3度目のOSKは創立90周年記念公演でした。

すごいな~、創立90周年ですって!

一度(10年位前?)
解散の憂き目にあいながら
現在まで残っているメンバーが復活させた根性の劇団です。

日生劇場での公演は(たしか)73年ぶりだとか。

その心意気に応えるために
私もこの公演に備えて
DVDで予習してメンバーを覚えましたよ!

3人だけですが!!(少なっ)
でも彼らがトップスリーだったので結果オーライ!

彼らと言っておりますが、女性だけの劇団なので正確には「彼女たち」
でも男役のひとたちだからどうしても「彼」だと認識してしまう…


レビュー“春のおどり~桜咲く国

観劇:2013年4月7日(日)
劇場:日生劇場

席は上手寄りの3列目。
何の因果か、初めて見たときも似たような席でした。

できれば正面から楽しみたかったな~。
ダンスでのフォーメーションがすごくて
正面上方から見たら美しかったろうな~、と思える舞台でした。

しかし程よく記憶が薄れて…
正直あんまり覚えていないので(苦笑)
覚えていることだけ。

一幕目は和物
二幕目は洋物

レビューという形式ですから
小説で言うと短編集になっておりました。
物語もあったりなかったり。

とにかく華やかで難しいことを考えずに
視覚的に楽しめる舞台でした。


◆三面鏡の場面

舞台を巨大な三面鏡に見立てて
和装で踊る場面

アイデアの勝利!
そして
それを実行する難しさに立ち向かう姿勢に感心。

扇を使ったのが偉い。
あれ、一人でも落としたら誤魔化しきかないと思うんだけど
無事成功してよかった。

帯が吹っ飛ぶ勢いで踊っていたのも凄かった(笑)


◆戦国BASARAの場面

いや、そんな名前じゃなかったんですが
どう見ても『BASARA』(笑)

そう錯覚したのは日生劇場に入る前に見た
隣の劇場の次回公演のポスターの影響もあるかと思います。

どうやら宝塚歌劇団で『戦国BASARA』を舞台化するようですよ。

しかしポスターを見たときの強烈な違和感…
正直、宝塚よりOSKのほうが
BASARAの精神を具現化できる個性を持っていると思います。

それより宝塚は『銀河英雄伝説』の続編を作るべきでは?

それはさておきOSKの舞台です。
歌も良かったんですよ。
カッコイイ曲でした。


それに合わせて
力強く踊るBASARAなひとは
前田慶治かな~?
と思って観ていたんですが、どうやら違っていたらしい。

いや、誰だか特定しなくても楽しめるようになっていたので
観た人が好きなように想像して観ていいと思います。

この場面、もう一度観たいな~。


◆ポカリな場面

やたら爽やかな場面。

砂漠っぽいところで
白っぽい中東の民族衣装のような服に身を包んだ少年少女。

それが何年も前のポカリのCMを連想させたので
見た目以上の爽やかさを感じさせたのかも。

大勢でミュージカル調に歌い上げるのが大変良かった。

この場面も、もう一度観たいな~。


このもう一度観たいと思わせる場面の両方に居合わせたのが
男役トップスリーの一角に入る桐生麻耶さん。

DVDで観た『桜彦翔る』では親友の瀬戸を演じたひとです。

このひと、爽やかパート担当なのか…?
おかげで好印象。
数少ない顔を覚えられたひとの一人です。
あとは名前を覚えれば完璧だ!


◆三角関係の場面

お気に入りの桐生麻耶さんは不参加の
この場面が一番印象に残りました。

というのも、倒錯的でキョーレツな場面に仕上がっていたから(笑)

最初は普通に男女のダンスだったんです。
情熱のタンゴですよ。

おお、男が口説き、女が応じる様子を
タンゴでみせるなんてオシャレでござるなぁ。


なんて最初は普通に観ていたんですけど
途中でもう一人男が登場してから様子が一変。

ん? ひとりの女を巡ってふたりの男が丁々発止か??

最初はそう思いました。
最初はそんな感じでした。

しかし気づいたら男二人で手に手を取って踊り始めた

ハ?!

ぽかーんですよ。
何のサービスかと(笑)
しかし笑えたのはここまで。

気がついたらふたりの男が熱烈なKISSをかましています。

へ?!

なんだこれなんだこの場面は?!
笑うところか?!
いつもこんななのか?!
さすがふじふじさんとももたみさんが応援する劇団!!

それを見た女が怒りのダンス!

こんないい女を放っておいてなんだお前ら!

と怒りが籠った
とてもイキイキしたダンスでした(笑)

最初は男ふたりが自分を取り合っていい気分だったのに
気がついたら蚊帳の外ですからね。
そりゃあ怒りますよ。


このふたりの男を演じたのが
男役のトップとセカンド。
桜花昇ぼるさんと高世麻央さん。

設定としては
桜花さん演じる男Aが
高世さん演じる男Bを見初めて…ってことらしい。

いやまあ、そんな設定はどうでもいいんですがね。

問題は
舞台上であんなぶちゅーっとかましていいんですか?!
ってことですよ(力説)

って、まあ、それこそどうでもいい話なんですが。

だってかなり長い間かましてたんですよ。
私はびっくりした。
そして

さすがだな、と。

OSKはふじふじさんとももたみさん(ふたりとも若干?腐っている)が
長年応援している劇団です。

おもしろいから観て!

と誘われて観に行ったのがきっかけです。
その「おもしろい」の意味がこういうことだったのか、と
腑に落ちた瞬間です。

しかし観劇後、確認したところ

こんなことは初めてだった!
観た私たちもビックリして動揺したんだ!!


と力説されたので
それはどうやら誤解だったようです。

そう、真のおもしろさは
ぶちゅーのあとに
女の怒りのダンスがあったところ。

笑いでオトシている点が良かったのだ。

そういうのは大好きだ!


というわけで
OSKには『BASARA』を体現できるし
『銀英伝』の同盟パートをやってほしいと思うわけです。



しかしこの劇団、今後どうなるのかがとても心配です。

スター制度(っていうのか?)を確立している劇団です。
何年もそのトップは不動。
そのプレッシャーはいかばかりかと部外者ながら気にかかります。

同じくトップスターを明らかにしている宝塚は
定期的にトップを入れ替えています。

そうすることで話題を作り新しい客層をとりこんでいるんですが
そういう手段を使えないOSKは…
と心配になるのです。

そうか。
そういう庇護欲を刺激されて応援してしまう
ってこともあるのかな?
 

映画を観たくなった:マンガ『図書館戦争』11巻

アニメになり、マンガになり
ついに実写映画が公開された『図書館戦争』

その公開に合わせて発売されたマンガ版の11巻。
ちょうど『図書館危機』のあたりなんです。

これがイイカンジの盛り上がりで…
っていうか
これは少女マンガのはずですが?!

ちゃんと隊長の仁王立ちが描かれているっ!

偉すぎる…っ!
隊長のハッタリと漢気、確かに見届けました!!

そして絵で見る堂上教官の郁に対するスキンシップ過多の破壊力っ!

こんなにイチャイチャしていて
ようやく自分の気持ちに気づいたというスロー過ぎるヒロイン(笑)

この状態でこれだけイチャイチャしていたら
12巻以降どーなっちゃうんだ?!

弓さんのマンガは
原作より甘々な場面が多いので戦慄を覚えます(笑)

オリジナルの特別編が好きで。
好き勝手やっているんですけど
この好き勝手具合にニヤニヤします。

いいんです! 少女マンガですからこのサービスは正解です!!

そんなわけで12巻以降のラブ度増量が楽しみです。

ああ、原作読んだときも
のたうち回るくらいの衝撃がありました。
そして壁にぶつかったんでした(笑)

図書館戦争シリーズの感想

この甘々を映画館に行けば
実写で観られるんですよね…

行くべきだよな。
周囲の友達は当然私がこれを観に行くものだと思い込んでいるようですが
今のところ観に行く予定はない、という事実。

しかし、11巻を読んで急激に観たい度が増しました。

11巻に映画の宣伝帯がついていたんですが
その文句が素晴らしかった!

キャプチャ

本と恋のツンデレ・エンターテインメント!

ツンデレ・エンターテインメント?!
初めて聞いた…(笑)
が、正解だ!!

ツンデレ好きとしてぜひ観ておかねば!


ハニーよりメープルが好き

文字通り
はちみつよりメープルシロップのほうが好きって話なんですが
この事実に3年くらい前に気づきました。

ていうか、メープルとはちみつの違いをこのころに知ったのでした(笑)

だからどうだってわけではないんですが…
思いついたタイトルがこれだったので一応、触れておく。

いや、なんか更新しないと死んだと思われそうなので(笑)

ネタはなくはないんですが
記事にする時間がとれないんですよ。カナシイ。

早くも記憶が風化してきているOSKネタ
モタモタしていたらドラマが始まってしまった小説『空飛ぶ広報室
原作に劣らず面白かった映画『舟を編む

宝塚版との違いがオモシロイ舞台『銀河英雄伝説
ここまできたらアニメも見るぞ『銀河英雄伝説
マンガも読みたいところだ『銀河英雄伝説
結局、原作読むのが一番いいんじゃないか?『銀河英雄伝説

てなわけで、『銀英伝』脳になっているわけですが
そのための時間を確保できていないので
この熱を持て余したままブームが去ってしまいそうな予感。

なんで時間確保できていないかっていうと
仕事が忙しくて残業続きってのが大きな要因ですが
今期、アニメを見すぎなのが大問題(苦笑)

こう時間がないと見方が偏ってきます。

毎週欠かさず見る番組と
第1話を見たきりで早くも脱落? と思える番組にわかれて
我ながらわかりやすい。

そんなこともネタにできそうなのに~
時間が欲しいのう。

ドラマは『あまちゃん』を見ています。

クドカン脚本ですから!
前回の朝ドラより格段におもしろいです!


前回は城田優のためだけに見ていましたが…愛が足りず脱落。
いくら好きな役者さんが出ていても
話が好みじゃなければ見続けるのは難しいですね~。

城田優と言えば
初演のときチケット取りはぐれた『ロミオとジュリエット
再演の今回は取れました!

メンバーに歌舞伎界からまさかの参戦です。
松也さんが参加(ダブルキャストですが)。

これは是非とも城田ロミオと松也ベンヴォーリオの日を狙わねば!!

尚且つ休日となると、数少ない組み合わせ。
気合を入れてチケット取りです。

プレセールってなんだよ?!

抽選じゃなくって先行先着で購入ってどうなんだ?
どんな意図があってこの方法なんだ?!
瞬殺なのかと思ったら意外と売れ残っているし…
本当に意図が謎。
まぁ、取れたからいいんですけどね。

それはさておき
これで借りっぱなしの宝塚版『ロミオとジュリエット』が役立つ!

初演時の「予習に」とお借りしたまま…

何年経っているんだ?!
とんでもないね!
申し訳ない…

ベンヴォーリオがどの人かわからないしさ(苦笑)
本気で予習しないといかんのだ!
その時間もどこかで確保せねば!

ま、舞台は9月ですから、まだまだ先の話ですが。
なんて余裕ブッこいているとすぐ本番なんですよね。
早く見ておこう。

続・始まりました:2013年春アニメ

ホント今期は気になるアニメが多くて大変です。
闇雲に録画予約して
ようやくすべて見ることができました。


デビルサバイバー2
誰かに期待してはダメだ、考えるんだ、今オレができる最善のことを。
責任感が強い主人公です。
ケータイで戦うというのが今風です、かね?
しかし助けてもらってあの反応は主人公じゃなくともがっかりします。
だからこそ、少年の「ありがとう!」が効いてくるんですが。
んで「2」ってことは「1」もあるの?
見ていなくても理解できそうなんで問題ないですが。


カーニヴァル
やたら勧められたので録画。
おお、冒頭、様々な登場人物が映って『バッカーノ』っぽいぞ。
これは…と、期待。
『バッカーノ』とは違いましたが(当然)
なんか楽しい。
名前が独特で覚えにくい。カロク・ガレキ・ナイ(と聞こえたが…)
ガレキが美人でそれだけで見る価値あり!


進撃の巨人
原作より親切だ(笑)
これは原作読んでいるから見なくてもいいかな~
と思いつつ見ちゃった。


刀語
以前、全12話の途中から途中まで見たので
今度こそ全話見るぞ。
主人公たちにはそんな因縁があったのか~。


革命機ヴァルヴレイヴ

これ、面白い!
ヒヤリとするセリフがたくさん(笑)

いきなりヒロイン死亡?
それをきっかけに事なかれ主義だった主人公が戦うことを決意。

しかし不法侵入して戦争吹っかけてきた人に説教されるなんて…
盗人猛々しいとはこのこと!

あと個人情報をそんな簡単に垂れ流してほしくないんですけど。

ガンダムで有名なサンライズ制作。
とりあえず奪われそうになり勝手に使われちゃう感じがガンダムっぽい。

流血させて起動する吸血マシンに乗って「人間やめてしまった」主人公。
どうやら吸血鬼になってしまったようです。

これ、ロボットモノじゃないのか?
吸血鬼もの?

どっちでもいいや。これは視聴確定。

それ以外のはとりあえず録画して
続けるかどうかは今後の展開次第。
今回、当たりが多くて困るなあ(笑顔)

みんな終わりました。そして始まりました:2013年冬→春アニメ

見すぎだった2013年1月期のアニメ。
みんな最終回を迎えました。
これで心機一転、4月期のアニメを見られるぞ!

ではお気に入り順に今期のアニメを振り返ってみましょう。


絶園のテンペスト
最後まで面白かった!
ハラハラしたのは羽村の存在が大きいな、と。
最終決戦のキーパーソンがほかの人だったら
なんだかんだ言ってちゃんと勝利するんだろうなと信じられるんですが
羽村ではどう転ぶか…
もしかして、ってこともありえそうなので
最後まで気が抜けませんでした。
アイカちゃんは偉かったなー。つか、凄すぎ!


キューティクル探偵因幡
首領がかわいかった! 以上!!
刑務所のエピソードが好き。
みんなを信じ、みんなを助けようとする首領がラブリーでした。
首領が出てくる話とそうでない話の
ワタシの見るテンションが全然違うから首領の存在は重要でした。


まおゆう
これも終わってしまったよ…
経済を解きほぐして教えてくれる教育番組(?)だったのに。
魔王が勇者誕生の時から見守っていたという設定は
乙女チックで良いです。
でもそうすると種族の違いがクッキリで切ないな~。


兵部京介
終わっちゃったよ(呆然)
まさか終わるとは…
いや、まだ解決していないんだけどさ
ヒノミヤはそのために存在したんですね~。
これは原作読みたいな~。でもまだ完結してないんだよね?
原作でのメインはチルドレンなんだよね?
兵部さんなら迷わず読むんだけどなぁ。


しろくまカフェ
終わっちゃった。
自由だったなぁ。いろいろ。
最終回はみんな勢ぞろいで最終回らしくていいですね。
グリズリーさんは最後まで気配りの人だった(笑)


ワンピース スペシャルエディション
これが終わるとはね~。
ずーっと放送するつもりなんだと思っていた。
グランドライン突入直前で終了。
ビビに会いたかった…
もしかしたら続きを放送してくれるかもしれないし。
ちょっと期待しておこう。


我ながらよくがんばったな。
こんなに見たのは初めてじゃないか?
もっと頑張らなくてはならないのが4月期。
史上最多の気になる作品たち…

第1話を見てみたものの感想をちらり。


RDG
原作が好きすぎるから期待と不安半々でしたが
よかった! 面白かった!!
深行のキャラしだいだと思ったけど実は雪政がキィだった。
原作読んだときは石田彰さんの声をイメージしていましたが
福山潤さんもたいへん良いです。
予想を上回るドSでビックリしました(笑)


翠星のガルガンティア
最初の15分は「これはダメかもしれん」と見切りをつけながら
30分見てみたのですが
後半15分はグイグイ引き込まれました。
SFかと思ったらボーイミーツガールな冒険活劇?!
楽しいじゃないか!!


呼んでますよアザゼルさんZ
もう会えないと思っていたもっさんと会えて私は嬉しい。
前シリーズはナレーションなかったはずですが
今回ナレーション付きで雰囲気違います。
でも芥辺さんがいるほうが楽しめるな~。
来週の登場を待ちましょう。


ガラスの仮面ですが
濃い5分番組だ。
完全に演劇から離れた設定なのにものすごく『ガラスの仮面』
テイストは同じ。お見事!
この話は4人いれば問題なかったのか…?


あとはまだ見ていません。
さーて、今期はいくつ見続けられるかな~?

2回目のOSKはDVDで『桜彦』でした。

女性だけの歌劇団と言えば宝塚が有名ですが
実はほかにもあるんです。
それが“OSK”。

縁あって 三越劇場で初めて観たの が数か月前。
そのときに4月公演も行くことを約束させられ
それを数日後に控え
だいぶ前にお借りしたDVDをようやく拝見。

いや、正確には数か月前に三越で観たときに
その勢いに乗って1度観ているんですが
感想あげていないし、まったく覚えていないので(苦笑)
新鮮な気持ちで観ました。


桜彦翔る!~必ず戻る 愛と友情のために~

『走れメロス』をモチーフにした物語。

長年、戦争を続けている天標の国とラセツの国。
今も決着せず、ラセツの国に天標の王子・桜彦が人質として滞在。
桜彦に密かに思いを寄せるラセツの若き女王ゼノビア
ゼノビアに密かに思いを寄せる家臣ラバーナ

ゼノビアが若くして女王になったのは
父が急逝したから。
その急逝を呼び起こしたのはラバーナ。

そのラバーナを操っているのが魔女アリアンローザ
戦争で夫と子供を亡くした彼女は魔女となり
二つの国を恨みに思い戦争を長引かせようと暗躍しているのだ。

…どこに『走れメロス』の要素が??

天標の国から親友の瀬戸
桜彦の「父危篤」と「妹結婚」の知らせを携えて忍んできます。

おお、『メロス』っぽくなってきたぞ。

しかし桜彦さんはすっかり達観していて
これ(人質生活)が運命なら受け入れるまで。なんて言って
帰ろうとしません。

えええ~、それじゃあ『メロス』にならんがな!

しかしかつて天標からラセツに贈られた咲かない桜が初めて花開いたとき
桜彦の運命もひらきます。
運命の桜が咲くのなら私も動こう!
と、反抗開始。

瀬戸を身代りに桜が散るまでに帰ることを約束して
故郷の天標へ出発!

おー、『メロス』になった!

しかし、確か『メロス』では王の頑なな心を
その友情で熱くさせ、自由の身になるはず。

この話には色恋が絡んでいるからそううまくいくのか?

頑なな王のポジションはラバーナだと思うんだが…
恋敵が帰ってきたらますます拗れそうだよなぁ。


大丈夫!
桜彦の友情と愛の気持ちは
ラバーナどころか魔女の心まで解きほぐし大団円!!

桜彦とゼノビアが結婚して戦争も終結。
ハッピーエンドです。

いろいろツッコミどころもありますが
いいんです!
多少ツッコむところがあったほうが楽しめますから。


桜彦翔る!エピソードⅡ~黄泉へ 桜ふたたび~

続編。
今度は『イザナミとイザナギ』の要素が。

結婚して子供の誕生を心待ちにしていた桜彦のもとから
ゼノビアが失踪。
そこへ魔女の娘ヴィヴィが現れ「ふたりは黄泉の国にいる」。

というわけで迎えに行く桜彦。

黄泉の国にはアリアンローザに魔女の力を与えた黄泉の王
死んだはずの桜彦の父
前作のラストで死んだラバーナがいます。

やったー! ラバーナが再登場!!

前作で自決しちゃったから
ラバーナの出番はないのかと諦めていたので
いい設定だと思いました(笑)

私はラバーナが不憫で不憫で…

今回は協力してくれますよ。
かつて愛したゼノビアが黄泉の国に現れて
記憶を失っていても守ろうと活躍。

むしろ桜彦のほうが狭量。
ラバーナが攫ったのか! と憤り
ふたりが親密そうにしていればヤキモチを妬き。
もう! オチツケ!!

ゼノビアの胎児は
黄泉の王を倒す“ヒカリのミコ”になる可能性を秘めているとかで
命を狙われているのだ。

けっこう団員がいるんだな~。
黄泉の王との対決の場面はそうとうな人数でした。
あの人数の動きを揃えるのは大変でしょう…

もちろんこっちも大団円。
ゼノビアは残念でしたが
愛のために殉じたのでハッピーエンドです。


OSKは歌舞伎的な演出もとりいれて
歌劇の部分はいろんなジャンルの音楽を使い
話がわかりやすいので楽しい。

どう考えてもそれ矢〇美容室じゃないか?!
って曲を歌っていたり
あれ? こんどは島唄? って感じに。

多国籍な音楽を使っているのも好み。
ラテンな感じが多いのかな~。

だんだんミュージカルに抵抗がなくなってきているし
もともと歌って踊ることも多い新感線も楽しんでいる身としては
OSKは好みでしかるべき、な感じですね。

DVD2枚を立て続けに観ていたら
さすがに見わけがつくようになってきました。

主演の人は
ときおり段治郎(現・月之助)さんにそっくりな瞬間があるので
もともと見わけがついていたのですが

それに加えて
ラバーナの人と瀬戸の人がわかるようになりました。
レビューでも「あ、このひと」と気づくんだから完璧でしょう(自慢?)

女の子はまだわからないですね~。
魔女の人はわかる、かな?
いや、魔女以外だとわかんないからダメか。

ん? “女の子”って言い方は違うか。

この劇団、女性ばっかりだからみんな性別:女だった(笑)
 

不況知らずなオタク業界

先日、渋谷に行く用事があり
ついでに探し物をするためまんだらけに久々に行ったんですよ。

渋谷のまんだらけは地下にあって
いつも階段が怖いと思いながらエレベーターを使わずに
階段で降りるのですが(笑)
行ったのが早すぎて開店していなかったんです。

12時開店でした。着いたのは11時。

こりゃ困った。予定が狂ったぞ。
じゃあブックオフにでも…と
エレベーターの前を通り過ぎようとして
何気なく案内板を見たら

上にアニメイトができている!?

え、いつの間に?
新宿にできたのにもびっくりしたけど
渋谷にもできたの?

池袋のは移転してリニューアルしているし
スゴイなアニメイト…

で、当然、行ってみたわけです。

1フロアなのでコンパクト。
けど、けっこう広いフロアなのでいろいろ楽しめそう。

私の探し物は見つかりませんでした…

せっかくだからフロアを探検。
うーむ。どこをどう見ればいいのかわからん。
闇雲に歩いていたら同人誌コーナーにたどり着きました。

おおー、いっぱいあるなー。
これを見ると今の人気がわかるってことかな?

『黒子』が人気なのがわかりました。
すごい数だ。

あとは…残念ながら見ても分かりませんでした(苦笑)

あ、『ハイキュー』も人気でしたね。
これ、原作読んでみたいと思いながら未読。
今、何巻くらいなんだこれ。

途中でジャンルやら描いた人の書かれたラベルがあることに気づきました。
しかし、待ち合わせの時間が迫っていて
時すでに遅し!

ああ、もっとちゃんと見たかった…

うーむ。
私、同人誌で読みたい作品あるのかな?

どの話なら読みたくなるのか考えてみたんですが
今なら『キューティクル探偵』ですね!
それも首領限定!
首領本、存在するんだろうか?


ちなみに“探し物”はこれ!

木下工務店PRESENTS 銀河英雄伝説=第1章 銀河帝国編= [DVD]木下工務店PRESENTS 銀河英雄伝説=第1章 銀河帝国編= [DVD]
(2011/04/22)
松坂桃李、崎本大海 他

商品詳細を見る


渋谷で見つからなかったので
オタクタウン池袋でも探したのですが
やっぱり見つからず
結局ネットで購入。 キティのHP

ずーっと観てみたかったんですけど
踏ん切りがつかなくて
買わずにいたらAmazonではプレミアついている?
定価より高いんだけど…

それで今回慌てて探す羽目になったんです。

ちょっと前に届いていたのですが
宝塚版の感想を上げるまでは封印。

だって、感想が混ざりそうじゃないですか!

そうなる前にカタをつけたかったのだ。
カタもついたのでようやく見られます。
うひー、楽しみ!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking