社交ダンスと熱中症

今回誘われなければ
おそらく一生行かなかったであろう
場違いな会場に行って参りました。

誘ってくれたのは
毎度お馴染みになりつつあるよーこさん。
招待券を当てたという強運にあやかって。
ありがとうございまーす!
しかし見事な当選率。

いろいろあって大荷物になってしまった当日
駅で会えた時点で目的達成した気持ちになってしまった。
が、今回のメインはこれから。
しかし会場に到着して間もなく気づく。

しまった…ちょっと熱中症っぽい。

けど、この感じならそんなに重症じゃない。
何度も熱中症(&偏頭痛)を経験しているので慣れたもんです。

とりあえず水分とろう。
持っていたのは十六茶だけど…
できればポカリ的なものがよかったな。
まあいい。飲んで様子をみよう。

食べ物はチョコしか持っておらんな。
…食べないよりマシ?
何らかの塩分含まれていることを期待して食べてみよう。

うん。あんまり回復してないや~。

どーしようかなー。
自販機でポカリ売っているかなー。
自販機どこだろ?
と考えている間に居眠りしていました(ヲイ)。

でも寝たら回復した。睡眠大事。

まあ居眠りしたことよーこさんにはバレてました。
そらそうだよな(笑)


さて、居眠りしちゃいましたけど
何をしにどこへ行ったのか申しますと

日本武道館へ社交ダンスの選手権を見に行きました。

予選から始まって
1日で決勝、表彰台まで行ってしまうイベントです。

さすがに予選から見るのは大変なので
ゆっくり夕方出動です。

プロ・アマの最後の予選と
ジュブナイル・シニアの決勝あたりから見ました。

ジュブナイルは可愛いですね~。
男女比が均等じゃないようで女の子同士で組んでいることも…
男装していたり、ふたりともドレスだったり。
なんとなく応援してしまうのはなぜだろう?

シニアって何歳以上なんだろうか?
みなさんお元気!
うっかり熱中症になったりしないんだろうな(苦笑)

さて、メインであるプロとアマの準決勝の結果発表から
様相が変わります。

準決勝終了後、全員ステージに上がって
結果発表を待つんですよ。
そして番号を呼ばれれば決勝進出というシステム。
おおう、明暗くっきり。

準決勝と決勝の間に着替えたチームもいたりするんですよ。
着替えるのは自信のあらわれなのかな。
ま、単なる予算の都合かもしれませんが。

決勝は大会本部のホンキが見られます。

公開採点です。
審査員ひとりひとりが“マイランキング”を
プラカードで公表。

しかし初めて見る私たちには最初謎でした。

1~7まで表示されるけど
これって数が多いほうがいいの?
少ないほうがいいの?


まったく初歩的なことがわかっていない(苦笑)

やがてわかるんですが
数字は審査員がつけた順位を表していて
「1」が一番いい。
1位ってことですからね。

5種類のダンスで採点してその合計で順位が決まります。
すごい体力だよな~。
予選からずっと踊ってきているわけですから。

決勝まで来ると減っているんですけど
予選はそうとうな人数がフロアに集まって踊るので
凄いことに…
審査員の先生も大変でしょうな。

こりゃあ目立ってナンボだっていう考え方もわかる。

かつてウリナリで社交ダンス部ってコーナーがありましたけど
そこで指導していた先生が
「目立つことも大事」と力説していたのを思い出しました。

だけど一番思い出したのが『有閑倶楽部』の社交ダンスの話でした。

八百長疑惑を絡めた話で
珍しく美童と可憐が汗だくで活躍する話でした。
あの二人ですから
めちゃくちゃ目立って審査員受けがよかったような…

優勝したかどうかは覚えていませんが
美童がライバルチームの造花の髪飾りに
花粉を振りかけて妨害したり(オイオイ)
可憐がフルマラソン全力疾走してるくらいキツイと
訴えていたようなことをぼんやり思い出しました。

他にもガッツリ社交ダンスのマンガは読んでいるのに
なんでこれなんだろう…?
三つ子の魂ってヤツかな。

そして武道館と言えば『帯をギュッとね!』ですよ!
思ったより狭いな…
観客席作っているからかな?

しかし広い武道館の中で
「社交ダンスはマンガで読んだ程度です」って観客は
私たちだけだったんじゃないでしょうか。


みなさん経験者らしく
ちゃんと専門的に観戦してらっしゃいました。
ルールも善し悪しもなんもわかってなくて申し訳ない。

一応ね、国際大会だったようですよ。
プロの部門では海外からの出場者もいましたから。
さすがにレベルが違って
実質3位争いになっていました。

そして1階の高い観客席は
準決勝に合わせて見に来た方々によって
いつの間にか埋められていました。

みんな慣れているな!
 

溜まりに溜まった読書記録

広告でちゃいましたね。
だから慌ててってわけではないんですが
しばらくネタにしていなかった読書ネタ。

読んではいたんですよ、それなりに。
けど以前に比べたらペース激減。
通勤時間って絶好の読書タイムだったんだなぁ。


「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)
(2014/02/28)
高橋 秀実

商品詳細を見る

■「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー(高橋秀実)

ドラマにもなった本です。
ドラマを見てないので
ホントにこれが原作なのかどうかわかりませんが…

自分が弱っているときに読んだ本。
けど、弱ってるひとでも勝てる方法が書いてあるわけではなかった。
いや、知ってた!
知ってて読んだ!!

草野球をしたことがないとかほんとですか?
フライをキャッチするにはこうするとか
頭がいい生徒たちなのでまず理屈で納得させなきゃいけないとか
独特な指導方法。

みんなのポジションの決め方がオモシロイ(笑)
そして理解できる。
そうだよね、そうやって消極的に決めるのもアリだよね。


旅猫リポート旅猫リポート
(2012/11/15)
有川 浩

商品詳細を見る

■旅猫リポート(有川浩)

猫はやっぱり視えるらしい。

って話です。
展開が察せられると読むのがツラくなる1冊。
けど面白かった。


ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)
(2013/09/28)
有川 浩

商品詳細を見る

■ヒアカムズサン(有川浩)

2種類の短編が収録。
タネは同じなんだけど展開も設定も違うから摩訶不思議。
私は最初の話のほうが好き。


神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話
(2012/11/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る

■神去なあなあ夜話(三浦しをん)

映画にもなった『神去なあなあ日常』の続編。
映画おもしろかった!
しをんさんの原作、映像化で成功すること多くていいな~。

前作読んだのだいぶ前だったので
すっかり忘れていて「そうだっけ?」と思うこと多数。
けど面白かった。


政と源政と源
(2013/08/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る

■政と源(三浦しをん)

大人の男性ふたりの友情物語…?

つうか、大人すぎるわい(笑)
アラ還(いやオーバーか)なふたりですから。

同じアラ還を登場させると
有川さんなら『三匹のおっさん』になり
しをんさんならこれになる。
そう思うと興味深い。
それぞれの個性がでますね。

しかし、つまみ簪の職人…渋いチョイスだ。


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12/18)
桜坂 洋

商品詳細を見る

■All You Need Is Kill(桜坂洋)

トム・クルーズ主演の映画の原作。

戦死するたび人生をやり直す主人公。
タイムトラベルというかループですな。
それから逃れるためにもがく主人公。
果たして脱出できるのか?!

これ、このまま映画にはしないんじゃないかな
って展開でした。
私は変えちゃうんだと予想しますがどうでしょう?


碧空の果てに (角川文庫)碧空の果てに (角川文庫)
(2014/02/25)
濱野 京子

商品詳細を見る

■碧空の果てに(濱野京子)

ファンタジー。
久しぶりにガッツリなファンタジーだったので
馴染むまで時間がかかった…

なんてことだ。こういうのも慣れがあるのか。


妖奇庵夜話  その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)
(2013/06/21)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る

■妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず(榎田ユウリ)

これ、おもしろいです。
妖怪の探偵さん※の話!
と飛びついてゾッとするハメに。
※正確には妖怪ではない。

ああ、ホラー扱いなのか。
こういうホラーですか。
いろいろビックリさせられました。


妖奇庵夜話  空蝉の少年 (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 空蝉の少年 (角川ホラー文庫)
(2013/07/25)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る

■妖琦庵夜話 空蝉の少年(榎田ユウリ)

マメがメインになった続編。

私は1作目のほうが楽しめましたけど
これはこれでおもしろかったです。


カブキブ!  1 (角川文庫)カブキブ! 1 (角川文庫)
(2013/08/24)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る

■カブキブ(榎田ユウリ)

歌舞伎好きの男子高校生。
部活で歌舞伎をやりたいと勧誘するところから開始。

いやはや、その発想はなかったわ!
いろいろ不可能では?

という杞憂を余所にガンガン突き進む主人公。
テンション上がる展開に読んでいて熱くなりました。
不安になりながら読みましたが
見事な青春小説に仕上がっていて大満足!


オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る

オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
(2010/12/03)
池井戸 潤

商品詳細を見る

■オレたちバブル入行組・オレたち花のバブル組(池井戸潤)

ドラマ『半沢直樹』の原作。
先にドラマを見てしまったのでキャストの顔がちらつく(笑)

あれ、お父さん死んでないのか。とか
ちょいちょいドラマとの違いに惑わされますが
どちらも面白いです。


首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲
(2014/01/31)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

■首折り男のための協奏曲(伊坂幸太郎)

泥棒の黒澤が出ると聞いて!

短編集でした。
黒澤と首折り男のW主人公な感じですね。

連作短編だと思ったら
そういうつもりで書かれたわけではないとあとがきにあってビックリ。
だからか。
いつもだったらもっとグイグイ来るはずなのに
パワーダウンしているように感じたのは…。



もっと読んだ気もするんですが
もう思い出せないので終了。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking