テレビシリーズよりわかりやすい:劇場版マクロス

続編だと思って観てみたら…

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
(2007/12/21)
Windows

商品詳細を見る


劇場版 超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか

あれ? 続編じゃないぞ。
総集編、でもないな。

ミンメイヒカルが出会うところからやり直し?
しかも状況違う!
ミンメイがデビューしてからの出会いなの?

登場人物同じだけどちょっとずつ違うぞ。
柿崎マックスがヒカルの同期っぽくなってるし
先輩が絡み酒でウザい(笑)

えええ? どういうこと?? もう一つの展開ってこと? パラレル?

敵である巨人も違う言語を話している。
メカがよりメカっぽく
キャラクターはなんだかキラッキラしている。

巨人は女型と男型で戦っているのか。
キカン艦隊はなし?

うーん。これはテレビシリーズとは異なる展開なのか。
もうひとつのマクロスってことなのか。

と思ったら先輩死んじゃったよ。
そこは同じなのかー。がくり。

状況は違うけど同じ要素で構成されているようだ。
死亡するキャラは死亡するし
遭難するのも、人質になるのも
そしてキスの場面も織り込まれている。

違うのは地球がズタボロになっているってことか…

そんな地球にミサとヒカルが2人きりで調査!
放射能中和剤なんて便利なものがあるのか! 羨ましいぞ!!
ケンカしながら探検だ!
もっと歩み寄れよ、キミタチ…
でも、なんか楽しい(笑)
不味そうな魚を食べながら親睦を深めていくふたり…

これは…また期待していいの?
ミンメイ救済のための企画、とかいうオチじゃないの??

見はじめてからずーっと不安だったのだ。
これはミンメイハッピーエンドパターンなのではないか? と。

うんまあ、テレビシリーズでミサの幸せは見届けたから
劇場版ではミンメイにいい夢見てもらうのもアリなんですけど
やっぱりミサを贔屓してしまう。

こっちのミンメイは意外としっかりしている。
自力で巨人と交渉して立派だった。

でも立派なのはミサだって!

ミンメイとヒカルから逃げなかった!
真正面からぶつかったよ!
よくがんばった、ミサ!

そしてヒカルも逃げなかった!
やればできるじゃない、ヒカル!

うーむ。テレビシリーズよりコンパクトでわかりやすいぞ。
マクロスはこれだけ見ておけばOKなんじゃ…?
そう思うのはテレビシリーズを見て話を把握しているから?

さすがにこの映画の主題歌は知っていましたね。
あの歌詞がミサによるものだとは…
(正確にはミサが解読した古代の文章ですが)

ミサから渡された歌詞なら歌うのヤダとか言っちゃうミンメイは
さすがだと思いました(苦笑)
やっぱコドモだな、ミンメイ。

というわけで、劇場版でもミサのハッピーエンドでした!
 

最後まで見届けた!:マクロス 第28~最終話

ミサのハッピーエンドを見届けたので私のなかでは完結した!

が、本編はまだ続いている…
しかたない。見るか。
巨人とうまく共存できるのか気になるし。

これまでの感想はこちら 1~18話19~27話

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
(2012/05/25)
Windows

商品詳細を見る


超時空要塞マクロス 第28~最終話

2年後。
すっかり朽ちてしまっているマクロス。遺跡みたいになっている…
それだけ平和だってことですかね。
けどせっかくの設備を無駄にするのはどうなんだ?

それはさておき
当然、ミサヒカルはうまくやっているんだと思っていたら…

へっ?! なんも変わってない?!

あの迎えに行ったのはどういうことだったの??
地球に来たからついでに探す程度のノリだったの?
わからない。ヒカルの行動と気持ちがわからない~(悩)

部屋にミンメイのポスターとか貼ってるし!
未練がましくアルバム手元に置いてあるし!
どういうこった?!

一方、ミンメイサイド。
わかりやすく落ちぶれているカイフン。アル中とかベタすぎ(笑)
相変わらず頭でっかちなことを演説。
だけどオメーはなにやってんだ?
ミンメイの知名度を利用した金儲け。
だけど、世間はまだまだ配給生活真っ只中。お金が溜まるわけがない。
コンサートホールを建てるのが夢と言っていますが
まだそんな時期じゃないだろ!
相変わらず現実を見ないヤツ…

アル中カイフンに八つ当たりされまくりのミンメイ
さすがに愛想が尽きたようで
逃がした魚は大きかったとばかりにヒカルを思い出すとは…
ミサ、大変! やけぼっくいに火が付きそう!!

人間と共存するようになった巨人が
まさか巨人のままだとは思わなかった!
巨人と人間の最大の違いは男女がつがえるかどうかってことでしょ?
なら巨人のままではダメじゃん。
女型の巨人がいるならともかく。見た感じ、いないよね?

戦うことを目的に生きていた巨人
その闘争心を持て余す巨人が続出。それが反乱に繋がるってわけか。
オリンピックでもやって発散すればいいのに…

しかしこの巨人も哀れだよな。
50万年前にプロトカルチャーによって
戦闘要員として改造されたのが起源
でそれを知った巨人自ら
悪魔の人形」と言っちゃうなんて。

そんな起源は全く気にしないカムジン
2年間ナリを潜めていたのは平和が好きなわけではなく
機会を窺っていたのですか。
しかし人質とるとは堕ちるとこまで堕ちたな。

巨人の反乱の裏ではヒカルとミサとミンメイのラブバトルが勃発

てゆーかさ、ヒカル、ニブ過ぎじゃね?
33話でミサの気持ちに気づくのって酷過ぎないか?!

じゃあ
なんで部屋の掃除してくれてたと思うの?
なんで写真をくれたと思ってんの?

疲れる…こんなニブイ主人公、ヤだ(泣)

おまけに優柔不断。
自分からミサをデートに誘ったのに
それすっぽかしてミンメイに会いに行くってどうよ?!

そんなの破っちゃえばいいじゃない」って言うミンメイも酷過ぎる!

結局、連れ戻されてミンメイ強制送還だし。
なんだったんだ…

ヤケ酒煽ってる暇あったらさっさとミサんとこ行け、ヒカル!

そのあと車で向かったら飲酒運転では??
暴動に巻き込まれてさらに遅刻ってなんだこの展開。必要か??

やっとミサんとこ着いて使うのか、そのミンメイマフラー(驚)
なんて無神経なんだ!
うわー、イニシャル入ってるしー。ミンメイからの爆弾マフラーだ。

しかし本人にはそのつもりないようですが
やってることは二股…
優しさ、はき違えてはイカンですよ。

カイフンは何やってんのかつーと
ミンメイに仕事をさせようとしています。
が、「今日は歌いたくないんです」と逃亡されて無能ぶりをアピール。

挙句「君はいつも自分のことばかり」とミンメイに説教。
ミンメイも「あなたは口先だけなのね」とカイフンに言ったことがありますから
この二人はほんとにお互いのことを好きなのか大いに疑問。

ここで決裂した二人。
カイフンはすべてをほっぽって「旅に出る」ってさ。
無責任!

仕事を放りだして雲隠れしたミンメイ、ヒカルの元へ。
自分は歌をやめて、ヒカルに軍人やめさせて
いったいどうするつもりなんだ、ミンメイ。
2年前のほうが立派だったよ…

それに比べてミサの前向きなこと!

宇宙移民計画に賛同して出発を決意。
ヒカルへの告白とともに報告!
そう! そのくらいハッキリ言わないとヒカルには通じない!!

それでもミンメイを選ぶ可能性があった主人公にハラハラしました…
だって「ミンメイを支えられるのは俺だけだ」とかいう展開も
ありえたわけだから。
ムリだから。ヒカルとミンメイの組み合わせはグダグダになるだけだ。

行かないで
どうしてそんなにまで戦うの
避難するならあなたも一緒に」などなど
ウザさ炸裂のミンメイを振り切って、ミサを選んだヒカルに拍手!

よっしゃ!

最後にマクロスも動いてテンションは最高潮!!
そう来なくっちゃ!
ミンメイも歌をやめないってことでハッピーエンド。


ああ、まさかこんなに三角関係をひっぱるとは思わなかった。
いや、おかげで楽しめましたけど
戦いそっちのけの回もありましたからビックリですよ。

これって続編もあるんですよね?
歌舞伎役者が主人公の(笑)
これってミサが賛同した宇宙移民計画が上手くいった未来の話なのかな?
深夜に一度だけ見たことがありますが
あのときは意味が解らなくて撃沈。
だけど、今なら見られるかも!

しかし、お気に入りのキャラがみつからない珍しい話でした。
いつもなら誰かを気に入って
それ目当ての面もあって見続けるんですが、それがなかった。

なのに見続けられたのは
巨人の設定が気になったのと
三角関係が惹きつけられた原因かも。
うーむ。意外な…
 

全4巻だったのか:王子様と灰色の日々 4巻

この巻で完結するとは思っていなかったので
ビックリした。


王子様と灰色の日々 4巻 (山中ヒコ)

とにかく敦子がかわいいってことで読み終わった3巻まで。
4巻も引き続きかわいい敦子でした。
最後までかわいかった…っ!

そして予想通り腹黒かった
利用できるものはすべて利用する心意気。
でしたが
徹底できるほど腹黒ではなかった…

小心者だよな、遼って。

臆病だからこそいろいろ画策するんだろうな。
心細いから策によって引き留めようとして
相手にもっと大きな一歩を踏み出され追いつかなくなってしまうタイプだ。

しばりつけようとしたに完全に圧倒されて…(笑)

迎えに行けばいいのに
策を弄して敦子を自分のテリトリーに呼び寄せて告白。

いや、ハッピーエンドだからいいんですけど。
もっとカッコイイ告白もアリだと思うんだけどな。
まあ、そこらへんも遼らしいっちゃーらしいか。

敦子のほうがずっとかっこよかった!

自分を悪人にして乃木家をまとめたのには感服いたしました。
偉かったよ!
よく頑張った!!

置き手紙の
バイト代は以下まで振り込んでください
には笑った。
それでこそ敦子!

結局先に告白したのも敦子だしな。
遼へたれ~。
まあいい。敦子を幸せにしてくれたから。

なんだ遼のあのデレっぷりは?!

おかげで
この世で一番不幸なことはひとを好きになること」なんて
考えていた敦子が幸せそうに微笑んで…

でかした、遼!!


山中ヒコさんのマンガを読んだのは初めてだったけど
他のも面白いんじゃないだろうか??
と思わせてくれるまとめ方でした。

ミサとのフラグを大切に:マクロス 19~27話

なんじゃこりゃ、おもしろいぞ!

久々に寝食を忘れて貪るようにアニメを見ています。
そして元気いっぱいツッコんでます。
ツッコミ甲斐のあるお話は楽しいな。

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
(2012/05/25)
Windows

商品詳細を見る

超時空要塞マクロス 19~27話

申し訳ないがカイフンに魅力を感じないです。
ミンメイの従兄で憧れのお兄さん的存在なんですが
このひとのどこがいいのかわからない…

軍人嫌いで戦争嫌い。
それはわかるよ。けど闇雲に言うもんじゃないよ。
戦争やめろ」っていうだけなら簡単だよ。
けど、そういうだけで
どうやったらいいとか具体的な案なしで言いっ放しなのが無責任でイヤだ。

ヒカルたちだって好きで戦争してんじゃないよ!
護るために戦っているんだよ!
護られる立場で何言ってんだ!


しかし戦争反対発言がスパイの3人に伝わったから、まあいいか…

巨人にとって戦いとは生きる意味そのものだそう。
戦うことしか知らないで生きているそうな。
だから相手を殲滅するまで戦う。

そっかー、変だと思ったんだよね。
侵略するわけでもなく
支配するわけでもなく
ただ全滅させ続ける巨人の目的がわからなくて。
戦うことそのものが目的ではしょうがない。

それにしてもスパイ3人の馴染みっぷりが(笑)

料理して、ラジオ聞いて、ミンメイのファンになって
ディスコ楽しかったかー。よかったねー。
帰りたくなさそうな3人。
だよね、こっちの方が楽しいよね。

結局、帰るんですけどね。
ありゃ、誰にも気づかれなかったか。
マクロスの危機管理に疑問を感じる。

しかし、この3人が和平の使者に!
上官に報告したのとは別の報告を下級兵士に!
下級兵士を虜に!
投降希望兵士続出!
ミンメイ、本人が知らないとこでお手柄!!

投降すると言いながら攻撃したり町壊したりするのはどうなの…?
そっか、投降なんてしたことないから
どうしたらいいのかわからないのか。なら仕方なし。

亡命希望の巨人に関して軍議をひらく人類。
あ、なんか『進撃』のエレンの審議を思い出す…
そっか、エレンも全く信用されていなかったんだね。

ここでは暴力で躾けるひとはいないので(笑)
率直な意見を交わします。

頭の固い上層部に対して
実際に巨人と遭遇したミサ・ヒカル・マックス
つーか、このお偉方、どこから現れた?!

勝ち負けでない第3の生き方を理解させることができれば
戦争終結への道も拓ける
」というミサに対して
耳を貸さない上層部。
ちょっと! アホなの?!
和平の道を潰してどうやって終わらせる気なんだ??


結局ヒカルの意見翻意でミサに軍配。
だよね、そう来なくっちゃ!

そして巨人が血液・遺伝子ともに
人類と大差ない
ことが検査でわかりました。
ただ大きいだけなのか~。

ミサ、この亡命を地球の統合本部(この漢字?)に報告へ。
というか、説得のため派遣。

ええ?! ちょっと待って!
ここでマクロスを離れるってことは恋愛的に不利では?!

なかなか消えそうで消えない
ミサとヒカルのフラグに一喜一憂している私。
私はミンメイよりミサを応援するぞ!!
ヒカルにはミサのほうが合っていると思う。

恋愛と言えば
女型の巨人も小さくなってスパイ活動しているんですが
そのミリアの目的は自分を負かした相手を探すこと。
スパイまったくしていません(笑)

ミリアの探す相手は天才マックス。
このふたり…
出会ってからの展開が早すぎて目がテン!

出会った翌日には結婚を約束しています。

電光石火だな!
マックスすげえ。
刃物持って襲ってきた女を泣かせて「かわいい」ってSだね。

そしてその勢いのまま結婚式へ!

はあ?! 亡命受け入れも地球側の了解もらってないのに強行突破か!
マクロスの軍隊全面協力の元
生中継で。
ミンメイもお祝いに駆けつけ、類を見ないド派手な結婚式です。

それを見て“愛”について真面目に考えるオッサン巨人ふたり。
おお、ここまで読んでの行動か?! やるな艦長

しかし巨人サイドのキカン坊カムジンが急襲。
結婚式当日に華々しく散るのもいいだろう」と出陣する花婿花嫁。
え?! 散ったらダメだろう!!

女型の巨人のなかで凄腕だったミリアのアドバイスで
機械だけを壊す急所を狙うマックス。
そうだよねー、奥さんの同郷のひと殺したくないよね。

ミンメイの歌声のおかげで巨人サイドでも内乱が起こり停戦へ。

停戦の巨人サイドからの使者は参謀エキセドル
このひと、無邪気でカワイイな。
何見ても驚いて質問攻め。それも答えにくいものばかり(笑)

エキセドルの会見の場に
ミンメイとそのマネージャー・カイフンも同席。
ミンメイはともかくカイフンは…
案の定、否定的な演説を(うんざり)。
艦長がきっぱりシャットアウト! いいぞ!!

カイフンは「民間人」という立場を楯にとって卑怯だよな。
そういうお前は何をしているんだ?
どさくさ映画デビューか?
この戦争に反対ならさ、巨人を倒す映画に出たらダメでしょ。
そういうことは考えないの?

巨人サイドも一枚岩ではないので
“ブンカ”を恐れるキカン艦隊が攻めてくることに。
なんじゃ、キカン艦隊って?? 機関? 帰還? 期間?

キカン艦隊から見ると“ブンカ”に毒されたエキセドルたちも
敵になるようで一緒くたに滅ぼす気満々。

キカン艦隊と言う共通の敵を得て共闘することになった人類と巨人

しかし、ホンキ出したキカン艦隊は半端なかった。
地球のまわりにウジャウジャ出現。

覚悟を決めたヒカル、ミンメイに

好きだった。←お、過去形?!
カイフンさんとお幸せに。←え、死ぬ気なの?!

その告白を受けて
ヒカルのこと友達だとばかり…」「カイフンが好きなの」とミンメイ。

えええ? 考えたこともないの? ホント??
じゃあ、あのカイフンをヒカルと見間違えたのはなんだったの??
「私の彼はパイロット」って歌っているのに!
ただの歌だったのか…

しかもカイフンのこと好きなの?
ど・こ・を?!


私にはさっぱりわからないカイフンの魅力。
強いから? カンフー使いだから?

ミンメイのコンサートに合わせて戦闘
けど
歌で投降を促せるなら必要な演出。
そういうことなら歌っていただきましょう。

歌に、というか
文化に重要な意味があるので
このアイドルの存在は必然
でしたね。
なるほどねー。これは歌わないといけませんよ。

戦闘の最中、大気圏まで落ちちゃったヒカル
ミサを探しに地球へ!

おおお! フラグが…みごとに…

感動的な再会です。
やったー、ミサ、ハッピーエンドだ!!

かたや宇宙ではマクロスが決死のマクロスアタック。
つまり特攻?
やだー。地球も壊滅的状況でマクロスも全滅したら…
ヒカルとミサだけになっちゃうじゃん!!
あ、それはそれでいいか。…ダメか。

戦闘場面を目の前に歌い続けるミンメイの度胸に感心した。

敵は全滅、マクロスだけ生き残ったかー。

これは最終回の盛り上がりです。
三十数話あったと思ったのは勘違いだったか…


と思っていたら、予告?!

え、まだあるの?

美しい弟と可愛い兄:さよならソルシエ 1巻

『式の前日』がやたらめったら面白かった穂積さんの連載マンガ。

選んだ題材は
かの有名な画家ゴッホ
の、弟テオ

ゴッホとテオと言えば
もう終了して久しいテレビ番組『知ってるつもり?!』で
取り上げられたのを覚えています。


ゴッホというひとは生きている頃は全く売れなくて
ひたすら弟のテオに金の無心をして絵を描き続けていたという人生。
テオもどういうわけか
最後まで返済されることのない借金を許し続けていた献身的な弟でした。

なんでそんなことがわかるのかっていうと
手紙が残っているんですって。
弟へお金の催促をする手紙が。

番組内で「親愛なるテオ」で始まる手紙がいったい何通紹介されたのか…?
しまいには「親愛なるテオ」というフレーズを覚えてしまったほど。
言われるたびに番組を見ていた家族全員で
「また借金か、ゴッホ!」と呆れたものです。

それを今回、このマンガを読んで思い出しました。

なんの仕事をしているのか忘れましたが
テオはせっせと送金していたんですよね。
よほどイイ仕事をしているに違いない。


さよならソルシエ 1巻 (穂積)

「親愛なるテオ」ことテオドルス・ファン・ゴッホは画商でした。

そうでしたか…
それなら兄の絵を扱えばよかったのに。
扱っていたけど売れなかった、ということか…?
その謎は読んでいるうちにわかります。

テオ、顔はいいです。
私はまず表紙に惹かれ、ぺらりとめくった扉でオチた。
酷薄そうで、底の知れない雰囲気で
柔らかそうな髪の毛が実にいい。

美人です!

読んでいくとその知識の深さと観察眼の鋭さに驚きます。
まるでシャーロック・ホームズ。
共に働くひとからは「まるで魔法使い(ソルシエ)」とビビられています。

当時の絵画は特権階級のたしなみとして売られているものだったようで
画壇に認められないとなかなか売れない環境。
その画壇に並ぶには
認められるべきひと(保守派の画商)に認められなければ
その状況を打破できない悪循環。

ああ、だから兄の作品を紹介したくてもできなかったのか…
なんだそれ?! 新人はどうしたらいいのさ??

そこへ一石を投じるテオ。

いつの世も
体制は
内側から壊すほうが
面白い


うぎゃー! 好きっ!! とメロメロになった一言です。
これが口先だけならガッカリですよ。
テオは違います。
有言実行!!

それも破天荒な方法で!

一度は計画倒れに思えた企画を一気に成功させたテオの鮮やかな手腕!
その成功を疑いもしない兄の信頼!


やばい、こりゃ面白い。

絵を描くことに特化した天才フィンセント・ファン・ゴッホ
それ以外のことは不器用そうな人物に描かれています。
実際そうだったのかどうか?
それはどちらでもいいことです。
このマンガではそういうキャラ! それでいい。

テオとフィンセントの兄弟は幼いときから仲がいい。
よかったー。
『知ってるつもり』では
テオの心情描写はなかった(ような気がする)ので
テオが兄さんのことを好きだから援助しているのかどうか
不安だったのだ。

兄さん相手だと自然な笑顔を浮かべるテオがいい。
穂積さん、表情描くの上手だな。
特にテオの表情が美しい。

どうもこのテオは
兄さんの絵を世間に紹介するためにこの仕事を選んだようだ。
兄さんが百年愛される画家になると確信」したので
そのプロデュースをするために。

うっわ。なんという…

しかし、1巻のラストで
そんなに単純な思いではないってことが明らかに。

おおお、2巻が待ち遠しいぞ。

テオは複雑な男だよ。
そして単純でもある。
兄のことは愛しているけど憎んでもいる、そんな男。

弟のそんな気持ちには全く気付けない天才の兄

ゴッホって
死ぬまで売れなかったけど
死んですぐ人気が出たんだよな、たしか。
「なんでもっと早く売れなかったんだ~」と
『知ってるつもり』に向かって嘆いた記憶がある。

亡くなったのもかなり若いころだったはずなので
このマンガも凝縮されたお話になりそうだ。

巨人と戦う話だったのか?!:マクロス 1~18話

ガンダム好きならこれも楽しめるはず。

と言われていたんですが
戦争中にミスコンするっていう展開にどうしても納得できず
敬遠していた作品。

しかし、気にはなっていた。
そんなところにWOWOWが一挙放送をしてくれた!
とりあえず録画。

しかし録画したまま見ないで放置。
いい加減、見てみよう。
楽しめなかったら途中でやめて消去しよう。←酷い

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
(2012/05/25)
Windows

商品詳細を見る


超時空要塞マクロス 1~18話

ほう。どうやら宇宙人と戦うらしい。
舞台は西暦2009年。
え、もう超えちゃったね(笑)

マクロスはガンダムと同じ意味なのかと思ったら
ヤマトと同じ意味らしい。
タイトルよく見たら『要塞』って書いてあったな…

でも「巨大な脚に見えるよな」と思っていた要塞マクロス。
途中の話でトランスフォ―メーションしてやっぱ巨大ロボになった。

つーか、デカすぎ!
横のものを縦にしたら中メチャクチャじゃないか? ほらー。

マクロス内には避難住民がけっこうな人数いるので
もっと大事にしないと。
巨大な要塞であるマクロスに街を作るくらいの人数です。

ああ、ガンダムでも民間人収容して苦労する展開あったよね。
思い出すなー、苦労性のブライトさんが奮闘していた姿。

けど、宇宙人と戦うというとヤマトの方が近いのかな?
ヤマトはちゃんと見たことないのでよく知らないですが。
先日まで放送していた新しいのも見ていないし…
イスカンダルへ運命背負って今飛び立つってことくらいしか知らない。

しかし、しかしだな。
宇宙人と戦うのは意外ではない。
宇宙に出そうな話だからそりゃ宇宙人とも出会うでしょう。

その宇宙人が巨人だと知ったら俄然、興味が湧くってもんですよ!!

敵は巨人でしたよ。
だから戦闘機もロボに変形するのだ。

なんと! 巨大ロボの存在意義をこんなに明確した話だとは!!

巨人に対抗するには巨人になるしかないのだ。
それで思い出すのは『進撃の巨人』ですよ!
“ダイダロスアタック”は硬化させた拳をくりだすパンチでしたよ。

巨人側の事情が解りはじめる11話あたりから急激に面白くなります。

ミスマクロスの水着選考のようすを見てムラムラする巨人
あたりからすでにおもしろいですが
知能のある巨人を相手にするとこうもやりにくいものか! と。

戦闘する軍人のみで
男女別にくらし
子どもはいない
 らしい。

どうやって増えるのか謎。

なにせ男女別に生きているのでキスを見ただけで動揺するのだ(笑)
どんだけウブなのか?!

大きな宇宙人と対抗するために
自分たちを大きく改造して今に至るらしい。
小さくなることもできるらしい。

小さくなってマクロスに潜入してスパイする3人。
18話の時点ではまだバレていないぞ。
がんばれ!
間抜けなので心配になるのだ…敵なのに。

この話は軽いです。
主人公の一条輝とヒロインのリン・ミンメイに重さが無いせい?
出会いのやりとりから

輝:これ何に見えます?
ミンメイ:何ってやっぱり…
輝:あ、やっぱり?(笑)

って感じですよ。
初めて見たはずのロボを目の前に!
おまけに

輝:髪と命、どっちが大切なんです?
ミンメイ:……髪!
輝:やっぱり?(笑)

ですよ!
ヒロインに普通さを演出したらこうなった、ってことですかね?

その後も広いマクロス内で遭難とか
どこまで本気かわからない状況に陥るふたり…

なかなかラブラブにならんしね。
ヒロインはアイドルになっちゃって
恋愛禁止、な状況になってるってこともありますけど。

けど。
どうもこのふたりにはラブを感じられない。
あっけらかんとしすぎなのかな。

むしろミサと輝のほうがあり! だと思う私は邪道だろうか??

残念なことにミンメイの従兄カイフンが登場したので
ミサとのフラグは消えた、ような気配。
このカイフン、ミサの亡くなった思い人に似ているのだ。
だけど、完全には消えていないのか?!
期待していいのか? 私は期待するぞ!

18話というのは
フォッカー先輩が死んじゃったところで止まってます。

えー? 先輩、死ぬような流れだった??

初めて主要キャストが退場しました。
意外に重要なキャラは生き延びていたこの話。
そういうところも軽く感じる原因なのかな。

重さを出すためかどうか知りませんが
やたら艦長がネガティブ発言を繰り返すんですよね。

6話で「もはやこれまで」
7話で「無理だな」
11話で「やられたかな」

ちょっと、酷過ぎないか!
それを部下に聞かせるってのがまた許せん!
この艦長の下で働くのは御免蒙る!

ま、その分、主人公が能天気なんですが。

17話の夢オチ凄かった!!
夢なのは早々にわかるんですが
今までの絵を使ってまったく別の話にしたてたスタッフの遊び心!
楽しかった~。

主人公は優しいです。
リンメイを動揺させないように平静を装ったり
やけっぱちになったミサを助けたり
生身の巨人と目を合わせて攻撃できなかったり。
いい子だー。

このあたりで半分くらいかな。
これなら見届けられそうだな。
 

岸本脱ぎすぎ!:GANTZ 1~14巻

先日 映画『GANTZ』2作 を観て
原作も読まねばならぬと思っていたのを実行!

長いので、とりあえず14巻まで。

奥浩哉さんと言えば
私は『変』ひとだと認識していますが
これを読んだら『GANTZ』のひとになるんだろうか??



GANTZ 1~14巻 (奥浩哉)

あー、映画先に見たのは失敗だったなー。

これ、わけわかんないまま読んだ方が絶対オモシロイって!
映画を先に観ちゃうと変に知識があるから
「どうせ〇〇でしょ?」って思って集中できないよー。

もちろん変えてあるんだけど
その変えかたが変に原作を踏襲しているから気になって気になって…

でもそれも和泉登場まで!
和泉が登場してからは映画から離れていくのでちょっと楽しくなる。
いや、映画にも似たようなキャラは出てきたんだけど
映画以上だから!

異常だあのひと!!

異常すぎてついていけないんですが…
なんだあの新宿での大量虐殺。
コワい。

和泉登場あたりから、というか
加藤退場してから、かな?
主人公の玄野計も変化してくるのでそこも面白くなる要因。

クロノって玄野って書くんですね。
映画ではわからなかった。
ケイも計って書くのか。
時に関係する名前ってことなのかな?

この話は現実世界の描写が楽しくないんですよ。
え、楽しいですか?
私には楽しく感じられなかったんです。

すぐ暴力に訴えるのはどうかと思うし
なんかみんな仲良くないし楽しくなさそうだし。
凄惨なバトル展開の場面のほうがおもしろいんですよ。

ひとはどんどん死ぬし
どうして宇宙人を殺すのかとか
どうしてガンツにこんなことができるのかとか
わからないんですけど
チームワークっぽい感じになる、こともあるじゃないですか。

現実世界に魅力を感じないから
玄野が戦いに傾倒していくのかな
と思うわけですよ。

でもそれじゃあ
100点取って戦いから解放されるって目標は
目標にならないんでは?


と思っていたところに“彼女”の存在ですよ!

善良で普通の彼女。
乳と顔でしかオンナを判断していなかった玄野が初めてまともに…ッ!
彼女のために戻りたい、と考えるようになるんです。

いいじゃん、いいじゃん。こういうのいいな!

さらに14巻で衝撃の展開!!

映画ではいなかった(と思う)玄野の弟・アキラがまさかの参戦。
原作でも「そういやコマに描かれているな」って程度の扱いだった弟が。
予想もつかない理由で。

実は
善か悪か…自分がどっちなのか…
自分では神の側なんだろうなって感じてた
」なんて
イタイことを考えていた弟が!

兄と敵対する立場に?!

なんということだ…!
物凄く面白くなってきたぞ!!


黒服の宇宙人たちは人間の血液を必要とする事情があるんですな。
吸血鬼のモデルらしいですが。
んじゃ、ガンツは?
やっぱり、あの黒い球の存在理由は謎のままです。

最後まで読まなきゃなりませんな。
 

CDをレンタルする技を覚えた!

覚えた、というより
思い出した、が正しい。

コミックをレンタルできると気づいてからは
レンタル屋はマンガを借りるところだと認識するようになったMY脳。
DVDですら借りられることを失念する始末。
どんだけ忘れっぽいのか…

けど、CDコーナーの規模を縮小するお店が多いから
目につかないのも一因ですよね。
と、責任転嫁を試みる。
失敗か。失敗だな。

そうです。私が忘れていたのがいけないです。

数年ぶりにレンタルしたCDはこれ。

TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラックTVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック
(2013/06/28)
澤野弘之

商品詳細を見る

あるんじゃん! レンタルできるんじゃん!!

なんでもっと早く思いださなかったのか?!
イベントの前にレンタルして予習したかった!

まさに後の祭りな状態です。

1 attack ON titan
2 The Reluctant Heroes
3 eye-water
4 立body機motion
5 counter・attack-mankind
6 army⇒G♂
7 Vogel im Kafig
8 DOA
9 凸】♀】♂】←巨人
10 E・M・A
11 巨♀~9地区
12 Bauklotze
13 2chi城
14 XL-TT
15 Call your name
16 omake-pfadlib


妙なタイトルが多いですね。
パッと見、読めないのもちらほら。
けれど、歌詞カードにルビが振ってあるから大丈夫!

私は11曲目の“巨♀~9地区”がヒネリがきいていて好きだな。
このタイトルを目にしたとき漠然と

『第9地区』って映画あったよな~。
宇宙人のほうがまともで不可思議な印象の映画だった。
それにかけているんだろうか? え、どのように??


と思ったものですが
『第9地区』全く関係なかった!!

巨♀~9地区メガタノキョジンクチク

ああッ! なるほど!!
スッキリ!


PCで再生したんですけど
音が…軽い……
うーん。これはもったいない。

思い出したぞ、我が家にはもう何年も使っていないコンポがあることを。
数年ぶりにコンセントを入れる。
数年ぶりってあたりでもうヤバイ気配はビシバシ感じていたんですが
案の定ですよ。

壊れてらっしゃる…

ラジオは聞けそう。
チューニングしていないから砂嵐だったけど。
MD部分も反応なく
CD部分に至ってはトレイが開きもしない。

ああ、そうですか。そんな予感はしていましたよ。
んじゃ
2年くらい前には動いていたCDプレイヤーを再び引っ張り出すか。

Oh! こちらも壊れてらっしゃる!!

NO DISCって言われた。
いや、あるって!
あんたが気づいていないだけ!! このおバカ!!


あーどうしようかなー。
簡単なラジカセっぽいのでいいから買おうかなー。
けどさー、また音楽聞かなくなって
思い出した時には壊れてるってことを繰り返す気もするんだよねー。

音楽プレイヤーを買うか?

…持っていたよね、あれ、どこいった?
あ、壊れたんか。
それで捨てたのか? どこ探してもないってことは捨てたんだな。
取っといた気もするけど、捨てたような気もする。

うーむ。どうも相性が悪いのか?
やたら壊れているなぁ。

スマホはどうした? とお思いでしょうが
私はガラケー所有者です。
ガラケーがこの世から駆逐されるまで使い続ける所存。

まあ、買うことにしても、だ。
現在、財政破綻しているのでボーナス出てからだな。

何かを買うにしてもいくらくらいするんだろ?
そして転職後、初ボーナスはいかほどいただけるのだろ?

なんてことを考えた夜
ボーナスが3万円だったという夢を見た

3万円でも買えるよね?
と必死に計算していた自分に悲しくなって目が覚めた。

それでも買う気はあったのか(笑)

アクション俳優横山一敏さんが輝く舞台:TIGER & BUNNY THE LIVE

Attack 音 体感 のために遠征してきた友達がご宿泊。
DVD持参で。
曰く

買ったのはいいけど怖くて見られないから一緒に見よう!

……いったい何を持ってきたんだ? ホラー??
そんなのワタシだって見たくないぞ!


TIGER & BUNNY THE LIVE

別にホラーではなかった。
アニメ『TIGER & BUNNY』を舞台化したときの収録DVDでした。
千秋楽をライブビューイングで生中継していたようです。

私は舞台化したことすら知りませんでしたけど!

アニメは見ていたんですけどね。
たしか最終回まで見届けたはず…うろ覚えです。
が、問題なし!
オリジナルのお話でした。

これのどこを友達が恐れていたのかと言うと
主人公2人を演じるのがアニメで声をあてた声優さんだったこと。

なんだよそれ! 全っ然こわくないわ!!

友達の制止を振り切り、早速再生。
見るために持ってきたんでしょ?! さっさと見るべし!

長い前説から始まりました。
若手のヒーローふたりに扮した男女が
ケータイの電源を切ることやら
撮影禁止やら
通路には荷物を置かないようにやら
あたりまえ関係注意事項をこの舞台の設定を盛り込みながら説明。

どうやらブルーローズのライブを見に来た体のようです。
一種の劇中劇かな。

歌手の連続誘拐事件が起こっているので
ブルーローズを囮にとっ捕まえようという作戦も進行中。

そのブルーローズ(カリーナ・ライル)を演じるのは岡本玲さん。
フツウにドラマで見たことある女優さんじゃないですか!
どのドラマで見たのか忘れましたが
歌うたったり、ダンスしたり、アクションしたり
そういう姿ではなかった、はず。
意外でした。

問題の
鏑木・T・虎徹平田広明)とバーナビー・ブルックスJr森田成一)は…
おお、ちゃんと虎徹とバーナビーに見えるよ!!

私は全然問題ない。
友達も思ったより大丈夫だったようです。

声は本人ですからね、それだけでも高ポイントですよ。
しゃべり方も同じなので
呼吸というか間というか
会話のテンポも違和感ないのがいいですよね。

このふたりに限らず、全体的に再現度が高かった

ネイサン・シーモア/ファイアーエンブレム林野健志)も
ホァン・パオリン/ドラゴンキッド佃井皆美)も
アントニオ・ロペス横山一敏)も
イワン・カレリン高崎翔太)も
アニエス・ジュベール彩夏涼)も
鏑木楓荻野可鈴)も。

特にネイサンは、もはや本人(笑)
あの奇抜な衣装を着こなし、言動も完全にネイサン。
サイズも申し分ない。
ナイスキャスティングです!

ドラゴンキッドもアクションできるし
元気いっぱいの言動がイメージ通り。
ヒーローアカデミー教官大葉健二)のムチャ振りにも果敢に挑戦。
というか、ためらわないのが凄かった(笑)

しかし、私の興味を一身に受けたのはアントニオ・ロペス役の横山さん
新感線の舞台によく出演される方です。
強い敵役で大活躍なアクション俳優さん。
新感線ではありませんが
『八犬伝』の舞台 でその強さを目の当たりにしたばかりです。

そんな横山さんがヒーロー役で!
こんなこと滅多にないぞ!

で、アントニオ・ロペスってどの役だ?!(オイ)

牛角」という友達の的確な教え。
ああ! あの…ちょっと地味めのヒーローだ…
いや、いい! ヒーローには変わりはない。
し、横山さんのスタイルを活かすにはハマり役だ!

しかし前半はあまり活躍しない。
教官にちょっといじられるだけだ。

「ギューカク出せ! ギューカクを!!」と憤慨し続けることしばし。

後半に最大の見せ場が待っていました。
そっか、そのために前半はなりを潜めていたのですな。

コンビを組んだイワンと共に激しいアクションで魅せます。
きゃー! 劇場で観たかった!!

イワンもアクションできる役者さんで
このふたりだけ終始ヒーロースーツなしで戦っていました。
うん。生身で十分強いから必要なしだね!
いいコンビだ~。

虎徹とバーナビーは
アクション俳優さんがヒーロースーツを着用していました。
ワイルドタイガーに富永研司さん
バーナビーが新田健太さんでした。
あれで動けるのがすごい。かなり動きを制限されそうなスーツなのに。

残念だったのがケガで降板した役者さんがいたこと。
キース・グッドマン/スカイハイ役の永徳さんがゲネプロで
足を負傷したそうでスカイハイの時は高橋光さんが代役を務め
キースが不在に。

教官のフリーダムなコーナーにいなかったことが悔やまれる…
あのコーナー楽しかったなー。
教官役の方はかつて宇宙刑事ギャバ〇だったそうで
人気がありました。

ほかに舞台版オリジナルキャラで
ブライアン・ヴァイ長塚全)とバベル藤原習作)がいました。
が、このふたりに関してはネタバレになるのであまり言いません。

舞台セットは映像を多用して場面転換待ちの時間がゼロ!
素晴らしい!!

それどころか
敵のショッカー的なキャラも映像を使って神出鬼没に。
さらに
イワンの能力も映像でうまく表現。

え、この演出素晴らしすぎる!!

ワイヤーを使ったり
クッションを使ったり
映像を使ったり
あらゆるパターンで空中戦を表現するのが上手すぎる!!

これを踏まえて『進撃の巨人』の舞台化も不可能じゃないと妄想。

最大の難関、立体機動の問題は解決したぞ。
ワイヤーとクッションと映像を使いこなせばOK。

ネイサン役のひとをベルトルトに
ドラゴンキッドのひとをアニに(アルミン・ミカサでも可)
イワンのひとをエレンもしくはアルミン、なんならリヴァイに。

あとは横山さんにどうしても出てほしい。
ハマるキャラがいないのが問題だ。
…ライナーはどうだろう? さすがに無理か。うーむ。

妄想はさておき
この舞台、最後まで盛り上がりました。

主題歌を客席も巻き込んで
みんなで振り付きで歌いながら笑顔でエンディング。
みんなで仲良くかわいく踊っているのがいい!

ライヴュに向けてのまとめのコメントの後に
出演者も予期していなかったカーテンコールで再び主題歌。
予期していなかっただけに
振り付けのタイミングを間違えるひと続出(笑)
最後まで楽しいDVDでした。

特典映像に稽古風景や初日の舞台裏が収録されていました。
時間がなくて聞けなかったけど副音声も収録。
うむ。サービス満点だ。

TIGER & BUNNY THE LIVE [Blu-ray]TIGER & BUNNY THE LIVE [Blu-ray]
(2012/11/22)
平田広明、森田成一 他

商品詳細を見る

コニー天才説浮上:Attack 音 体感

2013年10月12日(土)は
『進撃の巨人』のイベントでした。

会場は横浜アリーナ。広い。
ここへ行くのは…野猿のライブ以来です。

行きは渋谷から東横線で行った方がちょっとだけ早いようなので
久しぶりの東横線です。
実際に行ってみてビックリです。
乗り換え口が変わっています。

そ、そうか…副都心線との相互乗り入れでホームが変わったんでしたね。

わかりにくくて利用者が混乱したってニュースになっていたのを見たなぁ。
まさか実際にわかりにくさを体験することになるとは。

遠いわ!
ホームがわかりにくいわ!
私は何番線に行けばいいのさ?


電車が来たら来たで

始発じゃない…っ!

と戦慄。
そうか、そういうことか。
もう何もかも変わってしまったのだね。
そこそこ長距離だから座りたかったのに。
まあ、いいけど。
乗り換えの回数が多くて大変なので帰りはJRで帰ろう。

そして新横浜駅に到着。
時刻は14時過ぎ。
イベント開始は19時なのに早すぎ。

ま、間違えたわけではない!
いっしょに参加する友人が14時過ぎの新幹線で到着するからだ!

合流してまずはパンフを買いたいという友人のために会場へ。
つーか、こんな半端な時間なのに
進撃ファンがちらほら見受けられるのが不思議。
どうやらグッズを買い求めるためのよう。
実際、売り場に到着するとすでに完売している品がいくつも。
うーむ。すごい。

無事にパンフをゲットした後はひたすら時間つぶし。
新横浜の駅前には文教堂があり
店頭で『進撃』の関連商品を販売していて準備万端でした。
CDがリピート再生されていてホイホイと吸い込まれるように店内へ。

2階はアニメイトと提携していて不思議空間でした。
ヴィレッジヴァンガードっぽいな。

そんな探検もしつつ
早めの夕食(だか遅めの昼食だか)を食べて
会場時間の18時になったので再び横浜アリーナへ。

なんだか行列ができてますが?
もう開場しているんですよね?

ぐるぐると横浜アリーナの外壁をとぐろまいて気が遠くなる。
こんなんで19時までに入場できるのだろうか??
なんで列が交差したりするんだ?
もはやどっちを目指しているのかわかりません!

なんとか時間までに入場でき、無事着席。
おお、満員じゃないですか?
スタンド席だったので会場がよく見渡せて絶景でした。
…舞台から遠い、とも言いますが(苦笑)


Attack 音 体感

声優さんが登場するイベントは
『夏目友人帳』を見に行った したのと
『おおきく振りかぶって』のイベントDVDで見て 以来。

今回は朗読がある、ということくらいしか事前にわかっていない状態。

どんな内容なんだろう?
メンバーが
エレン(梶裕貴)・ミカサ(石川由依)・アルミン(井上麻里奈
ジャン(谷山紀章)・サシャ(小林ゆう)・コニー(下野紘)ですよ。
掛け合い漫才のようなやりとりかな?
声優さんがいるんだから裏話とか聞けそうじゃない?

なんてことをイメージしていたんですが…

いきなり音楽と共に巨人登場!
それにリアル立体機動の実現です!

え、誰あれ??
声優さん??
こんなこともするんだ、大変~。

と思ったらアクション俳優さんだったようだ。
そうか、いくらなんでも声優さんはあんなことしないか…
大画面が思ったより大画面じゃなくてよくわからなかったんだよなー。
や、その前に顔見ても声優さんをよく知らないや(笑)

しかしワイヤーアクションで立体機動を見られるとは思いもしなかった!

すげえ、できるんだ。
これは『進撃』の舞台化も不可能ではない??

朗読は第57回壁外調査の出発前夜、という設定。
それぞれの独白から始まりました。
「なぜ自分は調査兵団を選んだんだ?」という自問自答です。

え、もしかしてシリアス?
超絶シリアスじゃないですか??


メンバー的にコントみたいなノリを期待していたのでビビる。

寝る…これは確実に寝るぞ。
CDドラマを5分で寝落ちする私にはハードルが高すぎるっ!

案の定、少々寝ました。すみません。
だって長いんだもん。
独白の部分をもう少し減らして
後半の6人のやりとりを増やしてほしかったよ。

でもサシャとコニーは食堂に残ってふたりで会話だったので
楽しかった!
このふたり、声優さん本人がサシャとコニーっぽいな(笑)

ここでのやりとりで衝撃のカミングアウト!

なんとコニー、筆記試験でたったの7点で8位という好成績獲得!
筆記の7点とは3教科の合計だというから恐れ入る。

訓練兵団の成績のつけ方に疑問を感じる。
そんなんだから成績上位者だけで組織されているはずの憲兵団が
ぐだぐだになるんだな。

筆記7点のコニーに総合順位に劣るサシャがショックを受けていた。
無理もない…

コニーはどんだけ実技に長けているのか。
コニーは「だから天才なんだって」と鼻高々。

え、そこ自慢するとこ?
そんなポジティブなコニーが好きだ。
でも補給所で巨人討伐失敗した、よね…?
ああ、あれは緊張からってこと? そうだよね、天才も緊張するよね。

このほぼ実技のみで8位にのし上がったことが事実なら
コニーの生存率、相当高いよね?
私はコニーの普通さを
この物語の癒しにしているので是非とも生き延びてほしい。

ジャンやアルミンは生き残ると思っているので心配していないんですが
(今月号読んでそうでもないのか? とちょっと心配になった)
コニーとサシャはビミョウだ。
ふたりとも好きなので、癒しなので、生き延びてほしい!

あ、この設定で朗読するんだったら
ぜひともアニの独白も聞いてみたかった!
第57回壁外調査の出発前夜なら女型の巨人出現前夜でもあるわけです。
いったいどういう決意だったのか気になります。
まだ原作でも語られていない部分だから無理なのでしょうが…

朗読の話しかしていませんが
実はこのイベント
音が主役でした!

Attack on titan にかけたダジャレだと思っていた
Attack 音 体感 というイベント名。
実は音を体感する、まんまなイベント名でした。

そういやチケットに
音楽:澤野弘之 って明記してあるんですよね。
そういうことか… とイベントが終わってから納得しました。

舞台上にオーケストラがいたんですよ。
指揮者(澤野氏?)もいたんですよ。
生演奏はいいですね!
迫力が全然違う。

つーか、CD聞いて予習しておくべきだった…

ま、あとの祭りですが。
アニメで使われていた曲なのでなじみがあるので大丈夫。
でも知っているのは使われていた部分だけなので
「? この曲なに??」ってこともたまにありました。
サビまできて「あ、この曲だったのか!」と気づいたり(笑)

音の洪水に合わせて光が乱舞!

照明に力が入っていました。
凄くキレイ。
これはスタンド席でよかったなーと思いました。
客席のペンライトの動きも揃っていて実に美しい。

それにいい曲ばかりだ!
どの曲もテンション上がる!!


オープニング・エンディング・挿入歌も
歌ってくれたし。

CD欲しくなりました。
が、イベント終了後の売り場に突進する気力はないので買いませんでした。

が、間違った方向に散財しました。
帰り道で買うつもりではなかった
別マガ11月号を文教堂で買ってしまいました。
友人待たせて。

だって続きが気になったんだよ。
エルヴィン大丈夫なんだろうか? と。
いや、エルヴィンはまだ大丈夫だと思ったんだけど
一応確認しておかないと。

まさか、ほかのひとが退場しているとは…
容赦ないな。
でもエレンが新しいスキルを得て新たな展開をしたので
またまたテンションがあがりました!

イベントの最後は声優さんと澤野さんによるご挨拶。

澤野さんの「アルミンちゃん、エレンちゃん、ジャンちゃん」から
なんだか自由なコメントの連続。

コニーの下野さんは
緊張していたので会場から反応があったことにホッとしたとのコメントで
まともだったんですが
隣のサシャ役の小林さんが気がついたら、なんか食ってる!

いつの間に?!

と周りの出演者驚愕。
え、打ち合わせナシ?!

このイベントに備えて朝「芋を茹でて」来たらしいですよ。
え? 「茹で」たの??

蒸かしたんじゃ…?

コニーからツッコミ!
サシャ、痛恨のミス!
そうだよね、サシャなら「蒸かした芋」であるべき(笑)
いい間違えるのもサシャらしくていい。

その後もジャンが
ジャン・キルシュタイン役の谷山紀章ジャン!
アルミンが
井上マリーナが横浜アリーナに来た~」と自由でした。

なんだなんだ?
イベントのシリアスさから解放された反動??

ミカサとエレンは真面目だった、と思う。
みんな二期があったら今回と同じメンバーで、と熱望していたので
ぜひ実現してほしいです。

ラストは会場全員で心臓を捧げて締めでした。


いやはや、予想外の音楽ライブでしたが
贅沢な時間を過ごせました。
生演奏は素晴らしい!

CD欲しい~。
え、改めて調べたら私が観ていたドラマの音楽担当しているの結構ある!

魔王・トライアングル・BOSS・マイガール
マークスの山・BOSS 2ndシーズン・マルモのおきて


ウソーっ!
BOSSにトライアングル?!
たしかに音楽で盛り上げていた…っ!

マイガールやマルモのような音楽も??
そうかー、『進撃』のようなドラマチックなものに限らないのね。
幅広い。

むしろアニメのほうが私が観ていたのは少ないかも。

戦国BASARA・青の祓魔師・進撃の巨人
あとは現在放送中の『キルラキル』。

映画はどういうわけかまだ観ていないものばかり。

陰日向に咲く・青の祓魔師(劇場版)・プラチナデータ

はそのうち観たいと思っていたので
ますます観たくなった!


TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラックTVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック
(2013/06/28)
澤野弘之

商品詳細を見る


もっと早く見れば良かった…っ:アニメ『進撃の巨人』

イベント『Attack 音 体感』を数日後に控えたある日
いいかげんアニメを見ないといけないと思いつつ
実写マイブームに押され、いっこうに実行できずにいました。

別マガ読んで「エルヴィン…!」となったり
ARIAに載った
ゴロツキ時代のリヴァイのマンガ『悔いなき選択』は読んだのにね。
しなくていいことはしている。

ARIAは、なにがどうよりページ数に驚いた。
12ページて…(呆然)
うん。表紙の【プロローグ】ってのを見たときヤな予感はしたよ。
でもまさか12ページだとは思わないじゃん。

立体起動装置って兵団でしか使えないものだと思っていたけど
そうじゃないらしい。
巷で使いこなしていたよゴロツキさん。
でも人に向けて発射させるのはダメだと思う。
あ、ゴロツキだからいいのか。

エルヴィンと出会った(すれ違った程度)ところで終了。
1月号から本格連載スタートだそうです。
なんだったんだ、このプロローグ…

ところでヴィジュアルノベルってなんなんだ?
読むとこ少なかったから宣伝ページを熟読してしまった(苦笑)

Blu-ray&DVD6巻の初回特典に
この『悔いなき選択』が収録されているらしい。
え、じゃあマンガ読むより早く内容がわかるんじゃ…

しかしヴィジュアルノベルの意味がまったくわからーん!

つまり絵本? と思ったら声がついているようだ。
それはアニメでは…?
え、ゲームって書いてある?? ゲームなの???
うーむ。よくわからんな。

だけど心惹かれるラインナップ!

リヴァイの外伝である『悔いなき選択』に加え
エレンとリヴァイの外伝『ぬばたまの夜の森に、あかあかと燃ゆる』と
アニ外伝『Wall Sina, Goodbye』があるらしい!
なにそれ! 見たい(見るものでいいんだよね?)っ!!

発売は12月18日!
値段は…載ってない!!
なんだよ! 調べろってか?!
調べた。Blu-rayは7875円だそうです。

アニの外伝にテンションが上がる。
眠り姫になってしまったアニが何を思っていたのか興味あります。

しかしそれ以上に興味深いのが
エレンとリヴァイの外伝、つまりリヴァイ班の外伝!!
私、リヴァイ班大好きなんです。
アニメの視聴がストップしたのは
リヴァイ班が退場してから、という実にわかりやすいタイミングでした。

彼らが仲良く楽しく過ごしているエピソードが
謎のヴィジュアルノベルに…!
見たいっ!!


しかしその前に普通のアニメを最後まで見るっ!

新番組『キルラキル』を見たら妙に集中して見られたので
今だ! と着手。
『キルラキル』の、あのコスチュームはどうかと思うが
ヒロインがヒーローでどうかと思うが
なんだか盛り上がりがすごかったので楽しく見られそうです。
実写ブームは去ったのだろうか…?


■アニメ 進撃の巨人 1~25話

あほだから時間ないのに1話から全部一気見。
ちゃんとCMカットして。
我ながらマメだな、と思いました。

第1話からエルヴィン出ているじゃん!
え、その巨人、猿の…??
第1話のエンディングが映画みたい…うっとり。

けっこう原作アレンジしていたんですね。
マルコジャンの会話のタイミングも違ったし。
いいアレンジです!

やっぱ動いているのがいい~。
あのスピード! 疾走感あふれる画面にくぎ付け。

ええ、見始めたらノンストップで見てしまいました。
おかげで翌日はへろへろ。
計画性なく変な時間に見始めたツケですな。

注目はリヴァイ班退場後。

そう。
私が視聴ストップしてからのアレンジが素晴らしかったのだ!
原作にはないエピソードがもりもり盛り込まれて
熱くなった!


22話はオリジナルのエピソードでした。

の、前に
リヴァイは本当に強いな~。
強いし、早いし、容赦ない!
「削ぐ」ってこういうことか。
人類最強の異名は伊達じゃない。

エルドの彼女、カワイイ!
オルオの家族、兄弟多い!
グンタの両親、穏やかで優しそう!

そうだよねー、半端ない戦死者だろうから全員回収は難しいよねー。
そして見過ごせなくて助けに行きたくなるよねー。
そしたら巨人も釣れた、と。

キモチはわかる。
が、あまりに浅慮。
けど、それを責めずに遺品を渡すリヴァイに泣けた。
このひとはこうやってすべてを受け入れているんだろうな~。
でも、さっき渡せばよかったのに、と思わずにいられない。

…遺体に関しては私、もっと酷いことを考えていました。
囮にして逃げる、と(猛省)
そっか、身軽にするためか。そっか。

だけどそのなかにペトラがいたのがツラかった。

それを踏まえてのペトラのお父様ですよ。
娘の手紙の報告をするのは原作通りですが
原作より複雑な心境に…
あああ~

調査兵団の危険を顧みない行動を見てきたので
憲兵団の平和ボケっぷりに唖然。
駐屯兵団より酷いな。
それじゃ市民と同レベル…

こうして見るとアニは104期の仲間に甘いなあ。
みんなあんまりありがたがってないけど(笑)
てことは、アニは巨人になってもかなりコントロールできてるんだな。

けど、容赦なく踏み抜いてエレンが大変なことに!
けど、そのおかげでアルミン・ジャン・ハンジに見せ場が!!

アニメのアルミンは愛されているなぁ、スタッフに。
かなりいい役になっているような気がする。
エレンはミカサよりアルミンの言うことを聞く場面が多かった。

ハンジ主導の作戦まで用意されているとはサービス満点!
まぁ、ぶっちぎられてしまうんですが
ハンジの狂気がみられてよかったです。
 
そしてジャン!!
アニメのジャンは原作を超えていると思います。
どんどん鋭くなって頼もしい!
アルミンの話し相手になってさらに上を行く発言までしてくれるとは!

バケモノになって巨人を駆逐したとしてそれは人類の勝利なのか

というジャンの問いはすごく重要。
アルミンの「人間性をも捨て去ることが必要」を超える提案だ。

アニだから攻撃することに躊躇うような優しいエレンが
その優しさを持ったまま人間性を捨てずに巨人を駆逐できるといいな
という話になるんだろうか?

それは今後の展開を見守るとして
今はエルヴィンです。

すべての責任をとる覚悟のエルヴィンは最強でした。
人類の勝利のため」に我が身を犠牲にする覚悟は
とうに決めているエルヴィン。
別マガのあの姿を見てしまうとこの態度も納得です。

それにしても巨人同士の街中での肉弾戦は凄まじい。

ウルトラマンて迷惑なヒーローだったのね…
なんて考えてしまいました。

なりふり構わずガシガシ壁を登る姿が憐れだった。
アニの事情がよくわからないから
もしかして…と思ってしまうんだよなぁ。
あの涙はなんだったんだ。

みんな見せ場があるのにリヴァイにだけ見せ場がないのは寂しい。
怪我しているからしかたないんだけど…

エレンを助けにくればいいのに。兵長。
いやまて、このあたりで壁の中身に気づくんじゃなかったか?


なんて考えていたら、どっからともなく飛んできた!
へっ?! ほんとに兵長が助けに来た!
願望が見せた妄想かと思いました(笑)

エレンを助けるまでが兵長の仕事です。

とでも思っているのか、この人は??
や、違うな。
さっき言っていた
(無駄死には)嫌いだ。するのもさせるのもな」の有言実行か。
この作戦で一番危なっかしいのはエレンだと判断したんですね。
いい読みです。

エルヴィンの
壁の中の巨人を追いつめましょう

すごくまとまった! 素晴らしい!! と喝采を送ったところで

壁の中身がっ!

これは当然、第二期ありますよね。
待ちますよ!


ところでCMカットしているときに見かけたんですが
12巻の限定盤には『イルゼの手帳』のアニメDVDがつくというCMが!

えええ?! なにそれ見たい!
一気にテンションが上がりました。

予約生産だから予約が必要?!
予約締切は10月4日?!
…過ぎてた。

あれ? まだ間に合う??

みんなカワイイ:ハイキュー 1~7巻

読むまではレスキュー関係の話だと思い込んでいたマンガ。

ハイキュー=排球

というわけでバレーボールマンガでした。
レスキュー関係なし!
ユニフォームのオレンジ色が勘違いを増長させたようだ(苦笑)




ハイキュー 1~7巻 (古舘春一)

すべてのキャラがカワイイマンガです。
前に6巻まで読んでいたので再読になるのですが
それでも「カワイイ~」とにやついて読んでしまいました。


◆1巻
直前まで“勝負”していたのに教頭のズラを吹っ飛ばして
仲良くやりとりするのがいいねー。
でもまだまだ仲が悪い日向と影山。
日向のほうはそうでもないんだけど影山が頑なで。オレサマだし。
さすが“王様”。
でも真っ直ぐな日向には敵わない。
「努力で全部なんとかなると思ったら大間違いなんだよ」という
月島には挫折の過去があるのかな?

◆2巻
“変人トス&スパイク”誕生。
そして“最強の囮”というフレーズが登場。
名付けられた日向の納得できない感が半端ない(笑)
初の練習試合対青葉城西戦。
試合に緊張してやらかした日向を励ます田中が輝く第2巻。
あっさり励まされる日向がカワイイ。
このふたり好きだな~。
大王様・及川初登場。
王様に「大」をつけただけなのに一気に漂う胡散臭さ。ナイスネーミング!

◆3巻
“守護神”西谷、本格登場。
「守護神」と「先輩」であっさり復帰するカワイイヤツ。
日向の「エースになりたい」発言にも
「いいぞいいぞ、なれなれ、エースなれ!」と肯定してくれる心意気。
影山のセッターもそうだけどリベロに誇りを持っているのがステキ。
日向の影山のマネ“ぺた”からの放り投げ&着地の流れが凄く好き。
コーチ鵜飼登場。
有無を言わせずガラスのハートの“エース”を呼び戻した勢いが(笑)

◆4巻
GW合宿での練習試合対音駒戦。
観察するひと孤爪に翻弄され、ついに犬岡に止められる日向。
けど折れないのがいいよね。
打開策も考えるし前向きで素晴らしい。
タイプの違うチーム同士の対戦。
けど試合が終わるとご歓談。
山本と分かり合えた田中
孤爪に話しかけられない影山
犬岡とフィーリングで語り合う日向
黒尾にあしらわれる月岡
音駒の1年生芝山に怯えられる旭
それを見て「親子」「誘拐犯」と言い合う大地
夜久に対して向上心を見せる西谷
先生・コーチも丁々発止
食えない者同士の主将に「怖いから」とツッコむ夜久・菅原
こういう交流があるのは凄く大事です。キャラを覚えるためにも。

◆5巻
全国大会で音駒と対戦することを目標に練習。
新たなコンビネーションやバックアタックを試したり
ふだん大人しいマネージャー潔子の思わぬ激励に涙しつつ県予選スタート。
1回戦は常波高校。
大地のかつてのチームメイトの所属する学校。
ここで大地の過去を持ってくるのか~。
同時に敗者の気持ちも語られる。なるほど。
2回戦は因縁の伊達工業。
4強の一角を相手に戦う前から飲まれ気味のみんなのテンションを上げる
ローリングサンダーアゲインが素晴らしい!
ホント恰好いいな、西谷は!

◆6巻
伊達工の青根好きだなー。
無口で職人気質なキャラはツボなんです。
しかしこの人、1年か…老けゴホゴホ。
俺はエースだけど、お前らはヒーローだな」で旭を好きになった!
3回戦は大王様率いる青葉城西。
したたかな大王様、得意のサーブで追いつめる。
けど、さすがの西谷!
「叩くなら折れるまで」のターゲットは田中。
けど、田中だってさすがですよ!
もー、このふたり大好きだ!!

◆7巻
実は烏野で一番強いかもしれない菅原。ついに出番です!
褒め殺しっ! いろんなやり方があるんだなー。
月島が! 活躍している…っ。
外から見ていたときの観察も生かしてアドバイス。
影山のセッターもおもしろいけど菅原のセッターも楽しいな。
そのあたりはコーチも認めてくれて「次」のことを考えてくれました。
やったー。そのためにもこの試合負けられない!
菅原の姿は影山にも影響が。
笑顔に努め(でもあれ失敗か?)、褒め言葉も(上司かといわれていたが)。
そしてハイタッチしたよ、影山が…!
はじめては田中の強引なの、2回目は日向と。
ついに月島も使うようになったし。
良かれと思ったことも相手によってはそうじゃないのね。
聞いてみないとわからないものだ。
月島に任せたらバリエーション増えて楽しかった!
対する大王様も
なんだかんだ言って努力のひとで、バレーを楽しんでいるから
憎めない。いや、憎む必要はまったくないんだが。
鼻血だしたり、鼻水出して泣いたり意外に熱い。
“コートの横幅めいっぱい”で追いついたところで7巻終了。


10月発売の8巻で青葉城西戦決着らしい。
待ち遠しいですね。
え、10月? 今月か! 早く読まねば!!

つか、展開早いな!
ひとつひとつのエピソードがコンパクトで素晴らしい~!

そして異名が的確でわかりやすい。
“小さな巨人”だって具体的にはどんなひとなのかわからないけど
イメージできるし日向が目指したい路線もわかる。
“最強の囮”も“囮”だけだったらビミョウですが
“最強”がつくとニュアンスが変わってきます。

7巻の後半、大王様より日向へ
“小さなケモノ”という新しい異名をいただきました。
これが通り名になるのか…? いや、ケモノはダメか…

それにしても
変人速攻・バケモノ速攻・超速攻・神業速攻…
これだけはいろんな呼び方が(笑)
なんだろ、どんどん増えていくんだろうか。

こえーよハスミン:悪の教典

原作は未読。
映画の『序章』のエピソードもありますが
いきなり映画を観ても大丈夫だと思います。

私は一応『序章』から見始めたんですが
いきなり海外にいるハスミンの話で
「? これ、知らなくても映画、楽しめるよね?」と中断して
いきなり映画を観ました。


悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション
(2013/05/24)
伊藤英明、二階堂ふみ 他

商品詳細を見る


悪の教典

なんかもー、理解できん。
私はサイコなひとの行動は理解できませんよ。

これは病気なんですかね?

幼いときからの性癖としか思えない。
復讐とか怒りのポイントがあっての行動でもなく
罪悪感もない
意味も理由もない、ように思える。
ただひたすら殺戮。

楽しいのか? 楽しいからやってんのか??

唯一テンションが上がったのが山田孝之先生によるドラム演奏!
セクハラ教師だったけど、ここは輝いていた!
そして芹沢な過去を持つ先生ですが真っ先に血祭りにあげられ
芹沢な活躍はナシ。
そらそうか。

仰天したのが林遣都演じる生徒の設定。
うーむ。なんということでしょう。
見せ場があってよかったですけど、うーむでした。

悪の教典 -序章- [DVD]悪の教典 -序章- [DVD]
(2012/10/19)
伊藤英明、中越典子 他

商品詳細を見る


序章

本編を観たあと見てみたんですが
こっちを観ると吹越満先生と校長のトンデモ設定がわかります。

なんなんすか。
この学校はどうなってんすか。

あとは映画ではわからなかった生徒の事情がわかったりします。

これは映画を観たあとに観たほうが楽しめるんじゃないかな?
時系列は映画のほうがあとですが
映画でみたあの人が実は…という視点で見れるので。
 

アーサー王が若い!:キャメロット~禁断の王城 全10話

先日、センチュリオンで盛大に躓いたワタクシ。
でも方向性は間違っていないはず。

今見たいのは西洋のコスプレモノ!!

と録画したリストをぐるぐる見回る。
ええい! 録画したまま見ていないものが多すぎるっ!!
とキレたりしつつ見つけたのがこれ。


キャメロット~禁断の王城~ DVD-BOXキャメロット~禁断の王城~ DVD-BOX
(2013/06/05)
ジェイミー・キャンベル・バウアー、エヴァ・グリーン 他

商品詳細を見る


キャメロット~禁断の王城 全10話

半年くらい前? に放送されていたイギリスのドラマ。
とっくに全話放送済。
めでたく一気見のはこびとなりました。

アーサー王の話はよく知らないのです。
アーサー王には円卓の騎士と呼ばれる騎士たち(何人か不明)が仕えていて
そのなかのひとり、ランスロットが
奥さんのグウィネヴィアと不倫関係になっちゃう
ってことくらいしか知りません。

あ、映画『キングアーサー』は観ました。
が、あんまり覚えていない…
雪が降っていたな~くらい。←なにそれひどい(笑)

さてさて、このドラマのアーサー王は若造です。
しかも
王の息子ということを知らずに庶民として生まれ育ってきました
って設定です。
おや、アルスラーンと同じですね。

王の死を機に後継ぎとして王城に呼び戻されます。
魔導師マーリンに。

マーリン、その名前は聞いたことがあります。
が、どんな人かはわかりません。
魔道の力でのし上がった人のようですが
あまりそれっぽいことはしません。
その事情は徐々にわかってきます。

呼ばれたから戻ったのに王城には
野心家なお姉さま
「私がいるのにあんたが後継ぎ?! 認めないわよ!!」と
のっけから不穏な空気。

このお姉さまが最初から最後まで盛り上げてくれます。

お姉さまのほうが魔道に堕ちていてやりたい放題なのです(笑)
顔変えるとか、なんでそんなことできるんですか?!

日本のドラマって
こんな感じに真面目に魔法を使える設定のドラマって見かけないよな~。
あー、陰陽師がそのポジションなのかな?
でもほかの人に変身というノリとは違うよなぁ。
ああ、そういうのはアニメ寄りの発想になってしまうのか?

まあ、それはさておき、アーサー王です。

とにかく若い。
私のアーサー王のイメージは
立派な王様として国を治めている出来上がっている状態なので
まさかこんな若いとは…

それも夢で逢った女性に心惹かれるオトメな一面も。

それが当然、グウィネヴィアだったわけですが
まさかの婚約者持ちの女性で
その婚約者がアーサーに仕える忠実な家臣。

アーサーのほうが横恋慕する展開!

あれま。ダメじゃんか!

その婚約者の名前はランスロットではありませんでした。
ほう、そこは変えてくるのか。
ランスロット以外の円卓の騎士で知っているのが
ガゥエインしかいないので他の人まで変えているかどうかがわからないのですが
アーサーの“兄”の存在は架空かしら? と思っています。

道ならぬ恋に悩み
狡猾な姉に利用され、騙されつつも
王の資質の片鱗を見せたり見せなかったり。

エクスカリバーってアーサー王絡みのエピソードだったんですね。

これもかなり変形していました。
滝のてっぺんに突き刺さった古めかしい剣が
誰にも抜くことができない伝説の剣でした。
それって場所が問題だったのでは…??
しかもサビサビで使えたもんじゃない。
単なる象徴でした。

んで“エクスカリバー”は女の子の名前でした…
ええ~?
でもこの子が嫁になるわけではないんだよなぁ。
なんだったんだ??

超イカレタ風習の村の問題を裁判で解決したり
魔法が跋扈している設定なのに
妙にリアルな話もあったりして不思議でした。

“初物”をいただくのは村長の権利って…
アーサー王の話にほんとにあるのか?
そういうエピソードが??

ラストは
やってくれたな! お姉さま!!
と最後まで盛り上げてくれたのがお姉さまで
お姉さまの印象ばかり残るドラマでした。

でも統治者としてはお姉さまはNGです。

王になることが目的で
どうして王になりたいのか
どんな王になりたいのかが欠如しているのがねー。
残念。

アーサーはなんとかいい王に
それも庶民の立場に立った王になろうとしているのがわかるから
応援したくなります。
若くてカワイイし(笑)

歴史モノだと思ったら復讐モノだった:映画『センチュリオン』

紀元117年を舞台にした歴史モノ『センチュリオン』

古代ローマ帝国が
ブリテンまで遠征した際の部隊が壊滅した史実に基づいているらしい。

…そんなことは知らずに見はじめたんですけど。


センチュリオン [DVD]センチュリオン [DVD]
(2011/01/28)
マイケル・ファスベンダー、ドミニク・ウェスト 他

商品詳細を見る


センチュリオン

なんつーか
『トロイ』とか『アレキサンダー』のつもりで見たら
『300』だったような衝撃…


攻め込むローマ軍に対し
“復讐”の炎を燃やすピクト人たちの執拗な追跡がメイン。
それはもう執拗に。

それも納得の理由もあるんですけど。

野蛮だ。
勝てば官軍とはいいますけど
それはそのままひっくり返されるってことを理解しておかないと。

そうまでされても撤退できないローマ軍のプライドが理解できない。

結局、被害を被るのは現場の兵士なんですよ。
指示を出す偉いひとたちには所詮、他人事。
かわいそうなのは兵士たち!

…こんな感想しか浮かばない~。

復讐モノはどうにもタイミングを外すとダメですね~。
いや、単なるバッドエンドではないので
よかったんですけどね。

途中、それなりにワクワクする展開にもなるし。

けど、人死に多すぎ!
 

2013年夏と秋アニメ

前期の夏アニメ、最後まで見届けたのは『銀の匙』だけでした…
そうか、そうきたか。

あとは録画して後半数話見ていない『進撃の巨人』。
『進撃』はいつの間にか溜めてしまっていました。なぜだ。
近々見ます。
ええ、イベントまでには。

今期はやたらチェックしていますが
どこまで見続けられるのか?!

 境界の彼方
なんかおもしろそうだったから。

 キルラキル KILL la KILL
中島かずきさんが脚本だ!
『グレンラガン』の監督だ!
楽しみ!!

 ぎんぎつね
原作未読。
妖怪絡みですよね? 見ておかねば。

 ダイヤのA
大好きな原作です。
楽しみでもあり不安でもあり…

 弱虫ペダル
こちらも大好きな原作。
同じく楽しみと不安が半々。

 ガンダムビルドファイターズ
これって私が期待しているガンダムと同じ系列?
なんか別っぽいんだけど一応チェック。

 pupa
怪物化した妹とその生き餌をなった兄が紡ぐ究極の兄妹愛!!
って聞いたら気になって気になって…
いつ開始なのか、どこで放送なのか謎なんですが。
とりあえずニコニコで配信されるそうな。
私はテレビで見たい。

第一話読めます 第一話


それと新しい仮面ライダーを見るつもりなので
日曜の午前中はとんでもないことに…

8:00~『仮面ライダー鎧武』
8:30~『ダイヤのA』
9:00~『トリコ』
9:30~『ワンピース』
10:00~は何もなく
10:30~BSで『ワンピース』
10:55~『H×H』

あはは。なんだこれ。
もっとも最近は
トリコは見ていないし
ワンピースもながら見だし
H×Hもほとんど見ていないんですけどね。
 

今期のドラマは中休みになりそうな…

まだまだ映画三昧の日々。
ですが、ぼちぼち新しいドラマも始まっています。

『半沢』『あまちゃん』で燃え尽きちゃったので
今期はそこまで楽しめるドラマに出会えるとは思えないなぁ。

と言いつつ見るんですけどね。

とりあえず『あまちゃん』の後番組『ごちそうさん』を毎朝見ています。
だって今まで見てたからなんか習慣になっちゃってさ。
いのっちの感想も楽しめるし。

今のところ、主人公の食欲魔人っぷりにドン引いてます(苦笑)

だって恐ろしいわ、あの意地汚さ。
和尚さんを騙してまで盗み食い。
別にお腹が空いているわけではないのに。

あと『ダンダリン』を見ます。
というか、今、見ていました。

え、なに? ラストで主人公死んじゃうの??
死ぬまで戦った主人公の話?!
…じゃなさそうだな、このテイストだと。

ブラック会社をぶっ飛ばす爽快なドラマを期待していたんですが
冒頭は法律第一に掲げて
相手の立場を考えたりできない主人公にがっかり。

勢いだけでブラック会社に乗り込んでケンカして終わり?
いや、そういうことは期待していない…

もっと調べてから動こうや。
その前に頼まれてから動いてくれ。
我慢している社員の立場も考えてくれ。


過去にも似たような失敗をしているようなのに
どうして失敗したのかわかっていないのか?

そうなんだよ。
行政指導が入っても全く気にしないのがブラックたるゆえんなんだよ。
へえ、逮捕できるんだ。

けど、これで解決だとはとても思えないな。

確かに建前は雇用主と労働者は対等な立場ですよ。
けど、ねぇ…

申請してない残業代あります、と申請した後
いっけいさんは大丈夫なんだろうか?
パワハラとかイジメに発展していないか心配です。
絶対居辛いと思うんだが…

それに経営者が逮捕された会社に依頼するひとが増えるとは思えないので
ますます営業がキツくなりそうなのも心配だ。
経営が悪化するとますますブラック化しそうなんだよなぁ。

と、かつてブラック会社に勤めていた私は心配になります。

まぁコメディなようなのでそんな真剣に見なくていいのか。
逮捕するときの
服装とか車の座り順を心配するくだりは好きなんですけどね。

しかし喫茶店で待ち合わせて
「すぐ出るからメニューは結構!」と断っていたのが非常に気になる。

そんなのあり?
注文しないでしばらく居すわっていたけど…


あとは『ドクターX』と『リーガルハイ』を見る予定。
ですが
どのドラマを最後まで見られるかは神のみぞ知る!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking