すとか
不妊が原因の暴力だったのに子どもがいても
その子ども相手にも相変わらず暴力をふるう父親とか
ダメすぎるよね…

やっぱり連光寺がアヤシイと思う。


GOLD

天海の姐さんが主演で野島伸司脚本ってことで期待していたのですが…
うーん? 今のところピンとこない…
って、雑誌片手に見ていましたからね(苦笑)
そりゃ集中できてないからだ! と言われればそれまでですが。

亡き兄の遺志を継いで子どもたちを五輪出場させようとする母。
それに従う子どもたち。
さっそく次男が反旗を翻して対立。
“亡き兄”以外に動機はないんでしょうか? もう一声ほしいところ。


うぬぼれ刑事

クドカン脚本なので楽しみにしていたんですが途中で寝てもうた~。
うーん。ゆるすぎ? 単に眠かっただけ?
あ、後者な気がする…



なんか期待しすぎたのかな~。
どうにもこうにも「これが一番!」というのに当たらなかった…
今後どれを見続けるかは、神のみぞ知る。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking