そんな簡単に人間は死なネー

こういう言葉を終始口にする登場人物が出てくる映画を観ました。
たとえそうだとしても人間を傷つけていいってことにはならないでしょ。
と思う私には向いていなかったかもしれない映画『ドロップ』。

その感想の前に
『西洋骨董洋菓子店』の予告を見ることができました。
先日はチラシのみ見つけたこの映画。

アンティークのオーナー・ジニョク
不器用なウェイター・スヨン
元ボクサーの見習いパティシエ・ギボム
天才パティシエ&魔性のゲイ・ソヌ


…この紹介の名前の部分はカットされていたのですが
フェアじゃないような?
いや、観に行く方は当然ご存じなのかもしれませんが。

これ、吹き替えの時はどうするんだろう?
私は原作の名前に直したほうがいいと思います。
だって、名前を呼ばれても誰が呼ばれたのかまったくわからないもの

あれ? 韓国映画って吹き替えはあるのでしょうか??


ドロップ

不良に憧れて「不良っつたら公立だろ!」(そうなの?)と
私立から公立の学校へ転校した少年の話。

お笑いコンビ品川庄司の品川ヒロシが
自らの青春時代をベースにした同名小説を自ら監督、脚本を務めた映画作品。
というわけで、時代設定は品川監督の青春時代。
ケータイも地デジもない時代です。

過去に意外と不良の話を楽しめたからこの映画も行けるかな? と
思ったんですが…

『クローズZERO』『青い春』『ルーキーズ』あたりです。

以下、ネタバレを含みますので隠します。

続きを読む

いいともに歌舞伎役者が!

てことで、増刊号を録画。
なんでも先週は増刊号が休みだったとかで(そうなんですか。ナンデ?)
2週間分まとめての放送。
…必然的に各コーナーに割かれる時間が減少するということですね。
なんてこったい!
でも録画したから見る! 見たいとこだけ!!

私が見たいコーナーは“テレフォンショッキング”
丸々カットされることはないんですが、やっぱり1人あたりの時間が少ない。
ハー。よりによって…
(気を取り直して)
ゲスト出演されるのは
木曜日に染五郎さん、金曜日に勘太郎さん。

そこに至るまでは遠慮なく早送り。
あ、タカさんだ。え、珍しい! なんだか新鮮(ここで早送りストップ)
8年振りの出演だとか。
途中から矢島の2人が乱入して盛り上がりました。
ストロベリーは日本語学校に行っているそうです(爆)
しかし、矢島で出ているのにすっかり本性顕わしていましたね。
まぁいいか(笑)

なんとそのタカさんの紹介で染五郎さんの番です。
えええ? どういう繋がり?
とりあえず染さんは映画に出るそうです。

今度の日曜日に
邦画です。主演みたいですよ!
韓国から留学した女性がヒロインなので
お相手は韓国の女優…ではなく歌手、らしい。
あらすじはこんな感じ。

日本の大学に留学するあこがれの先輩を追って
映像の勉強をするため日本にやってきたソラ(ユンナ)。
しかし、肝心の先輩は家庭の事情で帰国しており
落胆した彼女は勉強もはかどらない。
そんなとき
3つの仕事を掛け持ちしている中年男・松元(市川染五郎)と出会い
彼に興味を覚えたソラは松元を課題の被写体にしようと思いつく。


なんだ、3つの仕事を掛け持ちって。
…ツッコむべきはそこではない。
中年男って書かれてるー!! そこは強調するべきところなのか?!

国籍も年齢も異なり、まったく接点のなかった二人の交流
だから強調が必要なのか。そうか…
二人の成長ストーリーだそうです。
4月11日公開。うーむ。あんまり好みの内容ではない~(苦笑)


で、いいともでの染さん。
孤独な幼少期を披露してくれました。

野球大好きだった染五郎少年
しかしお稽古や舞台で友達とは時間が合わず野球ができません。
そんな少年がとった行動は…

ひとり野球

自宅のお庭(さぞ広かろう)で壁を相手にバットを構えて
マイルールに従って野球を楽しんだそうです。
打った打球の壁に当たった位置でヒットの種類が決まり
打った瞬間野手になる少年、キャッチまでこなす。
…さびしいっ!

その様子を見た父・幸四郎さん「かつて自分もやった」と告白したそうな。
歌舞伎役者って…。なんだか泣けてきた。
ていうか、息子の相手をしてあげなよ、父!
してくれたのかな? したよね!(そう信じたい)

そしてお友達紹介の場面。
なんと木曜日担当のアナウンサーと勘太郎さんは同級生だったそうです!
そんな縁でちょっぴり会話をしていました。
勘太郎さん、だいぶ前にケータイを落してしまって
バックアップを取っていなかったため友達が激減したそうな(笑)
でも、これだけ大々的にアピールしたので今ごろは
友達から連絡先がわんさか届いているのではないかと思います。
勘太郎さん、友達多そうだ。

そんな勘太郎さんとアナウンサー(名前なんだったっけ? 田淵か田口…?)
恋のライバルだったエピソードが披露されました。

初等部…小学生時代ってことですよね。おぼっちゃま!
そんな時期に「酷なイベント(笑)」を経験した勘太郎少年。
女の子をランチに誘うというシャイな日本人にはハードルの高い企画。

ですがこのチャンスを利用して勘太郎少年は
1年生の頃から思いを寄せていた女の子にアタック!
そのライバルが現在アナウンサーになっているとは!
もう一人の恋敵“ホリ”はどうしているんでしょうか?


それにしても会場のお客さんの反応の冷たいこと
いや、もちろん拍手はしてくれますけどね…
世間での歌舞伎役者の認知度を目の当たりにしたひとときでした。

そっか、普通は染五郎・勘太郎って紹介されてもピンとこないのか~。
亀治郎さんが躍起になってテレビ出演する理由も
このあたりにあるのでしょうか?

私の周りは意外と通じるんですけど(それはカブキ仲間だからだ!)
あと友達も気を遣ってくれているんだな。
たとえそれが間違った情報でも感謝しなければなりません

○之助がテレビで美容について語ってたよ」(それ多分違う人…)
あー、あのドラマに出てた人?」(んー、歌舞伎役者だけど別人だ)
「(メールにて)この前、亀郎が…」(おしい! “次”じゃない!“治”なのだよ)

目が痛い

たまーに目の縁にプチッとしたおでき(?)ができます。
半透明で、爪でカリッとするとあっけなく取れたりする小さきモノ。
ん? ニキビ?
いやいや、半透明ですから!

これを親しみを込めて“ぷち♪”と(心の中で)呼んでいます。
そりゃもちろんプチッと取れるからだ!

ぷち♪が眼球にあたるととても痛い。
ずーっと痛い。
まつげなら取れば痛みはなくなるのに
ぷち♪は取れない場合があるのでずーっと痛いのだ。
大きさはニキビよりもずっとずっと小さいのに、その攻撃力たるや!

そのぷち♪が今、私の左目の縁におわします。
うう…痛い。気になる。イライラする。早く取れないかなぁ。


と、こんなぼやきをネタにしているのはネタに困ったから。
もうナイ! ネタが!!
マンガは読んでいるけどなんだか感想文を書く気力がない!!

あー、ネタじゃなくって気力がないのか。

そんなわけで近々(明日にも!)、毎日更新の記録が途絶えると思います。
ああ、なんだかもったいない…

でもネタがないのだ。
いや気力がないのだ。
目が痛いのだ。けど、これから映画を見てきま~す!

2009年5月号のアフタヌーン (それ以外編)

簡単ですが感想を。


ネタバレしますので要注意


菱川さんと猫 (萩尾望都)

最近、猫がらみのマンガが多いような気がします。
流行っているんでしょうか?

ある日、高野白湯子にだけ菱川さんが猫に見えるように。
確かに猫らしいけど他の人には菱川さんに見えるらしい。
猫はゲバラという化け猫だそう。

見なかったことにしないで突撃した白湯子さんに拍手。


友達100人できるかな (とよ田みのる)

「オメーは大事な用があるんだろ」カッコイイなキョーケン
魔法使いのお嫁さんが夢だという イタい 夢見がちな奥さん
嫌いじゃないです。
ところで『クラバート』って物語は本当にあるのか?
…あった! クラバート
作者は『大どろぼうホッツェンプロッツ』を著したオトフリート・プロイスラー
おお、なにやら面白そうだ。読んでみようかな。


ヴィンランドサガ (幸村誠)

トルフィンがぶち壊しそう~とハラハラして読んでいたら
あらっ
…ってことになりまして、以下次号!


宙のまにまに (柏原麻実)

え、堂上教官が朔ちゃんなの?! イメージできなーいっ!
以上、アニメに関してでした。

本編はいきなり演劇編?
なつかしい神話がバシバシ登場。
私はひしゃくの話が好きだったな。これが北斗七星の話だったとは!


珈琲時間 (豊田徹也)

探偵さん!


ハックス (今井哲也)

ようかいです!」ってミヨシちゃん。
今アナタ知らぬこととは言え友達を妖怪扱いしたんだぞ(笑)
映研のキモイ人、タチ悪いな。
それにしても強い! 生徒会長(だよね、あの人)
兄の顔が! かわいい。アホ毛が妹とお揃いだ。


ヴァムピール (樹なつみ)

笛吹くんと男爵リュカ
なぜだ。3人のうち男爵がいちばんの常識人に見えるっ!
意外にイイカンジだ、このトリオ。
さあ、来週はカンタレッラ大暴れ?


ミミア姫 (田中ユタカ) 最終回

ついに完結。
最初はノリノリで読んでいたんですが
途中からついていけなくなりました…
休載されるとキツイです。


バーサス! (和田依子) 最終回

坂本のあのド迫力攻撃は正解だったと思う。
友達としては。
仕事人としては…怒られた通りなのでしょう。
それにしてもみゆさ~ん(号泣)


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー

2009年
5月号おお振り編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

タイタニア 最終話

最後まで見届けた…
えらい! がんばったぞ、私!!

『花咲ける~』の宣伝を見ました。
あらー、立人の中国語ナシ?! なんかガッカリ。


第25話 熱砂の激闘

ヒューリックの運任せの作戦にすかさずのるミランダ船長
なんだかんだ言ってみんな参加です。

ヒューリックたちが着々と準備をしている間に
囮を買って出た(わけではない)のがバルガシュ軍。
明らかな違法行為に厳重抗議。
しかし相手は“タイタニアきっての武闘派”ザーリッシュ
聞く耳持ちません。

なーにが「宇宙の秩序を乱す」だ。
「宇宙の」ではなく「タイタニアの」でしょー?

威嚇攻撃にキレたトゥルビル少将、うまいことやって応戦開始。
…よくわからないんですけど
法を侵した相手に抗議したのに受け入れられず
なおかつ威嚇ではあるけど攻撃されて
先に吹っかけた場合でも先制攻撃した方が不利になるの?
なっとくいかないなぁ。

お金のあるタイタニアは気前良く砲撃を振る舞います。
それを見ながら(だと思うんだけど…)

我ながらよく耐えた

とザーリッシュ。
えー? この場合、耐えているのはバルガシュではないの?
「敵ながら」の間違い?
私がこの場面を取り違えているのか??
もうザーリッシュの考えはわかりません! ってことにしておこう。

すっかり忘れていましたが、顎のラインが独特のドールマン
まだザーリッシュの傘下にいたんですね。
しかしこの人、なんかしたか??

気になる運任せの作戦のほうはというと…
詳細はよくわからなかったんですが(駄目じゃん)
正直じいさん号を使った攻撃には胸のすく思いでございました。
粋だね! ヒューリック。
だからミランダたちが速攻でノッたのか~。

その後もヒューリックたちの思い通りに動くザーリッシュ
罠の待ち受けるほうへ誘い込まれます。
が、橋を爆破されても「この程度」と豪語するゴリラ…ごほごほ
いや、人間離れしたザーリッシュ相手では作戦通りに行きません。

低酸素な空間に追いやっても一人けろりとしているんだもんな。
つーか、さっさと退却するべきじゃないか?
味方がバタバタ倒れているのに尚も進もうとするのが理解できん。
毒ガスだったらどうするんだ?!

タイタニアの公爵の
まさかのゴリラっぷりにヒューリックたちも作戦が狂います。

?!
だからって、なんで素手で立ち向かうんだよ?!

そんなゴリラ相手に…力で勝てるわけないじゃん!!
銃を持っているんだから撃てーっ!

力は余っていそうなワレンコフですら歯が立たない
うわー、ぶっ倒れたワレンコフめがけて岩を落そうと構えているぞ。
その辺に武器はいろいろ転がっているのに!

ヒューリックはどこだ?!
自分で探せ

あはは。「自分で探せ」は良かったな。
ワレンコフのピンチに黙っていられなかったヒューリックが登場。
ザーリッシュと目が合ったところで、以下次回!

ちなみにパジェスも非力っぽいのにゴリラに勇敢に立ち向かいました。


第26話 終幕の鎮魂歌

オープニングをすっ飛ばしてさっきの続き。

ザーリッシュってさぁ、“ねずみ”だの“下賎”だの口が悪いよね。
自分はゴリラの癖に。
ゴリラはやっぱりゴリラでした。

ヒューリックはどこだ?!

ってヒューリック本人に向かって吠えてますよ。
顔知らんのか? そんなはずはないよね。
いくらマスクで顔が隠れていると言ってもわからないことはない。
思いがけずザーリッシュのひょうきんな面を見てしまいました。

で、なんでヒューリックも下りちゃうのかなぁ?
銃を使え。ま、ヒューリックは下手っぴいだから使わなくて正解か。

しかしすごいよなー、ゴリラ。
マスクナシでマスクアリの人間を次々伸しちゃうんだから。
ようやく不調の兆しが出てきました。…鈍すぎる。
この人、身体丈夫だったんだろうなー。
だから無頓着なんだ、きっと。

ふらふらし始めたゴリラに一斉攻撃。
あれ、生け捕りとか考えなくていいのか??

さんざん命中しているのにまだ動けるザーリッシュ。
もう怖いよ。
目の前の男のマスクを取って「ファン…ヒューリック?!」で絶命。
え、マジボケ?!
本気で気づいてなかったんかい!!


捕らえられて生き長らえる者だとは思えなかった

ああ~、そういうことで生け捕りを断念したんですか。
でもあそこまで弱っていたら抵抗も難しかったんじゃないかと思いますけどね。

夢見るおっかさんテリーザにもその知らせが届きます。
私がなにをしたと言うのです?!
とお嘆きですが、何もしないことが罪になることもあるんですよ。
よかったな、ザーリッシュ。一応、愛されていたようだぞ。
それにしても動物みたいな咆哮だな。さすがゴリラの母。

遺体を引き取りにジュスランバルが到着。
いや、本来の用件は違ったはずですが…
そこで初めてヒューリックとジュスランが御対面。

タイタニアのいない宇宙が見たい

ああ…ワタシもそう思って見続けていたんですよ。
でもこのまま終わってしまうんですね。
26話で4公爵の1人を倒しただけ…
藩王と3公爵倒すのにあと何話必要なのでしょうか?!

くそう。未完の原作でアニメを作るな! っつーんだよ。
なんだこの消化不良。
なんもかもが放り出されたまんまじゃんか。

バルガシュの出方は?!
イドリスの野望は?!
フランシアって結局何者?!

私の予想では(原作未読なので根拠ナシ
タイタニアは反抗勢力と内部分裂で崩壊。
辺境の地でその戦いに参加できなかったバルが漁夫の利を得る

的な結末ではないかと。

それを確かめるには原作を読むしかないのか~。
でも未完なんだよねー。完結したら読むかも。

あ、途中アジュマーンが夢を見ていた場面が出てきたときは
夢オチ?!」とひやりとしました(笑)


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19・20話第21・22話第23・24話

2009年5月号のアフタヌーン (おお振り編)

7月号から『武士道シックスティーン』が新連載!
マンガを担当するのは安藤慈朗…ん? 『しおんの王』の人か!


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

必死になるとケガそっちのけになっちゃうことがあるのはわかるよ
でも私はそれを決して肯定しない
そのおかげでウチは今
ひっじょーに 厳しいわけだしね


のっけからモモカン節炸裂!
選手のケガより勝利優先はありえないと言い切るモモカン。
だから好きだ! ていうかそれが当然でしょう。

それに対して「スンマセン」と謝罪の言葉しか出てこない阿部
でもこれだけで終わらないのがモモカンです。

ホント頼むよ 正捕手なんか
投手以上にすげかえのきかないポジションなんだからね!


わお。見事なアメとムチ。
言われた阿部がキラキラしちゃってますよ。
こんなこと言われちゃったら二度と、阿部はケガしないね(笑)

美丞は負けたらしいですよ。
しかしさすがのモモカンも倉田不在の理由の裏に
とある人物の腹黒い陰謀があることは見抜けませんでした。
つか、見抜けなくていいです。
モモカンの野球観とは相容れない人たちですから。

西浦に勝った美丞、それに勝利した日農大
その日農大も“積極的な攻めの野球”をする千朶に敗れてしまったのでした。
なかなか厳しいですな。

残るは “榛名中心の”武蔵野
“投手王国・俊足揃いの試合巧者”ARC の2チームの対戦。

その試合を西浦は観戦することになりました。
よ、よかった…
これで西浦不在のおお振りが連載されることはなくなったーっ!!

阿部君が悔しいのは 自分が
榛名さんの捕手じゃないこと…じゃないのか
自分が生かせなかった“スゴイ投手”を
誰かが生かしてるのが 悔しいんじゃないのか


おー、そこまで考えましたか。すごいぞ、三橋
でももっと単純に
自分は負けたのに榛名が勝ち残っていることが悔しいんだと
考えてもいいんじゃないかなぁ。
榛名に未練があるなら最初から武蔵野を選んでるはずだってば。

オレが ダメだから

と考え、過去に自分を労ってくれた西浦の面々を回想する三橋。
そしてその考えを打ち消すわけですが
その回想に阿部が不在なのが…カナシイ。
もっと素直にわかりやすく誉めてあげて、阿部!
三橋に全然通じてないよ、キミの喜び。
なんだ? これが通じれば二人の溝はなくなるのか?

けっこう態度に表しているんだけどね、阿部も。
でも通じないんじゃねー(苦笑)
わかりにくいかな? でも優しさとは直結してないから伝わりにくいかも…

試合観戦中もバッテリーは意見交換しながらみたいです。
モモカンの指示で。

離れてられんのは メシンときだけか

おやおや、こんなことを考えるなんて衝突も近いか?!
でも阿部ってもともとベッタリするタイプじゃなさそうだからな。

今日はお前に勝ち星をつけてやる

これってアメか?!
でも言われた太田川はあっちゅー間にアウトをゲット。
…効いているからアメなのか~。いろんな形があるもんですね。

太田川ってKボールで中3の春から3期全国優勝してんだぜ
榛名とどっちがスゲーか比べてみ


それは三橋の視野を広げようとするための発言ですね?!
なのに、どうしてあんなに邪悪な顔をしているのか…(悩)

先発を譲ったカグヤン、わだかまりはないようです。
軽口で榛名に声をかけます。

残念ながら オレ 今日 絶好調っす

な榛名。ARCと対戦することを楽しみにしていて気力十分!
なにしろ対戦相手のデータが頭に入っていますから。
考えながら投げていますよ! あの榛名が!!
うっそぉ。

その様子を解説するのは安静中録画チェックに余念のなかった怪我人。
隣で「よくしゃべるなー」と内心呆れる(爆)
でも考えに没頭するととたんにしゃべらなくなる怪我人。
で突然

――っんだ 今の球ァ!

そんなだからビビるんだよ、沖と三橋が!

ってさぁ ンなふーに 相手のいーとこ復唱してっから
打たれんじゃねーの?


ぶはは。さすが榛名!
その考え好きだな。
キミの場合は考えすぎないほうがいいと私も思う。

3点目をとられ、榛名が仰天提案。

町田さん 秋丸と代わってもらえませんか

え、秋丸…試合に出るのアリなの?!
それに対して町田も納得しているけど彼を下げるわけにはいかない。
…今日初めて試合に出たかわっち

あ オレが交代?! あ そうか わかった

おっオトコだよ、かわっち~~!!

オレらを甲子園へ連れてけよ!

んー、とたんにみんな脱力(笑)
愛敬あふれるかわっち退場。
で、ホントに秋丸出てきた。
なんとなく秋丸は試合に出ないもんだと思ってました。
ん、マウンドで蹴り入れられてますけど!
わはは。『ダイヤのA』か?!

何もしなけりゃ しばらくダマせんだろ
ボロ出したら走り回られっかんな


ダマすって何? ボロって何?
どうやら秋丸、捕手としては能力不足? 榛名の全力を捕れるだけ?
えー、バレるでしょう。
だって

正捕手なんか
投手以上にすげかえのきかないポジション


ってモモカンも言っていましたから。
そうか、この部分のマエフリにもなっていたのか~。

これは 榛名の全力vsARC ってことなんでしょうな。
あとARCの一年生レギュラー塩入くんの存在に要注目。
青森出身ってことですが、訛っているんでしょうか? ←どうでもいい(笑)


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー

2009年
4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

獨道中五十三驛

観劇:2009年3月22日(3階3列目上手より)
会場:新橋演舞場

この日は東京マラソンの日でした。
いや、地下鉄で移動したので特に影響はなかったのですが。

そして強風でした。
最近は気温も上がったり下がったり。
暖かい日で油断させといて気温を戻して風邪をひかせる作戦か?!

そんな天候と同様に上がったり下がったりするのが歌舞伎熱。
最近は低迷気味で…
ろくに予習もせずに行って痛い目を見たりします。

今回は過去に見たことある演目なので大丈夫。
でもテンションは上がらないので、詳しい感想は過去の分参照で。
獨道中五十三驛(中日劇場)
マメだな、過去の私。
そして思うことは大体同じだ。
成長してないってことでしょうか? …まぁいいでしょう。


獨道中五十三驛

前回観たものとイチバン違うのは本水を使うってことでしょう。
いったいどこで使うんだろう??

【第1幕】

口上がありました。
しばらく出番のない(笑)右近さんと笑三郎さんと春猿さんたちによる
笑いを交えながら気楽に観てちょうだいと言わんばかりな掛け合い。
半刻も出番がないんですよ。
半刻って言ってもお客様にはわからないでしょう。 ←いや、意外とわかるぞ
でも“一時間”って言うのは歌舞伎ではありなのか?
そんなことを言いつつ、見所も教えてくれました。

口上が終わってお芝居開始。
お宝の流れを説明しながら善玉と悪玉の紹介。
なんすかね。
三種の神器みたいなもので持っているほうが勝ち、なんでしょうか?
お宝を奪い合いながら東海道を京から江戸へ移動する登場人物たち。

この幕の見せ場は何と言ってもおさかな天国
もしや、この場面で本水を…?!
と的外れな心配をしてしまいましたが、そんなはずはない。
フツーにキグルミ大活躍の場面でした。

で、本当の見せ場(笑)、化け猫の場面です。
なんかもーアクロバティックすぎて何がなんだか。
本当に生の舞台でこんなことできるんですか?
凄すぎる…
そして宙乗り。今回はフツーに花道の真上を通りました。
中日劇場ではまさかのナナメ飛びでしたからね。


【第2幕】

化け猫になったり悪人になったり大忙しの右近さん。
この幕では悪人です。
下心丸出しのヒーロー与八郎段治郎)めがけて銃弾命中させて
その治療のためにお金が必要な逸平猿弥)を追いつめ大活躍。
善良な人になんて仕打ちをするんだ…!

そんな一幕ですが、ここでの見せ場は本水をつかった大立ち回り。
重の井姫笑也)の犠牲のおかげで破傷風がたちどころに回復したヒーロー
大喜びで戦います。
ずるいよなー、裸足なんだもん。動き易かろう(笑)

ドバドバ流れる水の中、滑って転んで水のかけあい。
こういう稚気に富んだ動作が好きです。
そして悪人のラストは派手に。
ドバドバ流血。もちろん赤い血が流れるんですよ!
わはは。

さらに滝の中から何かが出現。
おお。犠牲になった重の井姫が女神(?)となって再登場。
わはは。楽しいぞ。


【第3幕】

ここの見せ場は右近さん12役早替わり
一応、ストーリーがあったんですね。
前回はまったくわかりませんでしたが(苦笑)

こんなに長い場面だったんですか!
一人で(正確には一人じゃないですが)この長丁場を維持するのは大変でしょう。
改めてビックリ。
そりゃあ、本水の場面で右近さん参加しないわけだ…
体力持たないよ。

そしてラストはとんでもないカッコウをしたヒーローが
すべてを持っていって大団円。


やあやあ、面白かったですな。
本水を使ったほうが楽しいです、やっぱり。
しかし、本水をクライマックスに持ってこないのが澤瀉屋。
もう一幕見せ場があるんだもんなー。
盛りだくさんでした!

あとねー、アドリブっぽいおやえ笑三郎)とおきち春猿)のやりとりがー
えっと、噛んでましたよね? どちらとは言いませんけど(笑)
アドリブっぽいけど段取りはありそうだからタイヘンなんでしょうか?

俺の孤独が魚だったら

ちょっと映画熱が復活してきました。
最近、ちょこちょこ映画を見ているワタシ。
てことは予告の情報も入手できるってことですな。

アンティークのオーナー・ジニョク
不器用なウェイター・スヨン
元ボクサーの見習いパティシエ・ギボム
天才パティシエ&魔性のゲイ・ソヌ


……これじゃあ一体誰のことだかさっぱりわかりません。
映画館でゲットした韓国で映画化された『西洋骨董洋菓子店』のチラシ情報。
うーむ。名前は日本名に直そうよ!
誰の話してるんだかわからないっつーの!
4月18日公開です。私は見ないと思いますけど。

予告でだいぶネタバレされた気もするけど
感動しそうな映画『スラムドッグミリオネア
4月18日公開

菊之助さんが初のアクション主演映画『THE CODE
レトロな感じがいいですね。
…む? なんだかこの感じ何かに似ている。
あー、そうそう。『探偵事務所5』だ。ナツカシイな~
と思っていたら、まさにその『探偵事務所5』のシリーズでした。
わお。にわかに見たくなってまいりました。
5月9日公開


で、何の映画を見てきたかというと…

フィッシュストーリー

同名の伊坂幸太郎の短編小説が原作の映画です。
私は未読ですが。
そもそも伊坂さんの小説は読んだことがないんです。

でもこの映画を見て読んでみたくなりました!
しかし、このフィッシュストーリーが収録されている短編集の
ほかの話はスピンオフ作品が多いようで
最初に読む伊坂作品としては不向きっぽい。

それはさておき、この話、ネタバレするとつらないので多くは語りませんが
気になる方は見たほうがいいですよ!

売れないロックバンドの最後の曲“フィッシュストーリー”が巻き起こす
過去・現在・未来を繋ぐ壮大な話。
空白の1分間になにが録音されていたのか?!


バラバラだったエピソードがラストに結び付けられる
こういう話は大好きだな~。


主演はみんな!
人に歴史アリ、な物語ですよ。
ちょいとほろりとさせられて、怒涛の痛快なラスト!

とりあえず森山未來ファンは見といたほうがいいです。
かなり面白くてイイ役でした。
個人的には多部未華子ちゃんが思いがけない活躍をするので満足。
波岡一喜くんも出てるしね。
珍しくフツーの人の役でビックリした(笑)

石川くん (枡野浩一)

この『石川くん』とはとある有名人のこと。
ヘキサ○ンでは“イシカワ・ブタキ”としておなじみの(笑)
石川啄木のことなんです。

石川啄木とは歌人として名を成している人。
歌集『一握の砂』が有名ですね。
その中の一首

はたらけど
はたらけど猶〈なほ〉わが生活〈くらし〉樂〈らく〉にならざり
ぢつと手を見る


が一番有名なのではないかと思います。
つーか、私はこれしか知りませんでした(爆)

こんな歌を作っちゃうくらいだから
そうとう苦労人
そして極貧の人なのだろう
と思っていましたけど、そんなことはない! ということがこの本でわかります。

革新的で斬新な石川くん
そして怠け者で甘えたさんな石川くん
キミのイメージがものすごく変わったよ。
いい方向に。そして悪い方向にも(笑)
ゴメン。今まで真面目に読まなくて。
キミの作る歌はストレートでわかりやすく、共感できることが多かった。

イラストもラブリーで
働かない借金してまでプロの女の人と遊んでばかりいる石川くんに
愛着が湧くこと間違いなし!

もちろん枡野さんの解説が楽しいのが一番の魅力です。


石川くん (集英社文庫)石川くん (集英社文庫)
(2007/04)
枡野 浩一

商品詳細を見る

獣の奏者エリン

溜めこんだ録画を見ました…
だいたい月一ぐらいで見ている気がする。
毎週放送されているのに(笑)

先週の放送後から検索ワードに“イアル”の名前が登場するようになったので
もしや、と思ったら予想通り!
イアルが登場したんですね!!
わーお。原作より早い登場です! 嬉しい!!

しかも設定が少女マンガになっています!

まさか少女時代のエリンと関わりがあるなんて。
こんな設定、嬉しすぎる~。
思ったよりエリンと年齢差があるようです。いや、ぜんぜん構いませんけど!
王の盾“セ・ザン”として働き始めたころなんでしょうか?
甘ちゃんですね(笑)

笠をかぶっているときはともかく、取ると…
かわいい。
イイ! すごくイイ感じです!!

まさか竪琴がイアルとの接点のアイテムになるとは!
もう! 原作でもそうすればよかったのに!!

ジョウンが豪快キャラで驚きました。
そう、だっけ??
なんかもっと寡黙なイメージだったんですけど。
つーか、ジョウンとエリンのお話は『ハイジ』な気分で読んでいたので
気難しいおんじ(ジョウン)をハイジ(エリン)の無邪気さで和ませる
ような気がしたんですが、気のせいでしたか(苦笑)

ジョウンと一緒のお話は好きなんです。
好奇心旺盛で利発な少女・エリンがどんどん吸収して
さらに理解を深める様子は原作を読んでいてワクワクしました。

やばい。これ、もしかしたら原作より面白くなるかも~。
原作で「そのあたりもっと詳しく!」ともどかしさを感じたアタリが
うまく膨らんでいるようです。

イアルが追っていた謎の人物もイーカンジに美形だったし(笑)

ジェニーの肖像 (ロバート・ネイサン)

女帝の本棚シリーズ

恩田陸の『ライオンハート』を貸したら
この話が元になっているのだ!」と、この本を貸してくれました。
あとがきにそう書かれていたのは知っていましたが
そこまでチェックしていませんでした。

ではありがたく拝読。
ちなみにお借りしたのは画像の版ではございません。


ジェニーの肖像 (創元推理文庫)ジェニーの肖像 (創元推理文庫)
(2005/05/23)
ロバート・ネイサン

商品詳細を見る


おお、ずいぶん年季の入った本ですね。
そしてこの活字っぷり!
もしかして活版時代の本ですか?!
女帝さまはほんとに物持ちがいい…

なるほど、『ライオンハート』に通じるものがありますね。
そして萩尾望都の作品のいくつかが思い出されます。
しかし!
読みながら私がもっとも連想したのが
有閑倶楽部でこんな話あったなぁ…」でした。

『有閑倶楽部』ではホラーテイストでした。
なにしろイーベンに該当する人物が美童だったので(苦笑)
怖がりな彼ですから、いくら相手が美少女でもビビるんですよ。

題材としてはホラーにもなるこの物語。
でもそんな展開にはまったくならないのは
この物語がものすごくロマンチックだからでしょう!
丁寧に書かれた情景、丁寧に書かれた心の動き。

そしてミステリアス
全部が明らかにならないのも魅力的。

とにかくイーベンが芸術家らしく根っからのロマンチストで
周りのみんなも優しい人ばかり。
あ、ビルは例外か?(笑)
でも何も言わなかったからビルもイイヤツだ。

あと時間の経ち方がゆっくりなのがポイントですね。
早すぎるとホラーになるのだ、と実感しました。

タイタニア 第23・24話

来週、最終回だそうです。
…そうでしたね、原作も未完でしたね。
どーりで話の展開がゆっくりだと思った。


第23話 砂漠の鼠

タイタニアの支配下ではない惑星バルガシュに逃げ込んだ
正直じいさん号。

そこで反タイタニア勢力と手を組むために渡りをつけてもらおうと
酒屋に現れたヒューリックミランダ

さっそくヒューリックの身元がわれ、大騒ぎに。
わあ。そんな大きな声でっ! と焦りましたがここでは
タイタニアは嫌われ者。
タイタニアに逆らうヒューリックは英雄なのでした。

しかしタイタニア兵に見つかり逃げるハメに。
…ずいぶん、早くここにたどり着きましたね。バレるの早すぎ~。

マザコン・ザーリッシュは必死です。
この人には政治も駆け引きもあったものじゃありません。
強引にバルガシュに特務艦を送り込み砂漠に隠れるヒューリックを発見。
特務艦優秀~。

この艦の艦長は「タイタニアはタイタニアの上位者にしか従わぬ」と
ステキな考えをお持ちです。
あー、そんなだから嫌われるんですな。

さて、この回では新しい仲間が増えました。
反タイタニア勢力のリーダーで医者のイブン・カシム
妻子をタイタニアに殺された恨みがあるそうです。
そしてセラフィン・クーパーズ(セラ)。
ヒューリックにオムレツを作ってくれる約束をしてくれました。
美人で凛々しいセラはお気に入りです。


第24話 オネストオールドマン

なんのことかと思ったら“正直じいさん号”のことなんですね。
タイタニアの特務艦を相手に真っ向勝負に挑む正直じいさん号。
ドクターリーが連れてきた流星旗軍と連携して勝利。
ほんとうにいたんだね、流星旗軍(苦笑)

だけど満身創痍の正直じいさん号…
着陸するのが精一杯。
船長、いい腕だね。

それにしても「諦めたほうがいい」ってズバリと言いすぎだよ、ドクターリー。

しかし感傷に浸るヒマもありません。
目的のためなら手段を選ばないザーリッシュ
越権行為に抗議するバルガシュの無線を無視して接近。
あろうことか見せしめに正直じいさん号を猛攻撃。
…この人は動かないものに対してどうしてそんなに攻撃的なのか。
こいつの下で働くのはゴメンだな、とウンザリです。

オレは無敵だ」と思い上がりも甚だしい
そりゃあ、動かないものを相手にすれば無敵でしょうよ。
そんな高笑いしてなにが楽しいんだかわかりません。

正直じいさん号の無残な姿を見て嘆く船長とミランダを見て
船はオレがなんとかするよ」と珍しく自発的な発言だ、ヒューリック
それは次回の前振りなんですか?

あと2話でどんなエンディングが待っているのか…
怖いような、不安なような。あれ? マイナスばっかりじゃん(笑)
今回お休みだったイドリスとアリアバートの出番はあるのでしょうか??


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19・20話第21・22話

来期のドラマ

さて、そろそろ新しいドラマをチェックしてみますか。


湯けむりスナイパー
テレ東:4月3日深夜開始
どんなだかさっぱりわかりませんが、タイトルが気になります。
主演は遠藤憲一さん。渋いっ!
マンガが原作みたいです。全く知らない作品ですが。

ハンチョウ~神南署安積班~
TBS:4月13日(月)8時開始
主演が蔵之介だから!
刑事ものだし、一応チェック。

BOSS
フジ:4月16日(木)10時開始
女性ボスの刑事モノ。これも刑事モノか!
主演は天海祐希さん。
ねーさんのドラマは面白くなるから見ておかないと!

名探偵の掟
テレ朝:4月17日(金)開始
原作は読んでいないんですが面白そうな…
でもこれは小説で読んだほうが面白いような予感もします。

アタシんちの男子
フジ:火曜9時
好きな役者ばっかりだぞ!
要チェックだ!!

臨場
テレ朝:水曜9時
主演が内野聖陽さん! 敏腕検視官なんですって~♪
今期のドラマの本命です。

ゴッドハンド輝
TBS:土曜8時
わーお。これがドラマになるんですか~。
原作はマンガ。あれ? 完結したんですか?
あ、渡部篤郎さんが出てる…久しぶりだなぁ。
あれ? 要潤さんがいる。『アタシんちの男子』で長男なのに…


おお、思ったより気になるドラマがありました。
しかしこうしてチェックしても実際に見るのは1つか2つ。
果たしてどれが生き残るのでしょうか?!

トライアングル 最終話

なんだかんだ言いながらラストです。
最後まで見続けた自分に拍手!


Final 決着

君がうけた心の傷に気づかず不甲斐なく思っている

いやいや! それはすべて犯人が悪いんですから!
もうすっかりイイ人です、黒木父
郷田の本部を抑えてほしいという要望にも応えてくれたようです。

本部を牽制して郷田はスタジアムに葛城父と待ち合わせ。
オイオイ、そんなだだっ広いところで…
「狙って下さい」と言わんばかりじゃないか!

そこへ重々しく登場、足元ばかり映してずいぶん引っ張ります。
が、来るのは葛城父なんだからそこまで煽る理由がわかりません。

対峙する郷田と葛城父。
歯切れの悪い言葉の応酬。

その二人に銃の照準を合わせる人物登場。
丸さんだーっ!
Oh! 丸さんが犯人はイヤダと言ったのに…っ!

その丸さんに銃をあてる黒木
郷田くんはお見通しだったそうで
サチが撃たれたときと同じ状況を作れば狙撃犯が現れるかも
という罠だったそうな。
読み通りなわけですな。

え、じゃあ葛城父は…
力になれてよかった
わあ! すっかりイイ人じゃないですか~!

さて出頭した丸山(出頭っていうのがまた腹立つ)
サチ殺害に関しては“過失”として容疑を認めています。
過失? なに言ってんだ??

郷田を守ろうと銃を構えて誤射してしまった、と。

…そんな言い訳通用するかー!!
そもそも郷田を援護しようとするなら警察の銃で十分だし
その銃を無くしたことにして隠した意味がわからない!
無くしたことにしてサチから場所を聞き出すまではいいよ。
けど、ほんとに隠す必要はないだろう。
それに使われた銃は所持していていいのか? 違法じゃないの?

問いただそうにも丸山は本部に連れていかれてしまいます。
郷田にも急に研修切り上げ、リヨンに帰れと命令が。

わかりました。そのかわり丸山と話をさせてください。
無理だ。

わはは。笑うところじゃないけど笑ってしまった。
だってそりゃ無理だよ、郷田くん。
「そのかわり」ってまったく交換条件になってないもの。

しかし、そこへ正義の味方登場!
黒木父です。辞表を賭けて郷田のために動いてくれました。

時効により罪が消滅したとしても
人が心にうけた傷に時効はない


わお。なんてステキな…
これは“時効”という制度に対するメッセージですか?

黒木父の心遣いで丸山と対話の時間を得られた郷田と黒木ですが
のらりくらりと話になりません。
25年前のことについても否認。
それを追いつめるのは郷田くんの役目です。
それと秋本の援護もありましたね。
ちゃんと覚えていたんだ、バックを持ち上げた男の顔。

キーワードは野球カード。
あの缶に犯人の所持品が入っているわけではなく、こぼしていたんですね。
そーいや、なんか落ちていたか~。

それが中畑のカード。

先週ぽろりと丸山が口走っていたのを郷田くんは聞き逃しませんでした。
私は聞き逃しました!
いや、中畑って人気あったんだ~くらいにしか思いませんでした(笑)

オレがなにもかもひとりでやった

やっと落ちました。
それを聞いて思わずガン! と目の前の机を蹴る郷田。
でも次の瞬間、自分で元に戻すのがオカシイ(笑)

佐智絵ちゃん殺害の動機は、恨み。
丸山の妹が葛城父の会社で経理で働いていて
横領を疑われて自殺したのが25年前。
妹を失ったのと同じ苦しみを葛城父に! ということらしい。

なんでじゃ! どうせなら葛城父を殺せよ! ←それも駄目だが

なんて自分勝手な言い分なんだ。
自己満足のために幼い女の子を狙うなんて。

そもそも疑われたってだけで自殺ってどうよ?
江戸時代の武士じゃあるまいし…死んで身の潔白を立てる?
それじゃだめだ! 戦え!!
妹に相談されなかったのか?
相談されたけど力になれなかったからという無念の発露?
なんだかなー。丸山にこれっぽっちも同情できません。

よかった。佐智絵を殺してよかった。
間違いじゃなかった。正しかった。神様が導いてくれた。


いや、良くない。間違いだし、正しくない。もー理解不能。
神様云々も、そう思うなら
郷田くんを執拗に追いかけるのはオカシイでしょ。
神様が守ってくれるんなら安心してりゃいいのに
何年も探し求めて、事件から何年も経ってから八ヶ岳で放火までして
現在も命を狙うって矛盾してない?

かわいそうに

がまたムカつくんだよ。
お前にそう言われる筋合いない!
殴っちゃえよこんな奴、と思っていたら黒木が殴ってくれた(笑)

「殺せ」と挑発して楽になろうとする丸山に

オレの大切な人が人殺しなんて望むわけないだろう
かわいそうにな
時効によって罪をつぐなうことができなかった苦しみがこれからもずっと続く
かわいそうにな


この言葉はいい! 丸山にもグサっと突き刺さったでしょう。
妹のためと言っていたけど、それが詭弁だったと切換えしたわけですから。
時効に対してもひとつの答えが提示されましたね。

ああ、このドラマで唯一イイ人だと思っていた人がこんな奴だったなんて。
郷田に対していろいろ言っていたのも演技だったのか?

犯人が別にいればいいって思った

うん? 郷田や黒木と25年前の事件を追いかけるのは楽しかったようですよ。
だから…ナニソレ?
アンタここに至るまでに何人殺したと思ってんの?!
自分で自分を洗脳? 妄想も極まれり。

がんばった郷田の影響で黒木もがんばる決意。
警察OBを告発です。
そんなに簡単にみつかるような証拠を残しているOBに苦笑。

まぁ、みんな前向きになったからよかったんじゃないですか。
代償は大きかったですが。

それにしても
どうして郷田がこのタイミングで動き始めたのかがワカラナイ。
黒木父の動きはわかるんですよ。けど郷田は…
てっきり八ヶ岳の時効を踏まえてだと思ったんですが
あれが放火だとは知らなかったようだし。
偶然だったのかな?


ドラマ『トライアングル』過去の感想
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話

来期のアニメ

だんだんアニメ熱も下がってきておりますが(え? そうなの?)
一応チェック。


花咲ける青少年
NHK-BS2:4月5日23時開始
とりあえず第一話は見るでしょう。
すべては立人次第です…

グイン・サーガ
NHK-BS2:4月5日23時29分開始
おや、『花咲ける~』の直後なんですね。
一応、第一話は見てみます。

シャングリ・ラ
テレ玉:4月5日25時30分開始
東京MXテレビ:4月8日25時30分開始
原作がスピーディで面白かったので見てみましょう!

蒼天航路
日本テレビ:4月7日24時59分開始
おっと! これがアニメになるとは知りませんでした。
『三国志』の曹操を主人公にした物語。
原作は面白かった! …あ、途中で読むのストップしたまんまだ(汗)
映像化不可能と言われていた
原作の特徴の一つである過激なバイオレンス表現も、可能な限り描写するらしい。
ということです。

リストランテ・パラディーゾ
フジテレビ:4月8日26時8分開始(全11話)
オノナツメファンとしては見逃せませんね!

東のエデン
フジテレビ:4月9日24時45分(全11話)
キャラクター原案が羽海野チカ!
てことでチェックしていたんですが
TVでは完結せず劇場版に続くことが決定しているということなので
見ないと思います(苦笑)


おや?
なんだかんだと毎日のように気になるアニメがあるじゃないですか。
見るかどうかはかなり微妙ですが…
実際に見てみないとわかりませんよ!

『蒼天航路』が本命になりそうな予感がします。

月刊テニスの王子様

ついにSQで新連載開始

いきなりボールとラケットで電車を止める王子様。
セリフなしでも魅せます、王子様。
はた迷惑です。マナー違反です。
でもこの破天荒さが健在でウレシイです!!

さてさて日本では
高校日本代表候補合宿に中学生50人招集 という
無茶しおる…な状況に続々と馳せ参じるおなじみのメンバーたち。
いやー、例外として優れた中学生を1人・2人を参加させるってのは
聞いたことありますけど
いきなり50人て! さすがです。

で、お約束の空気の読めない高校生が腕試しを仕掛けるんですが
よりによって青学レギュラー陣にですよ。
逆に返り討ち。コテンパンにされてしまいます。
そんな中でも手塚先輩の非常識な…いやいやえーっと
桁違いな素晴らしさを強調することも忘れないのがこのマンガ。

なんかスパルタな合宿みたいですよ。
ってことがわかったとたんにバラバラと捲かれた無数のボール。
球拾いで生き残り?!
ウルトラクイズか?!
な状況の中、もしかしてこれで高校生脱落?
おなじみの顔ぶれがボールをゲット。

…こういう時って一人一個だと思うんですけど。
一人で何個も取っちゃう発想に驚きました。


女みたいな顔したコーチが今後彼らを引っ張って盛り上げてくれるようです。

あ、主人公の王子様も最後の一個をゲットして合流しました。
遅刻したのにボールを取れるなんて運のイイヤツ…
いや、それが王子様たるゆえんなのでしょう。

あいかわらずツッコミどころ満載で楽しいマンガでした(笑)
毎月レポるかどうかは疑問ですが雑誌はチェックしたいと思います。

ところで、手塚先輩たちは卒業したのではなかったのでしょうか?
確か最終巻で卒業式の場面があったような…?
マボロシ??

戻り川心中 (連城三紀彦)

5作の“花葬シリーズ”が収録された短編集
と言っても私は今回初めて連城さんの作品を読んだので
シリーズと言われても…という感じですが(苦笑)

恋愛小説でありながら
ドンデン返しも楽しめる推理小説でもある摩訶不思議なシリーズでした。


戻り川心中 (光文社文庫)戻り川心中 (光文社文庫)
(2006/01)
連城 三紀彦

商品詳細を見る


男女の情念を感じるぜ…と恐々として読んでいると
思いもつかないところに着地してびっくりすることの連続。

どの話も現代よりだいぶ前。大正・昭和初期に設定されています。
横溝正史の世界かと思いきや
不思議な軽やかさ。

しかし、なんというか…
人間の身勝手さが前面にでた話が多かった。
恋愛と殺人なんて身勝手さの最たるものなのかもしれませんが(苦笑)

でも読後感は悪くないのでした。

文楽ことはじめ 夜の部

観劇:2009年3月10日(2列目センター)
会場:新宿全労済スペースゼロ

チャリティー公演ってことでリーズナブル!
とてもいい企画だ!!
しかも場所が新宿で開演が18時半。
勤め人に優しいのも魅力的であります。


二人三番叟(ににんさんばそう)

またみちゃった、二人三番叟。
やっぱオモシロイなぁ。
今回は2列目で表情もばっちり拝見。
お人形が意外にお年を召していてこっそりびっくりしたのでした。


御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち)
  弁慶上使の段(べんけいじょうしのだん)


これは…忠義モノですね。
今、鬼門なんです。どうしても眠気に襲われるお話の類。
やっぱり爆睡。
2列目で盛大に船漕いで申し訳ありませんっ!


傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)
  新口村の段(にのくちむらのだん)


これはいわゆる『封印切』の後日譚。
手をつけてはいけないお店のお金の封を切って
お尋ね者になってしまった忠兵衛
彼とともに逃避行する梅川のその後のお話でございます。

でもこれは近松作品ではなく
もっと時代が下ってから作られた作品だそうです。
だからかセリフが聞き取り易い~。

逃げてきた先は忠兵衛の故郷。
せめてひとめ、父親に会いたい一心でやってきたのですが
追われている身では大ぴらに会いにいけません。
知り合いのお家に身を寄せて様子をうかがう二人。

そこへ父親が通りかかります。
こっそり見ている二人の目の前で父親の下駄の鼻緒が切れました!
みかねて飛び出す梅川。
こよりを私が作りましょう、と甲斐甲斐しくお世話します。

父親は息子に会うわけにはいかぬとガンコです。
なぜなら、会ったら突き出さねばならないから。
おお、おとうさまっ!! なんだかウルウルしてきました。

それでも会いたいなら
覚悟を決めて出てこいやぁ!


と父親が啖呵を切ったとたん
隣の部屋からたまりかねて障子をスパーンと開いて忠兵衛登場。

今ぢゃない 今ぢゃない

慌てて押し戻す親父(笑)
なんだよもう! 支離滅裂だよ!!

顔を見たら捕まえないといけないのならば目隠しして

梅川、ナイスアイデア!(なのか?)
ホントに手ぬぐいで目隠しします。
そして隣の部屋から息子が現れ…

再会の場面は滑稽なのに涙が。
感極まった父と息子、片や目隠しされているのに情緒たっぷり。

そこへ梅川
父親の背後に回り目隠しを取る!
わあ、なにするのか?! いいぞ、梅川!!

ホントに再会した二人。
しかし追手は近づいています。
それを察した父親が逃がしてくれました。
嗚呼、おとうさま…

二人を逃がした父親は傘で顔を隠しながら悲しみに耐えるのでした。

泣ける。
この話の主役はおとうさまなのか?
渋い一幕でした。

タイタニア 第21・22話

ついにヒューリックとジュスランが出会う!
出会うって言うか…すれ違っただけですが。


第21話 エスタールの邂逅

狙っていた遺体引き取りの任務をジュスランに取られたイドリス
バルを暗殺してジュスランを足止めしようと画策。
うーむ。それは卑怯じゃない?

偶然に助けられてバルは命拾い。
花瓶が割れてから冷静だったなー。
ちゃんと命中しにくいところに隠れた。偉いぞ。

しかし、慌てていても「卿」ってつけるジュスランに笑った。

警備の手が薄かったのでは?」と言うアリアバートに
失敬な。当方の警備に不備は認められん」と言い返すイドリス。
ああ、たしかに“不備”ではないよね。計画通りだもの。

バルを辺境にと提案するジュスランに
我が部隊を信用しないと申されるのか」…よくゆーよ。
イドリスの厚顔ぶりには苦笑を禁じ得ません。

エスタールへヒューリックの遺体を引き取りにきたジュスラン
棺と御対面。
もちろんヒューリックは生きて逃げ出していますから中はカラ。
大統領も時間稼ぎのために姑息なことをしますな。

あっさり見破るジュスラン。
さすが“智将”“切れ者”と言われるだけある、のかな?
バルの報告もジュスランの指示があってこそですし。

その“切れ者”ジュスランと真っ向対決のヒューリック。
前門の虎、後門の狼状態の中、取った策が
命を懸けた駆け引き。

それを受けてたつジュスラン。

このあたり、ドキドキしました。
いや、絵的にはさほど派手ではないんですけどね。

タイタニアは常に敵を必要としている

と判断。ヒューリックを逃がしてくれました。
その理由はいかがなものかと思いますが
そういう考えも理解できる。
より強大な敵があって初めて活躍できるってもんですよね。
共通の敵がいればチームワークも良くなるし。
…それでもいまいち足並みが揃わないのがタイタニア一族ですが(笑)

マフディーの小市民ぶりがステキでした。


第22話 野望のプレリュード

ジュスランになぜ逃がしてもらえたのか理解できないヒューリック
ま、すげー自分勝手な理由だもんね。わからないよなー。
でも、考えたってわからないもんはわからない!
笑い飛ばすみんなが大好きだ!!

ジュスランはエスタールの属国化に成功しそうですね。
最初にふっかけて妥協点を見つけさせる…
なんか悪徳商法みたいだ(苦笑)

そんなジュスランの手柄にジェラシーを燃やすイドリス
所詮、ザーリッシュは武のみの男
アリアバートも常識的な男で敵ではない!
目下、ライバルと定めたジュスランに対しては

口から先に生まれた
藩王をたらしこむ


言いたい放題です(爆)
今回はそんなイドリスの過去話。
彼がこんなに目的を選ばない野心家になった理由が語られました。

前髪パッツンな14歳、父・セオドアが事故で大怪我。
それを理由にイドリスに家督を継がせようとするも
当時のモミアゲ藩王に「年が若い」と却下され
父は傷だらけの身体を酷使してイドリスの成長を待つことに。

なんで却下されたんでしょうね?
当時すでにジュスランもアリアバートも
2歳年上のザーリッシュも家督を継いでいたのに。

ここでの注目はザーリッシュとイドリスが2歳違いってこと!
てことはザーリッシュ、現在26歳?!
老け…いやいや、えーっと、意外とお若いんですね。

おそらく当時のイドリスは地味で特に活躍らしい活躍をしていなかったから
実績が皆無だったのでしょう。
タイタニアの爵位は血筋だけで簡単に継げるものではないようです。

とにかくこのままでは家督を継げない。
ここからイドリスの本領発揮。
情報を集めに集めて、敵の潜伏先を探り出し
さらに次期藩王を見極め、アジュマーンに売り込み大作戦。

そうして与えられたチャンスを見事に生かして
アジュマーンの信頼を勝ち取り、無事に家督を相続。
それを見届けてから父は息を引き取るのでした。

タイタニアに酷使されて老け込んでしまった父を見て
自分はこうはならない、と決意。

藩王となり
タイタニアと我が手に
宇宙を我がものに


野心があるのは嫌いじゃないです。
やる気がある人は応援のしがいがあります。
が、この人、善悪こだわらずに行動するからなー。
それにしても意外に兄弟が多くて驚いた(爆)


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19・20話

青い花 2・3巻 (志村貴子)

女帝の本棚シリーズ

前回1巻のみお借りしたこの本。その時の感想はこちら 1巻
今回は最新刊まで(といっても3巻までしか出ていない)お借りできました!

このマンガ、アニメ化決定とのこと。
記事はこちら 『青い花』TVアニメ化決定 (livedoorニュース)
なんてタイムリーな!!


青い花 3巻 (Fx COMICS) (Fx COMICS)青い花 3巻 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
(2008/03/20)
志村 貴子

商品詳細を見る


いやー、相変わらずのほんわかした優しいテイスト。
思春期の女の子って繊細~
と油断していたところに明らかになった人物関係!

なにっ? そうなのか?!

…でも私には彼の魅力がよくわかりませぬ(ほとんど出番ないしな)。
みんなを虜にしてしまうほどですか?
あの家系にのみ作用するのだろうか??

『嵐が丘』というと問答無用に思い出されるのが…『ガラスの仮面』
劇の場面では、あーそうそう! そうやって始まってた!!
と懐かしかったです(笑)

このマンガは思春期特有の状態を描いているんだと思っていたのですが
番外編に思春期以降の人たちも描かれ始めてビックリ!
え、そういう展開もあるんだ??
多元的に楽しめるようになってきました。
今後がますます気になります。

それにしても相変わらずあーちゃんがかわいいっ!
あーちゃんエラーイ。
ニーちゃんが妹離れできないのもちょっとわかる…(苦笑)

トライアングル 第10話

いよいよ大詰め。来週が最終回です。


第10話 十字架を背負う者たち

先週狙撃されたサチ、死を目前にして問題発言。

真実を明らかにしてもあなたが救われない

?! いまさら何を言い始めるのだっ?!
何のために今までこのドラマを…っ!

今以上に重い荷物を背負うような気がする

そんなことない! それは気の持ちよう。
郷田くんが吹っ切ればいいんです。不吉なことをいいなさんな。
言いたいことだけ言ってサチ死亡。
うーん。まさかのヒロイン死亡です。

サチを狙撃する際に使用されたのは丸さんの銃ではなく
レミントンM700(だっけ?)どうやら闇ルートのものらしい。
丸さんの銃は課長がどっからともなく持ってきてくれました。
…なんなの?
丸さんの管理が杜撰なだけ? 誰かの嫌がらせ?

オレの存在が彼女を殺した
オレのせいだ


と落ち込む郷田。
そうだよね。これで2人目の犠牲者。不幸を呼ぶ男だ。
いやいや、違いますよ。悪いのは25年前の犯人です!

郷田の両親とお兄さんが亡くなった八ヶ岳の火災も
放火の疑いが出てきました。
てことは、だ。これも25年前と関連が?
郷田を消すために犯人が放火したってことですか?

目撃されたのは“傷のある男”。つまり新藤
でも新藤が捜査上に浮かぶと決まって警察上層部から圧力が。
そのせいで25年前も黒木父が担当から外されたのだ。
それを自分の過失だと思い奮起して現在の地位まで出世したんですって。
なんだよ! 熱血じゃん、黒木父!!

その後も秘密裏に捜査し、自分が身動き取れなくなると
かつての部下・宮部の協力を得ながら諦めなかった、と。
なーんだよ! 二人ともイイヤツじゃーん。

佐智絵ちゃんの手紙は元々、捜査資料として本部から渡されたもの。
なんと!
黒木父としては郷田に協力しようとして手紙を見せてくれたってこと?
黒木父、25年前から完全に騙されていたってわけですか。
それはショックですね。不憫だ。

無念を晴らすべく、息子を動かせば何か動きがあるかも…
と電話をかけたんですか。
そしたら予想外の郷田の登場。
ああ、郷田くんが最初から心を開いていれば…

でも黒木父、秘蔵の資料を貸してくれました。
25年分ですよ!
執念の捜査メモ。これを活かして犯人を追いつめろ!!

そこへ、秋本から郷田へ重要な手がかりが。
秋本の名前は“リョウ(漢字がわからん)”
郷田の名前は“亮二”
名前から郷田と勘違いされた秋本
過去に犯人らしき人物と接触していました。
その顔は…知っている人物だったとか。
誰だ おそらく葛城父だと思うんですけど~。

あのころの元気な郷田に早く戻れ

と秋本からエールをもらい、ようやく再始動。
“黒スケ”“丸スケ”と共に葛城父を洗い直しです。

叩けば埃が出る会社を経営しているようですね。
しかし手がかりに繋がるものは発見できず。
イライラし始めた郷田に差し出される黒木父の資料。
遅い! 早く出さんか黒木!!

それを持ち帰って熟読してなにかを思い出したようで
葛城父と直接対決だ! ってところで来週に続く!

私の予想は…

郷田少年が持ち帰った缶の中身に重要な証拠がある!
犯人の身分を証明する何かが。
それを消すためにいろいろ画策しているんでしょう。八ヶ岳でも現在でも。
八ヶ岳で放火したから今も郷田の命を狙わないといけなくなったってわけですな。
15年前ってことは時効寸前くらいでしょう?
今バレると芋蔓式に過去の罪も、ってことであせっているのでしょう。
…罪に罪を重ねて愚の骨頂ですな。


と推理していました。
これだと犯人が葛城父以外でも当てはまるという難点が。
さらに容疑者が出てくるっていうのもアリです。
ただし、丸さん以外!(笑)

正解は来週!

ドラマ『トライアングル』過去の感想
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話

天元突破グレンラガン 第18話~最終話

年末年始に再放送された第1話~第17話。
そのときの感想 第1話~第17話

それを見て以来、続きが気になっていたアニメです。
ついにレンタル!
…人気で貸出中が続いていたのです。



あー、なんかヤな感じに育っちゃったなー、なロシウとその手下達。
いー感じにマインドコントロールされていますよ。
それに気づかない人たちにイライラ。
必要なことなんですけどね。
考えすぎる人は損だなー。がんばったよ、ロシウ。
後方を任せられる人材っていうのも大切だから胸を張っていいと思います。
でもほんっと、辛かったです。特に第18・19話。

第20話からは、引き続き状況は悪いんですが
みんなが動き始めたのでだんだん楽しめるように。
その筆頭がキタン
そして意外なことにヴィラルがいいんですよ!
昨日の敵は今日の友!
ついに、ヨーコ再登場! 待ってました~!

まさかロージェノムまで味方になるとは…
ずいぶん可愛らしくなってしまって(笑)
池田成志ファンとしては嬉かった。

ブータには何かあると思っていましたが
まさかあそこまでだとは…。意外すぎるよ!!

やっぱ対策が“逃げる”ではテンションがあがらないんですよ。
“戦う”ことを選択してくれないと!


そしてカミナはいなくても存在感が!
カミナの行動やセリフを踏襲して他のキャラの成長が示されるんです。
やっぱりこの話はカミナの話だなーと実感。
カミナがいたからこの話が出来上がったのだ。

もうラストの4話は常にうるうるしながら見ていました。
みんな…っ!

そしてまさかのラスボス。声に聞き覚えあり!
かっ、上川さんだ!!
映画だけでなく本編にも出ていたのか!!

ラストもやっぱカミナに通じるシモンの行動。
ニアは…あれはあれでハッピーエンドだと思います。

はー、満足です。
このアニメに出会えたからもうアニメは見なくってもいいやー
という気持ちになるくらい満足できました。


そんな満足な心を更に満たしてくれるのが副音声!!
キャスト+中島かずきさんヴァージョンと
スタッフヴァージョン両方が副音声で楽しめるのです!!

もちろん聞きました!
だって副音声大好きだし、好きな作品について語られるんだもん。
…でも時間がなくってキャスト+かずきさんヴァージョンのみ。
1週間レンタルで3枚を何度も再生する時間を確保するのは難しい!

この副音声がまたたまらん面白さ!
いじられキャラを確立している人とか
画面に見入って無口になる人とか
けっこうキャラと演じた方が似ていて楽しかった(笑)

それにいろいろ「そうなの?!」という情報が満載。
2役していた人が何人もいる、とか
アーテンボローは何人もいる、とか(笑)
いや、後半のはノリで出来上がったウソ設定ですけど。

あー、もうホント満足です。

これ以前にカミナとシモンとヨーコが
おにぎり食べながら収録したぐだぐだ副音声もあるらしい。
そのうちこれもレンタルして聞いてみなくっちゃ!

天元突破グレンラガン 9 (最終巻) [DVD]天元突破グレンラガン 9 (最終巻) [DVD]
(2008/03/26)
柿原徹也.小西克幸

商品詳細を見る

ダニエル・クレイグの007

今年初の(というか昨年後半からしばし遠ざかっていた)洋画鑑賞。
友達があまりにも「ダニエル・クレイグがカッコイイ」と言うので
見てみました。

現在公開中の『慰めの報酬』は続編だそうなので
先に『カジノ・ロワイヤル』を拝見。


007/カジノ・ロワイヤル

ほう。このジェームズ・ボンドは007に昇格したばかりなのですね。
それゆえ? なんだか勇み足が目立つ人です。

それを演じるのがダニエル・クレイグ
シブイな。とても昇格したばかりとは思えない落ち着きが…
でもスタンドプレー(と失敗)が多いせいか
熱い心を持つ若さが伝わってきます。
でも目的のためには手段を選ばないのはどうかと思うぞ。
それが彼の人間味に繋がるので痛しかゆしというところか~。

アクション満載!
それも地道なアクションですよ。
ワイヤーも使っているようですが、様式美ではなく現実感(?)重視。
それにいかなる時も冷静に行動するので賢さを実感。
ジェイソン・ボーンシリーズ好きにはたまらんです。
やばい、これ好きかも。

テロ組織の資金調達の道を絶とうと暗躍するお話でした。
そこで出会うヴェスパー・リンドエヴァ・グリーン)との恋模様。

これはね、2回見たくなる話ですよ!
最初は「ははーん」とわかったような気で見ていられるんですけど
ラストです。
ラストを見て全ての事情がわかると…
そっ、そういうことだったのか!」と
総てを踏まえてもう一度見直したくなるんですよ。
イメージががらりとかわります。
アクション映画だったのが切ないロマンス映画に早替わり。
ジュディ・デンチ)最高!!


007/慰めの報酬

前作『カジノ・ロワイヤル』から1時間後(驚)の話。
引き続き登場する人も多いので予習は必須!

キュートなフェリックス・レイタージェフリー・ライト)も再登場。
もちろん我らがジェームズ・ボンドダニエル・クレイグ)も健在です。
ジュディ・デンチ)もいます。

いきなりカーチェイス。
今回は陸海空、すべてにおいてアクションシーンが用意されています。
ボンドはなんでもできるんだなぁ。
でも私は地道な人対人のアクションが好きです。

にしてもさー、ボンドくん
それじゃ諜報員なのか壊し屋なのか殺し屋なのかわからないですよ?
とりあえず殺す、みたいなのはよくないと思うんだよ。
情報って知ってる? 死んだ人からは聞き出せないものなんだよ。
あと、いろいろ壊しすぎです(笑)
とっさの判断は素晴らしいんだけど、後先考えてないよね?

なんて文句っぽいことを言っていますが
どっかのホテルでMI6から逃げる場面が凄く好きです!
あの欄干(?)をひらりと乗り越えるところとか!
たまらんっ!!

カミーユオルガ・キュリレンコ)のほうがヴェスパーより好きだな。
なんでだろ? ハードな生い立ちながらがんばっていたから、かな?
でも復讐の話は好きじゃないんですけどねー。
映画としては『カジノ・ロワイヤル』のほうが好きです。

ドミニク・グリーンマチュー・アマルリック)はどっかで見たことがある
と思って調べてみたら『ミュンヘン』に出ていたらしい。
この映画、見たけど全く覚えていないんだよね~(苦笑)

ダニエル・クレイグも『エリザベス』『トゥームレイダー』『ミュンヘン』
『ライラの冒険~黄金の羅針盤~』で見ているようですが
あまり記憶が…(苦笑)

それはともかく私、007シリーズをわかっていませんでした!

ボンド役を演じる役者が変わっても
ボンド自身は同一人物だと思っていたのですが…
どうやら違うらしい…??
パラレルなの? 繋がっているわけではないの?
ジェームズ・ボンドという同姓同名のキャラなの?

だって 007になったばかり のこの話に
ケータイは出てくる
「冷戦時代がどーの」発言はある
「9・11以降がどーの」と最近のことがたくさん登場。
これが初代の話の前だ、と言われてもねぇ(初代は見てないけど)。
別の話とした方が納得できますね。

と言っても私は過去にこのシリーズはひとつしか見たことないんですけど。
マドNナが酸っぱい賞を総ナメにしたあの作品(笑)
だからこのシリーズのイメージはイマイチだったのですが
今回の2本で好感度が上がりました!!

GIANT KILLING 1~9巻 (ツジトモ・漫画/綱本将也・作)

サッカーマンガ
部活ではなく、プロが舞台。
ほうぼうで評判がいいので読みたいと思い続けていた作品。
やっと読めました!


GIANT KILLING 9 (9) (モーニングKC)GIANT KILLING 9 (9) (モーニングKC)
(2009/01/23)
綱本 将也

商品詳細を見る


主人公は監督
それも若いのに飄々として食えないタイプですよ。
イイですね!
この監督の考えがそのまんまタイトルに。

弱い者が強い者倒すのってかっこよくない?

カッコイイよ! そして面白いよ!!
私はそういうの大好きだ!!


監督は諦めないんですよ。
言葉ではあまり語らないんですが
必要なことは提示して実践させるので
それがだんだん選手達にも通じてきて…という感じ。

磨いて輝かないものなんてない

うう…なんという名言。
こんな監督に出会えたら最高ですね。

このマンガはプロが舞台なので、割とおじさん率高い(笑)
が、妙にかわいい奴らが揃っています。
それは誰もがサッカー好きだから。

ヤな奴っぽいのにカッコイイとか
単純そうなのに悩んだりとか
自分の良さがわからないままひたむきだったり
自信が持てなくて自分探ししてたり(笑)
選手だけでなくサポーターにも色々あったり。

誰ひとり欠けることなく全員で楽しむ

うーん。素晴らしいっ!
こりゃまたいいマンガに出会えました。

源氏の男はみんなサイテー (大塚ひかり)

遅まきながらハシダ版『源氏物語』やアニメの『Genji』を見ながら
…もしかして光源氏ってヤなオトコ??
と思い始めたワタシ。

原文を読むのはかなりキツイ。が、
この疑問に答えるような本はないのだろうか?
あるんですね まんまそういうタイトルでわかりやすい!
書いたのは大塚ひかりセンセイ。
過去に読んだエッセイもズバズバ言ってくれて清々しさ満載で
楽しかったのでこれを読んでみました。


源氏の男はみんなサイテー (ちくま文庫)源氏の男はみんなサイテー (ちくま文庫)
(2004/06/10)
大塚 ひかり

商品詳細を見る


ほんとは原文を読まずに他の人の解釈をアテにするのはよくないと
わかっているんですけどネー。

源氏のオトコってほんっとサイテーだな!

言われてみれば…! の連続。
いや~、これは読んでヨカッタです。
でも残念なオトコばっかりでガッカリ、な一面もあるので複雑。

これを踏まえると
ハシダ版のドラマは意外に的を射ていたのか…?
あのキャストに目くらましをかけられた(笑)
アニメは…まぁ、あれには独自の路線を走ってもらいましょう。

そう言えば何年も前、友達と京都旅行をした際に
宇治の“源氏物語ミュージアム”に行ったんです。
そこにあった「あなたは『源氏』にたとえると誰タイプ?」的な
ゲームで(今もあるのかな?)
「オトコだったら誰になりたい?」と考えたところ
友達と二人して答えが出なかったことを思い出しました。

本来はそういう意図でやるゲームではありません。
 あくまでも純粋に『源氏』のキャラで近いタイプを探すゲーム。
 オンナでやったところあんまり嬉しくない結果だったので横道にそれた。
 オンナでもオトコでも「なりたい」と思えるキャラがいないなんて…

大塚さんの言う通りだとしたら紫式部って凄すぎる。
ちょっと紫式部が恐ろしくなりました。

タイタニア 第19・20話

今週から2本立て!
え、なんで? どうして??
よくわかりませんが、アニメを1時間見ることになりました…


第19話 ラドモーズ事件

ヒューリックが出てこないのでサックリ行きます。

イドリスは軍務大臣に昇格。24歳の大臣は異例だそうです。
24歳だったのか…
やり手の彼が次に打った手が近衛軍司令官を近親者(=弟)に任すこと。
弟が初登場。
弟がいたんですか。お兄ちゃんだったんですか。
一人っ子だと思い込んでいました。

その弟・ラドモーズ(17)。今回のタイトルの人です。
…え、アンタ、イドリスの弟?!
アルセスと入れ替わってんじゃないのか??
どうもタイタニアの人の遺伝子は謎ですな。

今回大活躍(?)のラドモーズ
思慮深い(というか腹黒い)イドリスとは違い
軽薄でガサツ、権力を嵩に着て天狗になる単細胞。
さっそく揉め事を起こします。

そのせいで近衛軍司令官の座はパア。
処分をうけて退場。
…いったい何しに出てきたんだよ?!

バルはとんだとばっちりです(苦笑)
そして姫さまは一人でも立派に手紙が書けるんですね。
でもバルと文通して添削してほしいと。
そりゃ赤ペン先生ですな。


第20話 クロノス強襲

予告で「ドクターリーにお任せ」と豪語していたドクター大活躍…?

武力をかざして威圧するザーリッシュに対して
カナック大統領はあくまでも意地を張り続けます。
いいぞ!
君がそうして時間稼ぎしてくれればチャンスも生まれるってもんだ。

しかしザーリッシュも怖い母様が高圧的なので折れません。
そんな彼を「捨て置け」って藩王殿下もお手上げ?
放っておいたらダメだろ!
ザーリッシュは政治よりも母様大事のマザコンですよ?

その間に医者に変装して潜入したマフディー
その彼をサポートする正直じいさん号の仲間たち。

なんと前回ヒューリックに因縁をつけた
お下げがラブリーな二人、ベアナックルホークアイミランダの仲間!
本名はボブディックだそうです。
あら、一気にフランクな感じに(笑)
…この二人にどうやって連絡をつけたんでしょうか?
で、ブラッドも仲間っぽいですけど、彼については言及無し?

揉め事を起こしてヒューリックをマフディーが待つ医務室に搬送させ
ムリヤリ心臓を止めて仮死状態にして
死体として脱出させればいい、と。ずいぶん乱暴な作戦ですね…

仮死状態までは上手くいったんですが
脱出に手間取ります。
許可は下りないし、ザーリッシュはクロノスごと奪おうと力技。

そこで内部から撹乱。
ボブとディックが再び登場。大暴れ。
泣けるぜ。
見かけ通り体力はあるんだね。マフディーを手助けしてくれました。
そして帰って行く…なんで? 一緒に逃げようぜ!

なんとか脱出してみんなと合流。
仮死状態のヒューリックも生還してめでたしめでたし。

めでたくないのがザーリッシュ。
ヒューリック死亡の知らせに「母様が…」とあくまでも母様主体。
んー、「弟の仇」という発想はどっかに行ってしまっていますね(苦笑)

腹の虫の収まらないザーリッシュ
エスタールの大統領官邸の周りを焼き払います。
えええー?!
それってそれって、問題にならないのか?!
単なる八つ当たりにしか見えませんけど…タチ悪いな!


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話

映画 少年メリケンサック

マンガ原作以外の映画も見ているんです。
というわけでクドカン監督・脚本の映画を見て参りました。

ゲラゲラ笑いに行ったはずなんですけどね
意外に真面目な映画でした。
といってもクドカンですから
笑うところはあるし、どっか緩いんですけどね。

青春の物語で兄弟の物語

今はもうオッサンになってしまった“少年メリケンサック”
若い頃の動画を見て「これだ!」と飛びついたとある芸能プロ。
実際に会ってみてビックリ~。…な、お話。

とある芸能プロに派遣で勤める栗田かんな宮崎あおい)が主人公。
彼女の雇用主は社長の時田ユースケ・サンタマリア)。
とある思いを抱えながら、稼ぎ頭のTELYA田辺誠一)の活躍で
なんとか経営を成り立たせている現状。

そこで新たなスターを! ってわけです。

アキオ佐藤浩市佐藤智仁)、ハルオ木村祐一波岡一喜
ジミー田口トモロヲ峯田和伸)、ヤング三宅弘城石田法嗣
の4人のパンクバンド“少年メリケンサック”
なんでキャストが2人ずついるかというと現在と過去のキャストが違うから。

それにかんなの彼氏・マサル勝地涼)が絡んで…
絡んで?? 絡んではこないか。
このマサルがなかなかサイテーで良かったです(誉めています)。

これって、『篤姫』と同時期に収録したんだよね…
すごいな、宮崎あおい。
全然役が違うんだけど。もはや真逆だ!

いやはや、キム兄の若き日が波岡くんって!
個人的に大笑いですよ。
波岡ファンとしては思いもよらなかったコスプレ(?)も見られて
ラッキーな映画でした。

あと特筆すべきはTELYA役の田辺誠一さんですね!
わはははは! それって誰をモデルにしてるの?! 怒られないか~??
久しぶりに田辺さんのブッ飛んだ役を見ました。
舞台の時もそうでしたが
クドカンはどうしても田辺さんにはオカシな役を振ってしまうようで(笑)

男の兄弟ってあんなに仲が悪いものなのだろうか?
兄貴の人でなしぶりが顕著な映画でした。
…そこ、笑っていいのかな~?
と戸惑ってしまう描写もあって、いろいろ予想外でした。

トライアングル 第9話

やっぱりいろいろ宙ぶらりんのまま…


第9話 真実の向こう側

で、25年前の現場に何しにきたんですか、黒木父
なんか偉そうに説教たれています。

黒木父:重要なのは裏付け捜査
郷田オレはただ真実が知りたいだけ
黒木父:犯人であるという確実な証拠がない限り真実とは言えない

ああ、その通りです。
しかしこの言葉、「証拠をつかめるもんならつかんでみろ」という
挑発にも聞こえます。

黒木のケータイに電話するよう宮部に頼んだのは黒木父。
でも「郷田亮二が現れたのは想定外」だそうです。
…じゃあ、なんでこのタイミングなんですか
で、なんでその新聞のコピーを渡すんですか

唯衣が先週、黒木父に聞いたのは両親と長男が死亡した
八ヶ岳の火災事故について。
へえ~、火事で亡くなったんですか。
その現場から11歳の妹を背負って郷田が脱出したそうな。

あなたのお父さん、どうして25年前犯人を捕まえることができなかったの?

そう! それだよ!!
それがあるから黒木父は疑わしいんだよ!!


もう一人の疑わしい父・葛城父
佐智絵は自分の娘ではないのではないかと疑っていたそうな。
だからって殺すかな?
いくら新藤を憎んでいたからって罪を着せるために殺す…
ありえないと思うんですけど~。

それに偽造パスポートを使ってまで上海に郷田を殺しに
っていうのも…ナンで? そこまでして郷田を殺そうとする理由はなに
時効を迎えた事件なんだから罪を重ねる理由がワカラン。

ほんとーにこの人が上海に行ったんかいな??

という疑問を裏付けるかのように
葛城父の愛人宅の違法捜査が開始されました。
違法だよね? だって令状ないのに勝手に鍵開けて家宅捜索だもの。
空き巣とかわらんよ…
そこに民間人のサチも入れちゃうしさー。

でもそこで薬物らしき粉を発見。
鑑識の結果「上海で使われたものに酷似」だそうな。
けっこー簡単に鑑識結果って出るんですね?

秋本吉澤がデートだよ!
と思ったら、25年前に関することで情報交換…?
そうですか、秋本の佐智絵ちゃん好きなのはわかっていましたけど
吉澤も郷田にほの字(←表現古い)だったんですね~。

で、なんだか秋本の表情になにか含みが…
どうせ何もないんでしょ? もう郷田の同級生には期待しません。
だってロクな情報ないくせに知っている風を装うんだもん。

それにしてもこの生徒たちといい、先生といい
当時、警察に非協力的な人ばかり。
そりゃあ黒木父も犯人逃がすわ~と同情したくなります。
今になってペラペラしゃべるのも不可解。
みんな大人になって口が軽くなったの?

仕組まれてる気がする と言いながら葛城父と対峙する郷田。
心配する丸さんに対する「大丈夫です」の根拠はなんですか?

丸さんの拳銃はどこに?
偽造パスポートと言い丸さんばかりターゲットにされるのななぜ
つか、拳銃をロッカーに保管って無防備過ぎないですか?!
もっと厳重にするべきだと思います!

大丈夫です それは
決着は私がつけます


これは葛城父から黒木父への言葉。
何が大丈夫で決着って何の??

会うのは初めてじゃない
さあ、どうなんでしょう

ハッキリしろよ!
イライラしているうちに駆けつけたサチが撃たれました。
日本で狙撃ってさー…(困惑)

オイオイ」言っていないで早く救急車を呼んであげて下さい。
郷田はたしか以前は医者だったはず…
叫ぶ&揺する以外のことができてもおかしくないと思うのですが。
そして唐突に「亮二さん」「サチ」と呼び合うようになって、以下次回。

なんかもーいろいろ面倒になって後半かなりなげやり。

丸さんはイイ人です。
「郷田を解放してやりたい」と他人を思いやって行動するのは
このドラマではこの人くらいですよ。
みんな自分勝手なんだもん。
黒木も情報を流さないで一人でウジウジしてるしさー。


ドラマ『トライアングル』過去の感想
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話

群青学舎 4巻 (入江亜季)

シリーズ短編集
長編好きの私が心待ちにしていた数少ない短編集です。
が、帯に愕然。

全10編収録 …これはともかく
特厚の …うんうん。このボリュームは嬉しいよ!
最終巻!! …なんですとー?!


群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)
(2009/02/14)
入江 亜季

商品詳細を見る


『コダマの谷』のマージとライダーのその後の物語にわくわく。

七色シリーズは『ピクニック』が好きだなー。
電車で読んで『ファミリア』には慌て、『トゥモロー』で泣いた。

スパイアンドスパイ』では「そうきたかー!」と絶叫。

大好きな『ピンクチョコレート』も完結しました。
三也子 気はすんだか?
春日くんは?
全然
わたしも
に至るまでとそのあとがすごく好き。

老楡
タイトルを失念してしまうほどクギヅケになったキャラ・ジュリアン
そしてギムナジウム!
この設定好きだー。懐かしさを感じます。

本日はお日柄も良く
大人はもっと楽しいんだよ
ああ、そう言えるオトナになりたいものだ…

どのお話もとても面白い!

ですが、何といっても『after story 四季』でしょう!
今まで登場したキャラのその後が!!
ぎゃー、嬉しすぎるー!!
こういう描き下ろしが一番嬉しいです。幸せ~。

映画館にて

久しぶりに映画館へ足を運びました。
そこで楽しみなのが予告(え?)
気になる映画が目白押し!

ジェネラル・ルージュの凱旋 3月7日公開
堺さんがジェネラル! 正直イメージじゃない…と思ったんですが
予告を見て「ありかも」に変わりました。
単に堺さんを見たいだけって話ですが(苦笑)

クローズZERO II  4月11日公開
これは見ますよ。前作がおもしろかったですからね!
三池崇史監督繋がりで『ヤッターマン』が3月7日公開です。

鴨川ホルモー 4月18日公開
原作がめちゃくちゃおもしろかったので期待!
予告で見たところ…おもしろくなってそうだったので見ます。

予告で見たわけではないんですが、調べてたら見つけた映画。

Beauty うつくしいもの 3月14日公開
孝太郎さんと愛之助さんがご出演の長野の伊那谷に伝わる村歌舞伎の話。
ええと、どうしようかな~。


しっかし、見事に邦画ばっかりですなぁ。
最近は洋画をほとんど見ていません。
見てきた映画も邦画だし~。


20世紀少年 第2章

第1章を見たので続編も。
原作は読んだので展開は見ずともわかる。
そんな私がなにを楽しみにしたのかというと、キャスティング!

古田さんの春波夫は第1章の予告でわかっていたので驚きませんでしたが
やっぱありゃあ反則ですよ(笑)

今回の掘り出し物は高須役の小池栄子さん!
あのキョーレツな高須をオミゴトに!!
彼女は破天荒な役がお上手ですね。

ソックリだったのが
仁谷神父六平直政)とホクロの巡査佐藤二朗)。

個人的に大喜びしたのが北の町の診療所の医師山崎樹範)。
原作で読んだときからこの役は彼にやってほしい! と思っていたので。
だって、この役はDr.コトー繋がりのエピソードですからね。
Dr.コトーのドラマでも北に飛ばされた彼にピッタリじゃないですか!

わからなかったのは山寺宏一さん。どこにいたんですか?!
あと、バナナマンも二人揃って出演していたそうですが…
残念ながら発見できませんでした。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking