テレビシリーズよりわかりやすい:劇場版マクロス

続編だと思って観てみたら…

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
(2007/12/21)
Windows

商品詳細を見る


劇場版 超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか

あれ? 続編じゃないぞ。
総集編、でもないな。

ミンメイヒカルが出会うところからやり直し?
しかも状況違う!
ミンメイがデビューしてからの出会いなの?

登場人物同じだけどちょっとずつ違うぞ。
柿崎マックスがヒカルの同期っぽくなってるし
先輩が絡み酒でウザい(笑)

えええ? どういうこと?? もう一つの展開ってこと? パラレル?

敵である巨人も違う言語を話している。
メカがよりメカっぽく
キャラクターはなんだかキラッキラしている。

巨人は女型と男型で戦っているのか。
キカン艦隊はなし?

うーん。これはテレビシリーズとは異なる展開なのか。
もうひとつのマクロスってことなのか。

と思ったら先輩死んじゃったよ。
そこは同じなのかー。がくり。

状況は違うけど同じ要素で構成されているようだ。
死亡するキャラは死亡するし
遭難するのも、人質になるのも
そしてキスの場面も織り込まれている。

違うのは地球がズタボロになっているってことか…

そんな地球にミサとヒカルが2人きりで調査!
放射能中和剤なんて便利なものがあるのか! 羨ましいぞ!!
ケンカしながら探検だ!
もっと歩み寄れよ、キミタチ…
でも、なんか楽しい(笑)
不味そうな魚を食べながら親睦を深めていくふたり…

これは…また期待していいの?
ミンメイ救済のための企画、とかいうオチじゃないの??

見はじめてからずーっと不安だったのだ。
これはミンメイハッピーエンドパターンなのではないか? と。

うんまあ、テレビシリーズでミサの幸せは見届けたから
劇場版ではミンメイにいい夢見てもらうのもアリなんですけど
やっぱりミサを贔屓してしまう。

こっちのミンメイは意外としっかりしている。
自力で巨人と交渉して立派だった。

でも立派なのはミサだって!

ミンメイとヒカルから逃げなかった!
真正面からぶつかったよ!
よくがんばった、ミサ!

そしてヒカルも逃げなかった!
やればできるじゃない、ヒカル!

うーむ。テレビシリーズよりコンパクトでわかりやすいぞ。
マクロスはこれだけ見ておけばOKなんじゃ…?
そう思うのはテレビシリーズを見て話を把握しているから?

さすがにこの映画の主題歌は知っていましたね。
あの歌詞がミサによるものだとは…
(正確にはミサが解読した古代の文章ですが)

ミサから渡された歌詞なら歌うのヤダとか言っちゃうミンメイは
さすがだと思いました(苦笑)
やっぱコドモだな、ミンメイ。

というわけで、劇場版でもミサのハッピーエンドでした!
 

最後まで見届けた!:マクロス 第28~最終話

ミサのハッピーエンドを見届けたので私のなかでは完結した!

が、本編はまだ続いている…
しかたない。見るか。
巨人とうまく共存できるのか気になるし。

これまでの感想はこちら 1~18話19~27話

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
(2012/05/25)
Windows

商品詳細を見る


超時空要塞マクロス 第28~最終話

2年後。
すっかり朽ちてしまっているマクロス。遺跡みたいになっている…
それだけ平和だってことですかね。
けどせっかくの設備を無駄にするのはどうなんだ?

それはさておき
当然、ミサヒカルはうまくやっているんだと思っていたら…

へっ?! なんも変わってない?!

あの迎えに行ったのはどういうことだったの??
地球に来たからついでに探す程度のノリだったの?
わからない。ヒカルの行動と気持ちがわからない~(悩)

部屋にミンメイのポスターとか貼ってるし!
未練がましくアルバム手元に置いてあるし!
どういうこった?!

一方、ミンメイサイド。
わかりやすく落ちぶれているカイフン。アル中とかベタすぎ(笑)
相変わらず頭でっかちなことを演説。
だけどオメーはなにやってんだ?
ミンメイの知名度を利用した金儲け。
だけど、世間はまだまだ配給生活真っ只中。お金が溜まるわけがない。
コンサートホールを建てるのが夢と言っていますが
まだそんな時期じゃないだろ!
相変わらず現実を見ないヤツ…

アル中カイフンに八つ当たりされまくりのミンメイ
さすがに愛想が尽きたようで
逃がした魚は大きかったとばかりにヒカルを思い出すとは…
ミサ、大変! やけぼっくいに火が付きそう!!

人間と共存するようになった巨人が
まさか巨人のままだとは思わなかった!
巨人と人間の最大の違いは男女がつがえるかどうかってことでしょ?
なら巨人のままではダメじゃん。
女型の巨人がいるならともかく。見た感じ、いないよね?

戦うことを目的に生きていた巨人
その闘争心を持て余す巨人が続出。それが反乱に繋がるってわけか。
オリンピックでもやって発散すればいいのに…

しかしこの巨人も哀れだよな。
50万年前にプロトカルチャーによって
戦闘要員として改造されたのが起源
でそれを知った巨人自ら
悪魔の人形」と言っちゃうなんて。

そんな起源は全く気にしないカムジン
2年間ナリを潜めていたのは平和が好きなわけではなく
機会を窺っていたのですか。
しかし人質とるとは堕ちるとこまで堕ちたな。

巨人の反乱の裏ではヒカルとミサとミンメイのラブバトルが勃発

てゆーかさ、ヒカル、ニブ過ぎじゃね?
33話でミサの気持ちに気づくのって酷過ぎないか?!

じゃあ
なんで部屋の掃除してくれてたと思うの?
なんで写真をくれたと思ってんの?

疲れる…こんなニブイ主人公、ヤだ(泣)

おまけに優柔不断。
自分からミサをデートに誘ったのに
それすっぽかしてミンメイに会いに行くってどうよ?!

そんなの破っちゃえばいいじゃない」って言うミンメイも酷過ぎる!

結局、連れ戻されてミンメイ強制送還だし。
なんだったんだ…

ヤケ酒煽ってる暇あったらさっさとミサんとこ行け、ヒカル!

そのあと車で向かったら飲酒運転では??
暴動に巻き込まれてさらに遅刻ってなんだこの展開。必要か??

やっとミサんとこ着いて使うのか、そのミンメイマフラー(驚)
なんて無神経なんだ!
うわー、イニシャル入ってるしー。ミンメイからの爆弾マフラーだ。

しかし本人にはそのつもりないようですが
やってることは二股…
優しさ、はき違えてはイカンですよ。

カイフンは何やってんのかつーと
ミンメイに仕事をさせようとしています。
が、「今日は歌いたくないんです」と逃亡されて無能ぶりをアピール。

挙句「君はいつも自分のことばかり」とミンメイに説教。
ミンメイも「あなたは口先だけなのね」とカイフンに言ったことがありますから
この二人はほんとにお互いのことを好きなのか大いに疑問。

ここで決裂した二人。
カイフンはすべてをほっぽって「旅に出る」ってさ。
無責任!

仕事を放りだして雲隠れしたミンメイ、ヒカルの元へ。
自分は歌をやめて、ヒカルに軍人やめさせて
いったいどうするつもりなんだ、ミンメイ。
2年前のほうが立派だったよ…

それに比べてミサの前向きなこと!

宇宙移民計画に賛同して出発を決意。
ヒカルへの告白とともに報告!
そう! そのくらいハッキリ言わないとヒカルには通じない!!

それでもミンメイを選ぶ可能性があった主人公にハラハラしました…
だって「ミンメイを支えられるのは俺だけだ」とかいう展開も
ありえたわけだから。
ムリだから。ヒカルとミンメイの組み合わせはグダグダになるだけだ。

行かないで
どうしてそんなにまで戦うの
避難するならあなたも一緒に」などなど
ウザさ炸裂のミンメイを振り切って、ミサを選んだヒカルに拍手!

よっしゃ!

最後にマクロスも動いてテンションは最高潮!!
そう来なくっちゃ!
ミンメイも歌をやめないってことでハッピーエンド。


ああ、まさかこんなに三角関係をひっぱるとは思わなかった。
いや、おかげで楽しめましたけど
戦いそっちのけの回もありましたからビックリですよ。

これって続編もあるんですよね?
歌舞伎役者が主人公の(笑)
これってミサが賛同した宇宙移民計画が上手くいった未来の話なのかな?
深夜に一度だけ見たことがありますが
あのときは意味が解らなくて撃沈。
だけど、今なら見られるかも!

しかし、お気に入りのキャラがみつからない珍しい話でした。
いつもなら誰かを気に入って
それ目当ての面もあって見続けるんですが、それがなかった。

なのに見続けられたのは
巨人の設定が気になったのと
三角関係が惹きつけられた原因かも。
うーむ。意外な…
 

ミサとのフラグを大切に:マクロス 19~27話

なんじゃこりゃ、おもしろいぞ!

久々に寝食を忘れて貪るようにアニメを見ています。
そして元気いっぱいツッコんでます。
ツッコミ甲斐のあるお話は楽しいな。

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
(2012/05/25)
Windows

商品詳細を見る

超時空要塞マクロス 19~27話

申し訳ないがカイフンに魅力を感じないです。
ミンメイの従兄で憧れのお兄さん的存在なんですが
このひとのどこがいいのかわからない…

軍人嫌いで戦争嫌い。
それはわかるよ。けど闇雲に言うもんじゃないよ。
戦争やめろ」っていうだけなら簡単だよ。
けど、そういうだけで
どうやったらいいとか具体的な案なしで言いっ放しなのが無責任でイヤだ。

ヒカルたちだって好きで戦争してんじゃないよ!
護るために戦っているんだよ!
護られる立場で何言ってんだ!


しかし戦争反対発言がスパイの3人に伝わったから、まあいいか…

巨人にとって戦いとは生きる意味そのものだそう。
戦うことしか知らないで生きているそうな。
だから相手を殲滅するまで戦う。

そっかー、変だと思ったんだよね。
侵略するわけでもなく
支配するわけでもなく
ただ全滅させ続ける巨人の目的がわからなくて。
戦うことそのものが目的ではしょうがない。

それにしてもスパイ3人の馴染みっぷりが(笑)

料理して、ラジオ聞いて、ミンメイのファンになって
ディスコ楽しかったかー。よかったねー。
帰りたくなさそうな3人。
だよね、こっちの方が楽しいよね。

結局、帰るんですけどね。
ありゃ、誰にも気づかれなかったか。
マクロスの危機管理に疑問を感じる。

しかし、この3人が和平の使者に!
上官に報告したのとは別の報告を下級兵士に!
下級兵士を虜に!
投降希望兵士続出!
ミンメイ、本人が知らないとこでお手柄!!

投降すると言いながら攻撃したり町壊したりするのはどうなの…?
そっか、投降なんてしたことないから
どうしたらいいのかわからないのか。なら仕方なし。

亡命希望の巨人に関して軍議をひらく人類。
あ、なんか『進撃』のエレンの審議を思い出す…
そっか、エレンも全く信用されていなかったんだね。

ここでは暴力で躾けるひとはいないので(笑)
率直な意見を交わします。

頭の固い上層部に対して
実際に巨人と遭遇したミサ・ヒカル・マックス
つーか、このお偉方、どこから現れた?!

勝ち負けでない第3の生き方を理解させることができれば
戦争終結への道も拓ける
」というミサに対して
耳を貸さない上層部。
ちょっと! アホなの?!
和平の道を潰してどうやって終わらせる気なんだ??


結局ヒカルの意見翻意でミサに軍配。
だよね、そう来なくっちゃ!

そして巨人が血液・遺伝子ともに
人類と大差ない
ことが検査でわかりました。
ただ大きいだけなのか~。

ミサ、この亡命を地球の統合本部(この漢字?)に報告へ。
というか、説得のため派遣。

ええ?! ちょっと待って!
ここでマクロスを離れるってことは恋愛的に不利では?!

なかなか消えそうで消えない
ミサとヒカルのフラグに一喜一憂している私。
私はミンメイよりミサを応援するぞ!!
ヒカルにはミサのほうが合っていると思う。

恋愛と言えば
女型の巨人も小さくなってスパイ活動しているんですが
そのミリアの目的は自分を負かした相手を探すこと。
スパイまったくしていません(笑)

ミリアの探す相手は天才マックス。
このふたり…
出会ってからの展開が早すぎて目がテン!

出会った翌日には結婚を約束しています。

電光石火だな!
マックスすげえ。
刃物持って襲ってきた女を泣かせて「かわいい」ってSだね。

そしてその勢いのまま結婚式へ!

はあ?! 亡命受け入れも地球側の了解もらってないのに強行突破か!
マクロスの軍隊全面協力の元
生中継で。
ミンメイもお祝いに駆けつけ、類を見ないド派手な結婚式です。

それを見て“愛”について真面目に考えるオッサン巨人ふたり。
おお、ここまで読んでの行動か?! やるな艦長

しかし巨人サイドのキカン坊カムジンが急襲。
結婚式当日に華々しく散るのもいいだろう」と出陣する花婿花嫁。
え?! 散ったらダメだろう!!

女型の巨人のなかで凄腕だったミリアのアドバイスで
機械だけを壊す急所を狙うマックス。
そうだよねー、奥さんの同郷のひと殺したくないよね。

ミンメイの歌声のおかげで巨人サイドでも内乱が起こり停戦へ。

停戦の巨人サイドからの使者は参謀エキセドル
このひと、無邪気でカワイイな。
何見ても驚いて質問攻め。それも答えにくいものばかり(笑)

エキセドルの会見の場に
ミンメイとそのマネージャー・カイフンも同席。
ミンメイはともかくカイフンは…
案の定、否定的な演説を(うんざり)。
艦長がきっぱりシャットアウト! いいぞ!!

カイフンは「民間人」という立場を楯にとって卑怯だよな。
そういうお前は何をしているんだ?
どさくさ映画デビューか?
この戦争に反対ならさ、巨人を倒す映画に出たらダメでしょ。
そういうことは考えないの?

巨人サイドも一枚岩ではないので
“ブンカ”を恐れるキカン艦隊が攻めてくることに。
なんじゃ、キカン艦隊って?? 機関? 帰還? 期間?

キカン艦隊から見ると“ブンカ”に毒されたエキセドルたちも
敵になるようで一緒くたに滅ぼす気満々。

キカン艦隊と言う共通の敵を得て共闘することになった人類と巨人

しかし、ホンキ出したキカン艦隊は半端なかった。
地球のまわりにウジャウジャ出現。

覚悟を決めたヒカル、ミンメイに

好きだった。←お、過去形?!
カイフンさんとお幸せに。←え、死ぬ気なの?!

その告白を受けて
ヒカルのこと友達だとばかり…」「カイフンが好きなの」とミンメイ。

えええ? 考えたこともないの? ホント??
じゃあ、あのカイフンをヒカルと見間違えたのはなんだったの??
「私の彼はパイロット」って歌っているのに!
ただの歌だったのか…

しかもカイフンのこと好きなの?
ど・こ・を?!


私にはさっぱりわからないカイフンの魅力。
強いから? カンフー使いだから?

ミンメイのコンサートに合わせて戦闘
けど
歌で投降を促せるなら必要な演出。
そういうことなら歌っていただきましょう。

歌に、というか
文化に重要な意味があるので
このアイドルの存在は必然
でしたね。
なるほどねー。これは歌わないといけませんよ。

戦闘の最中、大気圏まで落ちちゃったヒカル
ミサを探しに地球へ!

おおお! フラグが…みごとに…

感動的な再会です。
やったー、ミサ、ハッピーエンドだ!!

かたや宇宙ではマクロスが決死のマクロスアタック。
つまり特攻?
やだー。地球も壊滅的状況でマクロスも全滅したら…
ヒカルとミサだけになっちゃうじゃん!!
あ、それはそれでいいか。…ダメか。

戦闘場面を目の前に歌い続けるミンメイの度胸に感心した。

敵は全滅、マクロスだけ生き残ったかー。

これは最終回の盛り上がりです。
三十数話あったと思ったのは勘違いだったか…


と思っていたら、予告?!

え、まだあるの?

巨人と戦う話だったのか?!:マクロス 1~18話

ガンダム好きならこれも楽しめるはず。

と言われていたんですが
戦争中にミスコンするっていう展開にどうしても納得できず
敬遠していた作品。

しかし、気にはなっていた。
そんなところにWOWOWが一挙放送をしてくれた!
とりあえず録画。

しかし録画したまま見ないで放置。
いい加減、見てみよう。
楽しめなかったら途中でやめて消去しよう。←酷い

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
(2012/05/25)
Windows

商品詳細を見る


超時空要塞マクロス 1~18話

ほう。どうやら宇宙人と戦うらしい。
舞台は西暦2009年。
え、もう超えちゃったね(笑)

マクロスはガンダムと同じ意味なのかと思ったら
ヤマトと同じ意味らしい。
タイトルよく見たら『要塞』って書いてあったな…

でも「巨大な脚に見えるよな」と思っていた要塞マクロス。
途中の話でトランスフォ―メーションしてやっぱ巨大ロボになった。

つーか、デカすぎ!
横のものを縦にしたら中メチャクチャじゃないか? ほらー。

マクロス内には避難住民がけっこうな人数いるので
もっと大事にしないと。
巨大な要塞であるマクロスに街を作るくらいの人数です。

ああ、ガンダムでも民間人収容して苦労する展開あったよね。
思い出すなー、苦労性のブライトさんが奮闘していた姿。

けど、宇宙人と戦うというとヤマトの方が近いのかな?
ヤマトはちゃんと見たことないのでよく知らないですが。
先日まで放送していた新しいのも見ていないし…
イスカンダルへ運命背負って今飛び立つってことくらいしか知らない。

しかし、しかしだな。
宇宙人と戦うのは意外ではない。
宇宙に出そうな話だからそりゃ宇宙人とも出会うでしょう。

その宇宙人が巨人だと知ったら俄然、興味が湧くってもんですよ!!

敵は巨人でしたよ。
だから戦闘機もロボに変形するのだ。

なんと! 巨大ロボの存在意義をこんなに明確した話だとは!!

巨人に対抗するには巨人になるしかないのだ。
それで思い出すのは『進撃の巨人』ですよ!
“ダイダロスアタック”は硬化させた拳をくりだすパンチでしたよ。

巨人側の事情が解りはじめる11話あたりから急激に面白くなります。

ミスマクロスの水着選考のようすを見てムラムラする巨人
あたりからすでにおもしろいですが
知能のある巨人を相手にするとこうもやりにくいものか! と。

戦闘する軍人のみで
男女別にくらし
子どもはいない
 らしい。

どうやって増えるのか謎。

なにせ男女別に生きているのでキスを見ただけで動揺するのだ(笑)
どんだけウブなのか?!

大きな宇宙人と対抗するために
自分たちを大きく改造して今に至るらしい。
小さくなることもできるらしい。

小さくなってマクロスに潜入してスパイする3人。
18話の時点ではまだバレていないぞ。
がんばれ!
間抜けなので心配になるのだ…敵なのに。

この話は軽いです。
主人公の一条輝とヒロインのリン・ミンメイに重さが無いせい?
出会いのやりとりから

輝:これ何に見えます?
ミンメイ:何ってやっぱり…
輝:あ、やっぱり?(笑)

って感じですよ。
初めて見たはずのロボを目の前に!
おまけに

輝:髪と命、どっちが大切なんです?
ミンメイ:……髪!
輝:やっぱり?(笑)

ですよ!
ヒロインに普通さを演出したらこうなった、ってことですかね?

その後も広いマクロス内で遭難とか
どこまで本気かわからない状況に陥るふたり…

なかなかラブラブにならんしね。
ヒロインはアイドルになっちゃって
恋愛禁止、な状況になってるってこともありますけど。

けど。
どうもこのふたりにはラブを感じられない。
あっけらかんとしすぎなのかな。

むしろミサと輝のほうがあり! だと思う私は邪道だろうか??

残念なことにミンメイの従兄カイフンが登場したので
ミサとのフラグは消えた、ような気配。
このカイフン、ミサの亡くなった思い人に似ているのだ。
だけど、完全には消えていないのか?!
期待していいのか? 私は期待するぞ!

18話というのは
フォッカー先輩が死んじゃったところで止まってます。

えー? 先輩、死ぬような流れだった??

初めて主要キャストが退場しました。
意外に重要なキャラは生き延びていたこの話。
そういうところも軽く感じる原因なのかな。

重さを出すためかどうか知りませんが
やたら艦長がネガティブ発言を繰り返すんですよね。

6話で「もはやこれまで」
7話で「無理だな」
11話で「やられたかな」

ちょっと、酷過ぎないか!
それを部下に聞かせるってのがまた許せん!
この艦長の下で働くのは御免蒙る!

ま、その分、主人公が能天気なんですが。

17話の夢オチ凄かった!!
夢なのは早々にわかるんですが
今までの絵を使ってまったく別の話にしたてたスタッフの遊び心!
楽しかった~。

主人公は優しいです。
リンメイを動揺させないように平静を装ったり
やけっぱちになったミサを助けたり
生身の巨人と目を合わせて攻撃できなかったり。
いい子だー。

このあたりで半分くらいかな。
これなら見届けられそうだな。
 
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking