風が強く吹いている (三浦しをん)

3度目の読書。
…これ、駅伝シーズンが来るたびに読み返しているような(苦笑)

1度目はハードカバーで
2度目は去年
その間に
映画を観て舞台をDVDで観てマンガを読む
ここまでは実際の箱根駅伝は見ていない状態。

ついに今年、実際に箱根駅伝を見て 往路復路
予選会を見て
これで箱根駅伝を一通り満喫。

満を持しての再読です。


風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る


実際に箱根駅伝を楽しんだ後に読むと格別っ!!

そうそう。
初めて読んだとき“素人の集団が箱根駅伝に挑戦”ってことは
優勝するってことだと思って読んでいたんですよ。
私も駅伝シロートだったもんで(苦笑)

だけど、読んでいるうちに箱根駅伝って
出場資格を得るまでがすでに大変で
いくら小説でもさらにシード権を持った大学に勝つなんて
トンデモナイんじゃないか??
ってことがわかり
…んじゃ、どうすんのさ???
双子に共感しまくりでした。

ハイジさんに騙された! と不満を抱くのももっともだ!
カケルがどんなに早くても「頂点を目指す」なんて無理じゃんか。
じゃあ、いったい何を目標に走ればいいの?!


と思って読んだことを思い出しました。

走るということは、タイムである程度結果が予測できてしまう競技。
波乱はあるのかもしれないけど
でも素人の集団がいきなり優勝できるような波乱は難しい。

そこで“シード権獲得”という具体的な目標を掲げられ
優勝できなくてもテンション上がる展開にできる、ってことがわかり
そっか、10位以内ね!
と私の目標もシフト。

このシード権に関しては実際に駅伝を見たあとだと
実によく練られた目標だったな、と実感を伴います。
あの予選会をパスできるならこんな楽なことはない!
だって、かなりハラハラしたんだもん。

それに実際に見た後だと
それぞれのコースを走る様子もリアルにイメージできるし
繰り上げスタートとかルールもわかっているし
いろいろ「おお!」と感心することが多かった。

実際のレースでも
もちろん優勝の行方が一番の関心ですが
シード権獲得の10位付近のレースも見どころのひとつなんです。

正直このシード権を狙うっていうのもかなり無謀だったよ!

すっごい熾烈な争いですからね~。
もしかしたら優勝争いより熾烈かも。
ま、私が見たのが
東洋大がダントツ独走の優勝だったからそう思うのかもしれませんけど。

しかしこの物語のスゴイところは
実際に駅伝がスタートすると「勝敗はどうでもいい!」気持ちになるとこ。

だってこの人たち、勝利だけを目指して走っているわけではないんだもの!!

走ることを通してそれぞれの思いを語り始める後半は圧巻!
勝ち負けではないのです。
ここに至るまでの1年を振り返り
走るとは、人生とは…
それぞれが自問自答してそれなりの結論を出すのです。
うぐぐ。泣ける。

このあたりを読んでいると
ムカシ読んだマンガ『タッチ』で
甲子園なんてのは副賞なんだよな」とつぶやく
新田の学校の監督を思い出します。
読んだときはイマイチわからなかったけど、今ならわかる!
そのとおりだ! と。

きれいだから、つづいたんだと思う

というカケルの言葉通りだと思いました。
だって実際、走る姿を見ているだけで泣けてくるんだもん。

何度読んでもカケルの高校時代の暴挙の経緯を忘れてしまうのですが…
今回も「そーだっけ?」と首を傾げました。
このことに関しては、カケルは
反省しているけど後悔はしていないということで納得しているんです。

DVDで観る『天保十二年のシェイクスピア』

『メタルマクベス』を観た らシェイクスピア繋がりで
これを観たくなって久しぶりに鑑賞。
当時も思いましたけど、凄く豪華だよな~出演陣が。

チケットが史上最高にダブったのもこの公演でした。
絶対難航する! と確信して挑んだら凄い確率でゲットしまくり
あらゆる知り合いに声をかけて捌ききったのはいい思い出です。
たいてい大喜びで引き取ってもらえましたけど。
自分も公演期間の前半と後半、2回観に行っているし。ん? 3回かな?
もういろいろ記憶が定かじゃないですよ(苦笑)

でも前半と後半でこんなに違う舞台は初めてだ! ってくらいに
大きく改良された部分があったってことは覚えています。
前半(初日から数日後)に観たときは「これ、また観なきゃいけないの?」と
気が遠くなるくらいハマらなくて公演時間が長いのもあってグッタリ。
後日見た後半は「なんでこんなに面白くなっているんだ?!」とビックリ。
あー、なんか後半を2回観たような気がしてきた。

劇場は無くなった…いや建て直された、が正解か?
四季の持ち物だった前身を持つ旧ACTシアターでした。
急に名称が変わって
ACTシアターってドコ?! とパニックに陥ったものです。
 

続きを読む

のぼうさまと敵対する石田三成は…

やっと映画『のぼうの城』の他のキャストが明らかに。
eiga.com にて写真も見られるのですが
萬斎さんの立ち姿がさすがです!
でもそれってやっぱり“のぼうさま”としてはちと違うような??
どんなのぼうさまになるのか楽しみです。

クランクインしてからだいぶ経っているのに
キャストがなかなかわからなくてヤキモキしました。
あ、知らないうちに姫のキャストも発表になっていたのですね…

甲斐姫:榮倉奈々

石田三成:上地雄輔
大谷吉継:山田孝之
長束正家:平岳大
豊臣秀吉:市村正親



ほほう。
…正直、三成サイドの人たちのキャラを覚えていないのですが(苦笑)
説明文によると
天下統一の野望に燃える豊臣秀吉」←これはともかく
石田の親友で冷静沈着な大谷吉継
権威主義で高飛車な態度の武将・長束正家
だそうです。

うーん? そうでしたっけ? 本気で思い出せない~(苦悩)
あ、原作読んだときの感想に何か書かれていないかな?
小説『のぼうの城』の感想
おお! 書いてある!!

潔癖で自分の価値観を周囲に押し付けまくる石田三成
知勇に富むのに三成をコントロールしようと苦労する大谷吉継
秀吉という虎の威を借る、弱いもの苛めが得意な長束正家


あ、そうなんだ。へー。
やっぱり思い出せないや(苦笑)
あ、でもみっちゃんの潔癖さは覚えている。
そのみっちゃんを上地くんが? どうかな?
うーん。上手くいけばハマるのかも。

山田くんのヒゲはこの役のためだったんですね?!
『十三人の刺客』の宣伝で
「え! 映画では、んなことなかったのにどした?!」とビックリしたんですよ。
みっちゃんをコントロールしようとするのか。
うん。できそう(笑)

「権威主義で高飛車な態度」の長束正家に平岳大さんですよ。
ちょうど大河ドラマ『篤姫』の慶喜役を見ているところなので
なんか…笑いが。
いやいや、ハマりそうですよ。OKです!
 

拍手のお礼

先日、思い立ってカテゴリーを分けました。

テレビ関係のカテゴリーにドラマのDVDの感想を加えていたら
200に到達しようかという勢いに恐れ戦き

だ、ダメだ…このままでは収拾つかなくなる、と。

とりあえずDVDで見た国内ドラマと海外ドラマに分けました。
そんなに海外ドラマは見ないよ~と思ったんですが
『シャープ』をいちいち感想残しているのでけっこうな数に。

あとあにめのカテゴリーも100を超えたので
コードギアス関係を監督の名前で別に。
この監督の作品は後々見ることもありそうな気がするので。
どうなるかわかりませんが。

では拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!
あ、先日初めて「返事不要」の拍手コメントいただいたんですけど
ホントに返事しなくていいんでしょか?
なんか気を遣っていただいたようで申し訳ない。
コメントありがとうございました!

続きを読む

わー、なんだよ! 凄く怖いよ!! アニメ『PERFECT BLUE』

1998年のアニメ映画。
時間は90分に満たない作品ですが…
内容は濃いです!


PERFECT BLUE [DVD]PERFECT BLUE [DVD]
(2003/12/21)
岩男潤子松本梨香

商品詳細を見る


アイドルクループから女優として独立を図る女の子が主人公。

アイドルから女優への第一歩がこんな?!
脱アイドル=脱ぐってどうなの?
こんなものなのか??


アイドルの在り方に詳しくないのでなんともわかりませんが
“女優”ってそんなもんではないと思う。
ファンの反応はなんか納得ですが
この話の本筋はそこではなかった!

コワイ…コワすぎるっ!

ストーカーに悩まされながら、なりすましHPを放置する主人公。
殺人が起こりホラーの様相を呈して、最終的にはサイコ?

虚実入り混じりどこまでが現実でどこまでが妄想なのか
わからなくなるお話でした。
夢オチのループでは「この話は終わるのか?」と気が遠くなりました。

ちゃんとしたオチも用意されていたので一応完結。
まぁ、疑問は残りますけどね。

魚顔にはご用心ってことですか(違)


ところで見終わってから知ったのですが
監督の今敏さん、割と最近お亡くなりになっているのですね。
別に追悼の意味があって見たわけではなかったので
このタイミングに驚きました。

てゆーか、この方、マンガ家じゃなかったのか…
本屋で見かけたことがあるんですが違う人??
…調べた。同じ人だ。たぶん。
あ、『千年女優』の人か! って見たことないですがこの映画。
この映画を見ながら連想したんだよね。それも的外れではなかったのか~。

ご冥福をお祈りいたします。

コードギアス 1~3巻 (マジコ)

マンガにもなっている『コードギアス』
アニメは見終わったのでネタバレの心配がなくなったので読んでみた。
いくつか種類はあるんですが
一番本編に近そうなこれをチョイス。


コードギアス―反逆のルルーシュ (1) (あすかコミックDX)コードギアス―反逆のルルーシュ (1) (あすかコミックDX)
(2006/12/22)
マジコ!大河内 一楼

商品詳細を見る


えー?! ナイトメア抹消?!
ロボ的なものが一切排除されています。
ひええ。そんなんで『コードギアス』になるのか?!

多くの舞台が学園にシフトしています。
ユフィも入学しています。
ロイドが先生です。
アッシュフォード学園がイレブンとの“共学”になっていて
学内で差別撤廃運動が叫ばれていたり
スザクルルーシュの交流はますます遠く…
でも、アニメと同様、猫を追いかけて生徒会入り、というのがあったりして
一応アニメを遵守…??

けど、体操着を洗うスザクに無神経な言葉をかけたりして
残念なルルなのでした。
アニメでは察して見守るだけだったのにね。

カレンとの出会いが最初でしばらくたちは登場せず(出てこないのかと)。
ええ、学園が舞台ですから。
にしても、やっぱりアニメは展開が異様に早かったんだなぁ。
マンガがまどろっこしく感じます(笑)

いろいろ端折っているのにアイツは出てきた。
名前ド忘れ(汗)
CCに執着して考えを読めるギアスを持ってるアイツ。
おかげで振り回されるシャーリー

一番違うのはヴィレッタの不在かも。
3巻まででは登場せず。
その代わりをジェレミア卿が果たします!

スザクを無理やり逮捕し、処刑しようとしたところに
ゼロが参上して“オレンジ疑惑”の後
ゼロの正体を知るシャーリーを追いかけて撃たれちゃいました。

え、このまま扇に発見されて…???

って展開にはなりませんでした。よかった。
 

2010年12月号のアフタヌーン (おお振り編)

本屋ジプシーは続いております。
行きつけの本屋が消滅して以来
あっちこっちで購入することになったアフタヌーン。

昨日、ジュンク堂で見つけられなかったんですけど…
完売? おいてないの? マンガコーナーではなく雑誌コーナーにあるの?
よくわからないまま、他のマンガをざくざく買って
ほかの店でアフタヌーンを購入。

重…っ!!!

しまった。買いすぎた。運ぶのが大変でした。
この雑誌を買うときはほかの買い物は控えたほうがいいな。うん。
と毎回思っているような~(苦笑)


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

連続まっすぐについに阿部が口を出す。
ああ、そうね。切り札だもんね。心配になるよね。
でもサー、見てみたいじゃん!?

“まっすぐ”がどーいう力持ってっか
も1回体感しときたいんだ
そーしないと怖くって切り札として使えない


おお! そこまでは考えていなかった!
それは阿部が試しまくったの見ているからさ~。
でも捕手・田島としては実感しておかないと納得できない、と。
探究心旺盛です!

じゃ各打者3球まで
1番は1打席目1球投げてっからもう2球目だかんな!


阿部コマカイ~(苦笑)
言われた田島も

今はオレがキャッチャーなのに
なぁ?!


ついつい三橋に憤った表情をぶつけます。
それを受けて三橋が

オ レ リード めんどくさくて ゴメン………ッ

えー、違うし! そうだとしてもそのメンドクサさは武器だし!
と私が全力で否定していたら田島が“きゅいんんんん”と謎の擬音。
どうやら胸が締め付けられてしまったようですよ。

オレァお前にいい投球させるために
めんどくさいことがんばっからってゆー気持ちがプクプクと……
それが捕手か……!


その背景にはまたしても謎の擬音
リーンゴーンリーンゴーン”が鳴り響く…っ!
捕手魂に火がついたようですが
田島田島。なんで教会で聞けるようなベルの音なの? ちょっと変よ?!

三橋は私が思っていた以上にスゴい投手なのかもしれない。
これで2人の捕手の魂を覚醒させましたよ!
天性の捕手転がし…っ。

さて、そんなやりとりがありつつ試合はサクサク進んでいきます。
攻守が目まぐるしく交代。

だけど1番田島の前にはランナーなしがあたりまえで
田島のモチベーションが(苦笑)
でもヒットを飛ばす田島。

それを見て
「この打順だといつも以上に犠打率高くね?」と苦笑いの栄口
でもきっちり田島を2塁に進めます。

巣山も打つし、花井もなんとか打ってるし、西浦は順調なんですよ。
でも桃李の投手・祥馬が故障明けで徐々に…
やたら打たれるのに焦ったのか無理をし始めるんですよ。
捕手の石田

これがオレと岩先輩の差ちゅんやないやろな

と不安に。
出た! 岩先輩!!
1年生ズに絶大な信頼を寄せられるこの先輩の姿を見ることはできるのか?!
なにしろ祥馬が無理をするのも

バッテリー決めん時Aチームにおらんと練習で岩先輩と組めん

という目論見なんですよ。
岩先輩とどうしてもバッテリーを組みたい、という思い!
どんだけすごいんだ、岩先輩。

でも、無理はいかんよ! 違和感あったらすぐに訴えて交代しておこうよ。
岩先輩に「大丈夫か?」と心配されたら素直になったのかもしれないけど
同学年の石田ではついつい意地を張ってしまうというもの。
でも石田にとっては「同学年でいい投手である祥馬は大事」なので
なんかすれ違い?
大丈夫かな? 心配になってきた。

田島は桃李とは公式戦で当たらないと予測していましたが
どうも将来(甲子園で?)対戦するような気がしてならない。
来年、岩先輩と
再来年、成長した石田&祥馬と対戦する、みたいな感じで。
…そんなベタなことにはならんか。
でもこんだけ岩先輩への期待を煽られると気になるじゃないですか!

結局、ピッチャー交代。
田口くんです。祥馬には劣ると思われるので楽勝! かな?

田島と三橋のバッテリーは相談してますよ。協力してますよ!
わーい。岸川のこと翻弄したぜ!
楽しい♪

そして暗がりでひとりアイシングする祥馬…
うう、無念じゃのう。
でもここは無理してはいかん!
阿部、キミもだ。無理すんなよ?!

阿部はやっぱ三橋の言葉わからないんだな…
いや「オ」と「モ」で会話を成立させる田島が凄すぎるのか。
私も「オ」はわかったけど「モ」はわからなかったし。

西浦の下位打線の成績は

水谷 三振・四球
西広 ショートゴロ・レフトフライ
三橋 ファールフライ・三振


ちょっと水谷! バットに当ててないのキミだけだぞ!


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2010年
11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

『鋼鉄番長』観られそう…!

公演中の怪我(右アキレス腱断裂)により
池田成志さんの降板 → 河野まさとさんが代役という事態に加え
主演の橋本じゅんさんの
過度の疲労による「重度の腰痛」及び「坐骨神経痛」という診断結果により
休演していた劇団新感線の公演『鋼鉄番長』

ついに今後の動向が発表されました。

東京公演は橋本じゅんに代わりまして
三宅弘城氏が『兜剛鉄』を演じることとなりました。
しかしながら、再開を目指すにあたり
27日から29日に行う予定の4公演を中止にせざるを得ない状況となりました。

  『鋼鉄番長』公式HPより

うう、じゅんさんまで降板か~。
そうとう深刻なんでしょう。
毎公演全力でつっぱしるじゅんさんが轟天なみに駆け巡るのを観たかった!
あんなに鍛えているじゅんさんが疲労とはどんな過酷な公演なんだ??
まだ観ていないので謎。

私も残念ですが、ご本人が一番無念だと思うので
ここは無理をせずしっかりと休養していただきたいです。
大阪公演と福岡公演では復帰を目指すということなので
ぜひ完全復活を遂げることを祈っています!

そしてそのじゅんさんに代わって三宅さんが代役
な・る・ほ・ど!
納得の代役です。

成志さんの代役が河野さんって聞いたときも「あー!」と
納得しましたが(笑)
脱力系というあたりが共通していますよね。

成志さんのアキレス腱断裂という状態だったのに
松葉杖ついて舞台に立ち続けたという役者魂に感動。

これを知ったときはまさかそんなに重傷だとは思わなかった。
すごすぎるよ、成志さんッ(涙)

三宅さんなら、かわいらしい番長になりそうで楽しみです。
じゅんさんがパワフルラブリーだとしたら
三宅さんはパワフルキュートってイメージでしょうか? ←どう違う?(笑)
じゅんさんのバージョンは観ていないので比べることはできませんが
これはこれでレアなのでヨシ!

急遽、代役を任された三宅さんも大変でしょうが
楽しみにしております!

つか、本気で楽しみになってきた!!

もしかしたら観られないのかも…と思った瞬間もあったので
よかったなー、代役できる人がみつかって。
しかもぴったりだよ! よくこのキャスティングを思いついたなー。
そして実現できたのが凄い!


けど主役が交代するので払い戻し対象になるそうです。
私は観に行きますけどね!
幕が開いたとき泣いちゃうかも…


今回の降板&代役&中止に際しての
新感線の対応はきめ細やかだったと思います。
こまめに発表があったのと
続報は○日に詳細を発表しますという予告があったので
無駄なストレスがなかったと思います。

イープラスとファンクラブからもメールでお知らせしてくれたし。
払い戻し対象だったからかな。

以下、思い出したことを蛇足的に。
過去に私が遭遇した代役と払い戻しにまつわるお話です。

続きを読む

評価の低い映画にインシテミタ

予告を見たときから「これは見なければなるまい」と思っていた
映画『インシテミル

原作は小説だそうですが未読で挑戦。
せっかくなら純粋に楽しみたいじゃないですか!
と言うのは建前で
単に読む気力が湧かなかっただけどいう説も(苦笑)

しかし、公開されてから聞こえてくる評価は…
非常に辛口のものばかり。

曰く、原作とは別物(読んでないから問題なし!)
曰く、ホ○プロ祭(好きな俳優が多いから問題なし!)
曰く、ミステリじゃない(じゃなくても構わない!)

などなど、覚悟して見てきたわけですが
あはは~。
みんなの言ったとおりだったなぁ。

続きを読む

『新選組!』を再見! 第5巻

順調順調。
このペースを維持したいですね~。
しかしその代わり(?)に『篤姫』が滞ってしまった…(苦笑)


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾江口洋介

商品詳細を見る


第17回◆はじまりの死

おお、副長の決意が!
大名になるまで江戸には戻らない」と!!

そのためにもこの浪士組のトップは譲れない。
芹沢vs近藤 の熾烈な争いが。
本人たちより周りのほうが白熱しているのがまた…
斎藤さんが平山を脅したのには驚いた。意外に熱い男だ。

病弱な阿比留(矢部太郎)が生瀬さんたちの話を聞いてしまいました。
おや、沖田に結核をうつす以外にこんな活躍が(笑)

その生瀬さん、裏切らない決意を表明してくれました。
さすが生瀬さん! …すいません。役名覚えてないです(苦笑)
江戸に帰って佐々木さまに説明しようとしていたのに
早合点した芹沢がっ!
生瀬さんを信じてよ~、話をしてよ~。

でも芹沢の局長が騙されたんだと思ったという心を汲み
庇った局長が粕谷たちに失望されるのを見て
副長が「憎まれ役はオレがやる」と決意。
ほほう。そういう流れでしたか。

あ、深雪太夫ことお幸初登場。
肩がぶつかっただけで因縁をふっかけるならず者たちを
のしちゃう大活躍な隊士たち。
さんが強くてビックリした(失礼な!)。
お礼も言わずに立ち去るお幸…ええ~なにそれ~。

あと、壬生狂言でおもてなしした際、意外に博学なところを見せた芹沢に
悔しさ満点な副長(笑)
山南さんに「なんかないのか」と促しても「こういうのは苦手で…」と断られ
おや、山南さんこういう文化方面にはあまり興味がないのか? と
思わせておいて実は緊張していたというオチ(爆)
しかもおもてなしが終わった後にあーだこーだと言い始めるみんなに
なんで今言うんだ」と悔しそうな副長が愉快でした。


第18回◆初出動! 壬生浪士

局長3人・副長2人・副長助勤9人・平1人…?
ナニコレ、本気?(笑)

親睦を深めるために開催した相撲大会。
ここでの最大の収穫は笑顔の斎藤でしょう!


第19回◆通夜の日に

八木さんちのばあちゃんが~。
ついに箒を! でかした左之助!!
その左之助、初めてまささんと出会いましたが…
そんな出会いだったのか(苦笑)

島田魁登場!
永倉さんの紹介でした。そうでしたか。

なんなんだマタサブロー
自分から言い出した癖に斎藤さんに丸投げ?!
しかし斎藤さんは線香が燃え尽きるまでに戻る決意で外出
それを知らぬ間にフォローした局長にまたしても胸キュンな斎藤さん(爆)

おひでちゃんがやっと男装やめました。
副長、本気で気づかなかったのか??
なんか気づいてもおかしくない感じだったのに。


第20回◆鴨を酔わすな

うーむ。お金借りて踏み倒すのは許せぬな!
鴨、やりたい放題です。
そしてお梅が口出しまくり。結果、浅葱色の羽織を作ることに。

いや、浅葱色は切腹裃の色でもあるから“武士”の色とも言えますが
お梅の意図としては“田舎もん”の色としてバカにする意図があるわけで…
こわいわ~、京のオンナ。

河合さん初登場!
そろばん侍の参加に計算が苦手な山南さんが採用決定!
あら、山南さん計算不得意だったんですね。
そんな堺さんが『武士の家計簿』ではそろばん侍役とはオモシロい。

松原さんも初登場!
柔術で斎藤さんに勝利。
地味に凹む斎藤さんにウケる。

お座敷で深雪太夫と初顔合わせな局長。
その場には紙ちゃんもいますよ! そうだった!!

鴨は沖田をからかったりしてヤなヤツなんだけど
弱くて見栄っ張りで複雑なフツーの人なんだよな~。
でも借りた物を返さないのは許せぬな!

一方、江戸では佐々木さまが清河を斬りました。
 

その後の『地球へ…』 第5巻

おはようございます!
ブルーが目覚めました!


地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】 [DVD]地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】 [DVD]
(2007/12/05)
斎賀みつき .杉田智和

商品詳細を見る

 

続きを読む

とめはねっ! 7巻 (河合克敏)

新刊読むたびに「おっ!」と思わせてくれるシリーズ。
今回は歌舞伎と関連が!!


とめはねっ! 鈴里高校書道部 7 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 7 (ヤングサンデーコミックス)
(2010/09/30)
河合 克敏

商品詳細を見る


いよいよ“かな”編スタート。
前回、笠置のアキちゃんから断られた鈴里高校書道部。
断られたくらいで諦めるわけがない!

それなら別の先生を探せばいいのだ。

ってことで白羽の矢がたったのがユカリのおばあちゃん
うん。そうなると思ったよ。
そしてそれが実現し、その講義が予想以上に面白くためになるのでした。

まさか、歌舞伎の謎(ってわけではないか)が解き明かされるとは…!

とある“折り句”のルールで
いろは歌からある言葉が浮かび上がってくるそうで

いろはにほへ
ちりぬるをわ
よたれそつね
らむうゐのお
やまけふこえ
あさきゆめみ
ゑひもせ


この末尾をつなげると

とかなくてしすとがなくてしす咎無くて死す罪無くて死す

というメッセージが浮かび上がり
それを踏まえて『仮名手本忠臣蔵』のタイトルとなったとか。

そ、そうだったのか…!!
単純に四十七士と四十七文字をかけただけだと思っていましたっ!
すごいな、江戸人。
隠されたメッセージのレベルが高すぎる(私のレベルが低いのか…?)
 

やっと録画した『デュラララ』を見た

DVDの容量を確保しなければ!
必死に録画したものを消化しているのですが
これって全24話なんですね?
私が見た(というか録画した)のはMXで放送された分なので
最終話(と思っていた12話)を見てびっくり。

あれ? 予告があるよ。次回放送は2011年1月2日?!

うそん。なんで間あけるの? 意地悪?
続きはDVDで! ってこと?!
でもまだ最終話まで発売されてないみたいですけど??

見終わったらまことに半端な状態になってしまい残念無念。
でもとっても面白かったです!
 

続きを読む

蜷川演出『じゃじゃ馬馴らし』

観劇:2010年10月16日
会場:彩の国さいたま芸術劇場
原作:シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:蜷川幸雄

オールメールシリーズです。
そして亀治郎さんがさんと出演です。
これは観るでしょう!!


彩の国シェイクスピア・シリーズ第23弾『じゃじゃ馬馴らし

実は事前に古い映画をDVDで予習したのですが
…これを亀治郎さんがやるのかいな。
と気が遠くなったものです。
とんでもない気の強い女キャタリーナ役ですよ。
気が強いだけでなく大騒ぎするハネっ返りです。
超怖かった! なにしろ演じるのがエリザベス・テイラーでしたから。
あの人、顔コワイ…(苦笑)

で、舞台を観てみたら…
ものすごいセリフの洪水!!

それも筧さん演じるペトルーチオとの応酬ですよ。
マシンガン!
マシンガントークとは、まさにこのこと!!

しっかし、映画で見たときも思ったけど
これってちょっと腹がたつ話だな~。
まぁ、キャタリーナがひねくれているのが最大の原因なんですが
なんつーか男尊女卑な扱いで、もやもやしたものです。

が、舞台で観たら物凄い盛り上がった!!
歌舞伎ワザもふんだんに取り入れた亀治郎さんの啖呵が清々しい!
あれっ?! 何で??
よくわからないけど楽しかった!!

あと扇に隠された優雅なキスシーンがステキ
うん。
あの筧さんと亀治郎さんのラブシーンはなんとなくみたくなかったので
ほっとしました。
『エリザベート』のトートとルドルフのキスシーンは平気なのに…

山本裕典くん演じるルーセンショー月川悠貴さんのビアンカ
恋模様も…
つか、ビアンカのほうが腹黒いじゃないか(爆)
男声も織り交ぜてビアンカ面白かった~。

この話は劇中劇だったんですね。
映画ではそのあたり端折られていて
あの冒頭、違う映画で予習したかと思ってビックリした(笑)

ラストはなんとなくうやむやに舞台に合流したふたり…
あのふたりのために常にあの席は空いているんでしょうね。
それも凄いなぁ。
 

続きを読む

拍手のお礼のお礼

先日も拍手のお礼の場でドラマの感想を述べた のですが
今回も拍手のお礼でその続きの感想を。
最近、テレビ感想の前フリが当然のようになっている(苦笑)


SPEC

第1話で冒頭見逃がし&ながら見で集中できなかった分は
教えてもらったネットの無料放送で復習。
したのですが
74分(だっけ?)見たら1時間ほど見られなくなるという罠が!
初回スペシャルのバカ!

ジリジリしながら待ったのに1時間後には
利用者が集中していてアクセスできませんという無情な言葉…
んが! なんのために待ったと思うんだよ?!
とキレかかりましたが、よく考えたら後半はテレビで見たんですよ。
別に見なくてもよかったんじゃん。

そっか、加瀬くんとニノマエにはそんな因縁が。
ニノマエは加瀬くんが好きなのかね?
助けてる、んだよね? 言い訳できない加瀬くんは怪しい人になってますが。

第2話の千里眼囚人に山内圭哉さんが!
第1話の上川さんに続いて『蛮幽鬼』出演者がゲストで嬉しい。


ギルティ ~悪魔と契約した女

第2話も見ました。
第1話のペースではどんだけ死人が出るんだこのドラマ?! と
戦慄を覚えましたが今回は死人はなし。
ですが、着々と外堀埋めてる感じにゾクゾクします。
あの子、娘だったんですね~。できれば巻き込まないでほしいところ。

真島刑事は署内で殴る蹴るの暴行。
でもさぁ、あの同僚刑事、どう考えても殴られるために出てきたよね?
なんで警察モノってそんなに仲が悪いんだ。

あの犯人、精神鑑定で逃げたんですな。
伊達刑事(ジョーカー)に「お前に明日は来ない」ってやってもらいなよ!
と別のドラマの人に応援要請したくなった(笑)

記者・堂島のキモさもどんどん前面に。
芽衣子さん、まっさきにこの人を抹殺すべきじゃないのか?!
ほんとヤだな、この記者。

あと鋼太郎さん! セクハラ親父じゃんか!!


フリーター、家を買う

ついに始まりました。
実は今期のドラマの本命がコレなんです。
なにしろ原作読んでいます から。

…映像でつきつけられるとキッツイ内容だなぁ。

原作とちょいちょい設定変えているのですね。
姉ちゃんの嫁ぎ先が埼玉で近くなっているので出番が増えるのかな?
もっとコテンパンに言っちゃう肝っ玉姉ちゃんなんだけどな~。
小出しにするのかな?
なにより千葉さんがすでに現場にいるし!
え~。なんか…その変更は残念だな~。

お母さんの鬱!
コワイコワイ。
実際に目の前で見せられると…
変に大げさだったりしないのがまたリアルで
自分が同じ立場になったらどうしようと考えました。
誠治と同じでオロオロするだけかも。ダメすぎる。

お父さんは正直イメージと違うんですよね~。
もっと四角四面で「お金運んでんだから役割果たしてる」と、我関せずな
「いるいるそういう親父」という典型的なタイプだと思っていたので。

誠治のバイト先を転々とする様子を見て凹みました。
いるいる、こういう考えする人。
注意されてふてくされちゃう気持ちもわかるので苦笑しつつですが
そこで直せないというのは…我が身を省みつつキリキリと。
お母さんのためにすぐに働き口をみつけたのはいいけど
そこでもまだダラダラしてるってのはガッカリ。
原作でもそうだったっけ? …そうだったかも。
早く前向きな展開になるといいなー。

火曜日はドラマの日です!
『フリーター』と『ギルティ』どっちも見続けられそう。


パーフェクト・リポート

うーん? 狙いとしては『BOSS』と一緒?
厄介払いされた人たちをグイグイ引っ張る女性上司の話ですよね。
『BOSS』は警察でその仕事内容に納得できたんですが
今回は…テレビ記者。

なんつーか、知る権利とか報道義務って
野次馬根性と紙一重だから隠していることを暴くことに抵抗が。
あんまり執拗だとドン引きしてしまう。
第1話は美談だったからいいけど今後どうするんだろう?

しかし火災時のエレベーターはやめたほうがいいんじゃない?
階段で逃げろーと念じてしまいました。


マークスの山

原作は10年以上前に友だちから借りて読んでいるのですが
面白いくらい覚えていないです。
ホントに読んだのかな?
読んだ読んだ。それどころか『照柿』も読んだ(内容忘れたけど)。
そんなわけで新鮮な気持ちでドラマを見ました。

わー、ほんと何も覚えてないなっ!

いきなり死んだ人の役で池田成志さんが出てきてビックリ。
え、そんな贅沢な使い方するの?
いや、当然あとでこの人の重要性が語られるんだと思うけど
サッパリ思い出せない。

そもそもマークスってナニ? って感じだし(笑)
山っていうからには山が出てくるんだろうけど、どう絡んできたのか…
あ、登山仲間が過去に犯した犯罪がどうとかいう話?
んー、別の小説と混同している??

合田加納の異様な親しさも謎だし。
加納が合田を「ユウイチロウ」と呼ぶのが気持ち悪くて(酷)
なんなの? 合田の元妻の兄ってだけじゃないの?
学生時代の友だち? もともと知り合い?
あ、登山部だったのか?! ←どうしても登山というワードを使いたい(笑)

まったくわからないのが面白いので引き続き見てみようと思います。
あとギスギスした刑事同士や検察とのやりとりが
シリアスでイイ感じなので気に入りました。


見るつもりだった『モリのアサガオ』は見忘れました。
家にいたのに、うっかりいつもは見ないス○ス○を見てしまいました。
アホだ…なにやっているんだ~。


では拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!

続きを読む

うさぎドロップ 8巻 (宇仁田ゆみ)

1~5巻の感想 を上げたきりだったこの作品。

その後も読んでおりました。
…友だちに借りて!(笑)


うさぎドロップ 8 (Feelコミックス)うさぎドロップ 8 (Feelコミックス)
(2010/10/08)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る


なんで続きの感想がなかったかって言うと
りんが高校生になってからはテンションが落ちたんですよ。ワタシの。

りんが幼児だったときのほうが楽しかったなー。

これは作品のパワーが落ちた、とかではなく
単なる好みの問題です。
だってちっちゃいときの話のほうが好きだったんだもん。

で・す・が!

7巻あたりからまさかの展開でテンションが盛り返しました!
いやだって、りんが

ダイキチのそばにいるのは私じゃなきゃいや とか
凹んでいるダイキチをみてどうやらカワイイと思っちゃったらしい
描写があるんですよ!

さらに三親等の壁に悩んだりして…

おおお!
『いもうとデイズ』のアフタヌーン掲載分に続いて
いい感じの展開になって参りました!!
こちらは親の再婚による兄妹なので血縁関係の問題はないですが
(あるとすれば年の差の壁)
『うさぎドロップ』は叔母甥の壁が!
さらに年齢差も…
しかしそこはりんが

望めば全部無くなっちゃうけど…

の独白でわかるとおり
嫌と言うほど自覚しているので大丈夫だと思う。
それにダイキチにはそんな気持ちがこれっぽっちもないからな~今のところ。

しかしりんの気持ちがコウキにバレて、さあどうなる?!
どうにもならない?(笑)

仲直りの手段が食べ物っていうのがいい!
なんか家族! って感じで。

そう、すでに家族なふたりだから私としては壊れないでほしい。
理想は川原泉の『笑うミカエル』の司城兄妹なんですけどね。
そうなるのかどうか??
 

拍手のお礼

今期もアニメを見ています。
覚書として見たものを列挙してみましょう。


バクマン。

原作が大好きなので当然見る!
面白いです。
というか、原作が面白いからこのくらいは当然、とちょっと辛口な感じで。
第1話のオープニング2連発には大笑いしました。
ラッキーマン…じゃなかった。超ヒーロー伝説のオープニング好きだな~。


ジャイアントキリング

『バクマン。』から引き続き視聴。
なんて言ってますが、どっちかって言うと
『ジャイキリ』のついでに『バクマン。』を見ているような気が…(苦笑)
ハイビジョン・BS2とすでに2回見ているので現在3回目ですが
何度見ても面白いです!


荒川アンダーザーブリッジ×2

相変わらず楽しいです! 以上。
あーでもラブ重視になってきたかな。
私は「実はニノさん、リクにくびったけ」な様子を見るのが大好きです。


STAR DRIVER 輝きのタクト

ええとマンガがあるようですが原作ではない?
よくわからないですが、第3話まで今のところ見逃がしナシ。
ですが、一番に覚えた青い髪の子のキャラが弱くて気になります。
まぁ、彼の活躍はこれからってことで期待することにして
キャラが多くて気が遠くなります。
ヒロインすらも見失う私にはハードル高すぎる。女の子多すぎ…

なんで戦っているのかとか戦うことでなにが起きるのかがわかりませんが
嫌いじゃないです。
じぶんで「銀河美少年!!」って言っちゃうとことか(笑)


心霊探偵八雲

原作はマンガ…? よく知らないで見てみたんですが
第1話ではおもしろいんだかそうでないんだか判断がつかず
第2話を見逃がし、第3話では途中で寝た。
…向いてないんじゃないか、この話?!


俺の妹がこんなにかわいいわけがない

何でか流れで見ていました…
まさかの感想なんですが、コレ、面白いです!!
第1話でめっちゃ楽しんだのですが
第2話は見逃がし、第3話では眠気と戦いながら必死になって見ました。
ええ、タイミングが『八雲』のあと、なんですよね(苦笑)

巷では「こんな妹いない!」ってことらしいですが
私には「こんな兄いない!!」の気持ちが強いです。

すごいよ、このお兄ちゃん。なんて理解があるの…っ!
よくわからないなりに歩み寄ろうとする優しさに加え
我が身を犠牲にしてまで妹を庇う心意気!

でもお父さんを説得するオチがアレだったのは…苦笑です。
もっとミラクルな作戦なのかと思って期待しすぎました。
まぁ、お父さんも折れ時を探していたと思うので結果オーライです。


伝説の勇者の伝説

原作は小説ですか? 未読で視聴。
前期から(ときどき見逃がしながら)見続けているのですが
これ、いつになったら面白くなるんだろう??(暴言)
どう考えても好みっぽいのにどうにもこうにも…
もう録画するのやめようかな~
でも王様がどんな国を作り上げるのか気になるんだよな~


あきらかに見すぎなのでそのうち淘汰されるでしょう。
『荒川~』は録画決定なので見続けますが
『ジャイキリ』と『バクマン。』、『STAR DRIVER』は
録画しないで見れたら見るスタンスで。
あとはなりゆきかな~。
『俺の妹~』はできるだけ見たい! けどちと時間が遅い(って11時半ですが)
ああ、録画すればいいんですよね。
録画すると溜めこむからできれば避けたい…


では拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!

続きを読む

箱根駅伝予選会2010

いよいよ始まりましたね、箱根シーズン!

私は今年の正月に初めて箱根駅伝を見たので(いきなり現地で)
予選会は今回初めて見ました。
や、これは現地に行ったわけではありませんよ、悪しからず。

外出していたので録画して帰宅後に見たのですが
なんつーか、いいように踊らされました。

監督に注目して紹介された拓殖大が映れば応援し
スーパールーキー改めエースを欠いた東海大の紹介を見れば応援し
知っている長谷川選手がいる上武大が映れば応援し
日本大学の思いを紹介されれば応援し

…こんなに単純でいいんだろうか??
我ながら不安を覚えました(苦笑)

そして自分が予選会をわかっていなかったことが発覚しました!

場面を見てまず「アレ? タスキは??」と思いましたから!
そう。予選会は各大学12名まで登録できて
そのうち上位10名の合計タイムの早い順に順位を競うというルール。
あああ~、そういや『風が強く吹いている』でも走っていたなぁ。
映画やマンガにもなった三浦しをん原作の駅伝小説。
 以下があるのはこの作品の名称(つまり架空)。

あと箱根駅伝で上位だった大学がいないよ?? と(爆)
だから、上位大学はシード権があるだろう!
それを優勝とシード権を目標にみんながんばっているのに
本気でわかっていなかったな(呆)

約20キロをできるだけ早く走らなければならないという過酷なレース。
コースも初めて見たわけですが起伏に富んだコースでした。
つか、フツーに道路なんですけど…っ!
応援に駆け付けている人もいるよ。予選会も人気なのか~。

スタートが各大学で一列に並んでいるのにホホウと感心し
スタート間もなくの団子状態の選手の足元を見て白いシューズが多いと笑い
集団走の様子に寛政大のみんなもこうやって…と泣きそうになり
折り返し地点ではカケルのスパートを思い出し
それを見たみんなの感動が蘇り
え、テレビだとこんなリアルタイムに通過人数がわかるのか! とビックリ。

合計タイムまではわからないんですが
ポイントポイントで各大学の10人通過の順位が表示されるのですよ。
ゼッケンについたチップでわかるらしいのですが(カケルに教わった)
ゴールしたタイムだけでなく通過地点のタイムもわかるようになっていたのか。
そりゃそうだよね(苦笑)

その順位で一喜一憂するワタシ。
特に東海大が! やきもきさせられましたよ!!
大丈夫でしたけどね!
でもハラハラした。

こうして見ていると王子頑張ったな~という思いでいっぱいになりました。
寛政大は10名しか選手がいないのでだれかひとりでも脱落すると
それだけで予選通過ができなくなるんですよ。
それだけに運痴でマンガおたくな王子がいかに頑張るかっていうことが
カギになるのですが、最後まで諦めずによく頑張った!

しかもインカレポイント皆無の寛政大が予選を通過するには
純粋に予選会で早いタイムをたたき出さないといけないんです。
初めてそれを実感しました。
王子、早かったんだね! ここまで走れるようになるなんて偉かった!!


なんてことを思い出していたら無性にマンガを読みたくなり
予定を変更してマンガ版『風が強く吹いている』全6巻を読み耽りました。
過去に読んだ感想はこちら 1~3巻6巻
…全巻分ないのがこのブログのご愛嬌(苦笑)

続きを読む

『新選組!』を再見! 第4巻

お、割と順調に見ていますね。
このペースがずっと保たれると嬉しいのですが…


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾江口洋介

商品詳細を見る


第13回◆芹沢鴨、爆発

持つべきものは仲間だなぁ。
宿泊場所を確保し、部屋割を考え、効率よく案内する。
これを試衛館の仲間が手分けして!
適材適所とはこのこと!

鬼の副長の片鱗がちらほら。
この時点で局長に名前呼び禁止してるんですね。

にしても、ほかのみんな不平不満ばかり!
自分じゃ何にもしないで何様だよ。
ブシってこんなもんなのかね?

山南さんに絡んだムラカミシュンゴロー許すまじ!
と怒ったけど、副長のナイスフォローがあったからいいや。
もう、テレ屋さんなんだから! 副長!!


第14回◆京へ到着

松平容保久坂玄瑞登場。
そして八木家が…っ!
そっか、ひでさんて最初男装してたんだよね。忘れてた。

清河が動き始めました。
「この文面の意味のわかる者はいない」なんて
失礼なこと言ってバカにしてますよ。
ま、実際気づく人は山南さんともう一人しかいませんけど。

新見さんが気づいていたのだ! ラブ~。


第15回◆行くか、残るか

副長が動き始めた。
けど、山南さんが浮かない顔。板挟みだもんねぇ。
平助の場所取りに笑った。

おお! ついに斎藤さん出てきた!!


第16回◆一筆啓上、つね様

ん? 今までを振り返る総集編みたいになってる。
ま、手紙ですから。
いろいろあったんだなぁ。

前回、清河と袂を分かち、京に残ることにした壬生浪士組。
新たに募集をかけた末に現れたのが矢部太郎。
…コイツが総司に結核をうつさなければっ!

あれ? 粕谷さん残るんだっけ?
八木家の又三郎も参加したんだっけ?
生瀬さんと偉そうなおじいちゃんも残るんだっけ??

やばい。全然覚えてない(笑)

警護できないまま将軍が到着。
それに向かって「ヨッ! 征夷大将軍!」と声をかけたのが高杉晋作
だそうですが姿は見せず。

松平容保に対面して会津藩預かりとなりました。

DVDで観る『メタルマクベス』

『五右衛門ロック』のDVDを観たら新感線熱が急上昇!
どうにもとまらなくなり
未來王子繋がりで『メタルマクベス』に突入!

もちろん劇場でも観ております。
感想はこちら 劇場で観る『メタルマクベス』

続きを読む

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (万城目学)

ひさびさのマキメさん。

かのこちゃんと言うかわいい女の子が
マドレーヌが得意な夫人とともにお菓子を作りながら
ご近所の問題を解決する日常ミステリ!

と思い込んで読み始めたらいきなり目が点になりました(苦笑)


かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


マドレーヌ夫人って…そうなのか~。
ビックリいたしました。
まぁ、私の予想あらすじは大抵はずれるんですけど
今回のはマキメさんですからね、予想するだけ無駄ってもんです。

それにかのこちゃんのお父さんって?!
まさかの設定に浮かれてしまいました。
電車で読んでてジタバタしそうになりました。我慢しましたけど。
これはほかのマキメ作品をすべて読んでから読むべきですね!

玄三郎さんとマドレーヌ夫人の夫婦がまっこと素晴らしかった!!
電車で涙をこらえるのが大変でしたよ。

かきかけとけしいん (たし)

初めて読む漫画家さん。
書店でなんか面白そう!! と惹かれて手に取ってみました。

なんか手紙書きそうじゃん?
このメールなご時世に手紙ってレトロでいいじゃん?


と思ったら、まさかの子育てマンガでした。


かきかけとけしいん (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)かきかけとけしいん (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2010/09/25)
たし

商品詳細を見る


幼いころから親戚を転々として過ごしてきたいの
設定は『夏目友人帳』の夏目ににておりますが、アヤカシは見えません。
遠慮して生きる夏目に比べると真逆の
すっかりこまっしゃくれてトゲトゲした子どもに育ちました。

手を焼いたそれまでの育ての親がついにサジを投げ
新たな預け先、ろくのもとに訪問したところからお話は始まります。

このろく…一軒家に暮らすひとりもんでどうやら執筆業?
自宅にて仕事をする男なのですが、いきなり

私は子供が嫌いです

と、いのに面と向かって宣言してしまうギスギスした人なんです。
わーお。ハートフルな展開とはほど多いのか?!
ビックリしてしまいましたが

特にきみみたいな子供が

…ああ、いののトゲトゲが問題なのですね。
というわけでハートフルな物語でした!

これ、面白い!!

面白いって言っても派手な出来事が起こるわけではありません。
割と淡々と日々の暮らしが描かれるのですが
徐々にいのがいい子になっていくのがわかるのが楽しいです。

いただきます
おはよう


と自然に挨拶をするようになっているいの!
あんなにオトナに不信感を抱いていたのにろくは信用し始める様子や
近所の人と親しくしている様子が楽しい!
ろくの教育の仕方も押しつけがましくなくていい!
いちいち説明せずにゆっくり実感できるのがいいんですよ~。

第三者の目を通して見た成長したいのはまた格別でした。
ホガルを気にするいのを見て
丸くなったな~と実感しました。

拍手のお礼

いろいろドラマが始まりましたね。
例によって第1話はチェックして見ております。


SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

タイトル長い(爆)

城田優出演と聞いて急遽見ることにしたドラマ。
なので本気で予備知識なしで見ました。

わ! 大好きだったケイゾクテイストじゃないですか!
やばい、それだけで楽しい♪
んですが、冒頭を見逃がし、その後もメールしたりして、ながら見に。
ううう~ん。もう一度ちゃんと見たい!
再放送してくれないだろうか??

ながら見でしたが面白かったです。
巨大な組織と戦うことになりそうだし
神木くんが摩訶不思議能力の持ち主みたいでナイス!
で、城田くんの役どころはなんなんだ?? 実は犯人? ←何の?(笑)


ギルティ 悪魔と契約した女

え! 第1話で犯人にたどり着いちゃうの?! 来週最終回…?

と驚いてしまいました。
いや、私の予想は
犯人と知らずに出会い惹かれあって…
というベタなものだったもので(苦笑)

にしてもカワイイときとコワイときの対比が凄いぜ、菅野美穂
犬と接しているときは懸命でカワイイのに
悪魔の所業のときはコワイコワイ。
なんであんなに複数の復讐対象者がいるんだろう??
しかし犬の世話も復讐に活かしているから恐れ入る。
無駄がない!

目当ての玉木宏さんは今回は刑事の役だそうですが、どうも
いやいや、アナタ結城(MW)のくせして…
と勘ぐってしまう(笑)
今後、ふたりで復讐しまくるんでしょうか? ←絶対に違う!!

唐沢さんの汚さに本気でヒイた(爆)

あ、蜷川さんとこでおなじみの
吉田鋼太郎さんがクセモノっぽい上司で出演していますので
当然、なにかあるんだと思って楽しみにしています。
冤罪事件の捜査官で復讐対象なのだろうか?


闇金ウシジマくん

原作はマンガだそうですが未読。
見る予定はなかったのですが、寝そびれてなんとなく見てみました。

コワイわ! ウシジマくん!!
でも静かに怖いって人、実際に居そう。

眠りに就く寸前の状態で見たので内容はイマイチわからなかった~。
借金の話は好きじゃないので興味が持てない…
そんなテンションだったので
1話のゲストが尾上寛之さんだと気づけませんでした(苦笑)


あとは『フリーター、家を買う』と『マークスの山』と
モリのアサガオ』と『パーフェクトリポート』を見てみる予定。
どれを見続けるかは神のみぞ知る!


では拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!!

続きを読む

DVDで観る『五右衛門ロック』

先日観たゲキ×シネの『蛮幽鬼』
ミュージカル『エリザベート』の影響

な、なにか面白い歌う芝居を観たいぞ!!!

と訳のわからない強迫観念に囚われてついつい見てしまった
五右衛門ロックのDVD。
もちろん劇場でも観てまいりましたよ。面白かったですよ!
その感想はこちら 劇場で観た五右衛門ロック

続きを読む

駅伝シーズン到来

11日の体育の日には出雲駅伝が中継されましたよ!
みなさんはご覧になりましたか?
私は見ましたよ!

上手い具合にCMを見られて
「そんなら出掛けるのはとりやめじゃ」と即決する程度には
駅伝熱が燃え盛っております。
我ながら意外でした(苦笑)

それを見越したかのように
なーこさんより駅伝中継情報をリークしていただきました!
ありがたやありがたや(拝む)

しかし、どーしたわけか
すでに変更不可な予定が入っている日にバシバシ中継されるようです。
呪い? 呪いなの??

とりあえず今月16日の箱根駅伝予選会は録画して外出しますが
11月7日の全日本大学駅伝は…
DVDの録画の余裕に応じて決めようと思います。
溜まってんだよな~録画したまま見てないデータが。

来年の元日のニューイヤー駅伝はたぶん見る。
2・3日の箱根駅伝は絶対見る!
今年は現地まで行った箱根駅伝。 その様子はこちら 往路復路
来年はどうするか未定ですが…友達の熱が冷めてなければ行く。
が、飽きっぽい友達なのでどうなることやら。
で、今年見たらスゲーおもしろかった都道府県対抗男子駅伝
1月23日に中継されるそうです。

それ以外にもいろいろ情報をいただけたので
忘れずに見ていきたいと思います!
やー、最近すっかりテレビから遠ざかっていたのでありがたいです!

あ、出雲駅伝は知らない選手ばっかりでビックリでした。
つか、私の知識が今年の箱根オンリーってのが問題なんですが
にしても…新たな選手が続々登場で嬉しい悲鳴。
覚えようにも走る距離が短いのか覚える前にタスキを渡してしまうのです。
それに出場校も多かった…
登場人物多いよ~(泣)

で、駅伝を見ると思い出す『風が強く吹いている』の小説を再読開始。
ははは。
駅伝=風強 が条件反射のように刻み込まれているワタシなのでした。

再読『ONE PIECE』 ARABASTA編

ここからしばらくは事情により手元にある総集編にて再読です。
コミックより大きい雑誌サイズなので見やすいです!
そしてコミック3・4冊分収録されているので読み応えバッチリ。
読み終わって気がつくと何時間も経っていてビックリします。

今まで当ブログで登場した『ONE PIECE』関連の記事
53巻54~58巻(&60巻に収録されそうな雑誌分)
再読1~17巻再読1~17巻その2

ジャンプフェスタ2008ジャンプフェスタ2009
神保町ONE PIECEフェスタ2010


ONE PIECE 総集編 THE 6TH LOG (ONE PIECE 総集編) (集英社マンガ総集編シリーズ)ONE PIECE 総集編 THE 6TH LOG (ONE PIECE 総集編) (集英社マンガ総集編シリーズ)
(2010/02/09)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


続きを読む

『新選組!』を再見! 第3巻

週に1枚くらいのペースで見られると理想的かなー。
それもライバルの動向次第ですが…


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾江口洋介

商品詳細を見る


第9回◆すべてはこの手紙

講武所の指南役として張り切っていた局長ですが
行ってみたら門前払い。
なんかマツダイラチカラノスケとか言う名前ばっかり立派な変な奴が
「元百姓だった奴に旗本が剣術を習うなんて!」と不当に采配。
…元百姓の剣術に劣る実力しかない旗本なのが不甲斐ない!
と言いたいですけど、それが当時の考え方。
脳が沸騰しそうでしたが佐々木さまが公平でうっとり。

坂本さん再登場。
土佐勤王党はやめたんですって。
攘夷もやめて今は世界に目を向けているらしい。
目まぐるしいお人だ(笑)

ついでに土佐もやめて今は勝先生のとこにいるらしい。
ってことで勝海舟登場!
わー、私、野田さんの勝海舟好きだなー。
なんかもーこのキャラでイメージ固まっちゃったよ。
そこで佐久間象山にも再会。
顔を覚えない象山先生にまたしても鬼瓦とアダ名つけられました。
あ、ここまで平助と一緒に行動してました。

一方、山南さんのところへは山岡鉄太郎から浪士組募集の知らせが。
山南さんは顔が広い!
そしてこういう情報がくるってのが山南さんの信頼度の高さの表れなので
凄く嬉しい
のでした(にんまり)

浪士組のことを書かれた手紙を託されたつねさんが隠しちゃうのが
ありそうなことで…
その手紙がなにごとも丁寧な山南さんに似合わず
雑な切り方で山南さんの興奮を表していてなんか好き。


第10回◆いよいよ浪士組

口が上手いぜ、清河八郎(苦笑)
清河本格登場。
前に見たときは胡散臭いの極みで嫌いでしたが
今見ると、この人オモシロイな。

浪士組に参加する試衛館ですが
「年若い総司を死なすわけにはいかん」と総司は蚊帳の外。
ああ、そうでしたね。
この後の健気さにはもう…っ!!
月代剃っちゃたのはもったいなかったよ~。

左之助の赤手拭いってそういう…(笑)
この人、常になにか食べているよね。

まさかの再登場、マツダイラチカラノスケ。
カズサノスケと改名して現れた!
名前が変わったからって人柄が変わるわけではないので残念な人事。
調子よく50両どころか100両だって! と大口叩きながら
実際に集まった人数を見て卒倒、した振りをしてお役御免。
なんじゃコイツ。期待通りだな(爆)

人数が増えたところで予算は変わらないので
安くなってもいいならまた集まりなさいと解散。
ああ、佐々木さまの苦労が始まるのか~。


第11回◆母上行って来ます

佐々木さま、清河を抑えようと奔走。
胡散臭く口八丁な清河の思い通りにされては何されるかわからんという
その危惧は大当たり。
清河の狙いは将軍警護と言いながら実は尊王攘夷の軍隊をつくること。
幕府の金で募集・出発させて倒幕を企む奇策だったのだ。
騙すなよ! やっぱ酷いな、清河八郎。

それを打ち明けられた山岡。
密かに共感していて佐々木さまの周りは敵ばっか! 頑張って!!

律儀な平助、かつての師匠・カッシーにごあいさつ。
腹黒いカッシー。「これで京との繋がりができた」とほくそ笑む。
純真な平助をスパイ扱い? 酷いな。

局長の兄上、20両のコテツを贈ってくれました。
それを聞いて「ニセモノ!」と言う副長源さん
「オレがコテツにする」という局長がカッコイイです。

永倉さんは病気の仲間のためにバイトしていたんですね。
その人から大阪にいるおそのさんに伝言を頼まれました。

母上とはだいぶ前から決裂していて母上が家出中。
なんつーか、母上は頑なだよね。心狭い…と言ってはいけないのか?
なんにせよ出発前に和解できてよかった。


第12回◆西へ!

ついに出発!
ですが、出発直前にしてドタバタしています。
局長に役がついてない! と憤慨していますけど
別によくね? ヘタに役ついても面倒なだけじゃん。
でも形から入りたい彼らにはおおごとらしくって血相変えてます。

確かにばくち打ちとか頼りない人に役がついているのに
それなりに配下がを従えた局長がヒラってのは納得いかない。
清河、これモメろという悪意の人事?

山南さんが山岡にかけあうも清河に無下にされ
「いざとなったらオレがどうにかしてやる」と宣言していた副長の出番です。
どうすんの? 力ずくか?!
と心配していたら、捨助騙して金巻きあげてそれを賄賂に。
えー、酷いっ!
金がものを言うとお金の大事さをわかっていたのはさすが副長! ですけど
単純な捨助を騙したのは許せない!!

でもその甲斐あって局長はお役につけました。
なんだかメンドクサそうな、使いっ走りになりそうな役ですけど…
それに解雇された生瀬さんがカワイソウ(笑)

芹沢鴨とその一派も参加しておりまして
さっそく揉めてます。
何しろ理屈や主義主張ではなく「血が騒いだから」参加しているそうなので。
この人たちは血の気が多くて困ります。

爺とその門弟が「1番!」と騒いでいたり
ばくち打ちを仇と狙う若僧がいたり
他にも血の気が多い人がいて今後もゴタゴタが続きそうです。

出発のお見送りにこっそりきていたつねさんの
「勇さま、お気をつけて」に泣いた~。

あと捨助、かっちゃんを好きすぎ!
「見てるだけでもいい」ってどんだけかっちゃん萌えなの(爆)
そんな捨助が今後ことあるところに登場して
橋渡しするきっかけとなったのがコレなのか~。
これを副長の手柄とするのか罪とするのか、考え方次第ですね。

髪を切ったシャアはひと味違う

ついに『逆襲のシャア』を見ました!

これを見るためにガンダムを見始めたと言っても過言ではない!
あ、過言でした。
なんでアムロがブライトさんに殴られたのかを知りたかったから
見始めたんでした。

でも実際に見てみたらアムロよりシャアのほうに興味が移って
初代に続いて『Z』を全部見て、『ZZ』で挫折…。
『ZZ』にはシャアは出てこないんですよ。
どうも『ZZ』はもう見る兆しがないので諦めて『逆襲のシャア』へ!


機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [DVD]機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [DVD]
(2001/03/25)
古谷徹池田秀一

商品詳細を見る


ええと、『Z』はどう終わったんだっけ??
ハマーンとシロッコとの戦いの中で爆発に巻き込まれたシャアが
その後どうしたか、ってのを語るのがこの話ですよね?

続きを読む

ミュージカル『エリザベート』を観てきました。

観劇:2010年10月7日
会場:帝国劇場

今年の夏は暑かった。
あまりの暑さに脳がやられたのか
普段は観ないミュージカルを無性に観たくなり
思い立ったが吉日! たしか『エリザベート』上演中!! と帝国劇場へ。

それも納涼歌舞伎を観た後に!
なんで歌舞伎の後にミュージカルを観たくなるんだ?!

灼熱の太陽をもろに浴びながら汗だくで真剣に観たのは
『エリザベート』のキャスト表と残席状況。

やっぱ城田トートを観たいじゃない?
うわー、なんでこんなにWキャスト・トリプルキャストがあるんだ?!
あ、知ってる名前見っけ。浦井くんもいるんじゃん。
じゃあ、城田トートと浦井ルドルフの組み合わせで…
えー?! 10月?!


8月の時点で凄く見たい舞台を10月まで待つことになるとは…
まぁ、いいんですけどね。
問題はこのミュージカル熱が冷めなきゃいいんだけど、ってこと。

冷めませんでしたね!
城田トートめっちゃカッコ良かったです!!

続きを読む

拍手のお礼

わー、最近
家に帰りたくないのか?!
ってくらいフラフラ遊び呆けています。

昨日はミュージカル『エリザベート』を観てきましてね。
城田優の虜になりましたよ!
そしたら本日10時より開始のドラマに出演すると言うナイスタイミング!!
見る予定のなかったドラマですけど見ることにします。


ではでは拍手コメントへのお返事です。
拍手だけの方々もありがとうございます!!
 

続きを読む

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking