犬夜叉 全56巻 (高橋留美子)

ようやく読んだぜ、犬夜叉全巻!
まさか50巻超えているとは思わなかった…
さすがに読み終えるまで時間がかかりました。


犬夜叉 56 (少年サンデーコミックス)犬夜叉 56 (少年サンデーコミックス)
(2009/02/18)
高橋 留美子

商品詳細を見る


希代の嫌われ者・奈落をみんなで力を合わせて倒す物語。

と見せかけて
さらにラスボスがいた、という物語。

一気に読み過ぎて感想がまとまらないんですが
犬夜叉とかごめは当初からお互い想いあっていたんですね。
桔梗が絡むからなんだかアレですが
犬夜叉は最初からかごめと共に生きる意志があったんだ。

そこはブレなかったけど、ハッキリしないからな~。

堂々と二股かけてたからびっくりしたよ。
かごめも赦しちゃうしさ。
なんなの、心ひろすぎでしょ。中学生なのに。

そう、かごめが中学生だったってことに一番びっくりした。
それを知ったのがかなり後半だったからよけいにビックリだ。

人間(も妖怪も)ひとりでは生きていけないものなのだな~と
思わせる物語でした。
やっぱ仲間は大切にしないといけないね。
そしてむやみに攻撃的になるのはよくない。
恨みを買うような言動は慎むべきだな(自らに言い聞かせる)

この話は最初から最後まで真面目な話でした。
高橋留美子なのに…
バトルで妖怪でタイムスリップで
すべて真っ向から描いた感じでした。

タイムスリップしたヒロインがどういう結末を迎えるのか
というのも見どころの一つです。

実は途中まではサンデー本誌で読んでいたんですが
ちゃんと読んでいなかったようで
殺生丸と奈落の区別がついていなかったことに愕然。

全然違うじゃん! なんでいっしょくたにしたんだよ!!


現在、私の住んでいる地域では犬夜叉の再放送がされています。
なんとタイムリー。
途中からですが見ています。
完結編は先日放送を終えてしましたが
完結前に放送されていた第1シリーズ(というのか?)は
これからも楽しめる趣向。
うん。いい感じだ(にやり)

驚いたのが殺生丸の声が低かったってこと。
しかもジェレミア卿と同じ声!
一気に殺生丸が好きになりました。
原作でもいいタイミングで助けてくれたので
好感度上がりっぱなしでしたがまさかジェレミア卿のお声とは…
笑える。←褒め言葉

神の守り人 来訪編・帰還編 (上橋菜穂子)

忘れたころに続きを読む!

とぎれとぎれに読み続けています。
もったいないからとっておいているという意味もあり
どうもこんな変則的な読み方に…


神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
(2009/07/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
(2009/07/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


ついに神を守ることになってしまった我らがバルサ!

どーするんだ、バルサ個人の手には負えないんじゃないか?!
と心配になりましたが
そこは上橋さんです。大丈夫!

どう大丈夫かは読んで確認していただくとして
今回特筆すべきは悪役の登場!
わー、すっげムカツク!!
盛大に嫌いになったシハナが登場です。

自分の才を過信して大カンチガイ女です。
なんたる傲慢。
誰もあんたの理想についていくとは言っていないのに
勝手に暴走してやりたい放題。
その間違った理想に巻き込むなよ!
それに方法が腹立たしいんだよなー。

騙してペテンにかけてなんとも思わない汚い根性。

ああ~、コイツには派手に散ってもらいたい。
が、残念ながら逃げてしまいました。
このまま諦めることはないはずなので
いずれコテンパンにされることを祈りましょう。

帝の至宝 1~3巻 (仲野えみこ)

表紙から歳の差カップル(若干ロリコン気味)の話かと思っていたら…


帝の至宝 1 (花とゆめCOMICS)帝の至宝 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/11/05)
仲野 えみこ

商品詳細を見る


読んでみないとわからないものですね!

『赤髪の白雪姫』とか『狼陛下の花嫁』をお好きな方は
この話も気に入ると思いますよ。

最近、身分違いの物語が
王様と庶民の娘、という
かつての王道にもどりつつあるような気がいたします。
執事ブームは去ったのか??
ま、単に私が手に取るマンガがそういう傾向にあるだけかもしれませんが。

このタイトルから察せられるように
“帝”の“至宝”がなんなのか、という物語。
もちろん、ひょんなことから知り合った
善良で懸命なかわいい娘さんが“至宝”なわけですよ!

この香蘭が頑張り屋さんで

あきらめたらそこで試合終了だよね…!!!

と、どっかで聞いたことあるフレーズを背負って頑張るんですよ。
もう、カワイイっ!
帝の志季がメロメロなのは当然だ。

まるかいて地球♪

『ヘタリアAxis Powers』

近現代の歴史の勉強をしたくて
てっとり早く勉強できそうなこれに手を伸ばしてみた。

以前にマンガで読んだときは
キャラが覚えられなくて四苦八苦して結局挫折…
そんな苦い思い出がある作品です。


ヘタリア Axis Powers vol.1【初回限定版】 [DVD]ヘタリア Axis Powers vol.1【初回限定版】 [DVD]
(2009/04/24)
浪川大輔、高橋広樹 他

商品詳細を見る


ああ、色がついて声が聞こえるとなんとか見わけがつけられる~。
でも基本は「名札をつけてほしい」と思うことしばしば。
やっぱ向いていないのか…?

しかしおもしろいです。
全部は理解できていないと思うんですが

へたれすぎるイタリア
面倒見がよすぎるドイツ
マイペースすぎる日本
オレサマすぎるアメリカ
影が薄すぎるカナダ
仲が悪すぎるイギリスとフランス
関係が複雑すぎるロシアと周辺各国

そういうことを踏まえて歴史の勉強をして
またこのアニメに戻ってきたら違った楽しみ方ができそうです。

そうか…
日本って鎖国していた間せっせと独自の文化を築き上げたことが
ひきこもりのオタク気質に通じるのか。
なるほどねー。

午前3時の無法地帯 全3巻 (ねむようこ)

ずいぶん前にジュンク堂で複製原画展をみて気になっていた作品。

当時は「仕事で苦労する話なんて読みたくない…」と
敬遠してしまいましたが今は平気!
今のほうが仕事はハードなのになんで平気なんだか謎。


午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)
(2008/12/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る


タイトルに偽りなし!
まさに『午前3時の無法地帯』です!!

こんなに忙しい会社では私は持ちません…体力が。
精神的にも無理かも。
あと職場がもくもくしているのも辛いかも。
頭痛くなるんですよね~、あの煙。

そんなわけで完全にフィクションとして楽しむしかなかったんですが
メインは仕事ではない。

いや、もちろん仕事を通じて成長するヒロインを描いているので
仕事もメインなんですが
仕事で忙殺されつつも恋愛もする、というのがメインです。

しかし相手がまさかの…(ネタバレなので以下自粛)

仕事ってないよりあったほうが断然いいんですよね。
張り合いがあって楽しい。
そりゃまぁ、楽して高給もらえればそれに越したことはないんですが
毎日が暇なのは精神的にツラいもんです。

けど、会社に泊まったりするくらい忙しいのは考えもの。
会社の台所のシンクで髪を洗うとか絶対ヤだ(笑)
こんな世界もあるんだなーと他人事で読んでみました。

これ、続編? 姉妹編? もあるようなので
いずれ読みたいですね~。

ちみどろ砂絵 (都筑道夫)

私の好きな小説家さんが
「あの洒脱な文章に近づけたら」と評する都筑道夫さんの
なめくじ長屋捕物さわぎシリーズ。
気にはしつつも読んだこと無かったので読んでみた。


ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)
(2010/10/13)
都筑 道夫

商品詳細を見る


はあはあはあ。なるほど~。

時代は江戸。
登場人物たちは最下層の人々。
うーむ。
時代小説は読みますけど、これは初めての視点だぞ。

「洒脱な文章」というのはすぐに実感できました。

江戸を舞台にしているのに
めーとるという単語がいきなり出てきたり
仮の名前を英(えい)はともかく
美(びい)・司(しい)とされたらもう…

参りましたー(平伏)

それ以外にも随所にナイスな当て字というか造語というか
「なるほど! うまいっ」と唸ってしまう単語がちりばめられていて
ひじょうに楽しい。

混凝土
脱奴
鮮凄所也

↑ 読めますか?
私はルビを見て「おおう!」と唸りましたよ。

混凝土(こんくりいと)
脱奴(ぬーど)
鮮凄所也(せんせいしょなる)

すごいでしょ? 私には考えられぬ…

文章は簡潔。
描写は鮮明。
読んでいて気持ちがいいんです。

が、設定が…
登場人物たちが“非人”なんですよね。

非人は常人の7分の1の身分しかない

と言われる通りの扱いをされてなんともツラい。
こんな世界があったのか
こんなことがまかり通っていたのか
と思うと悲しくなります。

もちろん授業で習っていたんですけどね。
ちゃんと理解できてはいなかったんです。

決して重い話ではないんですが
続きを読むのはちょいと覚悟が必要です。
というわけで違う小説を読んでいます(笑)
続きはいずれ読みたいですね。

江の島ワイキキ食堂 1~3巻 (岡井ハルコ)

江の島なのかワイキキなのか(苦笑)


江の島ワイキキ食堂 1巻 (ねこぱんちコミックス)江の島ワイキキ食堂 1巻 (ねこぱんちコミックス)
(2009/10/13)
岡井 ハルコ

商品詳細を見る


江の島にあるワイキキ食堂を舞台にした
猫がしゃべるファンタジー要素も入ったマンガでした。
貧乏神も出てくる予想外にファンタジー色の強い話ににやにや。

猫は霊的なものに敏感といわれているし
しっくりくる設定なのです。

初めて読む漫画家さんでしたが
絵もかわいいし
ほんわかした雰囲気のお話なので和みます。
猫もかわいいし。

ニブイ主人公と意外と要領の悪い猫の絆が楽しいお話です。

2012年1月号のアフタヌーン (おお振り編)

お待たせしました…っ!!!

拍手コメントで「おお振り待ってます」と言われながらこんな時期に…
数日後には2月号が発売されるってどんだけ…
もう待ってくれていないかもしれませんが一応アップします。

18巻も発売されましたね。
秋丸の宇宙人ぷりには改めてため息が。
なんで榛名の壁で満足しちゃうんだろうね。
榛名に付き合ってキャッチボールしていながら
どうして“野球”を覚えないんだ??
頭、悪いのか?! メガネかけているくせにっ!
結局、この人は野球に興味がないんだろうな~。
このあたりのことは過去にくどくど感想をあげているので
それを参照ってことで。

2009年6月号2009年7月号2009年8月号2009年9月号2009年10月号


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

埼玉県代表のARCは2回戦敗退だったそうです。
ふーむ。
いや、別にARCが優勝するとは思ってはいませんでしたが
あまりに早く決着がついてしまうと
埼玉県のレベルはどうなんだ?
西浦が甲子園優勝を狙うのは無謀なのか?
と心配になってしまうわけです。

それはさておき西浦です。
新人戦で勝ち抜き、当初の目標通り秋季大会のシード権を獲得。
しかしせっかくのシード権なのに
くじびきにより次の対戦相手が武蔵野に!

花井のくじ運半端ない(戦慄っ)

いや、今回は武蔵野があとから勝手に隣を陣取ったから
花井のくじ運とは関係ないと思いますけど。
でもおかげで田島が
キラキラしながらやる気を出してくれたから結果オーライですよ。
「よくやった!」って(笑)
そんなに嬉しいか、すごい投手と対戦するのが。

しかしノーシードってことは
3年生が引退した後の榛名は苦戦しているってことですね。
宇宙人秋丸が今更成長するとも思えないし…
新入生にいい人材が入ってくるといいね(秋丸には期待しない)

実際に武蔵野がどんなことになっているのか
西浦がどんだけ成長しているのかがいっぺんにわかる
一挙両得な対戦ってわけですな。ふむ。

あえて触れずにいましたがモモカンの過去
「たった一人の部員」について語られましたよ。

予想通り亡くなっていました。

なんとなくそうなんじゃないかなーと思っていた通りだったわけですが
まさか山で遭難して亡くなっていたとは思いませんでした。
え、じゃあ、よく怪我をしていたって情報は前フリじゃなかったの?
モモカンのしごきが過激だっただけ??

詳細は不明なままですが
この情報を得た花井と栄口の反応の差が面白い。

触れないほうがいいのでは、と気遣う花井に対して
それは意識しすぎだという栄口。

果たしてそれは花井がモモカンを意識しているゆえの…?

いやー、それはどうだろう?
それもあるのかもしれませんけど
どちらかというと
身近な人を亡くした経験があるかどうか、が
ポイントのような気がします。

母を亡くしたことを乗り越えている栄口にとって
死は訪れるものと受け入れられるものだけど
身近に亡くなった人が(たぶん)いない花井には
軽々しく話題にしてはいけないものに思えるのではないでしょうか。

あと今回はモモカン本人ではなくシガポを通して得た情報ゆえに
気配りの人・花井としては遠慮してしまう要因なのかも。

ていうか、ここで花井が自覚してモンモンとする展開は
あまり望まないのでそうでないことを祈る!

モモカンを変に意識して選手としての成長が妨げられるなら
その要素、排除してほしい。
花井がうまく乗り越えて成長できるような器用なヤツには思えない~。

三橋も引き続き千代ちゃんへの思いを無自覚に育んでいるし…
それに泉が気づいたっぽいし。
うわ~コワイコワイ。

けどこの色恋沙汰がうまく展開されたら
ものすごく面白いマンガになるんだよな~。

もちろん今もものすごく面白いですが!

スポーツマンガって恋愛がおろそかになることが多いからなー。
特に少年マンガは。
主人公とマネージャーって組み合わせが何の捻りもなく
そのままってことが当たり前のようになっていることが多いのがね
ちょっと物足りないんですよね。
かと言って、恋愛メインにされるとそれもちょっと期待と違うわけで。
スポーツ8:恋愛2
くらいの割合が私にはちょうどいいんですよ。
そのくらいのさじ加減でお願いします!

さてさて秋季大会には復帰できるらしい阿部。
髪切った? ←ほかに言うことないんかい(笑)
ちょっと三橋のパターンをつかめてきたようです。
このふたり、前よりは自然に接しているのかなー。
あ、三橋も髪切った?

それにしても阿部のマイペースっぷりには(苦笑)

「ンじゃ、一緒に榛名の投球解析やんね?」
って、文化祭の当番の最中に言うことかね?!
「一緒に」ってことは
もともと一人でもやるつもりだったってことだよね?
どんだけマイペース…
それがクラスに浸透しているというから恐れ入る。

この誘いに即座に「やる!」と反応したのは田島
「は?いーけどさ」と戸惑いつつも同意する泉
「やっ やるっ」と参加する三橋。
どっちにしろ野球中心なヤツラばかりなんだね~。
文化祭を楽しみなよ。

あ、心残りなのが新人戦での
三橋・田島バッテリーの活躍を拝めなかったこと。
ばっさりカットされてしまうとは…っ
回想でもいいから教えてほしい~。


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号
 

拍手のお礼

またしても放置が続いてしまった当ブログ。
拍手コメントもいただいていたのに
反応が遅くてもうしわけありません。

CSが見られる! と喜んだのもつかの間
1週間も経つと見られなくなりました…ガッカリ。

あー、あれか。
最初の1週間だけお試しで見ることができるってサービスか。
購入してから何年もしてからこのサービスを利用するってのも
呑気な話ですよね(苦笑)

んで、せっかくなので
そのお試し期間中にできるかぎり番組を見たわけです。
アニメばっかりね!

ドラマや映画はあんまり興味を惹かれるものがなかったんですよ。
↑言い訳じみていますが本当です。

巷で話題(?)の『イナズマイレブン』は
サッカーをしてくれないので早々に脱落。
シリーズものを途中から見ても入れませんね。
だれが主人公なのかすらわからないんだもの(苦笑)
それにサッカーしてくんないし!(二度目)
サッカー版テニプリなのか、これ。

『十二国記(泰麒編)』
前に陽子の話は見たんですよね。
原作にはいなかったキャラがうまく世界を説明していて
いいアレンジだと感心したんですが
泰麒のほうは見たことがなかったのでいい機会だから見てみました。
これも途中からでしたけどね。
やっぱオモシロイな。
そして声優にちょろっと詳しくなったので
「わ! この役にこの声!」と予想外の角度で楽しめたり(笑)
これはレンタルして全部ちゃんと見てみたいかも。

『狼と香辛料Ⅱ』
これも途中を1話だけ。
しかもタイトルに『Ⅱ』ってあるのは…『Ⅰ』があるってことだよね?
でもなんだかおもしろかった!
よくわからないけど面白かった!
これもレンタル検討中。

『銀魂』
原作は連載開始当初はジャンプで読んでいたんですが
登場人物が増えてきたのとギャグ漫画が苦手だったのがあって
早々に脱落。
一応幕末なんですよね? けど歴史をある程度意識しつつも
わりと無視しているから距離感がわからなかったんですよね。
まさかこんなに人気作になるとは…(苦笑)
アニメも見たことなかったんですが
これはおもしろい時とそうでないときがありますねー。
下ネタが過ぎて受け入れられないのもあるし
シリアスネタでもいまいち入り込めなくて…途中から見ても入れぬってことか。
でも妙にオモシロイときもあるんだよな~。
楽しんで作っているのが伝わってくる作品でした。

『コードギアスR2』
つい、見てしまいました。
途中からですが。しかも『R2』のみ。
笑っちゃうくらい忘れていました。
ワタシ、この話今からでも純粋に楽しんでみることができそうです(笑)


まあ、こんな塩梅でした。
もちろん契約はしていません!
テレビばっかりにかまけているわけにもいきませんから。


ではでは拍手コメントへのお返事です。
長らく応答しなくて失礼いたしました。

続きを読む

神谷くんと神谷さん (克間彩人)

なんとなーく手に取ってみたマンガ。

『おお振り』の感想そっちのけでこのマンガなの?
というツッコミはムシして強行突破!


神谷くんと神谷さん (講談社コミックスフレンド B)神谷くんと神谷さん (講談社コミックスフレンド B)
(2010/08/11)
克間 彩人

商品詳細を見る


おお、懐かしいカオリがいたします(笑)

成績優秀、品行方正な優等生・神谷くんと
成績どん底、問題児扱いの神谷さんが出会ったら…

そうそう。
一昔前のヒロインて成績に関してはイマイチで
というより
救いようがないくらいだったんですよね。
取柄は愛嬌だけ、みたいな(笑)

今回の神谷さんもそのタイプで懐かしかったです。

懸命なのが伝わってくるのが好ましい。
神谷くんに迷惑をかけないように頑張ったり空まわったり
いい子なんだよな~。

対する神谷くんもいいやつだ。

成績が下がった時の行動が…いい!
神谷さんに黙っていて心配かけたのはマイナスだけど
黙っていたのはプライドなんですね。
わかります。

末永く仲良くしてほしいふたりです。
プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking