天元突破グレンラガン 第18話~最終話

年末年始に再放送された第1話~第17話。
そのときの感想 第1話~第17話

それを見て以来、続きが気になっていたアニメです。
ついにレンタル!
…人気で貸出中が続いていたのです。



あー、なんかヤな感じに育っちゃったなー、なロシウとその手下達。
いー感じにマインドコントロールされていますよ。
それに気づかない人たちにイライラ。
必要なことなんですけどね。
考えすぎる人は損だなー。がんばったよ、ロシウ。
後方を任せられる人材っていうのも大切だから胸を張っていいと思います。
でもほんっと、辛かったです。特に第18・19話。

第20話からは、引き続き状況は悪いんですが
みんなが動き始めたのでだんだん楽しめるように。
その筆頭がキタン
そして意外なことにヴィラルがいいんですよ!
昨日の敵は今日の友!
ついに、ヨーコ再登場! 待ってました~!

まさかロージェノムまで味方になるとは…
ずいぶん可愛らしくなってしまって(笑)
池田成志ファンとしては嬉かった。

ブータには何かあると思っていましたが
まさかあそこまでだとは…。意外すぎるよ!!

やっぱ対策が“逃げる”ではテンションがあがらないんですよ。
“戦う”ことを選択してくれないと!


そしてカミナはいなくても存在感が!
カミナの行動やセリフを踏襲して他のキャラの成長が示されるんです。
やっぱりこの話はカミナの話だなーと実感。
カミナがいたからこの話が出来上がったのだ。

もうラストの4話は常にうるうるしながら見ていました。
みんな…っ!

そしてまさかのラスボス。声に聞き覚えあり!
かっ、上川さんだ!!
映画だけでなく本編にも出ていたのか!!

ラストもやっぱカミナに通じるシモンの行動。
ニアは…あれはあれでハッピーエンドだと思います。

はー、満足です。
このアニメに出会えたからもうアニメは見なくってもいいやー
という気持ちになるくらい満足できました。


そんな満足な心を更に満たしてくれるのが副音声!!
キャスト+中島かずきさんヴァージョンと
スタッフヴァージョン両方が副音声で楽しめるのです!!

もちろん聞きました!
だって副音声大好きだし、好きな作品について語られるんだもん。
…でも時間がなくってキャスト+かずきさんヴァージョンのみ。
1週間レンタルで3枚を何度も再生する時間を確保するのは難しい!

この副音声がまたたまらん面白さ!
いじられキャラを確立している人とか
画面に見入って無口になる人とか
けっこうキャラと演じた方が似ていて楽しかった(笑)

それにいろいろ「そうなの?!」という情報が満載。
2役していた人が何人もいる、とか
アーテンボローは何人もいる、とか(笑)
いや、後半のはノリで出来上がったウソ設定ですけど。

あー、もうホント満足です。

これ以前にカミナとシモンとヨーコが
おにぎり食べながら収録したぐだぐだ副音声もあるらしい。
そのうちこれもレンタルして聞いてみなくっちゃ!

天元突破グレンラガン 9 (最終巻) [DVD]天元突破グレンラガン 9 (最終巻) [DVD]
(2008/03/26)
柿原徹也.小西克幸

商品詳細を見る

天元突破グレンラガン 第1話~第17話

中島かずきさんが脚本ってことで見てみた“BSアニメ夜話”で紹介された
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
その時の感想はこちら かずきさんのお仕事

見てみたいんだけど…どうしよう。
と躊躇っていた私の心を見透かしたかのように年末年始の深夜に
テレビ版『天元突破グレンラガン』1~17話までが一挙放送されました!
うお、なんてタイムリー
もちろん録画。

どうやら劇場版の後編『螺巌篇』が
4月25日に公開するのを記念して放送されたようですが
そんなことはどうでもいいのです!
見ることができる! これが重要!!



見ました。17話まで。
なんだこれ。ムチャクチャおもしろいんですけどーっ!!

止められない止まらない♪
この私が録画された前日分を溜めることなく順調に消化するなんて!
毎日、うおー! 続きはーっ?! の連続です。
おそるべし、グレンラガン。

あらすじは…

何世代も前から地中で暮らすことを余儀なくされた人間。
ある日、シモンがちっちゃな“ドリル”と“ガンメン”を見つけたことにより
事態は一気に動き始めます。
どうやら地上はガンメンに支配された世界で、地上に出るためには
人間はガンメンと戦わないといけないのです!
兄貴分のカミナと共に一気に地上を駆け抜けろ!


って感じです。
この兄貴分の カミナ が素晴らしいのです!
タレ目でいばりん坊なカミナは訳の分からない勢いと迫力があります。
理屈ではなく直感で物事を判断できる霊感(?)の持ち主。
ヘタレなシモンはそんな兄貴に頼りっぱなし。

いばりん坊ではあるけど横暴ではないカミナ
ちっちゃいガンメンをシモンに託されて、迷わず「お前のもんだ」と
譲った時には「この人を信じる!」という気にさせられました。

なおも躊躇うシモンにかけた言葉がまたいいのだ。

無理を通して道理を蹴っ飛ばすんだ
お前にはできる
自分を信じるな
お前を信じる俺を信じろ


なんだかムチャクチャです。しかしすごい説得力。
自分が信じる兄貴にそう言われたらさすがのシモンも心が定まります。
それにのちのちわかるのですが
このセリフは後半のセリフに呼応しているのです。
わお! 一気に見てよかったぜ!!

これ以外にも初っ端からカミナは名(迷?)言連発。

お前のドリルは魂自身だ
お前のドリルは天を突き破る
俺にはわかる
理由は聞くな

俺を誰だと思ってる?!


俺にはわかる」と言いながら「理由は聞くな」って! あははははは!!
俺を誰だと思ってる」と第1話で言われてもっ! わかんないよっ!
この調子で突っ走るカミナの兄貴にめろめろでした。

ロボットモノにありがちな「どれが敵だかわかんない」とか
「誰が乗っているのかわかんない」ということが一切ナイのが素晴らしい!
とにかくちっちゃいガンメン・ラガン(カミナ命名)が可愛いっ!
気合で動くっていうのもわかりやすくていい!
見ため重視なところもいい!
もちろんヒーローは汚いことをしないのだ!!

もちろんそれ以外にもキャラが揃っています。
好戦的で意地っ張りでナイスバディなヨーコ
メカならおまかせ!なオ○マのリーロン
この世界には珍しく(笑)頭を使うロシウ

続々と愉快な仲間たちが揃ってきます。
良くも悪くもノリはピカイチ。
おかげで難しいことを考えずに楽しめます。

と夢中で見ていた16話まで。
ええ、途中の重大なネタバレは『BSアニメ夜話』でバラされていたので
仕方ないと受け入れました(知らずに見たら面白かっただろうなー)。
あれはシモンたちの成長のためには必要なことだったんです。
ニアのキャラもステキでした。
おっとりな王女さまなのに…(ネタバレなので濁す)…というオミゴトさ!
私を誰と心得ます」のセリフには…たまらんっ!

敵の背景も分かってまいりました。
ニアの父にして最大の敵である王さまの声が池田成志さんだったことは
私にとってサービス以外のナニモノでもないです。

はっ! アニメ版を見たら上川さんのナレーションがないんじゃん!
と気付いたのがかなり後半だったことをここに告白します。
忘れていたさ。まぁいい。オモシロイから。
ツッコミどころも多いですが、それ以上の勢いがあるのでOKです!

そして迎えた17話。

月日は流れ16話から7年後。みんなオトナになっています。
留まる人、旅立つ人。
さまざまな転機を迎えたシモンたち。
そこへ新たな展開が!

ちょっと待てー!! なんだそれ?!

百万匹の猿(=人間)がこの地に満ちたとき
月は地獄の使者(=誰のことだ? キーパーソンはニア)となり
螺旋の星(=シモンたちが住む土地)を滅ぼす


この言葉が実現されようとしているのか?!
どうなっちゃうの??
めっちゃ気になるじゃん!!

というところで再放送は終了。
続きは劇場版『螺巌篇』で! ってことなんでしょうね…
映画館へ行けというのか?!
ええ~、さすがにそれは…どうだろう?

…というわけでツ○ヤに行ってみた(爆)
映画館に行くよりレンタルの方がハードル低いらしい。
ってのもありますが、4月25日まで待てないのよーっ!
だがしかし、同じことを考えた人が近所にいるらしく
常に貸出中なのでありました…

おおう、一体続きはいつ見られるのであろうか?!

続きを読む

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking