真の黒幕は…:映画『SHUFFULE』

亀治郎時代の猿之助さんが出演したという映画。

その存在を知ったのは 亀博 の物販でした。
DVDが発売していたのです。
あらすじを読んでみると
なにやらどんでん返しがありそうで面白そうだ。

それまでそんな映画が存在したことすら知らなかった…

不甲斐ない!
不甲斐ないぞ!!


シャッフル プレミアム・エディション [DVD]シャッフル プレミアム・エディション [DVD]
(2012/03/02)
金子ノブアキ、賀来賢人 他

商品詳細を見る

SHUFFULE

記憶喪失の男(金子ノブアキ)が過去の手がかりを得るために
呼び出された場所に行ってみると
4人の男(賀来賢人・鎌苅健太・ムロツヨシ・亀治郎)が待っていた。

ほぼ全編、この5人だけで進んでいきます。

どうやら1週間前の銀行強盗に関わっているようですが
なにせ主人公の記憶がないので
確かなことはなかなかわかりません。

しかも摩訶不思議なことに
間もなく「¥」が使えなくなる日本が舞台です。
3時の銀行が閉まる前までに新しい紙幣に換金しないと
強盗までして奪ったお金がただの紙くずになってしまうのだ。

しかし
奪った金のありかを知っている唯一の男の記憶がない
ということが徐々にわかってきます。

それだけではありません。
後半どんでん返しまくり!
怒涛のどんでん返しです!


随所にうかがえるオタクくささや
謎めいた声優の死や
それに関わる(?)5人の男という設定が
映画『キサラギ』を連想させます。

が、容赦ない展開が待っていました。

設定が作り物めいているので
どこまでホントなのか判断に困りましたが
どうやら本当らしい。
このあたり『溺れる魚』や『陽気なギャングが地球を回す』っぽいかな。

突き抜けた設定だったので
演じている役者さんたちが楽しそうでした。

特に亀治郎さん(笑)

最初はマッドなキャラで主導権を握っていたから独壇場。
変なキャラをイキイキと…

金子ノブアキさんをこんなにガッツリ観たのは初めてでしたが
記憶喪失キャラとハードボイルドキャラの切り替えがお見事でした。
私は記憶喪失キャラのほうが好きです。

主要人物5人って実にバランスがいい。
覚えられるし(笑)
二転三転する設定で広がりをみせるからいいなぁ。
 

町長になった半沢直樹:ドラマW『プラチナタウン』

好評のうちに終了したドラマ『半沢直樹』。
私も夢中になって見ましたが
世間的にも大好評で高視聴率だったようでなによりです。

今世紀1位の最高視聴率だったとか…!

まじすか。
確かに最終回のラストは

さ~あ、来週の『半沢』も楽しみだぞ~!

と、普通に考えるほどの勢いを持続したままでしたから。
なんじゃあのヒキ。
当然、続編来るだろう?!

と期待して待っております。
できれば映画ではなくドラマがいいです。毎週楽しみたいから!

ま、とりあえずは完結です。
しかしこのぽっかりと空いた胸の穴を埋めるようなドラマを見たいものだ。
なんぞないだろうか。

これはどうじゃろか? と選んだドラマがドンピシャ!

まるで半沢が町長になって帰ってきたかのような内容。
主演は堺さんではなく大泉洋さんですが
大泉さんも好きなので問題ないです!

プラチナタウン [Blu-ray]プラチナタウン [Blu-ray]
(2013/02/22)
大泉洋、檀れい 他

商品詳細を見る

プラチナタウン 全5話

原作は楡周平さんの同名小説。
ですが、私は未読。

WOWOWで制作されたドラマ。
渋くて良質なドラマが多いので期待したのですが
大当たり。

舞台は北海道。
登別から車で1時間ほどの場所にある緑原町(架空)。

巨額の負債を抱えた故郷のため勤めていた商社を辞め
町長になった主人公(大泉洋
裏表なくまっすぐに復興に努める姿は半沢に重なります。
しかも四面楚歌な状況を情と信念で打破していくのも同じ。

今回の敵は政治家だ!

自分の利益とメンツばかりを気にする奴らが相手です。
緑原という町を本当に思っているなら
負債が150億にまで膨れ上がることはなかったはずですが
未だ打開策は見いだせず無為無策のまま放置。

そこへ意気揚々と現れた新町長の
“老人向けテーマパーク計画”に一度は賛成しておきながら
「入札で」という言葉を聞いた途端、妨害開始。

自分たちが主導権を握れないからって…セコイっ!

しかし、町の人の町長への期待は高い。
そして地元の幼なじみたちの協力、元職場の同期・元彼女の力添えもあり
徐々に実現に向けて前進。

この幼なじみや同期の存在がいいんですよ。

公私ともに手伝ってくれる副町長(平山浩之
もはや自分の利益関係なく協力してくれる同期(田中直樹
夢に向けてともに歩んでくれる元彼女(壇れい

それに
ツンデレな経理担当?(マギー
まるで半沢のような過去を持つ部下(谷村美月
良くも悪くもわかりやすい役場のひとたちもよかった。

特に親身になってくれる同期が
『半沢』の近藤くんのような絆で素晴らしい!
自分の手を離れることになっても
このプランが実現されることを望む
、とほかの人に託す姿に感動。

それに引き替え
育てた部下に逃げられた形の元上司の心の狭さよ。

成功を妬んで妨害?

まあ、その反対理由を聞いたらみごとに弱点を突いていたのですが
それにしたってもっと歩み寄ってくれてもいいのに…


以下、盛大にネタバレしますのでご注意ください。


でも個人的にはネタバレしても問題なく楽しめると思います。


しかし、しかしですぞ。
かつてのライバル会社のコジマ(渡部篤郎)が手を差し伸べてくれるのだ!

実は同じ志を持っていたコジマ。
町長の理念に共感して自ら提携先として立候補してくれたのだ。
それも弱点を打開するアイデアも引っ提げて!!

実は渡部篤郎さん、好きなんです。
何年も前(20年くらい?)の日テレのドラマ『ストーカー』から
ずっと応援しているのだ。
初制作映画公開時には舞台挨拶にも行ったくらいだ。
割と癖のある役、っていうか悪いひとの役が多い渡部さんなので
今回はどうなの~? と思いながら見ていたら

なんと主人公に味方、それも助けてくれるヒーロー的ポジションですよ!

私のテンションうなぎ上り!!
好きな渡部さんが好きな大泉さんを助けてくれるなんて~!
やだもう、このドラマ超楽しいんですけどっ!!

とまあ、私の個人的な思い入れもありますが
このドラマ、おもしろいです。

故郷のために
既存の施設の再生
高齢者へのサービス提供
雇用を生み出し
税収アップ

そのすべてを盛り込んだ計画を妨害しようとする奴らに倍返しだ!

「倍返し」とは言いませんけど(このドラマは約1年前の放送)。
でも「倍返し」的展開が待っています。

そう来なくっちゃ! という展開で大変満足できます。

人には必ず役目がある:映画『GANTZ』

気温が下がり秋めいて参りました。
気温が下がった途端にまず突入したのが“睡眠の秋”。

今年の夏は暑かった。
ので
寝苦しい夜が続きました。
ので
開き直って夜更かし生活を送っていたのですが
それもついに限界。

やたら眠くなり10時11時に就寝、という
良い子の見本のような生活を数日。
それが終わった今“鑑賞の秋”に突入しております。

今は映画三昧です。
久しぶり!
こんなに映画を観ているのはいつ以来でしょう??

それも実写の波が来ております。

『半沢直樹』『あまちゃん』
この2つのドラマが面白かった影響でしょうか。

あと、舞台を観たのも影響してそう。
おもしろかったなー(うっとり)
『真田十勇士』も『陰陽師』も『ロミジュリ』も!

そこでチョイスしたのが『GANTZ』

いやいやいやいや。
なぜだ? おかしいでしょう。
どんな流れでそうなるのかさっぱりわかりませんが
今更ながらの『GANTZ』です。

原作は未読。
たぶん私、これ好きだろうな~と思いつつ未読。
映画公開時も観たら楽しめるんだろうな~と思いつつ観ないままでした。


GANTZ [DVD]GANTZ [DVD]
(2011/07/13)
二宮和也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る

GANTZ

え、まず死んじゃうの?
で、どこかの部屋に閉じ込められ、否応なしに戦いに赴く。

おやおや『僕らはみんな死んでいる♪』みたいな始まりだ。
“神様”的な存在“GANTZ”に
逆らえないままゲームに参加するところにデジャヴ。
ですが
「両想いになったら生き返れる」に比べたら
過酷だな、GANTZワールド。

ロクに説明もされずにまずネギ星人を退治。
憐れなネギ星人を殺すことに疑問を感じます。
なぜ殺さねばならぬのかわからないから余計に疑問。

しかし星人を殺すと得点が加算され
100点を超えると

1.ここでの記憶を奪われて生き返られる
2.好きな人間を生き返らせることができる


この二択を選ぶ権利を獲得できるとあっては
やる気にならざるを得ないのです。
うむ。よくできている…?
なんでこんなことが可能なのかは謎のままでしたが。

今まで通りの生活を送りながら
戦いのときが来ると召喚される参加者たち。

…うん? このいつでもどこでも転送される感じ、知っているなぁ。

あ、『ぼくらの』だ!!
あれも否応なしに戦わされる話だった。
負けると地球滅亡、勝ってもいいことがないというのは
もっと容赦がなかったですが。
追いつめられ感半端なかった!

とはいえ、みんながみんなやる気に満ちているわけではなく
人には必ず役目がある」を持論として就活に臨む主人公・ケイちゃんが
内定を取れない現実から目をそらすために戦いに熱中するのに対し
戦わない強さを実践しようとするカトウ

そのカトウが死んで
100点取ってカトウを生き返らせるぞ!
とケイちゃんが決意したところで前編終了。

え? とんでもないとこで終わった!!

ビックリしている暇もなく
どうも現実世界に復活しているらしいカトウの姿が映されて
あ、山田孝之! ってところでほんとに終了。


GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]
(2011/10/14)
二宮和也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る

GANTZ PERFECT ANSWER

前編を踏まえて観ているとその変容に驚かされます。

GANTZに理があるんだと思っていたのに
どうやらそうでもないらしい、と徐々にわかっていく展開です。

こりゃ、面白い!

星人側にも言い分はあったのです。
星人にしてみると
平和に人知れず地球に溶け込んで過ごしていたのに
突然攻撃を受けてご立腹。


反撃開始なのです。

いかん。私、星人のほうに肩入れしているぞ。
だってGANTZ無口なんだもん。
事情を教えてくれないんだもん。

星人の言い分を信じると
平和主義な星人を不当に攻撃しているようにしか思えないんだもん。


しかも星人サイドに知っているひとが。
綾野剛くんがっ! しかも長髪っ!!

アヤノ星人(こんな名前ではなかったが)は強かった。
平和主義かと思った星人だけど
復讐という大義名分の前には大量殺戮も辞さない覚悟で
バンバン殺します。
こええ…民間人を巻き込むのはやめてください…

注目の山田孝之さんは
当然、共に戦うものだと思っていたら
基本、戦わない!

マジでか! 芹沢の戦闘スキルを取り込めたら百人力なのに!

と別の映画のキャラと混同してみたり(苦笑)
いや、芹沢級の強さが発動したら主役変わってしまいますな…
地下鉄で発砲した場面はカッコよかったです。

この人は調査する人でした。
GANTZの謎と星人の対立をどこまで理解しているのか
やたら踏み込んできます。
もしやこの人、MIB的な組織のひと??
宇宙人を保護しようとしているひと?

やっぱり星人はいい宇宙人なのか?!

でも行方不明者が普通に生活していたら
それは行方不明ではないので調査対象にならないと思うのですが
このあたりはどうなんだ~と思いながら観ていました。

GANTZの狙いは本当にわからん。

“卒業生”を呼び戻したのまでは面白かった。
けど呼び戻した後が不発だよなぁ。
仲たがいさせただけじゃね?
チームワーク乱してどうする~。

タエちゃんを狙わせたのもなんか…不発っぽい。

あれがあったからケイちゃんがあの選択をしたんだとわかっていますが
けどあの場合
いずれ電池が切れることにはかわりはないので
ケイちゃんは満足な結末でも
GANTZとしては不満なのではないだろうか??

あと、強くなったケイちゃんをもっと見たかった。

登場人物の口から「強い」と言われていたけど
実際に見たのは
アヤノ星人に苦戦しているのと
カトウ星人に苦戦しているのだから
ホントに? と疑ってしまう。

いや、前編に比べたら確かに強かったさ。
けど
もっと楽々勝利している姿も見てみたかったな、と。

そういう場面があれば
苦戦を強いられるアヤノ星人の強さがより引き立つし
それに勝利するケイちゃんたちの強さも際立つと思うのですが。

前編では銃メインだったのに
後編では剣メインになっていて「??」だったし。

銃のほうが楽じゃない?
剣のほうがかっこいいけどさ。
あ、だからか?

これ、どこまで原作通りなんだろか?
後半は別物になっている気がする。
きっとGANTZの背景も語られていることでしょう。

これを機に原作読んでみようかな…
と調べたら
まさかの30巻超え
で、まだ完結していないようだ…予想以上の長編!
もうちょっと考えてみる。


しかし、最近容赦なく仲間が死ぬマンガに接していたので
案外、テンポ遅いな…なんて思ってしまった。
本当は「ぎゃーひと死にすぎ!」と慄くべきなんでしょうね。

『進撃の巨人』とか『テラフォーマーズ』

あと私はヒロインに興味を持てなかったようだ。
あまり印象にない…あれー?
意外にマンガ上手いな!! ってことくらいだ覚えているのは。

あと弟に萌えるカトウに妙な気分になった…
なんじゃあのシーン。
なんのサービスかと(笑)

困ったときの少年バット:妄想代理人 全13話

先月、お声をかけていただいたのに
時すでに遅しでチケットを取り逃した今敏さんのアニメ。

追悼企画で代表作を映画館で一気上映。
それもオールナイトで!
ゲストも迎えて裏話も披露しちゃうぞ!


って企画ですよ。
なんだかおもしろそうじゃないですか。

ま、行けなかったんですけどね。

その上映ラインナップには
なかったはずの『妄想代理人』を選ぶのがわけがわかりませんが。


妄想代理人 全13話

正直、どこまでついていけたのかわからないのですが…
なんだか転がるように変化していく物語でした。

てっきり少年バットの存在を追い求める展開になるんだと。
そういう側面もありましたが
私の予想とはかなり違いました。

早々に逮捕されたのにはビックリ。

つか、実在しているのか?!
妄想の産物だと思っていたのに…

このあたりも仕掛けがあったんですが
素直に見ていたのでホントにビックリした。

それに伴いどんどん軽くなる少年バットの存在に笑った。
なんでもかんでも少年バットのせいにすんなよ(笑)

『ETC』の回は最初から最後まで笑いっぱなし。
はあ? それって少年バット関係なくね? って笑い。
でも私はああいう無意味な井戸端会議に参加するのはごめんですけどね!
あれ、イジメだよなあ。
感じ悪い~。

それにしても変な人が多い話でした。

ていうか登場人物みんな変な人だったような…?
病んでる人ばかりでしたよ。
くたびれた。

いろいろ変化が多かった登場人物たちでしたが
一番変化が多かったのは真庭さんでしょうか。
あのひと、単なるマニアックじゃなかったのか。

つまりあのひとの回想だったってこと?

いや、その前にどこまでが妄想なのかよくわからなかった、ぞ。

よくわからないことばかりでしたが
一気に見られるくらい面白かったです。
でもやっぱり「よくわからない」が一番にくる感想だったり(苦笑)


妄想代理人 BOX 【初回限定生産版】 [Blu-ray]妄想代理人 BOX 【初回限定生産版】 [Blu-ray]
(2011/08/24)
能登麻美子、飯塚昭三 他

商品詳細を見る

親知らずを抜いたせいで…?

奥歯の親知らずが虫歯になったので抜歯を敢行!
行く先々の歯医者さんに

あー、この親知らず変な生え方してるから虫歯になりやすいよ~
でもまだ大丈夫だから今抜かなくてもいいか~


と言われ続けいた親知らず。
ついに虫歯になったのでめでたく(?)抜歯の運びとなりました。

というのが、およそ1年半前
仕事が忙しくなり歯医者に通うのが不可能になり
放置が続いた結果
4時間にもおよぶ大手術(??)になりました…

虫歯は放置しちゃいかーん!!

実感しました。
ふつうならスポンと抜ける歯も
虫歯が進むと柔くなってボロボロと崩れてしまうので
引っかけて抜くことができず時間がかかってしまったのです。

なにがどうというより…ものすごく疲れました。

いや、私も疲れましたが
こんな厄介な歯を抜くことになった先生も疲れたでしょう。

4時間の内訳は半分以上が待ち時間でした。
だって、私だけにかかりきりになるわけにはいきませんからね。
あまりにも待たされて途中うとうとしたり
麻酔が切れたりしました…

もうこんなことは無いようにしたいものです。
虫歯で死ぬこともあるというし放置だめ絶対!

や、今後は大丈夫なはずです。
だって歯医者に通えなくなった原因のブラック会社から転職して
今は違う会社にいますから。

そして抜歯を終えた夜。
すでに先行発売で参加を決めている友人から
『進撃の巨人』のイベントの一般発売が翌日だとリークがあり

いや、そう言われても10時半に歯医者の予約いれちゃったし…

麻酔が切れて痛みはじめたころにネットで検索。
ああ、確かに21日0時発売開始のようですね。

ン? 0時開始?!
真夜中発売なの?!
午前10時発売開始じゃないの??
つかあと2分後?!

迷う時間もない状態で発売開始です。

え、え、え。
買うべき?
これはイベントへ進撃せよという巨人のお告げ??

試しにポチポチしてみたら
あれ? 買えそう??
あっさり商品紹介&枚数選択の画面になり
浮かれて購入ページに進もうとしたら

混み合ってます の画面に!

なんだよぅ! ぬか喜びさせて~!!
これがやる気に火をつけました。
ムキーっ! とエキサイトしながらポチポチ押しまくり。

あとで思い出したことですが
抜歯が終了したあと先生から

今夜は運動やお酒を控えて血圧をあげないように過ごしてください

と言われていたのでした。
指と目線しか動かしていないけど確実に血圧が上がっている気がします。
大丈夫なのか?!

ポチポチの無間地獄からは約20分後に解放されました。
よかった…

あれ? 予定外の散財をしているけど大丈夫なのか?
送料込みで7500円+当日の交通費。
もー、壁博に続いて『進撃』関係でまた突発散財しちゃったよ。
こんな意志薄弱でいいんだろうか…

そんなわけで10月12日、数年ぶりの横浜アリーナに見参です。
会場がすごいよな~。
横浜アリーナっすよ。広いっ!

…ところでイベントでは何をするんだ?
誰がでるんだ?
CDとかDVDとか全く買ってないけど大丈夫なんだろうか??


とりあえず当日までに録画したアニメを全部見ておきたいと思います。
いつの間にか溜まっていた…
何してたんだ?
あ、予習か。『陰陽師』と『ロミジュリ』の。
どっちも舞台観終わったから予習は終了したな。
録画観られるな、うん。

翌朝、消毒のために再び歯医者へ。
経過良好らしいです。一安心。
そしてそのまま、おでかけ(オイ)!

ちょっと腫れていたのと
長時間に及ぶ力技の弊害で唇の端が切れていたので
マスク着用。

や、だってパッと見DV被害者っぽいんですよ(笑)
唇が切れていなければそうでもないんですが
あのカサブタがトドメをさしている。

最高気温30度の予報だったのでマスクは暑苦しかったんですけど
隠すために耐えましたっ。
悪目立ちすることには変わりはありませんでしたが。

もっとつらかったのが行ったら北海道展開催されていて
数々の美味いもんを目の前に我慢せざるをえなかったこと。

今回の親知らずはあまりにも奥に生えていたため
あごの関節にも近くて
その影響であごが開かなくなっているのです。

おかげでとんだおちょぼ口で食事をする羽目に…

ご飯と味噌汁、おかず1品を食べるのに30分以上かかるとは
どんだけお上品な食事風景なのか?!

まず大きいものが食べられない。
固いものも食べにくい。
柔らかいもの、小さいものしか食べられないのだ。
麺類ならすするから楽かな? と思いきや、すすると痛いし(苦笑)

あごも開かないんですが
切れた唇がまた痛くてねー。
こっちのほうが重症かも。
バカ笑いようとしても「イテテ」となるので。

腫れのほうもまだ腫れているので明日も休みで本当によかったと実感。
押すと痛い。
でも普通にしていればそうでもない。
昨日は歩いてもその振動で痛んだりしましたが
今日はそんなことないので確実によくなっています。
結局痛み止めは1錠しか飲んでないな。

抜歯そのものより、その後のほうが大変。

寝ているときも
仰向けよりうつぶせのほうが楽なようで気がつくとうつぶせている。
んで、どうもちゃんと口を閉じられていないようで
気がつくとヨダレが…あ~あ。

台風が去った後のトークショー:ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

先日の台風は凄かったですね。
こんな日は出かけないに限る! と、いつもならひきこもるんですが
今回ばかりは出かけないといけません。

だって舞台『ロミオ&ジュリエット』のチケットを持っているんだもん!
しかもこの日は主要キャストによるアフタートークショーがある!!

這ってでも行かねばならぬのです。
いや、いくらなんでも這ってはいませんが…

けど結局、傘はつかわなかったです。
風は強かったですが
雨はあがっているころの行動になったので助かりました。

でもまあ、電車は遅れまくりでしたが。
渋谷まで1時間かかるとは…休日で良かったよ。
平日で仕事終わりの行動だったら悲劇でした。

というわけで数日前の9月16日の話です。
すぐにネタにすればいいのに…
時間が空いてしまったためにだいぶ忘れています。
とりあえずアフタートークショーの話から。

もちろん私のあやふやな記憶がモトなので
ねつ造や勘違いなどあるかと思われますので鵜呑みにしてはいけません…



この日のトークショーは6名の大所帯。

ロミオ:城田優
ベンヴォーリオ:尾上松也平方元基
ティボルト:加藤和樹
マーキューシオ:東山光明水田航生

なんとお休みだった平方さんと水田さんは
トークショーのためだけに駆けつけてくれたそうです。

しかも衣装も着用。
でもフル装備ではなかったようで
「なんか足りない」とツッコまれていました(笑)

登場時の立ち位置は下手から
水田・東山・加藤・城田・松也・平方の順番。

TBSのアナウンサーの進行でした。


この舞台でお客様に注目してほしいところは?

城田:(こういうのは答えにくいといいながら)
加藤くんのティボルトがカッコいいので注目してほしい。
  (くるりと隣の加藤を見て)今もメイクがばっちり決まって…

加藤:…ティボルトが退場してからラストまで時間があるのでその間に直します。
   僕は2幕の乱闘シーンは力入れているのでそこを。
東山:松也くんのダンス(身振り付きで力説)
水田:加藤くんと同じく乱闘シーン。
平方:僕も松也くんのダンス。
松也:ちょっとオレ、どんだけ人気なの?!
  (ダンスが話題になったのを受けて)実は今日、ちょっと振りを間違えました。

アナウンサー:それは共演者のみなさまにはバレて…?
松也:楽屋に帰ったらみんなからツッコまれました!


休日はなにをして過ごしますか?

…すみません。この質問は松也さんの答えしか覚えていません(苦笑)

松也:明日の休演日は歌舞伎座の夜の部に行きます。
   先輩の『陰陽師』を…パイセンの『陰陽師』

城田:いまなんで言い直した? 言い直したらダメでしょう(笑)

ってのしか覚えてないのです…
どうやら17日に松也さんが観劇したらしい。
この舞台がなければ松也さんも参加していた可能性もある『陰陽師』
そりゃあ気になりますよね!

あとは「みんなで飲みに行く」とか
「掃除」とか
「翌日に響くような無茶をするひとはいません!」とか
そんなことが話題になりました。


で、おそらくこのあたりで
ほかの日のトークショーで話題になったという
加藤さんによるマーキューシオの持ち歌披露の場に!

ああ、そうか。
その前に
この舞台でほかの役をやるとしたら?」みたいな質問があった、かも。
でも誰の答えも覚えていないのでスルー。
ぎゃー、忘れすぎ!! さっさとネタにすればよかった~。


それはさておき、一番楽しかった場面です。

本物のマーキューシオをバックに従えて
加藤マーキューシオが歌い
その傍らでは
城田ロミオとふたりのベンヴォーリオがブッツケでダンス。

「ノープラン!」と言いながらも楽しそうに相談する3人がかわいかった。

しかし恐るべきは加藤さん。
自分の役じゃないのに歌詞も振りも覚えてらっしゃる…
迷うことなく歌って踊っていました。
どんだけこの歌、好きなの…(笑)

ただ、大人なティボルトを演じたひとですよ。
賑やかなムードメーカー・マーキューシオとはちと路線が違う。
きっかけのセリフ付きで歌い始めたんですが
そのセリフに凄味が出て
言われたロミオが思わず「コワッ」っと漏らした気持ちもわかる。
確かに妙な迫力がありました。

チーム・マーキューシオとチーム・ロミオ&ベンヴォーリオが
常に上手と下手にわかれるから
どっちを観たらいいのか迷いました。

というか、加藤さんの動きに合わせてマーキューシオたちが移動して
それを見て
慌ててバタバタと反対側に移動するロミオ&ベンヴォーリオたちという図で
それを見ている私の視線も右往左往。

どっちも見たいのに、両方視界に入れることは不可能というジレンマ!

これ、DVDにならんのだろうか?
つか、この『ロミジュリ』のDVDは発売しないんだろうか??
欲しいな~。
発売してくれたら買うよ!
映像特典でアフタートークショーを入れてくれれば完璧!

愉快なコーナーが終わった後は最後の質問。


 千秋楽までにやりたいことは?

この質問もうろ覚え…
「キャスト・スタッフ全員で飲みに行きたい」とか
「掃除」とか(またか! どんだけキレイ好きなの(笑))
出た後で
急に振られた松也さんが「オッ!」と変な声をあげたのが印象に…

ここでの立ち位置は
水田・東山・加藤・城田・平方・松也 で
水田→東山→加藤と回ってきていたので
自分は最後だと油断していたところにご指名を受けてビックリした模様。
だけど答えは…

松也:キャストを入れ替えて上演。男女の区別なく入れ替えてそれを演出したい。

と、なにそれ見たい! と思わせる回答。
でもそれ千秋楽までに実現は…不可能だよね?
けど、いつか実現されるかもしれないと思ったりして。
歌舞伎でできないかね『ロミジュリ』は?

そのあとに指名された平方さんが
「こんなオモシロイ答えのあとに何を言えば」と困っていた。
あれ? このひとか? 「掃除」って言ってたの??

城田:千秋楽でみんなで“世界の王”を踊りたい。

“世界の王”とはこの舞台で一番盛り上がる曲です。
私はこの曲が一番好きです!

その曲での振付を客席でも踊ってほしい、というロミオ様。
この日来ていたお客様は楽日のチケットも押さえている方が多くて
それを知ったロミオ様に火が付きました。

じゃあ、今、やってみようか!

と。
突然、ロミオ様による“世界の王”振付講座が始まりました。
もちろん参加します!
楽日には来られませんけど、それでもやるんです!!


一通り教わった後、仕上げに曲に合わせて。

おおう、曲がかかると早くてついていけぬ。
楽日にいらっしゃる方は練習していった方がいいですよ。
周囲が急に踊り始めて慌てることのないように。


楽しかった~。
ほんと、この日にして良かった!
台風で諦めたりしなくて良かった!

あ、私の記憶が偏っているのは仕方ありません。
だって歌舞伎好きだし!
この日も城田ロミオはもちろん
松也ベンヴォーリオの日を大前提に選んでいますから!!

結果、大正解!!

ベンヴォーリオはいい役だった!!
最初から最後までいる役だった!!

そして見ている私の気持ちはまるで身内!
ウチのかわいい子は新しい学校でうまくやれているのかしら?
という祖母のような気持ちで見守っていました(笑)

アフタートークで思いのほか溶け込んでいて安心しました。
みんなにいじられて愛されているのがわかりました。
仲の良さそうなカンパニーでみんな楽しそう。

あ、DVD発売の折には楽屋裏でのみんなのやりとりもあると嬉しいな~。
ま、DVD発売するかどうかビミョウですが…
するんだったら、ロビーで先行予約受け付けてそうなのに
やってなかったからな~。
期待薄かなぁ。

博雅はよい漢だ:新作歌舞伎 陰陽師

先日 予習をした新作歌舞伎『陰陽師』 を観てまいりました。

けっこう変えていました。
そしてわかりやすくなっていました。

これ、予習しなくても十分楽しめたと思う…

ま、単に読みたかったら読んだんですけど。


新開場記念 新作歌舞伎 陰陽師(おんみょうじ) 滝夜叉姫

観劇:2013年9月14日
会場:歌舞伎座

今回はテーマ曲をCDにして販売する力の入れよう。
冒頭、さっそくその曲がかかります。
…でも幕が開きません。
想像以上に待たされます。びっくりしました。

幕が開くとさっそく安倍晴明染五郎)と源博雅勘九郎)が登場!
原作にあった百鬼夜行に遇うんですが

え、博雅といっしょ?!
つか、大人のときに?!


更にそこで滝夜叉姫菊之助)とも逢っちゃうんですよ。

え、もう?!
つか、博雅とフラグが立っていませんか??


と、こんな感じでのっけから度肝を抜かれました。
それに物語が時系列になって展開するので
原作よりわかりやすい。

第1幕は平将門海老蔵)と
朝廷側の平貞盛市蔵)や小野好古團蔵)との戦いがメイン。

俵藤太松緑)の冒険も描かれます。
ここは前半最大の山場です(え?)
巨大ムカデが見事に舞台に再現されています(笑)
大蛇の精新悟)に感謝されて黄金丸ゲット。

第1幕が一番派手だったかな~。
立ち回り多いし。
あまりにも陰陽師関係ない展開で、第1幕終わった瞬間

晴明でてこないなー

と口にしてしまいました。
いやだって、ほんとに出番少なかったんだよ。

けど第2幕からはたっぷりと。
博雅とのやりとりもたっぷりと。
このふたりがじゃらじゃらしてくれないと『陰陽師』ぽくない(笑)

原作ではあくまでも対等なふたりですが
今回はどうなのかな? と気になりましたが…これが
意外なことに対等。

映画の萬斎さんと伊藤くん
ドラマのゴロちゃんと哲太に続いて観た
歌舞伎の染さんと勘九郎さんのコンビは
今までで一番好きかも。
いや、ほかのコンビもそれはそれで好きですけど。

ああ、あと原作が違いましたが
三上博史さんと保坂尚輝さんのコンビのドラマもありましたね。
けど! このドラマのポイントは
ピチピチ時代の山田孝之さんを視れたことだ!!

…脱線した。もとに戻す。

博雅をからかうのはそれが標準なんで当然なんですが
今回の晴明さんは博雅に甘えます。

笛を吹く博雅の背後でキツネとジャレてみたり
(博雅がまったく気がつかなかったのが博雅らしくてステキだった)
巻き込まれるけどいいのか? とクドいくらい確認したり。
あの確認は原作の

「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。


を変形させて取り入れたんだと解釈しているので嬉しかった。

キツネは大活躍でクライマックスでも登場。
わらわらと出てきたときは何事かと…
あれがああなるとは…(呆然)

今回、染さんの立ち回りがなかったのは残念でしたが
魑魅魍魎たちがわんさか出てきたのでヨシとする!
終始、照明が暗かったのでその全貌は明らかにならないのですが
不気味ながらどっか愛嬌がある黒い奴らでした。

それにしても原作にあった
ロマンス部分が全カットされていたのには驚いた。

桔梗の前七之助)と藤太
滝夜叉姫と平維時亀寿
どちらもなかったことになっていて寂しいことこの上ない。

雲居寺浄蔵権十郎)も原作ほどの重要性はなかったなぁ。
賀茂保憲亀三郎)の猫又に乗って登場もなくて残念至極。
興世王愛之助)は…まあ、やりたいことやっていました(笑)

蘆屋道満亀蔵)は面白かったですねー。
原作でもおかしなポジションなんですが
歌舞伎でも自由でした。

ラストの博雅の突然の告白(どうしてそれを今言うのか謎なのだ)
それに対する晴明のデレた対応に
微妙な空気になった会場

え、どうすんだこの空気?!

と思ったところに
道満のツッコミ(というかボヤキ)が炸裂して救われました。

花道のすっぽんに階段があるってことを教えてくれたのも道満でした。
とんとん降りて行ってビックリした。
巨大てふてふが登場した時もビックリ。
常にてふてふと一緒に登場する道満。
黒衣大活躍。

陰陽師なので立ち回りはなかったんですが(何度でもいう)
スモークもくもくたいたり
ボワッと眩しい炎が燃え上がったり
パシッと閃光炸裂したり
派手な演出が多かったのが嬉しかった。

あと晴明と博雅が仲良かったので大満足。
博雅の善良さがすべてを救う展開も良かった。
彼がいたから大団円!
博雅は得難い資質を持っているな! と改めて実感です。

予想通りだけどどうなっちゃうの?!:あめのちはれ 7巻

1~3巻の感想 しか残っていませんが
読み続けております。

このマンガは読んでいると
ついニヤニヤしてしまいます。
慌てて真顔に戻しますが気がつくとニヤニヤしている…




あめのちはれ 7巻 (びっけ)

春ちゃんの過去が小出しにされていたので
予想通りの仕掛けでした。

が、北条先輩が動いたおかげでどうなるのかわからなくなりました!

葉月のままなのか
月子になるのか。
北条兄妹に翻弄される主人公…

そして主人公に翻弄されそうなトーマ
このひとの場合は…マコになるってこと?
でもこのひとは女の子として葉月を好きなわけではない、ような気がする。
気のせいか??
葉月が月子になったらトーマのまま?
でも月子が好きなわけではないよね?
うーむ。

ま、トーマのことはおいといて、主人公ですよ!

私は寮長が好きなので寮長を選んでほしいんですけど
それは難しいんだろうか??
明日美ちゃんもいい子で好きなんだけど寮長のほうが好きなんだよなー。

それに寮長といっしょにいる月子がかわいくてしかたないのだ。
月子になればいいのに!!

あと、寮長は気づきそうだと思うんだけど
寮を出てしまうのが今後どう展開するのか気になるところ。
ぜひとも気づいて
ぐいぐい物語の中枢に入り込んでしまえばいいのに!

ひさしぶりに予習をしたぞ:陰陽師 滝夜叉姫

新作歌舞伎の原作でございます。
あれ? そもそも小説の感想が久しぶりですね。
読んではいるんですけどね。感想サボってました(笑)

夢枕センセの陰陽師は…
最初の1・2冊を読んで以来。

あとは岡野玲子さんのマンガと
萬斎さんの映画。

マンガとは全然違うな!
こんな話なかったと思うんですが…
映画は踏襲しているのかな?
あんまり覚えていないのですが(苦笑)

ドラマでも晴明さんの話はいくつか見ていますが
あれは夢枕センセの原作なんだろうか??




陰陽師 滝夜叉姫 上下巻 (夢枕獏)

陰陽師・安倍晴明なんですよね。
改めて読んでみると陰陽師ってアクションないんですよ…

どーすんの、染さん?!

けど、映画で萬斎さんの晴明さんは結構動いていたから
その路線を期待したい!!
せっかく染さんなのに立ち回りないのはさみしいからな。

しかし歌舞伎になることを前提に読んでいるせいか
この話は歌舞伎に向いていると思いました。

登場人物多いし
歌舞伎でおなじみのキャラも多いし
実は…的展開があるし
とにかく派手!

牛車をひっぱるくらいの大蜘蛛やら
動き回る首なし死体とか
実は…的展開のある五頭の蛇が出てきますよ~。
どうするんだろうか?

あと変顔虫、どうするんだろう?
これは欠かせないですよね。
うひひ。楽しみ!

意外なことに滝夜叉姫がけなげでかわいかった!

幸せになれ!
と念じながら読んでしまった。
意外なことになったな…

原作では対等な立場の晴明と博雅ですが
今回の配役では晴明さんのほうが上って感じになりそうだな。

ま、それはそれでアリ!

どんな感じになっているかは明日、確認できます!
明日の夜の部、歌舞伎座に見参です!!

いや~、予習、ギリギリだったな…
図書館で借りたんだけど、同じことを考えた人がいたようで
貸出中で取り寄せに時間がかかったんですよ。
間に合ってよかった。

満足度の高い舞台:真田十勇士

1月にも同じ題材で舞台がありますが
『真田十勇士』、流行ってんでしょうか??
ま、1月のほうも観に行く予定なんですけどね!

とはいえ、この舞台を観に行った時点で私の『真田十勇士』の知識は…

十勇士っていうくらいだから十人いるんだよね?
それに幸村さんは含まれるの?
忍者とかそんな感じだっけ?
たしか秀吉サイドについた人だよね?
じゃあ、悲劇??


こんな感じでした。
が、問題なし!
全部、作中で教えてもらいました!!

ついでに言うと出演者もよくわからない状態で観ました(酷過ぎる…)
ええ、上川さん主演だからチケットとりました。


真田十勇士

観劇:2013年9月8日
会場:ACTシアター
演出:宮田慶子
脚本:中島かずき

十勇士に幸村は含まれませんでした。
真田幸村上川隆也)に仕える十人の勇士でした。

最初は十人揃っていなくて
猿飛佐助柳下大)と由利鎌之助松田賢二)は物語の最中に仲間に。
この佐助がヒロイン・ハナ倉科カナ)と恋仲に…

あれ? 主演は上川さんのはずなのに!
しかし年齢差を考えるとそのほうがしっくりきます。
なにもかも主演を中心に据える必要もないわけですし。

しかしこの佐助が行動派で豊臣秀頼相馬圭祐)の寝所に忍び込んで
淀の方賀来千香子)が激怒して
主君の幸村の立場を危うくさせたりして

コラー! 何がしたいんだキミは?!

と思わずぶん殴りたくなる衝動に駆られます。
いや、それは言いすぎか。
でも迷惑行為が過ぎますぞ。

幸村じゃなければとっくに命を落としているところだ。
よかったな、頭の回転のいい話のわかる主君で。

対する淀の方が
ヒステリックで聞く耳持たない
典型的なダメ上司だから余計に幸村のありがたみが増します。

ああいうのがいるから女性の管理職が増えないんだよ…
とボヤキたくなるキャラでしたから。
ああ、ワタシ淀の方好きなんだけどなー。
まあ、この話ではこんなキャラってことで納得します。

おまけに秀頼も世間を知らない狭量な残念主君でガッカリ。
ワタシ、秀頼に関して「実は切れ者説」を支持していますので
逆らった瞬間に劇変した態度には残念無念。
ま、ラストには淀の方と共に株をあげたからヨシとます。

頭が良すぎるせいで達観して行動を起こさない、と解釈するアレ。

しかし、この残念な二人についている幸村への不信感が
十勇士の一部に湧き上がります。
根津甚八粟根まこと)と穴山小介玉置玲央)が
コソコソ愚痴っています。
あらまあ、粟根さん、またしても裏切りキャラへの布石ですか?

でも私もなんで豊臣側についているんだ?? と疑問だった。
それは物語の半ばで明らかに。

幸村の父の遺言「豊臣の血を守り抜け」の言葉があったからでした。

はあはあ、なるほど。
ここまで言われると先の展開を予想できる私は
間違いなく中島かずきFANだと実感しました(にやり)

中島さんですから
ヒロインをただの飯屋の看板娘に留めておいたりはしません。
花風という別の顔も用意されていました!
いいじゃん! 花風のほうが断然いきいきしてるよ倉科さん!

十勇士のほかのメンバーは
幸村の息子・真田大助渡部秀
盛り上げ役の望月六郎植本潤
大きさに個性ありすぎの三好清海入道小林正寛)・伊佐入道佐藤銀平)兄弟
可憐な容姿の筧十蔵三津谷亮
頭脳労働担当・霧隠才蔵葛山信吾

ぬかった…六郎役が植本潤さんだったとは…っ!
観ている間全く気付かなかった~!
なんか声に聞き覚えあるなあとは思ったんだよ~。
『アテルイ』のフルベ様でしたかっ!

この舞台はシンプルで坂を多用した素敵な構造でした。
あのお寺の雰囲気とか
坂を利用した立ち回りは素晴らしかった。

思わぬ身軽さを随所に見せてくれた佐助役の柳下大さん。
ナニモノ?! と調べたら『タンブリング』に出てらっしゃる。
そっかー、だから身体能力高いんだ。
すばらしい!!

時代考証を無視した一輪車を駆使した立ち回りを見せてくれた
筧十蔵役の三津谷亮さん。
舞台で一輪車! しかも安土桃山時代で!!
登場した時は会場がざわめきました。そして大喜び!
いやー、意外で面白かった!!
一輪車もちゃんと木製でまた楽しい。

この一幕目での立ち回りでは主役もかすむインパクト。
それぞれに見せ場があって実に楽しかった。

二幕目では悲劇しか見えないなかで
希望に向かって
徳川家康里見浩太朗)と服部半蔵山口馬木也)を相手に
大博打。

才蔵さんの見せ場です。
ここに至るまでにも要所要所でお役立ちでしたがここでガツンと。
幸村の「死んでもらう」はここへの布石だったのか!
ごめん。あそこでキレた幸村さんに

ちっさいオトコだな!

と思っちゃいました。
間者を警戒しての一芝居だったんですね!
まさに奇策!

そして主要キャラそれぞれに見せ場のある大立ち回り。
幸村をイヂメていた
大野修理亮治長小須田康人)・大野治房俊藤光利)親子にまで
見せ場が用意されているのがニクイ。

もちろん十勇士にもありましたよ。
順番に倒れていくさまはさながら『十三人の刺客』のよう…
なぜか粟根さんの根津甚八の最期が一番悲しかった。
ほんとなぜだ? 謎。

もちろん最大の見せ場は主役の幸村さんの立ち回りです。
第一幕はこのために控えめにしたのか?! つーくらいたっぷりと!
ギャー、燃える!!

悲劇なのにガーッと盛り上げてくれるので実に充実しています。

幸村が倒れたあとは大御所様のお言葉で締め。
…?
え、ダメだろ。それで締めちゃったら!!
慌ててしまいましたが、大丈夫。
ちゃんと『真田十勇士』が締めてくれました。

今回の席は中央のど真ん中だったのですが
おかげでラストのVの字が美しくてたまりませんでした。
最高にテンションが上がったー。
大満足ー。むふー。

テンション上がりすぎて
黒船の名前のくだりで「ああ、そこから名前をとったのね」と
あやうく納得しそうになりましたよ!
いや、まさかいくらなんでも……一応調べておかねば。


嗚呼、面白かった!
全然知らなかった真田十勇士ですが
おかげで覚えましたよ。

歯医者でたまたま映っていたアニメで聞こえてきた
筧十蔵と由利鎌之助の名前に
「なんですと?!」と反応できるくらいになりました。
あれ、何のアニメだったんだろ?
舞台では可憐で器用な筧十蔵が
真逆のガタイのいいキャラになっていて目を疑いました。
なんだ? 一般的には筧十蔵はマッチョキャラなのか??

敦子がカワイイ!:王子様と灰色の日々 1~3巻

とりかえ・ばや』を読んで
ざ・ちぇんじ』を読み返したら
入れ替わりものを読みたくなってしまった…

またニッチなとこに陥ったものだ(苦笑)

しかし、ないこたないもんです。
日本のマンガ、スバラシイ!!




王子様と灰色の日々 1~3巻 (山中ヒコ)

ヒロインは「この世で一番不幸なことってなんだろう」と
考え続ける大川敦子(17)女子高生。
人を好きになること」が一番不幸だと結論付けた
ブサイク(だと本人は思っている)で貧乏な女子高生。

働かずに飲んだくれている親父が身内では貧乏にもなりますな。
バイトしようにも“高校生不可”の壁が立ちはだかるので
冒頭から援交まがいなことして愚かなオッサンから巻き上げています。
おいおい。

ある日、偶然出会った王子様とそのお付きの2人に
無理やりお持ち帰りされ
服を脱げ

ギャー! どうなっちゃうの?!

と思ったら、王子様
実は女装がしたくて敦子の着るセーラー服をご所望だったのだ。
変態か!

その代わりに敦子は王子様の制服を着ると
あら不思議。ふたりはそっくりだったのです。

おお、『王子と乞食』か!

というわけで、失踪した王子様の代わりに
成功報酬100万円という条件で
お屋敷で王子様として過ごすことになった敦子。

いや、お金に目がくらんで引き受けたわけではないんですが…

親切にしてくれた信也の窮地を救おうと引き受けたのがきっかけです。
悪い子ではないんです。
けど

この世で一番不幸なことは人を好きになること

と断じながらの決意ですからねー。
ホラもう好きになったから迷惑被るじゃんみたいな考え方されては(悩)

だいたいの言い方が腹黒いから~。
遼は屈折しているので素直な物言いをしないので
裏を読まないといけないのだ。

素直で善良な敦子には遼の真意がなかなか通じない。
そう。敦子は善良なのだ。
王子様のためにフォローをする遼たちの姿を見て
自分も協力しようと自発的に王子様に成りすます工夫をしたり
努力を惜しまないいい子なんです。

それというのも今まで邪険に扱われてきたので
遼にねぎらいの言葉をかけてもらったり
執事の渋沢に感謝されて嬉しくなってしまったのだ。

不憫っ! 敦子、幸せになれっ!
そのためには信也はダメだ。遼にしておけ!!


しかし努力の甲斐なく
身近なひとにはどんどんバレてしまうんですが(苦笑)

でも持ち前の善良さでなんとか乗り切る敦子。
他人に触れられるとアレルギー起こしてしまうのによく頑張っている。
ほんといい子なんだよ~。

難ありキャラが出てきても酷いことにならないのは
敦子の善良さに感化されて周囲までいい子になっているからだと思う。
人間は本来善いものである、という説を思い出します。

それに王子様に成りすますようになってから各段にかわいくなった。
本来、こんなにかわいいんだ。
それを押さえつけていた親父の罪は大きい。

一方、失踪した王子様・はどうしているかと言うと
新宿で働いていました…

え、そこまでして女装したいのか?!

ていうか…信也と…??
あれ? これは少女マンガですよね??

あー…まあ、そっちはどうでもいいや。
私は遼と敦子が幸せになることを祈ります!
大丈夫。お互い惹かれあっています。
あとは伝えるだけだ!

このふたりの場合、それが実に困難なのが心配ですがね。

私は敦子がかわいくてしかたないのだ。
人を好きになることは不幸だと言いつつ
好きな人のために頑張ろうとする姿がけなげで
追いつめずにひとを信じて対応する姿が愛おしい。

あれ、4巻も出ていたのか!
まだ読んでいない…
もうここまでネタにしちゃったから3巻までの感想ってことで
アップしてしまおう。

イチって誰?:2013年10月号

『ヒストリエ』が連載再開!
だけど隔月掲載。

『ヴァムピール』が隔月連載再開!
だけど特別編。

あれ? ということはこの2作、同じ号に掲載されるのか!

ネタバレしますので要注意

おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

髪を解いたモモカンが自宅へ帰還。
百枝家は一軒家でした。
車2台、余裕でとめられる敷地。
立派なお家です。

その立派なお家の中ではパパンがソファの上でごろりと寝っ転がって
何かを見ています。
西浦のデータのようです。
そのパパンに話しかけるモモカン。

打者総合1位が田島なのは納得です。
それに「少し間があるけど花井が続くのも異論はありません。

さらにそれに続くのが巣山

ヤッタ! 私、泉と巣山好きなんです。
泉のやる気に満ち溢れたスタイル大好き!
有言実行。実にカッコイイ!

巣山は職人肌な感じがいいよね。
コツコツと実績を重ねて信頼を得ている。
不言実行。実にカッコイイ!

この4人に
小技の使える栄口
わりと器用な沖・阿部が続く
というのがモモカンの評価。

お父さんならどう組む?

打順てのはそのチームでどうしたいのか
しっかり方向性持って決めるもんなんだ
性格もみなきゃなんないし将来のことも考える
ヘタなことすりゃノビシロにフタすることだってある


とパパンが講義してくれます。
それを踏まえたパパンの結論が

田島の特性が生きるのは
本来1番だろうな


あ、そうなんだ。
しかしそうは言いながら

あいつを1番で使えるのは
あいつと同等かそれ以上の打者が少なくともあと1人
できたら2人いる場合だろう


そんなこと言われても…
田島はひとりしかいません。

現状問題なのは
上位陣より下位じゃないか?


あ、気づいてしまいましたね。
あっしもそう思うっス。

モモカンはパジャマ派なんですね。
意外にカワイイデザインだ。

それにしても片付いた部屋だな~。
見習わねばならぬ。

特に今、マンガが産卵して…いや、マンガは卵を産まない。
散乱しているから。
卵を産んでいるかのような勢いで散らかっているのは確かだが。

翌日、パパンの助言も考慮したスタメンが発表されました。

1番センター泉
2番ファースト沖
3番ショート巣山
4番ライト花井
5番サード田島
6番セカンド栄口
7番レフト水谷
8番キャッチャー阿部
9番ピッチャー三橋

花井が4番…っ!
そして田島が5番。
ってことは花井の走者一掃のホームランのあとの
特性が生きる」1番打者としての田島、ってことね。
前向き!

泉がチャンスを作って
沖と巣山がそれを拡げて
花井に繋げる。
花井がダメでも田島がいる(ごめん花井)と考えると
かなり本気の打順だと思います。

出塁率の高い田島のあとに
栄口が控えていれば間違いなくチャンスは拡がる。
そして水谷がダメでも阿部がいる(がんばれ水谷)
三橋がダメでも泉がいる、と思うと
可能性を感じるよ…!

さらにモモカンは

勝てっこない相手に対するときは“勝利への欲”がなくなる」から
プレッシャーがなくなって
いい結果が得られるかも、という読み。

“当たってくだけろ”という気持ちでやれる試合は案外貴重だよ!

この横綱・千朶を相手に構える気持ちを逆手に取った超ポジティヴ思考
モモカンはこの試合を諦めていません。
それどころか「各自試合展開を考えて自分の役割はたすように!」と
発破をかけ、成長を促しています。
貪欲だ! さすがモモカン!!

我が息子が4番だと知ったときの
花井母のリアクションがかわいかった(笑)
教えないで気づくのを待っていた三橋母たちの仕業もよかった。

それにしても5番に変更になったことを受け入れた田島がカッコイイ!

やることは変わんねェよ
打順についての哲学は監督によってけっこー違うしあんま気にすんな
モモカンは勝つ気で打順を変えたんだ
オレはモモカンについていく


おー、こうやって柔軟に受け止めて伸びてきたんだろうなー。
さらに

お前がビビってんならぶっとばす!

と迷いを見せる花井に喝!
それを受けて

今日はオレが相手にプレッシャーかけてやっから
お前は楽に打て!


よく言った!!

わーい、田島に褒められた。
その啖呵を忘れるな、花井!

三橋の投球を見ながら千朶の監督
「この投手悪くねェじゃん?」と評価。
ちっ。油断してくんないのか。

そして三橋の球を受けながら
こいつぜってー家でもやってるよな…
ありゃ。バレちゃったよ三橋!!
けど

コントロールには影響ないし
確実に速度が上がってる


らしいので一安心。
しかも三橋の成長を実感して今までの考えを改めて
ちょっとテンションあがっているぞ。
ヤダ阿部ちょっと楽しそう!!

だけど相手は千朶。
ガンガン打ってきます。

1番岩崎は栄口のナイスフォローで花井がキャッチでアウト。
2番東川はツーベースヒット。

当然のように当ててくるなぁ。
次は千朶の監督の説く「3番最強説」のキーパーソン3番櫻井です・
夏も3番を打っていたホンモノ。

9回までの組み立てとか考えてる余裕はねェ
“まっすぐ”使ってく!


と阿部が決意したところで以下、次号!!

今回は栄口のみどころが多かったですね。
田島の言葉に「うおお」となった花井に
リラックス思考を提案したり
気合が溢れてボールに夢中になった泉と花井に「声出せ!!」と
注意を促して接触を防いだり。
よく見えているなぁ。
栄口も好きだ。まぁ西浦はみんな好きだってことですね。

そうそう。千朶のピッチャーは1年生の遠藤だそうな。
だけど夏もベンチ入りしている秘蔵っこ?
その実力は次号以降に明らかに。

おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。
 

イケメンだから許される、けどそれだけじゃない:ぽちゃまに 1・2巻

ぽっちゃりな女の子が好みの男子とぽっちゃり女子の物語。
ぽっちゃりマニア、略して“ぽちゃまに”。

マ、マニアックすぎないか?!

ちょっと慄きながら手に取ってみた。
あれっ? 予想外に楽しめるぞ。
それどころかめちゃくちゃ好みだったんですけどっ!




ぽちゃまに 1・2巻 (平間要)

好きになる絶対条件が“ぽっちゃり”。
それゆえ“正真正銘のグッドルッキングガイ”な田上
“残念なイケメン”として周囲から失望され中。

しかし、本人は周囲の評価はどこ吹く風。
まったく気にしないマイペースな性格で独特のテンポの持ち主

表情の変化が乏しいので考えがわかりにくい…と思いきや
欲求に忠実なので実にわかりやすい。
かわいいイケメンです。
私は表情が変わらないのになんかわかるってキャラが大好きなので
田上の存在だけで満足!


そんな田上が見初めたのがこの物語のヒロイン本橋紬
田上より1歳年上の高校2年生。

いい塩梅にぽっちゃりな彼女はいつもにこやかな癒し系。
でもその体型ゆえに恋愛には消極的。
オシの強い田上に押されて友達から始めることに。

なんだけど…
類まれなぽっちゃりマニアな田上が
紬のぽっちゃりな二の腕(やその他もろもろ)を
ぷにぷにしたい欲求と闘う様子が、ヤバイ。

似た感触のリラックスボールを常備して欲求を解消とか(笑)

田上~。
あんた外見がいいから許されるけど
少女マンガの相手役としてこれはドン引きの域だぞ。


でも田上、ぽっちゃりに盲目なマニアではありませんでした。
紬だから選んだ、という明確な理由があったのです!

その理由が紬の長所そのもので
少女マンガの相手役として最高の理由
でした。

いいぞ!
残念なイケメン返上だ!!


だけど、紬の方にも問題があって
自分のぽっちゃりに引け目を感じ
イケメン田上の隣には自分は相応しくないと悩んだりしつつ
絆を深めていくふたり。

田上の包容力が試される!
が、
紬への愛の深さは半端ないので揺るがないのが頼もしい!

紬は本当にいい子なので幸せになってほしいのだ。


そういうところも見どころですが
触りたがりの田上が相手ですからどうしてもスキンシップ過多。
そのあたりも紬の悩みの種に。

触られてるだけでそう思えるなんて
すごい大切に触れられてるからだろ
 byまみちゃん

すごいな田上!
というわけでちょっとエロいです(笑)


それにしても新しい少女マンガです。
これまでなら「実は」な展開になりそうなものですが
ぼっちゃりなまま突き進みそうです。

メガネを取ると美人、とか
 痩せると美人、とか
 髪切ると美人、とか
 着替えると美人、とか

外見を変えず中身を磨いて
それを見破ってくれる相手に出会う
まさに少女マンガな展開!


あ、『薔薇のために』(吉村明美)を読みたくなってきた。
あれもコンプレックス抱えたヒロインが
イケメンに愛されまくる話だった…懐かしい。

ゆりちゃん前向きでかわいかったなー。
スミレさんはイケメンで悲恋エピソードの持ち主だったのに
ちょっと変だった。
あれ? じゃあスミレさんも残念イケメンか?(笑)

あらやだ、今も昔も好みが変わっていないのかワタシ。

初心者が! 進撃の壁外調査博!!

先日、妄想オチにしてしまった件 ですが
実は妄想に終わらせず実際に行っていました。

妄想オチのままのほうが面白いかなと思ったんですが
“壁外調査博”で検索してたどり着く方がちらほら見受けられるので
妄想オチではさぞガッカリするだろうな…と反省。

それに後日、またこういうイベントに行こうとしたときに
前回どういう感じだったのかを残しておいた方が
役に立ちそうだと思ったので記す。

つか、行ってから一週間経ったらだいぶ忘れているので
このままでは行ったことすら忘れてしまいそうだと戦慄したのもある。

というわけで、いつもの感想ブログと異なる趣きになりますので
ご注意ください。
知らなくても支障ないことだと思います。
ええ、平穏に生きていくためには
むしろ知らないほうがいいかも(笑)

以上で前置き終わり。
以下、凄く長くなってしまった…

続きを読む

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking