今期一番楽しみにしているアニメはこれだ!

銀魂 だ!!

まさかの回答。
自分でビックリ。
そうなんだよねー。これが一番の楽しみなんだよ。

原作のマンガを早々に挫折して
今までアニメを見たことがなかったので

銀さんとよばれる人が主人公
舞台は幕末っぽい歌舞伎町
なんとなく歴史上の人物みたいな人たちが出てくる
コメディの回もシリアスの回も緩急自在らしい
登場人物が多い


くらいのことしか知らない状態で見はじめたのですが
お気楽に楽しめるのがいいようです。
基本一話完結だから
先週までのあらすじを覚えていなくてもOKなのがうれしい(笑)

相変わらず人物関係がわかっていないので
いろいろ類推しながら見ているのですが、それはそれで楽しい。

現在放送されているのは
“よりぬき”ってことなので、つまりは再放送。
だからって初心者にやさしい構成になっているわけではない

だって銀さん出てこない話ばっかりなんだよ!

出てきてもちょっとだ。
初っ端から「この長谷川ってダレ??」と思っていた
長谷川の引っ越し話ですからね~。
でも今から考えると銀さんが物件選びに付き合っていたから
銀さん率高かった。

第2週が一番気に入っているドラゴン〇ールネタ。
銀魂は知らなくてもドラゴン〇ールは知っているので
楽しくて仕方ない!

この世界では宇宙旅行が簡単にできてしまうらしく
ナメック星もどきにも行けちゃうんですね。
ナメック星人に女の子がいるってのが解せないですが…
だってあの人たち一人で卵(口から)産んじゃうじゃないですか。
雌雄同体だと思っていた。
ま、もどきですから。同じじゃないんですね。

設定だけでなくキャラも似せてきているし。
声まで似てないか?! 特にセル!! すごかった(笑)

さらに音楽まで踏襲しているのがスゴイ!
これって著作権的に大丈夫なんですか??
いいのか。似ているだけで別のものだから。

第3週はよーこさんご贔屓の山崎が出てくる話。
あれ? なんか予想と違う。
もっと大人なキャラかと思っていたんですが
どっちかっていうと若造?

潜入捜査で攘夷志士になりすまそうと試験を受けています。

志士って試験で合否が決まるんだ?
志とかじゃないんだ??

なぜかやたらジャッキーを推していて
あまりのしつこさに辟易したのですが、だんだん快感になってきた(笑)
エンディングも凝っていてまるでジャッキー映画!
これも著作権的に…大丈夫なんでしょうね。うん。

第4週がまたしても変化球!
エリザベス…っ!
そういう可能性もあるよなーと思っていたのが現実に!
そっか。しゃべれたのか。
思いのほか低音でビックリしたさ。

屋台ではやられた!

必死にキャラを当てようと頑張っていたのに、そう来たか!
銀さん
たばこのために宇宙旅行した土方さん
土方さんの上司ってことは近藤さん
ポニーちゃんがわからないけど
話の内容から新八(だっけ?メガネの書生)のお姉さん

近藤さんはお姉さんが好きなの?
お姉さんは玉子焼きが苦手なの?
土方さんは近藤さんを嫌いなの?
銀さんと土方さんは仲わるいの?


こんな風に懸命についていこうとしたのにさー。
裏切られたよ。
でもそんな裏切りは嫌いじゃないさ。
むしろ大好きだ!

と、こんな感じで毎週楽しんでおります。

いつまで放送してくれるんだろう?
映画公開に合わせて
なら、映画が始まるまで?
そんなこと言わずにずーっと放送してほしいです!
 

変化球が楽しめるシリーズ3巻:パラダイス・ロスト

このシリーズはおもしろいです!

ジョーカー・ゲームダブル・ジョーカー に続くシリーズ第3弾。

第二次世界大戦中に暗躍した諜報機関
という設定を活かして一定しない主人公。
毎回、趣向を凝らして物語を紡いでくれます。

とはいえ共通する登場人物も存在します。

それが“魔王”とも呼ばれる結城
謎につつまれた経歴
謎めいた存在。

その結城の過去を探る話がついに…!

それも一筋縄ではいかない!
くそう! そういうことかっ!!
と、地団駄踏むこと請け合い(笑)

もちろんこのエピソード以外も面白いです。
趣向を凝らしているのでいろんな角度から楽しめるんです。
長編好きな私が夢中になる短編集!

このシリーズ、もっともっと読みたいなぁ。



2013年1月号のアフタヌーン (おお振り編)

ついに…ついに追いつきましたよ!
感想が新刊に!!
何か月ぶりだろう~。


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

かつて秋丸に「6番以降も安パイ」って言われていた西浦打線。
そのなかに阿部も含まれていたのか~。
今回、阿部は7番だったんですね。

3打席目だ
オレには早い球投げてるようだけど
かすりもしねーとかあんまりだろ


ありゃりゃ。そりゃ安パイって言われちゃうのもしかたないかな…
榛名も阿部相手にはムキになって投げていますからね。
この打席も阿部は空振り。
「かすりもしねー」ままでした。

水谷はファーストゴロ
三橋は三振
うん。安パイかも(苦笑)

榛名! あの球打てるよ 打とう!

おおっ! 秋丸から強気な提案!!
まっすぐの見極めができたというのか?!
捕手トークで清水には伝わったようです。

しかし秋丸の説明は伝わりにくいようで
なかなかみんなには理解されない…

が、藤巻が通訳! 意外に理論派?!
これで大多数に理解してもらえそう。
見極めた秋丸に対しても素直に感心してくれていい子だなー。
賞賛の言葉に

まァでも打ててないからな
練習が足んねェからダメなんだよなァ


練習不足を認めた…っ!
ほんとうにやる気を出すのか?! 生まれ変わるのか??

ずっと懐疑的な表情で様子を伺っていた榛名が
この言葉を聞いてびっくりしています。

そうだよなー
今まで期待を裏切られ続けて失望の境地だったところにこの発言。
にわかには信じられませんよ。

しかし熱意は通じた!
一度は捨てると決めたまっすぐを「打ってけ!」の指示にかえました。
つか、監督はムシしていいのか?(笑)

もちろんその作戦変更は阿部もすぐに気づきます。

まさか“まっすぐ”狙い?
――だとしてもあとアウト5つ
逃げきるぞ!


“まっすぐ”を振ってきてる
けど まだタイミング合ってないから
投げる!


だがしかし! 打たれてしまいましたよ…
有望だよ、清水…

マグレか必然か
三橋の球は慣れりゃあ打てる
2番(清水)に投げた“まっすぐ”は5球
5球ありゃ打つやつは打つ…か


そっかー、その教訓を今後の試合に生かせばいいんだね。
つーか、まずはこの試合!
ピンチじゃん!!

次のバッターはバント失敗で2死。
迎えるバッターは榛名。

そんなもんを自信持って投げんのは 無理だ

高目きてみろ スカッと飛ばして
なけなしの自信をフッ飛ばしてやんぜ


強気です榛名。
それに押されたのか

力じゃ抑えこめない
かわせ!


と投げる三橋。
えー、秋丸のときの「球の力で抑える!」は、どこ行った?!
こういうのも心理戦っていうのかな?

榛名の勝利。
同点の三塁打ですよ。

切り札として投げてきた“まっすぐ”が
こんな連続して打たれてしまうとは。
三橋にとっては久しぶりの感覚。
三星時代の記憶が蘇ります。

でもあのときとは違ってマウンドにみんなが駆けつけてくれます!
それに気づいている? 三橋!

阿部君がリードいっぱい工夫して
ごまかし続けてくれたけど
やっぱりこれが オレのホントの姿だ

カントクもみんなも
こういう日が来ることはわかってたはずだ


え、「工夫」は正解だけど「ごまかし続けて」ってのは…
ネガティブ三橋の本領発揮か!
モモカンもまっすぐがつかまることは想定済みだと思う。
だから失望したりしないよ。

でもオレがエースだ
勝つ気で投げる!


ヨシ! そうこなくっちゃ!!
阿部も想定済みだ。

こっからが捕手の見せ場だろ!

と気合入っています。
迎えるバッターはやる気に満ち意外と素直な藤巻くんです。

ここで逆転しておきたい
何が来ても打つ!


ぎゃー、すごく気になるところで終わっちゃいましたよ!!
この状態で1か月待たないといけないのかー。

こうなると秋丸の成長はどっちでもよくなるな!
それどころじゃない。

三橋のピンチだ!
西浦のピンチだ!
阿部が見せ場をものにすることを切に願います!!


武蔵野内で“まっすぐ”に妙なあだ名がついちゃいましたね。
“もどき”…
清水も榛名もナチュラルに同じあだ名を(苦笑)

あと三橋はモモカンのことをモモカンと呼んでいないんですねー
まぁチームメイトのことも君付けだからなー。
や、三橋がみんなを君付けで呼ぶのは好きなんですけどね。
三橋がチームに本当に解けこむのはまだ先なのかなー。


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2012年

12月号おお振り編/10月号おお振り編/9月号おお振り編/8月号おお振り編/6月号おお振り編/5月号おお振り編/4月号おお振り編/3月号おお振り編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

2012年12月号のアフタヌーン (おお振り編)

コミックスの話もしておきましょう。
20巻が発売されました。
詳しい感想は過去のものでいいとして(手抜き←いつものこと)
コミックスのお楽しみカバー下について。

桃李のダウン

合同練習では他校のアップ・ダウンを体感する貴重な機会。
そこで張り切って参加するわけですが
驚異の量にリタイヤ続出、という話。

筋トレがすごい桃李、ダウンもすごかった…

腹筋の早さ、回数、どちらも西浦ナインはビックリ。
15分で1000回って(遠い目)

つか、ダウンって
そんなぶっ倒れるほどの勢いでこなすものなのか?
慣れればできるようになるものなのか?

ちなみに西浦の腹筋王(←変な名前つけるな!)は
阿部でした。
それでも200回未満だというから桃李おそるべし。

2010年9月号2010年10月号2010年11月号2010年12月号2011年1月号2011年2月号


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

オレに回してほしーつって
ここにいるヤツに頼んでてもダメじゃね?


先月号で珍しく命令形でキメた秋丸に対して
冷静なツッコミをする榛名

ぷ。たしかにそうだ!

あっという間に7番打者はアウト。
8番打者の吉沢に「このチャンスオレにくれ!」と言う秋丸。
なにか策があるのかと思ったら

そらお前 自分で工夫してくんないと…

えええ、なんという無責任さ! さすが秋丸。
ぽかっと口をあけたまんまの吉沢が出した答えは

先輩 プレッシャー減らしてくれようとしてます?

わー、ポジティブ! いい子だ吉沢っ!!
塁に出るだけでいいってことは
大きいのいらねーから」ってことだと結論づけたようです。

…そうか。そういうことになるのか。
言った秋丸、ことの重大さに気づいたようです。
果たして見せ場をものにすることができるのか?!

その前に吉沢の打席です。
捕手・阿部との読み合いが面白かったです。
この勝負は吉沢に軍配!
予想通りの高目スライダーをライト前ヒットに。

20巻読んでいた時も感じたんですけど
捕手視点の場面が増えてより野球マンガっぽくなっているような…
あんま難しいこと考えられるとついていくのが大変(笑)

あ! 1点とられてしまいました~。
これで3-2です。
やだー、秋丸の活躍次第では逆転もありうる場面。

ここで西浦バッテリーのやりとりで一息ついて。
あ、そうか。

阿部:今スッゲエしゃべりやすかった
三橋:スンナリ は 話せた!

この二人の意思疎通が以前よりうまくいくようになったから
野球描写の密度が濃くなってきているってのはあるのかもしれない。


観客席には武蔵野の先輩たちが見守ります。
その先輩たちの心配の種が秋丸。

オレらと榛名の“距離”は多分
丁度良かったんだ

あいつと子供のころから野球やれてたら
どんだけ触発されてたろうと思ってたけど
近すぎたら
オレだって秋丸みたいになってたかもしんねェ

秋丸にとって榛名は巨大なんだ
そらもー自分の存在がどこにあんのかわかんなくなるくらい


と分析するのは町田先輩…だよね?
まつ毛が長くて違う人のように見える。

あー、それ一理あるかも。
秋丸にしたら
子供のころから太刀打ちできないスゴイ存在が身近にいたわけで
自己防衛のためにやる気を打ち消すのもしかたないことなのか。
でもさー

同情はすっけど 肯定はしねェ!

そうだ! そこで逃げるのはイカン!!
やる気を出した秋丸、結果を出せるのか??

ツーベースでも打って
ここで同点にできたらなかなかいい流れを作れるじゃないか


そうだね。西浦にとってはピンチだけどね…っ

ランナー返せないまでも
あのストレートは見るぞ
なるべく球数投げさせて
ストレート打ってヒットにできればオレとしちゃ満点だ


ん? ビミョウに目標が下がっていませんか??
いや、高すぎる目標はプレッシャーになるから
これはこれでいいのか?

まっすぐを見極めようとする秋丸に
惜しげもなくまっすぐを指示する阿部、そして投げる三橋

オレの球 の変なとこ 効いてないとしても
球の力で抑える!


まぁ。なんと頼もしい。
あら? これって先月号の榛名の

打者をアウトにすんのは投手の力だ!

と同じ?
いや、違うな。
それ以前に榛名は「組み立ては単におぜんだて」って
言っているから。
三橋は組み立てを否定するようなこと思っていません。

今日はよく伸びてる 打たれる気しねェ!

この人に 打たれる気 しない

まあステキ。強気なバッテリー。
その言葉通り秋丸に空振りさせました!!
やっぱ弱気じゃダメなんだよ。
すっかり逃げ癖ついてる秋丸…

クソーッ
見えてんのに打てないよーっっ


あれれ? 珍しい悔しがっているよ秋丸が。
同時にパンドラの箱を開けてしまったようです。

秋丸も最初はピッチャー志望だったんですって。
でも少年野球の練習初日にオトナタチの対応から
榛名と自分の差を実感して

かなわないもんへの挑戦はやめたんだ
悔しい思いをするのが嫌だから


うーん。わからなくはない。
けどなー。
もやもやするわい。
この思考はわりと普通なのかもしれないけど
非常に残念です。

が、今回
まっすぐ攻略という活路を見いだし
久しぶりにやる気を見せている秋丸。
成長するチャンスかもしれない。
榛名のためにもどうにかしてほしいものです。


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2012年

10月号おお振り編/9月号おお振り編/6月号おお振り編/5月号おお振り編/4月号おお振り編/3月号おお振り編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

2012年10月号のアフタヌーン (おお振り編)

読みがりません、書くまでは!

というわけで
このブログに10月号と12月号の感想をアップするまでは
1月号のおお振りを読むことを禁じました。
こうすればいやでも感想あげるでしょう。

ていうか、そこまでしないと実行できないのか(苦笑)

そんなこともないと思うんですけど
気がついたら1月号発売しているんだもの。
これはいい加減、本気で行動しないといかーん!
という決意の表れです。

早く続きを読みたいのでさっさと感想に参ります。


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

じっ
じいっ
じいいいっ


と西浦ナインが見つめる先には対戦相手のバッテリー。

捕手・秋丸

突然出始めたサイン。
これに付け入る隙があるのではないか、という阿部の提案で
みんなでクセ探し

実戦経験の少ない秋丸ですから
指導された機会も少なかろう

ってことみたいです。
しかもこの時点では
榛名が首振らない、つまり
榛名の投げたいようなサインしか出していないわけですから
秋丸の捕手としての力量は…大したことなさそう
なんて思えちゃうわけですね。

榛名が首を振ると
え…首振られても困んだけど」と思いつつも
「…じゃスライダー?」と次の提案をできる秋丸。

だけど
球種のサインしか出してないけどちゃんとストライクの要求するべきだ
と後輩に突っ込まれる頼りなさ。

阿部だっけ?
以前大地のリードに対してストライク要求しなきゃだめだって言ってたの。
それを思い出したよ。

つかこの後輩(清水だよね?)
コントロール今イチの榛名さんは
平行カウントカウントにするとあと厳しくなるし

なんて榛名にも容赦ないけどな!

そうこうしているうちに田島の打席が2ストライク。

田島:次は決め球 もう一球ストレートだ
秋丸:当然ストレート
榛名:組み立ては単におぜんだて
   打者をアウトにすんのは投手の力だ!


あらー榛名ったら阿部に聞かれたらまた激怒されそうな思考を…
しかしその言葉を証明するように田島を打ち取る。

なんだかんだで三振しねェな

うん! そうなの! 次は打つよ!!
さ、次は花井の打席です。
今回の主役ですよ! ミラクルを起こしますよ~!!

秋丸がなにやらサインを出しますが
いやここはストレートでいく」と首を振る榛名。
気合で押せるヤツには 1球速い球見せてやっと あと楽なんだ
なんて失礼極まりないこと考えていますよ。

それを受けて「じゃストレートね」とサインを出しなおす秋丸。
なんかいつの間にか普通にサイン交換してるな
オレの組み立て当てにきてたわけじゃねーのか

あはは。私も同じこと思った。
秋丸は榛名の思考通りのサインを出して満足するもんだと。
どうやらそれなりに考えているようです。

決め球のストレートが花井を襲う!

田島も打ち上げる球をどう打つか
内なら思いっきり引っぱる!
オレだってこの勝負を
楽しみにしてたんだ!!


打った!

まさか!?
おいおいおい―――っっ


沸き立つ西浦ベンチ。
ていうか、その反応(笑) 失礼だぞ、キミタチ。
でも私も同じこと思った。
まさか打つとは。まさかホームランだとは!

打った本人もびっくりのホームランなんですよ。
公式戦初ホームランが榛名から!
すごいぞ、花井!

呆然としてホームに戻る花井。
それを迎える歓喜の西浦ナイン。
その様子を見て実感する花井。
モモカンに頷かれてドンッとさらに実感。

そこへ「オレが出てりゃあ2点入ってたよな」と田島登場。
そういえばそうだね…!
お前がこんなんなら四球選んだってよかったのに!

予想外なんだよ!!
榛名からホームランとか
お前 スゲーぞ!!!


ライバル田島からの賛辞がトドメでしたね。
どっかーん
と何かが盛大に噴火した花井なのでした。

花井君
これでやっと田島君の視界に
入ったってとこかな


え、今まで眼中になし?
あー、でもそーかも。そーだね。
いいんだ、これでお互い切磋琢磨しあって影響しあうことができるから。
それがほかのチームメイトにも影響していけば今以上のチームになるぞ。

もサードゴロ。打ってますよ。
本人も「当たったぁー!」と嬉しそう。

意外にみんな榛名の球、当ててるよね。これはどういうことなのか。
みんなの成長が著しいためなのか
捕手が秋丸だからなのか。

いやー ビックリしたねー
1年にホームラン打たれるとは!


うわっ! それを榛名に言うのか?! さすが秋丸…
後ろでビビる後輩たちの気持ちがわかるよ(笑)

夏ベスト16だからな
みくびってたわけじゃねーけど
向こーをほめとくよ


あれ? そんなに気にしてないみたい。
榛名って大物だな~。
まっすぐに対しても考えているし、ちゃんと先輩しているよね。

そのまっすぐを攻略(マグレ当たりか?)した秋丸
そんなに変な玉だったかなァ」と困り顔。
まっすぐに翻弄された八木からアドバイスを求められても
具体的な指示ができない秋丸。

そんな難しい球じゃないんだよ
次の打席でもっかいちゃんと見てみっから
この回 オレまで回せ!


おおお?! 秋丸が命令形でしゃべったぞ!

ってところで以下、次号!
いや、1回休載してたので次々号?
そんなことはいい。
先が気になるのでそのまま12月号へ突入したいとこですが
眠くなってきたので12月号は後日!


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2012年

8月号おお振り編/8月号おお振り編/6月号おお振り編/5月号おお振り編/4月号おお振り編/3月号おお振り編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

いまさらだけどTwitter開始…するのか?

ほんとーに今更なんですがTwitterに登録しました。
やっていなかったからなんなのかよくわかってないんですが
なんか活用できるんだろうか…????

なんでか私の周囲ではあんまりやっているひとがいなかったのですが
ついにフォロー依頼をいただいたので重い腰をあげました。
その依頼も先月いただいたんですけどね!
どんだけ行動遅いんだ!

さて。
教えてもらったアドレスにアクセスしてみたら…

承認制だから許可がないと読めないよ~ん

とシャットアウトを食らいました!

えええええ?!
ワタシ、本人から直接招待されたんですけど?!


腑に落ちなかったんですけど
まあ、そういうシステムならしかたないですね。
登録しますか。

名前とかメルアドとか問われるままに答え
いざ登録!

郵便番号を入れてご近所の情報をフォロー?

う、ん。別にご近所情報はいらないんですけど。
でもまぁ、そういうなら…
言われるままにフォローさせていただきました。

え、5件も登録しなきゃいけないの?
そんなにご近所情報だらけなのやだ。
そうか、好きな俳優さんとかフォローすればいいんだ。
ようやく5人フォローできました。

え、さらに5人? 今度は有名人で??

それすでにやっているんですけど…
疑問なんですけど
自然に挙がってくる候補の中に
井上和彦とか杉田某とか中村某とか声優さんの名前が列挙されるのは
どうしてなのさ?!

みんなそうなの? ワタシ向けのサービスなの?
ていうか
声優さんだと認識できるようになっている自分の成長が怖い(笑)

でも、声優さんのフォローはしませんでしたけどね!
…おもしろいのかな?
おもしろいのならフォローしとくべきだったかな。

「小説家」で検索もしてみたんですけど
水嶋ヒ○が出てきてびっくりした!
けど、いいのか。小説書いていますからね。いいんだ。
そういや読んでないなぁ。いまなら図書館で借りられるかな。

なんとか10名フォローして
これで終わりかな? と思ったら

さらに5名?! 今度はアドレスから?!

もー、いつになったら終われるの??
これ省略できないのかなー。
だいたい友達のアドレスなんて覚えてないよ!
そのアドレスで参加してるかどうかなんてわかんないじゃん!!

やっつけ仕事ですよ。
最後の5名は人数合わせで選びましたよ。
この時点で疲労困憊。

しかしようやく次のステップです。

え、画像? そんなの用意していないよ。
え、自己紹介?? なんも考えてないよ。

もう疲れた…予想外に苦労している。
いつになったら解放されるの~。
気絶しそうになりながらなんとか終わらせるとそこがゴールでした。

活用方法が見いだせないままの登録なので
しばらく放置になりそうな予感(苦笑)


で、承認してもらったのでさっそく覗いてみた。
む。今夢中になっていることを熱くつぶやいてらっしゃる
そうか。そうやって使うのか!

うろおぼえですが思ったより原作に忠実?:ドラマ『大奥』

ようやく見はじめましたドラマ『大奥』。

よしながふみ原作!
主演・堺雅人多部未華子

いそいそと録画したのはいいものの、見やしねえ(苦笑)
いいかげん見なはれ
と自分に言い聞かせ実行。

あらあら。思ったより楽しめるぞ。
映画はあらら? な感じでしたけどドラマは大丈夫。

もっとも
「そんなエピソードありましたっけ?」
「そうだったかなぁ?」
と思う部分はありますけど。
それは私の記憶力の不備がなせるわざなのか
アレンジされているのか。

たとえば
有功と玉栄が出会ったのは出家後?
出家活動(?)あんなにやってたかなぁ?
おかげで時代設定が伝わってきましたけどね。

そのあたりを解明すべく原作を再読しようと思っていますが
読まないほうが楽しめそうだから
最終回を見届けてから再読しようかな。

それにしても尾美くんが!
まさかの村瀬!!

第1話では語りのみだったので
「なんで! もったいない!!」と憤慨したものですが
第2話から村瀬として登場して「そういうことか!!」と大いに納得。

てことは映画版でも登場するのかな?
村瀬は時をかける男ですから(タイムスリップはしないが)
オイシイ役です。にやり。

意外に玉栄がいいですね。
原作以上に有功に心酔しているのも含めて(笑)
あの人はあのくらいギラギラしていてちょうどですよね。

当初やたら「小姓」と言われていた有功。
…小姓って年齢か?
と疑問もありましたが、まぁね、それはそれ。

頑なな家光の心を解かすのは堺さんで正解です!

さすがに女装はしませんでしたね。
ちょっと残念な…と、ぼそっと言ってみる。
でもあのシリアスな場面、女装していては台無しになりかねないので
仕方ないですね。

お楽の方も出てきて(まさか窪田くんだとは)
物語も中盤。
ここまで来たら全部見られそうです。

今期はこの『大奥』とWOWOWの『タッチ』を見届ける所存。

最近の趣味活動

ご無沙汰しておりましたみなさまいかがおすごしだったでしょうか?
おひさしぶりです。

久しぶりすぎてネタがたまりまくり。
ネットはしておりませんでしたが
それ以外の趣味はそれなりに…

ってことで、羅列してみます。


●アフタヌーン
ここ数か月、発売日に買いそびれてそのままずるずると
感想も上げずじまいですが、読んでます。
おお振りは。
なんとおお振りの感想だけは上げ続けていたのに
何を勘違いしたのかすっ飛ばしていたことに気がつきました!
それも含めてそのうち感想を…

月刊 アフタヌーン 2012年 12月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/10/25)
不明

商品詳細を見る


●おおきく振りかぶって 20巻
買いました。
読みました。
阿部がまだ怪我していて変な感じ(本誌では回復済みなので)
これはまぁ改めて感想は上げませんが
本誌の感想のついでに過去の分をまとめるくらいはいたしましょう。

おおきく振りかぶって(20) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(20) (アフタヌーンKC)
(2012/10/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る


●信長のシェフ 1・2巻
今一番好きなマンガ。
これは最新刊まで読んで、感想を! と燃えています。
私は料理のマンガが好きである。
それにタイムスリップ&記憶喪失、そして信長!!
これで好きにならないわけがない!!

信長のシェフ 1 (芳文社コミックス)信長のシェフ 1 (芳文社コミックス)
(2011/08/09)
梶川 卓郎、西村 ミツル 他

商品詳細を見る


●KATANA 1~7巻
どうしてもっと早く読まなかったのか!
思いのほか面白かった。
これ『百鬼夜行抄』好きだったらきっと楽しめる。

KATANA 1 襲刀 (ぶんか社コミックス)KATANA 1 襲刀 (ぶんか社コミックス)
(2006/10/17)
かまた きみこ

商品詳細を見る


●暗殺教室 1巻
凄いタイトル、すごい表紙。
インパクトが大きいこのマンガ。
タイトルに反していい話だ。
殺センセーはいい先生だ。
生徒ひとりひとりと向き合って指導してくれる立派な先生。

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)
(2012/11/02)
松井 優征

商品詳細を見る


●ゴーストハント 旧校舎怪談
あまりこのブログではネタにしていませんが
大好きなんです小野不由美。
このシリーズから読みはじめましたから思い出の作品。
今読むと好きなキャラ変わってるかな?
と思ったりしたんですがやっぱりナルが好きでした(笑)

ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)
(2010/11/19)
小野 不由美

商品詳細を見る


●ピース
某書店で「読み終わってからこの表紙をまた見たくなる」と煽られ
どれ読んでやろうじゃないのと実行。
たしかに!
タイトルもああ~って感じで納得の1冊。

ピース (中公文庫)ピース (中公文庫)
(2009/02)
樋口 有介

商品詳細を見る



DVDは『アベンジャーズ』が意外と後をひいていて
関係者が登場した映画を見まくる日々。

●マイティソー
ソーは暴れん坊でした。
ロキはブラコンでファザコンでした。
結構『アベンジャーズ』キャラが登場していて
それを踏まえてみるのも楽しい映画でした。

マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2011/10/21)
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る


●ハルク
エリック・バナの無駄遣い…
緑の怪物に起用するセンスがわからない
と思ったものですがハルクは苦悩するいい役なのでOKです。
が、なんか釈然としない話でした。
あの展開でいいのか?

ハルク [Blu-ray]ハルク [Blu-ray]
(2012/04/13)
エリック・バナ、ジェニファー・コネリー 他

商品詳細を見る


●キャプテンアメリカ
これはモロに『アベンジャーズ』に繋がっていますね。
もっと大味な話かと予想していたのですが
結構見ごたえがありました。
あくまでも“楯”にこだわるキャプテンがオカシイ。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2012/02/24)
クリス・エヴァンス、スタンリー・トゥッチ 他

商品詳細を見る


あとは『アイアンマン』だな。
近々みるでしょう。間違いなく。


覚えている部分を羅列してみました。
あとはおいおい感想をまとめたいと思います。
しかし時間がとれないぞ。
更新する気持ちはあるんだ。けどなかなか実行に移せない。
がんばれワタシ。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking