これが現代のホラーか:映画『白ゆき姫殺人事件』

試写会に当たって観てきました。
原作は未読。

おもしろかった!

これはネタバレしちゃいかん内容なので
ネタバレなしでちょこっと感想。

美人OLが山中で惨殺。
当然、男絡みの怨恨が元(偏見)だと思ったら
容疑者として浮上したのが女性同僚。
出るわ出るわ、容疑者の過去の疑わしい行い。
どれも噂レベルだけど
ここまで出そろうと限りなくクロに近く思える。
行方を晦ましたままの同僚は本当に犯人なのか?!


って感じの話。

しかし殺された美人より
容疑者の同僚のほうがどう考えても自分に近いので
同僚・城野美姫のほうに肩入れして観てしまう(笑)


あれだけクロっぽいと却って怪しくないようにも思えるし。
それを覆す要因を求めて観ていました。
ひっくりかえった方が面白いじゃないか!

話が噂だけで進行するので
いや、キミがそう言っても…と疑いつつ。

噂って怖いね~
マスコミとネットの恐ろしさを実感できる話でした。
実際にあり得そうなのがまた…

周囲のひとに事情を聴く形なので
同じ場面が繰り返されるんですが
語る人の主観でちょっとずつ異なるのがおもしろい。
やっぱみんな自分の都合のいいように記憶を変えているのが、ね。

そのあたりは『桐島、部活やめるってよ』に似ています。
けど、『白ゆき姫』のほうが主観が入りまくっているので
露骨に改竄されていてニヤリとします。

視点によって演技も変わっているのがスゴイ。
あの走り方…っ(笑)
走り方は要注意です!


けど、ああいうヒトいるよな~
と観終わった後しみじみ思いました。
ネタバレだから言えないけど。
「ああ~、いるいる!」と納得の結末でした。

原作小説の新刊がもうじき…?!

どうもお久しぶりです。
ついに広告出現させてしまいました。
が、しれっと更新。

まあ、なんのことはないんです。
五輪が終わって燃え尽きていました。
なのに
五輪の話をせずに『アルスラーン』の話。

マンガはひさしぶりに主人公が登場(笑)

いやあ、先月号まではギーヴの独壇場で
主役は誰ですかー?
な感じでしたが、ひっさしぶりに殿下登場。

ダリューンと剣の稽古
それを見たエラムがちょっと見直していたりしたので
原作より早く氷解することを期待。

ナルサスはナルサスでした(笑)
いいよね、あの人を食ったセリフ。

人を食った、と言えばギーヴ。
このひとも不遜さでは負けていません。
あんなに血なまぐさい場面なのに
どっか軽いのはこのひとの個性のおかげでしょう。

それに美形だ!

荒川さんの美形キャラって初めて見た気がする…
いや、いままでも
美しくカッコイイキャラはたくさん見てきましたが
ギーヴのような真っ向からの美形設定のキャラはいなかった
と思う。思いつかないだけかな?

ギーヴ、キレイ~。
それにカワイイ。
意外に丸顔なのが可愛らしい。

殿下がいないのは寂しかったですが
このギーヴがいるならまあ…と思わず許してしまいました。

早く殿下と合流するといい!
そしてファランギースも早く見たいぞ!


とかなんとかテンション高く読んでいたんですが
最後の最後のコメントですべてがふっとんだ!

原作小説の新作がまもなく読めそうですよ…っっ!!

あまりにも待たされるんで
この話は第一部で完結したのだ!
と自分を騙して目を逸らせてみたりもしましたが
読めるのならやっぱ読みたい。

これからイラスト描いてもらうのかな?
となると発売は…

ん? ちょっと待て。
どこから発行されるの?

角川文庫…は、もうナイか。
カッパノベルズも…もうナシ?
光文社文庫なの?
これって既刊追いついているの?

てゆーか、大きさがバラバラでヤなんですけど(苦笑)



あと、溜まったアフタヌーンを読み始めたついでに
同じく溜まりつつあった別マガも読んだんですが
この雑誌、サイクル早すぎやしませんかね?

毎月のように何かが
最終回を迎え、新連載が開始。
ようやく慣れてきたころに終了ってガックリするんですけど
こんなサイクルでいいんですか??

一番気に入っていた
不死身ラヴァーズ』まで終わってしまうとは…。

両想いになったとたんに消滅してしまう
運命の人・長谷部を追い求める甲野
いろんなバリエーションで出会い、別れを繰り返す。

どう考えても切ない話なのに
挫けない甲野のテンションにつられて
ぐいぐい進む物語は常にハイテンション。

恩田陸の『ライオンハート』とかそんなイメージで読むと
予想外で圧倒されます。

あらゆる設定を試すなか、ついにこのパターン(笑)

長谷部の男バージョンですよ!
これでこれまでとは違う結末になるのか?!
と期待が高まったところで…
あああああ~。

意外とまとまった終わり方でしたけど
もっと読みたかったなー。

しかもなんだよ“第一部完”て!
理解不能。
アンケートに答えれば防げたのか?
長谷部のターン読みたかったよ~。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking