私はこのシリーズでオカルト知識を蓄えた

長らく絶版で入手困難だった“悪霊”シリーズ。
“十二国記”シリーズで有名な小野不由美さんのもうひとつの代表作。

“ゴーストハント”シリーズとして出版社を替えて再登場です!

と言っても発行されたのは数年前の話です。
なんでか今のタイミングで読みたくなったんです。

…いや、なんでこのタイミングなのかはわかっています。
最近「私は霊が視える」とか言っちゃうひとと関わることがありまして
どうしたもんかと(笑)


私には視えないし、それらしいことに出くわしたこともないので
否定も肯定もできないのですが
あまりアピールされると鬱陶しいものですね。
ネタとしてはおもしろいですが(笑)

守護霊とか前世とかアイタタなこと言われちゃうと困るんですよ。

そこで、かつて読んだこのシリーズを思い出したのです。
そういや私、このシリーズで
いろいろ論破された胡散臭い霊能者たちを見てきたぞ。
いろんな現象を根拠と実践をもって解説してもらったぞ。


というわけで読んでみた。
私、X文庫版を持っているんですけど(自慢)
せっかくなので新しいほうで読んでみました。
どっか変わってんのかな~。

まずは記念すべきシリーズ第1巻
“ゴーストハント”なら『旧校舎怪談
“悪霊”なら『悪霊がいっぱい!?』です。

書き直されている部分はあるようですが、判りませんでした。
ま、読んだの10年ぶり? もっとか??
そんな塩梅なので私の記憶力でわかるはずもなく…


そんなことはさておき、やっぱりおもしろいです!


私はこのシリーズで、エクソシストが
奇妙な姿勢で怪談を駆け下りる現象のことではないと知りました。
見たこともない映画の影響で誤解が生じていたのです。

今は『青の祓魔師』など
お仕事としてのエクソシストを題材にした作品もありますから
その誤解も解けやすいと思いますが
当時はそんな機会がなかなかなかったんです。

そう。エクソシストとは祓魔師、つまり悪魔祓いのことなんですね。

そして祓うべき魔とはどういうものなのか。
それを
ジョンがおかしな日本語でやさしく解説してくれるってわけです。

それ以外にも
七不思議とは、ポルターガイストとは、金縛りとは…
いろいろ教えてくれるんです。

ゴーストハントという職業は
とにかく調査ありきなので根拠を提示してくれるので
ふむふむと頷けるってわけです。

おまけに「霊が視える」と言うひとの心理分析までしてくれている!

そんな当シリーズの考えが染みついていますから
根拠なく「前世は~」やら「あなたの守護霊は~」とか
唐突にいわれても苦笑しかできないんですよ。

ま、そう言われて「へぇ~」と感心するフリくらいはできますけどね!

言うだけならタダだし、聞くだけなら害はないので受け流しています。
けど、頻繁だと辟易してしまうのも仕方ないでしょう?!
なので物語で笑い飛ばしてしまいたいと思っての再読。

したら、普通に楽しくて当初の目的を忘れて読みふけっています。

小野さんの一人称って違和感あるな(笑)
とか読み始めたときは思ったりもしましたけど
だんだん慣れてきて
さらに初めて読んだ学生時代の記憶も蘇って
脳が刺激されて妙に楽しい。

それにびっくりするほど人格に問題があるひとたちが登場するので
小野さんの鋭さに衝撃!

ナルたち霊能関係者のことではないですよ。
 偏見を持って自分の価値観を押し付けてくる困ったひとたちのことです。

今、変なひとたちに縁があって
こんなヤツ初めて! と戸惑うことが多いから。
これを初めて読んだとき「こんな極端なひといないだろ~」と思ったひとが
目の前にいるわけですからね。
なんだか感慨深いです。

もやもやとわだかまっていたものが 文章化されるとすっきりします。

やっぱおかしいよね~。
あのひとの考え方、変なんだ!
と自信を持てます。

い、意外な方向に勉強になってしまった…



十二国記の新作が…!!!

yomyom便り
「神社のご利益」ラストの一文に注目です!!

また9月26日発売の12号では
ファン待望、小野不由美さんの新作も掲載されます。
人気シリーズ「十二国記」の新作です。発売までもうしばらくお待ち下さい。


待つよ! 待つ待つ!!

そうか~。ついに~。
私がこの世で一番好きなファンタジー小説のシリーズ待望の新作!!
できれば文庫でどどーんと1冊分!!
と言いたいところですけど、いいです。読めれば。

前回が…ああ、もう1年以上経つんですか。
2008年の春に発売された6号に掲載されたんですね。
…気になる作家がたくさん連載しておる、と大喜びで購入したのに
未読な自分にがっかりさ。
がんばって読まないといけませんね!

ちなみに『丕緒の鳥』だけは読みました。
感想はこちら 丕緒の鳥 (小野不由美)

丕緒の鳥 (小野不由美)

yom yom vol.6』に掲載された十二国記新作を読みました。やっと

丕緒は人名でした。“ひしょ”と読みます。
私はどうしても“ふしょ”と読んでしまいます…なぜだ?!
“不”と見間違えるんでしょうね、きっと

慶国に仕える丕緒。
新王が即位するため、即位の礼の大射に使われる
陶鵲のアイデアを思案することになったところからお話は始まります。
ああ、これだと何のことかわからないな~

丕緒くんは悧王の時代に仙籍に入って以来、百数十年仕えている官吏。
ここ3代、慶国には無能な女王が続き、絶望している真っ最中。
おまけに上司も無能モノが続いているようです。カワイソウ…
それなのに今度即位する王も女王と聞き、ますますやる気が起きない彼なのです。
それにこの大射という儀式の意義にもかなり前から疑問を感じているのです。

ウツウツと悩み、モンモンとしている彼。
徐々にどうして絶望しているのから明らかになっていきます。

冬官がもういない

仙籍に入るはずの冬官がいないとはどういうことなのか。
おや
と思ったのですが、事実を突き付けられて衝撃
うう。シリーズ全部読んでいるのだからヒントは…いや、解答は知っていたのに
気づかなかった自分にガッカリだ

そ、そうかー。そりゃあ丕緒くんも腐るわけですよ。
それはよくわかる。

でも! でもね。辞めるのは待ってーっ!!
今度の王は大丈夫!!
きっと! きっと!! いい王さまになるからっ!
だって、陽子だもん
陽子王に会ってから決めてくれー!!
と絶叫しながらのラストです。
ついに二人が御対面。…御簾ごしではありましたが。

………。

よかったね~。思わず涙がこぼれる対面でした
報われました
丕緒の努力と思いが通じたよ!
さすが陽子
私の予想を遥かに上回るお言葉。やっぱり陽子は最高だー!!

もうもう、一生ついていきます!!
だから新しい出来事をもっと教えてっ

yom yom vol.6 ヨムヨム3月号

※ 『鹿男』はこれから見るのでネタにするのは明日!
※ お待たせして申し訳ない! って別に誰も待ってないかもしれないけど、一応。



私がこの世で一番好きなファンタジー小説十二国記』シリーズの新作が
掲載されるというので気になって書店で探してみました。

しかし、780円。
短編1作を読みたいだけなのに、この値段は…
ていうかこの『yom yom』っていったいなんなんだ??
とりあえず、実物を見てみるか!


yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/02/27)
不明

商品詳細を見る



十二国記の新作ですから、当然講談社から発行されている本だと思ったら
新潮社でした!
えええ~、なんで?!

おまけにデカイ!
私は根拠なく文庫サイズだと思い込んでいたので
思った以上に巨大な形状にドギモを抜かれました。
それに分厚い…

これは…ワタシ、絶対、読みきんないって! 買うことないって!

と、思っていました。目次を見るまでは。
こんだけの厚さ、いったい何が書かれているのか気になるじゃないですか。
ぺらり、と表紙をめくると

豪華執筆陣

小野不由美/畠中恵/森見登美彦/上橋菜穂子
沢木耕太郎/山本文緒/川上弘美/栗田有起/角田光代
重松清/金原ひとみ/嶽本野ばら/恩田陸
堀江敏幸/本谷有希子/あさのあつこ

な、なんだ、この好きな作家ばかりのラインナップは。
読んだことないけど気になっていた作家も載っている。
おまけに見るつもりマンマンの映画
『ライラの冒険』の原作者フィリップ・プルマンのインタビューまであるぞ。

気がついたら手に持ってレジへ向かっていました
買いでしょ、買い!!

まだ読んでませんが読むのが楽しみ~
全部読もう!
…でもその前に借りた本を消化しないといけません。
うう、いつ読めるんだろうか
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking