待った甲斐があった『世界ふしぎ発見』

待ちに待った『世界ふしぎ発見
野球中継延長で延びに延びた放送開始時間。

いつもはこの番組見ていないんですが
なんせ『進撃の巨人』のあの街のモデルにされた街を特集したと
聞いたら見ないといけません。

おまけにハンネスさんのナレーションを始め
吹替えで『進撃』キャストが登場する
ってんだから余計です!

あれ? 回答者席って2段じゃなかったっけ?
横一列になってるんですね。
ひとしくん人形のポーズも変わっているような…?
って、これで私がこの番組を見るのが久々ってことがバレますね。


隕石の衝撃でできたクレーターの上に造られた街。
おすましハンネスさんによるナレーションを聞きながら
上空から撮影された景色に「ふおおおおお!」とテンション上昇。

ほんとに真ん丸に縁どられた街です。
不思議~。
純粋に感動していたところに聞こえてきたのが…

ちょ、音楽!

澤野氏によるあの曲が!
ちょっと! マジで『進撃』コラボじゃないですか!!

おまけに映像まで…っ
ムリヤリ感は否めなかったけど。

ここまで進撃色を前面に出してくるとは予想外!
冗談で「進撃特番」と思っていたけど
本気で特番かもしれない。

そして普通にオモシロイぞ、内容が。

隕石がどうのとか好きなんだよなー。
惑星の誕生とか好きで
そんときだけやたら熱心に授業を受けた生徒でした。

おまけにダイニンゲン(笑)

スケベニンゲンって地名もあったよな…
どこにあるんだっけ。ドイツだっけ?
いや、オランダか。
そして銀座にこの名前のパスタ屋がある。しばらく行っていないな…

………

はっ!
しまった。番組に見入ってしまった!

いや、いいんですけど
吹替えの声にまったく注目できなかった…
だれがどこで話していたのかわからなんだ。

わかったのはナレーションだけだ。はははっ。

録画したからもう一度見よう。

決意表明

イキナリ追記
以前に告知した別館は
いろいろ厄介な問題が発生した(あくまでも私にとって)ので引っ越しました。

新別館はこちら 新別館

今までご覧になってくださった方、コメントを下さった方には申し訳ないことですが
新別館をよろしくお願いします

******

ここをご覧になっている方の大多数のみなさまにはまったく関係のないことなので
スルーして欲しいのですが
ごくごく一部の方にワタクシの決意を申し上げる所存。

2009年は勉強するから!
なんの? って聞きますよね?
お答えしましょう!

びーえるについて!

最近何かと縁のあるびーえるについて
開き直ってとことん読んでみようじゃないか、という試み。
女帝さまが貸してくれるというし、自分でも積極的に飛び込んでみたいと思います。
今年一年勉強して「やっぱ向いてないな」と思ったら足を洗います。
実験とでもいいましょうか。

で、今後、その感想が増えることが予想されます。
今までどおり、澄ましてここに披露してもいいんですけど
それだと不愉快な思いをする方もいるかもしれないので
別ブログ作りました。

 別館 (いずれ閉鎖するのでリンク外しました)

別館ではびーえるの話しかしないのでそんなに更新はできないと思いますが
興味のある方はどうぞ。
もちろん興味のない方はスルーで。
しばらくは今まで読んだ本の感想のストックがあるので毎日更新されます。

とりあえずこんな感じで。

別館はJUGEMにしてみたんですけど…なんか重い気がする。
もしかしたらFC2に移動させるかも(苦笑)

感想まであともうちょっと

女帝の本棚シリーズ 《頼んでません編

西の女帝さまより問答無用で貸し出された「頼んでねー」マンガ。
でもなんとか目を通し、感想にこぎつけました!
いくら今市子さんのマンガでも
読めるものと読まめないものがあるもんだな、と実感。

というわけで、読んだのはびーえるマンガです。
苦手な方は回避するよろし。

検索除けのために書名は伏せます。が、こちらです ★★まであともうちょっと
今回のタイトルはそれをモジッたものですが
“感想まであともうちょっと”な感じは否定できません(苦笑)

以下、ネタバレ含みますので隠します。

続きを読む

世界一課題図書

女帝の本棚シリーズ 《頼んでません編

西の女帝さまより問答無用で貸し出されたマンガがあるのですが
内容が「頼んでねー 」というものなので
かなり感想に苦戦しました。
じゃ、感想かかなきゃいいじゃん? と思われるかもしれませんが
感想、楽しみにしてるから!」と言われてしまったら
この期待に応えなければオトコが廃る! (オトコじゃないけど)
と張り切ってしまう私の性格が敗因です。

ということが前提にある、とご理解いただきたい。

というわけで、読んだのはびーえるマンガです。
苦手な方は回避するよろし。

検索除けのために書名は伏せます。が、こちらです 世界一★★
今回のタイトルはそれをモジッたものであって
決して“世界一の課題図書”という意味ではございません。
むしろ課題図書としてはかなり問題のある内容かと…

以下、ネタバレ含みますので隠します。

続きを読む

例のマンガ 6~10巻

女帝の本棚シリーズ

数ヵ月前、悪戦苦闘して読んだ『例のマンガ』
続きが西の女帝さまより届きました。

注意
びーえるマンガですので、そっち方面に疎い方は脱出をオススメいたします。
バッチコイな方もたぶん期待には沿えない感想になっていると思いますので
同じく脱出をオススメいたします。
検索除けってことで、引き続き作品名は伏せ字で参ります。



えと、たしかメインで3組6名の登場人物がいるんだよね?
なんだっけ、名前…
あー、もう忘れちゃったよ(笑)

では前回の感想でも引っ張りだして記憶を掘り起こすかな。
……ふ・ふ・ふ。
内容については何も書かれていないぞ、おい。
そんな役に立たない感想はこちら 1~5巻

読めば思い出すだろうか…
ものすごく不安な感じで読書スタート。

読了。

………。

目を通すのが精一杯で、感想らしい感想がない。
1巻第1話ほどツッコミ易い感じじゃないぞ。
おや? と思うところはあっても
それは前後の事情を説明しないといけないのでメンドイ…

そんな私が今回一番気になったのが9巻11ページ以降

いつのまにか玄関にいた兄チャンとその奥さん
ウレウレの小説家の大テンテーが住む
ハイグレードなマンションにオートロック機能がないとは考えにくい。

入口はほかの住民に入れてもらった可能性があるので、まぁいいとして…

しかし、自宅の玄関を当然のように通過しているのは何故?!
家主は玄関に鍵をかけないのか?!
それとも合鍵をもっているのか?!

鍵が開いていたとしてもフツウは勝手に入らないでしょう?
合鍵があったとしても在宅であるなら家主に開けてもらうのが筋じゃないですか?
いくら弟が下宿している親友の家だとしても
突然の訪問、それも久々の再会。勝手に入るのは非常識ではありませんか?!

久しぶりの兄チャンの本編登場でしたが
そんなことに気を取られてしまったのでした。
せっかくカバー下以外で出てきたのにねー。
非常識の仲間入りですよ。
奥さんも止めろよ! めっちゃ笑顔だったけどどうなんだ、それ。

これ以外にも
ハイグレードな暮らしなのになぜ黒電話? とか
偶然が多すぎるぞ、ウサミ一族! とか
フツーのデートが分からないはずなのに「ベタだな」ってオカシクね? とか
遺産相続の話し合いがある1月15日に揃って予定を入れるなよ! とか
小説家ってじゅうさんおくも稼げるの? とか
ツッコミどころはあいかわらず満載です。


…これだけで終わりたいところですが
それだと女帝さまに叱られそうな予感がする
がんばって読んだので、もう少し続きます。

続きを読む

例のマンガ 1~5巻

女帝の本棚シリーズ

既にアニメ化されて、10月から第2期の放送も決まって
ちまたで話題(たぶん)のマンガ。
びーえるマンガですよ。
門外漢なので不適切な感想もあるかと思いますが、ご容赦ください。
※検索よけのつもりで作品名は伏せています。要推理(わかる人にはわかる、はず)

あちこちの書店でコーナーができていたので
よっぽど人気なんだろうな~
読んでみたいな~

と指くわえて見ていたところ、西の女帝さまがお持ちだということを知り
「貸すよろし 」と催促してお借りしました。

とりあえず、4巻まで。
先日、5巻を追加で貸していただけました。
現在10巻まで出ているんでしたっけ?
途中までしか貸してくれないとは…女帝さまはイジワルだ

と、借りた時には思ったのですが…
1巻をパラパラと読んでみると

うげ。いきなり何しくさる?!

な場面が。
うおー。なんすか、なんなんすか?!
ソッコウで本を閉じ、放り投げるワタクシ。
…ううむ
道理で女帝さまが貸してくれる前に「大丈夫?!」と何度も確認したわけだ。納得。

予想以上でした! 私の考えが甘かったです! ごめんなさいっ!!

ひとまず、透明のカバーがかかった巻(つまり丸見え)には
借り物なのに勝手に紙のカバーをかけてみた ←蓋のつもりか?
いや、だって! 表紙はともかく裏表紙が!! 風邪ひきそうなカッコウなんだよ!
そしてしばしの熟成 ←つまり読まずに放置。

しかし女帝さまからの「無理すんな」という心配を装った
早く読んでみやがれ」「自分から読みたいって言ったんじゃろうが
というのが見え隠れする(気のせい?)
矢のような催促(のような脅迫?)にも後押しされ、再チャレンジ!

以下、第1話におけるワタクシの葛藤。
鬱陶しいので隠します。

続きを読む

黒の騎士(剣解)

最近、迷走している私の本棚。
タイトルに惹かれて手に取ったこのマンガ。
あらビックリ
なーんと! びーえるでございました。

『黒の騎士』というタイトルから否応なく連想されるのは
某架空歴史ファンタジーシリーズの某戦士
純粋でありながら現実的なバランスも兼ね備えた殿下、いや陛下におなりあそばした方に
忠誠を尽くしまくりのあの戦士 正確には“黒衣の騎士”ですが。
この第二部読破に向けて再び始動したこの時期に発見というステキな偶然
これは読まねばなりませぬな!


黒の騎士運命の手 (ビーボーイコミックス)黒の騎士運命の手 (ビーボーイコミックス)
(2007/10/10)
剣 解

商品詳細を見る


運命の手

私が読んだ順に紹介いたしますが、結論から言うとこれは最新作でした
シリーズ第三弾。

一応、買う前に中身をパラパラと確認したのですが
とにかく絵が麗しい!! なんというか丁寧
うわー、こういうマンガ久しぶりー
しかも立ち読みでは把握できないくらい話が込み入っている!!
読み応えありそう! ヨシ、買いだ!!

と、購入したのはいいですが
なんだこりゃ? すっごく難しいのか? よくわからないぞー??
と脳内に多数の「」を浮かべての読破です。

いろいろ話を総合するとこれの前にシリーズが3冊発行されているらしいです。
…道理で話が見えないと思ったよ。
それならそうと言ってくれー!

ま、でもおもしろかったです。
どうやらいずれ“黒の騎士”になるらしいジークの過去の物語も収録され
ジークが忠誠を誓う王子・クリスのお父さま(つまり王様)の過去の話もあり
予想通り読み応えはバッチリ

で、過去に発行された3冊が、改めて2冊にまとめられた新装版があるという!
しかも加筆されているらしい!!
そうですか! ではそちらも買いましょう!!


黒の騎士出逢い (ビーボーイコミックス)黒の騎士出逢い (ビーボーイコミックス)
(2008/01/04)
剣 解

商品詳細を見る


出逢い

で、これがシリーズ第一弾。
ジークとクリスの出逢いが明らかに。
つーか、まんま“出逢い”ってサブタイトルついてるじゃん
買ったときこの本も並んでいたら
私もいきなり“運命の手”から読んだりはしなかったさ。

読んでみると…ありゃっ?! え、そうなのか??
びっくりです。
ただの忠誠や信頼だけではなかったのです、二人の間にあるのは。
そして“運命の手”でそれに気づかなかった自分にもびっくりです。
いや~、気づかなくてもしかたないでしょ? と私は思うのですが…

クリスのお父さまのお話もあって、これまたホクホクな私でした。
私は志を持って国をまとめようとするお父さまの物語の方が好きみたいです(笑)
これってお父さまの話とクリスたちの話を並立させて展開するシリーズなのかな?


黒の騎士旅立ち (ビーボーイコミックス)黒の騎士旅立ち (ビーボーイコミックス)
(2008/02/01)
剣 解

商品詳細を見る


旅立ち

シリーズ第二弾。
う、うーん。この人、信用していいのかしら? な人物登場。
“目的のためなら手段を選ばない”人に見えますよ

それ以外にも思惑がありそうな人が…
油断できませんな!

すぐ人を信じてしまう(そこが美点なんですが)クリスなので
ジークの負担は増えるばかり。
この巻でズタボロになってしまいました
そ、そうなんだ。そこまでしても守る価値があるんだ。
ちょっと圧倒されてしまいました。


毎回、身体を張って守り続けるジークが本当に偉い と思います。
そんな彼のためにも、クリスもなんとか自分の存在意義を見出せるといいんですが…
騎士道ってなんじゃろか? と考えてしまいました。よくしらんのだ。
つか、“運命の手”でズタズタにされた上着は大事なモノじゃないかー!
私はあのカラリとした傭兵王が大好きです。

そしてあんな顔して野生児なジークがお気に入り
山男だからちょびっと世俗に疎くて、勘がいい。
山に詳しいのは便利だね!

ここに到るまでにちょっと絵が変わっていますね。
私は“出逢い”の頃の絵が好きだなー。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking