意外に引きずっている…

今月号の『おお振り』を読んで数日。

けっこー、ショックでした。
感想まとめている時も気づいていたんですけど、ショックです。
前回は黙っていましたけど、実はショックでした。
未だにそのショックを引きずっています。
…何回“ショック”って言葉を使うんだ(苦笑)

ちなみにその感想はこちら 2008年9月号のアフタヌーン(おお振り編)

何がショックなの? って、千代ちゃんの恋心が発覚したことですよ!

いや、いいんですよ。誰かに思いを寄せていても。
その相手がたとえ阿部であろうと
千代ちゃんが「阿部がいい」というのであれば、私は応援しますよ。
千代ちゃんいい子だから応援しがいがあります。

まー、なんで阿部なんだ?? という疑問はありますが。
私はあんまり阿部はオススメしないぞー。
なんか苦労しそう~。
もっとも私は“おお振りソート”で輝ける西浦ナインのブービーを飾ったのが阿部
ってくらい苦手なので、公平ではないと思いますが。

けど、この時点(1年の夏)で発覚した、というのが…
コワイ。ひじょーにコワイ

普通のスポーツ物の少年マンガであれば、別に気になりませんよ。
「どうせくっつくんでしょ?」的なあくまでも登場人物のいろどりの一つ
ってのが定石ですから。
たとえば
現役中は密かにお互い一途に思いを寄せていて
部活を引退して告白したらOKでしたー、みたいな展開ですな。

しかし、これは“おお振り”ですよ。というか“ひぐちアサ”ですよ!

なーんか、不穏な空気を感じてしまうのは…気のせいでしょうか?
一筋縄ではいかないんだろうなー、ということを感じてしまうわけです。

おまけに千代ちゃんを意識し始める三橋ですよ。
ついでに水谷の片思いも確定ですよ。
これがぐるぐるして野球に影響したりしたら……
ドロッドロじゃないですかっ!

うう~ん。
恋バナはあってもいいんですけどー、それがメインになるとちょっとイヤ。
あくまでも“野球”をメインに! お願いしたい。
が、三橋の成長のためには避けて通れない、のだろうか??
うーん。現時点ではなんとも言えません。
が、実に怖い。

おかげでアフタヌーンのほかの連載を未だに読めていません。
早く読まなきゃ! とは思っているのですけどね~

別冊花とゆめ 9月号

ちょっと忘れていましたが…
“ガラかめ”連載再開なんですよ! こいつは読まにゃあいけませんて!!
と、意気込む割には立ち読みだ


別冊 花とゆめ 2008年 09月号 [雑誌]別冊 花とゆめ 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/07/26)
不明

商品詳細を見る


ガラスの仮面 (美内すずえ)

巻頭カラーだと思ったら巻頭ではなかった
カラーでしたけど。

えー……っと。
もろにコミックの42巻(だっけ?)に直結しているんですね。
コミックの記憶があやふやなんですけど、そんな感じです。
あの巻で憶えているのは聖さんの更なるスキル発覚、ってことだけですよ。
ほんと、ナニモンなんだ、あの人?!

で、再開した連載。とりあえず
さらば舞ちゃん!
未だに“お付き合い”が続いていたことが衝撃ですよ。
うーん、典型的なオンナノコなキャラでしたね
悪いけど、かなりウザい。
私はキライだな、自分のことを“舞”って名前で呼ぶような子は。

そんな舞ちゃんとようやくお別れした桜小路くん。
あんまりいい別れ方ではなかったですが。
あれは舞ちゃんに失礼よ
私は舞ちゃんは好きではなかったけど、その真剣さに関しては買っています。
ええ、たとえひとりよがりだったとしても。
それに対してコヤツは…
この状態で何年も… ん? 作中ではそんなに経っていないのか??
ま、別にこの二人の恋模様には興味がないのでいいです、どーでも。

と思ったら!
晴れて舞ちゃんと決別した桜小路くん。
マヤに告白です!

でもいくら舞ちゃんと別れたからって言ってもね、マヤの心には…
それを分かっている桜小路くん。
待つよ」と来たもんだ! しかも「きみの心からその人がいなくなる日まで」!!
うーむ。そう来たか!
そしてそんなに引っ張るのか、そのイルカ!

それに対してマヤが…
ええ~? そうなのー? と私には非常に不満な返事でした。
マヤらしいちゃあ、らしいんですけどねー。

てなわけで、マヤの方は『紅天女』の稽古は全く進んでおりません。
それどころか行き詰まっております。

一方、亜弓さん。
着々と進んでおり、取材陣に披露する余裕です!
なんだろう、あの『ビアンカ』時代のマヤを思い出させるセットは…
詳細は不明ですが、さすが亜弓さん!!
ストイックに自分の紅天女を追究する姿に脱帽です。
いっそ、亜弓さんが舞台の演出をしたらいいんじゃない?

小野寺さんは演出家として働いているのを見たことがない気がします
プロデュース(&いやがらせ)の能力は高いんですけどねー。


Ne (那州雪絵)

『グリーンウッド』の那州さんの新作。
これって連載なのかな? おもしろかったからまた読みたいなー。

タイトルは「んっ」って読むんですって。
フランス語(だったよね?)で“鼻”って言う意味。
なんでこのタイトルなのかは読めば分かります

おれたちの葬式本 (TONO×うぐいすみつる)

女帝の本棚シリーズ

うひゃあ
前回借りて未読のままの本があるのに、次なる本が…
すんません。とりあえず、読みやすいマンガを優先します

TONOさん好きならこれもどーよ?
と、女帝さまが貸してくれたマンガ。
なんと、お身内が亡くなった時のことを描いたエッセイマンガ。

な、なんてヘヴィーでダークな…

と思ったらさすがにTONOさん。
喜怒哀楽なら“哀”に満ちているはずの題材なのに
さらりと描いてくれたのでした。
それどころか“怒”や“楽”まで…すごいぜ

ママがショックのあまりゾンビになってしまったため
伯父さんたちがいろいろ手伝ってくれるのはいいんですが
成人した長女よりも学生の長男を優先する伯父たち…
クニシさんなる馴染みのない人をありがたがる伯父たち…

そうか。こういう経験があってマンガに反映されるのだな

“やすこひ”と言い間違えたのには私も笑ってしまいました。
やすこひ…ぷぷぷ 98666
その後、そのやすこひくんが足の痺れに勝てずにすっころんだのにも…

いや、現場にいたら多分笑いませんよ。
だって現場はお葬式の真っ最中ですから。
でもこれは…思い出すだけで笑える。
厳粛に真面目な場面だけによけいに…あはは

さて、ゾンビと化したママは“実は今後のことで悩んでいた”というのが
リアルでした。
そうだよなー、一家の大黒柱がいなくなったら呆然としますよね。
マンガで生計を立てられる娘さんでなによりでした

…同人誌って売れるんですね。
一月で完売。通販業務が追いつかないほどの注文。在庫も足りなくなったようだし。
すげー
そんな人の元になんだか傍若無人な手紙が…
どうなんだ、あれは? 失礼ではないのか??

本書はTONOさんの妹さんのうぐいすみつるさんとの共著。
同じことでも視点が変わると見え方も違うという面白さが。
いや、状況も違うんですけどね。

よくタコの絵で紹介されるみつるさんですが、ちゃんと人間です。
…そらそうだ。
そして、ずいぶんとアグレッシブな人ですね。
子どもの頃から好奇心旺盛 だったようで
クラスメイト全員のお家に遊びに行ったり、近所の商店街をパトロールしたり
長じてからは留学したりして。

で、みつるさんのマンガに登場するTONOさんはキラキラしています。
そうか、妹さんから見るとお姉さんはこう見えるのか…
お姉さんの自画像(なのかな?)はめっちゃ省略されていますけど。

ところでこの本、文字が手書きだったり活字だったりして
ナンデ?? と疑問だったのですが
過去に同人誌として発行されたものだったようです。
あー、なるほど。

おれたちの葬式本 新版 (HONWARA Comics)おれたちの葬式本 新版 (HONWARA Comics)
(2008/02)
TONOうぐいす みつる

商品詳細を見る

五右衛門ロック

観劇:2008年7月27日(双眼鏡いらずの9列目)
会場:新宿コマ劇場
脚本:中島かずき
演出:いのうえひでのり


劇団☆新感線ついにコマ劇進出!
SHINKANSEN☆RX“五右衛門ロック でございます。
歌アリ、踊りアリの楽しい活劇でございました。
夏に観るのに相応しい盛り上がり


あらすじ
お話は秀吉暗殺で忍び込み追われる身となった大泥棒・石川五右衛門。
釜ゆでの刑にされたところを仲間に助けられ、新たに狙うは月生石!
とある南の島で採掘できるこの石をめぐって
欲にまみれた人たちがたどり着き、愛憎渦巻くバトルが展開される…



てな感じの物語ですが
もちろん新感線ですから、わかり易く、盛り上げてくれました。
豪華出演陣のそれぞれの見せ場もあったし、とっても楽しかった~

石川五右衛門古田新太)が主役ですが、意外に登場シーンは少なめ…
でも締めるところは締める! さすが座長っ!
「どんじりに控けぇしは~」は新感線ファンであり歌舞伎ファンでもある私には
テンション上昇場面でした。
あと、あの変装の仕掛けは『たのきゅう』ですか?! 楽しすぎるっ!
要所要所でカブキ技が…ヤバイ嬉しい~。

その五右衛門にとって不二子ちゃん的存在の真砂のお竜松雪泰子)。
ぎゃー、ほっそーい! 何なんですか、そのウエスト! その腕!
でもパワフル。
歌って踊って大活躍。映画『フラガール』で得た技も披露です!
そして戦う女!
お召替えが多くて眼福でございます。

まさか五右衛門を助けた時の花火と穴が後半への布石だったとは…!
発破の灸六村木仁)とモグラの壱助磯野慎吾)も地味に活躍。
どこまでも五右衛門親分についていくカワイイ子分でした。

五右衛門をどこまでも追い続ける銭形的存在の岩倉左門字江口洋介)。
律義でまっすぐな京都所司代の目付役。最初はバカな人かと思っちゃった…
堅物かと思いきや、意外に情に篤くノリがいいギター侍(爆)
この人のまっすぐな部分がカルマ王子に影響を及ぼしたと私は思います!
江口さんの爽やかさと相俟って…ブラボー!
私、左門字さん、大好きだっ!
役が江口さんに良く似合う! とても楽しそうでした。 また新感線に出てください!

マザコンで 単純 純粋なカルマ王子森山未來)。
「母のカタキ!」と“打倒・クガイ”への執念を燃やす王子さま。
ちょっと視野が狭いぜ。
けどギター侍に感化されて徐々に他人の思いもわかるようになって良かった。
無駄にタップを披露してくれる(爆)可愛い王子さま。
相変わらず動きが奇麗です、未來くん。
歌はロックもバラードもOKでダンスもいけるなんて貴重な存在!
どんどん新感線に出てください!

カルマ王子の復讐心を利用しているボノー将軍橋本じゅん)。
普通に考えるとヤな奴なんですが演じるのがじゅんさんですから愛すべきキャラ。
『メタルマクベス』のマクベス夫妻に続くバカップルでした。
登場シーンの満面の笑みで奥さんを迎えるところが印象的。
あとは…相変わらず臨機応変なところがステキ。
カミカミだった某氏の後を受けて
「何を言っているのかわからんが、よくわかった!」と
さらりと笑いに転じて処理するところが…大好きだっ
王子が足を取られたところでも「なにつまづいとんねん」と見逃しません。
そうそう。そういうところは拾ってあげないと王子もつらいからね!

ボノー将軍の愛妻・シュザク夫人濱田マリ)。
この人もやっていることを考えるとそうとうな人ですが、憎めません。
その声、その口調でぺろっと悪事を吐かれても…(苦笑)
可愛いな~、コスプレがよくお似合いで!
じゅんさんとのバカップルぶりもナイスでした!
けっこう言っていることはヒドイんだけどね。「あなたはちっちゃいの」って!

イスパーニアから来た胡散臭い武器商人
ペドロ・モッカ川平慈英)&アビラ・リマーニャ右近健一
このコンビがあったかー! 抜群の破壊力の最強(最凶?)コンビ誕生です。
なんなんだ、この胡散臭い二人。
そしてなんなんだ、川平さんの煩さ ←誉めています。
ジッとしていない! 身が軽い!! よくしゃべる!!
右近くんも新たな相棒を得て楽しそうでした。終盤はフレディにもなったしね。

漢字に弱いインガ高田聖子
縁の下の力持ちでクガイの気持ちをよくわかっている現場監督。
思いのほかいい国だぞ、タタラ国。要所要所に使える人がいるって素晴らしいよね!
うひひ。古田さんとの掛け合いはサイコーですね、聖子さん。
愛に生きるインガさん。お竜との歌合戦もサイコーでした。

忠義一筋! ガモー将軍粟根まこと
クガイ国王を補佐し護衛するタタラ国軍指揮官です。
密かに王と王子の確執に心を痛めるじいやのような存在です。
「クガイさま、よかった~」の言葉にホロリとしました。

今回の座組はとてもバランスが取れていたと思います。
じゅんさん演じるボノー将軍vs粟根さん演じるガモー将軍。
じゅんさん陣営の川原正嗣さんvs粟根さん陣営の前田悟さん。
なんといってもじゅんさんと粟根さんの掛け合いが! 立ち回りがあったのが!
とっても嬉しかったです

あとは、タタラ軍に冠くんがいたのには狂喜乱舞!
『メタルマクベス』と同様に王にお仕えして歌いまくり!
テンション上がるーっ!!

観る前までは完全な悪役だと思っていたクガイ北大路欣也
恐怖政治で月生石を一人占めしているタタラ国の王様です。
しかし、その行動には深く悲しい理由が…
言い訳を一切しない潔い人。誰にも相談せずに密かに計画、時間をかけて実行。
それが悲哀に繋がる。責任感というか正義感が強い人ですね。
しっかし、北大路さんがかっこいいです。
殺陣はもちろんカッコイイし、歌まで…そして存在が! 貫禄十分!!
もうこの人が主役だったのか?! ってくらいでした。
あとコマ劇の巨大なケーキみたいなセリが見られたのがとても嬉しかったです


これ、もう一度くらい観たいなー。
と、思っても東京公演は終わってしまったのでした
大阪公演をご覧になる方は乞うご期待! でございます。
いいなー、きっとちょこちょこ変わって面白くなるんだろうなー。

おお振りを読んだ後は…

雑誌『アフタヌーン』今月号の“おお振り”を読んだ後
思いがけない展開になんだか胸が苦しく落ち着かないまま
雑誌のほかの連載を読む気にはなれなかったので
まとめ買いしたほかのマンガを読んでしまいましたっ!

おかげで未だにアフタヌーンは読みきれていませんっ

読んでみたらどれも“おお振り”に繋がる作品で
「コワっ 」っと思ったり思わなかったり。 ←どっちだよ?


君に届け 7 (7) (マーガレットコミックス)君に届け 7 (7) (マーガレットコミックス)
(2008/07/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る


君に届け 7巻 (椎名軽穂)

女三橋として愛読しているヒロインの成長が楽しみなマンガの最新刊。
同じく25日に発売でした。
千津とあやねがグッジョブな7巻でした。

三橋より一歩リード! の爽子ちゃん。
自覚しましたよ。
そして今までとはちがう怯えを覚えましたよ。

うおー。甘酸っぱーい


スキップ・ビート! 19 (19) (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 19 (19) (花とゆめCOMICS)
(2008/07/17)
仲村 佳樹

商品詳細を見る


スキップビート 19巻 (中村佳樹)

アニメ化も決まった演劇マンガ。
ですが、この主人公も人として未熟な…、そして欠陥が…ありまして
三橋と通じる部分がございます。

仕事に関しては妥協を許さないし自分に厳しいヒロイン・キョーコ。
ですが、愛のない人生をおくっていて愛を知らないがゆえの超弩級のニブさ。
なんてったって“LOVE ME部員”ですからね。
…周囲の人たちはタイヘンです。

そんなキョーコがはじめて(かな?)“愛”を感じたのがこの巻。
って、19巻ですけどっ


ダイヤのA 11 (11) (少年マガジンコミックス)ダイヤのA 11 (11) (少年マガジンコミックス)
(2008/07/17)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る


ダイヤの 11巻 (寺嶋裕二)

“おお振り”とは野球つながりのこのマンガ。
おお振りではできない“名門”野球部を楽しめます。

試合の真っ最中。ついに春っちが! 試合に出場です!!
そんな春っちに向けてオニイチャンが初めて(かな?)弟に対しての思いを…!

そして哲さんいなくても青道打線は本物だぜ! なところも見られて
余は満足じゃー!!

新たに野生児のような一年生ライバルも登場して、以下次号!


最近、マンガ買いすぎじゃないかなー。
本棚が常に飽和状態なんですけど。
部屋が片付かないったら

2008年9月号のアフタヌーン (おお振り編)

今日は土曜日。仕事が休みだ
てなわけで、昨夜はおもいっきり夜更かしして読書。
読むのはもちろん雑誌『アフタヌーン』

まずは『おお振り』の感想です。

ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

モモカンの指令によって斎藤接骨医院をめざす三橋阿部
…うはー、これは自転車押さなきゃいかんですな!
坂の多い街ですなぁ。
おかげで階段ダッシュというトレーニングを課された三橋。
誰も見ていないからって手を抜いたりしない三橋が好き です。
そうだよね! 秋大シード取るんだもんね。
…これ、理由と一緒に阿部に言ってみたら? きっと喜ぶと思うんだけど。

でもダッシュに全力を尽くしたおかげで斎藤先生の言葉が脳に達しているのかどうか??
その斎藤先生はモモカンのことをご存じでした。
学生時代、つまり野球部のマネージャー時代に「よくここへ選手を連れてきた」と。
ん? 一人だけの部員のこと? その一人を「よく」??
……えと、怖いので深く考えるのはよしましょう

その帰り道、まったくかみ合わない西浦バッテリーに苦笑ですよ。
なんだろね、この二人は。
お互いわかんなかったら聞けばいいんじゃない?
阿部は三橋がびっくりした理由を聞けばいいし、三橋は何の話か聞けばいいのに。

モモカンは三橋の頭も育てようとしているのかな?
聞いた話を要点まとめて報告するなんて三橋には難しすぎるよ…
それを要求した意図も汲まず阿部がスラスラ報告。あらら
そのついでに斎藤先生からの伝言を聞いたときのモモカンの表情! ビミョウすぎる。

さて、早売りをゲットした某友人によって事前に
今回のおお振りは“恋バナ”だよ」というタレコミがあったんですが
……“食バナ”じゃないか??
という展開。久々のシガポの長セリフです。

質量が大事なのはわかったけど、今のままでいてほしい…というのはダメですか?
わざと怖い顔して威圧するのかー。へぇ~。

合宿中は4500kcalを6食で摂取するらしいです。
その責任の一端を担う朝食作りを任された三橋と阿部。
これは…ごはんと卵と納豆とノリではいかんぞ! とプレッシャーを感じる阿部。

それはさておき数名の部員の苦手な食べ物が明らかに。

水谷ブロッコリーくえないんですけどー」 ←あはは。
巣山オレなんか果物全般苦手だよ」 ←え?! そうなの??
花井オレ スノモノダメ」 ←なぜかカタコト、そして虚ろな表情(苦笑)
栄口「(心の声)魚卵が出たらどうしよう」 ←口に出せないくらい苦手らしい…

シガポ「残した人は マズイプロテイン で補おうね!

果物大好きです!
ブロッコリーくいます!
スノモノいだきます!」 ←慌てすぎだろう!
「(心の声)魚卵が で で 出ませんように」 ←よっぽどダメなのね…

考え始めた阿部によって樹教授(byもやしもん)扱いされて
フェードアウトしたシガポ(笑)
その説明にビビッた阿部が手におえないと判断したとたん、素直に

スンマセン! オレらだけじゃムリです!

とモモカンに頭を下げたのは潔かった です。
だからー三橋にもー聞けばいいのに。返事が期待できないから質問しないのか?

しかし、この言葉が某友人が言っていた“恋バナ”に繋がるとは!

言われたモモカン、迷わず千代ちゃんに頼みます。
信頼度が高いねぇ。
もしかしてモモカンの中では千代ちゃんが一番頼りになる部員なのかな?

千代ちゃん、いいねー。やさしいー
ひとつひとつ丁寧に聞いて、三橋のオカシな言動に動じず「あはははっ」と笑ってくれて
迷う三橋に「食べたいものでいんだよ!」とニコッ ですよ。
それに後押しされた三橋がハムエッグなら作れる、と。
すごい! 聞き出したよ。
さらにそれだけでなく「ハムエッグ作れるの?
じゃメインはハムエッグにしようか」と肯定して話を進めてくれるなんて。

その後もテキパキと指示出して実際に手配。
デキル女・篠岡
と、感心したら! ひと気のないところでちっちゃく丸くなって

なにこの幸運ー!!

ですよ。
うわ、急に少女マンガが始まりました
センセー、恋する乙女がここにー。
そうか。口出ししすぎたのも阿部に話しかけられて舞い上がったせいか。
でも、続く言葉が

気をつけなくちゃ
阿部君は私のことなんてなんとも思ってない
誰かに気づかれて部が変な雰囲気になるのもダメ
普通にしてなくちゃ!


ちちち、千代ちゃんっ!!
偉すぎる
この子が阿部目当てで西浦に入学して入部したキャラなら
「なんじゃこのガキ 」となるところですが
千代ちゃんの場合、本気でマネージャー業を全うしたいというのがわかるから
応援したくなります。
が、相手は“野球バカ・阿部”ですよ。
茨の道でございますな

そんなこともありながら合宿が進んでいきます。

17:30 午後練終了
18:00 夕食
18:30 食休み
19:00 勉強
20:00 夜練(スケボー) ←スケボー?!
21:00 A・夜食 B・フロ
21:30 ミーティング+日誌書き ←さすがのモモカンも眠そうです
23:00 爆睡 ←爆睡!
06:00 起床

阿部と三橋が揃って朝食を作りに行くと
そこにはすでに千代ちゃんが。朝日を背に笑っています。

それを見た三橋、ほか っと胸から湯気を出しています!
なにその ほか って!?
少女マンガでも見たことない、やわらかくあたたかい表現です。
三橋が千代ちゃんにフォーリンラブ な瞬間です!

さてその後、阿部の「三橋は包丁持つなよ」発言に千代ちゃんビックリ。
それに逆らわない三橋にも驚く千代ちゃん。
私も改めて「阿部、過保護ー 」と思いました。

千代ちゃんの偉いところはそこでちゃんと意見するところだ
しかし、野球脳な阿部には通用しません。
こいつにはノートの端にも気ィつけさしてんだよ」 ←マジでっ?!
何もやんなっつってねーだろうが」 ←いや、でも限りなく…

三橋には「あんまり 怒ってない よか(った)」のレベルの口調でしたが
千代ちゃんにはキツすぎた。
みるみる表情が変わります。

それに気づいた三橋
!?」をいくつも飛ばしながら
気をつけて 切れる よっ」と包丁を握ります。
たとえ阿部を怒らせることになっても「切れる」とアピールしたのは恋のなせる業?!
じゃ、ないよな。
空気は読めるんだよな。でもその理由はわからないんだよな

で、千代ちゃんの監督のもと、実際にニンジンを切る三橋。
ミソ汁の具にはでかすぎねーか」の阿部の言葉に
…プッ あははっ ほんとだね!」と笑顔を復活させる千代ちゃん。

それを見て阿部は「あーびっくりした」と胸をなでおろし
三橋は二度目の ほか を噴射。
どうやら三橋、千代ちゃんの笑顔を見ると胸があったまるようです。基本ですね!

それに引き換え、阿部~っ
千代ちゃんの顔色が変わったのに気づいてもナンにもできなかったな!

そんなこんなで(主に千代ちゃんが)苦労して作った初めての朝食は

スゲー
ちゃんとくいもんだー


と賞賛(?)の嵐。モモカンにも

予想のはるか上いく出来だよ!

と千代ちゃんファインプレイなのでした


ああー、まさか事前に入手した情報“恋バナ”が千代ちゃんだったとは!

そして三橋だったとは!!
でも三橋のはアレは恋…? 母親に安心するのと変わらないような気も
似たような対応をする栄口は「イイ人だ」で終わるから…
ほか っとする千代ちゃんはやっぱ特別か。

“恋バナ”と聞いたときにはてっきり水谷だと…
あららー、どうする水谷?!
彼もスルドイから気づいちゃうんじゃないかな。でも空気読めるから大丈夫か。

そんなほかほかした西浦はひとまずおいといて、次号は榛名さんの試合らしいでーす。



当ブログ・アフタヌーンバックナンバー

2008年
8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

今月のアルスラーン:魔軍襲来

えと、月一で読むつもりはないんですけど…
なんでかこんなペースに。

ちなみにこれまでの感想は以下
王都炎上・王子二人落日悲歌汗血公路征馬孤影風塵乱舞王都奪還
仮面兵団旌旗流転妖雲群行

それなりにネタバレいたします


魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11)魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11)
(2005/09/22)
田中 芳樹

商品詳細を見る



魔軍襲来

こんにちは、ギスカール。さようなら、ボダン
そして心が狭いぞ、ギスカール。
罠に嵌められエステルと記憶を取り戻した白鬼ことドン・リカルド
そしてザンデの彼女ことパリザードが流浪の身に。
君たち、パルスなら大歓迎だよ!

ザラーヴァントの故郷のイザコザは思いのほか根が深そうですよ。
根性の捻じ曲がったいとこのナーマルドは有翼猿鬼になってしまいました!
え、これって元はニンゲンなんだ…どっかに巣があって卵から産まれるもんだと…
そんな姿になりながらも意識は保ち続けるしぶとさ。
左腕のない有翼猿鬼はヤツでござる。

レイラがなんだかタイヘンなことに…!
蛇王の眷族に利用されています。

有翼猿鬼(アフラ・ヴィラーダ)・鳥面人妖(ガブル・ネリーシャ)に続いて
食屍鬼(グール)なる怪物も出てまいりました。
はー、人外の敵が増えるのはタイヘンだなぁ。
ま、ダリューンが大活躍ですけど!
今回もいいところに参上です!!
「ダリューン!」というアルスラーンの叫びだけで私のテンションも上昇です。

さて、ミスル国の客将軍クシャーフルことヒルメスに彼女ができました…!
彼女、っつーか、陰謀仲間ですかね。
孔雀姫ことフィトナ、三人目の腕輪の持ち主です。
ひとまず手駒を育て上げようと南方軍都督として国境近くに赴任です。
そしてザンデの死の真相も知りましたので、そのうち仇を取るのでしょう。

今回のタイトル『魔軍襲来』は最終章。
そうね、デマヴァント山に派遣された人たちがいましたね。
ナルサスの危惧した通りワンサカ魔族がおりましたよ。
それはもう、うんざりするくらい。
また新しい魔族登場。四眼犬(オフルール)です。
体毛がまだらに生えているっていうのがイヤだ。
それを確かめて命からがら山を下り、ペシャワール城に帰還。

…たしかに“魔軍”はいたけど、これでは“襲来”ではないような??

しかし、その謎はすぐに解けました!
防御は苦手だーとぼやきながらのクバードの指図で
ペシャワール城内に領民を避難させ
この事態を王都の王と軍師たちに知らせるべく使者を走らせ
もしもに備えていたら! 襲来です。
ぎょへー! もう来た!!
ってところで次巻に続く!!

わお。早く続きを読まなくっちゃ!
しかし、こういうときに限ってヤカタからドカドカ本が届きます。
うへー、タイミング悪いんだよ!
返却期限があるものを優先しないといけませぬ。無念っ!


今月のコント

アルスラーン&エラム
「ナルサスの弟子」を使い分ける陛下に脱帽(笑)
それを「はいはい」と受け流すエラム。…この人、オオモノだよな。
あと、“変な国”談義も面白かったのですが、長いので省略。

今回はクバードがツボでした。

あの男は絵など巧くならなくてよい。おれが許す。
絵がすこしばかり巧くなった分
悪知恵に曇りが生じては、パルス国の損失だからな


助かったぞ。イスファーン卿のくれる餌が安物になったらおれの家へ来い
その後、大活躍の仔狼たちの実力を認めてどんどんチャンスを与えるのがステキ。
いいものはいい! と認め伸ばそうとするクバードはいい上司だ。

そんなクバードの漫才相手はメルレイン。

クバード「どうした、ゾット族長?
メルレイン「族長代理だ
クバード「では、どうした、族長代理

律義に問い直すところがたまりません

夏目友人帳 第3話?

そうか、昨日が水曜日でしたね。
連休明けの火曜日を月曜だと思い込んでおりました。
ああ、無駄に1日待っちゃった 『夏目』一昨日見れたんじゃん!


※ 今回はアニメの話よりも違う話の方が断然、分量が多いです。
※ でもこの ↑ タイトル。“?”は私の良心です(苦笑)


アニメが始まって以来、毎日のように通い続けて遂に昨日…!
『夏目友人帳』第1巻のコミックを入手。
ブック○フを張っていたのだ。…そんなに欲しいなら定価で買えばいいのに(笑)

さっそく読む。


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))
(2005/10/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


ぎゃはは! ニャンコ先生、顔が! 顔がチガウよ!!
第1話では顔が定まっていなかったのですね。
表紙でもちょっとわかるんですが、この画像ではわかりませんね…

あー、こうして読んでみるとアニメはずいぶんわかり易くなっていますなぁ。
原作ではシリーズになるかどうかの瀬戸際だったから
模索している感じがあるからしかたないか。
でも基本は原作に忠実です。そこが好感度高いのだ

第1話の邂逅の回
「かむおん」がアニメでは無くなっていて残念ですっ!
妖怪の名前を間違えていた “ひしがき”が正解。こっそり直しておこう…
「まんじゅうください」はやっぱりなかった!!

第2話の露神さまの回
アニメでなかなか助けないニャンコ先生に「オイ 」と思っていましたが
原作では結局自力で逃れる夏目…アニメのほうが優しかったのか~(遠い目)
そうだよね、塔子さんの旦那さんって出てこないよね…
眠る夏目の布団の上で
ドンチャン騒ぎする露神さまとニャンコ先生がカットされていたのか!
あの場面好きなのに~。 ←忘れていたけど
出ていけ! 酔いどれ中年妖怪共!」が聞きたかった(笑)
“中年”にショックをうける2人がかわいい
季節が変わっているのですな。モモが蜜柑になっていてビックリ。
“キュウ太郎”のニックネームはオトナの事情で使えなかったのかな?


そんなわけで原作を読んでから第3話を拝見です。


夏目友人帳 第3話 八ツ原の怪人

うわ。原作より優しくなっている!
誰が? って…みんな、かな?

ニャンコ先生がもっとナナメに見ていたけど
アニメではそのあたりはスルーでしたね。
うんまぁ、そのほうがいいですね。

原作では笑い話に属するこの回。
アニメでも賑やかで…つうか、ウルサイな、中級たち!
賑やかすぎるわー
ミステリアスな田沼が初登場の回でもあります。

そして三篠(ミスズ)も初登場。私、このアヤカシ好きだわ~。
律義でかわいい
「待て」と言われればいつまでも待ち続ける素直さがたまりません。
色黒で渋い声に驚きました。

ニャンコ先生の「オーノー」はアドリブかな?
「セクシーな腹踊り」には脱力…


そしてまたしてもCMにやられちゃいました!
LaLaのCMの新作!! やってくれるぜ、LaLa
ニャンコ先生がクイズを出題。
…鮮やかに不正解したのはワタクシです(苦笑)


ドラマCD

ほそーく繋がったツテにより数年前のLaLaの付録の
『夏目友人帳』のドラマCDを聞くことができました!
ありがたいことです

それが、ちょうどコミック1巻に収録されているお話で
個人的に絶妙のタイミングでした。

気になるキャストは3名。
メインの夏目とニャンコ先生はアニメと同じ人が演じます。

ゲストの妖怪は一人(一匹?)燕ちゃんです。
干上がったダムの底で眠っていた燕ちゃんですが
干上がったのを幸いに近くを通りかかった夏目に憑いて
「会いたい人がいる!」と情熱的
自分は妖力が弱いので夏目に手伝ってもらおう、という魂胆です。

…燕ちゃんて女の子だったのか~。
アヤカシって性別も年齢も不詳だから気にしてなかったけど
女性の声だったので「あ、そうなのか 」と納得しました。
で、原作を読み直すとたしかに女の子でした(苦笑)

さて、このCDは何年前のものなのでしょう?
もちろんアニメ化が決まる前に収録されたものだと思うのですが
夏目はともかくニャンコ先生が…!
別人!!
…人じゃないから別猫? いや、猫でもないからなんて言うんだ??
でも実はCDの声の方が原作を読んだ時の私のイメージに近いです。
いやー、アニメで初めて聞いた時は内心ビックリでしたよ。
そう来たか! と。
今はもう慣れて、ニャンコ先生はこのくらいクダけていた方がイイです。
斑はカッコ良すぎだと思いますけど…。でもそのほうが嬉しい

夏目は…私のイメージよりやわらかく潤っています。←なんだその感想(苦笑)
原作を読んだ時はもっと乾いた印象だったんです。
基本テンション低く、そっけなくしつつも実は優しい という感じ。
なんか体温低そうな気がしてならない。
これは原作の絵の印象が大きいですな。
原作はいろいろ曖昧な雰囲気なんですよ。…そんなイメージなんです
ぶっちゃけ夏目って無口な子だと思っていたので
アニメではいっぱいしゃべるので密かにビックリしていました
そっか。アヤカシ相手だといっぱいしゃべっているね~。

さて、このドラマCDはキャストが3名しかいません。
原作ではもっと登場人物が(“人物”以外も)多いです。
それを踏まえて聞き直すと、うまーく躱しているんですね!
創意工夫 の脚本!

それ以外にも
絵なら1コマでも、音のみだと説明しなきゃいけないのかー、と感心
モノローグの少ない主人公がナレーションを兼ねることになっていたりして
面白いなぁと思いました。

私はドラマCDってほとんど聞いたことがないんです。
画とか字などの“見るもの”がないと集中力が途切れるんです… ←子どもか?!
20分くらいならなんとか耐えられる、みたいです(笑)

曾根崎心中! (河下水希)

雑誌“ジャンプスクエア”8月号にて掲載された
近松門左衛門原作の『曾根崎心中』のマンガ版を読んでみました。

なんでしょ、最近、名作にスポット があたっていますよね?

ちょっと前の太宰治の『人間失格』に続いて
芥川龍之介の『地獄変』や夏目漱石の『こころ』を小畑健さんが
中原中也の『汚れつちまつた悲しみに』を浅田弘幸さんが
川端康成の『伊豆の踊り子』を荒木飛呂彦さんがそれぞれ表紙を描いて
書店で異彩を放っております。


人間失格 (集英社文庫)人間失格 (集英社文庫)
(1990/11)
太宰 治

商品詳細を見る


『人間失格』には驚いたものです。
あまりのインパクトに買おうかと思いましたよ。持っているから堪えましたけど。
『地獄変』もそうとう驚きますね(苦笑)


伊豆の踊子 (集英社文庫) (集英社文庫)伊豆の踊子 (集英社文庫) (集英社文庫)
(1977/05/20)
川端 康成

商品詳細を見る


しかし、それ以上のインパクトが今回の『伊豆の踊り子』
まったくチガウ物語が展開されそうな予感がするこの表紙…
読んだことないからこれをきっかけに読んでみようかな、という気にさせられます。


汚れつちまつた悲しみに…―中原中也詩集 (集英社文庫) (集英社文庫)汚れつちまつた悲しみに…―中原中也詩集 (集英社文庫) (集英社文庫)
(1991/01/20)
中原 中也

商品詳細を見る


浅田さんの中原中也ってのは納得です。
かつてマンガのなかで引用してましたからね。
たしか『眠兎』だったと思うんだけど…記憶が定かではない。



さて、今回は表紙ではなくマンガですよ!
描いた人は『いちご100%』の人ですよ!
ラブコメの人ですよ! …心中モノをラブコメに?
洋服の描写がやたら細かいので着物もありかも!
と、楽しみに読んでみたら…

あれっ? ワタシ、この話知らない… と、しばし呆然。

ちょくちょく歌舞伎を観ているので、どっかで観ていると思ったんですけど
観ていなかったようです。わはは。
そうかー、そうだったのかー。

だから元の話と比べることができないんですけど
でも! それでもわかります。
これ、そうとうアレンジされていますよね?!

衣裳も風俗も時代考証も…これは、もはや異世界かも。
遊郭にしてはいろいろキマリがゆるゆるだし
その髪型…どうやったのだ?! ショートに見えるけど簪??
着物が着物として機能していない…
それにぱんつはいてるしー!

でもみごとにラブコメ!

幼なじみ同士の初恋にちょっと強引な横恋慕と友情が絡み合い
心中決意に至るお初と徳兵衛。
…と思いきや!

やー、そういうオチ? そうきましたか!
ええ、ラブコメですからそれでいいと思います。
私はこのラスト好きです。

原作に忠実で予習になるような内容を期待すると肩透かしですけど
これはこれで面白いです。
今後もこういう古典作品のマンガ化を楽しみにしています。

なにせワタシは『GENJI』(きら)を
ぎゃー! こういう源氏君アリだわー!! 本物より好きー!
と大喜びした人間ですから。

氷室冴子を再読!

惜しくも亡くなってしまった氷室冴子さん

ご多聞に漏れず、私も多感なる思春期に拝読いたしておりました。
それ以来、離れていたのですがまさかこんなことに…
残念でなりません。

ご冥福をお祈りしつつ、追悼企画

かつて大好きだった氷室さんの著作をを読み返してみよう!
という心意気。
私が氷室さんと出会った記念すべき作品
『なぎさボーイ』『多恵子ガール』『北里マドンナ』のシリーズです。

なんでこれで入門したのかというと、イラストが渡辺多恵子さんだから!!
当時『聖14グラフィティ』を読んで
「わー、おもしろーい♪」とゴキゲンだったのですが
渡辺さんのコミックがほかには
『ファミリー!』そして『はじめちゃんが一番』しかなかった頃です。
児童の小遣いでは限界が…
そんなとき、このイラストを発見!
「これだ!!」と飛びついたわけです。



多恵子ガール (集英社文庫―コバルト・シリーズ)多恵子ガール (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
(1985/01)
氷室 冴子

商品詳細を見る


多恵子ガール

刊行順に『なぎさボーイ』から読みたかったのですが
諸般の事情によりこれからスタート。
でもこっちから読むのもありだね!
いるよね、好意に鈍感で悪意に敏感な子って(苦笑)

そうかー、多恵子から見るとなぎさくんはこう映っていたのか~。
で、実はこのときなぎさくんは…というのを後から読むのも楽しいね。
しかし、私には多恵子の考え方がよくワカラナイぞ。
なんでそこで「別れよう」になるのさ?!

うーん。そして私はなぎさくんしか憶えていないようですよ。
これを読む前は、多恵子も野枝も北里も三四郎も思い出しませんでした。
けど、なぜか槙修子は名前を見て「ハッ!」と思い出す謎の記憶力。


北里マドンナ (集英社文庫―コバルト・シリーズ)北里マドンナ (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
(1991/02)
氷室 冴子

商品詳細を見る


北里マドンナ

北里って名字ではなく名前だったのか…
そして『走れメロス』ってこういう話だったのか!
私も北里と同じくセリヌンティウスに肩入れして読みそうだなぁ。
メロス、酷くないか?!

ああ、これを三冊目に読みたかったぞ。
なんか集大成、って感じじゃないか!!
で、もしかしたら過去に読んだつもりだったけど読んでなかったのかも…
という事実。
全然! 記憶にないんですけどー!! こんな話だった?!


なぎさボーイ (集英社文庫―コバルト・シリーズ)なぎさボーイ (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
(1984/09)
氷室 冴子

商品詳細を見る


なぎさボーイ

くそう。一番目に読みたかったこれがラストになってしまった。
なぎさくんがいてこその『多恵子ガール』であり『北里マドンナ』
このシリーズの原点です。

かわいらしい外見に似合わず硬派ななぎさくん。
彼が思う“男らしさ”を目指して邁進中の物語。

うはー、お前はウエスギ○ツヤか?! ってくらい照れ屋ななぎさくん。
今読むと…考えすぎじゃないか? と。
そんなんじゃ多恵子も苦労するよ。と多恵子に同情。
当時は「わかる、わかるよ!」となぎさくんに共感しまくりだったんですけどね。
…ん? 私は硬派な男になりたかったのか?!


いやー、ナニゴトにもタイミング、ってのがあるようで。
さすがに今読むには…
思春期の頑なさをすっかり忘れ去っている自分にガッカリ。
読みながらチョット思い出すんですけどね、恥ずかしくて本を投げたくなりました
おかげで読むのにすごーく時間がかかりました。
大人になってからこういうのを書ける氷室さんがスゴイですな。

道元の冒険

観劇:2008年7月18日
会場:シアターコクーン
演出:蜷川幸雄
作:井上ひさし


個人的“月参シアターコクーン”第三弾。
蜷川さん演出の『道元の冒険』です。
なんと言ってもお気に入りの高橋洋さんと北村有起哉さんが共演ですよ!
これは観ないといけません!
会社帰りに推参です jumee

道元って、あの宗教家の道元だったのですね。
よく知らないんですけど芝居を観た限りでは
日本で初めて本格的禅宗を広めた人みたいですね。

第一幕
禅宗に対する迫害というか山法師たちの圧力がひどいという状況説明
と同時に、道元がいかにして現在に至ったかという説明。

と書くとつまらなそうですが(苦笑)
なんてことでしょう。
12名(実質10名)の役者さんが入れ替わり立ち替わり
いろんな役を演じてくれるので大忙し!
観ているほうも演じているほうも!

詳しいキャストはHPで確認していただくとして HPはこちら HP
これを観ると“主として○○に扮する”と非常に曖昧な書き方をしているんですね。
それはほかにも役がいっぱいあるから!

本当にいっぱいで主役の道元以外が別役に扮して
道元が「○○(元役)はどうした?」と早替わりを促すシーンもあるくらいです。

第二幕
青年道元がいろいろなお寺に修行に行き禅を極める。

ところで、道元という役も多数の役者さんによって演じ分けられます。
主役なのに分業…?
主として道元に扮する阿部寛さんは“夢”の中で犯罪者にも扮するので
やっぱり別役があるのです。
今回(というかいつもですが )、ケチって下手よりのバルコニー席で観たら
阿部道元をほとんど視界に入れられなかったのでした。
だって舞台にいても常に下手に控えているンだもん。見えないよ~ o

道元ですが
一幕の少年時代は栗山千明さん。前髪があります! 剃髪の瞬間もあります。
二幕目の前半は北村さんによって演じられました。

北村道元は禅の本場・中国に留学してお勉強です。
ここで出会うエセ中国人(いえ、ちゃんとした師匠なんでしょうけど役作りが…)を演じるのが
高橋洋さんです
きゃー。これがまた楽しい!!
同じ漢字の文化でも中国と日本では意味が違うんだということを
面白おかしく教えてくれます。

表意文字ソング」はすっごく楽しい。
部首を書くエセ中国人は楽ですが旁を書く北村道元は時間ギリギリです。
必死についていくのがおかしい。
春に花咲く木は”……“椿
なんてしょっぱなから“木”に対して“春”じゃねぇ(苦笑)
私はラストの
寺に多い病気は”……“
が一番笑いました。あはは。確かにそういう漢字だわ。

けっこう翻弄される北村道元、ビシバシと鍛えられ中国を後にします。

その後の道元は洋さんにバトンタッチ。
熱い、篤い道元です
すごい…これがさっきエセ中国人を演じた人なのか?!
禅をひろく広めようと熱心に教えを説く道元です。
今回は歌もありました。いやはや、大忙しの洋さんでした。

あとは横山めぐみさんが異様に可愛かった。
コスプレ、似合いますね

いろんな歌が歌われて楽しかった~。
なんだ、この芝居、歌う芝居だったのか
ミュージカルは苦手なんですけど
最初のなにやら「バラバラ」言っていた歌がすっごく楽しかったのでOKでした。
これだけいろんなテイストの歌を聴けると楽しいですね

僕はここにいる (飯田雪子)

ちょっと前、とある書店でコーナーができていたんです。
「コーナーができるくらい話題なのか?!」とパラパラ捲ると
あとがきに一度絶版になり今回“復刻版”として復活と書いてあるではないですか!

おお! それはすごい!!
なにがきっかけで復刻の運びとなったのかはわかりませんが
読んでみたくなるじゃないですか!


僕はここにいる (講談社X文庫 いI- 1 ホワイトハート)僕はここにいる (講談社X文庫 いI- 1 ホワイトハート)
(2007/12)
飯田 雪子

商品詳細を見る



なんというか、学生時代に好んで読んだ
コバルトやホワイトハートの作家さんを思い出すテイストをもつ物語…
(実際この本はホワイトハートだ)
こういうの好きだったな~。
それをひとことで言うと

懐かしい!
なんだこの懐かしさは?!


ご本人もあとがきでおっしゃっていますが
文章も丁寧でやさしいので
古典的でファンタジックな児童文学に近い感じです。

主人公は中学生の女の子。
とある事情で父親の故郷へ引っ越すことになり
新しい環境での生活がスタートするところから物語は開始。
慣れない環境がストレスなのは親も同じ。
とあることがきっかけで“哀しみ”に満ちてしまった時に起こるできごと。

なんだかジブリっぽいなーと思いながら読みました(笑)

すごく切ないんですよ!
そこがまたいいんですよ!


けど、ナニゴトもタイミングというものがあるようで…
これは学生の時に読んだらきっと楽しめたんだろうけど
今読むのはちょっとキツイ

主人公がどうにもこうにも…むにゃむにゃ。
もしかしたら学生の時に読んでも共感できなかったかもしれませんが。

続きを読む

リストランテ・パラディーゾ&GENTE (オノナツメ)

カレセン》という言葉をご存じでしょうか?
私はまったく知りませんでした(苦笑)

漢字で書くと「枯れ専」。
50~60歳の「枯れたオジサン」たちに惹かれる30代の女性をさす。いわゆる「ちょいワルオヤジ」ではなく、本当に枯れているオジサンが好きなのである。
彼女たちが「枯れた男の魅力」として挙げるのが、「一人の時間をもてあまさない」、「路地裏が似合う」、「ビールは缶より瓶」、「ペットは犬より猫が好き」、「一人でふらりと寄れる行きつけの店がある」、「さりげなく物知り」、「金や女を深追いしない」、「人生を逆算したことがある」、「自分の年齢を受け入れている」などである。
若いときは自分の世界に没頭して独身だったのが、老いて輝くのである。出版社のアスペクトは『カレセン』と題した単行本を出している。 (Yahho!辞書より)



もっと詳しい記事はこちら 「枯れたおじさま」に萌える女子たち(エキサイトニュース)

ちょっと前、とある情報誌にてこの《カレセン》なる言葉を知ったのですが
それはいいんです。 ←いいのかよ(笑)

その《カレセン》解説のコーナーで
オノナツメの『リストランテ・パラディーゾ』と『GENTE』が
紹介されていたのです

……えと、それはつまり
この作品がカレセンな女子の心を掴んでいる、ということ?

メンドウで記事は読まなかったんですけど(爆)
たぶん、そういうことなんだろうなー。
あー、まぁ言われてみれば、条件には当て嵌まっているのかなー。

でもなんかチガウ

だって、あの人たち枯れてないし!
そうやってなんでもカテゴライズするのはやめて欲しいーっ!
と言いつつ
私がこの作品に出会ったきっかけは“眼鏡紳士マンガ”という紹介でしたけど(笑)

ま、つまりアレだ。カレセンとは
大人な男性に惹かれる、ってことですな? 違う?

うーむ。紳士好きとはチガウのか?
“枯れ”という言葉のイメージがよくないんだよなー
紳士でいいじゃん。私は紳士の方が好きです!


ま、カレセンはさておき面白いです、このマンガ


リストランテ・パラディーゾ (f×COMICS)リストランテ・パラディーゾ (f×COMICS)
(2006/05/18)
オノ ナツメ

商品詳細を見る


リストランテ・パラディーゾ

“眼鏡紳士マンガ”という紹介につられて読んだのがこの本。
眼鏡はどっちでもいいんですけど、紳士は好き。
そして食べ物屋さん(なんだこの括り)の話が好きなんです。

しかし! 読んでみたら幼い頃に捨てられた娘が捨てた母親と再会する話でした!
と、こう書くとなんだか湿っぽい話のような感じがしますが
決してそんなことはなく、カラリとしていて
母を理解できるようになった娘の成長の物語だったのです。
泣けた…

そして紳士! わぁお。どっちみても紳士!!
このレストラン、ステキだ~
ちなみに私はジジが好き。


GENTE2 (Fx COMICS)GENTE2 (Fx COMICS)
(2008/04/17)
オノ ナツメ

商品詳細を見る


GENTE リストランテの人々 1・2巻

そんなステキな紳士たちがいかにして集うようになったのか
『リストランテ・パラディーゾ』に繋がる物語。
続編にして前編。

みんなの事情がそれぞれ明らかに!
番外編的短編集かと思いきや、2巻のラストで話が繋がった!
てことは今後は“その後”が語られるということか?!
楽しみ~

TEAM男子!

こんな言葉があるのか~
と、感心したのが雑誌『ダ・ヴィンチ』2008年8月号。


ダ・ヴィンチ 2008年 08月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/05)
不明

商品詳細を見る



『新撰組』から『ROOKIES』までときめくTEAM男子! という特集。
およよ。これは私の興味のストライクではないですか?!
『新撰組!』も『ROOKIES』も大好きです
さっそく手に取り立ち読み開始です。

どうやら
男子が集まってワイワイ楽しそうな様子を見ているのが楽しい
ということらしいです。
それも同じ志や目標に向かって団結して行動している“TEAM”
それを眺めているのが楽しい、と。
そうか、その集団を“TEAM男子”というのだな?!

うんうん。私はそれです
私は熱血モノとかスポーツモノだと思っていましたけど
たしかに熱血していなくても、スポーツしていなくても楽しめる場合がありますね。

以前に読んだ 『あのひととここだけのおしゃべり』 でも
同様のことが語られていましたが
さらにそれを超えて“萌え”という要素が加味されていて
そうなると「…うーん。私はそこまでではないんだよなー 」と違和感が。
今回の“TEAM男子”という括りに
そうだ、それだよ!」と納得できました。

TEAM男子について語られた座談会も面白かった

TEAMの中心には“チャーム”な人がいる、とか
その“チャーム”に惹かれ(=萌え)ている人たちの集団である、 とか
だからこその団結力!! とか。

この“チャーム”については雑誌を確認してもらうこととして
なんか、ここでの“萌え”の使われ方はよくわかったなぁ(笑)
普通はそれを「カリスマ性」とか言うんじゃないか?
でも「カリスマ」ではない場合もある。
うん。言われてみれば確かにそうだなー。

オシムジャパンは“オシム萌え”の集団だった! というのには爆笑
だから団結していたんだ! と力説されていましたが
いや、それはどうだかわからないけど、否定できないよ…ははは 汗;

で、これは“男子”に限ったことではないですよね。

たとえば大河ドラマ『篤姫』。
このドラマはまさに“TEAM”の要素を兼ね備えていると思います
もともと大奥自体が上さまを中心にまとまっている集団。
そして、今後は幕府の根幹を揺るがす事態を目の前に
篤姫を中心に徐々にまとまっていく集団です。
大奥の中では敵対していても、その大奥の存続がかかった事態となれば
団結するのがあたりまえ。
その中心となるのが、上さま曰く「おもしろいオナゴ」である篤姫。
自分の目で見て納得できるまで考える篤姫 なのです。
そんな篤姫にだんだんと心酔していく大奥のメンバー。
言ってみれば“篤姫萌え”ってわけですな

マヤと亜弓さんの関係もこれで納得できます。
この二人は自他ともに認めるライバルです。
『あのひとと~』ではこの二人の関係が“やおい”である、と語られていましたが
私にはイマイチ馴染めない言葉でした。
でもこの“TEAM”という言葉なら!
演劇というジャンルに萌えている“TEAM演劇”ってことで納得できます

スポーツもそうですね。
ライバルという前に仲間です。
野球というスポーツ、サッカーというスポーツを共に楽しむ仲間。
野球をしているとライバルとして戦うことになっても
より大きなスポーツという括りで同じ野球をしている仲間という“TEAM”になりますな。

って偉そうに語っていますが、立ち読みなのでちょっと間違っているかも…
この雑誌買おうかな。
『夏目友人帳』のミニ特集もあったし、買って損はない! と思うなあ。

そうそう。
どうやらこの“TEAM男子”について語られている本があるらしい。
それがこれ『TEAM! チーム男子を語ろう朝まで!』

TEAM! チーム男子を語ろう朝まで!TEAM! チーム男子を語ろう朝まで!
(2008/02/21)
チームケイティーズ

商品詳細を見る


おや、表紙がオノナツメじゃないですか
読みたいなー、これ(笑)

三番目の魔女 (レベッカ・ライザート・著/森祐希子・翻訳)

シェイクスピアの『マクベス』に登場する3人の魔女の一人を主人公にした物語。
マクベス、好きなんです
詳しいわけではないですが…


三番目の魔女三番目の魔女
(2007/05)
レベッカ・ライザート

商品詳細を見る



主人公の魔女がマクベスに復讐を企む少女になっているんですが
なぜ復讐に凝り固まっているのか、理由がなかなか語られず
ただひたすら執念を燃やす彼女にちょっと辟易
やっぱ復讐の話って苦手だわ

だってすっごい捻くれているんだよ、考え方が。
どうしてそう捉えちゃうの?!
とビックリすることが何度もありました。

でも戯曲では「なんのことじゃ??」と疑問全開だった魔女の言葉が
新解釈!
おお、そうきますか。
そしてそこに到るまでの過程がまた面白い

かなり強引だと思うけど
『マクベス』で登場する人物全員と絡む主人公を通して
語られるのが面白いです。
キャラもそうきたかー。というのもあるし。
ま、私は『メタルマクベス』のイメージがどうしても先行してしまいますが。

そしてなんと言ってもラストがイイ
これは…乙女の夢であり、女性の夢でもあるラストじゃないかと思います。
主人公が成長したのが嬉しかったなー。

夏目友人帳 第2話

アニメもドラマも「一度見れば充分~」という私が
珍しく何度も再生してしまった『夏目友人帳』。
しかし2度目以降はニャンコ先生しか見ていなかったりして(苦笑)

オープニングもお気に入りで、飛ばさずに見ている自分にびっくり。
エンディングもほのぼのしたところがお気に入りで…
大抵、オープニングもエンディングも「一度見(聞い)たからいいや~」と
すっとばすんですけどね~。

そんなお気に入り番組(今期イチオシかも?)の
注目の第2話が放送されました!

本当はがんばって月曜日にリアルタイムで見ようとしたんですけど
眠気には勝てず…
深夜1時開始って遅すぎます!
来週放送(21日)分はさらに30分遅くなるらしい! 祝日だから特番か?!
録画時間、要注意だ!!


夏目友人帳 第2話 露神の祠

露神さまのお話は原作の中でも好き だったんです。
が、詳細は憶えていませんでした(爆)

肝試しを企画しているクラスメイトたちに誘われて夏目にも参加要請が。
なりゆきで参加することになった夏目ですが
それはさておき、友人帳を狙う妖怪に追いかけられてしまいました。
また走っているよ…

案の定、追いつかれて捕まってしまった夏目。
だけど大丈夫!
夏目には超強力な用心棒 がついていますから!!
でもその用心棒、イマイチ真剣さがたりない。
思いっきり捕まっている夏目をほったらかして妖怪に話しかけています。
早く助けてあげてよ、先生…

そんな用心棒・ニャンコ先生。今回もラブリー です。
本性の斑では無駄にカッコ良く
あ、よっこらせ」(アドリブか?!)と変身するのが楽しい。
今回はまともな顔をしている時間がすっごく少なかった先生。
いや、あの普段の顔がまともか? と聞かれると返答に困るんですが(苦笑)
今回のポイントはしっぽですね
あのずーっとふりふりしてるしっぽがたまらんっ!!

ときおり、妖怪の襲撃もうけながら、少しずつ名前を返している夏目。
それを見て
どんどん友人帳が薄くなってしまう」「もったいない」と言いつつも
見守り続けるニャンコ先生。
まー、寝ぼけてあやうく夏目を食っちゃいそうになってましたけど
概ね平穏みたいです。

で、今回のゲスト露神さま。
なんともキュートな登場でした。あのちんまりした姿が大好きです。歯形もカワイイ。
夏目は驚いたからって味噌汁吹き出さないように!
でも飲む前にお箸でくるくるかき混ぜたのは好きだな。なんかリアル。

そうか、信仰心に応じてサイズが変わるのか!
そして信仰する人がいなくなると消滅してしまうのか!
私も信仰しなくっちゃ! 近所に祠はないのか?! と、単純な私。

現代人は余裕がなくていけないねぇ。
いくら便利だからって文明に頼りきりってのも情緒がなくてよくないよ。
露神さまとご飯粒で結ばれた仲間の妖怪も文明のとばっちりでしたね。
残飯で労働力を提供なんて、ほのぼのしたシステムじゃないか!
昔はアヤカシとも交流していた、という設定がステキ

夏目の運動神経の良さを実感しながら、名前を無事に返した後は
露神さまとハナさん(あれ? ハルさん? 原作がないと固有名詞に困るなぁ)の
エピソード。
やっぱりウルっと来てしまいました
ずーっと見守り続けた露神さま、「やっと一緒に」と…

これを聞いた夏目が「だったらオレが信仰するよ!」と声をかけたのが好きだなぁ。
夏目はイイ子ですね
露神さまがホントに奉られている神様だと知った時にとたんに遠慮したりして
現代人が忘れてしまった心を持っています。

ところでニャンコ先生がお気に入りの七辻屋(この漢字?)のまんじゅう。
食べてみたいなぁ いくらでも食べられるんだって!
お供えした分まで横取りして食べるほどですよ?! ←食い意地張りすぎ(笑)
どんだけ美味しいのだろう?


さて、今回もCMにビックリさせられました。
『夏目友人帳』DVD第一巻が10月22日に発売決定!!
は、はやくないですか?! もう発売決定?
しかも特典に“ニャンコ先生ストラップ”…
うう、私はニャンコ先生ストラップがほしいために今月号のLaLaを買った人間です。
揺れる…
ほかにも特典があるんですが、よくわからないのが“スリーブケース
なんですか? これ??
ケースというからには何かを入れるものだと思うんですけど…


追記

ニャンコ先生お気に入りのまんじゅうが食べられないので代わりに
霧の森大福を食べました! HPはこちら 霧の森大福

美味い これは売り切れるわ!!
餅のまわりの抹茶のほろにがさとこし餡もおいしいのですが
なんと言っても生クリーム これが美味い!!
甘すぎず、こってりしていなくて素朴な味わい
大人気でネットで予約殺到。製造が追いつかず販売停止中だそうです。

現在、東京駅に直結している大丸にて21日まで出張販売中。
1日限定200個(たしか)なので早めに買い行くべし!!

七月大歌舞伎 夜の部

観劇:2008年7月13日
会場:歌舞伎座(3階11列センター)


うーん。今月に入ってみたお芝居が
「年に一度はこういうのにあたるよねー」というモノだったので
なんとなく弱気…
あの芝居はなんだろうなー。
つまらないわけではなかったんだけど、面白くもなかったんだよね。

そんな芝居のあとに観るのが泉鏡花ですよ!
数年前の鏡花祭ではけっこう苦労したんだよね~。
感想こちら 夜叉ヶ池&海神別荘(2006年)
…うーむ。ハダカに関してのみの感想じゃの。
今回はそうならないようにガンバリマス。


夜叉ヶ池(やしゃがいけ)

笑三郎さんの白雪姫、気合い入っている!
なんだか光り輝いていますよ。
あやうく剣ヶ峰の愛しいヒトの元に暴走しそうになったのを
百合春猿)の子守歌を聞いて思いとどまります。
お百合さんの歌声には晃さんへの想いが込められていますからね!
同じ恋する乙女として共感 したのですな。

『夏目』でもそうだけど、妖怪は約束を守るんだなあ。
一途で愛おしい。
すぐ忘れちゃう人間よりもずっと律義だ。

さあ、不愉快な場面ですよ。
身勝手な男どもにイケニエにされそうになる百合。
やっぱり“裸にして牛にしばりつける”ってのが納得いかないよ。
殺すわけじゃないんだからいいじゃんか、ってのは見物人の意見でしょ?
そんなことされて乙女が耐えられるわけないでしょ!

実際、過去にイケニエにされた娘がその屈辱と羞恥に耐えられず
牛と共に大暴走してるんじゃん。←これが白雪姫の前世ですが。
そんなことも忘れて同じ愚を繰り返そうとしている人間たち。
腹が立ってくるね!

段治郎)がここに留まったのは鐘を撞く約束をしたからなのに。
その恩恵も忘れ、百合を連れ出そうとする晃に村人は
女は村のモノ
村の八千人の命がかかってる
日に三度鐘を撞くことで洪水をおさめるなんて迷信
村が湖になれば日照りから開放されてバンバイザイだ

これだけでも十分腸が煮え繰り返りますが、
最悪キャラ穴隈鉱蔵薪車)の登場です。
自分は傍観者のくせに偉そうに
国を守るための犠牲はつきもの」と声高に演説。
私は国のためにいつでも死ねる
だったら! い・ま・死・ね!

温厚な(え?)私でも、思わず呪詛の言葉を吐きそうになりましたよ
薪車さんは大好きですが、この役は大嫌いです。

この話は恋愛至上主義なのかな?
理不尽な仕打ちを受け、百合を失った晃は鐘を鳴らさぬ決意。
それを支持する山沢市川右近)、教師とも坊主とも思えないお言葉(苦笑)
この人は熱い人ですな。

鐘の約束が破られ嬉々として洪水を起こす白雪姫。
自分は愛しい人の元へ行くのでこの地は新しい夫婦に!
死んで新たな生を受けた百合&晃ってわけですね。
これもハッピーエンドに入るのかなぁ。


高野聖(こうやひじり)

マンガでですが、予習をして準備万端。
予習編はこちら 高野聖をマンガで読む

一応、予習はしたものの、鏡花センセイの世界観はあんまり~ と不安な私。
結局、戯曲には手をつけられなかった…
密かに掲げた目標は「寝ない!」だったりするわけですが(苦笑)
観てみたら
これ、面白い!!

いきなり男女蔵さんが猟師で登場!
え、出演する予定だったのか! 知らなかった~。
でもほんのチョイ役だ。
百姓右之助さんも、薬売市蔵さんもちっとだけだな~。
薬売は2場面なはずだけど説明だけで前半はカットかあ。

旅人に語る回想形式はやめたんですね。
どうも回想っぽいですけど、旅人との語り、という形ではないですね。
最初のスクリーンに映し出されたお坊さんたちが理解できず
???」だったのはヒミツです。ってバラしているし(笑)

セットが!
さっきまでのシンプルっつーか、殺風景な(爆)セットとは対照的。
うまーく動かしていろんな場面に対応です。

黒衣大活躍!
蛇も蛙も蝙蝠も猿もムササビも操ります!
さすがにヒルは無理でしたね…
でも蛙が出てきた時は興奮しました! デカイよ、あの蛙。
馬も中に人が入らずに外から操る。
そのほうがリアル。
今回、乗らないしね。だからかな?

幼い夫、次郎(尾上右近)が!
大きくなったなぁ…(遠い目) いや、それはさておき。
目が離せません。
ボリボリ掻いたり伸び上がって外を見たり着物の裾をいじったり爪を弾いたり。
すごいね。
話にはほとんど絡まないのにいなきゃいけないってツライと思うんですけど
次郎として自然に過ごす姿を見て
ヘレンケラーとして過ごすオーディションの亜弓さんを思い出した(笑)
歌声も披露です。儚げな声がイイですね!

エロシーンが! あるのか! しかも誤魔化さないよ!
うろたえる宗朝海老蔵)がおかしい。
玉三郎)…あれ? 名前なくなったんだ。
スッポンポンになって、宗朝にせまるせまる。
玉さま、どこまで白粉塗っているんですか?! どこまでも真っ白です!
暗闇に共に入浴(いや、風呂ではないが)する初対面の男女…
あいや~、いいんですか? ちと動揺。

終始怪しげな“女”に疑問を抱きながらも聞くに聞けない宗朝。
得体の知れない家でお経を唱えながら眠れぬ一夜を明かし
目的地に向けて出発です。

ラスト持っていったのは親仁役の歌六さん。
馬を売ったお金で鯉を引っさげて“嬢さま”へのお土産です。
またここでも鯉? さっき(夜叉ヶ池)も鯉が…逃げたけど。
それに『山吹』でも鯉が出てきますよね? 鯉好きなのか、鏡花センセイ。
嬢さまの事情を語りまくり。
ほうほう。そんなことが。と耳を傾ける宗朝と観客。

おまけに大水 これってさっきのと繋がっている?
理不尽な目にあい洪水のきっかけになる百合に対して
唯一の生き残りの“女”。
おまけに妙な力まで授かっていますよ。
もともとの癒しの力に加えて男を獣に変える力。
お百合さんも結局自害することで、駄目なオトコどもは洪水で全滅させているし。

なんなんでしょうね、これは。
鏡花センセイは男がお嫌いなのでしょうか? ←安易な結論。

おいたわしや…

本題の前に拍手レス

拍手&メッセージありがとうございました!
参考にしていただけたとは光栄です
楽しんできてください。
本物は私の駄文の3千倍は素晴らしいですよ! 乞うご期待!!

あ、ぱらぱらとあちこちに拍手もありがとうございます。
最近のだけでなく過去の分にも拍手があるのもウレシイです




家定上さまがおバカの仮面を外したあたりから見始めた
大河ドラマ『篤姫』。
だって友達が「おもしろくなりそうだよ!」って言うから~。
はなはだ邪道ではありますが、途中参加でございます。

昨日の放送分で上さま、ご薨去でございます。無念でございます

大奥の外で倒れちゃった上さま
篤姫から託された白の碁石を受け取りながら
なぜ、いつかのように会いに来ぬ」とさびしそうにつぶやく。
わしからは行けぬのじゃ…

うう…そうだよね。会いたいよね
会いに来て欲しいよね
ワタシも前回のように篤姫に大奥を飛び出して会いに行って欲しかったよ!

でもね、篤姫は知らなかったんだよー!
上さまの体調が悪いってことを知っていたら何を置いても駆けつける篤姫なのに
本寿院め~
こやつが「病気のことは伏せよ」って命じたから

心が狭いよ、本寿院。
ほんとーに上さまのこと想っているの?
上さまが御台ラブ なのは知っているでしょう?
その御台さまが上さまに会うためなら
掟を破って大奥を飛び出て行っちゃうことは知っているでしょう?
御台さまに会ったら上さま元気になったかもしれないのに…
ジェラシーか、そうか。
……だから心狭いっつってんだよ!

滝山はイイヤツだね。
板挟みになりながらもちゃんと仁義を通す。
…正直、もっと早く動き出してくれれば、と思いますが

大好きな家定上さまがいなくなってしまった『篤姫』
次回から私は見るのでしょうか?!

夕陽の梨―五代英雄伝 (仁木英之)

『僕僕先生』がおもしろかったのでこちらも読んでみました。
しかし『僕僕先生』の美少女仙人が活躍するファンタジーなのに対して
本書は歴史小説でした。
私はこちらの方が好みだな~


夕陽の梨―五代英雄伝夕陽の梨―五代英雄伝
(2008/04)
仁木 英之

商品詳細を見る



唐代後期。
私腹を肥やすことに夢中な朝廷に苦しめられる下層の人々。
それでも朝廷にはまだまだ余力があり
蜂起も多々ありますが、鎮められてしまう頃。

主人公は家の三男坊・くん。
父親が死亡した後、家族揃って引き取られた先で奴隷のような生活。
厳しくも優しいお姉ちゃんと力強い次男坊に特に懐いています。
そんな中で、数々の人に導かれ、やがて反乱軍の一員に。

まぁ、こんなあらすじです。
勘のイイ人ならこの朱温くんが誰だかわかるのではないでしょうか?
私は…読み終わっても誰だかわかりませんでしたけど!
世界史用語集を引っ張り出して「ああ~、習ったわ~」とやっと思い出しました。

ちょっと『水滸伝』に似たテイストの物語。
もっと目的が明らかですが。
中国では最下層の人々が上り詰めるというのが歴史的にあるんですね。
だから『水滸伝』が生まれたのかな?

誰もが期待を寄せてしまう魅力を持った朱温くんは
喧嘩っ早く、無表情を装ったカワイイ男子。
心を許した人にだけ表情豊かになるのだ
そして強く、賢い。
世の中を見て、自分なりに分析し、仲間を育てるのがお上手です。

しかし、なかなか先頭に立とうとはしないんですよね。
そこがちょっともどかしい。
オレはいったい何になろうとしているのか?
う、そこから考える? 目標を定めていなかったのか~。

それでも期待が集まるんです。
仲間からも絶大な信頼を寄せられています。
それどころか未知なる存在からも目をかけられるような人なのだ。
…あれはどういうことだ? 仙人か? と思ったのですが。
ちゃんとした答えがあるのでしょうか??

…とにかく、朱温がどう決意するのか、という物語。

タイトルの『夕陽の梨』ですが
夕陽はともかく、梨には泣かされました。
うわーん。そういうことかー

黒の騎士(剣解)

最近、迷走している私の本棚。
タイトルに惹かれて手に取ったこのマンガ。
あらビックリ
なーんと! びーえるでございました。

『黒の騎士』というタイトルから否応なく連想されるのは
某架空歴史ファンタジーシリーズの某戦士
純粋でありながら現実的なバランスも兼ね備えた殿下、いや陛下におなりあそばした方に
忠誠を尽くしまくりのあの戦士 正確には“黒衣の騎士”ですが。
この第二部読破に向けて再び始動したこの時期に発見というステキな偶然
これは読まねばなりませぬな!


黒の騎士運命の手 (ビーボーイコミックス)黒の騎士運命の手 (ビーボーイコミックス)
(2007/10/10)
剣 解

商品詳細を見る


運命の手

私が読んだ順に紹介いたしますが、結論から言うとこれは最新作でした
シリーズ第三弾。

一応、買う前に中身をパラパラと確認したのですが
とにかく絵が麗しい!! なんというか丁寧
うわー、こういうマンガ久しぶりー
しかも立ち読みでは把握できないくらい話が込み入っている!!
読み応えありそう! ヨシ、買いだ!!

と、購入したのはいいですが
なんだこりゃ? すっごく難しいのか? よくわからないぞー??
と脳内に多数の「」を浮かべての読破です。

いろいろ話を総合するとこれの前にシリーズが3冊発行されているらしいです。
…道理で話が見えないと思ったよ。
それならそうと言ってくれー!

ま、でもおもしろかったです。
どうやらいずれ“黒の騎士”になるらしいジークの過去の物語も収録され
ジークが忠誠を誓う王子・クリスのお父さま(つまり王様)の過去の話もあり
予想通り読み応えはバッチリ

で、過去に発行された3冊が、改めて2冊にまとめられた新装版があるという!
しかも加筆されているらしい!!
そうですか! ではそちらも買いましょう!!


黒の騎士出逢い (ビーボーイコミックス)黒の騎士出逢い (ビーボーイコミックス)
(2008/01/04)
剣 解

商品詳細を見る


出逢い

で、これがシリーズ第一弾。
ジークとクリスの出逢いが明らかに。
つーか、まんま“出逢い”ってサブタイトルついてるじゃん
買ったときこの本も並んでいたら
私もいきなり“運命の手”から読んだりはしなかったさ。

読んでみると…ありゃっ?! え、そうなのか??
びっくりです。
ただの忠誠や信頼だけではなかったのです、二人の間にあるのは。
そして“運命の手”でそれに気づかなかった自分にもびっくりです。
いや~、気づかなくてもしかたないでしょ? と私は思うのですが…

クリスのお父さまのお話もあって、これまたホクホクな私でした。
私は志を持って国をまとめようとするお父さまの物語の方が好きみたいです(笑)
これってお父さまの話とクリスたちの話を並立させて展開するシリーズなのかな?


黒の騎士旅立ち (ビーボーイコミックス)黒の騎士旅立ち (ビーボーイコミックス)
(2008/02/01)
剣 解

商品詳細を見る


旅立ち

シリーズ第二弾。
う、うーん。この人、信用していいのかしら? な人物登場。
“目的のためなら手段を選ばない”人に見えますよ

それ以外にも思惑がありそうな人が…
油断できませんな!

すぐ人を信じてしまう(そこが美点なんですが)クリスなので
ジークの負担は増えるばかり。
この巻でズタボロになってしまいました
そ、そうなんだ。そこまでしても守る価値があるんだ。
ちょっと圧倒されてしまいました。


毎回、身体を張って守り続けるジークが本当に偉い と思います。
そんな彼のためにも、クリスもなんとか自分の存在意義を見出せるといいんですが…
騎士道ってなんじゃろか? と考えてしまいました。よくしらんのだ。
つか、“運命の手”でズタズタにされた上着は大事なモノじゃないかー!
私はあのカラリとした傭兵王が大好きです。

そしてあんな顔して野生児なジークがお気に入り
山男だからちょびっと世俗に疎くて、勘がいい。
山に詳しいのは便利だね!

ここに到るまでにちょっと絵が変わっていますね。
私は“出逢い”の頃の絵が好きだなー。

ルネサンス地中海シリーズ

久しぶりに塩野七生さんの本を読みました。
と言ってもあんまり読んだものはないのですけど。
チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』は面白かった!!

ですが、この本よりもお気に入りのシリーズがあるんです。
緋色のヴェネツィア』『銀色のフィレンツェ』『黄金のローマ』の三部作。
なんかもーたまらんお話でしたよ
詳細忘れましたが(←大好きなのに~!!)
どっかの貴族のボンボンと肉感的美女が三都をまたにかけて大活躍。
美女に振り回されるボンボンが良かったです。でも二人はラブラブなのさ(たしか)

そんなことを思い出しながら読んだ“ルネサンス地中海シリーズ
ほぼ絵本。大人の読む絵本でございました。


漁夫マルコの見た夢漁夫マルコの見た夢
(2007/09)
塩野 七生水田 秀穂

商品詳細を見る


漁夫マルコの見た夢 (塩野七生・文/水田秀穂・絵)

ルネサンス期の少年の物語。
ヴェネツィア近くの島に住む少年マルコは
ふとしたきっかけで貴族の夫人と夢のような一夜を過ごす──

うう~ん。少年はそうやってオトナになるのですね(笑)
“マイフェアレディ”(ってこういう話なのか?!)の少年版みたい。

それにしてもダンドロ家…ダンドロって聞き覚えがある……
もしかして!?
くそう。どっかに売ってないかな、記憶力


コンスタンティノープルの渡し守コンスタンティノープルの渡し守
(2008/05)
塩野 七生

商品詳細を見る


コンスタンティノープルの渡し守 (塩野七生・文/司修・絵)

これまた少年のお話。
コンスタンティノーブルの港・金角湾で渡し守をしているテオ。
病床の父を見舞うために彼の船に乗るロクサーナとの交流。
初恋の物語でございます。

イイ なんだかふんわり心が軽くなるお話です。

白と黒のコントラストが美しいイラストに
ときおり使われる…なんだろ、あれ?
陶器の欠片のような刺繍の切れ端のような…?
とにかく! 気に入りました!!


このシリーズ、これで終わりでしょうか?
もっとありそうなんですが…。

砂の下の夢 1・2巻 (TONO)

なんだか最近“読んだことのない面白いマンガ”を読みたくて
手当たりしだいに読んでいます。
…活字もそれを上回る勢いで読んでいますが(苦笑)

こちらは『カルバニア物語』がものすごく面白かったTONOさんによる
アラビアンチックなファンタジー


砂の下の夢 1 (1) (プリンセスコミックス)砂の下の夢 1 (1) (プリンセスコミックス)
(2005/04/16)
TONO

商品詳細を見る


成人するまで性別をかくすという、砂漠の民・ジャグロ族
彼らは砂漠の中にオアシスを作り出したり消したりできる秘法を使う不思議な民。
そのジャグロ族の性別不明カップル・フェイスチャリティの2人と
オアシスとそのオアシスにゆかりある人達をめぐる物語。



ジャグロ族って性別は秘密なんです。
で、カップルの組み合わせは男女でも男同士でも女同士でもなんでもアリなんです。
うをー、フェイスとチャリティはどっちなのー?!
どちらもキレイな顔をしているのでよくわかりません

そしてそれだけではないのです!
なんとチャリティは二人いるのだ
うをー、フェイスはどちらのチャリティとカップルなのー?!

謎は深まるばかり、なのでございます。

“赤い鳥のオアシス”の2ヵ所で泣いた私としてはこっちのチャリティを押したいのだが…
“海のオアシス”のチャリティのほうがカップルの相手のような気がするぞ~
という予想をしつつ、2巻を読む!


砂の下の夢 2 (2) (プリンセスコミックス)砂の下の夢 2 (2) (プリンセスコミックス)
(2007/02/16)
TONO

商品詳細を見る


二人のチャリティの謎はひとまず解けましたが
私には見分けがつきません…
もっと精進せねば!


『カルバニア物語』同様、軽いタッチの中に
「おおう、なるほど~」な哲学が。
やっぱ面白いです、TONOさんのマンガ。

夏目友人帳 第1話

本題の前に…
衝撃ニュースが!  古田新太、公演リハーサルで顔面強打

うっひゃー! と慌てたんですが
激痛でしばらく起きられなかったものの
応急手当の後、無事に舞台を務め上げたということで一安心。
病院の診察でも異常は見られなかったので予定通り公演に出演するそうです。

ああ、驚いた。大丈夫なようでなによりです。
けど、コワイだろうなー。
場面転換での事故みたいなので転換のたびに思い出しちゃうのではないでしょうか??
それでも出演を決意した古田さん、偉い! でも無理はしないでね。

もちろんこの公演、観に行く予定です。
私が行くのは来週です。楽しみ~



はー、火曜日はアニメの日ですなー。個人的に。
だって月曜日の深夜に放送された分の録画を見るから

0:25からBS2で『巌窟王』
1:00からテレ東で『夏目友人帳』

録画フル稼動!
…時間が被らなくて本当によかった! 頼むから特番などでズレないでね~!


夏目友人帳 第1話 猫と友人帳

さあ、スペシャルイベント にまで参加して楽しみにしていた
放送がいよいよ始まりましたー!

ニャンコ先生が衾にズボッ! ジタバタ!! の後を見ることができた!

あ、その前にも実はイベントではカットされていた
夏目の幼少時代の回想シーンもありましたね。
あのように肩身の狭い思いをして過ごしてきた夏目だから
優しい塔子さんや西村&北本にもいまいち心をひらけないわけですね。

それでも基本善良な夏目少年は優しくまっすぐな心 を持っているのです。
だからこそ、友人帳に記載された“名前を返してあげたい”決意。

その決意を見守るニャンコ先生。その表情は…読めんっ
でも表情豊かなんだよね~
ジタバタの後も
怒ったり、スイカを凝視したり、シリアスに解説(種つき!)したり
ぎゃー、かわいい~ とニヤニヤして見ていました。

しかし、アヤカシだから油断できません。
友人帳という狙いがあって近づいたニャンコ先生ですからね。
けど、夏目もアヤカシには容赦ナイのでニャンコ先生には拳で語る(笑)
ちょっとハードなコンビです。

そんな二人(?)がさっそく連携プレイを見せてくれた第1話。
ひしがきに名前を返してあげました。
つか、レイコ酷い…。名前、呼んであげなよ。期待だけさせて呼ばないのかい!
一途に待ち続けたひしがきにほろり

さて、ニャンコ先生オリジナルだというラストですが…
んー、原作が手元にないから、わからなかったぞ!(爆)
友達に借りて読んだんです。好き好き言っていたくせに持っていないのだ
「まんじゅくーださい」だと思うんですが
どっかでニャンコ先生の甘党エピソードは語られたような気がするな~?

とっても面白かったアニメ『夏目』ですが
私が大笑いしたのはCM!
イベントで聞いた ♪ナツメ・ナツメ・ナツメ~ の元歌が流れたのです!!
聞いたとたんに記憶が甦り「ぶは!」と吹き出してしまいました。
あと、LaLaのCMが強烈
そうか、LaLaのおかげで日本は水泳大国になったのか~。


引き続き見た『巌窟王
おおおお~、この極彩色
淡い色彩でのどかな風景がキホンの『夏目』と真逆!
クラクラしました。

「写真を見た」ってみんな言っているけど、どこに写真が?!
写真よりもお母さまのもにょもにょした模様の服やイヤリングが気になって…(苦笑)


うーん。
これで今期は『夏目』『巌窟王』を見始めたわけですが
『精霊の守り人』の終わる気配がない…これ全何話なんですか??
気がついたら順調に見る番組が増えているぞ。
“1クール1アニメの誓い”はどうしたんだ??

少年を愛でる

うわー
なんだか怪しげなタイトルになっていますが
単に少年が主演している映画を見ただけです。


ダイブ!!

森絵都さん原作が小説の映画化。
原作はすっごく面白く、夢中で読んだので
期待と不安が入り交じった状態で観てまいりました。

原作では3人の少年たちの葛藤が中心に
その3人を巡る人たちの思惑なんかも丁寧に書かれていた、と思うのですが
ま、例によって私は程よく忘れていました
あー、困ったもんだね、どうも。

そんなわけで映画を観ても特に違和感なくすんなりOK。
違和感があるとすれば…
知季と要一くんのキャストは逆だろう?!
ということですね。

んー、観る前に危惧した通り
やっぱり「逆の方がよかったなー」と思っちゃいました

しかし! しかしですよ。
観ているうちにだんだんその違和感も無くなっていったのです。
特に要一! この要一くんもアリだわ~
池松くんの底力 を見ました。

中盤以降は要一くんばかり見ているワタシ。
後半の主役は要一くんだよ!! ←え、断言?!

飛沫と仲良くしているのを見るとなんだかくすぐったい気分に(ナンデ??)
原作でも飛沫と仲良くしているんだっけ?
飛沫の故郷に行ったんだっけ? そして説得したんだっけ?
要一くんが行き詰まっているときに飛沫がお家に迎えに来てくれるんだっけ?
忘れているにもほどがある…

それにしてもみんな筋肉がキレイについて見事な肉体美
飛び込みのシーンは吹き替えナシの本人たちによるものと聞きましたが
だとしたらすごすぎる!!

冒頭の飛び込み台に立つ知季をぐるりと見せてくれたあの映像!
ぎょえ~、高い~ と見ただけで身の竦む思いでした。
そして見事なダイブ披露です。
うう、みんな偉すぎる

これ、メイキングや撮影秘話なんかがすごく楽しい映画ではないでしょうか?
すっごく気になる~。


奇跡のシンフォニー

フレディ・ハイモアくん主演の映画。
あんまり予備知識を持たずに観たのですが…

ワタシ、この映画すっごく好きです!!

なんだこのメルヘンちっくな物語は?!
こういうの大好きだー

孤児院で育った主人公・エヴァン。
彼は赤ちゃんのとき以来会っていない両親が
いつか迎えに来てくれる」という望みを持って日々を暮らしているのです。
そして「音楽が聞こえる」という不可解な言動。
夢見みがちな少年に周囲は冷たい。

ある日、彼は決意します。
両親に見つけてもらおう
そして孤児院を脱走し、生まれて初めての都会へ。
今までとは比べものにならない音の洪水にびっくりしながらも
耳を傾け、それを作曲してしまうエヴァン。これは“絶対音感”というヤツか?
その才能に目をつける大人たちにちょっぴり翻弄される物語。

ヤな奴もおりますが
基本的にイイ人がたくさん出てきて、安心して見ていられる映画です。

何より実に楽しそうに音楽に夢中になるエヴァンが愛しい
孤児院では学校に通えないのか?
音楽の時間はないのか??
とにかく楽器の演奏も楽譜の読み方もしらなかったエヴァンが
素直に吸収する様子はとても楽しい。
まっすぐで純粋なエヴァンがかわいくて仕方ないのだ!

そんなエヴァンにはぜひとも幸せになってもらいたい!
この希望を見事に叶えてくれる映画です。

ラストも余韻があって私は大満足です。
ま、「最後までちゃんと映像にして欲しい」という声も聞こえましたけど
うーん。私はあれでOKだと思うんですよね。
だって結末は約束されているから。あれで十分です


以下、ちょっとネタバレなので隠します。

続きを読む

夏目友人帳スペシャルイベント その1

日時:2008年7月6日
会場:新宿文化センター


はじめに

このイベントは『夏目友人帳』と
もう一つのLaLa作品の合同企画だったのですが
ワタシはもう一つの作品についてよく知らないので『夏目』に重点をおいてます。
そしてアニメや声優さんに詳しくないので知識が不足しております。
ワタシの心許ない記憶が元なのでウソ・妄想・捏造・勘違い等があるかと思いますが
広~いココロで許容していただければ、と思います。
あしからず。



今期楽しみにしているアニメ『夏目友人帳』の第一話が
いち早く見られる(と思って応募した)このイベント。
ま、どうせ当たりゃせんだろうが一応出しておくか…
と軽い気持ちだったのに当たっちゃいました!!
だ、出してみるもんだな…

わー、びっくりー。どうしよう…

なにがどうしようって、2名参加できるんですよ!
一人はもちろんワタシですが、もう一人?!
まぁ、あんまり考えることもなく
アニメにも声優にも精通しているなーこさんに同行をお願いしました

これが大正解!
事前にいろいろ教えていただけて予習バッチリになり、俄然楽しみに!!
一番の耳寄り情報は西広が来ているってことでした
声優さんを知らないワタシが行くのは無謀だったのでは…? と心配していたのだ。
ありがとうございました

…でもスゴイよなー。
アニメ上映・トーク・ミニライブが無料で楽しめるこのイベント。
会場借りて、出演者もいて、スタッフも揃えて……なのに無料?!

いったいどこで採算とっているんだ?? ←下世話(笑)

その謎はすぐに明らかに。
17時開演なのに14時半に集合しなければならなかったこのイベント。

なぜなら14時半に座席を抽選で決めるから!
抽選っていうのが素晴らしいね
もちろんワタシもそれに合わせて行動しました!
到着すると長蛇の列だ!!
けっこうのんびり行動したつもりでしたが割と早い時間に到着した方だったようです。

いろいろあって私たちが入場したのは15時45分くらい??
席も本当に抽選でした!
なんと1階3列目という好ポジション!
な、なんだ このイベントで今年の運を使い果たしていないか?!

ロビーに通されるとグッズが販売されています!
そして入場と同時に情報満載の小冊子を渡されました。
ああ! この売上げで採算を取るのか! ポン


夏目友人帳スペシャルイベント

チーム夏目編

予定通り17時に
司会にイベント企画会社の人? 女性が登場してスムーズにスタート。
客席は満員御礼。

舞台後方のスクリーンにしゃべっている人が大写しにされ
舞台から遠い席でも見やすいように工夫されていました

『夏目』から参加した声優さんは4名。
私が声優さんの名前に不慣れなので

夏目貴志役=ナツメさん(絶望先生
ニャンコ先生役=ニャンコ先生(アンソニー ←だから古いから!)
西村悟役=ニシムラさん(『おお振り』では西広 “西”に縁のある方のようです)
北本篤史役=キタモトさん

で話を進めていきます。
紛らわしい? でも声優さんのお名前まで憶えられないんすよ~

役どころと簡単な自己紹介からです。

まずは主人公。ご存じアヤカシの見える苦労の多いナイーブな少年です。
あらすじを紹介するように司会に促されて
難しいですね。無理です」と丸投げのナツメさん(爆)
まぁ、確かに簡単に説明するのは難しい作品ですね。

「女の子のことばっかり考えている」西村役のニシムラさん
え、そうなの? (笑)
夏目のフツーの友達ですね。妖怪に絡まない人間の友達。
ニシムラさんはお若いですね!
緊張しているのかいっぱいいっぱいの冒頭でした。

「西村とともに妖怪の見えない友達」北本役のキタモトさん
夏目も加えた3人のトリオが作品の和み担当になると思います、とのこと。
この友達二人はちょっとヘンな夏目に気づきながらもとてもやさしいので好きです。
原作よりエピソードが増えるそうなので期待!

イノウエ・カズヒコを演じますニャンコ先生です」といきなりボケるニャンコ先生
一斉に共演者たちからツッコミ!
いじられて嬉しそうなニャンコ先生(笑)
そのあとも「あと、斑も演じます」と、しれっと言っていました。

そうそう。ヒット祈願で浅草に等身大ニャンコ先生を奉納したらしいですよ。
浅草に招き猫の神社があるらしい。
ここか? 浅草・今戸神社

さ、お楽しみ『夏目友人帳 第一話』の先行上映です。
おお~。カラーだよ そして動いているよ さらにしゃべる
うん。アニメってそういうものだから、オチツケ。

オープニングからニャンコ先生は可愛いです
尻も足も顔もすべてがキュート!
あ、もちろん夏目もかわいいです。キレイな顔でした
テロップがないオープニング(貴重?)を楽しんだ後は本編。

妖怪に追われ、疾走する夏目。そこへ遭遇する友達・西村&北本。
原作のイメージそのままって感じで好感触。
人間には遠慮するのに妖怪には容赦ナイ夏目の蹴りが炸裂したあたりで
楽しくなってきました
そのあとはいよいよニャンコ先生の登場ですよ。
ラブリーなニャンコ先生を大画面で拝める幸せ…!
期待に背かないナイスな登場。会場は大爆笑。
その後も笑いを一手に引き受けるニャンコ先生なのでした。

笑いで会場が温まったところで上映終了。
え、ここで終わり?! ってとこで終了です! イジワルです。
だって、一瞬二枚目な斑になったニャンコ先生がズボッと衾に突撃して
じたばたしているところで終わりなんだよ! 酷くない?!
続きはテレビを見ろってことか! 見るけどっ!!メラメラ

主演のナツメさんは、なにしろ初めての上映なので会場の反応が心配で
舞台袖に張り付いて客席を覗っていたらしいです。
でも狙い通りのところで笑いがおこって安心できたとのこと。
思う壺な私たち(笑)

収録現場では
先にドラマCDを撮ったこともあり(そうなんだ)
夏目とニャンコ先生のコンビはバッチリで
新参者のはずの西村と北本もすんなり馴染んでいい感じに収録スタート。
初回って感じがせず「えっと、10回目だったっけ?」というくらい
違和感がなかったそうです。
いいね! チームワークがいいってことだ!

とにかくアドリブ多いニャンコ先生に共演者から抗議殺到。
周りは笑いを堪えるがのタイヘンで「自由すぎる!」らしい。
しかも一話のラストは原作になく
台本にもないニャンコ先生の脚本(というか完全なアドリブ)になるらしい
乞うご期待です!

原作と比べるとどんだけ余計なこと話してるかよくわかります
だってリハーサルでやったのに本番でやらないと
“なんでやらないんだ”って怒られるから

にしたってカズヒコさんのは多過ぎ!
と口々に攻撃されるニャンコ先生。

声優界の重鎮(なのかな?)にしてみんなから“カズヒコさん”と慕われ
ボケ担当なニャンコ先生。
この日もやたらボケてくれました。
どこかで「なんかヨウカイ」って言っていたりして(笑)
それらのボケに嬉々としてツッコミを入れる他三人。
すっかり仲良しさんなのでした


つづく。
長いので一旦切ります。

続きはこちら その2《チーム夏目&チームV 合同企画編》その3《チームV&エンディング編》
ま、実はこの下にあるんですけどね~ ふぅ・・・
よかったらスクロールしてくださいませ~。

夏目友人帳スペシャルイベント その2

その1《前振り&チーム夏目編》 からご覧ください
いや、別にここからでも大丈夫ですけどー。たぶん。


はじめに

このイベントは『夏目友人帳』と
もう一つのLaLa作品の合同企画だったのですが
ワタシはもう一つの作品についてよく知らないので『夏目』に重点をおいてます。
そしてアニメや声優さんに詳しくないので知識が不足しております。
ワタシの心許ない記憶が元なのでウソ・妄想・捏造・勘違い等があるかと思いますが
広~いココロで許容していただければ、と思います。
あしからず。



チーム夏目&チームV 合同企画編


さてここでもう一つの作品…名前がないと不便だな。
“チームV”と名づけましょう。
チーム夏目・チームV共にラジオ配信が決定したそうです。
なんだっけ…? オンタマ?? とかなんとかいうトコロで聞けるらしい。
『夏目』は10月から、だったかな?

それを記念して、チームVの出演者4名も合流して七夕にちなんだ企画がスタート。
短冊がいくつも下げられた笹、登場
あらかじめ声優さんたちが書いた無記名の短冊を読み上げ
誰が書いたか当てよう
という趣旨です。

「(笹から)外したら願いが叶わないから外すなよ」
「フリですか?」
「だから外すな、って!」
「フリですか?」
とコント(?)を繰り広げながら、外さずに読み上げます。

チームVのメンバーは
零役=ゼロさん (『西洋骨董洋菓子店』のエイジ役なんですね!)
枢役=カナメさま
一条役=チバさん(なぜかお名前でインプット
架院役=スワベさん(なぜかお名前でインプットその2
と役名・役者名入り交じった状態で話を進めます。
わかりにくくてすんません。こういう覚え方になってしまったのです

まずはゼロさんお腹が痛くなくなりますように」なんとこの短冊署名入り
このコーナーの趣旨は?!
これを書いたのは胃腸が弱いらしいカナメさま。このときも痛かったらしい。

そのカナメさまが選んだのは
出来ることをがんばる。出来ないこともがんばりま
これも署名入り! このコーナーの趣旨は?!
で、わざわざそういうのを選ぶ人達(笑)
書いたのはナツメさん
ところで「ますん」ってどっちなの?!

続きまして、チバさんが選んだは「薔薇
私の席からも確認できるくらい堂々と力強く書かれています
この作品のおかげで書けるようになりましたと名乗り出たのはスワベさん
違う作品でも言ってなかった?」とナツメさん。
…最近、薔薇に縁のある作品が続いて」と苦笑いでした。

そのスワベさんが選んだのは
「“スマートに料理……されたい? したい? されたい、だな?!
されたい、じゃないです!
最近レシピを見ながら料理をするようになって
手際よく作れるようになりたいって意味です!

と必死に弁解するのはニシムラさん
カップラーメンすら作れなかった自分を反省して修業中だそうです。
お坊ちゃまですか?!
現在はカレーライスをマスターし「おふくろの味的な創作料理を…
それを聞いて何が言いたげなナツメさん
何か言いかけて“まぁいいか”と口を閉じたのが可笑しい
わかる! おふくろの味創作料理って気になる!!
けど、ここで変にツッコンでニシムラさんが萎縮したらどうしようって
心配したんですよね。
やっとこの状況に慣れてきたニシムラさんを見守っている
優しいナツメさんなのでした

続きまして“チーム夏目”サイドが読み上げ担当に。

しょーもねー、とぼやきながら短冊チェックに余念がないナツメさん。
オレたぶんこれ書いた人わかるんだよな~とつぶやきながら
本番中にお腹が鳴りませんよーに!
一斉にニャンコ先生に視線が集中(爆) ←私もなんとなく見ちゃった
なぜみんなオレを見る?!」といいながら
オレなんだけど」と白状。
なんでごまかそうとしたんですか?!」とすかさずツッコミ。
お腹が鳴りそうになるとお菓子を補給しているとか。
柿ピーとか食ってます」とはナツメさんからのタレコミ(爆)

ニャンコ先生「お菓子を食べたはいいけど今度は消化音が…みんなはどうしてるの?
カナメさま「つねに鳴ってます
ゼロさん「そりゃ別の音でしょ?」←胃腸が弱いから、カナメさま。
チバさん「なにか食べます。すいません、普通で
スワベさん「屈めると余計に鳴るって聞いたからこうしたらいいんじゃないですか?
と胸を反らせる。
一斉に「こうか!」とやり始めたのが面白い ぷぷ
じゃあ、そうしよう。みんなもやるんだぞ?
と急に先輩の威厳を翳して有無を言わせないニャンコ先生なのでした。
無事、解決?

続いて短冊を見ながらフッと笑いを漏らすニシムラさん
だからしょーもねーっつったじゃん」とはナツメさんのお言葉。
そのナツメさん、何かに気付いて移動し、ニシムラさんの手元の短冊を見て
それ読まないほうがいいよ

それオレのだから
……は? さっき読まれましたよね? なんで二枚あるのー?
ナツメさんに翻弄されながらもニシムラさんが選んだのは
伸びますよ~に♪
そんないい声で読まなくていいのに…」ひょろ長いゼロさんがつぶやく。
おまえ、それ以上ドコ伸ばすんだ?
アゴか?」←カナメさまにアゴを掴まれる(爆)
ワキか?
なにやら事情があって現在ワキにないらしいですよ。…女装でもしたのか?
さんざんいじられ、ボケたあと「演技です!
演技を伸ばしたいそうです。それはいいお願いですね

さて残るは読まれていないキタモトさん
自分のは読めないので残った一つを選択。
「“今の時期の子どもになりたい……今の時期??
それはこの夏休みを控えた状態の…」とチバさんが説明をし始めると
ああ~ ポン」とあちこちで納得と賛同の声。
ん? みんな疲れているの? 休みたいんですね。

「残りは一つしかないじゃん」もういいだろと言わんばかりの言葉に
ああ!せっかくだからカズヒコさんに読んで貰いたい!」と懇願するキタモトさん。
どれ? これ?」とニャンコ先生が短冊を手に取り確認。
あれ? 失笑?
どれどれ? と集まるチーム夏目。同じく失笑。なんだよー、気になるじゃん!
夏目友人帳がヒットしますように おお、いいお願いじゃないですか!
まだ続きがある!
あと ガン○ム に乗りたいです
「おまえ…」
「言っていいことと悪いことがあるだろう」
「なんのイベントかわかってんのか?」 とチームVサイドから大ブーイング
だって乗りたいじゃん!
「まあ確かに」
「でもダメだろう?」
じゃ、ここはカットで
いやライブだから! カットナシです。

司会「みなさん短冊を書いたのは久しぶりだったのでは?
ゼロさん「劇団ひ○わりには子供がたくさん通ってますので
この時期は必ずおいてあるんです。で、僕も…

えっ?!」と舞台上で驚きの声が
書いてるの?!」とツッコムのはニシムラさん。
ウン うわ、なんだこのピュアボーイ。
書いてないの?
書かないよ!」 このふたりはひ○わり仲間なのか?
それを聞いたナツメさん、ニシムラさんの肩にポンと手を乗せ
そうか、今度書いとけ。“夏目友人帳がヒットしますように”と」←先輩命令?
あ、ハイ…
これでヒット間違いナシだね


つづく。
まだまだ長いので一旦切ります。


続きはこちら その3《チームV&エンディング編》

夏目友人帳スペシャルイベント その3〆

その1《前振り&チーム夏目編》その2《合同企画編》 からご覧ください
いや、別にここからでもいいですけどー。


はじめに

このイベントは『夏目友人帳』と
もう一つのLaLa作品の合同企画だったのですが
ワタシはもう一つの作品についてよく知らないので『夏目』に重点をおいてます。
そしてアニメや声優さんに詳しくないので知識が不足しております。
ワタシの心許ない記憶が元なのでウソ・妄想・捏造・勘違い等があるかと思いますが
広~いココロで許容していただければ、と思います。
あしからず。



チームVとエンディング編 ※これで終わります!!


さてチーム夏目が退場してチームVのコーナー。
ここはアニメを見ていないワタシでも楽しかったので憶えていることをちょこっと。

タイヘンだったシーン”を4名それぞれに選んでもらって、その場面を上映です。

ゼロさんが選んだのは自身の一人二役の回。
零という役は双子なのか? 双子の兄弟両方とも担当して
さらに回想と現在の場面があったらしいので文字どおりタイヘンだった、と。

モテモテなナイトクラスのバレンタインでのヒトコマを選らんだのはカナメさま
チョコレート3コくらいで“もう持てない”って断るってどういうこと?! さすが純血種
ツッコムところはそこなのか?!

チバさんが選んだのは、柩によるシズカ殺害シーン。
VTR上映中は変なアテレコ付き。
流血 血 に「ケチャップ」「ウスター」と囁くような解説(?)
おかげでシリアスにして重要なシーンが爆笑の渦に。
心臓を突き破って殺しておきながら
でも吸血は首から
手をペロっと舐めればいいのに」と更に笑わせる。
でも物語上、重要な展開をみせるシーンですよ?!
もうこのシーンはマジメに見れません ガーン

スワベさんが選んだのは音の使い方、物語から主題歌へ導入の仕方。
業界用語でなんて言ってたっけな~? “アガペ”みたいな言葉…
ここも解説つき。これがまた愉快
普通に誉めればいいのにどうしてもオトしたいようですね。
シズカが死亡する場面も選んでいて
白いキラキラしたものが画面を飛んでいたのを指して
これフケじゃないですよ
そんなこと、言われるまで思いもつかなかったデス!!

さてさて、このイベントは更にゲストがおりまして
主題歌を歌ってくれた歌手のみなさままで登場したのです!!
もちろん歌ってくれました。ミニライブ開催です。

『夏目』のオープニングはさわやかでアコースティックな感じがイイ
エンディングはノスタルジックで切ない うるうる涙
しかし、アニメ『夏目』自体がまだ始まっていないので馴染みがないのが残念
チームVからも一組登場。
私は存じませんでしたが(だって見てなかったから…
さすがにみなさまご存じのようで。
んー、でもこういうイベントで歌うのはちょっとやり難いのではないのかな?
そんなことはないですか?

ライブが終わるとプレゼント抽選大会
出演者全員のサイン入りポスターが、2作品5枚ずつ用意されていました!
もちろん私は当たりませんでした!!

ラストにみなさまからそれぞれコメント
ゼロさんとカナメさまのコメントは忘れました(爆)
ゼロさんて『デス○ート』のライトもやっていたらしいですが
そのギャップが可笑しい人でした。
しかしギャップといえばカナメさま
絶対に柩さまはそんなことしません! ということをする人で…
あの無口な柩さまを演じる人があんなに動きがコミカルで楽しい人だとは!
おっかしかったです。

チバさんの「今日は暑い中、列んで下さってありがとうございました
というコメントで
そういえば長時間待たされたんだよね~
外は暑かったヨ
(東京では今年初の夏日を記録!)
てなことを思い出しました。
過ぎてしまえばなんてことないですな、こんな苦労。
だってこのイベントとっても楽しかったから
チバさんは徹底しておちゃらけるチームVの良心でした
この人がいなかったらもっととんでもないことになっていたと思います(苦笑)

続くスワベさんには客席からすごい歓声が。スワベさんの声が聞こえませぬ。
オレがしゃべってんだからしゃべんな!」と一喝。
うひゃひゃ。いいタイミングでおっしゃる
こういうの彼、好きじゃないんです」とすかさずガードするカナメさま。
それに対して「ハウス!」と追い払うスワベさん。…コント?

続いてチーム夏目です。

まずはナツメさん。おお! 先ほどのスワベさんを上回る大歓声です!!
この日一番の大騒ぎ。なかなか収まりません。
彼がしゃべるんだからしゃべんな!!」とスワベさん。
彼、こういうの好きじゃないんです」と再びカナメさま。
…ハウス」と遠慮がちなナツメさんなのでした。えと、やっぱりコント

あ、ここで重大発表が。
夏目のキャラクターソングが制作されるようですよ!
会場がどよめいたので最新情報かと思われます。
それを聞いたスワベさん
それって ♪ナツメ・ナツメ・ナツメ~♪ みたいな曲?」(振りつき!)
…そのメロディ、ついさっき歌ってもらった主題歌じゃんか(爆)
このタイミングでこの閃き! オモシロすぎる!!
ちょっと好きになってしまいましたスワベさん
そういう感じではありません! もっと夏目らしい曲です!!」とのこと。
ちょっと残念…?

なんだか、さっきリラックスしたようだったのに
まとめの挨拶ってことにプレッシャーを感じたのか普通の挨拶になってしまった
ニシムラさん。この人は終始、初々しかったです

キタモトさんはニャンコ先生のボケをキレイに拾っていたのが印象的。
ナツメさんもツッコムんですけど、もっと全体を把握していた感じ。
指令塔みたいなナツメさんに対して、ニャンコ先生担当だったのが、この人

ラストはニャンコ先生です。
「ニャンコ先生~」の大向こう!! それに対して
イノウエ・カズヒコ、です!」と第一声。
いやいや、最初に「ニャンコ先生です」って自己紹介したのはご自分でしょう!
やっぱりオチ担当なのでした


既に放送は好評のうちに終了して、10月から第二期も決まっているチームV。
割とナナメに作品を紹介してくれたわけですが
作品の“お耽美”な感じにテレがあったのかもしれませんね 98666
ちゃかしてばっかりなんだもん。おもしろかったけど。

それに対して直球で紹介してくれたチーム夏目。
この作品を成功させるぞ! という意気込みが感じられて好感度大
深夜放送ですけど怖くないですから! ってわかってますよ~。
もちろんアニメ、観ますよ!!

そんなアニメ『夏目友人帳』をサポートするサイトがあるそうです。
詳細はこちら 夏目友人会
ちなみに私はまだ入っておりませぬ。←オイ!


長かった…やっと終わりです。
イベントは17時に開始して19時に終わる予定だったのに、気がつけば19時半近く。
わお。サービス満点 内容も盛りだくさんで楽しかったです。
おかげでこんな長文に~ うーん

ご静聴(?)ありがとうございました。…って全部読んでくれた人いるのかな?

斎王夢語 (萩尾望都)

よく拝見するブログさまにて紹介されていた本書。
斎王さまの物語ですよ!
萩尾望都ですよ!
なんで知らなかったのか?! 我が身の不覚を恥じる
さっそく検索。ヤカタにありました!!


斎王夢語斎王夢語
(1994/09)
萩尾 望都

商品詳細を見る



うむ。なんで知らなかったのかわかりました。
これ、戯曲なんですね…。マンガじゃないのかー。

アマテラス を祀る巫女たちの物語。
最初にアマテラスを伊勢へ導いた倭姫
武彦との恋に身を滅ぼす稚足姫
初めて“斎王”として伊勢へ遣わされた大伯皇女
陰謀に巻き込まれた井上内親王
66番目の最後の斎王・祥子内親王
この5人がメインでございます。

私が楽しんだのは大伯皇女の話。
天武天皇の娘で、大津皇子の姉上。純粋な人です。そしてブラコン(笑)
うーん。彼女のキャラはそういうのが多いですね。
そしてそういうのが嫌いじゃない私(爆)
大津も姉上を大切にしているところがまたナイス!
それにして十市皇女のキャラがおかしい。歯に衣着せぬ率直さと涙もろさ。
マンガ『天上の虹』とのギャップが楽しい人でした

読み応えがあったのは井上内親王
聖武天皇の娘。
5才の時から斎王として暮らしていた彼女は人間離れした天女のような人。
陰謀渦巻く宮中とは無縁な生活を送っていたのに、突然帰らねばならない事態に。
身内がなくなった場合、斎王ではいられないらしいです。
陰謀で弟・安積を失い傷心して宮中に戻る井上。
そして白壁王の妻となり、多くの子どもを産み
やがて光仁天皇となった白壁王の皇后となる波瀾万丈な人生。
しかし陰謀に巻き込まれ…
彼女の娘・酒人の強さが光る後半も面白かったです。

全編通して面白かったのがアマテラスのツッコミ気質(爆)
神様なのにツッコミが冴えるんです
巫女たちが世間知らずでおっとりしているのと対照的。
神様の方が世俗に通じているって…ユカイ ぷぷ

あのひととここだけのおしゃべり (よしながふみ)

『西洋骨董洋菓子店』のアニメが始まり、映画化も決定したよしながさんの対談集
映画化についてはこちら 映画comの記事
韓国映画なので私は記事を読んでもピンと来ませんでした(笑)



やっとこの対談集、読みました…(苦笑)
買ったのは早かったんだけどな~、たしか発売とほぼ同時。
買ったときは“少女マンガ論”の側面を期待していたのですが
どうやら違うらしいぞ…と気づいたので少々心の準備を要しました。

というのは、半分アタリで半分ハズレ。
買うと読むのが後回しになってしまうんですよね~。
だっていつでも読めるじゃん? 返さなくていいからさ


よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりよしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり
(2007/10/04)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


対談相手:やまだないと&福田里香

やまだないとさん…読んだことないマンガ家さんです。
福田里香さんは『まんがキッチン』の方ですね!

うーん。ちょっと世代が違ってついていけないこともしばしば
なんとなくならわかるんですけどねー。


対談相手:三浦しをん その1

うはは! これはいったい誰のことだ?!
というくらい共通点が多いしをんさん。
私も初めて買ったコミックは『キャンディ・キャンディ』でした!
そして周囲がマーガレット・フレンド系に夢中な頃、私は白泉社に走りました。
それ以外にもしをんさんが列挙するマンガは読んでいた私
で、読むもの無くなったな~と感じた頃、古い少女マンガに出会い…
ここからがしをんさんと違うところですが、その後私は少年マンガにハマりました。


対談相手:こだか和麻

びーえるの大家、ですか? この方。
少年マンガの手法を教えてくれたのは勉強になりました!
そういえば少年マンガって主要キャラは冒頭で出そろいますよね…
それがテクニックの一つだったとは
はあ、それにしても未知なる対談であったことよ…(遠い目)


対談相手:三浦しをん その2

うわ。いきなり『陽の末裔』(市川ジュン)が出てくるとは!
ええ~、このマンガのヒロインたちがや○い?
亜弓さんとマヤも、お蝶夫人とひろみも??
うーん、と。えーっ、と
アレか。友情とかライバルとか同志なんかを総称して表現しているのだな?
…なんとなくわかるような気がします

あと“普通の人”と話すとき、確かに「その話のオチは?!」と思うことがあります。
解決して欲しいわけでもなく、ツッコミが必要なわけでもなく
ただ聞いてもらいたいだけなんですよね、きっと。


対談相手:羽海野チカ

『ハチクロ』『3月のライオン』の羽海野さんです!

この二人はすっごく親しいようで、嬉しい
好きなマンガ家さん同士が仲良くしていると嬉しいですね。
それにしても、メディア化に対してこんなにナーバスになるものなのか~。
私はメディア化をそう悪いことだとは思っていません。
未知なる面白い作品に出会えるきっかけになりますから。
まぁ、「ナンデ?」と思うことも否定しませんけど(苦笑)

『ハチクロ』アニメ完結直前くらいの時期、雑誌で羽海野さんのインタビューを読みましたが
「最初不安だったけど、みんなイイヒトですっごく楽しかった!」
とおっしゃっていたので「…見ればよかったかな」と後悔したことを思い出しました。
対談でもおっしゃっていましたが、本当に楽しかったことが伝わるインタビューでした。


対談相手:志村貴子

この前読んだ『放浪息子』の志村さん!

ここで語られた“関係性”
今までどんなに説明されてもピンとこなかった(申し訳ない)のですが
ここで初めてちょっとわかりました
確かに私も外見ではなく「Aに対してどう反応したか」という点で評価が定まるかも。
因果関係がハッキリしているというのかな。
奴隷解放という志に共感して忠誠を誓う、とか
小さい人が身を挺して指輪を捨てに行く決意に守護を申し出る、とか
利き手がタコだらけになるまでの努力に対して……もういいか。
だから一目ボレってあんまり共感できないっす。


対談相手:萩尾望都

うわぉ。私が読んだ萩尾作品がバンバン俎上に!
私は24年組では萩尾先生が一番好きなんです。
中学生の時に出会い、読み漁りました。
対談中に出てきた『スターレッド』『銀の三角』『マージナル』は大好き
もちろん『ポーの一族』『トーマの心臓』も。
…私も『トーマの心臓』は読む前にコワイ話かと思いました。

言われてみれば、時系列順に並んでいない展開が楽しい、と感じたのは萩尾作品が最初かも。
自分の頭の中で繋がっていくのは確かに快感 です!

ところで前回の対談っていつのことなのだ? それも読みたいぞー。



しっかし、読み応えがありましたな!
一気読みは無理でした。
ずいぶんと時間がかかってしまった

最近話題の“漫画家と編集担当者の関係”にも触れられていて
ふむふむと感心しきり。
漫画家って大変なんだな~。
何かを生み出すというのはどんなことでも大変だと思いますが
身一つで始めて完結させる作業は特に難しいのではないかと思いました。

安宅家の人々 19~22話

ドラマ シバトラ~童顔刑事・武田柴虎~

マンガが原作のようですが、未読だし、私は見る予定はありませんでした。
が!
宗一くんこと内田滋さんが出演しているらしいーっ
いやん。どうしよう。悩む…
7月8日(火)9時開始。あぁあぁぁぁ~


さて。
だいぶ間があいてしまいましたが、一応見ています。
早く見終わりたいんだが~、1回30分とはいえ、毎日あったドラマだからなぁ。
なかなか大変です。


当ブログの『安宅家の人々』関連の記事

原作1・2話3~9話10~13話14~16話17・18話


第19話

バレンタインの日に安宅高原ホテルオープンです。
お客様にチョコ配りで大活躍の宗一くん
ですが、いいお客ばかりじゃないよな~。いきなり現実を突きつけられた感じ。
宗一くんは「迷惑」という言葉に敏感だから悩んでしまいました。
そこへお父さまが車椅子でお客様として到着。
どうやらお父さまの脳腫瘍は手の施しようがない状態みたいです。
お母さまの手編みのマフラーを受け取った宗一くん、何かを感じ取ったようです。
母との別れは急だったけど、父との別れは理解した宗一くん。
うう、人生に試練はつきものです。
…ところでお父さまの宇田川に対する
宇田川、次の人生はオレがお前を支えてやるからな」 ←これはともかく
ここで待っててくれ」 ←へ? 安宅高原ホテルで??
きっと帰ってくる」 ←?? …化けて出るのか?
これらの言葉は今後の展開に対する前フリなのだろうか??


第20話

平成4年のクリスマス。
え? 前回バレンタインだったのに?! なんと、もうすぐ3周年ですって!
あっという間に月日が流れたようですよ。驚きました。
その間にお父さまはお亡くなりになったようです。
宗一くんは帳簿チェックなる“お仕事”をしていますね。
あらー、久仁子さん怒りっぽくなっているじゃないか! 原作に近づいてきている!
自分たちのことよりお客様のこと。それがホテルマンの鉄則
うん? ちょっと前の
身内を大事にできなくてはお客様のおもてなしができない
と隔たりがありますけど、大丈夫??
突然、譲二が登場。高原ホテルに来たのは初めてみたいですよ。
それなのに横柄な態度。
…何しに来た? いぢめにきたんですね。
兄さんの仕事は無意味」「支配人の仕事を教える
と宗一くんをあやつり、高原ホテルは大混乱ですよ。
いじめっ子め。性格悪~いっ!
譲二が八つ当たりしてるってことはリゾートホテルの方がピンチなんだな?


第21話

宗一くんの不器用だけど真心のこもった謝罪でお客様も理解してくれました。
久仁子さんも宗一くんに対する態度が軟化。
いろいろあったけど無事に結婚4年目を迎えられてホッとしていたら
譲二のホテルは絶望的なようです。倒産寸前。
雅子さんのお父さんが激怒しながらぜーんぶ事情を説明してくれました。
はぁ、譲二は倒産の危機なのにいぢめに伊豆まで出向いたの?
というわけではなく、お金を借りに行ったのですね。で、切り出せなかった、と。
見栄っ張りでプライドだけは高いんだから。
で、倒産しちゃいました。


第22話

ニュースで倒産のことを知り、雅子さんのもとへ駆けつける久仁子さん。
お金を渡された雅子さん、変わらない久仁子さんの優しさに感動して泣き出します。
実の父ですらあんなですからね。他の人にはもっと冷たくされたのでしょう。
二人の境遇を知った宗一くん「一緒に住みます!」と提案。
それを聞いた宇田川大反対。けど、それ鋭いです。懸念は大当たり。
佳恵に「乗っ取れ」と入れ知恵された譲二がその気になって乗り込んできましたよ。
立ち直るの早いよ! 乱れたのは雅子さんを殴ったことだけか??
敵に回すと恐ろしい男・譲二。
さっそくインテリぶりを見せつけて、さらに従業員の前で久仁子さんにイヤミ。
うわー、イキイキしているよ(爆)
原作より手強いです。最初からホテルを狙っています。
しかもホテル経営の知識はありすぎるほどありますよ。
うわー、こわーいっ!
あ、雅子さんが鳩時計をプレゼントしてくれました。原作通りです。
プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking