ニコミュとやらを観たのが2016年最初の観劇でした:カンタレラ2016

今年はさっさと感想あげるぞ! と決意。
すでに1週間経っているけどそこは気にしない!
いいんだ、何カ月も経ってからに比べたら早いよ!

OSK好きの友達から声をかけられたんですが
ニコミュって何ぞや?
ニコニコ動画主催のミュージカル?
ニコ動で人気の楽曲を織り込んだミュージカル?
過去にも公演しているの?
ふーん、知らんかった。
けど『カンタレラ』ってことはボルジア家の話なんでしょ?
それなら観たいな!

と言うわけで観てまいりました。


カンタレラ2016 〜愛と裏切りの毒薬〜

観劇:2016年2月20日(土)12時開演(E列下手より)
会場:銀座博品館劇場
演出・振付:上島雪夫

チェーザレ:桐生麻耶
ルクレツィア:舞美りら
サヴォナローラ(悪魔の化身):真麻里都
ホアン:悠浦あやと
フェルナンド3世(スペイン大公):楊琳
ジョバンニ(チェーザレの親友):愛瀬光
クラウディア:城月れい
ローザ(メイド):千咲えみ
香月蓮
麗羅リコ
栞さな
りつき杏都


配役を調べたんですがここまでが限界でした。
他にパパ法王とミゲル(だったか?チェーザレのお付きのひと)と
ダンサーが2名いました。


ボルジア家の話といえば
川原さんの『バビロンまで何マイル?』から6割
塩野さんの『チェーザレボルジアあるいは優雅なる冷酷』から3割
残りの1割はそれ以外の本たちからの
イメージで形成されています。

なので

チェーザレといえば
冷徹な政治家で野心家、やればできる子
なのに、枢機卿というポジション&自らの出生から
出世の限界に気づいてちょっとイラついている
けど、プライドの高さからそれを表面に出さずにいる鉄面皮
ってなイメージです。
要するに歌ったり踊ったりすることはなさそうなキャラ。

ルクレツィアといえば
金髪の美女。パパと兄に利用されて3度の結婚をして
翻弄されたような感じだけど
当時としてはそんなもんなの? いやもっと他の生き方できたんじゃないの?
割と本人的には納得している人生なの?
納得しているとしたらお兄ちゃんの成功を願っていたのかもね?
と「?」がつきまくるイメージ。
要するに自分からガツガツいくようなキャラではない

ホアンといえば
超できる兄を持つ割に
よく言えば天真爛漫、悪く言えば享楽的なあほぼん
あんまり悩んだりしなくて
ノリと勢いと愛嬌で乗りきっているイメージ。
要するにぐるぐる苦悩するようなキャラではない。

なんですがこの『カンタレラ2016』では
チェーザレは歌いまくり踊りまくり
ルクレツィアはガンガンお兄さまに迫りまくり
ホアンは劣等感の塊で

あーこれは私のイメージするボルジア家とは別物だな

とかなり早い段階で気がつきました。
それならそれで楽しみようがあるのでOK!

使われる曲はなんとなく聞いたことあるような気がするし
サンホラっぽい感じがして好きだし
席が双眼鏡いらずの距離だったから見やすくて良かったし。

つうかボカロ曲っぽくテンポが速くて歌詞が高速な歌なのに
あれだけダンスをするとはナニゴト?!


ラストの全員参加のパラジクロロベンゼンでは
駆け込んできて立ち位置でピタッと止まり歌い上げるみんなに感動。
なんじゃあありゃあ。
人間業ではないな(人間がやってるんだけど)。

でも法王様が踊っていることに気がついたら
法王様ばっかり見てしまって失敗した~。
もっと全体を見るべきだった~。
まさか法王様も参加するとは思わないじゃん。
意外過ぎて見ちゃったんだよな~。

一番好きなのはクラウディアが暗殺に来たときの曲。

パラジクロロベンゼンを塗りたくったナイフで暗殺には首を傾げるんですがね。
ベンゼンの使用方法としては正しいのか?
あれって気化した毒素を吸い込むとイカン種類のモノじゃないのか?
理科の実験で嗅いだ強烈なにおいを忘れられない。
ナイフに塗ってあったらなにかにおいそうだな、とか思いながら見てました。

それはさておき
チェーザレとクラウディアの歌合戦は聞きごたえがありました!
スゲー完成度!!
かっこいい!!

それに割って入る悪魔の化身サヴォナローラとルクレツィア。
冒頭のルクレツィアの歌はあれ悲鳴だったんですね。
腰抜かして「何もできなかった」って後悔していましたけど
歌っていたから十分じゃね? と思ったり。

サヴォは悪魔の化身だっていうから
見える人にしか見えない存在だと思ったら人間としても人格がありました。
んで調べたら実在しているんですね。
法王様とガチでやりあった実在のひとでした。
劇中でも法王サイドとなにか対立しているなというのは感じられましたけど
架空の人物だと思って見ていました。

まさか実在だとは思わないから「おいしそうな名前」とか語ったりしました。
よーこさんはパスタの一種だと思い
私はケーキの仲間だと思いました(笑)

このサヴォがアグレッシブでいろんなひとと繋がりを持つんですよ。
スペイン大公に働きかけ
一緒になってホアンを唆し(この場面2人トートがルドルフに囁いているようだった)
結果クラウディアを暗殺に向かわせ
最終的にはルクレツィアを標的にする。

でも本当の目的はチェーザレだった気がする。
チェーザレがブレなくて付け入る隙がないから
周囲から陥落していったような感じ。
ま、悪魔の本心なんてわかりませんけどね。

桐生さんのチェーザレさんは割とまとも。
権力のために妹を利用しようとしないので野心家な面が見えなくなり
まさかの親友の存在で冷酷な面が見えなくなり
ボケ始めた(?)父の尻拭いで孤独な戦いを強いられているように見え
弟や妹のぶっ飛んだ行動を包み込もうとする懐の深さが感じられ

なんだ普通にいい兄貴だな! と感心しました。

チラシが「禁断の愛」を前面に押し出してきたので
もっと怪しげな兄妹になるのかと思ったので意外でした。

ルクレツィアも兄を好きと言う割にはおおっぴら過ぎて
「お兄ちゃんスキー」と言う幼稚園児レベルの明るいブラコンだった。
兄が好きなのはわかるんだけど
どんなとこをどう好きなのかイマイチわからないので
ブラコンの単なる独占欲とどう違うのかわからないんですよね。

だからこそサヴォの悪魔のささやきが必要なのかもしれませんが…

ここで残念なお知らせ。
私、悪魔とか吸血鬼とか苦手なんですよネ。
サヴォが悪魔の化身って知ったときから嫌な予感がしたんですが
案の定、ルクレツィアを唆すあたりで寝落ちしました。

だからどんなふうに唆したのか全くわからん!
気がついたら自室にチェーザレを招いてカンタレラ登場でした。

もしかしたら母上も悪魔の化身?
カンタレラを渡したところからサヴォの策略?
とか考えていたんですがどうだったんだろう。

だからルクレツィアが突然ふっきれてチェーザレに迫ったのが
やたら唐突でビックリ。
その会話(会話になってなかったけど)もどんどん進んで行って
「愛してるって言って!」「言わないならあんたは悪魔!」という
超理論を展開して
「愛してる」って言えば「本物はそんなこと言わない!やっぱり悪魔~」と
すっかりデンパな子になっていてビックリ。

サヴォは一体なにを言ったの???

そのデンパな妹につきあうチェーザレさんは実にいいひとでした。
こんないいひとが禁断の愛?
仮に好きだったとしても過ちを犯しそうにない健全なチェーザレさんなのでした。

これは演じる桐生さんの個性がそう感じさせるのかもしれません。
過去に見た桐生さんは清々しいキャラが多かったので
そういう個性のひとなんだと思うんですよね。

今回のチェーザレさんは自分の野心はほっといて
おうちのために働くキャラだったので桐生チェーザレで良かったです。
妹に見せるやさしさもありましたが
弟にも兄として成長を促す場面がありましたから。

ホアンのウジウジっぷりには参りました。
この人が一番問題あったかも。
優秀な兄と比べてウジウジするのもわかるけど
要領が悪すぎる。

スペイン大公とお近づきになれたんなら報告せんかい!
さっさと言っておいたら法王もチェーザレも見直したんじゃない?
ルクレツィアとの縁談も実現したんじゃないか?
その縁談悪くないよね。
ジョバンニよりいい嫁ぎ先だと思うんだけど。
まあ、サヴォと一緒になって悪魔のささやきしちゃうのはどうかと思うけど。

あとホアンが実力に反してひとから好かれるって描写を入れてほしかった。
自己申告しかないから「ホントに?」と疑ってしまう。
舞踏会の場面で「きゃ~ホアン様~」って入れるだけでだいぶ違うのに。
ついでにそれ見てルクレツィアが「チェーザレのほうが~」とか
対抗したらどこに惚れてるのかわかってスッキリすると思う。

暗殺未遂の申し開きの場面でもウジウジして
結局チェーザレが仕方ないなって顔して尻拭いしていたけど
あそこでうまく躱したらチェーザレが褒めてくれたんじゃないかな
とか思うわけですよ。
桐生チェーザレは褒めて伸ばすタイプだと思うので。

あの場面であの待遇は破格!
私の知ってるチェーザレでは考えられないやさしさ。
というかほかの誰でも許さないでしょう。
暗殺未遂であの甘さなら
これまでもきっとチャンスをくれてたと思うんだよ。
ホアンはそれを自覚して感謝するべき!

にしても、だ。
兄弟ふたりとも母と同じ顔した女に目をつけるとは
マザコン?
ボルジアの血がそうさせるのか??

というようなことを考えながら観ていました。
チェーザレが眠るように死んだあたりまでは。

問題はそのあとですよ!

いや、愛と妄想のダンスシーンはいいんです。
後悔が見せた偽りの走馬灯ですよね。
そういう盛り上がりは必要だと思うのでナイス場面です。

だけど後半、サヴォが割り込んできたのはどうかと思った

カーテンの裏でなんかしてんなーなにやってんだ?
と気をつけていたら
スゴイ勢いで前に飛び出してふたりを差し置いて悪魔の舞。
隣で観ていたよーこさんは完全に笑っています。

私も笑いそうになりましたが
そっか、踊りたくてうずうずしていたのか。
割り込むタイミングを計っていたのだな。

と考えたら納得できました。

けれどその後のまさかの展開には唖然。

カンタレラじゃなかったとか!
眠り薬だったとかなんだよそのオチ!
さすがに笑ってしまいました。

いやまあそこでチェーザレ死んだら歴史変わっていますけど
もう今更そのくらいの歴史改変いいや、と思っていたから
死亡エンドだと諦めていたのに

何のための悪魔! 唆すためだけの悪魔か!
メイド最強か?!

メイドの衣装もあれいいのか?
時代考証的にあのデザインはもっと最近なんじゃないの?
いかにもメイドって感じでわかりやすかったけど
クラウディア(一応メイド設定)との差はなに? と考えてしまいました。

衣装と言えばルクレツィアのドレスのデザインは当時を再現なの?
なんか幼すぎないか?
ハイウエスト過ぎて子供っぽく見えた。
何歳の設定かわかんないんだけど
母上やクラウディアのデザインのほうが美人度増してたと思うんだけど
ワザとなのかな?
生々しい禁断感を出さないための作戦??


いや~ツッコミどころの多い舞台でした。
だからこそオモシロかったとも言えるんですが(笑)
ツッコミ待ちの脚本を
演者の達者な技で有無を言わさない勢いのある舞台になっていました。
スゴイなOSK!

そんなOSKの東京での次回公演は
紅に燃ゆる〜真田幸村 紅蓮の奏乱〜
5/27~29、博品館にて。

ほほう。今年の大河と同じ主人公ですね。
『真田丸』見ています。
下剋上で戦乱、まさに戦国時代ってことを実感する展開で
毎週楽しい。

しかしこの日程はすでに予定が入っておりますな。
さてどうするか。
けど正直な話
こっちよりナントカの鷹(鷲?)のほうが観てみたいんだよな~。
やってくれないかな?

前田三郎ふたたび:AD-LIVE2015

2014年版 を見せてくれた友達が
2015年版を持参して遊びに来たので上映会。

今回は
2014年版でも拝見した櫻井孝宏さん
たぶん声は聞いたことある津田健次郎さん
主宰の鈴村健一さんの3人舞台。

ほほう。3人バージョンもあるんですね。



AD-LIVE 2015

前回同様、昼・夜・夜(副音声)のフルコース耐久上映会。
それに加えて抜かりない友達は
アニメイト限定の特典DVDも入手していたので
それもぶっ通しで見たのでもうヘロヘロ(笑)

特典DVDは約15分の映像で
5分は夜の部終了直後の出演者インタビュー
10分は主宰の鈴村さんのバックステージでした。

インタビューは舞台衣装のまま疲労困憊した3人が登場。
血のりとか乱れた髪とかそのままで
なかなか貴重なお姿でした。
しかし3人ともぐったりしていた・・・


今回の設定は
とある会場にとある目的を持って集まるふたり。
会場で待ち受けるスタッフひとり。

スタッフが鈴村さん(固定)
集うふたりが櫻井さんと津田さんでした。

とある会場とは“トモダチファクトリー”という組織のビル
とある目的とは「ともだちを作る」こと。
婚活ならぬ友活ってわけですな。

昼の部は櫻井さんが本田(仮)、津田さんが死怒
夜の部は櫻井さんが前田三郎、津田さんが真田

この夜の部の前田三郎はジジイの拵えなんですが
これがまさかの2014年版にも登場したキャラ。
時をかける前田三郎なのでした。
いや~、ちょうど見たことあったから感慨もひとしお。
と言いつつ
あれ? もしかして同じ? いやいやジジイってことが似ているだけ?
と友達とふたりして不甲斐なかったんですが。

副音声で教えてもらいました。
しかもプロフィールで1歳年齢が増えているという設定で
櫻井さんから提出された書類では
本田と前田三郎の筆跡が変えてあるという芸の細かさ!
なんですと?! と付属のパンフを見たら残念ながら手書きではなかった~。

津田さんの真田は真面目なサラリーマン風な拵え。
割とオーソドックス。
真面目ゆえに不器用で仕事一筋、友達つくる余裕がなかったのかな?
とイメージしやすかったです。
友達候補がまさかのジジイでもとりあえず受け入れる素直さ。
途中のゲームで変なもの背負うことになっても
極限状態でも自分勝手に動かない優しさを持つキャラでした。

津田さんはとても舞台慣れしていて
このAD-LIVEには初参加だったらしいですが
お見事でした。
櫻井さんの設定を受けての演技とか
神経質な真田を表現するのに細かい仕草をしていたり。

特に昼の部の櫻井さんの設定を聞いたあとの演技はナルホド!
それを櫻井さんにさらに膨らませてもらいたかったな~。
そしたらさらに面白くなったと思うのに残念。

昼・夜それぞれオモシロかったですが
私は昼のほうが面白かったです。

やっぱ最初に見るほうが設定もわからないから
見ているこっちも緊張するし
初めての顔合わせだから出演者にも緊張感が漲っていたようで
見応えがありました。

それに津田さんの死怒のキャラがめちゃくちゃ可愛くてねー
見た目はロックというかパンクで「?!」となるんですが
話が進むにつれて臆病な感じとか純真さとかが見えてきて
可愛くて仕方なくなるんです!
だからこそ、櫻井さんの設定に対してあの反応になるんだなー。
あの反応もまた可愛くてたまらんのです。


副音声も3人でしゃべりまくりなので楽しかったです。
いろいろ興味深い話も聞けたし。

舞台経験者は終わりから
声優メインの人はキャラを起点とした役作り
というアプローチの差があるとか。
今回の場合は津田さんが舞台経験者なので
こんな展開にしたいとイメージの上の役作りだったとか。ふむふむ。

他の回の話もしていて

岩田さんが無口の鳶職というまさかの役作りで挑んだ回は
たまたま浪川さんがおしゃべりなキャラだったからいい塩梅だったとか
浪川さんの潔癖症キャラが泣けるとか言っていたので気になるところ。

またしても梶くんの設定は凄かったらしくて
1時間くらい正体不明だったとかでこれまた気になる。

谷山さんと岡本さんの回で鈴村さんがべろべろなったとか
異世界から来た勇者というまさかの設定を炸裂させた岡本さんが
最後まで押し通し
それは相手の谷山さんが頑張った結果と褒められていたり
かと思ったらラストでなかなか閉めない谷山さんに翻弄されるスタッフ
と暴露があったり。

誰のときか忘れてしまいましたが
アドリブカードで奇跡が起こって
前半誰かの手に魔物が宿って後半に親が魔王になった回もあった、とか。
あと本人役で登場した猛者もいた、とか。

いろいろ気になる話も満載でした。
しかし3人だと誰がしゃべっているのかよくわからなくて困りました。

舞台経験が多いと言う津田さん
もしかして過去に観たことあったりするのかな? と調べたところ
私が観た舞台には出ていなかったようですが
声優としてのお仕事でちょいちょい出会っていました。

タイバニではネイサンかー。
鬼灯の夜叉一?! ってあのワイルドで子煩悩な渋い声?!
うわーそうなの? ちょっと見返したくなるな!
ん? ちょっと待って?
ネイサンってあのオネエキャラ?! 全然違うじゃん!
舞台では夜叉一ともネイサンとも違うじゃん(そらそうか)
津田さんスゲ~。

続きを読む

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking