草食キング、ヘンリー6世

観劇:2010年3月28日
会場:さいたま芸術劇場
作:シェイクスピア
翻訳:松岡和子
構成:河合祥一郎
演出:蜷川幸雄

前後編6時間(休憩含めず)の公演。
なんという長丁場!
観る前は若干後悔したのですが(正直すぎだ)
観てみたらとても面白かった!!


彩の国シェイクスピア・シリーズ第22弾『ヘンリー六世

白状しますと前編の前半はかなりうとうと。
ヘンリーは父王の死により生後9カ月で即位したため子役時代もあったり
ジャンヌ・ダルクが活躍するフランスとの戦いが中心で
あまり興味を持てず…

ヘンリー6世が上川さんになってからようやく集中し始めました(苦笑)

タイトルロールなのに影が薄いとかのろまとか役立たずとか言われますが
私は好きです、このヘンリー6世上川隆也)。

物心ついたときから王様だった彼は野心がない。
善良で、争い事が嫌いで、嘘がつけず、逃げることもできない気弱な王。
自分の王位には正当性があると信じているけど
お前の先祖は簒奪者だ、と痛いとこつかれると言い逃れできない真っ直ぐな王。
子どものような潔癖な価値観をもっているのです。

「あなたがしっかりしないから!」と妃のマーガレットには
尻を叩かれっぱなし。
だけど、頑固に平和的解決を模索する無抵抗な王様。
不器用なんです。

この時代ではなくもっと平和な時代ならいい王様になれたと思うのですが
残念ながら時代は血みどろな薔薇戦争真っ只中。
翻弄されまくりな憐れな王様なのでした。

それでもどんな目にあっても人を信じることをやめず
「この世に神はいないのか」と絶望することもないのが偉いと思います。


その王様を叱咤し続けるマーガレット(大竹しのぶ)。
フランスの片田舎から持参金なしで嫁いできた妃。
なんでそんなに態度がデカイのか?!

この人、前半で浮気しまくるんですよね。
サフォーク伯爵池内博之)に見出されて嫁いでくるんですが
そのまま浮気を続ける不遜な人。
前編の前半はジャンヌ・ダルク(大竹さん2役)
前編の後半はマーガレットとサフォークがメイン。
ですが、どちらも興味がわかなかったのでスルーします(苦笑)
サフォークはなんでせっかくの領土を譲ってまで
この人を迎え入れたのでしょうね?

マーガレットが輝くのはヨーク公吉田鋼太郎)が反旗を翻してから!

自分の息子を王位につけるのだ!
不甲斐ない王なんか頼らないぜ!
と実にアグレッシブ。
王宮を追い出されてもフランスで再起をかける情熱。
そこで期せずして再会したウォリック伯爵横田栄司)とのやりとりは最高!
めまぐるしい展開から目が離せません!

ウォリック伯爵も翻弄された人でしたね~。
いい主君に巡り合えるって難しいことなんだなぁ。
この人が味方するほうが王位に就けるキーパーソン。
演じる横田さんは観るたびに思うのですが
橋本じゅんさんに声がそっくり! 話し方が似ているんですよ。
だからついつい応援してしまいます。
長生きするキャラで良かった(笑)

後編は楽しかったですね~。

トコトン! な感じで、どこまでも残虐な物語。
首を曝したり、逃げないようにまず足を斬るとは恐れ入る。
血みどろでお話も盛り上がるのですが
ヨークの3人の息子が豪華キャストで(爆)
3人とも悪~い顔をしています。

長男エドワード長谷川博己)は女好き(苦笑)
戦いにも積極的に参加して、主張するところは主張します。
父について王位を目指す野心家。
なんですが、結局は女で身を滅ぼす愚かなところも。
なんで未亡人なんかに興味を持ったんだ?!
フランス国王の妹をおとなしく待っていれば
全く異なる結末になったはずなのに~。
前編では若干変なキャラなフランスの王太子シャルル
後編は喋りまくり戦いまくりのエドワードで見どころ多い長谷川さんでした。

次男ジョージ池内博之)は…よくわからない。
登場してしばらくは全くしゃべらないんですよ。
無口な人なのかな? と思いきや、突然しゃべり始めた!
しゃべり始めたと思ったら、いきなり兄を裏切りヘンリー6世サイドへ。
でもやっぱり兄の味方でした。
…何がしたかったんだ??

三男リチャード高岡蒼甫)は待ってました! ですよ~。

前編では登場しない高岡くん。
これが初舞台なのかと思いこんでいましたが
他にも出演経験があるそうな。
私は『バトル・ロワイアル』で注目しました。
イイ役なんですよ~。地味だけど(苦笑)
私はこういう人になりたい! と思いましたから。
あの特殊な状況でひたすら…っ! 泣ける役です。
その後『RED SHADOW 赤影』『青い春』『パッチギ!』を見て
『クローズZERO』『ROOKIES』で大活躍を見守るに至るわけです。

リチャードと言えば、のちにリチャード3世になる役。
この芝居の後編の主役でした!

身体的特徴が多いので登場すればすぐわかるんですが
なかなか私の座っているほうを見てくれないのでヤキモキ。
今回の舞台は変則的で舞台上にも客席があったので
役者さんは正面以外を見ていることも多かったのでした。

そういえば、リチャード3世はおしゃべりだったな。
めちゃくちゃしゃべります。
そんなことを大声で?! という腹黒い考えも垂れ流し。
これはシェイクスピア作品の特徴ですが
みんな朗々と考えを聞かせてくれるのです。
そしてその通りに行動する有言実行の人。
兄のエドワードにも「あいつは思いつくとすぐ行動に移す」と言われていた。

そんな喋りまくりの役ですがまったく問題なくこなす高岡くん。
特徴ある歩き方で舞台・客席を動き回る姿に感動~。
チーム蜷川にとけこんでいるんですよ。
また出てほしい~。

リチャードの行動は
「言われてみれば『リチャード3世』で言われていたことだ」と納得。
先王の妃に盛大に呪われていましたが
あの妃がこのマーガレットのことだったのか! すごく繋がりました。
そして、『リチャード3世』に繋がるセリフもあって

このまま『リチャード3世』もやってほしい!!

と本気で願いました。
もちろん叶わないんですけど…
思わせぶりにちっちゃなリッチモンドも登場したりして
『リチャード3世』を見てからだからニヤリとするところが多かった。

『ヘンリー6世』と『リチャード3世』は
セットにして上演してくれたほうが面白さ倍増だと思います!
ジャンヌ・ダルクのあたりはカットして
その分、『リチャード3世』をやってほしかった~(と、無茶を言ってみる)
 

その後の『華麗なる一族』 第2・3巻

先日試しに見てみた第1巻 がおもしろかったので
続きも見てみました。

テレビ放送時は未公開だった映像も加えられているので
1話が丸1時間! 見応え充分!!
なんて言ってみましたが
1話45分のつもりで見ていたのでビックリしました。
集中力が必要なので正直ちょっと疲れます(苦笑)


華麗なる一族 DVD-BOX華麗なる一族 DVD-BOX
(2007/07/06)
木村拓哉鈴木京香

商品詳細を見る


では以下、感想。
ネタバレしますので隠します。

続きを読む

千龝楽、2階・3階席は一の蔵になった!

観劇:2010年3月26日 千龝楽(3階G列センター)
会場:日生劇場

先日も拝見した『染模様忠愛御書』 千龝楽も拝見。
本来なら同じ公演を複数回観るのは主義に反する(?)のですが
初演の時“楽日にサービスがあった”と
誰かが言っていたような記憶があるので「ヨッシャ!」とその気に。

期待通り、サービスがありましたよ!

ラストの火事場
メラメラと燃える細川のお屋敷を実況中継する講談
いよいよ興が乗って参りました!
そこへ飛び込んできたのがモクモクと煙を背負った友さん

え、ここは2階席!!

どうやら細川家へ仕官して日が浅い友さん
正確な蔵の位置を把握していなかった模様…(苦笑)
講談の人に「そこは一の蔵、御朱印状があるのはこっち!」と先導されて
慌てて2階・3階席の通路を駆け抜ける友さんなのでした。

わ~い。目の前を友さんが通った~♪

1階席に到着してからも客席を掻き分け
花道をよじ登る友さん。
その際、上手く昇れず客席のご婦人に手助けしてもらったり
サービス満点でした(笑)

その後も盛り上がる火事場
これはもしかして楽日限定で「カンジンチョー」復活もありえる?!
と期待しましたが
さすがにそれはなかった~(苦笑)
そりゃ、そうか。

そのかわり、クライマックスで大量の火の粉が天井から落下しました。
ええ、舞い落ちるとかそういうレベルの量ではありませんでした。
ドサーっと音が聞こえてきそうな量!

ここはコクーンか?! もしくはオモダカ屋か?!

どよめく観客(爆)
凄かったです! そんなに火の粉用意されていたのか! と。

その後、この火の粉は役者さんにとって悩みの種に。
そのまま、舞台上に敷き詰められた火の粉。
キラキラ素材なのでまるで鏡。
上から見ている分には面白いのですが
かなり足場が悪いらしく、そろりそろりと歩くみなさま。
特に友さんの乗った戸板を運ぶ4名が大変そうでした。

カーテンコールでも苦戦するみなさま。
それなのに何度も拍手で再登場を要求する私たち(笑)
火の粉を散らさないように、足を滑らさないようにお上品に歩く方々のなか
セットの関係で火の粉のない部分を発見した数馬
スタスタと登場。

頭いいな! 数馬!!

それとは対照的に
火の粉めがけてスライディングで登場するのが友さん。
わはは!

やりたいよね、やってほしかったよ!

そうそう。歌舞伎では初めて見たのですが
カーテンコールの最中
客席から花束を持った方々が友さんと数馬にプレゼント!

ええ?! そんなんアリなんですか??

ビックリいたしました。
それを見て「私も受け付けてます」と両手を広げて待ち構える図書さま
おちゃめです。

花束を受け取った友さんと数馬が花道を練り歩くのを祝福するかのように
足元から噴射されるスモーク!
最後までサービス満点でした。

ところで第一幕終了の時って幕がしまった気がしたんですが
楽日では幕は閉まらず暗転して終了でした。
おかげで役者さんがはけるところがうっすら見えて新鮮。
ですが、あれは見えない方がよかったような…

拍手のお礼

“DVDの第1巻を見てみる”シリーズ(?)に
意外に反応が多くて嬉しいです。
拍手&コメント、ありがとうございます。
どの作品も根強いファンがいるようで心強いです。

最近は読書タイムを大幅に減らしてDVD鑑賞に費やしていますので
さらに感想が続く予定。
1巻を見た続きや
こんなん見たぜ! な感想がわんさか。

いや、感想はこれからまとめるんですけどね。
休日にガンガン見ているもので…

見たい順に見られるとは限らないのがジレンマです。
なにせレンタルですからね~。貸し出し中だとどうにもこうにも(悩)
あと在庫にないものは見らんない! というのが悲しい。
結構、見つからないのがあるんです。
その後もいろいろオススメを紹介していただいているのですが
ないよ~! と、お店でがっくり膝をつきそうになることもあったりして。
オススメ作品の推薦もありがとうございます!

それにしても本当にマンガを読まなくなっちゃったな~。

では拍手コメントのお返事です。
お心当たりのある方、続きをどうぞ。

続きを読む

射雕英雄伝 1巻(金庸)

武侠小説と呼ばれるジャンルらしい。
私は初めて読みました。


射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (1) (徳間文庫)射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (1) (徳間文庫)
(2005/07)
金 庸岡崎 由美

商品詳細を見る


なんつーか
南総里見八犬伝とか水滸伝に通じるものがある。
これらに山田風太郎テイストを付け加えたとでもいいましょうか…。

オモシロイ、と思うんですが
1巻の時点ではどうにも判断がつきません。
なにしろ登場人物が半端ない人数なんですよ!
把握するだけで精一杯!

でも名前は覚えられなくてもキャラは覚えられるので大丈夫。
けど! 名前はひとりひとつにしてもらいたいっ!(切実)

チンギスハンの時代なんですが
私はフツーにこのあたりの知識が乏しいので
どこまでが史実なのかさっぱり…
それにモンゴルと中国の文化とか個性の違いとかもさっぱり…
あー、そうなんだ。と読んでいます。

続きを読む

気になるDVDの第1巻を見てみる 《華麗なる一族編》

久々に実写映像(笑)
大いに話題になり、視聴率も良かった(んですか?)作品ですが
生来の天邪鬼が発揮され
時流に逆らって見なかったドラマを今!


つくづくへそ曲がりだと自分でも思います(苦笑)

原作も読んでいないので事前の情報はゼロ。
…と言いたいところですが
“ほぼ日テレビガイド”を過去に読んだことがあるので
カマキリを捕まえるのが大変だった、とか
ショーグンという鯉がいる、とか
顔面セット! とかうろ覚えな情報がちらほら(笑)

しかし、あらすじや登場人物に関してはほとんど知らないので
存分に楽しめるでしょう。


華麗なる一族 DVD-BOX華麗なる一族 DVD-BOX
(2007/07/06)
木村拓哉鈴木京香

商品詳細を見る


続きを読む

気になるDVDの全巻を一気見! 《バッカーノ編》

あれ? 1巻を試し見、のはずだったのに今回は全巻を一気見
いや、だって
この作品は一気に見たほうが楽しめるでしょう!
なにしろ

主人公はたくさん!
さまざまなエピソードが徐々に繋がり
怒濤のラストへ!


って内容ですから。
実際、一気に見て大正解!!
順番に見て、また第一話に戻ると…うぎょー!! っとなります。
そしてまた全部踏まえて全巻を見直したくなるんです!

あれだ。
映画ならタランティーノ、小説なら伊坂幸太郎みたいな感じ。
もしくは『24』メメント風って感じかな。
過去・現在・未来を少しずつ語りながら
それらが繋がるように展開していくのが楽しい物語。


このDVDは

第1巻に“完全ナビ”
第5・6巻に“DVD発売記念イベント”が収録されていますが
さっくりネタバレしている部分がありますので
全部見終わってからご覧になることをオススメします。
あ、完全ナビは第2・3巻まで見終わってからくらいでもいいかな~

あと第5・7・8巻に“番外編”が収録されていますが
これは“番外編”といいつつ、続編なので
やはり本編全13話を見てから見ることをお勧めいたします

あと、かなりグロい描写がありますので
そういうのが苦手な方は要注意!
登場人物の多さはこれでカバーするといいでしょう 登場人物関係図

BACCANO!(バッカーノ!) 01 [DVD]BACCANO!(バッカーノ!) 01 [DVD]
(2007/10/24)
小野坂昌也.あおきさやか

商品詳細を見る


以下、見終わってのワタクシの感想。
別にネタバレはしませんが、一応隠します。
 

続きを読む

久々のテレビ鑑賞

テレビは毎日フル稼働なんですが
DVDばっかりでフツーのテレビ番組を全く見ない日々が続いておりました。
昨日は久しぶりにテレビ番組を見ましたよ!

まずは8時からのBS-hiの番組
伝統芸能の若き獅子たち~市川亀治郎 異端(カブキ)を継ぐもの

これ、内容が濃くてよかったですね!
…と言っても
私は夕食の支度をしながら・食べながら・片付けながら見たので
ところどころ見逃がしているのですが(苦笑)
8時までに終わると思ったんだけどな~。甘かった(がくり)。

妙に髪が短かった亀治郎さん。
それはどうやらドラマ『大仏開眼』のせい??
玄役でご出演とのこと。
放送はNHK総合で19時半から
4月3日(土)に前篇、4月10日(土)に後篇の2回らしい。
これは見たいなぁ。
シラスジローは亀治郎さんの出番の前に挫折しました(苦笑)

番組は歌舞伎の舞台に賭ける亀治郎さんに密着したもので
舞台裏のお話が中心。
稽古や演出の風景がたくさん!

1月浅草の『悪太郎』
2月博多座の『金幣猿島郡』
3月南座の『加賀見山再岩藤~骨寄せの岩藤~』
と猿之助さんゆかりの演目が続くため
猿之助さんが稽古をつけてくれた場面もあり
思わぬボーナスをもらったような気分。

舞台の拵えのまま猿之助さんの指示を仰ぐみんな。
なんという絵面…っ!
不謹慎ですがちょっと笑っちゃいました。

それはさておき、猿之助さんの演出はサービス満点で面白いので
どんどん継承してほしいです!


そしていつか『南総里見八犬伝』を再演してほしい~。
私は『八犬伝』が大好きです。
何年も前に歌舞伎座で観たものが忘れられません。
あれは面白かった!
大角は“角太郎”になると凛々しい若武者になるとは驚きです!
大角は八犬士の中では老けキャラになることが多いのです。
別に老けていないのに(苦笑)
でも歌舞伎では愛妻家の“角太郎”として若々しく大活躍!
ちなみに演じたのは亀治郎さん。
その舞台の様子はこちらの詳細レポが楽しいです。 南総里見八犬伝
更新が途絶えて久しいのが寂しい…

とはいえ、つきっきりで稽古を見てもらえるわけではないのです。
そこで登場したのが“演出助手”である笑三郎さん。
わお。師匠の演出面の代役を務められるとはステキです!

打ち合わせの様子はおもしろいですね。
めったに見られない風景ですから、こうやって作り上げるのか~と感心。
つーか、「ギャル男」がセリフに入るってどんな場面ですか(爆)
大真面目に「ギャル男」に対する理解を深めていく大人たち…
そして早変わりの種明かしの一端も披露され、勉強になりました!

舞台全体を演出する亀治郎さんの情熱!
客席から見てビシバシ指示を出す様子はスバラシイ!
ああ、博多座見たかったなぁ(今さら?!)
面白そうでした『金幣猿島郡』。なんて読むのかわからないけど(爆)

誰だか失念しましたが
父上のお弟子さん(?)らしき人だったと思うのですが
ポロっと亀治郎さんのことを「ぼっちゃん」と呼んでいたのにニヤリ。
そうか、ぼっちゃんて呼ばれているんですね?

そのぼっちゃん、ポロっと口伝をバラしていましたよ。
白拍子花子の金の烏帽子は揺らさないように動くことが肝心らしいです。
…この知識、いつ活かせばいいのかわかりませんけど(笑)

この番組を見てにわかに亀治郎熱が燃え上がりました!
南座・こんぴら…は、無理だから御園座にいっちゃおうかな?!

と、燃え上がったのは一瞬でした(苦笑)

続いて見た『逃走中
こちらにも出演した亀治郎さん。愛之助さんも一緒です。
この番組、大好き!
大好きな番組に好きな役者さんが出るなんて楽しみ過ぎる!

と、勇んで見たのですが…

注目のぼっちゃん亀治郎さん
50万行ったら自首するから」としょっぱなから公言!
ええ?
またまた~そんなこと言ってホントは走りぬくんじゃないの~?

と思ったら
公言通り50万に到達したとたんやってきた船に向かい、そのまま自首。

マジで?! ぼっちゃん、ものすごく好感度下がったよ!!!

この番組の醍醐味は
いかにしてミッションを切り抜けるか
そして最後まで逃げ切るかどうかを
楽しむ番組だと思っているので、この行動は残念至極。
ワタクシ、亀治郎さんは大好きですが…
最早清々しさすら感じましたが…
そういう人だとわかっていますが…

ミッションにも参加せず自首するくらいなら
最初から番組に参加すんな~!


と声を大にして言いたいですね。
実際、自首したりミッションを他人任せにした人の印象は物凄く下がります。
逆に最後まで逃げる姿勢を貫いて
なおかつ、ミッションにも積極的な人は大好きになります!(単純)
そういう意味では今回のエンディングは良かった!

ぼっちゃんの残念な退場を見届けた結果
私の期待を一身に背負うこととなった愛之助さん
先日の『染模様』で数馬役を拝見したばかりの愛之助さんですよ!

わ~イントネーションが関西だ~。
最初のミッション時に亀治郎さんに電話して
亀ちゃん参加しないって」と苦笑交じりに報告した姿が好青年。
その時は静観していましたが
ぼっちゃんが自首してからはアグレッシブ!

ハンター放出を阻止するために他の人と協力したり
姫のために薬草を買い求めて宮殿へ向かいましたよ!


そうこなくっちゃ!!
やはり応援する人がミッションに参加するとテンションが上がります。
残念ながらその心意気、結果には結び付かなかったのですが…
いいんです!
頑張ってる姿を見られたのが嬉しいから!

にしても、諦めが良すぎる愛之助さん(苦笑)
金貨の時はしかたないにしても
薬草の時
ハンターを見たとたん「無理だ」とあっさり諦めたのにはビックリ。
え、もう少し粘ろうよ!
でも自首に必要な銅貨を薬草に変えたのはスバラシイ。
あとクリスをご存じなんですね? 意外でした。

この二人のためにフォローしておきますと
博多座公演中の収録だったそうです。
その日の公演が終わった夜“王国”へ向かい
翌日の公演を控えた身で参加したので
怪我をするような危険は冒せなかったんですよ。
だから無理はしないであっさり諦めた、んだと思います。
本業に支障をきたしてはプロ失格ですから。

ところで今回は物語仕立てで、架空の“王国”が舞台でした。
場所自体はハウステンボスだったようですが
“王国”って言われると
そういうテーマパークがあるのかと思ってしまいますね。

時折、王国の実情が語られ、それが逃走者たちと連動する仕掛け。
私はこういうの大好きですけど ←なにせ芝居好きだから。
好き嫌いが分かれそうだなぁ(苦笑)

あとハンターに攻撃できるのが良かった!!
バスターとして活躍したやぐっちゃんはカッコよかったです!
あれ、武器庫の前で待ち構えたらダメだったんだろうか?
凍らせて「ハイ、次!」と武器交換したらよかったのに~。
それは邪道?

ぴんとこな 1巻 (嶋木あこ)

このタイトル…っ!

手に取ってみたら案の定、歌舞伎を題材にしたマンガでした。
そうと知ったからには読んでみないといけないでしょう!

ぴんとこなとは…
歌舞伎の役柄の一。
二枚目の和事役のうち、多少きりりとした性格をもつもの。
「伊勢音頭恋寝刃」の福岡貢など。
(Webの辞書より)


ぴんとこな 1 (フラワーコミックス)ぴんとこな 1 (フラワーコミックス)
(2010/02/26)
嶋木 あこ

商品詳細を見る


おや? 少女マンガなのに主役がオトコ?!

梨園の御曹司として生をうけつつ
歌舞伎に夢中になれない主人公・恭之助
稽古を疎かにし、ダラダラと舞台をこなし
それでも家柄というフィルターを通して見ている御贔屓筋からは大絶賛。
ま、若くて(なにしろ高校生)見た目も良いので
ほっといてもファンはつくんです、という設定。

チヤホヤされることに慣れた恭之助を
ばっさり斬るのが恭之助と同じ高校に通うヒロインあやめ
貧乏苦の優等生、かなりクール…というかドライな女。
つれないところに惹かれてしまう恭之助(不毛な!)

あやめには幼なじみがいます。
それが歌舞伎とは無縁の家に生まれつつ弟子入りして
努力で注目株に成長しつつある一弥
どうやらこの二人には幼い日に交わした“約束”があるようです。

…主人公・恭之助、カヤの外!

そんな恋愛模様はさておき、肝心の歌舞伎ですが…
いまのところスパイスのひとつって感じ。
でも期待していたより歌舞伎度高い、かも
先日痛い目みたので覚悟して読んだのでハードル低いのですが(苦笑)

一弥の努力は見事に結実しているようで
なかなか凄いことになっているし
生まれたときから歌舞伎に囲まれていれば
好きでなくとも無くてはならない一部になっているはずです

と、更に見えないライバルに対して油断はしません。

一方、歌舞伎の実力がつかないと
彼女に振り向いてもらえない
と気付いた恭之助も特訓開始。
その動機はどうなんだ? と思わなくもないですが
ヤル気になったのはいいことだ。
ちゃんと稽古すればそれなりの結果をだせそうなので一安心。

そして意外に純真なところをみせる恭之助
彼女が幸せでいますように」と高飛車な御曹司らしからぬ行動に!
いや~、少女マンガですね~。
いいと思います!


歌舞伎ファンとしてのツッコミは…
まだ歌舞伎の場面が少ないのであまりないのですが

一弥が鏡獅子の弥生で歌舞伎座に立つのも
それが呼び物となるのも
ナイなぁ…と苦笑するんですが、まぁマンガだし。

歌舞伎座に“満員御礼”のたれ幕って掛かるんでしたっけ?
相撲みたいだ(笑)
私が上を見ないから気付かないだけで本当は下がっているのだろうか??

再演はコンパクトだった…っ!

観劇:2010年3月22日 (2階1列目センター)
会場:日生劇場

それなりに楽しみにしていた『染模様忠愛御書』
それはもう
マンガで予習 したり
過去の自分の感想読んだり
カフェオレライターの記事 を読んだり
する程度には楽しみにしていました。

実際に観てみたらいろいろと変更されてコンパクトに!
さすが染さんの再演。
以前「再演するなら前回とは異なることを」と話してらっしゃいましたから
今回もある程度変えてくるんだろうな、と予想したのですが
予想以上でした。

前回がこってりの焼き肉だとしたら
今回は野菜中心のしゃぶしゃぶくらいのあっさり感。
…この例えはいかがなものかと自分でも思います(苦笑)
まぁ、とにかくコンパクトにまとめられていました。

私が気付いた点についてつらつらと…
書いてみたら長文に(驚!)
長すぎるので隠します。

続きを読む

拍手のお礼

24日のテレビは『逃走中』を要チェック!
歌舞伎界から亀治郎さんと愛之助さんがエントリーです。
博多座の公演の合間をぬって早朝のハウステンボスを逃げ回ったらしい。

25日発売のアフタヌーン5月号は引き続きおお振り休載。
予告で知ってそのまま本誌を読む気が失せました(苦笑)
そんなわけで未だに4月号の感想が書けません。
早く読まないと部屋が片付かないんですけどね。

以上のこととはまったく関係のない拍手コメントの返事です。

拍手をくれた方もありがとうございます!
文字だけの長文ブログに目を通してもらえただけでありがたいのに
拍手をいただけるとテンションが上がります。
そして調子に乗って更に長文に…(笑)

では拍手コメントにお心当たりのある方は続きをどうぞ~。

続きを読む

炎に舞う花びら上巻 (V.C.アンドリュース)

『屋根裏部屋の花たち』の続編。

炎に舞う花びら〈上〉 (扶桑社ミステリー)炎に舞う花びら〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(1989/10)
V.C. アンドリュース

商品詳細を見る


…前作の勢いがウソのようなロウテンションで読むことに。
ダメだ。
私、この主人公の考え方、好きになれない。

続きを読む

その後のカウボーイ・ビバップ

先日第1巻を見た『カウボーイ・ビバップ』
全26話+劇場版『天国の扉』全部見ました!
実に面白い作品でした!!

基本、1話完結で気楽に見られるお話なんですが
ちょいちょい登場人物の過去が絡んできたりしてシリアスに。
そのあたりがハードボイルドテイストでまたカッコイイんです!

なんだろ。このストレスフリーな感じ。
見ていて凄く楽なんです。


COWBOY BEBOP DVD-BOX (アンコールプレス版)COWBOY BEBOP DVD-BOX (アンコールプレス版)
(2010/03/26)
山寺宏一.石塚運昇.林原めぐみ.多田葵.若本規夫

商品詳細を見る


登場人物がみんな大人なのがいいのかな?

みんな自分のことは自分で! ってスタンスなんですよ。
たまに弱音を吐くけど、決して他人のせいにはしないで
自分で片をつけるのだ。
もちろん仲間がサポートしてくれるんですけどね。
自分から助けをアテにはしないのだ。
あ、フェイは例外ですけど。だってあの人フジコちゃんだから(笑)

でもフェイも自分で借金をどうにかしようとしている、はず。
逃げてばっかですけど。
玉の輿狙ったりしないのがその証拠!


ナレーション皆無でモノローグも極端に少ないからかな?

私はナレーションやモノローグがない作品が好きである!
説明セリフは聞き流す癖があるので…(苦笑)

しかしおかげで「む? よくわからないぞ」ってことも多々ある。
きっちり世界観が出来上がっているのに
○○事件とか組織とかポロっと名前を出しておいて
あまり説明をしてくれないから不親切といえば不親切。
でも詳細わからなくても展開に支障がなかったり
やがてわかってくるので問題なし。

登場人物同士の会話でも説明的なセリフが少なかった。
ここ! 登場人物たちの絆を感じられて好き!
ツーカーっぽいんですよ。
そして説明が少ない分、表情や映像、音楽で表現していたから
それが真面目に魅入ってしまった原因かも。

真剣に入り込んでいましたからね。
スパイクが耳栓して息止めて宇宙に出たときは一緒になって息を止めていたし
ジェットの元カノがだめんず好きってわかった時は一緒にがっくりきて
エドが感電した時は「うひゃっ」と声が出たし
「君の瞳…に映った僕に乾杯」ではフェイと同時に苦笑い。

音楽は毎回新曲発表みたいで楽しかった(笑)
いろんなテイストの音楽が楽しめるんだもん。
凄いな、菅野よう子さん。


登場人物が少ないのがいい!

スパイク・ジェット・フェイ・エド・アイン
あとはビシャスを押えれば完璧!(爆)
なんてシンプルなの! ステキすぎるっ!!


物語が基本、絆を描いている!

これも高いポイント。
中には迷惑な賞金首もいますが
そればかりではなく、過去の因縁や友情を描いているのがツボでした。


それにしてもビシャスの狙いがよくわからなかった…
この人は自分の心に入り込んだ人全員を消したかったんでしょか?
組織のトップに立ちたかった、というより
スパイクとの決着の方が大事だったみたいだし。
組織を崩壊させたかったのだろうか?

スパイクとはかつて背中を任せられるくらいの信頼度だったのに
いつの間にかいがみ合うように…
これはジュリアが原因?
そのあたりもはっきり描かないのが
魅力的であり、もどかしいところでもあり(苦笑)


全編通してスパイクがお気に入りでした。
優しいよね~。
余計なことは言わない気遣いの出来る人。
ま、これはここに出てくる人に共通する特徴ですが。
クラッシャーなところはいただけないけど(笑)

あとエドが可愛くて!
バド(パトレイバー)に似ているところがあるのですが
周囲に悪いオトナがいないので本当に自由で善良でカワイイです。

しかし、それ以外に一目ぼれしたキャラもいます
シン
ビシャスの部下のシンです。リンの弟のシンです!
出番少ないですが、登場したのかなり後半ですが。
予告で一気に虜に(爆)
リンはドスルーだったのにシンは一目でお気に入り。
やはり前髪がポイントでしょうか?

予告と言えばこの作品、予告も面白かったのでした。
サービス満点だなぁ。

相対的浮世絵

観劇:2010年3月19日
会場:シアターコクーン
脚本:土田英生
演出:G2

久々に内田滋さんを舞台で拝見!
もちろん、アフタートーク付きの日に観るのだ!

という理由で選んだ19日でしたが、公演2日目という日程でした。
…なるほど。

人生の曲がり角にさしかかり
それぞれにややこしい問題を抱えてしまっている
岬智朗(袴田吉彦)と高校時代の同級生・関守(安田顕)。
彼らに救いの手をさしのべたのは
10数年前、高校生のときに事故で死んだはずの
彼らの同級生・遠山大介(内田滋)と岬の弟・達朗(平岡祐太)だった。

うしろめたい気持ちを抱えながら
遠山と達朗からの救いの手を頼りにするようになる二人。
そこへ現れたのは、遠山・達朗と知り合いだという
自分の思い出ばかり語りたがる初老の男・野村淳(西岡徳馬)。

(キューブのHPより)

もっとホラーテイストだと予想したらそうではなかった~。
幽霊が(本人たちは「違う」と言っていましたが)出てくるし
謎めいた男がきっと…と思ったんですよね。
生きている人物の方が怖かった(苦笑)

それにしても初々しい舞台でございましたよ。
今回が初舞台の平岡くん、頑張っていました。
アフタートークでも「初舞台の人がいると面白いんだよね~」と
G2さんに含み笑いをされながら見守られている様子で(笑)
本人も「観客が入ると違う。笑いや拍手があるとすごく嬉しい
初日は夢中でやっていたらあっという間だった」と興奮気味でした。

平岡くんはしっかりしていますね!
トークでもきっちり話すんですよ。
ちゃんと「ご来場ありがとうございました」と挨拶もして…

滋さんは挨拶すっとばして本題に入りましたからね(笑)
それはそれで慣れてない感が出て、初々しくてイイです!
しかも開口一番
今日はすっ飛ばしたりいろいろあって大変でした。疲れました」と
問題発言ですよ!

え、そうなの? いったい何が?!

それを受けて「オレは大丈夫だよね?」と続いたのは袴田さん。
いやいや、何をおっしゃいます、と周囲から総ツッコミ(爆)
どうやら袴田さんは天然入っているようですよ。
こんな格好(きっちり社会人スーツ)ですけど…」と苦笑交じりに
間違えたり飛ばしたりしても本人は気付かず
“オレはやっている”と堂々としてて周囲の方がドキドキするんですよ~

と意外な一面が明らかに。

そうなんだ~。だから…
袴田さん演じる兄と平岡くん演じる弟の二人が舞台でやりとりしているとき
やけにハラハラしたのは
平岡くんが初舞台だからではなく、袴田さんのせい?!(爆)

西岡さんはさすがに落ち着いたものでコメントにも余裕が。
と思ったら意外にちゃめっけがある方で
事前アンケートの
学生時代夢中になったことは?」という客席からの質問に
コイ」と答えたG2さんに「錦鯉?」とツッこんだりしてくれました。

安田顕さんて初めて拝見したんですがTEAM NACSの方なんですね!
ははぁ。なるほど~。
本番中、台本にはないセリフをうっかり口走ってしまったようです(笑)
正しい舞台を観たい方は当日券ありますので…」ときっちり営業。
トークに慣れてらっしゃいましたっ!
思わず滋さんがSOSを送るほど。

観客からの「共演してみてお互いの印象は?」という質問に
「ではお隣のかたの印象を…」と指名された滋さん、大慌て。
隣は袴田さん。
思いついた順じゃダメですか?!」と提案して安田さんのほうをガン見。
おや、質問は事前に教えられてはいないようですね。

目が合ってるんだけど…」といいながら助け船を出すのかと思いきや
で、質問はなに?」とあっけらかんとおっしゃる(笑)
でもちゃんと答えてくれました。

外見の印象とは裏腹にG2さんは怒らない!」という安田さんに
怒るの下手なんです。中には怒るの上手なN川さんとかいますけど…
N川さん! 灰皿の逸話が有名な演出家ですね(笑)
そしてこの伏字を聞き返す西岡さん。
何回も言わせないでくださいよ」と困ったようすがオカシイ。

その間に滋さんも答えを考えました。
袴田さんは…」と天然36歳児・袴田吉彦をやり玉に(爆)
この人はそうとうみたいです。
みんなからいろいろ言われて…しかも本人無自覚だから恐ろしい。

でも稽古終わってから卓球の練習に付き合ってくれましたよ!」と
平岡くんからのフォローにも「ホントは帰りたかったんだよ」と
フォロー台無し(笑)
なんか懸命だったからやんなきゃダメなのかな? と思って…
うん。練習につきあってくれたのは本当みたいですけど
「ホントは帰りたかった」って正直すぎる~。

滋さんの素の表情は初めて見たのですが
意外に声が低い…いや、高い…?
そういえば、しゃべる姿をイメージしたことがなかった(苦笑)
話す内容は率直で面白かった。
あとね、本番中、滋さんがいると安心感が。
これはふわふわした袴田さんがいたからそう感じたのかもしれませんが…

あとできればニュージーランド帰りの姿でいてほしかった(笑)
あれ、似合ってたのに~。着替えちゃって残念。

気になるDVDの1巻を見てみる 《コードギアス編》

かつて『コードギアス』というタイトルから
そういう名前の怪獣が出てくる話、だと思い込んでいた作品(笑)
ギアスって響きが怪獣っぽくないですか?

どうやら違うらしい、とわかったのが確か昨年。
絵もよく見るとキラキラした美少年が描かれています。
このキラキラ度、なんかCLAMPぽくないか?
と思ったらキャラクターの原案がそうでした(苦笑)
マンガも描きつつ、こんな仕事まで…
偉いですね、CLAMPは。

そんなわけで、事前の情報は皆無に等しい状態で拝見。


コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]
(2007/01/26)
福山潤櫻井孝宏

商品詳細を見る


わあ、なんだこの長文は?!
長すぎるので隠します。
 

続きを読む

本屋にて悩む

最近はDVDにばかりかまけていて
すっかり本屋にご無沙汰。
思えば先月末あたりからまったくご縁が…
こんなにご無沙汰したのは人生初かも!

久々に行く本屋は発見が多いですね!

新刊がドカドカ出ていました。
ウハウハして手にしてレジへ…と巡回していると
持ち切れないほどの数に!
む。これは一度に買うのは無理だ、と断念したのもありつつ
ガッツリ買い込んだのですが

これは買うべきかどうか?!

と、未だに悩んでいるのがこちら ビーム4月号

タイムスリップお風呂物語『テルマエ・ロマエ』の
手拭いがついてくるんですって!
浮世絵のような風流な絵でございます。

私はお風呂で身体を洗うのにナイロンタオルやスポンジ・ブラシではなく
手拭いを使用しているのです。
まるで昭和(いや、江戸?)の風呂(笑)
たらいもヒノキで…と言いたいところですが、さすがにそこまでではナイ。

そんな我が家のお風呂にまさにぴったりな逸品!!

この手拭い、くたびれてきたら雑巾として大活躍。
くたびれた手拭いで鏡や窓ガラスを拭くととってもキレイになるのだ♪

ちなみに現在使用しているのは
国立劇場40周年記念公演
3カ月連続『元禄忠臣蔵』通し公演を3カ月とも観た人特典の手拭い。
3人の大石内蔵助(を演じた役者)のサイン入り。
シブい…(笑)


ところで
この『テルマエ・ロマエ』がマンガ大賞受賞したようですね!
〈マンガ大賞〉「テルマエ・ロマエ」が大賞

やったー!
これ、ジワジワ面白くなるんで、ぜひ読んでみてください。
真面目なルシウスがラブリーです。

順位は以下。
( )内の数字は獲得ポイント。リンク先は私の感想です。

テルマエ・ロマエ(94)
宇宙兄弟(89)
バクマン。(60)
アイアムアヒーロー(55)
娚の一生(48)
虫と歌 市川春子作品集(47)
海月姫(46)
モテキ(44)
高校球児 ザワさん(25)
アオイホノオ(23)

感想はないんですが『バクマン。』と『虫と歌』も読んでいます。
ほんとうは『虫と歌』を応援していたんですが…
ま、ルシウスの受賞も嬉しいさ!

『虫と歌』は短編集ですが、どれもファンタジックでステキです。
私は表題作でデビュー作が一番好きです。
四季賞で読んだときに
ギャー、この話スキっ!!」と狂喜乱舞した思い出もあるもので。
どんだけ擬人化マンガが好きなんだ、っつー話ですが(苦笑)

気になるDVDの1巻を見てみる 《カウボーイ・ビバップ編》

これはなんとなくタイトルに聞きおぼえがあったのと
(たぶんどっかで誰か(のブログ)が褒めていた)
ここ で推薦されていたのがきっかけです。

キアヌ主演で映画化も決定しているとかなんとか…

前にレンタルショップで見たとき貸し出し中だったのが
ちょうど返却されていたタイミングの良さもあって、さっそく拝見。

COWBOY BEBOP DVD-BOX (アンコールプレス版)COWBOY BEBOP DVD-BOX (アンコールプレス版)
(2010/03/26)
山寺宏一.石塚運昇.林原めぐみ.多田葵.若本規夫

商品詳細を見る


カッケー!!
何これ! すっごいカッコいい!!


音楽! とにかく音楽がカッコイイです!!
あのオープニング!
映像もカッコイイですけど、音楽っ!
いろんなところで聞きますよ! テレビとか舞台で!
でもこれが元祖なんですね?!

音楽を担当しているのは菅野よう子さん。
…名前を聞いてもピンときませんので調べてみた。
おお、なんかスゲー仕事している人なんですね?!
でも私にはなじみがないなぁ。
映画『下妻物語』と『阿修羅城の瞳』くらいか。
うーん。音楽?? 思い出せないや(苦笑)

あれだ。テレビシリーズの『ルパン三世』みたい。
最近のではなく、30分番組だったころの。
あのころのルパンは面白かった!
30分なのに物語がギュウギュウに詰まっていて見ごたえあった。

あれもシブかったけど、このアニメもシブいな~。

舞台は宇宙時代を迎えた太陽系。混乱した世界では、発生する犯罪も多種多様化し、惑星間に散っていった犯罪者を捕らえるために賞金稼ぎの制度が導入されていた…。スパイクとジェットのコンビも、そんな賞金稼ぎの一員だ。
(アマゾンの紹介文より)


賞金稼ぎのスパイクが主人公。
髪の毛モジャモジャですけど、よく見ると美形。
賞金稼ぎという職業に似合わぬ上品さも醸し出しているような…
だってちゃんとハンカチ持ってる!
なのに普通に強いのがタマランです!
聞き覚えのある山寺宏一さんの声ってのが嬉しい。
なんか大人の余裕を感じさせるキャラ。
いいな~、こういう飄々としたキャラ。

相方のジェットもシブいですね。
多くを語らずとも察してくれるいい相棒です!
暴走しがちなスパイクを上手くサポートしてくれる。
苦労が多くてあんな頭になっちゃったの?(笑)

そして第3話ではフジコちゃんみたいなキャラも登場。
色気よりも食い気と金!
莫大な借金を抱えているらしい。
ぶんどったお金で返済できたといんだけど…
そんなキャラではなさそうです。

オープニングを見る限り、あと一人仲間になりそうなんですが
そこまでには至りませんでした。

絵もキレイですね~。
古い『ガンダム』を見た後だから特にそう思えるのかも(笑)

お話も面白い!

ですが、ツッコミどころが少ないな~。
なので見続けたとしても毎話レポることはしないでしょう。
ブログのネタとしては惜しい(苦笑)
 

拍手のお礼

ガンダムを見た後は… に拍手コメントくれた方々!

いやあ、聞いてみるもんですねェ。
いろんな作品を教えていただいて拙者感激っ!
みなさん優しい~。

うまい具合にオススメが被らないのがまたスゴイ。
そして私が見たことないものばかりっ!
みなさま千里眼?(笑)

思いがけず熱いオススメを受けて
沈んでいたテンションが一気に上昇しました!
ありがとうございます!!

ちょっとヤなことあって心がズシンと重かったのです。

とりあえず教えてもらった作品すべての第1巻を見てみます!!
レンタル出来るものは…
在庫の有無が問題なんですよね。あるといいな~。

現時点で在庫が確認できて第1巻を見ることが決定しているのは

Zガンダム
カウボーイビバップ
コードギアス
バッカーノ
セーラームーン
女王の教室
華麗なる一族
白い巨塔
インファナルアフェア
24 シーズンⅦ
Xファイル
太王四神記


あとは在庫確認中。
近所になければ遠めのお店にも行ってみます! ←燃えすぎ(笑)


*引き続きオススメDVDの情報提供の協力をお願いします*

絶対条件は“完結している

ジャンルは問いません。
アニメでもドラマでも特撮でも海外ドラマでも映画でもなんでもOK!

“未知なる物語(未見のもの)”“レンタル可能なもの”という条件は
みなさまには確認できることではないので
とりあえずタイトル等を教えていただければありがたいです。

“見応えがあって、ツッコミ甲斐のある物語”ってのは
見てみないとわからないので
第1巻を見てからのお楽しみってことにします。

先人のお導きに縋るしか方法が思いつかない私に愛の手を!

久々に歌舞伎ネタ

DVDにばかり時間を割かれている最近ですが…

3月は『染模様』ですね!
私は今度の連休に観てくる予定です。

私の敬愛する(?)カフェオレライターのマルコさんが
一足先にご覧になったようです
巷で噂の“BL歌舞伎”を見てきたから感想を書く

これに目をつけるとはさすがです(笑)
歌舞伎は超初心者だそうでいろいろ衝撃的だったようで。
歌舞伎=伝統芸能 という知識しか持たない人が
観るにはベストだったと思います。
いろんな要素がてんこ盛りでド派手な舞台なので。
かといって、この歌舞伎を基準にされると困るのですが

笑いの要素がかなり入っていることと、時事ネタが豊富なこと

に着目してもらえると嬉しいです。
そうか! 今回も笑いの要素と時事ネタが織り込まれているのですね!
ヨッシャ! 私も楽しみにしたいと思います。

ただ、チケット代に関しては
ライブですからね~。
しかも生演奏でしかけもてんこ盛りなのでしかたない…

なんて諦めつつ
そりゃあもっとお手頃だったらもっと嬉しいよね!
と思います。ワタシも。

ガンダムを見た後は…

先日めでたく最終回まで見届けた『機動戦士ガンダム』

集中して1つの作品を見るのは、思いのほか楽しかった!
またそれを味わいたいぞ!


と言うわけで引き続き「何か見てみよう」という気に。
別にアニメじゃなくてもいいんです。
ドラマでも映画でも海外ドラマでも特撮でもOK!

以下の条件を満たす作品を探しています。

1.完結している。
これは基本です。外せません。

2.見応えがあって、ツッコミ甲斐のある物語。
見応えがあってもツッコミどころがないとやっぱりつまらない(笑)

3.今まで私が見たことがないもの。
未知なる世界を堪能したい! ネタバレしていると興味半減…

4.近所のレンタル屋に在庫がある。
これも外せません(笑)


見ようと思っていた『地球へ…』は在庫になかったんですよ~(泣)
まさかの裏切り!
アテが外れちゃったなぁ。困った。

自分で調べていくつか候補もあるんですが
意外に情報が集まらないのがアニメ関連。
総括的にこれが面白い!
と、ざっくり教えてくれるサイトはないもんでしょうか?
私が見つけたのは こここれ

あと過去の名作ドラマをざっくり紹介してくれるサイト~
ドラマは見たいものは大抵見ているから
見逃がしていて食指を動かされるものというと…思いつかないんですよ。
2こしか。


ここをご覧になっている心やさしい方にお願いです。
「こんなんあるよ!」「これはどうよ?」という作品に心当たりがあれば
もしくは
「ここで勉強せい!」というサイト
「これを読んでみろ!」という書籍がありましたら
コメントや拍手コメントで教えていただけると助かります

もう先人のお導きに縋るしか方法が思いつかない私に愛の手を!

拍手のお礼

休み明けの月曜日はぼんやりしますね。

久々に天気の良かった週末
出かけるわけでもなく、洗濯ものや布団を思う存分干して
のんびり過ごしたんですけど
地震がきてびっくりしました。
座っていたのにめまいかと思った…

震源地から凄く近いってわけではない
震度3くらいの地域だったのです。
そうか、震度3はめまいくらいか~(どういう基準?)

この“のんびり”の内容はそのうちネタに。←DVD見てました。

拍手ありがとうございます。
ちまちま書いていたガンダムの感想に定期的に拍手をいただけるのは
同じ方でしょうか?
いつもありがとうございます!
複数の方の場合も、ありがとうございます!
アレ? なんか大雑把なお礼になってしまった(苦笑)

ガンダムの記事ではありませんが
ありがたいことに拍手コメントもいただけました。
そのお返事です。こころあたりのある方、続きをどうぞ。
 

続きを読む

屋根裏部屋の花たち (V.C.アンドリュース)

どんでん返しのある本を読みたいな~。
でも連続殺人がおこらない話がいいな~。


という難易度の高い要望に応えてくれそうなシリーズです。
そう。これはシリーズの第一作目。
シリーズを最後まで読み通すとどんでん返しを味わえるそうな。
そういうの大好きだ!

あらすじを読んだところ殺人事件絡みではない。

1950年代のアメリカ。
「私」、キャシー・ドーランギャンガーはなにひとつ不自由のない
しあわせな少女時代を送っていた。
「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった。」
私には優しい兄クリス、双子の弟と妹
そして誰よりも素敵なパパとママがいた。
ところがある日、思いもかけない不幸が私たち一家を襲う。
交通事故で最愛のパパを失ってしまったのだ―。
その日を境として、あとに残されたママと4人の子供たちの運命は一変した。
着の身着のまま、母の実家のヴァージニアに向けて出発した5人だったが
過去の過ちで勘当されていた母のために
私たち4人は壮大な屋敷の屋根裏部屋に閉じ込められてしまった。

この屋根裏部屋から出られる日はすぐに来ると信じながら―。
全米女性に熱狂的な支持を受けた『屋根裏部屋の花たち』シリーズ第1部。
(アマゾンのあらすじより)


これは気になりますね!
どんでん返し云々を別にしても面白そうな小説です。


屋根裏部屋の花たち (扶桑社ミステリー)屋根裏部屋の花たち (扶桑社ミステリー)
(1989/10)
V.C. アンドリュース

商品詳細を見る


うおー、スゴイ話だ!
何を言ってもネタバレになりそうな…
実に感想を描きにくい物語でございます。

この1冊でもどんでん返しを味わえます。
途中までは私も「こうなるんだろうな」と予想できたんですが

まさかそこまで?!

驚愕の事実が待っておりました。
子どもが子どもを産んで育ててはイケナイ。ってことでしょうか?
酷いママだわ。

ふーむ。これは続きを読まねばっ!

けっこう分厚い本で苦手な翻訳ものでしたが
そんなの構ってられないくらい夢中で読んでしまいました。
…それでもいつもより時間がかかりました。


このシリーズは以下の続きがあるそうな。

炎に舞う花びら(上・下)
刺があるなら
屋根裏部屋へ還る
ドールハウスの夢(番外編)

髪の毛入りハンバーグ事件

事件ってほどではないですが
先日、とある洋食店にて頼んだハンバーグを食した時のこと。

初めて入るお店。
ハンバーグの種類が豊富で珍しい味つけも多いこのお店。
ウキウキしながらメニューを頼み
到着したのを食べ始めてしばらく経つと

ん? ハンバーグなのに頑固なスジが??

なかなかちぎれないハンバーグ。
て、ゆーかコレ、スジか?!
目を凝らして見ると…
1本の髪の毛で繋がっていました。
それはもうお肉によく絡まり、がっつり捏ねられていました。

ウゲ…

一気に食欲減退。
心なしか、おなかがしくしく痛みだした気さえしてきます。
店員に注意しようと改めて皿を見てみると

付け合わせのサラダは平らげ
ハンバーグも9割は食べ終わっています。

…このタイミングで言ったらクレーマーっぽい?
いや、こんだけ絡んでいるんだから問題ないか?
それよりなにより、気づかずに9割食べたことがショックだよ!


まさか髪の毛1本で
こんなにテンションが下がるものだとは思いませんでした。

実は今までは
髪の毛くらいでそんなに問題にするのはどうかと思っていたんです。
別に虫とか指が入っていたわけではないんだからさぁ
と思っていたんです。

どーも、すみませんでしたっ!

無理です!
髪の毛ムリっ!


入店した時にサッと誘導してくれたことも
メニューが風変わりで楽しめたことも
ナイフとフォーク以外に箸が用意されていたことも
付け合わせのサラダのドレッシングが寒天で固められていた心遣いも
ハンバーグ自体の味も

全部よかった!

なのに
ただ一つのミスが全ての評価を覆してしまったわけです。

なんだか、自分が悪いのかな?
と、果てしなく落ち込んでしまいました。
嫌がらせをされて試されているかのような錯覚に…(凹み過ぎ!)

結局、文句つけるのも気力もなくなりそのままにしたんですが
会計時に渡された割引券
それを私が使うかどうかは非常にびみょうです…

「アムロ、行きま~す」を聞けるまで その4〆

『機動戦士ガンダム』DVD11巻、第40~43話。

ようやく最終回までたどり着けました…っ!!

まさか最終回まで
「アムロ、行きま~す」が聞けないとは思っていませんでした。
そんなバカな?! どっかで見逃したのだろうか??

ちなみにこれまでの感想は以下。
1~3話4~7話8~11話12~15話16~19話20~23話24~27話28~31話32~35話36~39話

よくもまぁ、こんなに続けたものだ(呆)
我ながら偉かった! と自画自賛しておきます。

名残惜しくて長くなりましたので隠します。
 

続きを読む

「アムロ、行きま~す」を聞けるまで その3

機動戦士ガンダム』DVD10巻、第36~39話

やっぱり聞けない「アムロ、行きま~す」
あれ~? 星一徹のちゃぶ台返しのような幻の場面なんだろうか??

そういえば以前、クイズ番組で
ララァのモビルアーマーをプラモデルで発売しようとして
商品名に難ありってことでやたら説明的な商品名になったというのを聞きました。
さもありなん、な名前に笑いました。

それはさておき、やっぱり長文なので隠します。
 

続きを読む

「アムロ、行きま~す」を聞けるまで その2

機動戦士ガンダムDVD9巻、第32~35話

なかなか「アムロ、行きま~す」を聞けないなぁ。
定番のセリフじゃないのかな?
よく言っているような記憶があるんですが…
VTRでよく使われるだけなのでしょうか?

どんどん長くなります。シャアの効果は絶大だ。
 

続きを読む

「アムロ、行きま~す」を聞けるまで その1

機動戦士ガンダムDVD8巻第28~31話

先日『クイズマン』だったか…
どっかのクイズ番組で
“隠しキャラ的にあのアニメにあのキャラが!”
みたいなコーナーがありまして
このガンダムも出題されたのです。

なんとルパン次元がホワイトベースの整備をしてくれていたんです!

昔は著作権にうるさくなくって
スタッフの遊び心でこんなことが実現したそうですが
こういうの、ゆるゆるで楽しいですね(笑)

ルパンたちが出演したのは
第何話かは忘れましたが、スレッガーがいる話でした。
確認しようとしたんですけど
返却したあとでした…がくり。

で、
いろいろ考えたのですが
なかなか聞けない「アムロ、行きま~す」が気になってしかたないので
こんなタイトルに。
いつ聞けるのでしょうか?

全部見終わったので一気に畳みかけたいと思います!
金曜日までガンダムネタ続く予定。

例によって長文なので隠します。
 

続きを読む

2度目の東京セレソンDX

観劇:2010年3月5日
会場:シアターサンモール

前回初めて見た『流れ星』にめちゃくちゃ感動し
涙を絞りとられた私。
その感動ふたたび! ってわけでもないですが
足を運びました、東京セレソンDX!

今回、宅間さんは演出も出演もされていないそうで…
脚本は宅間さんの過去の作品とのこと。
ふむ。再演だろうがなんだろうが私は初めてだから関係ないな!(爆)


10周年記念イヤースペシャル第1弾!
WHAT A WONDERFUL LIFE!ver.2010


………。
ある男の一代記だったのですが…

ギャンプル&嘘&極道
私の苦手なものがそろい踏み!

なので、終盤に差し掛かるまではモヤモヤ。
だからどうしてそういう選択肢になるのかな~?

結婚式場を予定するくらいなら
その予定をキャンセルして120万円の補填に充てたらいいのに。
いや、そもそも使いこむのが間違っているけどな!

てな感じで、ずーっと主人公にツッコミを入れて見ていました(苦笑)
しかし後半、周囲からは鼻をぐずつかせる音が…!
急に花粉指数が上がった?!
わけはないので、どっか涙腺を刺激するツボがあったようです。

やばい…今回はハズレか??

と、諦めかけていたときに聞こえたセリフ

彼女を幸せにしてあげてください

ウウッ!
そう言えば、主人公はずーっと“彼女”のことを気にしていた。
それが心残りの人生だったんだ!
そのために…

ああ、今回も泣かされてしまいました。
あと、シュウちゃんの存在は反則!
ありゃあ、泣くわ。
でも実は最初は繰り返しにちょっとイラついた(短気)

前回ほどの感動ではなかったものの
やっぱり心揺さぶられた東京セレソンDX。
次回公演は宅間さんも出演されるとのことなので
また期待したいと思います!

バットマンって超人ではなかったの??

だいぶ前に観た『バットマン・ビギンズ』。

本当はヒース・レジャーの偉業を観たかったので
『ダークナイト』を観たいのですが
その前編であるこちらをまず拝見。

『ダークナイト』も観てからまとめて感想あげようと思ったのですが
それを待っていたらいつになるのかわからないので
とりあえず。


バットマン ビギンズ [DVD]バットマン ビギンズ [DVD]
(2008/07/09)
クリスチャン・ベイルマイケル・ケイン

商品詳細を見る


ううむ。
地道に修行をして強くなるんですね~。
そうか、バットマンという種族とか生物ではないのか~。
コウモリに変身するわけでもないし。
勘違いが多かったです。

地道な感じが『スパイダーマン』に似ています。
いや、あっちは蜘蛛に刺されて突然変異ですけどね。
バットマンは修行して強くなります。
修業先のボスがケン・ワタナベ
それも楽しみにしていたのですが…
肩すかしな役でした(苦笑)
印象的ではあるんですけどね。出番少なすぎ!

そしてなんと言っても
コスチュームを自力で調達のあたりが似ている!

さすがに手作りではなく
パパの会社で過去に開発した遺物を再利用 → 改造
ですけど。
改造しちゃうオタクっぽさが似ている(笑)

割と私怨で動いているところも似ている。

正義のため、悪を挫く
という意味もあるんですけど、それは結果で
割と個人的な恨みが動力になっているんですよね~。
それもまた説得力があると言えばあるんですが…

正体は隠しているんですけど、バレてもなんてことないのも…

なんつーか、日本のマジカル物に慣れているとそこが違和感
たいてい“バレたら帰国”みたいなバレた時が最終回でしたから。
長年正義のヒーローは正体がばれちゃいけないもんだと思っていたので
衝撃的でした。

そうか。
魔法ではなく自分のスキルだからバレてもペナルティはないんですね。
上手く出来ている。


モーガン・フリーマンの役が良かったです。
あんな人を使いこなせないなんて!
器が知れているな! おじさん!!

ロード&ゴー (日明恩)

有川浩さんがおススメしていた書
映画化してほしい! と訴えてらっしゃいました(たしか)。
そんな理由で読み始めた初めて読む作家さん。

あらずじも何も知らずにチャレンジ。
それどころか…作者名が読めません(泣)

え、たちもり・めぐみって読むんですか???

ははぁ。そうなんですか~。難しい~。


ロード&ゴーロード&ゴー
(2009/10/21)
日明 恩

商品詳細を見る


救急車を舞台にした小説でした。
これは珍しい。
救急車がメインの物語、初めてお目にかかりました。

そうか、救急車って闇雲に急げばいいってもんでもないのか。
そして揺らしちゃダメなんだ!
そうか、そうだよね。
住所はもちろん道路の状態も知らなきゃいけないのか!
凹凸のある近道より整備された道を遠回りしたほうがいい場合もあるのね。
それ以外にも医者の指示がないと治療もできないとか
それも資格の有無でできることが違ってくるとか
う~む。勉強になります。

前半はその仕事ぶりと、メンバー紹介。
なのでちょっと読むスピードが出ません。
が、事件が起こってからはグイグイ読めます。
その事件とは

まさかの救急車ジャック!

救命を第一に掲げる救急車を犯罪に利用するなんて!
そんな状況でも最善を尽くそうとする主人公たち。
冷静で頼もしいです。

昔ヤンチャだった機関員(運転手)生田
学級委員のように志高い真面目な救急救命士・
観察力に優れ常に穏やかさを忘れない隊長・筒井

みんなステキだ!

彼らをサポートする消防署の絆が輝く本作。
もー、カッコいいぜ~。
特に鬼平こと鬼島さん! 筒井隊長との絆がステキです。
この二人の物語を読みたいぞ。

事件そのものは実に不愉快。
犯人側に同情の余地はあるんでしょうが不快さはぬぐえません。

でも実にカッコいいんです! 心意気がいいよね。
東京消防歌の場面は感動です。
働く女性の物語でもあります。

確かに映画で見てみたい。
特にラストシーン。
あれは~、実際はナシだと思うんですが(苦笑)
でも見られるものなら見てみたいですよ!!

続きを読む

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking