眩いばかりの日々:ゴールデン・デイズ

熟成期間が長すぎた…
ずいぶん前にお借りしたマンガです。
いいかげん返さないと怒られる~。

全8巻。
完結しているしお手頃な分量。
なのに、なぜ手を出さなかったのか? 謎。

たぶん、馴染みはあるけど読んだことがなかった作者だったから。
高尾滋さんは周囲にFANが多いんです。
てるてる×少年』好きな友達Aがいて
ディアマイン』派の友達Bもいる。
しかし私はどうしてか縁がなくて…

『花とゆめ』はよく読む雑誌なんですが
飛ばしてしまうのが習慣になっていてね~。
それじゃあ、読む機会がないのも当然。

しかし!
ついに『ゴールデン・デイズ』押しの友達Cが全巻貸してくれました!!
数年前に!!!

マジで数年経っているから恐ろしい~。
実際、何年なのか?!
考えるのが怖い。ぶるぶる。
ご、ごねんは経っていないと思いますが…

その数年の間に自力で『 いっしょにねようよ』を読んでみたりして(笑)
借りているのがあるんだから、こっちを読めばいいのに!
意味わかんない!!

あ、文庫になっているんですね。
私が読んだのはもちろんコミックス版。


光也は天使…?

タイムスリップものです。
どういうシステムか謎なんですが
じいちゃんの若いころにタイムスリップした主人公・光也

じいちゃんの若かりし頃とそっくりな外見を活かして(?)
じいちゃんの代わりに相馬慶光として
大正10年8月31日からしばらく過ごす日々を描いた物語。

というわけで、大正浪漫でもあります。
なにせ相馬さんちは子爵の位を賜る名家ですから。

両親を幼いときに亡くしたためお見合いをしてお家再興を!
ってところで
そのお見合いから逃げ出した慶光と入れ替わったというわけ。

ま、この時点では
じいちゃんの体を乗っ取って
光也の意識が前面にでているんだと思っていたんですが
後に本当に慶光は行方をくらまして暗躍しているのがわかり
「まさか?!」と仰天したんですが。

これ以外にもタイムパラドクス的に気になる点があって
読んでいる最中もやもや。

私としては「歴史は変えちゃいかん」というのが不文律だと思うんですよ。
けど、この物語は
じいちゃんの意向で“変える”ことを前提に行動するんです。
じゃないとどうやら戻れないらしいので。

この“変える”というのにも抵抗があって…

だがしかし!!
この物語の肝は
“変えられる”ことによってその後の人生をどう生きるかが
問われることにあったのだ!!!


それが

光也君の生まれてくる国だと知っていなければ
私はね
この世界を呪ってしまいそうなのよ


という百合子さんの言葉に象徴されているように思います。

光也が去った後の日本は激動の時代を迎えますから。
それを乗り越えるには大変な苦労があったでしょう。

挫けそうになったとき心の支えになったのが
光也と過ごした

眩いばかりの日々 = ゴールデン・デイズ

ってわけです。
それをもたらした光也は天使だと言っても過言ではないでしょう!

なんてことを言うと
ふわふわしたお話のように思えるかもしれませんが
意外に事件性があります。
光也さんは結構、怪我をします。

いきなり足蹴にされそうになり(これは未遂)
殴られ(これは完遂)
貴族ゆえの逆恨みから暴漢に殴られ
ストーカーを撃退し
別荘荒らしと格闘し
浅草の魔窟では生爪剥され
(ぎゃー)
花火作ってやけどして
成金エロ親父と格闘の最中気絶してあわや殺人犯?!


などなど。
列挙したら
いったいどんな話だ…と、思わず遠くを見つめる事態に。
最終的には銃創沙汰ですからね~。

若き日のじいちゃんが失踪している理由を探っていたら
藪から蛇が出た様相に
あれ…読み始めた当初の印象とは全く異なる展開になっている~
とくらくらしながら読みました。

くらくらと言えば
これってびーえるですかね?

白泉社は伝統的(?)に
そういう要素が含まれることが多々あるのは承知しています。

少女マンガ的にどうなんだ? と不安になります。
けど、大丈夫!

が受け持ってくれますから!!

葛藤しつつもちゃんを受け入れるあたりは
慶の独壇場!
あれ? 主人公はだれ??
ってくらい慶がクローズアップされていてにやにやしました。

びーえる的にハッピーエンドかどうか
私にはわかりませんが
私にはハッピーエンドに見えました。

お互い思い合って
周囲の後押しがあって
“お守り”が手渡されて
「幸せになれ」という約束が守られたと伝わる。


ここまで含んで“ゴールデン・デイズ”が完結するんですな。

なるほど。
高尾さんのマンガは雑誌で細切れに読むより
まとめて読んだ方が味わえる。
たぶん
雑誌でさらりと読む程度じゃ良さがわからなかったんだ(不甲斐ない)
 

拍手のお礼

おわ!
久しく放置していたら久々に拍手コメントいただけました!
ありがとうございます!!

ええと…7月22日にいただいていたようですね。
で、本日は7月28…いや、0時過ぎたので29日です。
うわ~、申し訳ない。
ものスゴイ放置っぷり。

この間、私が何をしていたのかというと

友達から借りたマンガを読み
友達から借りたDVDを観て
溜まった録画を観て
謎の再読フェアを開催して
『君に届け』『赤髪の白雪姫』『3月のライオン』『少年周波数』を読み返し
『アルスラーン戦記』の原作を読み返し
その合間に久しぶりな友達に会ったりしていました。

読み始めると止まらなくなるのは良くないですね~。
ひきこもり気味な週末…
ちっとは外へ出ろ(笑)


ではでは拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!
 

続きを読む

お、今期は珍しく高視聴率番組を見ているワタシ

あまちゃん』に続いてお気に入りドラマができました。
半沢直樹』です!

原作未読。
主演が堺さんだから興味を持って
いきなり第一話を見逃して(苦笑)
絶望で飛び降りそうに(どこから??)なっていたところ
再放送があったので飛びつき録画。
第二話と合わせて見たのが昨日(遅っ)

そして第三話

ちょっと~、銀行内のゴタゴタなんてやってる場合~?!
早いとこ5億回収のために動かないといけないんじゃないの~?
ホント、身内での足の引っ張り合いって見苦しい。


なんてウンザリしたりもしましたが
やっぱおもしろいです!

前半はあまり気合を入れずに(だって腹が立つんだもの)
でも半沢の反撃の糸口を探しつつ
まだかまだかと倍返しを待ち

ホラキタ! そうこなくっちゃ!!

と小躍り。
あまりに予想通りで気持ちいい。

ナイス録音!
半沢も第一話での支店長の発言を録音しておけばよかったのにね~。

ミッチーもナイスアシストでした!
「潔白を証明しましょう」発言には一番テンションがあがりました。
半沢とのにやりの応酬がたまらん!!

なんかミッチーのポジションて
いつでも裏切れる感じがしていっつもひやひやしてしまうんですが
信じてもいいのかも…と思えたよ!

小物の副支店長はジ・エンドで
来週から支店長の追いつめが始まるようです。

うひひ。
あの人、ほんっとムカツクから(笑)
コテンパンにしてほしいです!
予想通り協力者でわかりやすすぎ~。

あーでもそうすると今週は出番なしだった
国税の人たちも出てくるのか~。

愛之助さんのオカマキャラもムカつくんだよな~。
ほんっとヤだ。
愛之助さんは好きだけどあのキャラは嫌いだな。

国税のひとって何をモチベーションに働いてるんだろ?

半沢はわかる。
騙された分を取り戻そうとするのは当然だよね。

だけど、国税があそこまでムキになるのはなぜなんだ…?

まあ「それが仕事だよ!」と言われたらそれまでですが。
でも妨害してまで執拗に勝とうとするのは性格悪すぎないか?
半沢んとこの銀行が5億とられたの知ってんのにさ。

つうか、事情知ってんだから協力してくれてもいいんじゃないの?

と考えるのは私が甘いんだろうか?

銀行内でもさー
メンツとか立場とか重視して

回収すればいい話でしょ?! 邪魔をするとかなんなんだっ!
腹立たしいことこの上ない!


そもそも融資額で優劣を決めるってのがよくわからん。
きちんと回収できないと意味がないんだから
融資額だけで判断するのはよくないんじゃない?
だから支店長みたいな無茶をやるひとが現れるんだよ。

融資額トップをとって支店の評価が高くなれば
みんなの評価が上がるとか言われたら
多少無理してでもって魔がさしてもしかたないよ。

でも! 支店長は論外。自分勝手すぎですけどね。

いきなりオリジナルエピソードでした

買いました!
読みました!

別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/09)
不明

商品詳細を見る


荒川弘版『アルスラーン戦記

表紙の白髪の二人は
過去のアルスラーンと未来のアルスラーンでした。

第1話の主役は“過去のアルスラーン”
なにせ11歳ですから。
道理で幼いわけだ。

原作にはない11歳のエピソードです。

弱っ!
王子弱っ!

ヴァフリーズに剣術の稽古つけてもらっているのに
ぼやきまくり。

おまけに捕虜になっていたルシタニアの少年に人質にされ
無抵抗で連れまわされ
国民から「アホ王子」呼ばわり。

自分の国のことも知らず
奴隷制度に疑問を持たず

大人しく奴隷になれば食べるには困らぬぞ!

なんて言っちゃう王子様…
えええ? これがアルスラーン??

でも動物に好かれて「心の健やかさ」は原作通り
すでにキシュワードダリューンが王子萌えなのは確定しました!

奴隷制度はオカシイとルシタニアの少年に言われ
一味違って面白い」と受け入れる素直さ
人は皆、平等」のあとに
よって我らが神の教えに従わぬ貴様ら異教徒は差別し殺してもいい
の言葉に
言ってることが支離滅裂だ!」と冷静にツッコむ賢さも健在。

そっか。
アルスラーンも最初から奴隷制度に違和感を持っているわけではなく
きっかけがあって考えるようになったんだね。

そのきっかけを第1話にした、というわけか。ふむふむ。

これが原作1巻より3年前のできごと。
第2話は原作と同じ14歳になったアルスラーンに会えます!
楽しみ!

にしても暢気な王子様だな~。
人質にされても慌てず騒がず
城壁から落とされた時も動じず、景色に見惚れる余裕まであるとは…!
おおらか過ぎる(笑)

そのおおらかさが人たらしに繋がるのか
さっそく3人の少年に
俺、大きくなったら絶対騎兵隊に入って殿下を守る」と決意させました。
親衛隊ができたぞ、アルスラーン!

ルシタニアの少年も結局逃がしちゃったし。
「後の〇〇である」って展開があるといいんだけど
おそらく完全にオリジナルのキャラ。
だとしても将来再会することになると思うので
そのとき恩を仇で返すような子になっているか否か、楽しみです。

国民からは良くも悪くも親しまれているようで…
頼りなさのほうが前面に出ていて
完全に舐められていますけどね(苦笑)

ま、あの王では大抵のひとが頼りなく見えるんだろうけどね。

王妃も登場しました。
ふたりともアルスラーンに冷たい!
大人げないな~。
11歳の子になんという仕打ち!
気を遣って声をかけるアルスラーンのほうが数倍オトナだ。

王妃は王にも冷たかったけど!(笑)

顔見せ程度に万騎長も登場しました。

まずキシュワード
若い!!
そして見事なアルスラーン萌えなのを披露してくれて一安心なキャラ。

カーラーン
ま、こんなもんだろ。
特に思い入れもないのでスルー。

クバード
私、この人痩せ形をイメージしていました。
見るからにムキムキタイプでちょっとビックリ。

そしてダリューン
この時点で地位はなんなんだろ?
黒髪でした! ヨシ!
長髪でした! ええ~?!
おかげでリンのグリードやら爆弾魔なあのひとが脳裏に…
でも殿下に甘い片鱗をみせているので間違いなくダリューンです。

ナルサスは影も形もありませんでした。
いや、影はあるかな?
ダリューンが
いつか殿下が王位に御即位なされましたら
登用していただきたい友人がおります
」って匂わせていたので。

その返答は
この先何十年も父上の王位はゆるがぬだろうよ」なんですけどね。
ふつうに考えればそうなんだよね~。
しかし! 3年後急展開!! ですからね。
うひひ。楽しみだ。


さて、ついでにほかの連載も読んでみました。

途中からなのでよくわからない話ばかりでしたが
D.D.D』の弟がどっちなのか?!
ってところで終わって実に気になる。

将棋の渡辺くん』は渡辺明竜王の奥さんが描いたノンフィクションマンガ。
一芸に秀でたひとは常識が欠如しているというのを
優しく見守っているあったかマンガ。
これ、コミックは…まだなのか??

放課後ソードクラブ』平たく言うと剣道部の話です。
紆余曲折あって主人公が熱血しそうです。
ちょっとずれた初心者とともに。

ふらいんぐうぃっち』魔女の話?
全然魔女っぽくないけど、主人公は女子高生にして魔女らしい。
またいとこの圭との会話がほんわかしていて好き。
これが一番気に入った。
ちょっと『よつばと』っぽい。
コミックは…まだなのか。

結構、有名どころも連載しているんですね~。
いずれ読みたい『どうぶつの国
タイトルだけは聞いたことある『さんかれあ
原作もアニメも見ていないが…『新世界より
1巻の表紙が衝撃的な『悪の華
アニメにもなった『じょしらく

そして『進撃の巨人

一応読んだけど、私が知っている場面からは繋がらない…(当然だ)
けど、違和感なく読めた。

エレンはヒロインか?! 拉致されていましたぞ。
ミカサはヒーローだ!! エレン奪還に奔走中。
ジャンが元気だ! 君はこのままで行ってくれ…

リヴァイが出てこなかったのが残念でした。

が、思わぬところでリヴァイを補給できました。
進撃!巨人中学校
という公式スピンオフコメディマンガが載っていた…

そんなマンガがあるとは!
体育祭やってたよ!
なのにそっちのけで掃除をしているリヴァイ(笑)

誰も死なないので安心して読める『進撃の巨人(ぽいもの)』
巨人にもならない、のか?
今回、全く巨人は出てこなかった。

これは1巻が出ているようだ。読みたい…

来るのか? アルスラーンの時代が?!

遅ればせながら気づきましたよ。
田中芳樹原作の『アルスラーン戦記』がマンガ化されていたことに。

いや過去にマンガ化されていたのは知っていますよ!
読んだことはないんですけど。
知識として知っています。
あのときは少女マンガでしたっけ?

今回は少年マンガです!
それも今をときめく“別冊少年マガジン”!

アニメも絶好調の『進撃の巨人』が載っている雑誌ですよ。
講談社漫画賞を取った『どうぶつの国』も載っている雑誌です。
『どうぶつの国』もいずれ読みたい…

が、今回の話題は『アルスラーン戦記』
新連載、表紙を飾っていたので気づけました。

て、いうかさ、マンガを描いたのがまさかの荒川弘ですよ!

アルスラーン戦記
田中芳樹
荒川弘


の文字が視界に入った時
文字しか認識しませんでしたよ、私の脳は。

全く知らなかった…

あやうく本屋で声を上げるところでした。
あぶねあぶね。
地元の本屋なのに。
よく利用する本屋なのに悪目立ちするところでした。

動揺のあまり「買う」という決断ができなかった~。

平静を装って素通り。
誰に対して見栄を張っているのだわたし?!

いまスッゴイ後悔しています。
買えばよかった。
スゲー読みたいっ!

だってさー、『鋼の錬金術師』の荒川弘ですよ?
てことは、だよ。
大佐の要素を含んだダリューンを拝めるのかもしれないじゃん!

大佐もダリューンも好きな私にはなによりのご褒美!!

別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/09)
不明

商品詳細を見る


表紙には白髪の少年…
これはアルスラーンだよね? 肩にアズライール乗っけてるし。
背後の白髪の男性は誰?
まさかダリューン、じゃないよね?
あれじゃ“黒衣の戦士”の要素皆無だ。

つーか、アルスラーンて白髪なの?
アニメでもそんな感じだったけど
それはアニメだからだと思っていたんだけど
そんな描写が原作にあったのか…??

あ。「晴れ渡った夜空のような」?
いや違う。
ありゃ瞳の描写だ。

あー、読みたーい。
明日買うかー?
買いそーう。
…買ったらいいよ、明日の私。

で、だ。
原作の新刊はいつ出るのかな? ←一応触れておかないとね(笑)

あれ? Amazon検索したら
光文社文庫からも出てるの?
またイラスト変わってるし。
ちょっと! 山田章博さんじゃないですか?!
うはー、知らなかったー。どんだけ疎いの私…

え、じゃあ今後
新刊はどのサイズで出るの??
すでにデコボコだからこれ以上変わるのは勘弁していただきたい。
ま、いつ出るんだかわからないんだけどさ。

こうなったらマンガで完結させてもらってもいいような気がしてくる。
荒川さんなら原作飛び越えて
オリジナルな完結させても面白くなりそうだ!

もっと大事に食べよう…っ!

6月以降
何を観ても、何を読んでも泣いてしまうワタクシ。
そんな状態で観た映画。


奇跡のリンゴ

案の定、大泣き。

たぶん泣くであろうと思って観ました。
きっと苦労が実って成功した時に泣くのであろうと予想していたのですが
それは外れました。

家族愛に泣かされました。

もー、奥さんのこと好きすぎるだろう!!

奥さんが農薬に弱くて
苦しんでいる姿を見て減農薬に挑戦!
それに満足せずさらにハードルあげて無農薬に挑戦!
村八分にされても諦めない。

どれもこれも奥さん(と家族)のため!

なんだけど
もともと研究肌で凝り性だから好きでやってるんだよね。
だからついつい奥さんがきっかけだったってことを
失念して観ていたのですが
ついに挫折して行方不明になったときに発見されたノートに…っ

泣かされた~。

奥さんことばっかり書いてるんだよ。

農薬減らしたら楽になったようだ、とか
これを減らしたらよくなったようだ、とか
奥さん観察日記になっていてちょっと戦慄を覚えましたが(苦笑)
根底にある愛がにじみ出ているから大泣き。

奥さんも健気でかわいいんだもんなー。
そりゃ愛も溢れるってもんですよ。


それにしてもリンゴってデリケートなんですね。
栽培が難しいとは思わなかった。
だから無農薬が不可能だと言われていたのか。

リンゴってポピュラーな果物だからナメていた。
そっか、だから栽培地が限られているんだ。
単に気候の問題だと…

これからはもっとよく味わって食べよう。

圧倒的な武力差に立ち向かう人間の3つの物語

ちょっと前に立て続けに読んだマンガが
あまりに強すぎる相手を倒さないといけない人類の物語で
奇妙なデジャヴを感じました。

今までも圧倒的な強さの人外と闘う話はあったのですが
最近のお話は容赦がない!

今まではたとえ宇宙から何者かが侵略しようとしても
悟空が助けてくれたり
セーラームーンがおしおきしてくれたので
安心して見ていられたのですが
今回読んだお話にはそんなヒーローは存在しないのでした…


進撃の巨人(10) (講談社コミックス)進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
(2013/04/09)
諫山 創

商品詳細を見る


進撃の巨人 5~10巻

アニメも絶賛放送中の話題作。
連載開始当初から謎が謎を呼ぶ展開が話題に。

突如出現した巨人
食べられ、踏みつぶされ、薙ぎ払われ…
なすすべを持たない人類。

巨人は何故、どうやって現れたのか?!

徐々に明らかにはなっているのですが
未だに謎に包まれています。
もしかして? という予想はしていますが…

この巨人、人間が好物なようでムシャムシャ食べるんですよ。
なのに
消化できないからお腹が膨れると吐き出すという…

何のために食べるんだ?!

この食べられる人類側に沿って読むと戦慄の連続。
だって
主人公の母親を皮切りに
友達や先輩がジャンジャン死んでいくんですよ。

覚える暇もないくらい。

ええ、これは私の記憶力の問題ではなく
ようやく覚えてきたころに無残なことになるんです…

テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックス)テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/02/19)
橘 賢一

商品詳細を見る


テラフォーマーズ 1~4巻

こちらも連載開始当初からの話題作。
なにしろ今回の敵はG
平べったく黒光りして触覚の長い、できれば出会いたくないアイツ。

第二の地球として火星を生物が生息できる環境にするため
ある計画を推し進めた結果…

なぜ、計画段階で反対する人が現れなかったのか?!
そして
なぜ、人型(けっこう筋肉質)に進化するのか?!

やたら強いし。
恐るべき怪力でヒロインの首をあらぬ方向に曲げてしまうし(驚)
恐るべき戦闘力と圧倒的数的優位で火星に来た人類代表を壊滅。

またしても覚える暇がない…

『進撃の巨人』もそうですが
意思の疎通を図れない間柄では先行き不安です。

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)
()
冨樫 義博

商品詳細を見る


HUNTER×HUNTER キメラアント編(32巻まで)

こちらもいろんな意味で話題になるマンガ(笑)
話題になるのが先の2作とはちょっと種類が違いますけど。
や、「おもしろい」という点は一緒ですが
それプラス「休載」と「連載再開」が話題になるんです。

人間を餌とするキメラアント
このエピソードが完結したと聞いたので一気読み。

カイトが憐れなことになったあたりでいったん挫折しました。
だって、ツラいじゃん!
ハッピーエンドは拝めそうにないじゃん!


脳みそイジるのにもドン引きしましたけど。
容赦ない!
これ、ジャンプに掲載されたんだよね? 大丈夫??

しかし、読んでみたら愛に溢れる結末

あーやっぱり会話が成立する間柄っていいね!

思考も読めるし。
ピトーが必死に彼女を守ったのって
王の命令だから絶対なだけでなく
人間は壊れたら治せないってことを
身を持って学んだから
なんだろうな、と思うと切ない。


嗚呼、ほかの2作もこんな感じであったかい結末を迎えるといいなー
けど、それは難しいのかなー。

ハッピーエンドだけでは面白くないので、たまには…
と思いつつ
やっぱハッピーエンドがいいと願ってしまう。

どうなるか楽しみなマンガたちです。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking