拍手のお礼

今期のドラマは『ジウ』を見届けました。
つか、録画したのをようやくさっき見終わったわけですが
うーむ。
城田優退場後の私のテンション下降はただごとではない(笑)

なんかもー、興味が失せてしまっていて残念至極。

黒幕が誰なのか?
ジョーカーとは?
いいかげん門倉、活躍しなよ!

なんてことを思いながら見ていましたが
ジョーカーが明らかになっても「へえ、そう」と反応が薄い残念な視聴者でした。
だって別に意外でもなんでもなかったんだもん。
てことは説得力があったってこと? …よくわからん。

門倉は活躍しましたね!
「声を生かせ」みたいなことを最初に言われていたけど
どーしてジウを説得できたのかはよくわからなかった。
声のせい? 言ったことがジウに通じただけ?
まぁいい。ようやくの活躍の場だ。
ジウに助けられただけって気もしますが(苦笑)

「ミサキっ!」と叫んだ班長でしたが
あれ? その後はなかったことに?? ええ~~~。

続編作る気満々な感じの終わり方でしたが
城田くんが出ないなら見ない、かも。
いや、班長と門倉がコンビ組むんならみる、かも。
どっちなんだ(笑)


ではでは、拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございました!

続きを読む

図書館戦争シリーズ

ついに図書館戦争シリーズが文庫に!
待っていましたよ。もちろん全巻購入しましたよ。


図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
(2011/04/23)
有川 浩

商品詳細を見る

図書館内乱  図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)
(2011/04/23)
有川 浩

商品詳細を見る

図書館危機 図書館戦争シリーズ3 (角川文庫)図書館危機 図書館戦争シリーズ3 (角川文庫)
(2011/05/25)
有川 浩

商品詳細を見る

図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)
(2011/06/23)
有川 浩

商品詳細を見る

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)
(2011/07/23)
有川 浩

商品詳細を見る

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)
(2011/08/25)
有川 浩

商品詳細を見る


これで図書館戦争完全コンプリート。

そう。原作以外のマンガ・DVDはすでに手元にあったのです。
…DVDはさ、特典の描き下ろし短編が目当てで買ったのにさ
今回の文庫化で完全収録されちゃって正直複雑な心境。
いや、いいんですけど。いいんですけどね(強がり)

文庫で再読したついでにDVDも見てみたり。

買ったけど短編読んだだけで映像はみていなかったんだよね(苦笑)
初めて毬江ちゃん登場の特典映像も見た。
まさか本編に登場できなかった“大人の事情”が
障害者だからだったとは…なんだかよくわからない理屈です。

アニメ映画化計画が進行中ってことなので
当然『革命』が映画化されるんですよね?!
うひひ、楽しみ。
でもラブ面に関してはアニメはかなり甘さ控えめなのでそのつもりでいます。
や、そのほうがいいかもしれん。

マンガも読み返してみました。

弓さんのほうはラブ度120%ですねー。
原作にないラブラブ場面が随所に追加されていました。
そ、そうだったのか…
ついに郁に王子様の正体がばらされましたよ!
これ以上、甘々場面が増えるというのか?!
今だって十分ラブラブなのに(爆)

ふる鳥さんのほうは…続きはどうしちゃったんでしょ?
ふる鳥さんの頑なな堂上教官が好きなので
どう甘々になるのか見てみたかったんですが
見られないのかな~?

訓練のときの熊大作戦での手塚の扱いが様々で意外でした。
悲鳴あげないバージョンもあったんですね。
さて、手塚が悲鳴をあげなかったのはDVD・マンガ、いずれでしょう?

アニメもマンガもそれぞれおもしろいんですが
やっぱり原作の勢いや説得力には敵いませんね。
キャラの憤りや言動に心動かされ納得するのは圧倒的に原作のほうが強い。
泣いたり笑ったり悶えたり(笑)するのが一番忙しかったです。

うさぎドロップ 9巻 (宇仁田ゆみ)

ついに完結です。
完結と同時期に映画・アニメ化され…
えー、アニメは見ていましたけど、映画はまだです(笑)
DVDになったら見る予定。

それはさておき原作です!


うさぎドロップ 9  (Feelコミックス)うさぎドロップ 9 (Feelコミックス)
(2011/07/08)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


そうか、その手があったか!

な結末でした。
その可能性はあったはずなのに
あまりにもダイキチがダイキチで思いつかなかったです(不覚っ)
ダイキチすごいよ。
保護者に徹していたもんなー。

りんちゃんの見る目は確かだ。
そういう基準ならダイキチは完璧な相手ですよね。うんうん。

読み終わってみると納まるところに納まった物語でした。
長かったようなそうでもないような…

りんちゃんがちいさかったころのエピソードが好きだったな~。
徐々にダイキチに懐いていくのを見るのが楽しかった。

ダイキチは最初っから最後までダイキチでぶれなかった!
そこがいい!!

まだ番外編を読めるので10巻(?)を待ちたいと思います。

拍手のお礼

復活してからぼちぼち拍手をいただけるようになりました。
読んでいただけているんだなーと嬉しくなります。
ありがとうございます!

そして復活してから初めて拍手コメントもいただけました!
ありがとうございます!!

アクセス数も戻りつつあります。
つか、先日の3連休は冬眠前よりアクセス数が伸びているかも(笑)

解析を見てみたら
“髑髏城”と“おお振り”と“ぴんとこな”関係で検索してくれた方が多数。

…すいません。
大した情報持っていなくて。
クリアファイルは思ったより立派で驚きました。
けどビニール臭が気になって私は使っていません(爆)

“花井 ピアノ”で検索している方も多くて笑いました。
気になりますよねー。
ハマっててヤになりますよねー(苦笑)

『ぴんとこな』はなんででしょ?
もともとこの作品でたどり着く方多いんですけど…
あ、もしかして新刊出た?!
やべ、読んでないや~。


ではではコメント返しでございます。
以下に隠します。
お心当たりの方は続きをどうぞー。

続きを読む

まさかの実写ドラマ化

「らんま1/2」実写ドラマ化、主役は新垣結衣演じるあかね

どこにツッコむべきか…(悩)

あの『らんま』をドラマ化?!
結構らんまの脱ぎっぷりがいいけどどうすんの?!
なんで記事タイトル「主役はあかね」ってなってんの?!
パンダはどうするの?!

天道あかね:新垣結衣
早乙女乱馬:賀来賢人
女らんま:夏菜
天道かすみ:長谷川京子
東風先生:谷原章介
早乙女玄馬:古田新太
天道早雲:生瀬勝久


あら♪
パンダ、古田さんが着ぐるみでいいんじゃない?(笑)
玄馬さんと早雲さんのキャストは素晴らしい!
このふたりのために見ておこうかな。

日テレ系列に2時間ドラマで12月放送予定。
……2時間でナニをするというのだ??

内容は、あかねを中心に展開されるオリジナルストーリーを予定。
「らんま1/2」の特徴である怪しい敵との大激闘も描かれる。


だそうです。
オリジナルストーリーかー。
この時点でかすみお姉ちゃんと東風先生のキャストが
発表されているってことはラブメインな予感…
それはどうなの?
ラブなドラマを作りたいなら『らんま』を使う必要もないような??

てなことを
本来なら 亀治郎さんが猿之助襲名決定!
ってことをネタにするべきなのに
そっちのけで考えてしまいました(笑)

リミット 1~5巻 (すえのぶけいこ)

ドラマ化もされた前作も読まずにこっちを読む。
だってあらすじがおもしろそうだったんだもん。

絶望と希望。憎悪と愛情。
衝撃は深化する―。

クラスの中心グループに所属し、要領よく生きてきた今野水希。
「強者は常に羨望され 他を支配し 最小限の力で軽やかに生きる――。」

そう思っていた。あのキャンプに向かう途中での「出来事」が無ければ。

少女たちの剥き出しの本音がぶつかり合う! 衝撃のノンストップストーリー!!


こんなこと↑が書かれていますよ、Amazonには。
画像までつけて紹介してずいぶんと力が入っていますね。


リミット(1) (講談社コミックスフレンド B)リミット(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2010/02/12)
すえのぶ けいこ

商品詳細を見る


ん? この子たちって何歳? 中学生?
いや、進路の対象が大学だから高校生なのか…

唐突過ぎて私はついていけませんでした。

現代で起こったバス転落事故をきっかけにしているのがなんともムニャムニャ。
ふつう、早々に気づくだろう?
別にコースを外れて迷子なところで事故ったわけではないんだからさー。
なんで未だに救助がこない?
ってことを気にするともう…っ!

あとこんなにすぐ“女帝”だの“奴隷”だのにたどり着くかな?
まずは協力し合って
食料がなくなって徐々に…って流れならわかるんだけど
とりあえず支配者決めとかイタすぎる。

そして死者が出るとかさー。
みんな呑気だね。助かる気あるの?
みんな固まって助け合って行動すればいいのになんでできないの?
私の考えかたが呑気なの?

とりあえず助かることが先決じゃない?
助かることを前提にしたら“女帝”とか…恥ずかしくて行動に移せないよ(笑)

もう、よくわかりません。
でも5巻まで読んじゃった。
ってことは先が気になるってことで、そういう魅力はあるのかも。
クライマックスも近いらしいので
最後まで見届けたいと思います(感想残すかどうかは謎ですが)。

続きを読む

7SEEDS 1~20巻 (田村由美)

最近一番のヒット作。

田村由美さんは『巴が行く!』からのご贔屓マンガ家だったので
この話も実は5・6巻あたりまでは買っていたのですが
長くなりそうだったのでいったん脱落。
完結したら読もうと機会をうかがっていたのですが
待ちきれずに今回まとめ読みを決行!


7SEEDS 1  フラワーコミックス7SEEDS 1 フラワーコミックス
(2002/03/26)
田村 由美

商品詳細を見る


おもしろいです!

いろんなことを考えながら読んでしまいます。

手に職をつけておくといいな~、とか
知識を無駄にするしないは本人次第なんだな、とか
文化面への才能が欲しい~、とか
衣食住に詳しいのは強いね、とか
ナイフの扱いになれておくべき、とか
家電に頼る生活はいざという時に立ち往生する、とか

まー、考えるだけで実践はしないんですけどね(苦笑)

夏のBチームから語られたのですが
これで正解だったと思います。
フツー代表な彼ら、世界観紹介にベストなメンバーでした。

北で目覚めるのは最悪ですね!
なんと過酷な自然。
こんな状況で生き残るのは大変だ。
そりゃあ幻も見るってもんだ。荒巻さんはよく頑張った!

秋のチームは登場時は恐ろしいと思いましたが
春の一部と合流してからはいい感じです。
頼りになる姐さんです、お蘭さんは。
あと朔也がお気に入り。流されているようでそうではない強さが素敵。

現在一番過酷な状況におかれている春のチーム。
行方がわからなくなっている人が多くて心配です、が
きっと無事なので語られる時が来るのを待ちましょう。
一番バランスのいいチームなのではないかと思うのです。
読み始めた当初はこのチームに入りたいと思いました(笑)

夏のAチームは…真面目だよね。
狭き門をくぐってきた彼らですが、たどり着くことが目的だった彼らには
自力で目標をみつけられないという欠点が…
ああ~、現代人にも通じることですね。や、他人のことは言えませんが。

登場するたび、どんどん好きになる夏のBチーム。
楽しいよね~。
今はこのチームに入りたいです(笑)

彼らを見ていると
選ばれた基準に“ラッキー”が含まれていたのではないかと思えてくる。
“おちこぼれ”なんて言っていましたけど
臨機応変に柔軟な対応をし、成長し続けるみんなを見るのは楽しいです。

それに“真面目”は“無邪気”に敵わないな~と。

このチームに合流してからの安吾と涼の影響の受け方はすごくいいです。
素直に感心し、疑問をぶつけてくるみんなとの相性はばっちり。
このためにあの過酷な訓練を受けてきたのかも、とすら思えてくる。
目的をみつけるのは上手なみんなをうまく導けるふたりでいてほしいです。

て、ゆーかね!
安吾は堂上教官のような人になれる素質があると思っていたので
ようやくその素質を発揮しつつあるのが嬉しくてしかたないです!
Bチームと合流してからはボケも覚えて…(感無量)
おもしろいよ、安吾(と涼)!

涼も変わりつつあって嬉しい。
この人はあまり語られないのでよくわからないんですけど
安吾に対する執着はなんなんでしょうね?

実は兄弟とかそういう…? と考えてみたものの
あの計画的な実験なら
血縁的な問題を未来に持っていくことは排除してそうだから却下。
…結局よくわからん。

ですが、変化があるのは確実。
安吾に比べると簡単に受け入れているようなのがズリーと思いますが(笑)
なにしろあの百舌をも「それでいいのか」と納得させたBチームですから
安吾や涼なんてひとたまりもないわけですよ。

やっぱBチームいいな♪

ひとりも脱落していない唯一のチームだし
牡丹さんほど慕われているガイドもいない。
いいチームだ~。

この話を読んでいると
人間ていつまでも成長できるし変われるんだなと勇気を得られます。
自分次第です!

本気で手元に置いておきたい作品です。
全巻買うのは大変ですが
お気に入りのBチーム+安吾&涼の編成になってから買うのもありかなと考えてみたり…

花井はピアノが弾けるんですって。

『おおきく振りかぶって』17巻が発売されました。
18巻は11月になるらしいですよ。


おおきく振りかぶって(17) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(17) (アフタヌーンKC)
(2011/09/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る


巻末のおまけは西浦高校の秘密。
…いや、秘密でもなんでもないですけど。
選択教科の選び方はすっごく納得。

巣山は芸達者ですね~。絵もお上手なんですね!
マンガ好きな西広が「うまいな!」と嬉しそうにするくらいの実力らしいですよ。
野球以外の時間が異様に充実してそうな巣山なのでした。

音楽選択していたメンバーにも納得ですけど
花井の隠された特技…!
ピアノを弾ける野球部主将!!
すっごく納得です(笑)
花井もいろんなことを器用にこなせそうなイメージがあります。

巣山は天性で、花井は努力と経験によって。

や、花井だって天性の才能はあると思いますよ。
巣山だって努力しているんだと思いますよ。
けど、なんとなーく花井のほうがより努力してそうな気がするんです。
というか巣山のほうがセンスありそう、と思えるような(苦笑)

そして沖は字がキレイ!
わー、そっかー。これが一番納得できる~。
あのチームの目標書いたときってどうだったっけ?
……(15巻を引っ張り出す)沖は「県大優勝」って書いたのか。
ふむふむ。
丁寧に書いているのはわかるけどコマが小さくて上手かどうかは…
ハッ! 縦書きだっ!!
イマドキの高校生がとっさに縦書きしないよね?!
これは書道やってる人っぽいな~。

というわけで“いかにも”な個性が紹介されたのでした。
それ以外も合宿所に関する話とか学校周辺の話とかありましたけど
個人的にいちばん食いついてしまったのが
小さく書かれた選択授業のエピソードなのでした。

カバー下ではずっと疑問だった点について言及。
う、やっぱそうだよね?!
別に春日部に限った話ではないと思うので
千代ちゃんは偉いなぁ~~。


本編に関しては過去の感想でお茶をにごす。
これ以上の感想は書けないと思う。

2009年2月号2009年3月号2009年4月号2009年5月号

氷菓・愚者のエンドロール (米澤穂信)

マンガの話ばかりしていますが小説も読んでいます。

古典部シリーズと呼ばれるシリーズなのですが
これがまた面白いんですよ!


氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
(2001/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る


愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)
(2002/07)
米澤 穂信

商品詳細を見る


ロウテンションな主人公が巻き込まれて重い腰を上げて事件を解決!

ぶうぶう文句をいいつつも真摯に取り組む主人公。
やる気満々な主人公もいいですが
こういう斜に構えた主人公にも接したくなるんですよね。
青臭いとこもなんかいい(にやり)

事件そのものも殺人などの殺伐としたものではなく
日常の延長なのでいい感じです。
最近は計画的に人を殺してどうのという話はあんまり~な気分なので
こういうのがちょうどいいです。

文章もよみやすいし。
読みやすいどころか好みですし。

まだ続きがあるようなのでゆっくりと楽しみたいと思います。

ワカドクロを観た

観劇:2011年9月
会場:青山劇場
脚本:中島かずき
演出:いのうえひでのり

ひさしぶりの観劇は劇団☆新感線の『髑髏城の七人』でした。
7年ごとに復活するこの舞台。
前回のアカ・アオは舞台で観まして、その前のはDVDで拝見。

今回は天魔王と捨之助、まさかの分離。
どんな展開になるのかな? と楽しみにしておりました。

天魔王ってこんなヤツだったのか…!

いや~、天魔王があんなにオモシロイ奴だとは思わなかった(笑)
天下を支配するとか青臭いことを薄暗く実行する天魔王が
軽いとか予想外!
一人二役じゃないので影武者設定はなくなったので
天に仕える同僚として再会するんだけど
未來くん、楽しそうだったな~。
軽いけどいじめっ子なイケズ野郎を嬉々として演じていました。

蘭兵衛も美しくてよかったですね~。
太一くんの動きは美しいです。
未來くんも美しいので二人が揃ったときはテンションあがりました。
この人がアオの時に出てくれればよかったのに~。
染さんと共演してほしい! 戦ってほしい!!
観るたび思うんですが意外と声低い!
何度も舞台で観ているのにそのたびにそう思うってどうなの?(笑)

その蘭兵衛に思いを寄せていた極楽太夫。
え、今までそんな設定ありませんでしたよね?!
実は天魔王以上に設定が変わっているような印象があったのがこの人でした。
過去最強の極楽太夫でした(戦闘力において)。
小池栄子さんの人柄も相まってお見事な姉御でした。
今回のヒロインは極楽太夫ですね!

キャラが濃くなった人たちに挟まれて割を食ったのが捨之助と沙霧。
沙霧なんて登場してたのにしばらく気が付かなかったよ(私が不甲斐ないだけ)。
二人の関わり合いが薄くなったので今までの絆も感じられずに
あれれ? のままエンディングを迎えてしまって残念。

一人二役じゃないから
沙霧が操られる捨之助を見破るエピソードもインパクトが薄く
捨之助を嵌めようとする天魔王の考えがとっぴに思えたり
天魔王を倒そうとする捨之助の思いが届きにくかったり
今までのほうがよかったな…と思えるところもありましたが
今回は“ワカドクロ”ですから!

青い春を楽しめたのでそれはそれでヨシ!!

中でも若かったのが兵庫。
冒頭からしばらく登場していたので
あれ? この人が主役だったかな? と錯覚しました(笑)
だけどまさか百人斬りに参加するとは思わなかった…
聖子さんとの百人斬りも楽しみだったんですけどね。
自分で刀研いだのって前振りだったのか~。
若さで極楽太夫を癒してほしいものです。

粟根さんの将監と千葉哲也さんの次郎左衛門も
押さえるとこ押さえていてよかったです。

にしても残念だったのが歌わなかったこと。
ド派手な舞台を期待していったので一曲も歌わなくて愕然としました。

今回、セットがよかったです。
あの柱を配置しただけのシンプルな部屋が好き。
天井が高くて広い道場みたいな部屋で戦ったときの美しさ…っ!
席が後方だったからよけいにその広さを実感できたのかも。

なんだかんだ言いましたがやっぱり新感線の舞台はおもしろい!
最近2時間以上のものを見ると寝落ちしてしまう確率が高いのに(弱すぎ)
ランランとして観られましたから!

ステージママの分際で 1~6巻 (星崎真紀)

『Dr.クージョ』以来の星崎さんのマンガです。
久々すぎ…
ご結婚されてお子様をいらっしゃるとか。
その経験を活かしてのマンガ! と言えるかもしれない。

なにしろステージママですから。
子供がいるんです。
子役として活躍しようとしている子供が。


ステージママの分際で! 6 (クイーンズコミックス)ステージママの分際で! 6 (クイーンズコミックス)
(2011/01/19)
星崎 真紀

商品詳細を見る


設定はヘヴィですねぇ。
旦那さんが行方不明、しかも借金こさえて逃げてるらしいって設定ですから。
残された妻がせっせと旦那の借金を返しているのを見て
子供が「子役として稼げれば」と思いつき実行に移すって展開です。

子供はいい子です。
母も善良です。
借金取りも取り立てるけどいい人です。

というわけで安心して読めます。
借金取りはガラ悪いけどイケメンなので楽しいです。
しかもやたら協力的(ぐふふ)

子役の世界ですが、芸能界ものとして楽しめて
子供の成長も楽しめて
借金取りのツンデレも楽しめる充実した内容になっております。

展開は早いようなそうでもないような…
ツメツメの展開に慣れていると物足りなく感じそうですが
着実に進んでいくのを味わいたい人にはモッテコイな作品だと思います。

どうやら近々完結するらしいので(次の巻がラスト?)
完結を待って一気読みするのもアリかもしれません。

『新選組!』を再見! 第6巻

だいぶ前に見たものの感想。
忘れないうちに…


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾、江口洋介 他

商品詳細を見る



第21回◆どっこい事件

上様、江戸へお戻りに。
将軍警護の名目がなくなりますが
会津藩の命令で不逞浪士の取り締まりを続行。
それが大坂奉行所の反感を買い怒られた~。

“誠”の旗ができあがりました!
それに伴い旗持ちの尾関がクローズアップ。
副長に「命に代えても守れ。死んでも手放すな」と言われ
それを最期まで貫くことになる尾関…うう、泣ける。

会津藩の威を借る芹沢、力士と無用の諍い。
…お互い道を譲り合えばいいのに!
なんでそんなことで流血沙汰?! 呆れる。
だいたい田舎者には違いないじゃんか。
あ、図星だからダメなのか。そーかそーか。


第22回◆屋根の上の鴨

心狭いな芹沢(苦笑)
新見さんラブー。芹沢のお守はおまかせ! ですな。
どんどん好きになるこの人。
だから今後の展開を見届けるには気合いが必要。

なにしろ犬猿の仲で水と油な副長と山南さんが
芹沢に関しては意見が一致するんですよ!
このふたりがタッグを組んだら無敵のような気がする…
新見さん、逃げてー!

マタサブロー、芹沢に斬られた。
…そんなことで刀抜くなよってとこで!
それが武士というヤツなのかもしれないけど許せないな。
それ以外でも芹沢の理屈には共感できぬ。
金儲けは×で、借金踏み倒しは○ってどんなよ?!
図星さされれば無言だし、ダサイな鴨!

大和屋留守だから諦めたのは局長に諌められたからだよね?
芹沢は意外と局長に弱い。
なのに余計なことを言うなよ~、お梅ぇ。

捨助、久々登場! ついに京に来たよ、この人(笑)
局長のとこに案内したのが河合さん!
捨助の獅童さんとは『ピンポン』で共演した大倉さんですよ!
こういうとこでニヤニヤさせてくれるのが三谷さんの脚本なのだ。

相撲興行で若旦那風な容保公が見られておもしろかった。


第23回◆政変、八月十八日

別に壬生浪士組が無事ならセーチューローシグミなんてどうなってもいいし!

芹沢が「セーチュー~は解散!」と喚くたびに ↑ のように思ってしまう。
沖田もアホですな。水は低きに流れるってこのことか。
残念な子。
新見さんもついて行く人を間違えたなぁ…

長州藩との決戦を前に呼んでもらえたのはいいけどお役目なし?
オハナバタケを警護って(苦笑)

副長の「ダメだこりゃ」って言い方!(爆)
やることを見出してハリキルあまりご機嫌になってしまった副長に
ドン引く山南さん(笑)

頭脳的なことで山南さんと渡りあえるのは新見さんだけなんだなぁ。
だからこそ、ということもあるんだろうな。
副長が真っ先にターゲットにしたのが新見さん…

山南さんに「修羅の道に踏み込む」と宣言する副長。
そしてそれを聞いている斎藤なのでした。


第24回◆避けては通れぬ道

さん言うときゃ言うね!
それに山南さんの“方便”。やるじゃん!

久しぶりの亀弥太登場。
ラブリー!!
なんだかんだ言って冷たくできないキミが好き!

今回はねー、“避けては通れぬ道”なんですよ。
芹沢なんていなくても構わないけど(私は)
新見さんを失うのはイタイんですよ(私が)。

そしてこの話で明らかになったのが
山南さんは“局長をトップに据えること”までしか考えていないってこと。
そっかー、そうだったのかー。
だから今は副長と利害が一致しているけど、のちのち…
うう…切ない。

新見さん切腹の場に河合さんが居合わせているのも暗示的で
なにかもー泣けてくる。

次は自分だとわかっている芹沢にも泣けてくるような気もしますが
そうならないようになぜできなかったのか?!
できないのが芹沢鴨という男なんだろうな。不器用な人だなぁ。

2011年4月号~10月号のアフタヌーン

溜めに溜めた月刊アフタヌーン。
こんだけ溜めると読むのが大変です(苦笑)
読むの大変だったけど感想はざーっと流したいと思います。

どういうわけか、連載終了して新連載開始が多かった時期でした。

『いもうとデイズ』『友達100人できるかな』が終わり
『じゃりテン』(赤井吟行)が始まり
四季賞受賞した『ライカライカ』(山崎廉)が読切掲載。

『弾丸ティアドロップ』『秒速5センチメートル』が終わり
『イコン』(田中一行)が開始。

『TRIAL RIDE』が移籍し
『からん』が終わり
『天地明察』(槇えびし・冲方丁)が連載開始。

『幼軍隊』(松本勇祐)、『破壊ドール』(惣本蒼)が始まり
『BLUE LETTER』(園田ゆり)、『エンゼルビズ』(星すばる)が読切掲載。

『宙のまにまに』が終わり
『BUTTER』が再開
『チャイルドプレイ』(交田稜)が読切掲載。

『月の葬式』(市川春子)、『SLDK』(宮川輝)
映画化を記念して『スマグラー』(真鍋昌平)が読切掲載。


なんでこんなに入れ替えが激しいの??

いろいろ終了してしまいましたが
『友達100人~』と『からん』は唐突だったなぁ。
もっと続くんだと思っていたから残念です。
『からん』は最終巻に描き下ろしのエピソードが収録されるらしいので
読んでおきたいと思います。

新たに開始した連載の中での注目はなんといっても『天地明察』!
原作がとても面白かったのでどうなのかな~?
と心配でしたが、杞憂でした!
のほほんとしたキャラが優しい絵柄にマッチして実に良いです。
愛すべきおっちゃんたちが登場するのが楽しみ~。

こんなに何冊も読んだのに
『ヴァムピール』はまだ再開しないんですね…


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2011年
10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号
 

2011年10月号のちいふり

今月の23日に17巻の発売を控え
ひさしぶりに『ちいさく振りかぶって』が掲載されました。
…ん? 9月23日って秋分の日でお休みじゃないですか?
それなのに発売するの?? ほんとに??


それはさておき、ついに三橋の両親のなれそめです!

三橋母は苦労人だったんですね~。
三橋父の父(つまり三橋のじーちゃん)は時代錯誤甚だしい。
なんじゃその理屈。横暴!
駆け落ち?! いいぞやれやれ!!

このエピソード続くようなので気長に待ちたいと思います。


11月号にはおお振りクリアブックカバーがつくそうなのでこれまた楽しみです。
…クリアブックカバーってなんぞや?
透明なのか? まぁ、もうじき明らかになりますな。


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2011年
1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号
 

信長協奏曲 1~4巻 (石井あゆみ)

ちゃんと感想を残しましょう。
5巻も出ていますがまだ4巻までしか読んでいないので4巻までの感想です。

信長+タイムスリップと来たら読まないわけにはいかないでしょう!
…その割には4巻が出るまで静観していたのが謎ですが(苦笑)


信長協奏曲 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2011/02/10)
石井 あゆみ

商品詳細を見る


いや~、なんかいいね!

病弱な信長に代わって信長っぽく過ごすサブロー
あんまり日本史の知識がないんだけど
彼なりに歴史どおりに動かねば、と考えているのが好ましい。
素の彼の行動が結果、信長っぽくなるってのはステキ。
ゆるいサブローのままでいてほしい。
たまーに教科書でカンニングするのはご愛嬌。
でも、そうだね。教科書はあんまり参考にならないかも(苦笑)
細かいことはわからないことが多いもんね。

サブローと帰蝶がラブラブなのが嬉しい!
てんぷらと松平竹千代(笑)
姑息な信行
原黒な秀吉
まさかの道三
お市とも仲良し
ついに登場光秀、そう来たかっ!!

どれも私好みの設定で嬉しい限り。
帰蝶とラブラブなのは本当に嬉しいよ。
私は最初に読んだ信長の学習マンガで
本能寺の変で帰蝶が一緒に戦っていたのが刷り込まれているから
ラブラブ説を第一に掲げているのだ。

それになによりポイント高いのが馬に乗れるサブロー。
なんで乗れるんだ? 意外とぼんぼんなのか??
この時代では必要なスキルなので一安心です。

ところでリーダーまさの“やなだまさつな”って…実在する?
いてもおかしくない感じだけどダレだかわからないんだよな~。
わからなくても問題ないけどさ。

毎週録画ってスゲー便利な機能

ではアニメの話です。

BDレコーダを購入して以来、毎週録画機能を使いまくっているんですが
それまで持っていたDVDレコーダの毎週録画と違って
作品名に反応するようで
放送時間が違っていても対応してくれるのがイイ!

DVDレコーダ時代は時間で登録されていたから
時間が変わると平気で違う番組録画してくれたからな~。
だから自力で放送時間をチェックしなきゃならなかったけど
今はその必要がない!
…こうして楽していくうちにボケていくのか??

それに容量が格段に増えたので
闇雲に毎週登録して録画を溜めても大丈夫!
いや、溜めたらダメなんだが…
順調に溜まっている最中なので、以下感想がズレてます(苦笑)
早く消化しないと最終回迎えちゃうよね。
新番組始まっちゃうよね。←シャレにならん!


うさぎドロップ
これは癒されますね~。
ダイキチがダイキチですごく素敵です。
最終巻まで読んだ状態で見るとどうしても今までとは違う雰囲気で捉えてしまいます…
実写映画版はDVDで見たいと思います。


夏目友人帳 参
これも癒されますね~。
ニャンコ先生がいればそれで満足なんですが
同級生たちとフツー(?)に過ごしているエピソードが好きです。


青の祓魔師
アニメを先に見て原作を読んだわけですが
途中から原作とは離れた展開になってビックリ。
でもまだ原作完結してないもんね。
こうなるのは必然か~。
割と初めのほうにもアニメオリジナルのエピソードが入っていて
それがあったからキャラを覚えられたって効果もあったり。
海の話好きだな~。『うしおととら』に似たような話あったよね。
志摩くんは原作でもアニメでもいいやつだ。好き。


TIGER&BUNNY
てっきり虎徹の能力ネタがメインになるんだと思っていたから
イボ親父がクローズアップされて予想外でした。
不愉快なんだけどおもしろくなって悔しい。
それにしてもみんな薄情!
ルナティックの意外な仁義を見られてうれしかった。
四面楚歌のときだったからヒーローに見えたよ。
バーナビー、ソレがきっかけで記憶戻るの?!
よっぽどバニーって呼ばれるのやだったんだね(笑)


ダンダリアンの書架
この話すき。
なんだけど
ゲンショを音で聴くと「原書」しか思い浮かばなくて苦労した(苦笑)


No.6
なんかいろんな話を思い出す…
『地球へ…』とか『マージナル』とか『プログラムアシャ』とか。
それはさておき、メインの二人のうちどっちかは女の子でもいいんじゃないのかね?
と思い続けて見ています(笑)
まぁ、重い役目を持つヒロインはいるようなのでこれはこれでいいのかな。
原作は読んだことないのでどんな結末になるのか楽しみ。


BLOOD・C
なんとなく録画し続けていますが
これはいつになったらおもしろくなるんでしょか?(問題発言)
だってさー、なんかぼんやりとしか事情が語られないから入り込めないんだよ。
なんで女の子ひとりで戦うの?
お父さんは戦わないの?
つかこの二人は実の父娘なの?
なんか気持ち悪くね?
喫茶店のマスターは当然、裏があるんだよね?
なんでじゃんじゃん犠牲者がでるの?
友達まで死んじゃうって…守るために戦うんじゃないの?
約束ってナニ。
猫だか犬だか狐だかが出てきてようやくツッコミ入るようになったけど
謎が謎のままでフラストレーション溜まる。
これって原作とか読まないとわからない話なんだろうか??


あとは家にいれば見る『トリコ』と『ワンピース』
トリコ』が意外におもしろいです。
小松がまるでヒロインのようにみんなから守られているのがオカシイ(笑)

つーか、こうして列挙すると見過ぎなのが改めて実感できます。
そら録画も溜まるわ…(呆)

コミックレンタルのすすめ

予告通りマンガの話をしますよ!
冬眠前にちょっと少女マンガネタで更新していますが
引き続き読み続けていたって話です。

環境が変わって一番の発見は
近所にコミックレンタルのお店があったという事実!
ありがたいことです(拝)
今までマンガ喫茶で賄っていた部分はレンタルして補えそうです。
でも雑誌はレンタルできない…そこは諦めるか。

レンタルすると1週間借りられるので
期間中、何度も読み返せるのが嬉しいですね~。
マンガ喫茶だと時間との戦いになるので
流してしまうこともあったのですが
レンタルならじっくり読めます!
けど
読解力がアップするわけではないので感想は相変わらずだと思います…

それにマンガ喫茶だと著作権的なものはどうなっているのかな?
レンタルだと許可もらっているっぽいので
何らかの措置はとられているんですよね?
レンタルされればされるほど作者のもとに届けられるものがあると信じて
ガシガシ借りています。

そんなわけで一気読みをたくさん実践できました。
冊数を多くレンタルすると安くなるということもあって
目についたものを闇雲にレンタルして、結果
玉石混交なことに(苦笑)

読んだ時の私のコンディションにもよるんですが
「う~む」と唸ることになることもしばしば。
それはそれでアリなんですが…
根本的に私には恋愛メインの少女マンガは向いていないんじゃないかと
思ったりもしました。

玉石混交なマンガたちを列挙したいと思います。
どれが「玉」で、どれが「石」かは言わないでおきます。
でもわかっちゃうかな~?

ステージママの分際で! 1 (クイーンズコミックス)ステージママの分際で! 1 (クイーンズコミックス)
(2008/07/17)
星崎 真紀

商品詳細を見る

うさぎドロップ (1) (FC (380))うさぎドロップ (1) (FC (380))
(2006/05/19)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る

ひよ恋 1 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 1 (りぼんマスコットコミックス)
(2010/03/15)
雪丸 もえ

商品詳細を見る

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/05/19)
こうち 楓

商品詳細を見る

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)
(2004/04/02)
小畑 健

商品詳細を見る

L DK(1) (講談社コミックスフレンド B)L DK(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2009/06/12)
渡辺 あゆ

商品詳細を見る

青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)
(2009/08/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

夢みる太陽 1 (マーガレットコミックス)夢みる太陽 1 (マーガレットコミックス)
(2008/03/25)
高野 苺

商品詳細を見る

BLACK BIRD 1 (Betsucomiフラワーコミックス)BLACK BIRD 1 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2007/01/26)
桜小路 かのこ

商品詳細を見る

ひみつの姫君うわさの王子 1 (花とゆめCOMICS)ひみつの姫君うわさの王子 1 (花とゆめCOMICS)
(2008/09/05)
可歌 まと

商品詳細を見る

お子様ぱーんち! (Cheeseフラワーコミックス)お子様ぱーんち! (Cheeseフラワーコミックス)
(2010/09/24)
車谷 晴子

商品詳細を見る

ソラログ 1 (Betsucomiフラワーコミックス)ソラログ 1 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2009/04/24)
みつき かこ

商品詳細を見る

スプラウト(1) (講談社コミックスフレンド)スプラウト(1) (講談社コミックスフレンド)
(2006/01/13)
南波 あつこ

商品詳細を見る

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)
(2009/04/03)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る

7SEEDS 1  フラワーコミックス7SEEDS 1 フラワーコミックス
(2002/03/26)
田村 由美

商品詳細を見る

ライトノベル(1) (KCx)ライトノベル(1) (KCx)
(2011/05/06)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

中村工房 (1) (ガンガンWINGコミックス)中村工房 (1) (ガンガンWINGコミックス)
(2002/11)
中村 光

商品詳細を見る

八潮と三雲 1 (花とゆめCOMICS)八潮と三雲 1 (花とゆめCOMICS)
(2010/06/04)
草川 為

商品詳細を見る

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))
(2002/01/08)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


だんだん少女マンガ率が減っているのが笑えます。
少女マンガばっかり読むのは苦痛だったらしい(苦笑)

列挙した中で一番おもしろかったのは…
7SEEDSでした!

これ、めちゃくちゃおもしろいよ!!
大人買いしちゃろかと思ったよ(既刊20巻)! 踏みとどまったけど!!

7SEEDSに関しては後で感想をあげると思います。
だって、ほんとおもしろかったからさー。
テンションがあがったんだよ。やる気が出たんだよ。
さっすが田村由美!
『BASARA』も読み返したくなった(その時間がない…)。

今回、内容がないような気がします…
でもいい。マンガの話ができてうれしかったから!!

冬眠していました(夏なのに)

ついに広告を出現させるほど放置してしまいました。
ご無沙汰しておりました。

いろいろ環境がかわり、ブログを更新する余裕がありませんでした。
心のブログは毎日更新していましたけどね!

ようやく新たな生活にも慣れてきたので
ぼちぼち再始動したいと思います。
これまで同様どうぞよろしくお願いします。
…冬眠している間に見放されちゃったかもしれませんが(自業自得)

今までのような一日一更新は不可能ですが
広告が出現しない程度には更新したいと思います。
ってのは志、低すぎか(苦笑)
週の半分くらいは更新したい、なー。
どうなるかわかりませんが。

冬眠していた間、何をしていたかと言うと
新たな生活に慣れるのに必死だった以外は
貪るようにマンガを読んでいました! ←マジで。

私の気分転換&リフレッシュ方法(逃避方法とも言う)は
やっぱりマンガなんだなーと実感しました。

いや、アニメも見ていましたけどね。
今期はおもしろいアニメが多くて見るのが大変です。

ドラマは『荒川UB』と『ジウ』を見ております。

『ジウ』はおもしろいですね!
原作は未読なのでどうなるのかわからず純粋に楽しんでおります。
城田優の使い方の正しさにニヤニヤしていたのですが
え、まさか?! な展開に慄きました。
ロミオ退場! 私はチケット取れなかったからロミオ観らんないのに!
がっくりきました。
いや、ドラマは見続けますけどね。

そういえば韓ドラは見なくなりました(あんなに見ていたのに!)。

男装ドラマの『成均館スキャンダル』は見届けましたけど。
けど、なんか大味だったような…
第1話を見逃して発端がわからないのが致命的なんですが
男装モノなら『コーヒープリンス』のほうがおもしろかったし
陰謀を暴く時代モノなら『イルジメ』のほうが出来がよかった。
なんとも半端な印象で残念でした。

あとは全話を録画している『朱豪』と
お借りしたまま放置が続いている『イ・サン』は見届ける予定。
どっちも長いんだよな~。
なんだよ70話を超えるドラマって…すごすぎるよ…

映画はご無沙汰中です。が、『ミロ星』は見ました。

11.5巻が欲しくて…その欲望に勝てずに映画館に行ったのですが
あらら~? な映画にガックリ。
うーん。なんだい、あの作画。
テレビシリーズのほうが数倍きれいじゃん!
お話も原作のエピソードをちりばめて
どっかで見た(聞いた)ような…? の連続。
だいたい大佐の扱い酷過ぎないか?!
大佐だって戦っていたはずなのにカメラがそっち向かないんだもん。
指パッチンを見たくて行ったのに(激怒)

原作には敵わないな! という結論でいいのかな、この映画は。


さてさて、再始動早々長文にするのはどうかと思うので
今宵はここまでに致しとうございます。

次回は
貪り読んだマンガの話か
録画フル稼働のアニメの話をしたいと思います。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking