久々の歌舞伎座:八月納涼歌舞伎 第二部

なんだか無性に本物の歌舞伎を観たくなって参上。
ホンモノを求めつつ選んだのが弥次喜多という新作なので
ガッツリ歌舞伎を観るって感じではなかったんですが
衣装から違うので見応えがありました。


観劇:2017年8月15日・火(3階10列目センター)
会場:歌舞伎座

修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)

岡本綺堂 作
市川猿翁 監修

夜叉王:彌十郎
姉娘桂:猿之助
源頼家:勘九郎
春彦:巳之助
妹娘楓:新悟
下田五郎:萬太郎
金窪兵衛:片岡亀蔵
修禅寺の僧:秀調


ずーっと前にも観たことがある修禅寺物語。
なんか見覚えのない場面がありまして・・・
あの河? 橋? の場面って毎回あるんですかね?
初めて観た、気がする。もしかして前回寝ていたのかな??

彌十郎さんの夜叉王はそれほど頑固職人には見えなかったですね。
本人のお人柄を踏まえて見てしまったかな。
おねえちゃんが猿之助さん!
めざせ玉の輿(というのとは違うか)と上を見ている野望高い娘さんが
ハマっていた(笑)
最期、職人魂に火が付いた父のために顔をあげるのを見て
今際の際に父を理解して協力する気になったのかなと思ったら
家族愛(なのか?)に感動しそうになりました。


東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖(こびきちょうなぞときばなし)
弥次郎兵衛・喜多八宙乗り相勤め申し候

原作:十返舎一九
構成:杉原邦生
脚本:戸部和久
脚本・演出:市川猿之助

弥次郎兵衛:染五郎
大道具伊兵衛:勘九郎
女医羽笠:七之助
座元釜桐座衛門:中車
天照大神又は町娘お笑:笑也
瀬之川伊之助:巳之助
中山新五郎:新悟
玩具の左七:廣太郎
芳沢綾人:隼人
女房お蝶:児太郎
舞台番虎吉:虎之介
伊之助妹お園:千之助
伊月梵太郎:金太郎
五代政之助:團子
瀬之川亀松:鶴松
芳沢小歌:弘太郎
瀬之川如燕:寿猿
芳沢菖之助:宗之助
芳沢琴五衛門:錦吾
若竹緑左衛門:笑三郎
同心古原仁三郎:猿弥
同心戸板雅楽之助:片岡亀蔵
鷲鼻少掾:門之助
関為三郎:竹三郎
喜多八:猿之助


幕間に三階席の左右に照明があることに気づいて
なんで? 宙乗りあるから? 第三部で宙乗りあるの??
と疑問だったんですがこの演目で使う照明でした。
そうだった、シネマ歌舞伎でも宙乗りしていたんでした。
映像で観ると宙乗りの印象薄いわ~。

今回は前作の続編ですが冒頭にスクリーンで前回のあらすじを
ざっくり教えてくれるので
観ていなくても問題ないように心配りされていました。

それだけではなく前作のラストから繋がっている仕掛けでした!

すごい! いきなり宙乗りからスタート?!
しかも三階席から舞台へ向かういつもと逆ルート!!
おかげで三階席にいると顔はほとんど見えなかった(笑)

ボロボロでたどり着いたふたりは再び歌舞伎座でアルバイトすることに。
あいかわらず手伝ってんだか邪魔してんだかって手際で
じゃんじゃんセットを壊します。
しかしそれが後に起こる事件解決への手がかりになるとは・・・

本筋は殺人事件の犯人捜しなんですが
小ネタが多くて深刻な感じはしなくてお祭り騒ぎなのは前回同様でした。

四の切の稽古中に事件が起こるんですが
そこに登場する役者さんの名前が
文字で見たときは気にならなかったんですが
音で聴くとそっくりなんです。

最初「寿猿と竹三郎が喧嘩してる!」って言ったのかと思って驚いた。
呼び捨て?! と。
正確には「如燕と為三郎」なんですね。

そんな感じで伊之助と巳之助とか綾人と隼人など
本人に似せた名前の連続で名前を聞くだけでも楽しい。
しっかしあんなに男らしい静御前初めて観たよ・・・

この歌舞伎座の座元は釜桐座衛門とおっしゃるんですが
家紋(?)がカマキリで素晴らしいです。
すっごい浸透しているんですね、中車さんのカマキリネタ(ネタ?)
半沢ネタも織り込まれていてサービス満点でした。

推理物らしく
探偵をオマージュしたキャラもいたり(古原仁三郎)
じっちゃんの名に賭けたり
真実はひとつだったり
そのあたりのネタも仕込まれていたのが楽しかった!

事件のほうは前作でも登場した
梵太郎坊ちゃんとお付きの政之助の活躍で
解決にむかって進みます。しっかりした子供たちだ・・・
團子くんハキハキしていて聞きやすかったです。
金太郎くんはもしかしたら声変わり? 大変そうでした。

解決編に向けてAとBを客席の拍手の大きさで決まったんですが
観たい人を選んで拍手したつもりが
どうやら結末としては逆になるようで
お蝶を観たくて選んだら殺されて
その手がかりから真犯人にたどり着くルートでした。
児太郎くんは大きくなりましたね。
最初誰だかわからなくて七之助さん? とか思っちゃいました。

四の切の仕掛けもバンバン紹介してくれて
気前良すぎないか?! と慄きました。

ハチャメチャ感は前作のほうが上でしたが
今回も豪華で楽しかった!
次(第三部)の出番があるからと勘九郎さんと七之助さんが
退場したのには笑いました。

生で観ても面白かった~:『髑髏城の七人』 Season鳥

楽しみ過ぎて先にライビュで観てしまった鳥ドクロですが
無事にお盆に観劇できました。

あらすじについては
ライビュで鳥ドクロ:髑髏城の七人 Season鳥 で書いたので
今回はそれ以外の点について。


劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season鳥

観劇:2017年8月11日(20列上手)
会場:IHIステージアラウンド東京

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり

捨之介:阿部サダヲ
無界屋蘭兵衛:早乙女太一
天魔王:森山未來
極楽太夫:松雪泰子
渡京:粟根まこと
兵庫:福田転球
少吉:少路勇介
沙霧:清水葉月
狸穴二郎衛門:梶原善
贋鉄斎:池田成志

右近健一 山本カナコ 村木仁
藤家剛 工藤孝裕 井上象策 安田桃太郎 菊地雄人
伊藤教人 横田遼 下川真矢
生尾佳子 伊藤玻羅馬 岩田笙汰 大内唯 奥山寛
上垣内平 嶌村緒里江 常川藍里
東松史子 中根百合香 野田久美子 安田栄徳
山口ルツコ 山﨑翔太 矢内康洋


やっぱ劇場で観るのはいい!

注目すべきところをクローズアップしてもらった映像で
物語に集中できるライビュもいいですが
やっぱ観たいとこ観られる自由は何物にも代えがたい。

今回は観たいとこあったし。
ライビュのときにも配られたキャスト表のなかに
知っている名前を発見してしまったら
その人を見つけたいじゃないですか!

常川藍里くん。
アルターボーイズ でアブちゃんを演じた役者さんです。

ライビュのときにも注目したんですが
あんま荒武者隊がアップで映らなくて・・・
黄平次と言うからには黄色をメインにした衣装であろうと予測しても
そんなにキイロキイロした衣装のキャラがいない~。
みんないろんな色を使っていた~。
たぶんこのひと~とあたりをつけて、結果がわかったのが死亡退場のとき!
あー、やっぱ最初に犠牲になるひとだ・・・

というのを踏まえて豊洲で観たんですが
あれっ!? わからない(苦笑)
20列目は遠かった。
双眼鏡の力にも限界はあるので
たぶんこれ~と思いながら観ていたんですが
確信が持てないまま殺害の場面。
あ、やっぱ合っていたわ。もう死んじゃったけどね!

荒武者隊、歌わなかったのが残念でした。


一人二役から捨之介と天魔王に分裂したワカドクロ以降
捨之介が完全に巻き込まれ型になってしまって
すっごいいいひとになっちゃって実は物足りなかったのですが
今回は目的を持っていたので好みでした!

贋鉄斎のことをあんな手段で巻き込むのも新しい(笑)
あの場面すっごく楽しい。
毎回ほんのり曲がるまで叩きつけているんだろうか?
叩かれる方はたまったもんじゃないでしょうが見ているのは楽しかったです。
いいよもういつでも下北沢で!
けど日替わりネタがイマイチわからなくて残念。
サダヲさんもわからなくて「わからなくてすみませんでした」と
カーテンコールで謝っていた。律儀。

たまたま観た日が沙霧役の清水葉月さんの誕生日で
カーテンコールでケーキが出てきてお祝いしたんですが
沙霧を中央に呼んで「いくつになったの?」とか定番の質問に続けて
「沙霧は何歳くらいの設定でやってる?」と質問。
「え? え?」と戸惑って明確な返事がこないままなのに
「オレはね、28歳くらい」とにこにこしているサダヲさんがかわいかった!
その後、先輩たちにひとりで挨拶しろと
舞台上に残された清水さんが助けをよんだのに気付いて
小走りで出てきてくれたサダヲさんが優しくて
安心した清水さんが腕にすがりついていたのもかわいかった~。
なんかいいカーテンコール見た。お得!

カーテンコールでは頼りにされていたけど
沙霧との関係がお姉さんと弟分って感じで新しかった。
なにせ最初が裸の大将っぽかったから
「懐かれた」って認識されているのがいい。
ちゃんと捨之介が守っている部分もあるのも良かった。

最初は絵図面から天魔王への足掛かりになるかなみたいな
打算もあったと思うんですが
気がついたら反射的に沙霧を庇うくらいになっていて安心しました。
焼き討ちのエピソードもあるから
沙霧を守りきることは捨之介にとって未来への第一歩なのかな
とか考えて勝手に胸熱に(笑)

守ると言えば渡京さんが沙霧を庇いながら戦う姿も良かった!
弱いんだけどちゃんと背に庇っているのがたまらん。

今回は捨之介が天魔王の甲冑を着せられる場面がカットで
いきなり偽天魔王登場だったんですが
武器を振り回す速度が早くて影武者? とか思ってすみませんでした。
ちゃんとサダヲさんだった。
やっぱ逆手って難しいんだなとここ観て思った。

あーなんか捨之介絡みのことしか思い出せない!
観てからそんなに時間経ってないのに!!

それだけ今回の捨之介が好みだったってことかなー。
DVD欲しい。何回も観たい。

今回は歌も踊りもある
私が求める新感線の要素がつまったバージョンだったわけですが
まさか歌い手にTAKIさんがいるとは思わなかったので
歌声が聞こえたときはテンション最高潮!
冠くんの歌声もいいけどTAKIさんの歌声は特別だな~。
なにしろ最初に観た新感線が阿修羅城だったから思い入れがすごいのです。

やっぱDVD欲しい。
出ないのかな? まさか全バージョンセット?
それでもいいけど・・・その場合おいくらになりますか??

すごいなロベール・トマ:舞台 罠

先日まで力いっぱい遊んでいたので
観劇ネタも溜まりました。
ボチボチネタにしていきたいと思います。

まずはギリギリまで観るかどうか迷った『罠』から。

あらすじを読んだ感じだと面白そうなんですけど
演出が以前ほかの舞台を観たときツボ違いだったひとなので
どうしようかなーと思っていたところ
半額になっていたので
それなら、と行って参りました。

席は半額も納得な2階席でした(笑)




観劇:2017年8月9日・水(2階席3列目)
会場:サンシャイン劇場

作:ロベール・トマ
訳:平田綾子
演出:深作健太

ダニエル:加藤和樹
エリザベート:白石美帆
マクシマン(神父):渡部秀
ベルトン(看護婦):初風緑
メルルーシュ(絵描き):山口馬木也
カンタン警部:筒井道隆
警官:有田賢史


「あなたの妻です」と言って現れたのは、知らない女性だった…!
巧妙に仕組まれ、張り巡らされた罠。
手に汗握るスリリングな展開。
いったい犯人は誰?
6人の男女の騙しあい、駆け引き。
真実は何処に? …失踪事件の深い闇は、驚愕の結末を迎える!


というのが公式HPにあった煽り文句。

これは、私好きそうだな~。
コメディっぽくもできそうだし
とことんサスペンスでも面白そう。

公式HPには脚本についてさらに記述がありました。

1960年に、フランスの劇作家・ロベール・トマが書き下ろしたサスペンスの傑作です。
日本でも何度か上演され、手に汗握るやり取り、意表をつく結末などが、毎回評判を呼び、演劇ファンの喝采を浴びてきました。
登場人物はわずか6人だけ、誰もが怪しく、誰もが真実を語っているとは思えない状況の中、殺人事件を巡って取り調べは二転三転、緊張感漂う台詞(証言)の応酬が続き、ラストの犯人逮捕まで息をもつかせぬ展開が繰り広げられます。
半世紀以上前に書かれたとは思えないくらい衝撃的な、フランス戯曲屈指の名作が蘇ります!


手に汗握るやり取り、意表をつく結末

その通りでした!
結末! この結末はほんっと秀逸!!

殺人事件を巡って取り調べは二転三転
緊張感漂う台詞(証言)の応酬が続き
ラストの犯人逮捕まで息をもつかせぬ展開


最初は殺人事件だとは思っていなかったんですけどね。
そういうことか! とビックリですよ。
途中チラッと・・・ちょっとだけ可能性のひとつとして考えたりもしたんですけど
それを上回る展開でした。

これは違う演出家でも観たくなる舞台ですね。
実はコメディ色の強い演出を期待したのですが
今回はそうではなかったので・・・


友人の別荘を借りて新婚3ヶ月の夫婦がバカンスしていたところ
奥さんのエリザベートが行方不明に。
夫のダニエルは、カンタン警部に捜索を依頼し
捜査結果をイライラしながら待っているというスタート。

このタンカン警部が
頼りになるんだかならないんだかよく分からないキャラで・・・
演じるのが筒井道隆さんなので誠実感はあるんですけど
すっとぼけてどっちつかずだから(笑)

そこへ、奥さんに寄付してもらったお礼の絵を持ってマクシマン神父登場。
神父だから、と安心してはいけません。
演じたのは渡部秀さん。
真田十勇士 以来の拝見です。
え、ちょっと待って?! 真田十勇士に三津谷くん出ていたの??
あ、一輪車!!
そうかーあーそうかー。あれ三津谷くんだったのかー。

・・・話がそれた。

神父につきそわれてエリザベートが戻ってくるんですが
ダニエルの反応がオカシイ。
この妻を名乗る女性は奥さんではないと言い出した!
しかし旅先で、もともとの知り合い皆無の状態で
その主張は誰にも受け入れられず
ダニエルちょっとヤバいひと? な空気に(ダニエルかわいそう)。

つうかさ、警部は写真預かって捜索していたんじゃないのかい?
顔もわからずどうやって探していたんだ~
このあたりが警部をアテにしていいのかどうか悩むところなんですよ。

あ、時代は1960年代くらい? なので携帯電話やスマホは存在しません。

写真の存在を思い出したダニエルがひきだしを探すとなくなっている。
直前にひきだしを開けていた神父が怪しいと疑うダニエル。

しかしダニエルが何か言うたびアタマオカシイヒトっぽくなって不憫。
この追い込まれる感じが加藤くん上手いんだよな~。
本気で心配になって応援したくなる。

証人として絵描き看護婦もでてくるんですが
ダニエル有利になって喜ぶと一転して不利になる状況にハラハラ。
ダニエルはいったいどんな前世を送って
こんな追いつめられる不運な人生になるのか心配になるレベル。

でもこのダニエル不利な状況にも理由があるんです。
納得させられる鮮やかなオチに痺れました。

もうホントこの脚本スゴイ!
大逆転な展開に熱狂!!

ロベール・トマ。すごい脚本家です。

調べたところ
この『罠』はいくつかのドラマや映画で原案として使われているようです。
うん、わかる。
このオチは汎用性ある。アレンジしたり演出したくなる気持ちわかる。

それに『8人の女たち』の脚本も書いているようです。
あの映画おもしろかった!
あれもそうなのか!!
このひとの脚本は今後、要チェックだ!!

拍手のお礼

ついに今年の分の観劇感想が現実に追いつきました。
それを祝福するかのように
久しぶりに拍手コメントをいただき浮かれています(笑)

いや、昨年の感想はまだ片付いていないので
浮かれている場合じゃないんですけどね。
忘れないうちにまとめないと・・・(すでに記憶は薄れていますが)

今年は2.5と同じくらい
それ以外の舞台も観たいと思っているので
例年以上の観劇ペースになっております。

つまり観たいものは我慢しないという心意気(笑)

8月も3日に1回くらいのペースで観劇することになって
我ながらどうかしているなと呆れています。

と同時に追いついてもサボるとまた感想が溜まるという悪循環。
マメに更新しないとまた置いていかれてしまう~。


ではでは拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!

 

続きを読む

ライビュでナルステ:『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~

鳥ドクロ、ヘタリア、ナルステの三連続ライビュ。
別に連続にするつもりはなかったんですが
結果的にこんなことに(笑)

客席のノリはヘタリアが一番盛りあがっていました。
シリーズ最後と発表されていましたからね。
それも納得です。

このナルステが一番いい席で見られました。
通路はさんだ3列目のドセンター!
真ん中はストレスがなくていいですね~。


ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~

観劇:2017年8月6日・日(ライビュ)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

脚本・演出:児玉明子

うずまきナルト:松岡広大
うちはサスケ:佐藤流司
春野サクラ:伊藤優衣
はたけカカシ:君沢ユウキ
ヤマト:藤田玲
サイ:北村諒
薬師カブト:岡田亮輔
綱手:大湖せしる
鬼灯水月:萩尾圭志
香燐:七木奏音
重吾:山口智也
干柿鬼鮫:林野健志
デイダラ:辻諒
トビ:片山浩憲
大蛇丸:悠未ひろ
うちはイタチ:良知真次
白崎誠也
寒川祥吾
宮川連
野間理孔
松林篤美
知念紗耶


イタチ兄ちゃんの歌声を聞きたくてチケットを取ったんです。
ですが
ミュージカルのつもりで観ると思いのほか曲が少なく感じました。

あれー?
もっと歌いまくった印象があるんだけどなー。
減らした?(んなこたなかろう)

うーん。ヤマトの説明で歌うのやめたら
歌のある2.5舞台、というレベルになりそう・・・
いや、でもミュージカル感は残るかな。
物語に組み込まれた歌だから。

アイアで観たときはSASUKEだと思ったんですが
ナルトの出番もちゃんとありました(当然だ)。
なんだか後半のうちは兄弟にすべてを持って行かれたようですね。
物語の本筋だからしかたない。
それ以外の場面が新鮮に観られました(2回目なのに)。

冒頭からオープニングにかけて、誠にテンション上がりますね!

あそこで全員の顔見せがあるってのが実に嬉しい。
キャラ名も教えてくれるし、うろ覚えの身にはありがたいシステム。
その後しばらく出てこないキャラもいるんですけどね。

サクラカワイイー。
九尾が暴走したナルトを心配するやさしいサクラが良かった。
サスケを助けたいけどナルトにムチャしてほしいわけではないんだよね。
ナルトは何としても、の気持ちだけど
それじゃいけないんだよ、ってことを思い出せた名場面。

そっか、サイってダンゾウの手下で
大蛇丸に取り入って木の葉を乗っ取ろうとする計画に加担していたんですね。
あー、うん。あったなぁそんなエピソード・・・
そのうちそれどころじゃなくなったんだよね?
でもダンゾウを覚えているってことはそれなりに仕事したってことか。
いかん。思い出せぬ。

前回観たときも思ったんですが
須佐能乎に対して八岐大蛇をぶつけるのは無謀じゃないですかね?
八岐大蛇に須佐能乎、ってことなら納得なんだけど・・・
この順番、原作通り?

しっかし、こうして見ると
イタチは実に丁寧に用心深くサスケを助けたんだな、と。
海よりも深いお兄ちゃん愛に感動だよ。
その心を理解しないで恨みだけで動く弟を見て悲しくなかったのかな。
助けられればそれでいいって考えなのかな。
もーどんだけサスケ好きなの(笑)

ナルトとの会話を切り上げるときの
「大切な約束がある」のセリフ
ウキウキが隠しきれてないのが可愛かったです。
そうだねー、ついに! だもんね。
時間厳守で向かわないとね!
で、ナルトになにを授けたの? 原作にあったんだよね? 思い出せん。

これは原作再読した方がよさそうだ・・・

ライビュは千穐楽公演なのでキャスト全員からの挨拶がありました。
これが見たくて行ったというのもある(笑)

トビ(片山浩憲)、デイダラ(辻諒)、干柿鬼鮫(林野健志)の
チーム暁の挨拶がおもしろかった!
ぐるぐるのお面をついに外さずに終えたトビが凄い!
あのキャラのまましゃべったので素がどんなひとなのかわからないままでした。
対照的にデイダラ先輩は
キャリアも経歴もバラバラな座組で
若輩な自分が受け入れてもらえるかどうか不安だったってことを語って
完全にキャラを取り払っていてかわいかったです(笑)
極めつけは鬼鮫!
「干柿鬼鮫役の干柿鬼鮫です」と頑なに名乗らなかった。
アップで改めて見るとスゴイ顔だ・・・コンタクトが怖い~と思ったところに
「大丈夫ですか、大画面に耐えられていますか」と飄々と語る林野さん。
そのタイミングで言いますか?!
笑いが止まらなかった。やばいジワジワくる。
劇場でも役者さんも笑っていて「何か失敗しましたかね?」と
やっぱり飄々としている林野さんでした。

カカシ(君沢ユウキ)は
「去年の今頃はリアルに病院のベッドでした」とか言うし・・・
「笑うとこですよ?」と促されても笑えませんよ(苦笑)
全快して良かったです。

綱手(大湖せしる)は関西弁のひとなんですね。
あとその胸はホンモノですか?
大画面で見るとなんつーか・・・すごかったです。

鬼灯水月(萩尾圭志)、香燐(七木奏音)、重吾(山口智也)の
チームサスケ大好きのみなさま。
もっと出番があったらよかったのにね~。
香燐の七木奏音ちゃんはライチ光クラブで観ていまして
美しい歌声にうっとりしたものです。
今回はそれより力強い歌声でもっと聞きたかった。
鬼灯水月(萩尾圭志)はアイアではまったくわからなかったんですが
デビミュのリンドだったんですね!
ライビュで初めて
歌声に聞き覚えある? 顔も見たことあるような?? と気づいて
カーテンコールで名乗ったところでやっとわかりました(遅)
そうだったのかー。やっぱブログでネタにしないと覚えないんだなー。
早くデビミュもネタにしなきゃ。

イタチ役の良知くん。
「鳴り止まない拍手」と良知節炸裂させてから
ナルト役の松岡くんとサスケ役の佐藤くんのことを
苗字で呼ぶのにはわけがありまして、と語り始めたときは
なにを言うのかとハラハラしました。
が、再演のときに「よう広大! よう流司!」と呼ぶつもりなので
なにとぞ応援よろしくとのことでした。
だから再演が実現しないと松岡くんと佐藤くん呼びのままだと(笑)
再演はどの程度現実味があるんですか?
あったらなんだかんだ言いつつ行くと思う、のでやってください。

ナルステはツッコミどころも多いし
気になるところも不満もないわけじゃないんですけど
楽しめるので好きです。
新しい演出とか道具も披露してもらえるし。

サスケが麒麟のときに使ったのと
ナルトがカーテンコールのときに使った光る棒(名称不明)。
あれ、好き。また使ってほしい。

ライビュでヘタリア:ミュージカル ヘタリア~in the new world~

吉谷さんの演出作を観たくて
ハイネを観るつもりだったんですが
予想に反して(失礼)人気でチケットを獲得が難航したため
同じく吉谷さんが演出するヘタリアが
ライビュで観られると聞いてチケットをゲット。

そしたら今回でラストという発表がありビックリ。
え、じゃあ前作を観ていない私は
最初で最後のヘタミュってことになるのか・・・

なにやら現場では転売対策でいろいろあったようですが
そんなことは知らずに観たので問題なかったです。

問題なのは私のヘタリアの知識(苦笑)

ヘタリアは一時期ブラックな企業に勤めていた頃
サビ残のあとヘロヘロな状態でも観られた唯一のアニメでした。

しかしあまり覚えていなかったので
今回、見返して気がつきました。
私、最後までアニメ観ていない・・・
ライビュまでに観終ることはできなかったので半端な知識で挑むことに。
まぁ、キャラを把握していれば楽しめるでしょう、たぶん。


ミュージカル ヘタリア~in the new world~

2017年8月2日・水(ライビュ・デイレイ中継)
東京都 シアター1010

演出:吉谷光太郎
脚本:なるせゆうせい
音楽:tak
振付:MAMORU

イタリア:長江崚行
ドイツ:上田悠介
日本:植田圭輔
アメリカ:磯貝龍虎
イギリス:廣瀬大介
フランス:寿里
ロシア:山沖勇輝
中国:杉江大志
オーストリア:ROU(菊池卓也)
プロイセン:高本学

アンサンブル:
仲田祥司、帯金遼太、山田諒、茶谷健太、新開理雄
町田尚規、山内涼平、一之瀬達也、山口渓、橋本佳貴


長いっ!
や、体感ではなく実際に長かったです。

19時開始のデイレイでしたが
終わったの22時20分くらいって予想外!
3時間半くらいじゃん!
近所の映画館で観て良かったよ!!


開始早々、アメリカから
「敢えて台本通りに言います」
「チーム枢軸解散! これからはオレが世界の中心だ」みたいなことを言われ
震え上がる日本・ドイツ・イタリア。

第二次世界大戦終了ってことか。
ということはこの日本、原爆を落とされているのか・・・
大丈夫? お腹痛くない??
と勝手に悲しくなってしまった。

「本来、笑いが起こる場面じゃないんだ」とおっしゃるアメリカさん。
うん・・・すごくシリアス場面。
笑いが起こっていた今まで、どんなアドリブだったのか気になります(真顔)

オープニングダンスは吉谷さんの演出だからか
『ハートの国のアリス』を思い出しました。
もしかしたら振り付けたひとも一緒なのかも。
曲も似ているように感じたけどそれは思い込みかもしれません。

いやしかし、アンサンブルのみなさん大活躍でした!
ダンスはもちろん、いろんな役をこなして休む暇なさそうでした。
ラストの国別『まるかいて地球』は圧巻でした。
メインよりバックで踊るアンサンブルの奮闘ぶりにクギヅケ(笑)

今回は知っている役者さんが少なくて
ちょっと苦労しました。

知っていたのは
日本役の植ちゃん、アメリカ役の磯貝くん、フランス役の寿里さん。
それ以外は、はじめましてだと思って見ていました。
実はそんなことなかったんですが(笑)

アメリカは自由でしたね。
アドリブ多くね?
いや、この大楽が初見なので
どこがアドリブでどこまで台本通りかはわからないんですが
アドリブっぽいとこが多かったように感じました。
磯貝くん度胸あるから何か起こってもなんとかしてくれそうな感じがして好き。
実際、効果音が違った場面でもそういう場面かな? と思えるくらい
冷静に対応していて凄かった。
「そう! それだ!!」と(スタッフに?)投げキッスして
見せ場にしたのが素晴らしい。

フランスも自由でした。そしてセクハラでした。
さすが自由と博愛の国(?)
謎の包容力のあるフランスお兄ちゃんでした。
長引くカーテンコールでの「そろそろ時間」と指摘して
「本当のお兄ちゃんに見える」と返されたときの
「たまにはね~」と爽やかに切り返す寿里さんが輝いていた。
いや、結構お兄ちゃんキャラだったと思いますよ。
寿里さんが舞台にいると安心感が素晴らしい。

日本は後ろ姿が日本! って感じで感動。
いや正面が日本ぽくないというわけではなく
なんでか後ろ向いて振り返ったときの日本感がアップして見えたんですよね。謎。
稽古日数があまり取れなかったようですが
アメリカとロシアの日替わりネタに巻き込まれて
キッチリ笑いを取っていたのが素晴らしい。
「身長低いのに態度デカい」とか言われて
「キミらのおかげでキレ気味です」と返したのには恐れ入りました。
しかしあるある探検隊は古くないですかね?
ま、私としては最近のお笑いはよくわからないので助かりましたが(笑)

カーテンコールで泣きそうなキャストにトドメを刺したときは
悪魔かと・・・いやさすが植ちゃんです。
ロシアを一撃で泣かせたのは凄かった。
なんて言ったの? 「ロシアがキミで良かった」とか?

その泣かされちゃったロシアが幕ミュで平助もやっていた
山沖くんだと気がついたのはエンディングダンスでした。遅っ!
ロシアダンスの迫力凄い! と目が覚めた(寝てはいないが)
ロシアはアメリカのムチャ振りによく付き合っていましたね~。
冷戦の場面はカッコよかったのにそれ以外の場面の印象が強いです。

イタリアは可愛かったですね~。
イタリアっぽかった。
ちょっと浦井くんのイタリアも見てみたくなったけど
あのかわいさは長江くんの個性ですね。
真面目で頑ななドイツと日本に対してゆるいイタリアが
いいじゃんこれからも会おうよ~と言っちゃう甘さが救いでした。
長江くんはギャグマンガ日和の小野妹子で観ていたんですね~。
そっかー。

ドイツは思ったよりツンが強かった(笑)
呆れつつも実は許しているというのがイタリアへの態度だと思っていたので
意外と冷たい・・・と悲しくなった。
けど、ぐったりしたイタリアに狼狽する姿をみたらやっぱドイツだ~と安心。
上田くんはテニミュ2ndの橘ですかー。そうかー。

イギリスのオーストリアにした仕打ちがヒドイ~。
フランス嫌いにもほどがある(笑)
歌い方がミュージカル風でビックリ。
廣瀬くんはテニミュ2ndの木更津なんですねー。そうかー。

中国はしゃべり方がキュートでした。
あの「~アル」をあんなにナチュラルに使いこなすの凄い。
普段は普通にしゃべっているんだよね・・・? と心配になるレベル(笑)
そして綺麗なお顔に長髪がよく似合う!
杉江くんは黒薔薇アリスで見ていました。マジか!
あの双子のどっちかか・・・

オーストリア好きなんです。
黒髪だからかな・・・
芸術大好きで浮世離れした感じがいいよね~。
そんな感じを歌声で表現してくれたROUさん。
あれ? テニミュ2ndの忍足と同一人物なんですね。そうかー。
マリア・テレジアに振り回されているのがおかしかった。
あの女王反則だ。なんだあのサイズ(笑)

プロイセン男前! かっこよかった~。
高本くんはまだあまり舞台経験がないようなので今後に期待ですね。
ドイツのお兄ちゃんだけど割と厳しめ。
弟のこと心配みたいだけどそれを素直に表現できないお兄ちゃん。
いや、かっこよかった(そればっか)

セットがかわいらしかった。
正面にはページをめくれる本がひらいてあり
サイドには巨大な本が積んであったり
本からキャラが飛び出してきたような感じ。
閉じたらみんな消えちゃうのかな。

ペンライトではなくフラッグを振れる場面があるんですが
その合図が「舞台にフラッグが出たら」でしばらく気づかなかったんですが
上か! なにそれすごい!
観劇の邪魔にならずわかりやすい合図!! すごいー。

今回メインのエピソードが
敗戦や滅亡だったので割と重かったんですが
フリーダムな場面もあったので笑いどころも多かったです。

そして敗戦や滅亡や解体を経て
いかにして立ち直るかを考え
みんなで協力しようというピースフルな結論に至る
世界平和の話でした。

ただ原作をちゃんとわかっていなかったので
ちょいちょい謎な部分がありました。
謎のすってんころりんコロンブスオチとか。
このキャラの扱いこれでいいの? とか。

チームワークがよかったので
これDVDの特典映像がおもしろいヤツだ! と思いました。

カーテンコールでも
泣きそうな人泣かそうとしたり
吉谷さん引っ張り出して泣かそうとしたり。
吉谷さんが話しているのをみんなで囲んでニコニコしていたので
いい現場なことが伝わりました。
最後の挨拶に長江くんが一人で出てきて終わりかな? と思ったら
全員で駆け寄って胴上げしたり
いいカーテンコールでした。

ライビュ用のコメントもあったし。
ミュージカルは終了するけどライブで締めくくるんですね。
そういうのいいですね~。
新衣装つくるんでしょうか? 海賊とか和服とか。

まあ盛りだくさん過ぎて終了が遅くなったんですけどね(笑)
楽しかったので問題なし!
 

ライビュで鳥ドクロ:髑髏城の七人 Season鳥

鳥ドクロは
お盆休みに観劇する予定なので
生で観るより先にライビュで観るという初めての体験。

新鮮な気持ちで生観劇したいので
ライビュはやめようかと思ったんですが
我慢できませんでした(笑)

しかし今回、花ドクロのときは上映していた
自転車圏内の映画館でもその次に近い映画館でもやっていないので
都心に出るしかない・・・と探し始めたら
完売ばかりでビックリしました。
先行でゲットしておくべきだったかと後悔。

チケット買える映画館の中で
比較的近くのTジョイ大泉で観ることになりました。
初めて行ったよ大泉学園。

なんなの?! とんだオタクタウンでしたよ!!

鉄郎とメーテルの!
明日のジョーの!
ラムちゃんの!

銅像がありましたよ!!

ええええ~なにそれ~どうなってんの~
混乱しながらひたすら映画館まで歩いて判明しました。

東映の撮影所がありました!

ああ、そういうこと。納得です。


劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season鳥

観劇:2017年7月31日・月(ライビュ)
会場:IHIステージアラウンド東京

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり

捨之介:阿部サダヲ
無界屋蘭兵衛:早乙女太一
天魔王:森山未來
極楽太夫:松雪泰子
渡京:粟根まこと
兵庫:福田転球
少吉:少路勇介
沙霧:清水葉月
狸穴二郎衛門:梶原善
贋鉄斎:池田成志

右近健一 山本カナコ 村木仁
藤家剛 工藤孝裕 井上象策 安田桃太郎 菊地雄人 
伊藤教人 横田遼 下川真矢 生尾佳子 伊藤玻羅馬
岩田笙汰 大内唯 奥山寛 上垣内平 嶌村緒里江 常川藍里
東松史子 中根百合香 野田久美子 安田栄徳
山口ルツコ 山﨑翔太 矢内康洋


いやこりゃ面白い!

歌あり、踊りありの、ド派手な演出になるんだろうと
期待していたんですが
それだけでなく脚本から大きく変えてきました!!

捨之介が忍び設定というのは聞いていたけど
そうか~そんなに変えてきたのか~。

以下、結構ネタバレします。

 

続きを読む

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking