ナナマルサンバツ 1~2巻 (杉基イクラ)

部活マンガ。
クイズ研究会のお話です。

『ちはやふる』を好きな方なら楽しめそうな漫画です。


ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)
(2011/05/02)
杉基 イクラ

商品詳細を見る


う~、久々に燃えるマンガだ。クイズですけど!

大人しい文学少年がクイズ少女に引っ張られて
クイズの世界に足を踏み入れるわけですが
この文学少年、知識量が半端ないので今後の活躍が期待できます。

クイズのセオリーを知らないので苦戦していますが
本気で勉強して傾向と対策を練ったらものすごい戦力になりそう。
なにしろ素で

一度読んだ本の内容なら識ってて当然だ…

なんて考えちゃう人ですよ!
一度どころか何度読んでも忘れちゃう人間だっているのに!!

キャラも揃っている。
最近はやり(?)の残念ヒロイン
強引ながらも実力は認めてくれているライバル
導いてくれる先輩。

笹島先輩は意外と懐が深いのかもしれない。
因縁ありそうな“深見”の妹と目される子を受け入れるし
勝つためではなく楽しむのを第一に考えているし。
過去になんかあったんだね。ふむふむ。

問い読みさんの優しさにうっとりしました。
中澤さん好き。

御来屋も好きだけど。
クイズではいけずだけどライバルの存在は受け入れて
リベンジ誘うなんていいとこあるじゃん。

真理りん由貴っちが仲良くてよかったよ…
てっきり険悪な別れをしたんだとばかり。
だって1巻ではそんな雰囲気だったじゃん! 誤解しちゃうじゃん!

各巻にクイズが70問出題されているんですが
どっちも半分くらいの正解率でした。
…微妙な成績だね(笑)
 

お茶にごす 全11巻 (西森博之)

かつて週刊少年サンデーを読んでいた関係で
『今日から俺は』を途中から最後まで
『天使な小生意気』を最初から途中まで読んでいました。

てなわけで西森作品を全巻通して読むのは初めて。


お茶にごす 1 (少年サンデーコミックス)お茶にごす 1 (少年サンデーコミックス)
(2007/08/10)
西森 博之

商品詳細を見る


うわー、面白い!

こんなにゲラゲラ笑ったのは初めてかもしれない。
おっかしーなー?
こんなに笑っていい話?
別にギャグマンガではないのになー。

優しい人を目指すまークン
男前な夏帆ちゃん
意外とフツー(?)ヤーマダ
フツーに腹黒な智花ちゃん
菩薩のような部長

この五人+数名の茶道部マンガです。
茶道を通して“優しい人間”にはなったりもするんですけど
あんまり茶道部活動はしない…
だから茶道の作法を学ぼうなんて思っちゃいけません(笑)

茶道部活動はしなくても
学生生活は満喫するので学園ものとしてはバッチリです。

そんな日常生活に散りばめられる爆笑場面

みんなで鼻からうどん、に
こんなに笑うことになるとは思わなかった~。
その後もネタのように鼻からいろんなものを垂らすヤーマダに
毎度笑わせてもらいました。

座禅の時の笑いの伝染、にも
なんかわかんないけど読んでいるだけで私にも伝染して
込み上げてきて大笑い。

肝試しの阿鼻叫喚、でも
ここは何段オチなんだ?! つーくらい連続した笑いで
笑い疲れましたよ。

笑えて楽しかったのも確かですが
少女マンガなら夏帆ちゃんと、だと思うんですよね。
あの出会いなら。
そうならない意外性。

いつのまにか愛に満ちた人間関係は
茶道と関係あるようなないような。

最終的にはちゃんとお茶をたてられるようになっていたまークンに脱帽。

いろんな角度から楽しめるこのマンガ
期待していた以上に読むポイントがあって内容充実していました。
そうかー、単なるケンカマンガではなかったんですね。

そういえば『今日から俺は』でも『天使な小生意気』でも
主人公は正義のために戦っていた。
ほかの作品も機会があったら読んでみたいものです。
 

2012年4月号のアフタヌーン (おお振り編)

今月号は頑張った!
すぐに感想あげられましたよ!!
わ~、何か月ぶりだろう…(遠い目)

そして来月号にはひっさしぶりの『ヴァンピール』掲載。
本編ではないようですけど。
つーか、忘れちゃったよ…いろいろと…
来月号までに読み返しておきたいです。


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

榛名の踏み込みって凄いんだね。

…最初、三橋がなにやってんのかわかんなかった(苦笑)
阿部の「比べんなよ!」も何が?? と全くわからなかった。
んで、踏み込みが遠いと何かメリットが?
やっぱりわかっていないのでした(笑)

榛名のモノローグで判断する限り
西浦を研究し尽くされているわけではないようで一安心。
サインまで盗まれるような対決は当分勘弁したいところです。
あの試合はちょっとトラウマです…

が、西浦サイドでも武蔵野の情報はないっぽい。
そうだよね、3年生は引退しているし2年生は2人だけとなると
1年生中心のチームだもんね。

その武蔵野の1年生たち、かなり使えるようですよ。
榛名の存在に惹かれて集ったのでしょうね。
あんだけわかりやすいすごい投手がいるとわかっていれば
いろいろ期待できますよね。

1年生の素質もふんだんに発揮され
まさかの監督からのサインもあり(監督別人? 心入れ替えたの?)
1点取られちゃいました~。

えーっ、榛名から2点以上とらないといけなくなっちゃったよ!

しかし西浦には田島がいますよ!
やる気満々、ウキウキしながらヒットで出塁。
本当に田島は頼りになる♪

その直後、動き始める武蔵野1年!
ガンガン意見していますよ、榛名に。

そうか、1年ってことは西浦と同学年だから情報持ってるってことか。

3年生の前では猫をかぶって大人しくしていたようですが
実戦ともなると遠慮しない心意気。
頼りになるじゃん!
榛名の孤軍奮闘だった武蔵野が大きく変わりそう。
榛名、よかったね!

かなりの毒舌ですよ。
花井に関しては

花井はまず気合で押しちゃって下さいね

というアドバイスですよ。
わははっ! こんなこと言われているぞ、花井!!
でも否定できないぞ。がんばれ。

塁に出た田島が何か企んでいる…
盗塁かな。
もしかして榛名のモーションも盗んでいるとか??
有言実行の男・田島が動き出す来月号、乞うご期待!

あとは花井が打つだけだ!!
見せ場をものにするのだ!!


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2012年
3月号おお振り編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

天は赤い河のほとり 全28巻 (篠原千絵)

歴史モノとタイムスリップを掛け合わせた傑作!

以前、読んでいたのですが再読且つ一気読み。
さすがに大変でした…
28冊もありましたっけ。そうでしたか。


天は赤い河のほとり 全巻セット (小学館文庫)天は赤い河のほとり 全巻セット (小学館文庫)
(2011/03/01)
篠原 千絵

商品詳細を見る


やっぱオモシロイな!

これ、最後まで描ききったのはスゴイと思います。
この時代のこのあたりの歴史は全く知らないので
史実と比べてどうなのかはわかりませんが
そう逸脱させていないような説得力があります。
ええ、タイムスリップしていますけど。

身分差別やら人種の差やら
いろんなものを乗り越えるヒロインに感動の連続。


不思議と男女差別はあまりない…
そういう時代だったのか?
最大の障害も権力を持った女性だしな。
少女マンガだしそのほうが盛り上がるってことでこんな設定?
どっちでもいいや。面白かったから。

エジプトがユーラシア大陸と陸続きだと教えてくれたのは
このマンガでした。
まさかあそこが繋がっているとは…!

エジプト陣営には有名人が多いので歴史の勉強にもなる
ような、ないような…

ユーリみたいな女性も稀有でしょうが
カイルのような男性もいないよな~。
なんて思いながら読んだりもしました。
 

夢の雫、黄金の鳥籠 1巻 (篠原千絵)

これは…歴史モノなのかな??

『天は赤い河のほとり』に続く?!
場所的には同じところを舞台にしているらしいこのマンガ
前から気になっていたので読んでみた。


夢の雫、黄金の鳥籠 1 (フラワーコミックス)夢の雫、黄金の鳥籠 1 (フラワーコミックス)
(2011/09/09)
篠原 千絵

商品詳細を見る


これは~ハーレクインか?

どーもハーレクインを読んでいるような気がしてならない…
や、読んだことないんですけどハーレクイン(笑)
イメージですイメージ。

町が盗賊に襲われ普通に暮らしていた少女が
奴隷として売られ
時のスルタンの妾を探していた男に買われ
ハーレムで暮らすようになる


って展開ですよ。
そう思っても仕方ないでしょう?!

物語はまだ1巻なのでこれから、ってところですが
ヒロインが上昇志向でやる気満々だし
ヒロインを買った男にも野望があるっぽいので
いろんな広がりを見せてくれそうです。

ヒロインとしては買った男が気になるようですが
邪魔者であるスルタンもそんなに暗君ではないようで
なにやら野望もある、のか?
別にハーレム充実だけが生きがいではないようなのがいいですね~。

実は一番キャラが濃いのがスルタンなんですよね。
両方いけるのかっ!
という衝撃が…(苦笑)
 

マリー・アントワネットの料理人 1・2巻 (里見桂)

一定期間で歴史モノが恋しくなるんですよね~。
タイトルでこれは歴史モノ。間違いない! と読んでみました。


マリー・アントワネットの料理人 1 (ジャンプコミックスデラックス)マリー・アントワネットの料理人 1 (ジャンプコミックスデラックス)
(2008/10/03)
里見 桂

商品詳細を見る


確かに歴史モノでした。

でもこれ…真面目な歴史モノではないよね?

別にタイムスリップものではないはずなのに
歴史的にそれはどうなの? な描写が…

主人公はタイトルからも分かるとおり料理人です。
マリー・アントワネット専属の料理人。
なぜか日本人。

作る料理は当時からすると斬新。
だけど、うーん。
後だしじゃんけんのごとく「ずるいな~」と思えることも多いので
どうにもこうにも…

まぁ、真面目に受け止めなければいいんでしょうけどね。

それはさておきマリー・アントワネットのキャラがいい!
経済観念が発達した価値の分かるレディとして
描かれているのが嬉しいんです!

フランス料理を洗練させたのが彼女だというのは事実なんですか?
当時のフランスは田舎っぽくて料理もイマイチだったそうで
そのあたりの改革もしていくようなんですよ。
楽しみですね。

パンがなければブリオッシュを食べればいいじゃない

という言葉も
当時、パンのほうが上質な小麦粉を使っていたので

上質な小麦粉がないのであれば質を落とせばいいじゃない

という意味で発せられた言葉だったという解釈。
まぁ。素敵な解釈ですね~。

事実はどうなんだか知らないんですが
ケーキを食べればいいじゃないという空気の読めない言葉より
こっちの解釈のほうが数倍イイです。
私はこちらを支持したいです!
 

蒼路の旅人・天と地の守り人 1~3 (上橋菜穂子)

ついに読んだぜ~“守り人”シリーズ。

すごか話ばい。
おもしろかったばい。

なんだか似非方言つかってしまいましたが
本当に面白いお話でした。


蒼路の旅人 (新潮文庫)蒼路の旅人 (新潮文庫)
(2010/07/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


皇太子チャグムの大冒険!
ナユグを伝って逃げればいいじゃな~い。と
能天気に考える私の予想を遥かに上回るチャグムの行動力に脱帽。

そうか、その手があったか!

とハタと手を打ちました。
けど
無事にすむのか?
勝算はあるのか?


天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


戦争がすぐそこまで迫り
鎖国を決断したチャグムの父。

それはどうなの? ダメだろう!!

とイライラしながら
シュガを応援し、バルサを見守り、タンダの行く末を案じ…
嗚呼、チャグム!

ついにバルサとチャグムが再会!!


天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


シリーズの原点。バルサとチャグムの道中です。
わー、この時を待っていたよ。
先行きは不安なことばかりなんですが
一緒にいるところを見られるのが嬉しくて仕方ない。

バルサの人生もチャグムの人生も無駄がない。
素晴らしい生き方だと思いますよ。
すごい人たちだ。

そしてタンダは…


天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


それぞれの道を歩むバルサとチャグムに乾杯。
成すべきこと、できることをする二人に感動します。

トロガイもシュガも最善を尽くして行動して
それを描写するすべての文章に泣けてきます。

チャグムの父ですら…
あれはあれで一つの生き方ですよね。
最後の最後で見直した。
いいか悪いかは置いといて、アリな生き様でした。

トロガイのタンダに寄せる期待の大きさにも感動。
へぼ弟子なんて言っているけど
実はタンダのこと大好きなんだな~師匠ったら~。


堪能した~。
実に読み応えのある面白い物語でした。

あとは短編集だ。
この余韻から覚めたら読もうかな。

きみはペット 全14巻 (小川彌生)

無性にオモシロイ少女マンガを読みたくなって読んでみた。
ドラマにもなって有名なマンガなのに読んだことなかったんですよね~。
『キス&ネバークライ』は読んでいるのに(笑)


きみはペット 全14巻完結(講談社コミックスキス ) [マーケットプレイス コミックセット]きみはペット 全14巻完結(講談社コミックスキス ) [マーケットプレイス コミックセット]
()
小川 彌生

商品詳細を見る


なんと! こういうお話でしたかっ!!

ドラマも見たこと無かったから内容を全く知らなかったんですよね。
タイトルからもっと…
なんつーか、どうしようもない話かと思っていたんですが
そんなことはありませんでした。
嬉しい誤算っ!

どう考えてもお前らベストパートナーじゃろう!!

とヤキモキしながら読みつつ
どんどん成長していくふたりが眩しかったです。
ヒロインはとっくに成人している女性ですが
ちゃんと少女マンガなゆらめきもあるんです。

それにこんなにヒロインの顔が崩れる少女マンガも珍しい(笑)

悩みつつも笑いを忘れない面白いお話でした。
そう。こういうのが読みたかったのっ!!
正しい大人向け少女マンガです。

時間の描き方が独特で慣れないと戸惑うかも。

え、ここでこうくる?!
と面喰ったことがしばしば。
そういう意味では癖のあるマンガかもしれません。
ま、すぐに慣れると思いますけどね。

そして作者のおたくも織り込まれて
「加速装置」と言いながら奥歯をかみしめるヒロインとか
クワトロ大佐とか
かつてどっかで接したことのあるネタが散りばめられているのも
嬉しいマンガでした。

Fate/Zero 1~13話

アニメの話。
年始に一気放送していたのを録画してようやく見ました。


『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?
(2012/03/07)
小山力也、川澄綾子 他

商品詳細を見る


…終わってないじゃん!
全然完結していないお話でした(がくり)

モチーフはアーサー王と円卓の騎士なのかな?
それ以外の要素も含まれていますが
基本はこれ、のような気がします。

戦国BASARAのように
有名人を同時代に集めてみたいという欲求を叶えた設定
とも言えますが…

もっとすごいですけどね。
日本の戦国時代限定ではない。
世界史上の有名人をわさわさ登場させています。
正直私が存じ上げない方もちらほら…

セイバー:アーサー王(騎士王):衛宮切嗣
アーチャー:ギルガメシュ王(英雄王):遠坂時臣
アサシン:?:言峰綺礼
ランサー:名前メモり忘れ:ケイネス
ライダー:イスカンダル(征服王):ウェイバー
バーサーカー:?:間桐雁夜
キャスター:青ひげ:雨生龍之介


もう、ね。名前を覚えられませんよ!!
なんじゃこの登場人物・固有名詞の多さ!!
それ以外に個々に事情やら因縁やらが絡み合って
絡んでない人もいたりして把握しきれません!

そもそも誰が主人公なのか…

キャスターは近々征伐されるだろうからスルーするとして
大変そうなので応援したいのがバーサーカー憑きの雁夜くん。
この人が一番苦労しているよね。
なのに報われていないという不憫さが涙を誘う(泣いてないけどさ)。

セイバーはアーサー王というポジションと
切嗣サイドの事情も込み入っているようなので
主役級だと思うんだけど、どうにも肩入れしにくい。
セイバーさん、ちょっと頼りないんだもん…
これからしっかりするのかなー?

ランサーはまるでランスロットのごとき過去がツボなんですけど
ちょっとキャラが弱いよな~。
女に振り回される感じが残念です。

アーチャーアサシンがコソコソ組んでいるのが気に食わないんですが
アーチャーはこの戦いの本命っぽいので注目。
つか、コソコソしているのが遠坂くんと言峰くんなので
アーチャーは堂々としています。まるで跡部様(笑)
でもこっそり言峰くんを煽っていたりするので油断できません。

私が本命と目しているのはライダー
この王様、いいですよ!!
某作品で運命背負って今飛び立つ目的地と同じ名前のようですが
こんな名前の王様がいたんですか?!
世界史には疎いのでいまいちピンときませんが
王様の中の王様って感じで実にいいです。
ウェイバーは頼りないですが…
はやいとこ血筋ではないってことを証明してほしいものです。


続編が4月から放送されるそうなので
たぶん見ると思うので必死に名前をメモったのですが
これだけじゃダメだ~。
だってそれ以外の身内のみなさまも把握しなきゃいけないのに
そこらへんすっぽり抜けている~。
まぁどうにかなるか~。

HUNTER×HUNTER 1~18巻 (富樫義博)

アニメも放送中の人気作品。

すごく有名ですよね。
「休みがち」なことで…(笑)
連載再開するたびにニュースになるってすごいぜ。

過去に雑誌で読んでいましたが
あまりにも途切れるので記憶が持たず
気が付いたら読まなくなっていました。
雑誌自体も読まなくなっていたし…
根性なしですみません。

今回、アニメで面白さを再確認。
やっぱおもしろいかも。と再読開始。


HUNTER×HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)HUNTER×HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)
(1998/06/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る


ほんとは21巻まで読んでいるんですが
エピソードが一区切りする18巻までの感想を。

過去にハンター試験のあたりまでは真面目に読んでいたようで
見覚えある展開が多かったなぁ。

キルアの家に行ったり
念を教わったり
クラピカのお仕事っぷりを見たり
ってあたりから急激に記憶があやふやに~。

それでもゲームの世界に入ったあたりまでは読んでいるのは確かです。
だってビスケを覚えているから。
どうもこのエピソードの途中で挫折したようです。

だってルールが煩雑なんだもの(再読したらそんなことなかったけど)。
登場人物が多いんだもの(これは再読でも同じでした)。
ゲームしないから疎外感を覚えたんだもの(ゲーム音痴でもOKでした)。

挫折しちゃった話ですが実はこのエピソードが一番面白かった!
ぜひここまでアニメにしてほしいところです(無理か?)。

16・17巻のドッジボールが最高に楽しかった!
だってゴン・キルアのもとに最強の助っ人が降臨!
まさかのヒソカ
相変わらずの変態でしたが、ここのヒソカがとても好き。

まるでおとーさんのよう…(笑)

まだだね カンペキに勝つ だろ? ゴン
みんなの力があったからだよ
チームの勝利ってやつさ


まさか、ヒソカの口からこんなセリフを聞ける日が来るとは…っ

まぁ、嘘くさいんですけどね。
でも本気のセリフだと思いますよ。
有言実行でしたから!
変態だけど勝負師なところがステキです。

さて、そのあとのエピソードは
(表紙を見る限り)未だ完結していないようなので
続きは読もうか、やめとこうか思案中。

のっけからすっごい重い展開じゃないですか?
カイトがあんなんなっちゃって
ハンター試験の仲間(名前失念)も酷いことになっちゃって
キルアのトラウマ(洗脳?)も根が深そうだし
もー容赦ないな、トガシ先生は!

『レベルE』にこんな種族いましたよね。
あの時はうまく躱したけど今度は真っ向から対決だから
コワいよう。
ハッタリと悪知恵のはたらく王子の存在は偉大だったのだ…

天使はモップを持って (近藤史恵)

『家政婦のミタ』人気に影響されたわけではないですが
ビルの清掃員が探偵役の本書を読んでみた。


天使はモップを持って (文春文庫)天使はモップを持って (文春文庫)
(2006/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る


掃除のノウハウが学べたら…と思ったりしていたんですが
そんな展開ではなかった。

連作短編集でした。
そして人間の汚い部分をクローズアップしたお話が多かった。

私はシンプルな世界で生きているから
人間があつまればこんなにメンドクサイことになるものか、と
ドン引きした部分もあり
同時に勉強にもなり…

最後の話には特にモヤモヤっとさせられた。
嘘はついていない。
だけど…うぬぬ。
まあ、大団円といえるからいいか~。

蛍火の杜へ (緑川ゆき)

愛蔵版で読んでみた。
…過去に読んだと思っていたのですが
それは勘違いだったようで初めて読む物語でした(苦笑)

描き下ろしの特別編が収録されているので
読むならこちらの愛蔵版を!


愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/09/05)
緑川ゆき

商品詳細を見る


良いお話だ。ラブの話。

切ないんですけどね~。
幸せな気分になるお話ですよ。
これは緑川さんの個性ですね。

特別編はギンがみんなに愛される様を愛でるって塩梅で
これまた幸せな気分になるいい話でした。
その後、ではなくあのころを選んでくれたのが嬉しいんです。

短編集なのでほかの短編も収録。
『体温のかけら』は
マーガレットに掲載されそうなお話(私のイメージですが)で
ちょっとびっくり。
あれか、強引な性格がそう思わせるのか?

境界のRINNE 1~10巻 (高橋留美子)

犬夜叉を読んだらこっちも読んでおかねばね!


境界のRINNE  1 (少年サンデーコミックス)境界のRINNE 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/10/16)
高橋 留美子

商品詳細を見る


ものすげローテンション・無表情な主人公とヒロインです。
こんなことでいいのか、少年マンガ!

いいんです。
だって、このテンションの低さと表情の欠如は必要なことですから。

毎度毎度トラブルに巻き込まれるふたりが
動じずにいるのが面白いんだよなー。
普通に考えたらパニックになる霊的な何かに遭遇しても
ケロっとしているから楽しくなるのだ。

それに無表情なキャラ好きなんだよね、ワタシ。

川原泉のマンガ好きだし
表情のない生き物が吹き出しのそとで訴えてくるのも好き。

無表情なりに動揺したり
ヒロインを意識しているのを伝えてくれるのが
たーのーしーいー!

そんな表情の変化に乏しい主人公の気持ちを
読み取れるようになっているヒロインもかわいい。

高橋留美子キャラでは一番好きかもしれない。
今回の主人公たち。

貧乏なのもラブリーだし
そのくせお金には負けない潔癖なところもあって好感度大。
些細なことでも「豪華」と喜べるのはすごいことです。

また途切れてしまった~。

せっかく続いていた更新ですが
短い命だった…
過去の下書きを発掘してまでもたせたのにっ!

と言うのも
仕事が忙しいから、ではなく
マンガ熱がごうごうと燃え盛っているから
ネット時間がなくなったためです。

なんだろうな~
ストレス溜まっているから現実逃避したいってのもあるんだろうな~

ヤケ食いして体型変えるよりいいけどさ(笑)


そんなわけでいろんなことに疎くなっているんですが
今更なネタを話題にしてもいいですか?

『銀河英雄伝説』が舞台化されて久しいですが
好評なのかいろいろなパターンを展開していますよね。
(まさかオーベ編までできるとは思わなかった…)

そしてついに同盟サイドの公演も決定!

ヤンが河村隆一さんってことはどっかで聞いて知っていました。
正直、イメージじゃないんですけど…
だってヤンってキラキラした要素皆無だから(爆)

ミュージカルだから歌える人がキャスティングされるのもわかるんですが
ヤンが歌うってのもイメージできない(悩)
ラインハルトも歌わないと思うんだけど
朗々と歌うような気もするからまぁ、歌うのもアリかと思うんです。
しかしヤンは歌わないと思うんだよな~。

ポプランがアッキーってことにビックリ。
数少ない知っているミュージカル俳優の名前を見つけると
見てみたくなりますよね(見ませんけど!)。

キャゼルヌ先輩が天宮良!
え、明智小五郎の人?!
と、仰天してしまいましたがあれは“天知茂”だ~。
字面が似ているので惑わされてしまいました。

てゆーかさ
アッテンボローやコーネフやユリアンがその他扱いってどういうこと?
ワタシの記憶に残っている人たちがそんな扱いって…

白状しましょう。
このキャスティング で一番違和感を覚えたのが
ジャン・ロベール・ラップ

ヤンの親友でジェシカの婚約者だそうですが
まったく記憶にないんですけど…(呆然)
ジェシカってのも記憶にあるようなないような~。

これはどういうこと?
私が忘れているだけなのか
舞台オリジナルのキャラなのか。
それとも読んだつもりだけど
実は未読だったりする外伝で語られたエピソードなのか?

何しろ読んだのは中学生の時ですからね~。
何年前だ? …数えるのめんどい(笑)

調べればいいんですけどそんな気力も起こらないまま
これにて、終了。
謎は謎のまま終わりたいと思います。

もいっちょ『W』

『新機動戦記ガンダムW』6~7巻、22~29話

これも下書きのまま放置してしまった感想。
下書きのまま載せますが、下書きの時点で

すっかりテンションがおちてしまって
だいぶ前に見て感想放置していたら記憶が…(苦笑)
メモもとったんですけど
テキトーメモゆえ見てもなにを言おうとしていたのかわからぬ!


なんて言っていますよ(笑)
今思い出せなくても仕方ないですね! と開き直る。
 

新機動戦記ガンダムW 7 [DVD]新機動戦記ガンダムW 7 [DVD]
(2007/09/25)
緑川 光.関 俊彦.中原 茂.折笠 愛.石野竜三.矢島晶子.子安武人.横山智佐.置鮎龍太郎

商品詳細を見る


あれ?
そういやオープニングもエンディングも変わらないな。
ほかのシリーズはあんなにコロコロかわるのに。

ジジイどもがなんか言っとる。
カトルの優しさが敗因だの、兵士として不完全だのと。
お前らはいったいなんなんだっつーの!

子供を洗脳して“兵士”なんかにせんで
まっとうな人間を育てんか!


「人間狂って結構。それが戦争だ」

とか、またキチガエたこと言っていますよ。
お前らが狂うのは勝手だけどそれをおしつけんなよ。
その最大の被害者のヒイロが完全にイッちゃっててヤだ。

「自分の命を狙って来る者と自分が倒そうとしているのが敵」
「オレたちは間違っていない。
戦争という時代が間違っている可能性はあるがな」


あー、そうですか?
どうしてそんなに自信満々?
自分が間違っている可能性は全く考えないの?

ジジイどもも旗色が悪くなったら
自分たちが犠牲にして美談にまとめようと姑息なことを…
そうはいくか!
生き延びたのでなんらかの生きざまを見せてほしいところ。

父を失って暴走しているのかと思ったカトルでしたが
ガンダムのシステムに狂わされていたよう。
まともに戻ったよ。よかったよかった。

カトルが暴走していた間、意外な活躍を見せてくれたのがトロワ
彼は結構頭を使うようになってきたよ。
そうそう。そうやって思考することが大切なんだよ。

ヒイロとリリーナは意外とちゃんとしているんだなー。
ガンダムのヒロインとヒーローって歪んだ関係で関わることが多いけど
今回はまとも。というか、ちゃんとしてる。
お互いに恥ずかしくないように行動しているのが好印象。

そのリリーナのもとに変な女が近づいてきた。
眉毛スゲー(唖然)

まさかのトレーズ目線の語りが入って焦ってしまった(笑)
トレーズは正直興味がなくてスルー気味だったからなー。
やっぱキーパーソンなのか。
ゼクスより大物っぽいからな。
トレーズがなにをしようとしているのかわからないんだよなー。
スルーしてたから(苦笑)

ああ、レディ・アンは生死不明みたいです。
ってことは生きてんだろうな…
モビルドールは私、嫌いだな。
 

ちゃんと見てるよ『W』も。

『新機動戦記ガンダムW』3~5巻、10~21話

まいったな~
これはずいぶん前に感想を下書きしていて
ブログに移動させたと思い込んでいたんですが…
埋もれていた(苦笑)

実際に見たのは2011年の秋か初冬、のはず。
あー、もう! 何やってんだろう?!
恐ろしいのがこれ以外に
もうひとつ埋もれていた分があるってことですよ。
ボケすぎです。

以下、下書きのまんまのっけます。
さも見たばかり、な感想ですが読み返しても
そーだっけか? とあやふやな記憶しか蘇りません(呆)


新機動戦記ガンダムW 3 [DVD]新機動戦記ガンダムW 3 [DVD]
(2007/08/24)
緑川光、関俊彦 他

商品詳細を見る


うーむ。
自分で考えてこなかったことがここへきてツケとなり…

コロニーが人質になっただけで身動きとれなくなりました。

もちろん
コロニーを人質にとるという行動が間違っているんですけど。
それを実行するレディ・アンの頭がおかしいんですけど!

もーほんとこのひとやだー。
きもちわるいー。
なんなの? 二重人格なの?
猫なで声気色わるい。

猫なで声で「おやめなさい、無益な戦いは」とか言ってるし。
どの面下げてその言葉を…(呆)
テレパシーなの? 似非ニュータイプなの?

コロニー人質以来、身動き取れなくなった5人の
ウジウジ大爆発!
5人とも凹んで迷走し始めました。

凹むのはいいけどさー
そうやって悩むのは必要なことだと思うけどさー
その行動がおっかしいぞ。

おっかしいといえばゼクス
「ガンダムとは個人的な戦いだった」なんて
グラハムなの? って発言してるし。

ま、個人的な戦いだったってのは事実ですけどね~。
それを自首するのが真面目です。

ガンダムって「個人の意思で地上に送られた」らしいですよ。
何を考えているのだ?!
個人的な考えで戦闘兵器を作るな、送り込むな!

ヒイロの考えも短絡的でヤだなー。
なにかっちゃー「殺す」で片づけようとするけど
それじゃアンと変わらない。

殺してもいいってことを前提とすると
こんな人になっちゃうんでしょうか?
洗脳っていうか、教育が歪むとこうなるんですね。
恐ろしい話です。

サリィさんが順調にガンダム陣営と関わって頼もしいです。
サリィさんは自分で考えているから好きです。


うーむ。当初の熱意と比べると明らかに落ちています。
一応、続きは見る予定なのですがどうなることやら。
 

よんでますよアザゼルさん 1~7巻 (久保保久)

アニメはなんだかんだ言って最後まで見てしまいました。

ギリギリだ。
放送するのもギリギリだし
私が耐えられるかどうかもギリギリだ。

なんて言っていましたが
慣れたらかなり楽しみなアニメになっていたのでした。

そしたら原作が気になるじゃないですか!
というわけで読んでみた。


よんでますよ、アザゼルさん。(5) (イブニングKC)よんでますよ、アザゼルさん。(5) (イブニングKC)
(2010/09/22)
久保 保久

商品詳細を見る


わお。あのアニメはだいぶ大人しくさせたんですね~。
これまたギリギリを超えてアウトな感じでくらくらします。
先にアニメをみていて良かったかも。
原作から読んでいたら絶対挫折していたよ、私。

アニメでもそうでしたがモッさんのエピソードは切ないです。

でもあわやのべーやんでは全然だったのは人徳の差でしょうか?
あの嗜好は理解できませんよ。
カレー博のアレはほんと吐きそうになりました。
だから冷蔵庫に入れんなよ! だから間違えるんだ(怖)

それにしても芥辺さんの蹴りは凄まじいですね。
あの高速キックが炸裂するたびワクワクします。

芥辺さんが「さくまさん」て、さん付けするのが好き。
意外だ。
悪魔には暴君そのものなのにレディにはジェントルなのか。
それとも「さくまさん」限定なのか気になるところ。

謎な人だよな~、芥辺さんて。
そのへんの事情がもうすこし語られると嬉しいんだけど。
そしてもっと出番が多くなると嬉しいんだけど。
意外と登場シーン少ないんだよな。なぜだ。

ところで作者の久保さんて女性? じゃないよね??
作中に出てくる漫画家って…
この話を女性が描いていると思うとショックだな~。
たぶん違うと思うけど。

RDG4 世界遺産の少女 (荻原規子)

5巻も刊行されたというのに
今更4巻を読むワタシ。
うっかりして世間から取り残されると
こんなとこにも弊害があらわれるものなのですね。


RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2011/05/28)
荻原 規子

商品詳細を見る


ああ、やっぱりこのシリーズ好きだ!

お話は思わぬ広がりを見せてくれました。
この広がりを言ってしまうとネタバレになるので
詳しくは書けませんが
まさかの展開でした。

なにしろ
世界遺産は姫神もちの泉水子ちゃんが掻っ攫っちゃえばいいのだ
と考えていた人間ですから
姫神の告白には「うひょー」と大興奮ですよ。

ここへきて時をかける要素が加わるとは嬉しいじゃないですか!

あと、深行くんのツンデレぶりが冴えわたって楽しくて仕方ない!
なんで気づかないんだ、泉水子ちゃん!!
そうじゃない、そうじゃないぞ、泉水子ちゃん!!

泉水子ちゃんの複雑怪奇な思春期思考には
ちょっとついていけない…(苦笑)
それが泉水子ちゃんなんだけど、もっと自信をもてばいいのにね。
 

きみがぼくを見つけた日

映画です。
主演は『トロイ』でヘクトル兄ちゃんを熱演したエリック・バナです。

なんだか時をかける話が恋しくなって
以前から気になっていたこのタイトルの洋画を見てみました。


きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]
(2010/11/03)
レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ 他

商品詳細を見る



案の定、時をかける話ですよ。
男性が時をかけるパターンです。

『バタフライエフェクト』も男性が時をかけますが
彼は彼女を助けるために自力で時をかけるのに対して
今回の主人公は自分ではコントロールできないんです。
そういう体質で行ったり来たりする、という設定。

体質か~。そりゃ大変だな。
おかげで初対面のはずの彼女のほうが主人公のことを知っていて…
という流れだったりして彼の混乱は深まるばかり。

タイトルの「きみ」とは彼女のことなのか?

たしかに彼女が見つけたような展開でしたが
私は「きみ」は違う人だと思いますね。
娘のほうなんじゃないかな~。どうだろう?

それはどっちでもいいんですけど
この体質のおかげで知りたくないことまで知ってしまった主人公。
偉かったな、逃げ出さずに歴史を変えずに行動したのは。

彼女も偉大でした。

この体質が遺伝して胎児がタイムスリップを繰り返して
流産してしまうという苦しみを乗り越えようと努力するんだもん。
それも反則スレスレの行動力で。

タイムスリップを“体質”にして予想外の展開を見せてくれた映画でした。
あんまり期待していなかったけど(問題発言)
いろいろ満足のいく映画でした。
 

未来日記 全12巻 (えすのサカエ)

アニメで知った作品ですが
ええと…なかなか事情が明らかにされないのに耐えきれず
マンガで全巻読破。

すでに完結しているってことは原作通り最後までアニメにするのかな?
結末が違っていたらビックリするところですが(笑)


未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))
(2006/07/21)
えすの サカエ

商品詳細を見る


この結末、いいなぁ。

以下、ちょいとネタバレしますので隠します。

続きを読む

地上はポケットの中の庭 (田中相)

庭にまつわる短編集。
表紙とタイトルに惹かれて読んでみたら大正解。
市川春子や入江亜紀の作品が好きな方なら楽しめること請け合い。


地上はポケットの中の庭 (KCx ITAN)地上はポケットの中の庭 (KCx ITAN)
(2011/07/07)
田中 相

商品詳細を見る


*5月の庭
ひぃ♪ って感じ(どんなだ)←読めばわかる
目がかわいいです。
ロマンスのお話。好き。

*ファトマの第四庭園
ファトマは陛下大好きなんだなー。
陛下も信頼していて絆を感じられるいい話。

*地上はポケットの中の庭
人一倍、別れに怯える切なさと幸せの話。

*ここはぼくの庭
シゲが田島(おお振り)に見える。
てことはかずくんは花井あたりか?
過去に囚われたお話、かな。

*まばたきはそれから
この短編集では例外的な未来へ向かうお話。
城間くんの対局日誌がよかった。
 

2012年3月号のアフタヌーン (おお振り編)

またしても翌月に持ち越してしまった感想。
ですが
先月は11日に更新だったので着々とブランクは少なくなっています。
ヨシ、この調子でもっと縮めるのだワタシ。


では先に2月号の感想に拍手コメントくれた方へのお返事です。

そうですねー、もう少し日常風景が楽しめるのかも
と思いつつも早く試合が見たい~というジレンマ。

秋丸、お好きなんですね。
ワタシには彼に対してあったかい目は向けられない、かもしれないです。

そうですね、西浦の全力を目の当たりにしていい影響受ければ…
それは榛名にとっても望ましい展開ですが
それなら共に頑張ってきた先輩たちの本気に影響されなかった
宇宙人ですから期待は薄いなと思わざるを得ない。

あー、やっぱり秋丸を優しく見守ることができない~。
スミマセン…
拍手コメントありがとうございました!


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

ジャンケンに勝利し、望み通り後攻をゲットした西浦。
幸先いいぞ、やったぜ花井

エースで四番でキャプテンの榛名を相手に
エースも四番もキャプテンもそれぞれ役割分担している西浦。

それだけ榛名が逸材だという見方もできますが
モモカンは油断しません。
もうひとりの2年・秋丸の存在を分析。
相手チームの1年生から秋丸がどう見えるか、まで推測。

この人 正捕手で大丈夫かなァ……

うん、鋭いぞ花井。
まさしくそんな感じだ。

その不安 的中させてあげようね……!

と、他人の悪い笑顔をみせるモモカン。
頼もしいっ!
こんな監督と甲子園優勝を目指せる花井は幸せだね。

一方、対照的に不幸な榛名。
自分のことだけは理解している秋丸を相手に不安を募らせる榛名。
彼の不幸は相談できる相手がいないということですね。

西浦にはモモカンがいるけど
榛名には頼りない監督と
本来相談相手になるはずの同学年は秋丸しかいない。
秋丸のこと相談したいのに、ね(苦笑)

お手伝いに来てくれた先輩に愚痴るしかない榛名が不憫っ!

ワタシ榛名の推測はおおむね当たっていると思うよ。
あの欲のなさ
チームのことなのに他人事にしか受け取れない無責任感。

子分体質

それだ! うまいこと言った!!
ワタシは「下僕…」と思っていましたが
“子分”のほうがマシだ(笑)
コワイよ、秋丸の尽くしぶり。

それなのに榛名は一縷の望みをかけているんだね。
不憫な榛名のためにも
清水に正捕手とられて目が覚めて
キット ツイニイヨイヨ
イチネンホッキ
することを願わずにはいられない。

正直その可能性はそうとう少ない、と思うけどね。
正捕手が奪われることで秋丸が変わるなら
今の今までのほほんとしているはずはないから。
清水が榛名の子分並に尽くすタイプなら焦るかもしれないけどねー。

さて、試合開始です。
三橋の球速を前に侮る武蔵野打線。
ふう。前の試合が研究されまくりだったから
こうして侮ってくれると安心する~。

三橋は打者の特徴を思い出しながら投げているし
阿部も「おかしーとこあったら首振れよ!」って明言しているし。
今までの試合の場景とは異なるので
この試合、勝った…っ!
と早くも確信。

なのに、榛名・秋丸のノーサインコンビを前に
手も足も出ない泉・栄口・巣山
三者三振と来たか。

阿部の分析によると「8割投球でコース投げ分けてる」らしく
秋丸に言わせると「丁寧に投げて」るってことになるらしい。

榛名は新人戦の教訓を生かして四死球なしをめざしているんですって。
ひとりで頑張らないといけないのがかわいそう。
普通はそれ、バッテリー間でめざすものなのにね。
なにしろ、それを聞いた秋丸が言ったのが

ははは
まさかあ


…どうしてそうやる気をそぐようなことを言うかなァ。
同じことを思った1年生たちからの無言の圧力が。
あらら、モモカンが煽るまでもなくベンチは不穏な空気。
それを察することはできるのに秋丸は秋丸でしかないので
こりゃ、内部崩壊は近いかな(ニヤリ)

それにしても榛名が秋丸に慣れきっているから
ナニ言われても気にしないのがね、笑える。
榛名ってオモシロイな。


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2012年
2月号おお振り編/1月号おお振り編
2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

残業続きで参ったなー。

おお良かった!
広告出現させる前に更新できたぞ(志低すぎ)
お元気ですか? お久しぶりです。

言い訳させてもらうと
仕事が忙しくてネットタイムが取れなかったんですよ。
ただでさえ時間がないのにさらになくなったら…
PCが無用の長物になってしまいました。
休みは全力で遊んだり休んだりするもので(笑)

こんだけブランクがあると入力速度も衰えるようで
今まで以上に時間がかかるんですけど!
指が動かないよー。

ミスタッチも多いし。
いや、もともとナンチャッテブラインドタッチだからミスは多いんですが
その比ではない。
思わぬ弊害に参ってしまいました。

けど、読んだマンガの感想をぼちぼちあげていかないと
読んだことすら忘れてしまいそうなので
そろそろ本気で取り組まないと。
おお振りの感想もね。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking